Photo : ©Mikio Koyama / RendezVous


2018/11/05  #021

Reflections on Incredibles 2 and My Interview with Brad Bird

映画『インクレディブル・ファミリー』のブラッド・バード監督のインタヴューについて



Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/special/sp180823.html
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/special/sp180823.html

■Behind the Scenes

For this interview, instead of our usual spot—the Ritz-Carlton Tokyo atop Tokyo Midtown in Roppongi—I headed over to the Peninsula Tokyo, which sits across from Hibiya Park and has a view of the Imperial Palace. The hotel is operated by the Hongkong and Shanghai Hotels, and is the only Peninsula hotel in Japan.

It was a very hot day, and I tend to sweat a lot, so I decided it would be a good idea to carry my wardrobe in a garment bag and change at the hotel.

Thankfully, the Peninsula Tokyo is connected to Hibiya Station via underground passageway, allowing me to reach my destination while staying out of reach of the punishing rays of the summer sun. (That being said, Tokyo’s underground passageways can be so labyrinthine, with exits galore, that if it wasn’t the middle of summer, I would have been more geographically oriented walking above ground.) There are two exits for the Peninsula Tokyo: A6 and A7. As A6 will bring you to the hotel parking lot, I recommend A7. (Not to mention that a hotel’s unique charm is embodied in its entrance, the preferred way of entry.)

The restroom near the lobby at the Peninsula Tokyo was spacious, with high ceilings and large mirrors—a significantly more luxurious setting for a wardrobe change than my cramped apartment. It was fitting, as I was there to do an interview for a superhero film; changing in a hotel bathroom put me in the mindset of Clark Kent/Superman.

■楽屋オチ

今回のインタヴューは、六本木の東京ミッドタウンの上層階に入っているリッツ・カールトン東京ではなく、日比谷公園の向かい側に位置し、皇居も見えることのできる「ザ・ペニンシュラ東京」で行われました。ザ・ペニンシュラ東京は「香港&上海ホテルズ」が運営する、日本にある唯一のペニンシュラ・ホテルです。

この日は、とても暑く、僕はとてもよく汗をかくので、衣裳は、ガーメントバッグに入れて持参し、ホテルで着替えることにしました。

その点、ザ・ペニンシュラ東京は日比谷駅から地下道で直結しているので、真夏の太陽を浴びずに、辿り着けるという意味でもとても便利でした。(東京の地下街は出口の数が多すぎて迷路のようになっているので、真夏でなければ、むしろ地上に出た方が僕には分かりやすいのですが。)ザ・ペニンシュラ東京に行くにはA6とA7出口がありますが、A6はホテルの駐車場に出てしまうため、A7がオススメです。(ホテルというものはどこも、エントランスが個性的なので、正面入り口から入ることをオススメします。)

ザ・ペニンシュラ東京のレストルームは、天井がとても高く、広々としていて、大きな鏡が備え付けられているので、自宅で着替えるより格段に贅沢な気分になれました。今回の映画もスーパーヒーローの物語なだけに、こういう場所で着替えをする自分自身も、クラーク・ケント/スーパーマンになったようにさえ思えました。

■About Incredibles 2


Incredibles 2
インクレディブル・ファミリー
There are some interesting defining characteristics that come to light when you compare animated films from the West to Japanese anime.

In American animation, characters are either drawn like their comic book counterparts—as realistically as possible—or in a truly “comical” fashion that accentuates their physical features. (The ridiculous physical proportions of the protagonists of Incredibles 2 being a perfect example of the latter.)

On the other hand, in Japanese animation, characters have oversized, baby-like faces with huge eyes and a small nose and mouth—they are presented in a “super-deformed” art style, their faces especially. And that’s just the tip of the iceberg in terms of stylistic differences.

But the biggest difference is perhaps the intended audience. It seems to me that American animation is chiefly a medium for children, while Japanese anime is made with both children and adult audiences in mind. (Japanese audiences continue to love anime even as adults, and I would argue that for them, it’s because they have a desire to remain as children for as long as possible. I’ll cover this topic in more detail another day.)

In this regard, as a work of American animation, Incredibles 2 feels to me like a bit of a special case. Its main themes include child-rearing and women with careers, both adult-oriented topics. And it was refreshingly American that the film didn’t try to break those themes down into something one-dimensional and easy-to-consume. On the whole, adults will enjoy this film more than children. And there is one action scene in particular, near the middle of the film, which feels like it came straight out of a horror film. It was so genuinely scary that even in my superhero-fatigued cynicism I thought—even if just for a split second—that the protagonist’s life was truly in danger. The charm of this film is that it doesn’t set out to cater to kids.

It’s also interesting to note that the original film, The Incredibles, was released in Japan under the name “Mr. Incredible”, while this new film, Incredibles 2 was given the name “Incredible Family”. As I watched an English-language screener and paid only minimal attention to the subtitles, I cannot say how the film is being presented for Japanese audiences; however, I do think it is telling that they didn’t go with the obvious title “Mrs. Incredible” for this film.

Incidentally, the director Brad Bird also gave us the magnificent Mission: Impossible – Ghost Protocol (2011). His knack for constructing wondrous set pieces, cultivated across a series of animated classics, is translated into the live-action format with aplomb. The scene where Ethan Hunt, played by Tom Cruise, scales the Burj Khalifa in Dubai—the world’s tallest building—has become arguably the most iconic sequence of the Mission: Impossible series. I suppose it helps that Tom Cruise himself feels like a character that comes straight out of the world of animation. Perhaps that is part of why Cruise and Bird established such a strong working relationship on the film.

Brad Bird is a master of getting audiences to forget that they are watching either animation or live-action. He doesn’t constrict his vision with notions of what animation should be like, or what is too unrealistic for live-action. Incredibles 2 has action scenes brimming with creativity that depict ideas I’ve never see before, but at the same time there are scenes that come alive with more humanity and a real sense of family ties than you often see in live-action films. It’s a superhero film about people with superhuman abilities, but it portrays a day-to-day existence that anybody can relate to.

■『インクレディブル・ファミリー』について


Incredibles
Mrインクレディブル
西洋の“アニメイション”と日本の“アニメ”にはそれぞれ特徴的な違いがあります。

特にアメリカの場合は、アメコミのようになるべくリアルに描こうとする場合と、“コミカル”に特徴を思いっきり誇張して描く場合の2通りの手法があります。(体全体の比率がとんでもないことになっている『インクレディブル・ファミリー』の主人公は後者の一例です。) ・一方で日本の場合は、赤ん坊のようにやや顔が大きく、大きな目に小さな鼻と口と、顔がかなりデフォルメされて描かれます。このようなスタイルの違いは他にも色々あります。

一番の違いは、想定されているオーディエンスなのではないでしょうか。アメリカのアニメイション作品は、主に子供が観るものというイメージがありますが、日本のアニメは、子供だけではなく大人も観るものとして、作る側も大人を想定しているケースが多いように思えます。 (日本人が大人になっても“アニメ”を愛しているのは、日本人はいつまでも子供でいたい、という願望があるからだと、僕は考えています。この点については、また別の機会に詳しく書くつもりです。)

その点で『インクレディブル・ファミリー』は、アメリカのアニメイション作品としては、少し特殊な気がします。この作品では、“子育て”や“働く女性”といった大人向けのテーマになっているのです。それを子供向けにするのではなく、敢えて易しく噛み砕こうとしていないところが、アメリカ的なのだと思いました。そのため、子供よりも大人が楽しめる作品になっています。しかも映画の中盤に出て来るアクション・シーンは、ホラーのような演出になっており、大人である僕が観ても、「本当に主人公の命が危ないかも」と一瞬思ったくらいのクオリティです。決して、子供向けのアニメイションではないのがいい点です。

もう1つ興味深い点は、第1作目の題名である“The Incredibles”の邦題が『Mr.インクレディブル』であったのに対して、今回の題名である“Incredibles 2”の邦題が『インクレディブル・ファミリー』に変更されていることです。今回、僕はこの作品を英語音声で観たので、あまり字幕には注意していなかったため、日本のオーディエンスに向けて、どのような仕上がりになっているかはよくわかりませんが、少なくともタイトルを『Mrs.インクレディブル』にしなかった事は、日本社会への配慮なのでしょう。

因みに、ブラッド・バードは、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011年製作)の監督も務めた方です。アニメイションで鍛え上げられた、周到なアクション・シーンを組み立てる技術は、見事に実写映画化にも生かされています。アラブ首長国連邦のドバイにある世界一高い超高層ビル「バージュ・カリファ」をトム・クルーズが演じるイーサン・ハントが登るシーンは、『ミッション・インポッシブル』シリーズの中で、一番印象に残るシークェンスではないでしょうか。そもそもトム・クルーズ本人がまるでアニメイションでしかありえないような存在なので、監督ととても息が合った可能性があったのだと思います。

バード監督の映画は、“アニメ”なのか“実写版”なのかを観客に意識させないところが一番の特徴だと思っています。“アニメだからこうじゃなきゃいけない”とか“実写版だから、これは非現実的過ぎるだろう”という余計な配慮がないのです。『インクレディブル・ファミリー』もそういう意味では、かつて見たことのない、創意溢れるようなアクション・シーンもあれば、実写版以上に人間らしさや家族の絆が描かれていたシーンもありました。超人的なスーパーヒーローの物語でありながらも、そこに描かれているのは誰もが共感できる日常でした。

[Recommended Brad Bird films]
[オススメのブラッド・バード監督の作品]


The Iron Giant
『アイアン・ジャイアント』
The Incredibles
『Mr.インクレディブル』
Ratatouille
『レミーのおいしいレストラン』
Mission: Impossible – Ghost Protocol
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』


■About My Wardrobe / この日の衣裳について

■Global Style blue dress shirt


Photo : ©Mikio Koyama / RendezVous

This dress shirt is something I ordered at Global Style along with the navy and gray suits that would become my initiation into the world of tailoring. Because we cannot wear blue clothes on our blue screen set in the studio, this shirt had hung dormant in my closet. This interview felt like the right time for this shirt to shine.

Dress shirts, of course, come in a variety of weaves. This shirt has a herringbone weave, where parallelograms are arranged in a geometric pattern that creates a series of peaks and valleys. The name comes from the fact that the pattern resembles the skeleton of a herring fish. It exudes a calm, composed air, and you’ll often see tweed jackets or other casual outwear in this refined weave. Side note, the tweed jacket I wore on the pilot of this show also featured a herringbone weave.

■「グローバル・スタイル」のブルーのドレス・シャツ


©RendezVous
こちらは以前「グローバル・スタイル」で初めてネイヴィーとグレイのスーツを作る際にオーダーしたドレス・シャツです。番組的的にブルー・バックで撮影するため青系の衣裳はNGなため、今まで着る機会はなかったのですが、今回はホテルでのインタヴューということで着ることにしました。

ドレス・シャツといっても、生地の種類は様々です。今回着用したシャツは「ヘリンボーン」という、平行四辺形が連続した山と谷を作り出す幾何学的な柄です。“ヘリン”(herring)とは“ニシン”のことですが、織り方がニシンの骨の紋様に似ていたことから命名されたとされています。落ち着いた大人っぽさを演出することができ、ツイードなどカジュアルなアウターウェアにも高級感をもたらします。 因みに、番組のパイロット版で着た僕のツイードのジャケットもヘリンボーン柄です。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
GlobalStyle Shinjuku South Exit Store
グローバルスタイル 新宿南口店
3-29-5 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-29-5
TEL : +81- (0)3-5413 3949
Open 営業時間
平日:11:00~21:00 / 土日・祝日:11:00~20:00
3月、9月、11月: 第3日曜日は13:00~20:00 Closed 定休日 : 5月、7月 第3日曜日は休店日
https://www.global-style.jp/shop/shinjuku



■B&T Club regimental tie


Photo : ©RendezVous
This navy and silver regimental tie is from retailer Sakazen’s product line for “big & tall” customers, B&T Club. For that reason, it is a big longer than the standard-length ties you usually find at stores in Japan.

A few years ago, at a time when I hardly ever had occasion to wear a suit, I was invited to a friend’s wedding. In need of an affordable necktie on the double, I hustled over to Sakazen’s Shibuya store and settled on this one.

In Japan, plain white neckties have long been the tie for weddings, but lately people have taken to adopting a slightly more playful and stylish wardrobe. These days silver neckties have become a common sight.

For this interview, it also made sense because the Peninsula Tokyo has a gorgeous interior. This tie helped me feel like I belong there, amid all the luxury on display.

■『B&T CLUB』のレジメンタル・タイ

こちらのネイヴィーとシルヴァーのレジメンタル・タイは、「大きいサイズの紳士服」をスローガンにする紳士服店「サカゼン」の『B&T CLUB』のものです。(因みに、B&T は “Big & Tall”の略です。)そのため、通常日本で販売されているネクタイより少し長めになっています。

スーツを着る習慣が全くなかった数年前、友達の結婚式に誘われた際に、手頃な値段のネクタイが必要となり、急いで渋谷の店舗で購入したものです。

日本では、以前は結婚式のネクタイといえば、“白の無地”が基本とされていましたが、最近はより自由にオシャレを楽しむ方が増えてきています。お祝いムードたっぷりのシルヴァー系のネクタイも多く見かけるようになりました。

この日は、豪華な内装が特徴的であるザ・ペニンシュラ東京でのインタヴューということだったので、その会場にもマッチするネクタイを選びました。

SHOP INFO
SAKAZEN Shibuya Store
サカゼン 渋谷店
29-4 Udagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0042
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町29-4
TEL : 0800-888-1641 
Open 営業時間 :11:00~21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.sakazen.co.jp/shops/Sibuya



■MFYS Jewelry metal cufflinks

I purchased these stainless steel cufflinks with black enamel on Amazon.

Due to the problematic nature of reflective surfaces on our blue screen set in the studio, I try to stay away from metal or metallic accessories. For business or interviews, where I want to make a good impression on someone I’m meeting, I figured it was better to opt for metal cufflinks rather than my usual silk ones.

You can find metal cufflinks being sold for 5,000 yen and up at department stores and select shops, but as I was still new to cufflinks and afraid of breaking or losing them, I decided to buy this incredibly affordable pair from a vendor on Amazon. Believe it or not, these were 1,200 yen, tax included.

The look of metal cufflinks is definitely a plus, but even more meaningful for me is that these are infinitely easier to pass through the buttonholes on my shirt cuffs. When I have to change into my wardrobe on the show, time is of the essence, and the most stressful thing is when I have a crisp new shirt that is resisting my efforts to secure the cuffs.

Metal cufflinks can be inserted into the buttonholes with ease—a godsend for someone like me, who fumbles with accessories.

■「MFYS Jewelry」の金属系カフ・リンクス

こちらは、アマゾンで購入したブラック・エナメルとステンレスのカフ・リンクスです。

スタジオでは照明を反射する危険性があるため、なるべく金属系の装飾品は控えるようにしているのですが、やはりビジネス・シーンやインタヴューなど、相手に好印象を与えたい場合は、カジュアル感のある組紐カフ・リンクスよりも金属系のものが望ましいと思い、着用しました。

金属系のカフ・リンクスは、デパートやセレクト・ショップで買うと¥5,000以上するものが多いのですが、まだ使い慣れないうちは、壊したり失くしたりする可能性があることも考慮して、アマゾンで手頃なものをいくつか入手しました。この商品はなんと¥1,200(税込)というナイス・プライスです。

僕にとっては、金属系のカフ・リンクスが見た目以上に嬉しい点は、カフスの穴に通し易いことです。収録の際は、特に急いで着替える必要があるので、その時に一番ストレスになるのが、まだ新しく、パリッとしたシャツの袖に丸みのある組紐カフ・リンクスを通すことなのです。

その点、金属系のカフ・リンクスはシャツのカフスの穴にスーッと刺すことができるので、簡単に着けることができます。



■Global Style black suit/ 「グローバル・スタイル」のブラック・スーツ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #008 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #008を参照してください


■Isetan Men’s black socks
 「イセタンメンズ」の黒いソックス

Check out WARDROBE & ENSEMBLES #005 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #005 を参照してください。


■Regal wing tip shoes / 「リーガル」のウィング・チップ・シューズ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #006 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #006 を参照してください。





■The Calm After the Interview

After wrapping up an interview, my producers and I always return to the waiting room, gather our things, and take the elevator back to the lobby. The elevator is the safe haven where I’m finally able to let out a sigh of relief and let the tension in my shoulders dissipate. And in the next moment I realize, without fail, that I am starving. Our allotted time for the interviews is always between 10 and 15 minutes—not a long time by any stretch—but I always find myself tense for quite a while leading up to the interview. On this day, one of the producers suggested that we check out a kamameshi and yakitori place near the Peninsula Tokyo (kamameshi is rice, meat, and sometimes vegetables cooked in a small pot; yakitori is skewered chicken). He took us on a short two-minute walk and then down the stairs of a small multi-tenant building into the Hibiya branch of Torigin, a long-established kamameshi and yakitori joint with its main branch in nearby Ginza. It was just before 1:30 p.m., last call for lunch, and the Showa-era interior was relatively uncrowded. I recommend the kamameshi set for lunch, which features your kamameshi of choice, two chicken skewers, pickled vegetables, and chicken broth for an affordable price. Their signature dish is the tori kamameshi (chicken), but they have a variety of types, including takenoko (bamboo shoot), salmon, and shellfish. If you’re with a group of people, order different types and share. One thing to keep in mind is that they start cooking the rice after you place your order, so there is a 15-20 minute wait. If you’re in a rush, save it for another occasion. For these interviews I’m constantly aware of time and time limits, so being able to enjoy a leisurely lunch without worrying about the time is something I always look forward to on these interview days. When we finished eating and returned outside, the sun had hidden behind some clouds, and there was a gentle breeze blowing from the Imperial Palace. I headed towards Hibiya Station, this time choosing to stay above ground. I was full and content, and my interview with a big-name foreign director, which had just taken place an hour and a half ago, seemed like a distant memory.

■インタヴュー後の楽しみ

インタヴューが終わるといつも、控え室に戻って一旦荷物をまとめてから、エレヴェイターに乗ってロビーに向かいます。毎回決まって、そのエレヴェイターの中で緊張がほぐれ、その次の瞬間に自分がとてつもなくお腹空いていることに気がつきます。インタヴュー自体はせいぜい10分とか15分という短い時間なのですが、それまでに長い緊張の時間があるのです。

この日は、プロデューサーにザ・ペニンシュラ東京の近くにある、釜飯と焼き鳥のお店に連れていってもらいました。ホテルから徒歩2分にある雑居ビルの地下1階にあるその店は、銀座に本店を構える1980年創業の「鳥ぎん」の日比谷店でした。ラスト・オーダーの13時半近くだったせいか、昭和の居酒屋のような店内は比較的空いていました。

ランチの「釜飯セット」は、好きな釜飯に焼き鳥2本、お新香、鳥だしのスープも付いてくる、お得なメニューです。定番の「鳥釜めし」以外にも「筍釜めし」「鮭釜めし」「貝柱釜めし」など多数あるので、何人かで訪れる場合は、シェアし合うのもいいと思います。ただ、注文を聞いてから炊き始めるため、料理が出来るまでに15〜20分かかるので、急ぎの時はやめた方が良いです。

インタヴューの収録は、いつも時間の制限というプレッシャーを感じながら行うので、収録後に時間を気にせず、ゆったりとしたランチをいただけることは、1つの楽しみとなっています。食事が終わって、お店から出る頃には、日も陰り、皇居からの風がとても心地よく感じられました。帰りは地下道ではなく、地上を歩きながら日比谷駅まで向かいました。そのたった1時間半前には海外の大物監督のインタヴューをしていたことを忘れてしまうくらい、満腹になっていました。



Copyright RendezVous