Photo : ©Marika Rinno


2018/10/22  #015

Reflections on Jurassic World: Fallen Kingdom and My Interviews with J. A. Bayona, Chris Pratt, and Bryce Dallas Howard

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の監督J・A・バヨナと出演俳優クリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードのインタヴューについて



Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/

■Dreaming of Dinosaurs

Up until now I’ve interviewed a number of directors and actors for the TV show, but when my producer came to me about interviewing the director and lead actors for Jurassic World: Fallen Kingdom, it felt like a childhood dream of mine was coming true.

All American boys—especially those growing up in the 90s—go through a dinosaur phase. The biggest reason is a little ol’ film directed by Steven Spielberg in 1993 called Jurassic Park. (The film was adapted from a novel by Michael Crichton, who also co-wrote the script for the film.) Along with the Indiana Jones films, Jurassic Park turned archeology into an adventure-packed profession, which I’m sure captivated my kids everywhere.

And without a doubt, I was one of those kids. After watching Jurassic Park I became obsessed with dinosaurs and even dreamed of becoming an archeologist. My fascination was further fueled by the fact that the 90s were a great time for dinosaur-related scientific discoveries.

One discovery was especially intriguing: fossils unearthed in the late 20th century seemed to indicate that many dinosaurs had feather-like coverings. In other words, it wasn’t reptiles but birds that were dinosaurs’ closest living descendant.

The work dinosaur literally means “fearfully great lizards”, and films like Jurassic Park depict dinosaurs as mostly scaly, dark gray lizard-like creatures. But the latest research findings were arguing otherwise. In fact, they seemed to indicate that the velociraptor—one of Jurassic Park’s main baddies—was likely a feathered dinosaur. And more and more archeologists were saying that the dinosaurs were a more colorful bunch than the gray palette pop culture had chosen for them.

What’s more, despite being titled “Jurassic Park”, I found out that most of the dinosaurs that appear in the film actually come from the Cretaceous period (from 145 million to 66 million years ago) rather than the Jurassic period (from 200 million to 145 million years ago). Just for a split second I saw the sins of Hollywood dramatizations and the limits of big-budget blockbusters.

In any case, in middle school, Hollywood films like Independence Day and Armageddon made me want to become an astronaut. Nevertheless, I have always made sure to catch new Jurassic Park films on opening weekend.

■恐竜に憧れて

これまでも番組で、何度か来日した映画関係者にインタヴューをさせていただいていますが、今回プロデューサーから『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の監督と俳優をインタヴューする話をいただいた時には、僕の子供の頃から夢が一つ叶う予感がしました。

アメリカの男の子、特に90年代に幼少期を過ごした少年であれば、一度は必ず“恐竜”にハマった経験があるのではないでしょうか。その最も大きな理由は、スティーブン・スピールバーグ監督の『ジュラシック・パーク』が1993年に公開されたからです。(原作はマイケル・クライトンの小説であり、クライトンはこの映画の脚本も手がけています。)『インディ・ジョーンズ』シリーズもそうでしたが、考古学や古生物学をアクション満載の職業として描いたことが、子供の目にはとても魅力的に映ったのかもしれません。

僕も『ジュラシック・パーク』を見て“恐竜”に強く惹かれるようになり、古生物学者になりたいとさえ、思いました。また、90年代には恐竜にまつわる様々な科学的発見が相次いで発表され、そのことも興味を後押ししました。

その中でも、特に衝撃的な発見がありました。20世紀終盤までに発掘された化石の研究結果によると、恐竜は、現生の動物でいえば爬虫類ではなく、鳥類が最も近い生物であるという発見でした。

そもそも“dinosaur”という言葉は“恐ろしいトカゲ”という意味なので、『ジュラシック・パーク』を含め、ポップ・カルチャーで描かれる“恐竜”は、基本的にダーク・グレイ色の爬虫類のような鱗に覆われています。だが最新の研究によると、映画の“悪役”とも言えるヴェロキラプトルなどは、羽毛恐竜であった可能性が高いというのです。しかも、恐竜の体の色は、もっとカラフルであったのではないかという説さえ謳われるようになりました。

また、『ジュラシック・パーク』というタイトルでありながら、実際に登場する恐竜のほとんどはジュラ紀(約1億9960万年前から約1億4550万年前)ではなく、白亜紀(約1億4500万年前から6600万年前)に生存した種であることを知った時は、ほんの一瞬でしたが、センセーショナルになりがちなハリウッドの罪と娯楽のための“超大作映画”の限界を感じたことを覚えています。

そんな僕も、中学生になると『インデペンデンス・デー』『アルマゲドン』などのハリウッドの宇宙映画の影響を受け、今度は宇宙飛行士になりたいと思うようになりました。それでも、その後も『ジュラシック・パーク』シリーズの作品は必ず公開週末に見に行くようにしてきましたが。


Photo : ©Marika Rinno


■My Thoughts on Jurassic World: Fallen Kingdom

Jurassic Park had two sequels with successively lower box office results. But then came along Jurassic World in 2015, which was a massive hit. Although perfectly adequate as a popcorn flick, for a fan of the series since the original, the film was a shell without the heart and soul of the original, entertaining but without any substance. (Although, if the film got any of its young audience interested in dinosaurs, I would say it did its job.)

This new film, however, surpassed my expectations. The first half is a pulse-pounding adventure, and the second half is an edge-of-your-seat horror flick. And most importantly, it has heart and soul, namely in the form of the bond between Chris Pratt’s character Owen and the velociraptor Blue.

The director J. A. Bayona is known for The Impossible (2012), which depicts the 2004 Indian Ocean tsunami, and the fantasy film A Monster Calls (2016). In other words, he often deals with “monsters” of one form or another while balancing that with family bonds and human drama. This film has that human touch as well. What’s more, it brings the topic of bioethics—which had largely been put on the back burner for the Jurassic Park sequels and Jurassic World—front and center.

Having watched all of these films, my number one gripe has always been the stupidity factor—the fact that these characters keep wanting to return to these islands of death. In the previous film Jurassic World, a new dinosaur theme park has opened on the site of the original disaster.

This latest film finally puts an end to that “let’s go back to the island” story beat (only after returning to the island one last time, of course). For the first time in a long while, I’m looking forward to the next one. For that miracle alone, for restoring a sense of wonder to the franchise, I would rank this film as my second favorite in the series after the original.

Of course, if they could stop trying to one-up themselves each time with an even bigger, badder carnivore, I would be even happier. The bad guys in these films are clearly the humans—is there really any need to try to shoehorn in a dinosaur antagonist?

■『ジュラシック・ワールド/炎の王国』について

『ジュラシック・パーク』の続編2作は、興行収入が低迷しました。しかし、2015年公開の『ジュラシック・ワールド』は、大ヒットとなりました。娯楽映画としては文句なしの作品ではあるものの、以前からのファンである僕からすると、オリジナルから魂を吸い取ったような、完全に形骸化されたような映画でした。(初めてこのシリーズに触れる世代が気に入り、“恐竜”に興味を持ってくれれば、それはそれでいいのですが。)

しかしで今作は、僕の期待を上回る出来でした。前半はハラハラドキドキするようなアドヴェンチャー、後半は息を呑むようなホラーという二部構成になっています。その中でも一番の見所は、クリス・プラットが演じる主人公とヴェロキラプトルのブルーの“絆”です。

本作を担当したJ・A・バヨナ監督は、スマトラ島沖地震による津波を描いた『インポッシブル』(2012年)やファンタジー映画の『怪物はささやく』(2016年)を手がけるなど、これまでも様々な形の“モンスター”を扱ってきました。こうした映画の中においても、家族の絆や人間の心を見事に描いてきた実績がありますが、この作品にもそのヒューマン・タッチが見事に光っています。ここ何作品かでは、間接的にしか触れていなかった生命倫理の問題も、今作では物語のメインテーマとなっています。

今までこのシリーズを観てきていて、一番納得がいかなかった事は、1作目であれだけの大事故が起きたのにも関わらず、このシリーズの登場人物はその後も、事故現場である島々に何度も再訪したがることです。前作の『ジュラシック・ワールド』に至っては、その同じ島に新たな恐竜のテーマパークを開いたという設定となっています。

その点、今作はそのパターンに終止符をつけたと言って良いようなストーリー展開になっていて、次回作が楽しみになりました。このシリーズに再び夢を持てるようにさせてくれたという意味では、僕の中ではオリジナルに続いて2番目に評価できる作品だと思っています。

ただ毎回、より強力な肉食恐竜を登場させるというお決まりの演出をどうにかしてくれれば嬉しい限りです。このシリーズの悪役は明らかに“人間”であり、いかにも分かりやすい“悪役”の恐竜を無理やり作り出す必要はないのではないでしょうか。


■About My Wardrobe / この日の衣裳について

■Universal Language button-down shirt


©RendezVous
I originally tried to wear this shirt for our #StarWarsDay episode, but was told that the shirt was creating a moiré effect. It’s been sitting on standby in my wardrobe ever since, and so I decided it was finally time for it to go out into the field for this interview. * A moiré pattern is an interference pattern that occurs when you superimpose two similar-looking but inexact patterns made up of lines or dots. In television, cameras have image sensors that have their pixels arranged in a very fine pattern. As a result, filming a subject that is wearing striped clothing or clothing featuring other fine patterns results in a moiré effect.

Earlier in the year when I ordered a couple of suits at Universal Language in Shibuya, I took advantage of a special one free shirt deal and ordered mine in a luxury fabric from British maker Thomas Mason.

Thomas Mason fabrics are made using the finest Egyptian cotton. This shirt was made using 120 yarn count fabric—the finest fabric I’d ever chosen for one of my made-to-measure shirts—and has a silky smooth texture.

Yarn count indicates how many threads there are per square inch of a fabric. Higher numbers mean the threads are finer. Standard dress shirts are usually between 50 yarn count and 120 yarn count, but you can find 200s and 300s as well. Finer threads result in a lighter, softer fabric that feels silky smooth, but need to be taken care of. Thicker threads result in weightier fabrics, but don’t feel as great against the skin.

This is a striped shirt, but technically speaking there are many kinds of striped patterns. Pinstripes are very thin and give the impression of a line of pinhead spots, pencil stripes look like they were drawn by pencil, and chalk stripes look like they were drawn by chalk. This Thomas Mason fabric shirt has what is called a Bengal stripe pattern. The thicker stripes have a 1980s Wall Street banker vibe.

Stripes that are thicker than this are called awning stripes, and are not suited for a business environment. So be sure to choose your stripes with care.

Pinstripes
ピン・ストライプ
pencil stripes
ペンシル・ストライプ
chalk stripes
チョーク・ストライプ

■「ユニバーサル・ランゲージ」のボタンダウン・シャツ

以前#StarWarsDayの収録日にモワレが出るからとNGになったこのシャツは、以後ウォードローブにスタンドバイしていましたが、今回のインタヴューでようやく出番が回ってきました。

※モワレとは、規則正しい模様を重ね合わせた時に発生する縞模様のような現象です。テレビの場合、カメラの画素が規則正しく並んでいるため、ストライプのような細かいパターンが施された被写体を撮影すると発生することがあります。

今年の春にユニバーサル・ランゲージでスーツを注文する際、スペシャル・キャンペーンとしてシャツを一枚無料で作ってくれるということで、英国を代表する高級生地のメーカーである「トーマス・メイソン」の生地を選んで、注文したシャツです。

トーマス・メイソンの生地は基本的にエジプト産の上質の綿で作られています。このシャツは、僕が今までオーダーした中では最も細かい糸を使った120番手で作られていて、独特の風合いがあります。

“番手”とは生地の元となる糸の太さを表す単位であり、数字が大きくなればなるほど糸が細いことになります。通常、ドレス・シャツの場合は50番手くらいのものから120番手までが主流とされていますが、200番手、300番手のものも存在します。細かい糸から作られた生地は薄く柔らかく、肌触りも良いですが、丁寧な扱いが必要となります。一方太い糸から作られた生地は丈夫で透けにくいですが、その分肌触りがイマイチになります。

このシャツはストライプ柄ですが、ストライプ柄といっても様々な形状のものが存在します。細い順に、針の頭を縦に並べたような“ピン・ストライプ”、鉛筆で線を引いたような“ペンシル・ストライプ”、チョーク(白墨)で書いたような“チョーク・ストライプ”があります。このシャツは、それより更に太い“ベンガル・ストライプ”というものが施されています。このような太いストライプをしたシャツは、80年代の“ウォール街”のバンカーや金融マンが着ているようなイメージがあります。

因みに、これ以上太いストライプのことを“ブロック・ストライプ”(オーニング・ストライプともいう)と言い、ビジネス向けではなくなるので、ストライプ柄のシャツを購入する際は注意が必要です。



■Brooks Brothers black necktie


Photo : ©RendezVous
This is a slim tie from Brooks Brothers’ preppy casual line, Red Fleece. (¥9,720 tax incl.).

Slim ties were all the rage back in the 1950s and 60s, but in the 70s and 80s wider ties gradually came into fashion as part of a power suit/power dressing trend.

Since the turn of the millennium there’s been a resurgence in the popularity of slim ties, partly thanks to TV shows like Mad Men, which portrays the advertising world of 1960s New York—featuring a wardrobe full of slim ties.

When wearing a slim tie, remember to match it with a jacket that has lapels of roughly the same width, so that your look isn’t thrown off balance.

■「ブルックス・ブラザーズ」の黒いネクタイ

「ブルックス・ブラザーズ」のプレッピー・カジュアル・ラインの『レッド・フリース』のスリム・タイです(税込¥9,720)。

細身のネクタイは、元々1950年代から60年代に主流になり、その後70年代と80年代では、徐々に太くなっていきました(これも“パワー・スーツ”や“パワー・ドレッシング”の流れの一環であります)。

2000年以降は60年代のニューヨークの広告業界を描いたテレヴィ・ドラマ『マッドメン』などの影響もあり、スリム・タイは再び支持されるようになってきているようです。

スーツと合わせる時のポイントは、ジャケットのラペルと同じくらいの幅を意識して全体のバランスを考えることです。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Brooks Brothers Aoyama Flagship
ブルックス・ブラザーズ 青山本店
3-5-6 Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0061
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-6
TEL : +81-03-3404-4295
Open 営業時間 :11:00~19:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.brooksbrothers.co.jp/



■Kamakura Shirts necktie /「鎌倉シャツ」のネクタイ


Photo : ©RendezVous
I bought this necktie (¥5,400 tax incl.) last year at the Kamakura Shirts store in Shibuya Mark City. It’s a brown tie with small white polka dots.

Kamakura Shirts neckties are low-priced but high-performance, just like their shirts.

昨年、渋谷マークシティ内にある鎌倉シャツで購入したネクタイです(税込¥5,400)。茶色をベースに、白い細かいドットが施されています。

鎌倉シャツのネクタイは、シャツと同様にロー・プライスなのにクオリティが高く、とてもコストパフォーマンスが高い商品です。

Kamakura Shirt Shibuya
鎌倉シャツ MEN'S 渋谷マークシティ店
Shibuya Markcity West 4F 1-12-5 Dogen-zaka, Shibuya-ku, Tokyo 150-0043
150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-5 渋谷マークシティウェスト 4F
TEL : +81-03-5459-3621
Open 営業時間 :10:00~21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://shop.shirt.co.jp/shop/default.aspx


■Global Style gray suit / 「グローバル・スタイル」のグレイのスーツ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #004 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #004 を参照してください。



■Azabu Tailor white and blue checkered button-down
 麻布テーラー」の白とブルーのチェックのボタンダウン・シャツ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #005 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #005 を参照してください。




■Brooks Brothers gray socks /「ブルックス・ブラザーズ」のグレイのソックス


Check out WARDROBE & ENSEMBLES #004 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #004を参照してください


■Paraboot double monk shoes /「パラブーツ」のダブル・モンク・シューズ


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #004.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #004を参照してください


■Post-interview Reflections

These days the actor Chris Pratt (or Kuri-Pura, as he’s affectionately called in Japan) has become the handsome leading man of such films as Marvel Studio’s Guardians of the Galaxy, but to me, he will always be the doughy good-natured dimwit Andy Dwyer from Parks and Recreation. In my interview he answered each of my questions thoughtfully and sincerely, and he seemed very genuine and down-to-earth. He’s the definition of a man’s man.

Bryce Dallas Howard is a wonderful actor known for her work in films like The Village (2004) and The Help (2011). She also happens to be the daughter of director Ron Howard, who I also got to interview for the show a couple of weeks ago. When I mentioned this fact to Ms. Howard, she recounted an experience she had as a kid, tagging along with her father on a trip to Japan. Apparently she got to join her father for a dinner with Kurosawa Akira and George Lucas...but ended up asleep on the floor from jetlag. Word is she is currently working on her feature-length directorial debut.

Speaking of Bryce Dallas Howard, the previous film Jurassic World was criticized for the wardrobe worn by Ms. Howard’s character, the park operations manager Claire Dearing. Claire is an enterprising, career-focused woman trying to get ahead, and wears heels in practically every scene she’s in—even after everything goes to hell and she finds herself being chased by a dinosaur. A lot of viewers decried the scene as ridiculous.

But if you ask me, in film, whether or not a character’s footwear is practical is missing the point. While wearing shoes to match the occasion is fashion 101, in a movie, it all comes down to what the shoes and a person’s style in general say about the character. Claire Dearing is hungry for authority, and she works not so much in “Jurassic World” as she does in the “business world”. For her, high heels are a weapon (and for that matter, not a weapon to turn heads and impress guys, but a weapon to exercise her will and ambition). She’s an independent-minded character who is essentially saying, anything a guy can do, I can do—I’ll even do it in heels. She has no doubt in her mind.

The question of cinema’s relationship with what’s real is part and parcel of the movie-going and movie-watching experience.

■主演の2人のインタヴューを経て

俳優のクリス・プラットはマーベル・スタジオの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の大ヒットによって、すっかり“クリプラ”という二枚目のイメージが定着しました。しかし、僕には未だに、コメディ番組『パークス・アンド・レクリエーション』のぽっちゃりとしたお人好しな“おバカキャラ”のアンディ・ドゥワイヤーを演じた三枚目というイメージがあります。インタヴューでは、ひとつひとつの質問に対して、とても真剣に答えてくれました。とても純粋で堅実な印象を受けました。“男も惚れるような男”とは、彼のような人のことを言うのではないでしょうか。

ブライス・ダラス・ハワードは『ヴィレッジ』(2004年)や『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(2011年)で知られる多才な女優です。先日、インタヴューしたロン・ハワード監督の娘でもあります。ロン・ハワード監督にもインタヴューをした事を伝えると、幼い頃に父に同行して日本を訪れた時に、黒澤明監督とジョージ・ルーカス監督が開いたディナーの際に、とても疲れていたので、会場の床で爆睡してしまったというエピソードを語ってくれました。現在は、監督として初めての長編映画を製作しているようです。

前作『ジュラシック・ワールド』では、ブライス・ダラス・ハワードが演じるテーマパークの運営責任者・クレアの服装が物議を醸しました。上昇志向が強いクレアは、基本的にいつもハイヒール姿で登場するわけなのですが、大事故が発生して恐竜から逃げて疾走するシーンでも、相変わらずハイヒールを履いていることに対して、疑問視する声が殺到しました。

僕が思うに、映画において登場人物の履物が実用的なのかどうかと言う議論は、焦点がずれているような気がします。確かにファッションでは“TPO”が大切ですが、映画の場合は、そのスタイルがそのキャラ”らしい”かどうかが問われるべきでしょう。権力欲の強いクレアが興味を持っているのは、“ジュラシック・ワールド”ではなく、“ビジネス・ワールド”であり、そんな彼女にとってハイヒールは一種の武器なのです(それも男性を振り向かせるための武器ではなく、自分の意志を貫くための武器)。また、男勝りの性格から、「男性にできて自分にできないことはない、しかも私の場合はハイヒール姿でそれができる」ということを確信していることが伺えるからです。

映画にとっての“リアル”とは何という問題は永遠のテーマであることは、確かなことです。



Copyright RendezVous