Photo : ©SUNDAY / RendezVous


2018/10/29  #019

Reflections on Mission Impossible: Fallout and My Interviews with Christopher McQuarrie and Henry Cavill

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の監督クリストファー・マッカリーと出演俳優ヘンリー・カヴィルのインタヴューについて



Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/special/sp180802.html
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/special/sp180802.html

Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/special/sp180809_02.html
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/special/sp180809_02.html

■Behind the Scenes / 楽屋オチ

Interview day again, kicking off with a press event at what’s become kind of a second studio for the show—the Ritz-Carlton Tokyo.

A while ago I’d attended the press event for Han Solo: A Star Wars Story, but today was different: the Tom Cruise was coming to Japan. Members of the press packed into the event hall and there was a buzz in the air as if some legendary rock band was about to take to the stage. (Incidentally Tom Cruise played a rock star in the 2012 film Rock of Ages, kind of a cross between Bret Michaels from Poison and Axl Rose from Guns n’ Roses.)


We were shown a few behind-the-scenes making-of clips, and just as people started to get a little antsy, it was time for the main event. Tom Cruise arrived on stage exuding an aura unlike I’d ever witnessed before, and I immediately understood why people are so taken with Hollywood stardom. He was followed by director Christopher McQuarrie and actors Simon Pegg and Henry Cavill. As they all took their seats, I realized I had goosebumps. Who would have thought that a California native who graduated from an L.A. university would get to see a star of Tom Cruise’s caliber in the flesh for the first time in Japan?

Ostensibly the event had an MC that was moderating the proceedings, but it was clear Tom Cruise was running this show. He and the three other guests talked excitedly about behind-the-scenes episodes and the highlights of the movie, mixing jokes, fun banter, and teasing one another in the process. My producer, who was sitting next to me, leaned over and joked that maybe we should just air the talk show in its entirety for our 25-minute show. The love the four people on stage had for each other was palpable, and it was exhilarating to watch.

Tom Cruise
Tom Cruise by Gage Skidmore
Bret Michaels
Bret Michaels (6174792217)
Axl rose
Axl rose 2010 concert
Gage Skidmore [CC BY-SA 3.0 ], from Wikimedia Commons Eva Rinaldi [CC BY-SA 2.0 ], via Wikimedia Commons By andres fernando allain (Author) [CC BY 3.0 ], via Wikimedia Commons


Behind each of the four guests was an interpreter. As someone who has dabbled in interpreting work, this added another dimension to the event that fascinated me to no end. Some of the interpreters would wait until the actor or director had finished speaking before restating what they said in Japanese; one interpreter would translate what an actor was saying as if they were doing simultaneous interpretation. Some of the interpreters hid behind the person they were assigned to, and would not dare try to share the spotlight; one interpreter felt it was appropriate to announce themselves to the room with every move they made. Perhaps it was nerves, but that one interpreter would sometimes translate words meant for another interpreter, or they would not so much translate certain keywords as they would transliterate them into a katakana equivalent. All that being said, if I had been in this interpreter’s shoes, I have zero confidence that I would have been able to do any better.

In my day job as a translator, I get to reread what I’ve written many times, and I always have an editor proofread my work before I turn it in to a client. So I always have a chance to revise and polish. With interpreting, on the other hand, you only get one shot at getting it right. What’s more, your words are likely to be disseminated by the media as fact. In some cases the future of an entire nation even hangs in the balance. It is a job that comes with a terrifying burden of responsibility. A few days later, I looked online and found a certain media outlet had published an article on the press event that included an interpreter’s mistranslations verbatim.

A proper discussion about what being an interpreter means is for another day, but suffice it to say that the Mission Impossible: Fallout press event was as edge-of-your-seat and dramatic as the film itself.

Christopher McQuarrie
Christopher McQuarrie (8237747500)
Simon Pegg
Simon Pegg by Gage Skidmore 2
Henry Cavill
Henry Cavill SDCC 2014 (cropped)
Eva Rinaldi [CC BY-SA 2.0 ], via Wikimedia Commons Gage Skidmore [CC BY-SA 3.0 ], from Wikimedia Commons By Gage Skidmore [CC BY-SA 2.0 ], via Wikimedia Commons



■楽屋オチ

この日も、今ではすっかりお馴染みのリッツ・カールトン東京での記者会見とインタヴューでした。

以前『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の時の記者会見にも出席しましたが、今回は“あのトム・クルーズ”が来日するということで、桁違いに出席者が多く、まるでこれから伝説のロック・バンドが登場するかのような雰囲気でした。(トム・クルーズは2012年に映画『ロック・オブ・エイジズ』で「ポイゾン」のブレット・マイケルズと「ガンズ・アンド・ローゼズ」のアクセル・ローズを足して2で割ったような演技を見せています。)

メイキングの映像をいくつか観せられた後、少しそわそわし始めた頃、これぞハリウッド・スターと言わんばかりの、とてつもないオーラを放ちながらトム・クルーズが、ステージ上に現れました。続いて、監督のクリストファー・マッカリー、俳優のサイモン・ペッグ、そして俳優のヘンリー・カヴィルが登場しました。僕もいつの間にか、鳥肌が立っていました。カリフォルニア出身でロサンゼルスの大学を卒業した僕が、日本において、このような形でハリウッド・スターを身近に見られるということは、とても不思議な感じがしました。

会見場にはMCもいらっしゃいましたが、トム・クルーズは自ら記者会見を主導し、その他3人の登壇者と共に、様々な舞台裏の話や映画の見所を熱く、時には冗談を交えながら話してくれました。僕の隣に座っていた番組のプロデューサーは、「このトーク・イヴェントをこのまま30分流してもいいくらいだな」と言うほど、4人の息がよく合っていて、面白い内容の記者会見となりました。

登壇者4名の後ろには通訳の方も付いており、通訳の仕事の経験のある僕としては、この点もとても興味深く観ることができました。俳優や監督が喋り終わってから改めて日本語に訳す通訳もいれば、同時通訳に近いタイミングで通訳をする方もいました。自分の存在感をなるべく消して、話している本人を際立たせる通訳もいれば、俳優に負けないくらいのオーラを放っている通訳もいました。緊張していたのか、一人の通訳が自分の担当ではない人の分まで通訳してしまうハプニングや、俳優が語ったキーワードをそのまま、カタカナ語として通訳する場面も何度かありました。かと言って、僕が同じ状況下で、彼女らよりもうまく訳せたかと言いますと、全く自信がありません。

僕が普段からやっている“翻訳”の仕事では、自分で何度も読み返すことができますし、エディターにも校正してもらった上で、クライアントに提出することとなルノで“推敲”することが可能です。一方で、“通訳”の場合は、現場での一発勝負となります。しかもその通訳の言葉がメディアを通して、世の中に拡散されてしまいます。場合によっては、国家の運命を左右することもあるので、考えてみるととても恐ろしい責任が伴う仕事です。実際、後日、記者会見について書かれたある媒体の記事を読んでいたところ、通訳が誤訳したことが、そのまま書き起こされた内容になっていました。

通訳のあり方についての議論は、今回は割愛しますが、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の記者会見は、映画本編に負けないくらい、ハラハラドキドキなドラマであったことは間違いありません。

[Recommended filmography for Tom Cruise]
[オススメのトム・クルーズの出演作]


Mission Impossible Collection 1-5
『ミッション:インポッシブル 5 ムービー・コレクション』
Collateral
『コラテラル』マイケル・マン監督 (2004年)
Rock of Ages
『ロック・オブ・エイジズ』アダム・シャンクマン監督 (2012年)
Live Die Repeat: Edge of Tomorrow
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ダグ・リーマン監督 (2014年)

[Recommended filmography for Simon Pegg]
[オススメのサイモン・ペッグの出演作]


Spaced
『SPACED ~俺たちルームシェアリング~』
Shaun of the Dead
『ショーン・オブ・ザ・デッド』エドガー・ライト監督 (2004年)
Hot Fuzz
『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』エドガー・ライト監督 (2007年)
The World’s End
『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』エドガー・ライト監督 (2013年)


■Mission Impossible: Fallout is the Ultimate Form of Entertainment

Mission Impossible: Fallout is the sixth film in a series that keeps getting better and more fun with each installment. As far as spy action thrillers go, Ethan Hunt is certainly more than James Bond’s equal.

The indisputable highlight of each film in the series is the death-defying stuntwork done by Tom Cruise. For the HALO (high altitude low opening) jump sequence in this film, Cruise himself executed the 8,000-meter jump 106 times. In a chase sequence set in London, he even broke his ankle when performing a stunt where he was jumping between buildings. But even accidents like these have become a more effective promotional campaign than any advertisement could be. With Cruise constantly outdoing himself with each film, it’s clear that the next one has to involve him actually going into space.

There are, however, those who are more skeptical. These people wonder whether Tom Cruise is good or bad for cinema. For one, the stuntwork in these films is so real that some viewers are likely to assume it must be the product of computer graphics—in which case, they argue, why not have it be CGI to begin with? Others worry that it takes away from the work of professional stunt performers, or conversely, that it puts pressure on actors to place themselves in physical danger.

Take a step back and look at the bigger picture, however, and it’s clear such concerns are unfounded. The era of a single big-name star carrying an entire film to major box office success is already over. Tom Cruise is arguably the last of those larger-than-life Hollywood greats. He is not a sign of things to come; he is an exception to the rule.

Moreover, the Mission: Impossible series are the ultimate entertainment precisely because a huge star with more money and fame than anybody could ever possibly do anything with is, rather than let CGI do the heavy lifting, literally placing his life on the line for our entertainment.

Side note, to anybody interested in learning more about how this film was made, I recommend listening to The Empire Film Podcast’s six-hour interview with director Christopher McQuarrie, split over two episodes. It is only in English, but McQuarrie speaks relatively clearly and it is worth a shot for those studying English. (Spoiler alert.)


■『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は究極のエンタメである

『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』は、シリーズの6作目になりますが、映画としての完成度は、回を重ねる毎に高くなっており、内容もどんどん面白くなっています。映画歴史においても、“007シリーズ”と匹敵するシリーズと言っても過言ではありません。

その中でも、一番の見所はやはり、文字通り体を張った演技をしたトム・クルーズでしょう。映画序盤のキー・シーンである“HALOジャンプ”(高高度降下低高度開傘)を撮影するために、スタントマンを使わずに、トム・クルーズ本人が実際に上空約8,000 mから106回もダイヴしたそうです。また、ロンドンを舞台にしたチェース・シーンでは、ビルからビルへと飛び移る際に足首を骨折してしまいました。しかし、こうした事故さえも、結果的には、どんな広告よりもプロモーション効果があったように思えます。こうなると、次回作では、本当にトム・クルーズ本人が、宇宙空間にまで行くことになるではないでしょうか。

一方で、こんなトム・クルーズの存在というものが、映画業界にとって“良いのか悪いのか”、という議論があります。スタントがリアル過ぎて、逆に“CGに間違いない”と思わせてしまっていることを考えると、そもそもCGでも良かったのではないかと言う声や、俳優もスタントマンのように身体を危険にさらす覚悟でいないといけない、という無言の圧力が俳優に対してかかるのではないかという懸念もあります。

しかし、一歩引いて映画業界全体のトレンドを冷静に見渡すと、これらは根拠のない心配であることがわかります。1人の大物俳優のネイムヴァリューだけで作品を大当たりさせる時代は、既に終わっています。トム・クルーズは、そんなかつての時代の“最後の大物俳優”と言ってもいいのではないでしょうか。彼の存在は、これからの先例ではなく、そもそもが例外的な存在なのです。

そして、一生かけても使い切れないほどの富と名声を得た大スターが、映画ファンの娯楽のためにCGではなく、自らの命をわざわざ危険にさらして“くれている”からこそ、『ミッション:インポッシブル』シリーズは究極のエンタメとなっているのです。

因みに、この映画の製作や舞台裏に興味がある方は、イギリスの映画雑誌『エンパイア』が配信しているポッドキャストを聞くことをオススメします。6時間にも及ぶクリストファー・マッカリー監督とのインタヴューが2回に分けてアップされています。英語のみですが、監督の英語は比較的聞き取りやすいと思いますので是非一度チャレンジしてみて下さい。(ネタバレあり)


[Recommended James Bond films]
[“007シリーズ”のオススメ映画]


Goldfinger
『007 ゴールドフィンガー』ガイ・ハミルトン監督 (1964年)
Goldeneye
『007 ゴールデンアイ』マーティン・キャンベル監督 (1995年)
Casino Royale
『007 カジノ・ロワイヤル』マーティン・キャンベル監督 (2006年)
Skyfall
『007 スカイフォール』サム・メンデス監督 (2012年)


■About My Wardrobe / この日の衣裳について

■Aquascutum purple dress shirt


Photo : ©SUNDAY / RendezVous

Up until now I’ve ordered my suits and jackets from tailors in the Shibuya, Harajuku, and Shinjuku areas, but this shirt is one I had made at none other than Shinjuku Isetan. I ordered it during a made-to-measure sale they had back in May.

They had a range of fabrics available for around ¥15,000 (tailoring included)., but as this was my first time ordering at a department store, I decided to go with something a bit more high-end: a ¥20,000 Aquascutum fabric (which was actually discounted to ¥15,000).

Aquascutum is a time-honored British luxury clothier granted a number of Royal Warrants over the years (it currently holds no Royal Warrants). It is said that Margaret Thatcher was especially fond of their fabrics.

The shirt that was delivered to me is without a doubt the best shirt I’d ever made up to that point, both in terms of fit and texture.

The only downside is that because of the fine fabric, the shirt needs to be hand-washed. (When I take it to the cleaners I ask for the hand-wash option.)

■「アクアスキュータム」のパープル・ドレス・シャツ 


©RendezVous
今までは、主に渋谷・原宿・新宿エリアのテーラーでスーツやシャツを注文してきましたが、この日着たシャツは憧れの新宿伊勢丹でオーダーしたものです。5月にオーダー・シャツのセールが開催された際に作りました。

会場には(仕立て込みで)定価が¥15000くらいの生地が多く並んでいましたが、初めてデパートでオーダーするせっかくの機会だったので、ワンランク上の「アクアスキュータム」の定価¥20000の生地を選びました。(セールだったので実際には1枚¥15000でした。)

アクアスキュータムとは、イギリスの老舗の高級衣類メーカーで、以前は王室御用達のブランドとして承認されていました。マーガレット・サッチャーからの評価が特に高かったようです。

出来上がったシャツは、フィットも肌触りも、今まで作ったシャツの中ではダントツの1位と言っていいほど優れています。

唯一のデメリットとしては、生地が繊細なので、手洗いで洗濯する必要があることです。(クリーニング店に出す時にも、手洗いのコースで出した方が良いです。)

<SHOP INFO>
Isetan Shinjuku Store
伊勢丹 新宿店
3-14-1 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL : +81-03-3352-1111
Open 営業時間 10:30~20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku.html



■Ralph Lauren necktie / 「ラルフ・ローレン」のネクタイ


Photo : ©RendezVous
This is a vintage necktie I received from BigBrother. It is slightly on the thin side. The silk has just the right amount of shine and softness, and it yields a great knot.

こちらはBigBrotherから頂いた、ヴィンテージもののやや細めのネクタイです。ちょうどいいツヤ感と柔らかさで、びっくりするくらい締めやすくなっています。





Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Ralph Lauren Omotesando Flagship Store
ラルフローレン 表参道店
4-25-15 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-15
TEL : +81-03-6438-5800
Open 営業時間:Sun to Thu /日-木曜日 11:00-20:00
Fri and Sat / 金、土曜日 11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.ralphlauren.co.jp/ja/


■Tabio purple socks /「タビオ」のパープル色のソックス 

Purple socks to go with the purpleish shirt. These are Mens Supima 3×1 Ribbed Socks from Tabio (972 yen tax incl.). I’ve word these socks in pink and silver on the show in the past.

紫系のシャツと合わせる形で「タビオ」のパープル色の「メンズ スーピマ3×1リブソックス」(税込972円)を履きました。以前同じシリーズのピンクとシルヴァーのものも履いたことがあります。

<SHOP INFO>
Tabio Omotesando Hills
タビオ 表参道ヒルズ店
Omotesando Hills B2F, 4-12-10 Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館B2F
TEL : +81-03-5785-0561
Open 営業時間 11:00-21:00(Weekday/平日), 11:00-20:00(Sat., Sun. and holidays/土日祝)
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://tabio.com/jp/


■Universal Language birdseye suit
ユニバーサル・ランゲージ』のバーズアイ・スーツのジャケット


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #006 for more information about this item.

この商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #006を参照してください。



■Paraboot double monk shoes / 「パラブーツ」のダブル・モンク・シューズ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #004 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #004 を参照してください。





■Post-Interview Thoughts

Tom Cruise is not only the star of the Mission: Impossible franchise—he also serves as producer, and in that capacity he has picked a different director for each film in the series. As a result the series has given us an intimate thriller by Brian De Palma, an over-the-top gun-fu action film by John Woo, an emotional spy drama from J. J. Abrams, and an epic adventure from Brad Bird. Each director has put their own unique stamp on the series. This film marks a first in that Christopher McQuarrie, who directed the previous film, Mission: Impossible – Rogue Nation, returned to the director’s seat for a second time. Tom Cruise has worked with McQuarrie on a number of projects beginning with 2008’s Valkyrie, and it’s clear he has a lot of trust in him.

Brian DePalma
BrianDePalma09TIFF
John Woo
John-Woo-Cannes
gdcgraphics [CC BY-SA 2.0 ], via Wikimedia Commons By yakobusan (https://www.flickr.com/photos/yakobusan/134694703/) [CC BY-SA 2.0 ], via Wikimedia Commons
Christopher McQuarrie rose to fame when he won an Academy Award for his script for 1995’s The Usual Suspects. For this new film, he says he purposely set out to make a film in a different style from the previous one, and to that end he did a number of things differently. Most surprising is that the film went into production without a finished script. Moreover, while shooting locations are often chosen based on a script, for this film McQuarrie found locations first and wrote and rewrote the script to fit that location. The fact that the movie feels coherent despite this approach is a testament to his skill and unwavering vision as a director. And the action scenes are not just there to dazzle—although each is jaw-dropping in its own way. Rather, the action serves to drive forward the narrative.

On this day our MC Kato-san also conducted her first English-language interview. In the studio I’ve never even seen her remotely nervous, but for this interview she was naturally worried about her English pronunciation, and so we practiced many times, right up until it was time to head into the interview room.

In Mission: Impossible – Fallout, Henry Cavill plays a brusque CIA agent, but in person the man is the very definition of a respectable British gentleman. When I introduced Kato-san to him and explained our show and that this was her first-ever English interview, he smiled and nodded. When I went on to explain that Kato-san had just wrapped up shooting her first acting role on a TV drama, he was so kind as to congratulate her. He thoughtfully answered each of her questions, and afterwards Kato-san was all smiles.

As for me, I simply sat there mesmerized by Henry Cavill’s imposing form (he plays Superman, after all—another American superhero) and British accent. The man has it all.

■クリストファー・マッカリーとヘンリー・カヴィルのインタヴューを経て

トム・クルーズは、『ミッション:インポッシブル』シリーズの出演者であるだけでなく、プロデューサーの仕事も行なっており、これまでも毎回違う監督を指名してきました。その結果、ブライアン・デ・パルマによる小規模なスリラー、ジョン・ウーによる大袈裟なガン・アクション、J・J・エイブラムスによる感情に訴えかけるスパイ・ドラマ、ブラッド・バードの壮大なスケールによるアドヴェンチャーなど、様々なテイストの映画が製作されることとなりました。

今回はシリーズとして初めて、前作の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション』と同じクリストファー・マッカリー監督が抜擢されました。実はマッカリー監督は2008年の『ワルキューレ』をきっかけに、トム・クルーズとここ10年間、数々の作品でタッグを組んできているので、現在トム・クルーズが最も信頼を寄せている監督なのかもしれません。

J. J. Abrams
J. J. Abrams (23175170706) (cropped)
Brad Bird
Brad bird cropped 2009
By Montclair Film Festival (TTL_8124) [CC BY 2.0 ], via Wikimedia Commons By nicolas genin from Paris, France [CC BY-SA 2.0 ], via Wikimedia Commons
マッカリー監督は、そもそも1995年の『ユージュアル・サスペクツ』の脚本を手がけ、アカデミー脚本賞を受賞したことで一躍有名になりました。今作の製作秘話を聞く限り、前作とは異なるスタイルの映画にするために、様々な工夫をしたそうです。驚くことに、脚本が完成されていないまま、製作に取り掛かったということです。更に、通常は脚本を前提として、撮影を行うロケイション・ハンティングを行うのに対して、今作では、ロケイションが先にあって、その場所にあった形で脚本を書き上げるという方法をとったそうです。このようなアプローチでありながら、映画としてまとまりがあるのは、監督の中にブレないヴィジョンがあるからだと、僕は思います。数々あるアクション・シーンも、単なる“魅せるためのアクション”ではなく、ストーリーを展開させるためのアクションになっている点がとても見事です。

さて、この日は加藤さんが、初の英語でのインタヴューに挑戦した日でもありました。普段のスタジオ収録では、全く緊張している様子が伺えない加藤さんが、今回ばかりは英語の発音がとても心配だったようで、インタヴュー直前まで質問の聞き方を何度も確認し、練習されていました。

『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』では、ぶっきら棒なCIAエイジェントを演じるヘンリー・カヴィルですが、実際にお会いしてみると本人は、絵に描いたような立派なイギリス紳士でした。僕が加藤さんを紹介し、番組の内容と初めての英語でのインタヴューであることを説明すると、ニコニコしながら頷いてくれました。初の連続ドラマのレギュラーとして、仕事を終えたばかりだった女優としての加藤さんに「おめでとう」と気の利く一言をかけてくれました。加藤さんの質問にも1つ1つ真剣に答えてくれ、インタヴューを終えた加藤さんは、満面の笑みでした。

僕はと言えば、ヘンリー・カヴィルの鍛え上げられた肉体(彼は“スーパーマン”、これもアメリカのスーパー・ヒーローを演じています)と、イギリス訛りの英語を、ひたすらうらやましいと思うばかりでした。

[Recommended filmography for Christopher McQuarrie]
[オススメのクリストファー・マッカリーの作品]


The Usual Suspects
『ユージュアル・サスペクツ』ブライアン・シンガー(監督) クリストファー・マッカリー(脚本) (1995年) 
Valkyrie
『ワルキューレ』ブライアン・シンガー(監督) クリストファー・マッカリー(脚本) (2008年)
Jack Reacher
『アウトロー』クリストファー・マッカリー(監督) (2012年)
Mission: Impossible – Rogue Nation
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション』クリストファー・マッカリー(監督) (2015年)


[Recommended filmography for Christopher McQuarrie]
[オススメのクリストファー・マッカリーの作品]


Man of Steel
『マン・オブ・スティール』ザック・スナイダー監督監督 (2013年)
The Man from U.N.C.L.E.
『コードネーム U.N.C.L.E.』ガイ・リッチー監督 (2015年)



Copyright RendezVous