Photo : ©SUNDAY / RendezVous
2018/10/29  #017
SNS Eigojutsu (on E-Tele): July 5th
#Pride and My Wardrobe
Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』7月5日放送分
#Prideと当日の衣裳について

Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/

■Behind the Scenes

So far on Sekai e Hasshin! SNS Eigojutsu we’ve covered a number of socially relevant topics, like #MeToo, #NeverAgain, and #ImplicitBias. The common element between these is the idea of diversity. Diversity is about acknowledging the wide range of differences between individuals and groups, and striving to build a society or organization where those differences can serve as a competitive edge. Diversity has become sort of a hidden theme of our show.

On this episode, we featured a bunch of #Pride tweets. Pride is a word that means “self-esteem” or “sense of achievement”. In the case of #Pride, it refers not to some kind of self-development movement or the defunct Japanese mixed martial arts promotional company, but to LGBT pride. In other words, the idea that we should have pride in our sexual orientation. In the U.S., June is LGBT Pride Month, in commemoration of the Stonewall riots.
* About the Stonewall riots: in the 1950s and 60s, spontaneous police raids against gay bars were routine. On June 28th, 1969, members of the gay community at the Stonewall Inn—a gay bar—in New York responded to another such police raid with a series of violent demonstrations.

The rainbow flag is a symbol of LGBT social movements. The six colors of red, orange, yellow, green, blue, and purple represent the diversity of the LGBT community. Today the flag is used not only in the U.S. but in Japan and all over the world. If you paid especially close attention to the bumpers

in-between different segments of our show, you might have noticed that our logo had been turned into a rainbow flag. On the show we only had enough time to cover LGBTQ, but recently this appears to have expanded to LGBTQIA+.

Lesbian = a woman who is attracted to other women

Gay = a man who is attracted to other men (this term was once used as an umbrella term for both gay men and lesbian women, but today it is often used to refer just to gay men)

Bisexual = a person who is attracted to both men and women

Transgender = a person whose personal identity does not correspond with their birth sex

Queer = an umbrella term for someone in the sexual minority / Questioning = a person who is exploring one’s sexual orientation

Intersex = a person with reproductive organs that don’t fit into the standard definition of a man or a woman

Ally = an ally of sexual minorities / Asexual = a person without sexual feelings

+ = any sexual minorities that do not fit into the above categories


■楽屋オチ

『世界へ発信!SNS英語術』ではこれまで #MeToo、#NeverAgain、#ImplicitBiasなど、社会派なハッシュタッグをいくつも紹介してきました。これらに共通するテーマは、“ダイバーシティ”(多様性)なのではないでしょうか。“ダイバーシティ”とは、個人や集団の間には様々な違いが存在し、それを互いに認め合い、その違いを優位性として生かす社会や組織を目指すことです。このダイバーシティという概念は、『世界へ発信!SNS英語術』の裏テーマと言ってもいいのかもしれません。

この回では、#Prideに関するツイートを取り上げました。“Pride”とは本来“自尊心”や“誇り”のことですが、ここで言う#Prideとは自己啓発的な運動でも格闘技のイヴェントでもなく、“LGBTプライド”、つまり人々が自分の性的指向に誇りを持つべきだとする概念のことです。アメリカでは、1969年に起こったストーンウォールの反乱を記念して、毎年6月が“LGBTプライド月間”とされています。
※ストーンウォールの反乱とは、1950年代〜60年代にゲイ・バーが警察の踏み込み捜査を定期的に受ける中で、1969年6月28日に、ニューヨークのゲイ・バー「ストーンウォール・イン」に居合わせた同性愛者らが警官に立ち向かって暴動となった事件です。同性愛者らの権利獲得運動の転換点となりました。

こうした“LGBT”に関する社会運動を象徴するのが、レインボー・フラッグです。赤、橙、黄、緑、青、紫の6つの色はLGBTコミュニティの多様性を表しています。今ではアメリカだけでなく、日本を含め世界中で使われている旗です。今回の放送でも、ほんの一瞬だけでしたが、レインボー・カラーのデザインが施された番組のロゴが表示されました。

番組では、時間の制限もあり“LGBTQ”という言葉を紹介しましたが、最近では“LGBTQIA+”とするところも多いようです。

Lesbian = 同性愛の女性

Gay = 同性愛の男性 (本来は同性愛の人々を総称する言葉でありましたが、同性愛の男性のみを指す場合が多くなりました。)

Bisexual = 両性愛者

Transgender = 生まれ持った身体上の性別に違和感を持った人

Queer = セクシュアル・マイノリティに属している人 / Questioning = 自分の性的指向が定まっていない人

Intersex = “男性”または“女性”の典型的な定義に当てはまらない生殖器を持って生まれた人

Ally = 性的マイノリティを理解し支援する“味方”、あるいはAsexual = 無性愛者

+ = 上のいずれにも含まれない性的マイノリティ

■English phrases about sexual orientation

The word “gay” originally meant cheerful, brightly colored, or carefree. In the 17th century, “carefree” started to mean “led astray”, and that sense of debauchery eventually came to refer to homosexuality. Generally, until the mid-20th century, “gay” was mostly used in the sense of “cheerful” and “free”. Then in the 1960s, members of the LGBT community began using the word themselves, and eventually its dominant meaning became “homosexual”. In the 60s, the word “queer” chiefly meant “strange” and was considered derogatory; meanwhile “homosexual” sounded too clinical, as if it were a disease. At the time the LGBT community mostly stayed away from these two terms.

As we talked about on the show, the Japanese use the term “coming out” for disclosing one’s sexual orientation, but this on its own is an incomplete expression—it does not indicate where the person is coming out from. The full English expression is “to come out of the closet”. This metaphorical “closet” is a place hidden away from the world or for family. To be “in the closet” means that you are keeping your sexual orientation hidden or a secret. Of course, the closet is a place where you don’t want to be seen by others, so it comes with a certain shame and embarrassment—the feeling that your life is a lie. (Side note, “to come out of the closet” can also be used to refer to disclosing an illness or something else that you don’t want people to know about.)
* I’ll be writing more about phrases like “coming out” and English words and phrases coined in Japan on another day.

Also, to reveal a closeted LGBT person’s sexual orientation either to their family or to society at large is “to out someone”.

There are some other baseball-related euphemistic phrases used to describe someone’s sexual orientation. For example, “to bat for the other team” is another way of saying someone is homosexual. Meanwhile, “switch-hitter” is someone who swings both ways, right-handed and left-handed—someone bisexual. In the U.S. baseball is a sport for boys, while softball is a sport for girls. Side note, the 1976 film The Bad News Bears is a great baseball film—and it features a girl joining a boys’ baseball team.

Side note, when I was a kid, people on the playground used “gay” to mean “terribly uncool”. We would throw around the term so casually. But looking back it’s clear that kids subconsciously absorb and repeat the words used by the adults and other children around them. Parents should be careful of what they say around children.

■性的指向に関する様々な英語表現について

“gay”という言葉はもともと“陽気な” “鮮やかな” “呑気な”という意味の形容詞でした。17世紀に、“呑気な”という意味から転じて“身を持ち崩した”という意味で使われるようになり、その後“放蕩な”という意味が、更に転じて“同性愛”という意味も持つようになりました。一般には20世紀の半ばまでは、“愉快な” “自由な”という意味が主流でした。1960年代になると、同性愛者が自ら進んでこの言葉を利用するようになり、やがて“同性愛者”の意味の方が主流となってきました。60年代においては“queer”という言葉は、“変わり者”という意味が主流で侮辱的だとされ、また、“homosexual”という言葉は医学用語であるため、まるで病気として扱っているようなニュアンスを含むことから当事者からは、好まれませんでした。

また、番組でも紹介しましたが、自らの性的指向を表明することを日本語では、“カミングアウトする”と言いますが、これは一体“何処”から“カミングアウト”しているのかが分からない、不完全な表現です。英語では、正しくは“come out of the closet”と言います。この“クローゼット”とは、世の中や家族の目が届かない場所であり、自分の性的指向を秘密にしている状態である“in the closet”(クローゼットに入ったままの状態)の意味を含みます。しかも、人に見られたくないわけですから、“クローゼット”の中で生きることは、偽りの毎日を送っていることを意味しており、羞恥心や情けないという気持ちが伴っています。(因みに“come out of the closet”という表現は、病気や他人に知られたくない秘密を明かす時にも使われるので、注意が必要です。)
※今回紹介した“カミングアウト”のような、本来の英語とは少し異なった表現である“和製英語”については、後日、詳しく解説します。

同性愛者であることを家族や社会一般に、まだ表明していない人の秘密を暴露することを“アウティング”(to out someone)と言います。

他にも、性的指向を婉曲に指す言葉には、野球に関連したフレーズがいくつかあります。同性愛者を表す言葉として“bat for the other team” (違うチームのためにバッティングする)、両性愛者を表す言葉として“switch-hitter”(右手打ちでも左手打ちでもできる、両手利きのバッター)があります。アメリカでは、野球は男子がするスポーツで、女子は“ソフトボール”をします。因みに、女子が野球に挑戦する『がんばれ!ベアーズ』(1976年)はとてもいい映画です。

因みに、僕が子供の頃は、“gay”は“ダサい”という意味でも、不用意に使われていました。子供というものは、言葉に宿る力を理解せずに、周囲の大人や子供から聞き取った言葉を、無自覚に吸収し、使用してしまうものです。子供に対しては、正しい言葉遣いをするように大人は、気をつけましょう。



■This Week’s Wardrobe/ 今週の衣裳


Photo : ©SUNDAY / RendezVous

■Summer fabrics

Starting July, it was time to bring in the summer fabrics to spice up my wardrobe for the show. Classic summer fabrics include linen and seersucker.

Linen is a type of textile made from the fibers of the flax plant. The Japanese often call this material asa (麻), a character that they use as an umbrella term for both hemp and linen. Compared to cotton, it has a coarser, slightly more rigid texture. Linen textiles are usually thin and very breathable. The fabric doesn’t cling to the body, leaving you dry and comfortable in the summer. One disadvantage is that it wrinkles quite easily.

Seersucker is a type of cotton fabric that has a crimped or puckered surface. Those crimples facilitate heat dissipation and sweat evaporation to keep the body cool. The fabric is often striped or checkered. The crimpled fabric is also convenient in that it doesn’t need to be ironed.

■夏用の生地について

夏の生地と言えば、麻とシアサッカーが代表的なものなのではないでしょうか。

衣料用の麻とは、“リネン”と呼ばれているもので、亜麻などから採取される繊維を原料とした織物の総称です。綿に比べると、ザラザラとした少し硬い手触りが特徴です。薄手のものが多く、通気性が良いので、汗をかいても肌に張り付かず、暑い夏でも快適に過ごせます。弱点は、シワになりやすいところです。

シアサッカーは、縞状の“シボ”(凸凹)の入った綿の織物のことです。その“シボ”によって体から外気への熱放散を促進し、汗の乾きも早くなるので、涼しく過ごせます。ストライプ柄とチェック柄のものが多いのも特徴です。元から“シボ”が入っているので、アイロンをかける必要がないことも利点です。

■Azabu Tailor pink candy striped jacket


Photo : ©RendezVous


This year I really wanted to wear a seersucker jacket, and I’d had my eye on a few off-the-rack items at Brooks Brothers and Ralph Lauren since May. After trying a few of them on and consulting with Scarlet, we decided that if we wanted a perfect-fitting jacket, I would need to have it made to measure.

I headed over to Azabu Tailor by myself, looked at a bunch of fabrics, and decided to go with this one with pink candy stripes. Without putting much thought into it, I assumed it was seersucker.

Cut to about a month and a half later. The jacket I ordered arrived at the office, and I tried it on with complete confidence. Scarlet took a look at me and said, “That’s a very nice jacket, and it’s a perfect fit, Kazoo. But that’s not seersucker.”

In my naivete I’d assumed that the defining trait of seersucker was the stripes, but Scarlet explained to me that it’s the distinct crimped or puckered texture. The jacket I’d ordered was certainly a summer jacket based on the pattern, but the fabric itself is relatively smooth and utterly without crimples—and thus technically not seersucker. (Nonetheless I still really like the jacket. Really.)

But the shock and embarrassment still remain. Whenever I wear this jacket, I try to forget all that and put on as nonchalant a face as I can muster.

Incidentally, because of the fine candy striped pattern I was afraid it would be a problem for the cameras again, and I’d be foiled once again by the dreaded moiré pattern. Thankfully it turns out the pattern is so fine that the jacket simply appears pink.
* A moiré pattern is an interference pattern that occurs when you superimpose two similar-looking but inexact patterns made up of lines or dots. In television, cameras have image sensors that have their pixels arranged in a very fine pattern. As a result, filming a subject that is wearing striped clothing or clothing featuring other fine patterns results in a moiré effect.

■「麻布テーラー」ピンクのキャンディ・ストライプのジャケット 

今年はシアサッカーのジャケットを手に入れたいと思い、5月ごろから「ブルックス・ブラザース」や「ラルフ・ローレン」の既製品に目をつけていました。しかし、いくつかのジャケットを試着した上で、Scarletと相談したところ、僕の体にしっかり合うジャケットにするためには、やはりオーダーする必要があると言う結論に至りました。

「麻布テーラー」に一人で向かい、いろんな生地を見比べた上で、このピンクのキャンディ・ストライプが気に入り、てっきりシアサッカーを選んだつもりでオーダーをしました。

それから1ヶ月半くらいが経ち、商品が事務所に届くと、僕は自信満々でそのジャケットを着てみました。そしたらなんと、「このジャケットはものはすごくいいし、サイズもぴったりだけど、KAZOO、これはシアサッカーではないわよ」とScarletが言うのです。

僕は、“シアサッカー=ストライプ柄”というイメージが強かったのですが、凸凹のある独特な生地の風合いがシアサッカーの特徴だと、Scarletが教えてくれました。オーダーしたジャケットは、間違いなく夏っぽい柄のものなのですが、生地自体は、凸凹のない滑らかなものなので、正確にはシアサッカーではなかったのです。(しかし、このジャケットはとても気に入っています。本当に。)

未だにそのショックと恥ずかしさは消えていませんが、このジャケットを着る際には、そのことはとりあえず一旦忘れて、涼しい表情でいることにしました。

因みに、細かいキャンディ・ストライプ柄なので、テレヴィ的には、モワレが出るのではないかと心配していたのですが、柄がとても細かいために、テレヴィ・カメラには完全にピンク色に映っているようです。
※モワレとは、規則正しい模様を重ね合わせた時に発生する縞模様のような現象です。テレビの場合、カメラの画素が規則正しく並んでいるため、ストライプのような細かいパターンが施された被写体を撮影すると発生することがあります。

■Azabu Tailor white linen shirt


Photo : ©RendezVous
In addition to a few summer jackets, I also ordered a few summer shirts at Azabu Tailor, this white linen shirt included.

After watching this week’s show, Scarlet told me that I needed to pay a little bit more attention to the position and shape of my collar and the front of the shirt. As I always focus all of my energy on the show making sure to look into the camera straight on and read my lines as naturally as possible, I’d neglected to put enough care into how my collar was looking.

Ironically, in order to pull off a cool, relaxed summer look, you need to pay close, careful attention to the details. Sigh.

■「麻布テーラー」の白いリネンのシャツ

「麻布テーラー」では、夏用のジャケットと一緒に、何枚かの夏用のシャツを注文しましたが、そのうちの1枚がこの白いリネンのシャツです。

襟は開きが水平に近い“カッタウェイ”という形にしてみました。ノー・ネクタイを想定した涼しげな印象を与える形になっています。

ただ、今回のオンエアを見てScarletに言われたことは、シャツの襟と胸元の開き方に注意することでした。カメラをまっすぐ見つめてセリフを自然に読むことで、いっぱいいっぱいな僕は、未だに襟周りをビシッと決めることまではできていないようです。

皮肉なことに、リラックスしたサマー・スタイルをクールに見せるためには、細部までにこだわって抜かりのない配慮が必要のようです。ハァー。

<SHOP INFO>
Azabu Tailor Shinjuku East Store
麻布テーラー 新宿East店
4F 3-25-10 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒 160-0022 東京都新宿区新宿3-25-10 當山ビル4F
TEL : +81-(0)3-3358-9921
Open 営業時間 12:00-20:00(Weekday/平日)
11:00-20:00(Sat, Sun and holidays /土日祝)
Last Call 19:30
Closed 定休日 : Thursday / 木曜日
https://www.azabutailor.com/


■Brooks Brothers red chinos /「ブルックス・ブラザース」の赤いチノパン


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #012 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #012を参照してください




■Red Wing chukka boots  /「レッドウィング」のチャッカ・ブーツ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #007 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #007を参照してください


■Zoff black-rimmed glasses / 『ゾフ』の黒縁メガネ


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #002.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #002を参照してください


■The Future of the LGBT Movement

While LGBT Pride Month was not established by the U.S. government, it has been officially recognized by two past presidents: Bill Clinton became the first in June of 2000, and later Barack Obama did the same.

President Donald Trump, on the other hand, has not officially recognized LGBT Pride Month. Although he has voiced his support for same-sex marriage in the past, with his announcement to ban transgender people from serving in the military and the ease with which he flip flops on decisions, many in the LGBTQIA+ community are rightly concerned about the future.

Regardless, in a Western society—particularly in the U.S.—the fight lies in not comprimising your beliefs and not backing down. American society is a place where only those who stick to their ideals are respected—someone who flip-flops is not taken seriously and is often derided with scorn. The LGBT movement in the U.S. seems to take two steps forward before it is pushed back one, but society is slowly but surely headed in a direction of greater diversity. If you ask me it’s only a matter of time—which of course, is no consolation, nor is it an excuse. Still, American society certainly changes at a more rapid pace than Japanese society.

Lastly, I’d like to introduce a couple of slogans of the LGBT movement. One is “born this way”, and the other is “being gay isn’t a choice”. These phrases speak volumes about our society and its relationship with the LGBT movement. It’s hard to believe that in the 21st century, there are still people who can’t wrap their heads around these ideas.

Side note, the famous singer and gay icon Lady Gaga released an album in 2011 called Born This Way, which was a massive hit worldwide. The album even won a Golden Disk Award in Japan. Did the lyrics strike a chord with Japanese listeners? I’m skeptical. Japanese readers are advised to take another look at the lyrics.

https://www.azlyrics.com/lyrics/ladygaga/bornthisway.html

■LGBT運動の今後

“LGBTプライド月間”は、国が公式に制定したものではありませんが、2000年には当時のクリントン大統領が6月を“LGBTプライド月間”と宣言し、その後オバマ前大統領も同様な宣言をしました。

一方で、トランプ大統領は今年の6月になっても“LGBTプライド月間”を宣言することはありませんでした。トランプ氏は、以前同性婚を容認するような発言をしていましたが、2017年の7月には、軍隊におけるトランスジェンダーの受け入れを拒否指示するなど、対応に一貫性がなく、先行きを懸念するLGBTQIA+の方も多いです。

何はともあれ、西洋社会、特にはアメリカ社会においては、自分の信念を曲げずに、立ち上がって戦うことが評価されます。一度口にしたポリシーを変更すると、アメリカ人はその人物を見下し、物笑いの種にさえしてしまう傾向があります。アメリカ社会におけるLGBT運動は、“二進一退”の状況ではありますが、社会は着実にこの多様性を受け入れる方向に向かっていることは確かで、時間が問題を解決してくれると、僕は考えています。アメリカ社会というものは、少なくとも日本社会よりは変化していくスピードが早いことは確かなのです。

最後に、LGBT運動において、スローガンとしても使われている英語表現を2つ紹介します。一つは、“born this way”(生まれながらこうだから)、もう一つは、“being gay isn’t a choice” (ゲイであることは「選択肢」ではない)です。この2つの表現は、LGBTの人々の心境をリアルに表しているのではないかと思われます。

因みに、LGBTファンが多い歌手のレディ・ガガは、2011年に『ボーン・ディス・ウェイ』というアルバムを発表し、全世界で大ヒットを記録しました。このアルバムは日本でもゴールドディスク大賞の洋楽部門に選ばれましたが、日本人が果たしてその歌詞の中身を本当に理解していたのかは、とても怪しいと思っています。是非一度、英語歌詞を読んでみて下さい。

『ボーン・ディス・ウェイ』歌詞
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=kt1712 


Copyright RendezVous