Photo : ©SUNDAY / RendezVous


2018/10/29  #020

SNS Eigojutsu (on E-Tele): July 19th  # WorldCup and My Wardrobe

Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』7月19日放送分  #WorldCupと当日の衣裳について



Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/sns/s180719.html
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/sns/s180719.html

■Behind the Scenes

Our theme this week was the 2018 FIFA #WorldCup. This was our second time talking about a sports-related topic after featuring #ShoTime on April 26th. On our show we present tweets about a specific topic that are interesting either in terms of content or English usage. The challenge with sports-related topics is that an ongoing season or tournament means that a topic might be the talk of the town one day, but completely forgotten the next. It’s difficult to read how a sports story will develop in terms of social media. As a result we’re left with no choice but to frame the episode around old tweets, or look back on an event after the fact. With the World Cup that meant we’d have to go all the way back to 2014 when the last tournament was held, so we decided to just look back on the event after the 2018 tournament came to an end.

Our MC’s partner this week was Hide-san, whose soccer credentials are legit. His high school soccer team was runner-up in the All-Japan High School Soccer Tournament, and was champion of the Inter-High School Sports Festival for soccer. He was even good enough to be scouted by the Yokohama Flügels of the J-League straight out of university. He’s well versed in the game, and even appears on TV as a soccer commentator. So on this day, during rehearsal and in-between script meetings and the actual taping, he talked passionately about soccer and the World Cup.

Kei Nishikori (7) (43079353934)
By JC (Kei Nishikori (7)) [CC BY 2.0 ],
via Wikimedia Commons
As for me, as I mentioned on the show, I was more engrossed with Wimbledon—one of tennis’s four major grand slam tournaments, held in London. At a script meeting a few weeks ago, I proposed #Wimbledon as a theme we could feature on the show, but was rejected on the grounds that it was more U.K.-centric than U.S.-centric, and the Japanese in general weren’t paying much attention to the tournament. In the end, Nishikori Kei lost to Novak Djokovic in the quarterfinals, but the fact that he won a set—especially considering he’d just recently returned to the tour after an injury—all in all it was a positive tournament for him. Nevertheless it is concerning that his head-to-head against Djokovic is 2 wins and 15 losses, and since beating him in the 2014 U.S. Open he has lost 14 straight times. If Nishikori is ever to win a grand slam or an ATP World Tour Masters 1000 tournament, he will have to overcome the wall that is Novak Djokovic.
* ATP World Tour Masters 1000 is the name of a series of tournaments organized by the Association for Tennis Professionals (the ATP). Nine tournaments are held a year, with the champion being awarded 1,000 ranking points. ATP also runs 500 series and 250 series tournaments. At the end of the season, the eight players with the most ranking points get to play in the ATP World Tour Finals.

That being said, I did make sure to watch all of Japan’s national soccer team’s (nicknamed Samurai Blue) games—even if I couldn’t watch live and ended up taping it. When I assured Hide-san to this effect, he gave me a look of relief.

■楽屋オチ

この日のテーマは、#WorldCup、2018年に開催されたFIFAワールドカップでした。4月26日放送の#ShoTimeに続き、2回目のスポーツのネタでした。実は、番組的には、スポーツに関するテーマを扱うのは、少し難しいところがあります。この番組は、毎週、ある話題やテーマにまつわる面白いツイートや、英語的として紹介する価値のあるツイートを元に構成されています。しかし、スポーツの場合、日々の試合の行方で、その話題がより盛り上がる場合もあれば、一気に冷めてしまうケースもあり、先行きが見えないことがあるのです。そうなると、過去のツイートを元に番組を構成するか、事後に振り返る形で紹介するしかないのです。ワールドカップ・サッカーの場合ですと、前回の大会の2014年まで遡ることとなってしまうため、仕方なく、この日は2018年の大会終了後にこのテーマを取り上げることとなりました。

今回“パートナー役”を務めたヒデさんは、全国高等学校サッカー選手権大会での準優勝とインターハイ優勝の経験があり、大学卒業時にはJリーグの「横浜フリューゲルス」からスカウトされたくらいの腕前(脚前?)です。そのため、サッカーにとても詳しく、サッカー番組の解説も務めてきました。この日もリハーサル前の打ち合わせや収録の合間にも、サッカーについて熱く語り続けていました。

僕はと言うと、番組の中でもちらっと言いましたが、この期間は、テニスの4大大会(いわゆる“グランド・スラム”)の1つであり、ロンドンで開催されたウィンブルドン選手権の方を観ていました。数週間前の番組の編集会議でも、#Wimbledonをテーマにすることができないか提案してみたのですが、アメリカというよりイギリスで盛り上がっていたこと、日本人のテニスに対する注目度からしてもまだ少し難しいのでは、ということになりました。結局、錦織圭選手は、準々決勝でジョコヴィッチ選手に負けてしまいましたが、1セットは奪えたこと、そして怪我から復帰して間もないのにベスト8まで勝ち残れたことを考えると、まずまずの結果だったのではないでしょうか。ただ気になることはジョコヴィッチ選手との対戦成績が2勝15敗で、2014年の全米オープンで勝って以来14連敗しているということです。錦織選手がグランド・スラムあるいは、それに次ぐレヴェルのATPワールドツアー・マスターズ1000の大会で優勝するためには、乗り越えなくてはいけない“ジョコヴィッチ”という壁があるのではないでしょうか。
Novak Djokovic (36093069155)
By Charles Ng (Novak Djokovic) [CC BY 2.0 ],
via Wikimedia Commons
※ ATPワールドツアー・マスターズ1000とは男子プロテニス協会(ATP)が運営するテニス競技大会の規格名称です。1年に9大会が開催されていて、各大会の優勝者にランキング・ポイントが1000点与えられます。他にも500シリーズ、250シリーズがあり、シーズンを通してポイント獲得数が最も多い8人が年末のATPワールドツアー・ファイナルに出場することができます。 

そんな僕も、サムライ・ブルーの試合だけは、リアルタイムで観ることができなかった場合でも、ちゃんと録画して観るようにはしていました。そのことをヒデさんに伝えると、ホッとした顔をしていました。






■Soccer is a Social Media Sport

Sports each have their own unique media attributes.

For example, baseball is very suited for the radio. Part of it is that it came into the American mainstream consciousness at a time when radio was the only medium for getting live games. At the same time, you could also say baseball became the American pastime precisely because of the radio. Games are dramatic narratives that unfold at a leisurely place; sometimes nothing happens for long stretches of time, while sometimes a single hit completely changes the flow of the game. Critically, those moments where nothing much happens turned out to be perfect for airing sponsor messages. These days the youth of America seem to be drifting away from baseball, but according to a report from Neilsen, it still remains the most listened-to sport on the radio.

Meanwhile, football (referred to as “American football” in the U.K. and elsewhere outside of the States—the differences between American and British English are for another time) is very much suited for television. The Super Bowl (called the “bowl” because of the bowl shaped stadium it is played in), held on the first Sunday of February, continues to be the most watched TV program of the year, with commercial airtime being the most expensive in the world (a 30-second slot is on average around 4 million dollars). What’s more, the technological wizardry on display gets better every year, from snazzy computer graphics that appear to be displayed directly on the field to show how many yards until a touchdown, to 360-degree replay footage. Football broadcasts are television at its most entertaining.

Soccer is suited for the social media age. The biggest reason is that it is such a democratic sport: yes, it has its megastars in athletes like Christiano Ronaldo and Lionel Messi, but in the end soccer matches are decided not by how brightly a team’s star player shines but how that team is able to work together. Case in point, the Japanese national soccer team upsetting Colombia in their opening Group H match. Moreover, compared to (American) football and baseball, soccer is an international sport (notwithstanding the fact that the MLB calls its championship series the “World Series”), and that borderless quality makes it a good match for social media. Soccer clubs around the world actively use social media to disseminate news and updates, and more importantly, engage with fans worldwide.

As for tennis, I would say the sport is not an ideal fit for mass media—not in the least. Professional matches unfold at a rapid pace, with the key being how a player builds a point or breaks down their opponents defenses—mesmerizing to watch, but a nightmare to commentate on live. No matter how seasoned a commentator, it is simply close to impossible to convey all the nuances of what it happening on the court through a medium such as the radio. And as for TV, tennis is tricky in that one of the players may retire 30 minutes into the match; on the other hand, at grand slams men’s best-of-five-set singles matches regularly go on for three, even four or more hours. For a TV station (and its sponsors) that wants to exercise control over its broadcast schedule, the starting time and length of a tennis match is a variable that is difficult to account for.

At the same time, tennis is not particularly apt for social media. Although it is unmistakably a global sport, compared to team sports like baseball, football, and soccer, tennis is largely a solo sport (there are team competitions like the Davis Cup for the men, and the Fed Cup for the women). The amount of time and energy individual players and their management team put into social media is simply not on the level of a sport like soccer.

Furthermore, tennis is unique in that spectators are urged to remain silent between points, and booing is frowned upon, and even considered shameful. It is a gentleman’s sport where a lot is asked of the spectators, and for a sports fan that likes to provide loud, vocal support for their player and boo the opponent, I imagine tennis is a frustrating sport. Watching a tennis game live is for people with plenty of time and money on their hands, largely free from worldly cares—as well as for people who simply have a passionate love for the game. I, of course, firmly fall into the latter group.

[Soccer films I recommend]
[KAZOOがオススメするサッカー映画]


Bad News Bears
『がんばれ!ベアーズ』マイケル・リッチー監督 (1976年)
Bull Durham
『さよならゲーム』ロン・シェルトン監督 (1988年)
Any Given Sunday
『エニイ・ギブン・サンデー』オリヴァー・ストーン監督 (1999年)
Friday Night Lights
『プライド 栄光への絆』ピーター・バーグ監督 (2004年)
Battle of the Sexes
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』ジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリス監督 (2017年)
Borg vs McEnroe
『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』 ヤヌス・メッツ監督 (2017年)

■サッカーはSNS的なスポーツである

スポーツには、それぞれのメディア特性があります。

例えば、ベイスボールというスポーツはとてもレイディオ的です。レイディオしかなかった時代からあったスポーツであるからとも言えるし、逆にレイディオがあったからこそ、ベイスボールはアメリカの国民的スポーツになったとも言えます。試合の流れは、ゆったりしたテンポのドラマのようで、何も起こらない時間が延々と続くこともあれば、1つのヒットをきっかけに試合の流れが一気に変わることもあります。その“何も起こらない時間”があるお陰で、スポンサーのコマーシャルを読み上げる時間がたっぷりあったことも、注目すべきポイントです。アメリカでも、最近若者のベイスボール離れが進んでいるという報道もされていますが、米国の市場調査会社ニールセンによると、アメリカにおいてベイスボールは今も尚、レイディオで最も聞かれているスポーツだそうです。

一方でアメリカン・フットボールは、(アメリカでは、“アメリカン”を付けず、“フットボール”と言います。イギリスでは“フットボール”と言えば、サッカーのことです。米語と英語の違いはとても面白いテーマなので後日、特集します。)とてもテレヴィ的なスポーツです。毎年2月に開催されるスーパー・ボウルは、(この“ボウル”は、球の“ball”ではなく、丼などの器、サラダ・ボウルの“bowl”です。競技場が器のような形をしていることに由来しています。)その年のテレヴィ番組の年間最高視聴率を毎年記録するくらい、多くの人に観られていますし、その放送におけるCM枠は世界一高額だとされています。(因みに、今年の場合30秒のCMで400万ドルとされています。日本円でおよそ4億5千万円です。)また、タッチダウンまで“あと何ヤードか”を示す白いラインが、CG合成で芝生に書かれているかのように表示されたり、360度のリプレイ映像を流すなど、年々演出がレヴェル・アップするアメフトの中継技術はテレヴィ的で、本当に見事なものです。

そしてサッカーは、とてもSNS的なスポーツなのではないでしょうか。その最も大きな理由は、サッカーが民主主義的なスポーツであるからだと思います。ロナルドやメッシーなどの大スターがチームにいたとしても、その1人の選手の活躍よりチーム全体としてのまとまりの方が、勝負の行方を左右します。今回のワールド・カップでサムライ・ブルーが、1次リーグH組でコロンビアを破るという番狂わせを見せたことも、その1例ではないでしょうか。また、アメフトとやベイスボール(アメリカ国内の試合にも関わらず、メジャー・リーグ・ベイスボールでは、その優勝決定戦を“ワールド・シリーズ”と呼んでいます。)に比べ、サッカーは国際的なスポーツ、つまりボーダーレスであることもSNS的だと言えます。各国のサッカー・チーム自体も積極的にSNSを通して情報を発信し、世界中のファンのエンゲイジメントを高めています。

因みに、テニスはどうかと言いますと、全くマス・メディア向けではないと僕は考えています。プロの試合の展開はとても早く、一番の見所であるポイントの“組み立て”や“崩し”の戦略は、いくら優れた解説者だとしても、解説を聞くだけではなかなかイメージがわきません。また、試合の長さに関しても、30分以内に片方のプレイヤーがリタイアすることもあれば、4大大会であるグランド・スラムにおける男子の5セット・マッチのように、1試合が平気で3〜4時間続くこともあります。試合がいつ終わるか分からないということは、放送枠を確定させたいテレヴィ局(とスポンサー)側からすると、扱い方がとても難しいところです。

かと言って、SNS的でもありません。グローバルなスポーツであることは間違い無いのですが、チームで行われるベイスボールやアメフトやサッカーに比べ、基本的に個人単位(デイヴィス・カップやフェドカップなどのチーム大会を除けば)で行われるスポーツなので、SNSにかけているエナジーは、他のスポーツに比べてそれ程多くありません。

またテニスの場合、プレイ中は物を立てないようにするだけでなく、ブーイングすることさえ“恥”とされるくらい、“紳士的”なスポーツなので、観る側のマナーも問われます。声を高らかにして自分が好きな選手だけを応援したい観戦者からすると、どこかもどかしいスポーツなのではないでしょうか。テニス観戦は、時間とお金を持て余し、悠々自適に暮らす人、あるいは熱烈なファン向けなのです。もちろん僕の場合は、紛れもなく後者に当たりますが。



■This Week’s Wardrobe/ 今週の衣裳

■Azabu Tailor green jacket 


Photo : ©RendezVous

This week I wore a green summer jacket I had made at Azabu Tailor.

Speaking of green jackets, perhaps the most iconic is the one that is given to the winner of the Masters Tournament—one of golf’s four major tournaments held at Augusta National Golf Club in the U.S.

I wasn’t necessarily thinking of the Masters Tournament when I ordered this one, but I did picture a summer resort, or exclusive country club. (Although I would like to take up golf at some point, in addition to tennis.)

My favorite suit that I’ve had made so far is the birdseye suit I had made at Universal Language, so I decided to order this jacket in the same style—three buttons with the top button behind a rolled lapel. Compared to a two-button suit, the V-zone is slightly more compact and thus comes off as more natural even without a necktie.

For the waist pockets, I had this one made with what’s called a “change pocket”. Change pockets are an additional, smaller pocket that is placed above the right pocket. Originally, equestrians in Great Britain wanted a place to store coins for easy retrieval when passing through toll booths. Later, after industrialization made commuting by train the new norm, these pockets were used as “ticket pockets”. In modern society it does not serve any particular practical use, but for someone like myself who is relatively tall, change pockets bring a little variety to the negative space around the torso area.

■「麻布テーラー」の緑色のジャケット

The Masters
By pocketwiley (originally posted to
Flickr as The Masters) [CC BY 2.0 ],
via Wikimedia Commons
この回に着用したのは、夏用のジャケットとして「麻布テーラー」でオーダーした緑色のジャケットです。

緑色のジャケットと言えば、ゴルフのメジャー選手権の1つである、アメリカのマスターズ・トーナメントの優勝者に贈呈されるグリーン・ジャケットがとても有名です。

このジャケットは、マスターズを意識してオーダーしたわけではありませんでしたが、夏のリゾートやカントリー・クラブなどの“エクスクルーシヴ”な感じをイメージして作りました。(できれば、テニスだけでなくゴルフも始めたいとは思っています。)

以前「ユニバーサル・ランゲージ」で作ったバーズアイのスーツが、今までの中では一番のお気に入りだったので、このジャケットも同じ形の3つボタンの段返りというスタイルでオーダーしました。2つボタンに比べてVゾーンが少し小さめになるので、ノー・ネクタイでも胸元が寂しく感じないところがポイントです。

腰ポケットには今回、“チェンジ・ポケット”を入れてみました。チェンジ・ポケットとは、ジャケットの(着る側からして)右側にある通常のポケットの上に付けるポケットのことです。かつてイギリスでは、馬に乗った人が料金所を通過する際に、ジャケットのボタンを外さず、小銭を取り出せるように、このチェンジ・ポケットが使われていました。工業化が起きて電車通勤が普通になると、切符を入れる“チケット・ポケット”として使われるようになりました。現代社会においては、それほど実用性はないのかもしれませんが、僕のように背の高い人の場合、胴周りの“ネガティブ・スペース”に変化をもたらすことができるので、とても気に入っています。

<SHOP INFO>
Azabu Tailor Shinjuku East Store
麻布テーラー 新宿East店
4F 3-25-10 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒 160-0022 東京都新宿区新宿3-25-10 當山ビル4F
TEL : +81-(0)3-3358-9921
Open 営業時間 12:00-20:00(Weekday/平日)
11:00-20:00(Sat, Sun and holidays /土日祝)
Last Call 19:30
Closed 定休日 : Thursday / 木曜日
https://www.azabutailor.com/


■Brooks Brothers orange chinos


Photo : ©RendezVous
Wanting to wear colorful chinos this summer, I purchase four pairs at Brooks Brothers this past June, in beige, white, orange, and teal.

These are from the brand’s casual Red Fleece line, and are quite affordable. I usually think of casual chinos as being on the baggy side, but these are slim and stylish.

Although there are belt loops around the waist, these pants also have a button-over tab in the front, meaning that they can be worn without a belt and you won’t look like you’re trying too hard to look casual. Up until now I’ve worn a belt for my wardrobe on the show, but these chinos are a perfect fit, and so I’ve decided to go beltless.

Incidentally, a member of the staff who always screen-tests my wardrobe for the show complimented my look today, saying that “the colors look delicious”. Her words were reassuring, as I was still trying to get used to wearing clothes so colorful.

■「ブルックス・ブラザーズ」のオレンジ色のチノパン


Photo : ©RendezVous
今年の夏はカラフルなチノパンに挑戦したいと思い、6月頃に「ブルックス・ブラザーズ」でベイジュ、ホワイト、オレンジ、ティールの4本を購入しました。

カジュアル・ライン『レッド・フリース』の商品なので、¥10,000とお手頃なのですが、造りもしっかりしていて、従来のダボダボなイメージのチノパンとは違ってスリムなフィットです。

また、ベルト・ループはついているので、ベルトを使うこともできるのですが、 “持ち出し”と呼ばれる、フロントを閉じる時に最後に締める、先端が少し出ている部分がついているため、ベルトなしでもスッキリ見えるデザインになっています。これまで番組では、基本的にベルトを締めてズボンを履いていましたが、このチノパンは腰回りのサイズ感もぴったりなので、ベルトなしに挑戦しました。

因みに、この日はいつも衣裳のチェックをして下さる番組スタッフに、“今日は美味しそうな色ですね”と言われました。この時はカラフルな衣裳には、まだまだ慣れないなかったので、この一言で少しホッとしました。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Brooks Brothers Aoyama Flagship
ブルックス・ブラザーズ 青山本店
3-5-6 Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0061
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-6
TEL : +81-03-3404-4295
Open 営業時間 :11:00~19:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.brooksbrothers.co.jp/


■Timberland slip-ons


Photo : ©RendezVous
I purchased these Timberland leather slip-ons about two years ago.

Slip-ons are so-named because you can slip them on with ease by sliding your feet into them.

No shoestrings or buckles means putting them on and taking them off is a breeze, but there is a downside—you have to be careful about size. Quality leather products tend to stretch out slightly as you break them in, meaning that if the shoes were a perfect fit when you bought them, they may start to feel a looser as time goes on.

I learned this lesson myself the hard way with these shoes. Thankfully I was able to rectify the situation with an additional innersole, but the next time I buy loafers without laces or buckles, I will go for something with a tighter fit.

■「ティンバーランド」のスリップ・オン 

2年ほど前に購入した「ティンバーランド」の革のスリップ・オン・シューズです。

“スリップ”は“滑る”という意味で、 足を滑り込ませるように簡単に履けることから“スリップ・オン”と呼ばれます。

結び紐や留め具がないので、着脱は楽なのですが、その反面サイズ感が少し難しいところがあります。高品質の革製品は履いているうちに柔らかくなり、少し伸びてくるので、購入した時点でぴったりな靴は、少しずつ緩くなってしまいます。

僕もこの靴で、この教訓を学びました。今では中にインナー・ソールを1枚敷いているので、サイズはぴったりなのですが、次回結び紐のないローファー系の靴を買う際には、少しだけタイトなものを選びたいと思います。



Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Timberland Shinjuku / ティンバーランド 新宿
Park City Isetan4 1F, B1 3-15-16 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-15-16 パークシティイセタン4・1/B1F
TEL : +81-(0)3-3355-0821
Open 営業時間 10:30-20:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
http://www.timberland.co.jp/


■Fabric Tokyo gray striped shirt   /「ファブリック・トウキョウ」のグレイのストライプ・シャツ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #009 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #009を参照してください




■Zoff black-rimmed glasses / 『ゾフ』の黒縁メガネ


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #002.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #002を参照してください


■A Post-Taping Surprise

After we were done with the taping, I headed over to the makeup area, as usual, to get my makeup removed. Just as I was finishing up a member of the staff suddenly came up to me and said that the producers wanted to see me. For a split second I thought that perhaps they had finally had the last straw in terms of my monotone line readings on the show. Nevertheless I quickly headed back to the meeting room for the show.

I slowly opened the door to the meeting room, and a darkened room suddenly came to life, revealing the producers as well as members of the staff. On top of the table in the middle of the room was a mixed berry cake from Theobroma with a lit candle on top.

July 17th is actually my birthday, which just happened to coincide with one of our weekly tapings. This was the first time in more than 10 years that I had a party of sorts, celebrated by many people, and so I’m not usually one to get too emotional, I felt my cheeks blushing. Up until this experience I was not such a big fan of surprises, but this helped me see them in a more positive light.

Sekai e Hasshin! SNS Eigojutsu has two chief producers. I’d bonded with one over our mutual appreciation for jazz music, and she gifted me an Eric Dolphy live concert album. With the other producer, we’re constantly making references to American comedy shows and films, and he gifted me a rakugo CD from Tatekawa Shinnosuke for me to become more familiar with Japanese comedy.

■収録後のサプライズ

この日の収録が無事終わって、いつものようにメイク室に向かい、メイクを落としてもらい、ホッと一息ついていたら、突然、若手のスタッフが現れて「プロデューサーが呼んでいます」と言われました。一瞬、収録時の僕の棒読みっぷりにプロデューサーの堪忍袋の緒が、ついにブチ切れてしまったのか、と思いました。それでも僕はとりあえず、急いでスタッフの控え室に向かいました。

ゆっくりと控え室の扉を開けると、それまで真っ暗になっていた部屋に急に灯りがつきました。そこにはプロデューサーやスタッフが集まっていました。そしてテーブルの上には、ロウソクの乗った「テオブローマ」のミックスベリーのケーキがありました。

実は僕の誕生日は7月17日で、たまたま収録日と重なっていたのです。このように大勢にお祝いされるのは、実に10年以上ぶりのことだったので、普段はあまり感情的にはならない僕ですが、カーッと顔が赤くなりました。これまで“サプライズ◯◯”ということについては、ネガティヴに考えていたのですが、その考えを少しだけ改めることにしました。

『世界へ発信!SNS英語術』には、チーフ・プロデューサーが2人いるのですが、番組が4月に始まって間もない頃に、ジャズの話題で一気に打ち解けていた1人からは『エリック・ドルフィーのライヴ・アルバム』、そして普段からアメリカのコメディーの話題で意気投合している、もう1人のプロデューサーからは、『立川志の輔さんの落語のCD』をプレゼントされました。

プロデューサーの2人、そして番組関係者の皆さん、本当にありがとうございました。


Copyright RendezVous