Photo : ©Mikio Koyama / RendezVous


2018/11/05  #022

SNS Eigojutsu (on E-Tele): July 26th  #ThrowbackThursday and My Wardrobe

Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』7月26日放送分  #ThrowbackThursdayと当日の衣裳について



Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/sns/s180726.html
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/sns/s180726.html

■Behind the Scenes

On this episode we talked about daily social media traditions—specifically hashtags pertaining to each day of the week.

For the first time, I was tasked with using what the Japanese call a “flip board” or “flip”—basically a foam board used to present charts, graphics, or other information to viewers—to list off some of those hashtags to our MC and sidekick Hide-san. In a previous episode of our show Hide-san had also used a “flip” to entertaining effect, presenting a chart of the most-followed Twitter users. I was taken in by how Hide-san did more than just read the chart—how he used pauses and slipped in a helpful comment here and there to turn what could have been a bland chart into something exciting. It was like being mesmerized by the hand movements of a magician. Side note, at NHK they apparently refer to “flips” as “patterns”. Don’t ask me why.

The whole culture of using something as analog as a foam board to present something to an audience—gradually peeling back pieces of tape that are covering up keywords and key images—is in my experience utterly unique to Japanese TV. In the U.S. or Europe computer graphics are the norm, and physical props can often come across as amateurish. But on Japanese TV they are used everywhere, from news programs to “wideshows” (the Japanese television equivalent of a weekly) to variety shows. (“Wideshows” are format also completely unique to Japanese television—a topic for another day.

How did the use of “flips” become so prevalent on Japanese TV? The first thing that comes to mind is the strong preference the Japanese tend to have for analog over digital. As a rule, when the Japanese find a way of doing things that works for them, they prefer to stick to it for as long as they can. Perhaps this is because Japan is a country with a long history of passing down traditional craft techniques from generation to generation. This is why in this day and age—the peak smartphone era—you can still see middle-aged salarymen clinging onto their “flip” phones.

Interestingly, while the Japanese love their primitive analog tools and methods, they are also putting a lot of resources into 4K and 8K ultra high-definition television broadcasts. And of course, the Japanese as a whole are obsessed with staying on top of the latest trends when it comes to smartphones and home appliances. In the end it is a country with world-class 3D animation technology that also highly values its culture of 2D comics. Given that, perhaps the practice of using “flip boards” is an important tradition of Japanese TV culture.

Going back to my first “flip board” experience—let’s just say there was plenty of room for improvement. There were so many things to think about—when the right timing was to bring out the board, what position I should hold it to make it visible both to our MC and to the cameras, how I should gesture to the board with my finger, and how to make the information exciting. It was more difficult than I anticipated. And it didn’t help that I have a tendency to overcomplicate things—but it certainly made me more aware of this character flaw. I took solace in the fact that the segment made it to air, with all of my awkwardness left on the cutting room floor. My sincere thanks to our wonderful staff and crew.

■楽屋オチ

この日は、SNSの利用者が“曜日”に関するテーマに基づいて、投稿をするという現象を取り上げました。

曜日別のハッシュタッグを“フリップボード”を使って紹介するという、僕にとって初めての演出をすることになりました。以前、ヒデさんがツイッターのフォロワー数の多い有名人を紹介する際に、フリップボードを使ってとても面白く紹介していました。“そこに書かれたことを読むだけ”ではなく、読み方や間の入れ方、気の利いたコメントを何気なく加えることで、見る側をどんどん引きつけるテクニックを目の当たりにしました。まるで手品師の手さばきを見ているような感覚になりました。因みに、NHKでは“フリップ”のことを“パターン”ということにしているようです。

そもそもフリップボードを使って何かを解説する、特にテープを剥がして解説していくスタイルは、日本のテレヴィならではの手法です。欧米のテレヴィではこうした場合、CGで見せるやり方が一般的で、アナログな道具を使うとどこか素人くさい演出のように見えてしまいます。一方、日本のテレヴィでは、ニューズ番組からワイドショー、ヴァラエティ番組まで、この手法が当たり前の演出になっていることは、未だに僕には不思議な光景に見えます。(因みに“ワイドショー”というスタイルも、日本ならではのテレヴィ番組の形式ですが、これについては、また別の機会に話したいと思います。)

どうして、この演出方法が日本に定着したのでしょうか。まず、初めに思い浮ぶことは、日本人がアナログに対して強いこだわりを持っているということです。日本人は、一度慣れ親しんだ方法をなかなか手放そうとしない国民です。伝統工芸の職人技などが、長く伝承されてきたという歴史があるからなのでしょう。現代生活でも、スマホ全盛の時代に、ガラケーを使い続ける中年サラリーマンをよく見かけるのも、その一例と言えるでしょう。興味深いことは、原始的アナログ手法にこだわることが大好きな一方で、最新の4Kや8Kといったスーパーハイヴィジョン放送にも力を入れているという点です。スマホや家電などの最新情報を欲しがるのも日本人の特徴と言えます。世界に誇る3Dのアニメイション技術がある一方で、2Dのコミックス(漫画)の表現も大切にしている国であることを考えると、 フリップボードも、テレヴィ業界の大切な伝統文化なのかもしれません。

結局、僕の初めての“フリップ”の紹介は、反省点ばかりでした。フリップを取り出すタイミングをどうすればよいのか、共演者にもカメラにも見える位置に持つにはどうしたらよいのか、指の位置やナチュラルな指し方はどのようなものなのか、文字としてある内容をどのような話し方で伝えるべきなのかなど、なかなか難しいことばかりであることを思い知らされました。特に僕の場合は、物事を必要以上に複雑化してしまう悪い癖があるので、それがいけないことにも気が付かされました。せめてもの救いは、放送では、こうした不手際な場面が上手にカットされていたことです。スタッフの皆さん、いつもありがとうございます。

■Hashtags for Each Day of the Week

As humans we love to give significance to our everyday existence by assigning a theme and making each day about something. Americans especially have the admirable quality of trying to find enjoyment in the little things. On social media one of the barriers to entry is not knowing what to post about, and that’s where hashtags for each day of the week come in—they lower the bar with relatable themes that just about anybody can participate in. Even today, they continue to show up in one form or another as a trending topic practically every day of the week.

Our main topic for this episode was #ThrowbackThursday, and we also talked about other hashtags for the other days of the week, but here are some we didn’t have time to mention on the show:

#ManCrushMonday
Where users (both men and women) post pictures of their man crushes on Monday

#TravelTuesday
Where users post pictures from their travels on Tuesday

#WomanCrushWednesday
Where users (both women and men) post pictures of their woman crushes on Monday

#ThursdayThoughts
Where people post reflections and spiritual thoughts on Thursday as they head into the end of the week

#TGIF (Thank God It’s Friday)
The Japanese equivalent is “hana-kin” (hana means flower, and kin is short for kinyoubi, or Friday)

#Caturday
Where people post pictures of their cats on Saturday

#ShakespeareSunday
Where people post their favorite Shakespeare quotes on Sunday

Looking at some of these hashtags, there is something that many of them have in common: they consist of two words that begin in the same letter (or sound). Man Crush Monday. Travel Tuesday. Woman Crush Wednesday. Thursday Thoughts. Shakespeare Sunday. This is a literary device known as alliteration.

For example, if you wanted to describe our MC Kato-san using an adjective, Beautiful Kato doesn’t pack the same punch as Knockout Kato. If we were talking about Kato-san’s sidekick Gori-san, Super Gori doesn’t have quite the same ring to it as Great Gori; with Hide-san, Funny Hide doesn’t roll off the tongue like Hilarious Hide does.

■曜日別のハッシュタッグ

Photo : ©Mikio Koyama / RendezVous

人間というものは、平凡な毎日を送る中で、何かしらのちょっとした“テーマ”をつけるのが好きなものです。特にアメリカ人の場合は、些細なことに楽しみを見出そうする国民性があると言えるのではないでしょうか。SNSの場合にも、“何を投稿したらいいか分からない”というハードルをなくすために、誰もが共感でき、気軽に参加できるように、曜日別のハッシュタッグというものが存在しています。不思議なことに、毎日トレンド・インしているハッシュタッグを見ていると、この曜日別ハッシュタッグは、毎日何かしら新しいものが追加されています。

今回の番組で、メイン・テーマとなった#ThrowbackThursday(思い出の画像を投稿する木曜日)以外にも、各曜日にまつわるハッシュタッグを紹介しましたが、ここでも、更に別のハッシュタッグを紹介したいと思います。

#ManCrushMonday
好きなイケメン、もしくは憧れる男性の画像を投稿する月曜日

#TravelTuesday
旅行の思い出の画像を投稿する火曜日

#WomanCrushWednesday
好きな女性、もしくは憧れる女性の画像を投稿する水曜日

#ThursdayThoughts
1週間の後半に差し掛かかり、ふと思ったことや反省、スピリチュアルな気づきを投稿する木曜日

#TGIF (Thank God It’s Friday)
“花金”

#Caturday
“cat”と“Saturday”を掛け合わせた造語です。愛猫の写真を投稿する土曜日

#ShakespeareSunday
お気に入りのシェークスピアの言葉(フレーズ)を投稿する日曜日

これらのうち、いくつかに共通しているのは、2つの言葉の頭文字が同じであるということです。Man Crush Monday。Travel Tuesday。Woman Crush Wednesday。 Thursday Thoughts。Shakespeare Sunday。これは英語で“alliteration”(アリタレイション、頭韻法)という修辞技法です。

例えば、加藤さんに何か形容詞をつけるとしたら、Beautiful Katoではなく、Knockout Katoの方がインパクトがあります。(knockoutは“K.O.”という意味以外に、“K.O.されるくらい魅力的な”という意味があります。)ゴリさんであれば、Super Gori というより、 Great Goriの方が響きが良いですし、ヒデさんであれば、Funny HideよりHilarious Hideの方が語呂が良いのです。



■This Week’s Wardrobe/ この日の衣裳

Keeping in line with the theme of our show for this week, here are some general tips for simple things you can do everyday to keep your clothes in good condition.

Suits: when you get home, make sure to take a proper brush to your suit to clean off any dust that has accumulated on over the course of the day. Then hang it up in a well-ventilated place to dry it out, making sure to take out any and all objects you’ve put in your pockets, as they can ruin the shape and drape of your suit. (Side note, a suit always looks better when worn with nothing in the outside pockets.) And instead of draping your trousers over a hanger, use a hanger with clips to hang them upside-down—letting gravity and the weight of the trousers themselves to straighten out any wrinkles. As for dry cleaning, you should take your suit to the cleaners once a season—or more, depending on how much you sweat. Keep in mind that each trip to the cleaners is a strain on your suit.

Shirts: wash them as soon as possible after wearing, or take them to the cleaners. (For high-quality shirts, I recommend paying the 300+ yen to have them washed, rather than the 100 yen dry cleaning option.) To protect the sensitive fabric, reverse the shirt and place it in a laundry net—this will protect the buttons from getting nicked by the inside of your washer. I also recommend folding your shirt before putting it into a laundry net—it goes a long way toward preventing unseemly wrinkles.

Shoes: brush after every wear, and dry with shoe tree inside. There are those who say you should let the shoes dry without shoe trees, but I recommend using them to help smooth out wrinkles that have accumulated over they day. It’s also important to remember that it is also not healthy for leather to be dried out. By using a wooden shoe tree, you can help your leather retain just the right amount of moisture. (Recently I’ve seen a wide selection of wooden shoe trees available online at reasonable prices.) And one last thing—never, ever wear the same pair of shoes two days in a row.

今週の番組のテーマに因んで、毎日心掛けたい服のメインテナンスについて簡単に紹介します。

スーツは、着た後には、必ずブラッシュを使って埃などをとり、通気性の良いところで乾かしましょう。その時、ジャケットのポケットに何かが入っていると形が崩れることがあるので、中のものを取り出すことをオススメします。(着ている時にも、ジャケットにはできるだけ物を入れない方が綺麗に見えます。)ズボンは、半分に折ってハンガーにかけるのではなく、クリップのついているハンガーを使って、裾を上にして干した方がズボンそのものの重さでシワが伸びます。どのくらいの頻繁で着るのかや、その人の汗のかき具合によって多少は変わりますが、1シーズン毎に少なくとも1度はクリーニングに出しましょう。ただ、クリーニングに出しすぎるのも生地に負担をかけますので、注意が必要です。

シャツは、脱いでから早めに自分で洗濯するか、クリーニングに出すように心掛けましょう。(上質なシャツの場合、1枚100円くらいのドライ・クリーニングではなく、300円以上はしてしまいますが、水洗いの方がより良い仕上がりになります。)繊細な生地を守るために必ず裏返しにして洗濯ネットに入れることをオススメします。洗濯機の中でボタンなどがドラムに当たり、欠けてしまう危険もあるからです。また、ある程度、形を整えて畳んだ状態で、洗濯ネットに入れると、よりシワを減らすこともできます。

靴は、毎日、ブラッシングして汚れを落としたあと、シュー・ツリーを入れて乾かしましょう。シュー・ツリーを入れることで履きジワを伸ばす効果もあるので、個人的にはシュー・ツリーを使うことをオススメします。また、革は乾き過ぎてもよくないため、木製のシュー・ツリーを入れることで、靴の湿度を適度に保つこともできます。(最近では、オンラインショップなどで、手頃な値段で本格的な木製のシュー・ツリーを入手できるようになりました。)そして、2日間連続同じ靴を履くことは絶対にNGです。


■Paraboot black loafers 


Photo : ©RendezVous


Wanting a pair of summer shoes, I decided to buy these black loafers. These are Paraboot “Reims” (70,200 yen with tax).

When I purchased a pair of brown Timberland slip-ons a couple of years ago, I went for a fit that felt just right. As I broke in the leather, however, the shoes gradually became looser than I’d imagined. Having learned my lesson, I bought these loafers in a size that felt slightly snug, and wore them around my apartment for a while before deciding it was the right time to wear them on the show.

Lately, I see many guys wearing their leather shoes without socks (or using barely-there socks that are completely covered by the shoe). Personally, I’m a sock-wearing king of guy. Loafers are not so much a way to show off my ankles as they are a way to show off my socks.

Side note, loafers come in a variety of different types and materials, including suede and thin-soled variants referred to as “driving shoes”. On the whole, loafers are a casual shoe, meant for a lifestyle where you get around by car. They’re not exactly made for walking.

These Paraboot loafers, however, have a thick rubber sole that makes them suitable for any occasions where you have to spend some time on your feet.

■「パラブーツ」の黒いローファー  

夏らしい靴が欲しいと思い、黒いローファーを購入することにしました。「パラブーツ」の『ランス』と呼ばれるモデルです。(税込70,200円)

以前「ティンバーランド」の茶色のスリップ・オンを購入した際に、ちょうどいいのフィットのものを購入してしまいましたが、その結果、履いているうちに革が柔らかくなってきて、多少ルースになるという問題が起きました。そのため、今回は少しだけタイトなものを購入し、自宅である程度慣らしてから、番組で履くことにしてみました。

最近は、裸足(あるいはソックスを履いているように見えない“フット・カバー”)で革靴を履く人が多いようですが、僕は基本的にソックス・スタイルに拘っているので、ローファーはくるぶしを見せるためのものではなく、ソックスを見せるためのものと位置付けています。

因みに、ローファーはレザーのもの以外に、スウェードでできたものや、いわゆる“ドライヴィング・シューズ”と呼ばれる薄いソールがついたものも存在しますが、これらは、いずれもカジュアルなスタイルです。車移動が当たり前な生活を想定しているためのもので、あまり歩くことに向いていない造りのものが多いのです。

その点、こちらのパラブーツはソールが厚くしっかりしているので、ある程度歩いても平気な造りになっています。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Boutique Paraboot Aoyama
パラブーツ 青山店
6-12-3 Minami-Aoyama Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山6-12-3
TEL : +81-03-5766-6688
Open 営業時間 11:00~20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.paraboot.com/ja


■Brooks Brothers Light Gray Super Soft Jacket
『ブルックス・ブラザーズ』のグレーのジャケット


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #003.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #003を参照してください


■Difference Pink Button-Down Shirt /「ディファレンス」のピンクのボタンダウン・シャツ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #004 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #004を参照してください


■Global Style black suit trousers
「グローバル・スタイル」の黒いスーツのズボン


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #008 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #008を参照してください




■Zoff black-rimmed glasses / 『ゾフ』の黒縁メガネ


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #002.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #002を参照してください


■A Song for Every Day of the Week / 曜日にまつわる曲

Today I’d like to finish with a list of songs I’ve chosen for each day of the week, based on no particular criteria other than my own personal taste.

最後に、僕の独断と偏見で、曜日にまつわるお気に入りの曲をいくつか紹介したいと思います。

Commodores – “Easy”
This ballad is one of the Commodores most iconic songs, released during their Lionel Richie-led heyday. At this point you can tell that Richie’s voice has yet to reach its full potential, but it’s also clear that this song would pave the way for his later solo hits and general ballad-oriented direction. It’s important to remember that Sunday means something specific for a devout Christian, but even us heathens would like to spend an easygoing Sunday morning. Highly recommended.

コモドアーズ『イージー』
この曲は、ライオネル・リッチーが、コモドアーズ在籍時代に発表したバラッドです。この時点のリッチーの声は、まだ未熟なところがありますが、この曲が大ヒットしたことで、その後のソロ活動におけるバラッド路線へと繋がった名曲です。信心深いキリスト教徒にとって、日曜日というものは特別な意味があるのですが、そうではない人にとっては、ゆったりとした朝を送りたいものです。そうした人にオススメな一曲です。


The Mamas and the Papas – “Monday Monday”
This Grammy-award winning song comes from an American folk group from the 1960s. Two lovers who have just spent the weekend together are faced with the reality that they do not know what Monday will mean for their relationship.

ママス&パパス『マンデー・マンデー』
1960年代に活躍したアメリカのフォーク・グループのグラミー賞受賞曲です。週末を一緒に過ごした恋人2人が、月曜日という名の現実を前に、恋の行方が分からなくなるという内容の歌です。


The Rolling Stones – “Ruby Tuesday”
This ballad was mostly written by guitarist Keith Richards after he was dumped by his girlfriend, who had fallen for a then-unknown Jimi Hendrix while the Stones were on a tour of the U.S.

ローリング・ストーンズ『ルビー・チューズデイ』
ギタリストのキース・リチャーズによるバラッドです。ツアーでアメリカに行っている間に、当時付き合っていたガールフレンドが、まだ無名だったジミー・ヘンドリックスに恋してしまい、振られたことから生まれた曲だそうです。


Simon and Garfunkel – “Wednesday Morning, 3 A.M.”
This is the name of the album and the title track to their debut album, which features the original acoustic version of “Sounds of Silence”. It is the surreal song of a robber looking lovingly upon the face of his sleeping lover as he laments the coming of the morning. Folk music tends to have very interesting lyrics, so I recommend checking out the lyrics to this one—link below.

サイモンとガーファンクル『水曜の朝、午前3時』
アコースティック・ギターのみで伴奏された『サウンド・オブ・サイレンス』のオリジナル・ヴァージョンが収録されたデビュー・アルバムのタイトルと同名の収録曲です。強盗犯が、恋人の寝姿を愛おしく見ながら朝が来るのを憂う様子を描いたとてもシュールな内容の曲です。フォーク系の曲は、歌詞がとても興味深いものが多いので是非、メロディだけでなく、原詞にも当たって下さい。
『水曜の朝、午前3時』の原詞
https://www.simonandgarfunkel.com/track/wednesday-morning-3-a-m-3/


Brian Eno – “Thursday Afternoon”
This album consists of one single hourlong ambient track, which took full advantage of the CD format—which at the time had just been developed. Perfect background music for when you want to focus and get enough work done on Thursday so you can finish up early on Friday. Try it—you’ll be amazed at the results.

ブライアン・イーノ『Thursday Afternoon』
当時、まだ新しかったCDフォーマットを意識した、約1時間で全1曲のアンビエント作品です。金曜日は、仕事を早く切り上げられるように、木曜日中に頑張りたいと思った時にかけたい曲です。本当に仕事がはかどりますよ。


Johnny Kemp – “Just Got Paid”
This early New Jack Swing hit was produced by Teddy Riley (who most Japanese readers will know as the producer of Michael Jackson’s Dangerous album). Everybody’s been there—that Friday feeling of having just been paid, ready to paint the town red and dance until dawn with your friends.

ジョニー・ケンプ『ジャスト・ガット・ペイド』
マイケル・ジャクソンの『デンジャラス』のプロデューサーでもあるテディー・ライリーがプロデュースした、ニュー・ジャック・スウィング初期の大ヒット曲です。金曜日に給料日が入り、懐に余裕ができたため、友達たちと街に繰り出して、パーティーで踊り明かすというストーリーの曲です。


Cherrelle featuring Alexander O’Neal – “Saturday Love”
An R&B love song produced by Jimmy Jam & Terry Lewis, the production duo behind many of Janet Jackson’s biggest hits. With a simple chorus consisting of Cherrelle and O’Neal singing the days of the week, the song is admittedly a little cheesy, but you won’t be able keep yourself from singing along.

シェレール&アレキサンダー・オニール『Saturday Love』
ジャネット・ジャクソンのプロデューサーとしても有名なジャム&ルイスが手がけたR&Bのラヴ・ソングです。サビの歌詞は曜日を歌い上げているだけというシンプルで、少しクサい内容なのですが、つい口ずさんでしまうキャッチーなリフが魅力的な一曲です。


Copyright RendezVous