Photo : ©Marika Rinno
2018/10/22  #016
SNS Eigojutsu (on E-Tele): June 28th
#NationalSelfieDay and My Wardrobe


Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』6月28日放送分
#NationalSelfieDayと当日の衣裳について

Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/

■Behind the Scenes

Our topic for this week was #NationalSelfieDay, which is June 21st.

Americans love designating unofficial “national” holidays. (The Japanese are the same in this regard.) Once upon a time in America days of observance were proclaimed by the president, but these days the calendar seems overrun with frivolous holidays that are nothing more than gimmicks. But at the same time, I can understand that this comes from a certain carefree attitude that Americans possess—a sense of having to enjoy the little things.

For this episode of the show we received a special video message from Instagram celebrity “Selfie Dad”—someone who certainly knows how to enjoy the little things. Selfie Dad first became active on Instagram when he noticed that his daughter was posting sexy selfies. Seeing that there were men posting inappropriate comments to her photos, he thought he would shock them by posting photos of himself recreating the daughter’s pics, clothes, pose, tattoos and piercings and all. Those pics quickly spread, and currently he has even more followers than his daughter.

Along with the video he sent our show, Selfie Dad also sent a photo of him imitating a photo of our MC, Kato-san. The existence of this photo was, of course, kept secret from Kato-san herself, and we even conducted dress rehearsals without her. So the reaction she gives to the photo is completely real. What’s more, Selfie Dad didn’t just imitate Kato-san’s pose but also her dress. Because he did not have a yellow skirt in his posession, it seems he wore a yellow t-shirt upside-down as a skirt. When American’s joke around, they go all out, God love em’.

■楽屋オチ

この日のテーマは、6月21日の#NationalSelfieDay、「国民自撮りの日」でした。

アメリカ人は「〜の日」というものを作りたがります。(日本人もそうですが。)元々は、歴代大統領が指定したものが多かったのですが、最近は「本当にこんな記念日を作る必要があったのか?」と疑問に思うような記念日も増えてきました。こうした動きは、平凡な毎日の中でも「楽しまなきゃ損」というアメリカ人独特のお気楽さがあるからなのではないでしょうか。

今回番組のために、特別にヴィデオ・メッセージを送ったインスタグラム・スターの“セルフィー・ダッド”(自撮りパパ)も、正にそんな陽気なアメリカ人の話です。彼がそもそもインスタグラムに投稿を始めたきっかけは、自分の娘が露出度の高い“セクシー・セルフィー”をインスタグラムにアップロードしていたことでした。その投稿に品のないコメントを残すインターネットの男どもをびっくりさせようと、服装からポーズ、それにタトゥーやピアスまで娘の自撮りを“完璧”に再現して投稿しました。すると、それが一気に拡散し、今や娘のフォロワー数を超えてしまうくらいの人気者となりました。

因みに、そのヴィデオ・メッセージと、合わせて投稿してくださった加藤さんのポーズを真似たセルフィーは、加藤さん本人には完全に内緒にされていました。今回もリハーサルを解説者と講師のみで行いました。本番中の彼女のリアクションは、演技なしの純粋なものです。しかも“セルフィー・ダッド”は、加藤さんのポーズだけではなく、衣装までをなるべく忠実に真似したいと思ったようで、加藤さんが履いていた黄色いスカートの代わりに、黄色いシャツを逆さにして履いていました。アメリカ人というのは、ふざける時は、本気でふざけるものなのです。


Photo : ©Marika Rinno


■Where Did Selfie Culture Come From?

These days you can encounter people taking selfies and tourists with selfie sticks on every street corner. The act of taking a selfie has become not something you just happen to do at a destination to commemorate the moment, but rather an end in and of itself—it’s not a stretch to say people go places specifically for the selfie.

Where does this drive to take selfies come from?

In order to survive in America, you absolutely need to have unwavering confidence in yourself. Really, for better or for worse, to be American is to be overconfident. There’s no one else like you in this world, and your uniqueness is to be celebrated, broadcast to the world, even—that sentiment manifests itself in the form of a selfie.

Even when you look at a counterculture like the hippie movement, which strived to break free of the trappings of mainstream American society, the mantra of “love and peace” inevitably circles back to loving yourself for who you are. So it’s hardly a surprise that the children of the hippie generation would take to posting selfies on social media.

In this way, everybody is a protagonist on social media, but when that goes too far people start to fall under the illusion that the universe revolves around them. When that happens, the slightest hiccup or deviation from expectations can make you very unhappy.

And it is way too easy to look at overproduced selfies posted by celebrities and feel like your own life is lacking by comparison.

Selfies may have once been a celebration of what makes you unique, but these days they sometimes seem like a tool to inspire envy—a way to plant the seeds of jealousy in another.

■セルフィー文化はどこから来たのか

最近では、自撮り写真を撮る人や、自撮り棒を持った観光客を街の至るところで見かけるようになりました。今や“セルフィー”は、どこかの目的地を訪れるついでに撮るものではなく、それ自体が目的化しており、“セルフィー”のためにある目的地を訪れるようにさえなったと言っても過言ではありません。

このような自撮り写真を撮りたいと思う心理は、どこから生まれてくるのでしょうか。

アメリカ社会で生き抜くためには、自分に対して強い自信を持つことが必須条件となっています。もっと言うと、自信過剰であることこそが、良くも悪くもアメリカ人らしいとさえ言えます。この世には自分と同じ人間は、誰一人いないわけで、そんな自分のユニークさを祝福し、世の中へ発信することが“自撮り”と言う行為として表されていると言ってもいいのかもしれません。

既存のアメリカの社会体制からの離脱を目指した“カウンター・カルチャー”であった“ヒッピー・ムーブメント”でさえ、彼らが謳った“ラヴ・アンド・ピース”も結局は“自分のありのままを愛する”ことに繋がるということを考えると、ヒッピー世代の子供達がこうして自撮りを投稿することは、驚くことではないのかもしれません。

このようにSNSでは、誰もが、“主人公”になれるわけですが、その度が過ぎると世界は自分を中心に回っているのではないかと言う錯覚に陥り、自分の思い通りに事が運ばないと不幸にさえ感じてしまうという事態が起きてしまいます。

セレブ達の豪華すぎる自撮り写真を見て、自分の日常が物足りなく感じてしまうということも安易に想像できます。

自分にしかない自分らしさを祝うことが、目的だったはずの自撮り写真が、いつしか他人をうらやましく思わせ、嫉妬心を芽生えさせるためのツールになって来ているところもあるのではないでしょうか。



■This Week’s Wardrobe / 今週の衣裳

■Get yourself a full-body mirror for home

This past spring, right around the time the show was about to start, Scarlet suggested that I buy myself a full-body mirror to have at home.

I don’t know about other guys, but just speaking for myself, I’ve always been fine with just checking my hair and checking for stubble in the mirror over the bathroom sink, and then looking down to check that my fly is zipped up.

With a full-body mirror I can check to see that my upper body and my lower body are in balance—stylistically speaking—not to mention check how I look from the side. I can make sure my shirt’s properly tucked in and that I don’t have any flecks of dust on my pants.

Ever since I started to use this full-body mirror, I’ve come to a realization. Not going to the trouble of checking how your outfit looks in the mirror is like printing out important presentation documents but only checking the cover page before heading off to your presentation. What if there was something in the rest of the document that didn’t print correctly or is the wrong order?

Side note, ideally I’d have two full-length mirrors—one by my closet, and another at the entrance of my apartment, where I put on my shoes. Alas, my apartment has a very narrow entranceway, without the space for a mirror.

■自宅用の全身鏡のススメ

今年の春、番組が開始する頃に、Scarletに勧められて自宅にも全身が写る鏡を購入しました。

一般的にはどうなのかは分かりませんが、少なくともそれまで僕は、浴室の鏡でヒゲ周りや髪型だけを確認し、あとは下を向いてズボンのチャックが空いていないことを確認するくらいでした。

全身鏡があることで、上半身と下半身の組み合わせや全体的なバランスを見るだけでなく、正面に加えて横のシルエットも確認し、シャツが出ていないか、ズボンに埃などがついていないかなどのチェックをするようになりました。

全身鏡を使うようになって思ったのですが、鏡で自分の服装をチェックせずに出かけることは、言ってみれば、印刷した大事なプレゼンテイション資料の表紙しかチェックせず、中身のペイジがちゃんと印刷されていて、順番も間違っていないことを確認せずに、本番に臨んでしまうことと同じなのではないでしょうか。

因みに、理想的にはクローゼットの横に1枚と、靴を履いた姿を確認するために玄関にもう1枚欲しいものですが、僕の自宅の玄関は狭いので、鏡を置くスペースが残念ながらありません。




■Azabu Tailor green shirt


Photo : ©RendezVous
Earlier this year I ordered a number of shirts from Azabu Tailor and really like them, so I decided to order a few colorful shirts for the summer season.

Being for summer, I felt like wanting to undo a button of two in front, and ordered this shirt with a two-button collar—Italian style. The slightly higher collar works wonders for people with longer necks.

And instead of getting my usual front placket, I ordered this one with no fold back front placket—what’s known as a “French front”. For dress shirts in the U.K. and U.S., a front placket is standard, but fashion-savvy men in Italy and France wear shirts with no placket to give off a cleaner impression.

■「麻布テーラー」の緑のシャツ

以前「麻布テーラー」でオーダーしたシャツがとても気に入ったので、今年の夏シーズンに着るための、少しカラフルなシャツを新たにオーダーすることにしました。

・夏仕様ということで、フロントを少し開けて着るために、カラーには“ドゥエ・ボットーニ”と呼ばれる、少し高い衿に第一ボタンの位置に2つのボタンが施されている形で注文しました。イタリアン・スタイルです。

・シャツの前ボタン部分に付けられる帯状の“前立て”も、今回は無し(裏前立て)で注文してみました。英国や米国のドレスシャツは、前立てがあることが主流ですが、イタリアやフランスのオシャレな人々は、前立てをなくすことでスッキリとした印象を演出するのです。

<SHOP INFO>
Azabu Tailor Shinjuku East Store
麻布テーラー 新宿East店
4F 3-25-10 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒 160-0022 東京都新宿区新宿3-25-10 當山ビル4F
TEL : +81-(0)3-3358-9921
Open 営業時間 12:00-20:00(Weekday/平日)
11:00-20:00(Sat, Sun and holidays /土日祝)
Last Call 19:30
Closed 定休日 : Thursday / 木曜日
https://www.azabutailor.com/




Photo : ©Marika Rinno

■Tabio green socks / 「タビオ」のグリーンのソックス

As I’ve featured a number of times before, these socks are the Men’s Power Fit 2×2 Ribbed Socks (¥1,080) in green.

以前も何度か紹介した『タビオ』の「メンズ パワーフィット2×2リブソックス」(1,080円)シリーズの、今回はグリーンを履きました。

<SHOP INFO>
Tabio Omotesando Hills
タビオ 表参道ヒルズ店
Omotesando Hills B2F, 4-12-10 Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館B2F
TEL : +81-03-5785-0561
Open 営業時間 11:00-21:00(Weekday/平日), 11:00-20:00(Sat., Sun. and holidays/土日祝)
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://tabio.com/jp/



■Universal Language double-breasted suit jacket
 「ユニバーサル・ランゲージ」のダブルスーツのジャケット


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #007 for more information about this item.

この商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #007を参照してください。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Universal Language Shibuya Store
ユニバーサル・ランゲージ 渋谷店
coocti 5F 1-23-16 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0002
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti 5F
TEL : +81-(0)3-3406-1515
Open 営業時間 11:30-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://blog.uktsc.com/sibuya


■Global Style black suit / 「グローバル・スタイル」の黒いスーツ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #008 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #008 を参照してください。



■Black Paraboot Avignons / 『パラブーツ』の黒い「アヴィニョン」

Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #005.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #005を参照してください


■Zoff black-rimmed glasses / 『ゾフ』の黒縁メガネ


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #002.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #002を参照してください


■Child-Rearing in the Social Media Age

In the social media age, the issue of helping children form a healthy relationship with social media platforms has become an incredibly important issue. A child’s digital footprint will stay with them through their entire lives, and as such there are even parents who register their child’s social media accounts while they are still a baby.
* Digital footprint refers to the trail of data we leave through our use of the internet. That includes things like cookies and logs, which are collected without us noticing, as well as the information we enter ourselves into websites, online forms, and social media.

While the child is still very young, parents can limit the amount of access they have to digital devices and the internet. Once the child reaches adolescence, however, they are increasingly being put in a position where a smartphone is a necessity—whether it’s for convenience or for social activity. After all, they are a generation of “digital natives”, for whom digital and social media literacy is an absolute must.

It’s also important to remember that for teenagers nowadays live in a world where one mean comment can be devastating, or one accidental “like” or “send” can feel like it’s the end of the world. The actions of someone like Selfie Dad are a silly, silly way to remind us of the dangers of taking ourselves too seriously.

And then there are also those for whom posting to social media has become so normal that they don’t give it a second thought. But what if their dad were to do to them what Selfie Dad does? Some reverse psychology might come into play—if your father is on social media, maybe it isn’t as cool as you thought it was.

In that sense, what Selfie Dad is doing may be a new approach to parenting teenagers in the social media age.

Side note, looking at Selfie Dad’s Instagram account today, it is clear his sense of humor is still fully intact.

■SNS時代における子育てのあり方

SNSが普及したこの時代において、「子供のSNSとの付き合い方」とは、とても重大なテーマとなっています。子供に一生ついて回ることになる“デジタル・フットプリント”を自らの手で守ろうと、赤ん坊や幼い子供のSNSアカウントを事前に登録する親も出て来ているほどです。
※デジタル・フットプリントとは、インターネットの使用を通して残すすべての“足跡”(痕跡)のことです。ユーザーが知らないうちに蓄積されるクッキーやログのようなものと、ユーザーが自らウェブサイトに情報を入力したり、SNSで発信したりすることによって残すものも含まれます。

幼少期には、ある程度デジタル端末やインターネットへのアクセスについては親が注意することで、制限することができます。しかし思春期になると、利便性にせよ、社交的な理由にせよ、スマホを使わざるを得ない世の中になりつつあることは否めないでしょう。何しろ、彼らは“デジタル・ネイティヴ”世代として、デジタルやSNSに関するリテラシーがあることが大前提とされているのです。

そんな時代においては、ティーネイジャーは、自分のした投稿のひとつの反応で自らが傷ついたり、誤って押してしまった“いいね”によって、この世が終わってしまったと思うようなひどいことに巻き込まれたりすることを忘れてはいけません。“セルフィー・ダッド”のような行為は、そういう苦しい議論に対して、バカバカしい方法によって、その危険性を気付かせる役割があったのかもしれません。

SNSに自分の日常を投稿することが当たり前すぎて、なんとも思わないようになってしまったティーネイジャーの場合でも、自分の父親がこのようなことをしたら、恥ずかしさのあまり「本当にSNSってクールなのだろうか?」と思うような“リバース・サイコロジー”が働くかもしれません。

この“セルフィー・ダッド”がやっていることは、ある意味SNS時代における「ティーネイジャーの育て方」の1つの新しいあり方なのかもしれません。

因みに、その後も“セルフィー・ダッド”のアカウントを見る限り、そのユーモアのセンスは今も健全のようです。




Copyright RendezVous