Photo : ©Marika Rinno
2018/10/22  #014
SNS Eigojutsu (on E-Tele): June 21st
#FathersDay and My Wardrobe
Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』6月21日放送分
#FathersDayと当日の衣裳について

Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/

■Behind the Scenes

On this show we talked about a bunch of tweets related to #FathersDay.

Of everybody on the show this week, Hide-san was the only father. He lovingly shared how his son presented him with a mystery object for Father’s Day—and how he had yet to figure out what it was supposed to be.

We touched on this in the show, but in America, fathers receive gifts that seem to have a lot to do with work. Power tools, lawn mowers, neckties, barbecue grills—all of these items are essentially a way of saying, “Happy Father’s Day. Here something you can use to do something else for us.”

As our commentator this week Sasaki Toshinao explained, this means that the twittersphere is usually awash with #FathersDay sales and product-related promotional tweets. Our production staff had to go through a lot of those tweets to find messages that we could feature on the show. A post would be saying something heartfelt and beautiful, but upon closer inspection it would be from the official account of a store or brand or other business, with an inconspicuous link or call to action.

■楽屋オチ

この日は#FathersDay、父の日に関するツイートを取り上げました。

今回の出演者の中で、唯一父親であるヒデさんは、番組の冒頭で息子が作ってくれた謎の物体について、微笑ましいエピソードを紹介してくれました。

番組内でも軽く触れましたが、アメリカでは、父の日に父親がもらうプレゼントは、仕事に関連するツールが多いものです。電動工具や草刈機であったり、ネクタイであったり、バーベキューのグリルであったり。基本的に、父親により頑張ってもらうためのものばかりです。

そのため、解説者の佐々木俊尚さんも言っていましたが、#FathersDayのツイートは、そう言った商品や、そうした商品を売るための「父の日キャンペーン」に関するものが多く、今回紹介するツイートを探す際に、それ以外のツイートを見つけるのにスタッフは苦労したようです。ツイート文自体は、心温まる良いことを言っているのに、よく見るとお店やブランドのオフィシャル・アカウントで、販促目的だったというケースも少なくありませんでした。


Photo : ©Marika Rinno


■Fathers in the English Language

In Japanese there are a number of words for father: otou-sama (お父様), otou-san (お父さん), papa (パパ), oyaji (オヤジ), chihi-ue (父上) etc. Likewise, there are many English words for father: dad, daddy, pop, pops, and old man.

There are also many expressions and idioms that have to do with fathers (a few of which we introduced on the show). Someone who is like a father to someone else but not related by blood is a father figure. A middle-aged man who gives money gifts to a young woman is a sugar daddy. A good-for-nothing dad that pays no child support is a deadbeat dad. Side note, the late George Michael had a fantastic song called Father Figure on his 1987 solo debut, Faith. Definitely worth a listen.

Another common phrase is like father, like son, used when a son takes after his father’s mannerisms or interests. The English title for Japanese director Kore-eda Hirokazu’s 2013 film Soshite Chichini Naru is Like Father, Like Son.

If you ask me, one of President Barack Obama’s greatest achievements is how high he set the bar for fatherhood in the U.S. How he did as president may be up for debate, but his track record as a father is pretty clear. So many presidents before him were consumed by politics and government, often becoming de facto absentee dads to their children. Try to think of a fatherly presidential figure—only a few names come to mind. Perhaps it was a result of President Obama himself being raised by a single mother, but it was clear he wanted to be there for his children.

Ironically, compared to his tenure as an Illinois senator, which involved a lot of travel to and from Washington D.C., being elected president and moving his family into the White House is what finally allowed him to spend more time with his daughters Malia and Sasha. Reports say that he made it a point to eat dinner as a family on weekdays, and that he joined his daughters for breakfast as often as he could. The media loved it, and featured his fatherly exploits often. Perhaps for him, it was not being president but being a father that was his greatest responsibility.

■「父」にまつわる英語

日本語では父親を意味する言葉には、「お父様」「お父さん」「パパ」「オヤジ」「父上」などいくつもありますが、英語でも “father”や“dad”以外にも“daddy” “pop”あるいは“pops”、更に“old man”という呼び方もあります。 ・また、番組でも紹介したように、父親にまつわる英語の表現や慣用句もいっぱいあります。父親代わり、父親のような存在を意味する“father figure”という言葉もあれば、若い女性にお金を貢ぐ中高年の男性を指す“sugar daddy”、 養育費を払わないでのらくらしている父親のことを意味する“deadbeat dad”といった表現もあります。因みに、故ジョージ・マイケルが1987年に発表した初のソロ・アルバム『フェイス』に収録されている『ファザー・フィギュア』は名曲です。是非一度聴いてみて下さい。

これ以外にも、「この親にしてこの子あり」を意味する“like father, like son”もよく使われる表現です。是枝裕和監督の2013年の作品『そして父になる』の英語のタイトルも『Like Father, Like Son』でした。

バラク・オバマ氏の大統領としての評価は、賛否両論ありますが、彼の功績の一つは、アメリカ国民に向けて“良き父親像”を提示できたことではないでしょうか。歴代の大統領の多くは、政治に没頭するあまり、子供にとっては“不在の父親”になることが多く、父親らしい姿を見せることはほとんどありませんでした。オバマ氏は自身がシングル・マザーに育てられたという経験から、同じ思いを子供には絶対させたくなかったそうです。

皮肉なことに、地元イリノイ州とワシントンDCを行き来していた上院議員時代よりも、大統領に就任したことで、家族揃ってホワイトハウスに住むことができるようになり、娘のマリアとサーシャと過ごす時間も増えたと、本人は話しています。平日は家族4人揃って夕食を食べたり、朝食もなるべく娘たちと食べるようにするといった、オバマ氏の「父親らしい」行為や立ち振る舞いは、度々メディアにも取り上げられていました。オバマ氏にとっては、大統領としての責任よりも父親としての責任が大きかったのかもしれません。


■This Week’s Wardrobe / 今週の衣裳

■Basic necktie types


Navy Tie / ネイヴィーのネクタイ
On the show I usually only wear a tie when I’m off on my interviewing adventures; in the studio I stick with button-down shirts and no tie. However, as Father’s Day is a day tie-giving, I’d like to talk about the basic kinds of silk neckties you can find.

First up is the solid color necktie. First and foremost a man should have a navy-colored tie, as they go great with both a navy suit and a gray suit. I recommend something in a deeper, darker color. The lighter, brighter colors are great for parties and the like, but don’t really work in most business environments. There are varying degrees of shine and luster, but sticking with something with average shine is a safe bet.

Next is the polka dot tie. Polka dots might seem a bit showy at first, but when you consider that in men’s wear you’ll rarely find polka dots anywhere else, the pattern is each to match with a variety of shirt and suit combinations without fear of overdoing it. The dots come in sizes both big and small, but for business it’s best to go for the smaller, finer polka dots.


Polka dots tie / ドット柄のネクタイ
Third is the regimental striped tie. Regimental refers to belonging to a military regiment, and is a style that originated in Great Britain. Make note of the direction of the stripes: on British ties the stripes go from left to right (looking at the necktie head on), while on American ties the stripes go from right to left. Side note, it is said the U.S. take on the regimental tie was proposed by none other than Brooks Brothers. These are great for both business and formal occasions.

Other than these three basic patterns you can find foulard ties (which have geometric patterns), paisley ties (which have teardrop-shaped motifs), and much more. And not all ties are silk—there are knitted ties made from cotton, wool, and more. I’ll cover these ties on another day.

■ネクタイの基本的な柄について

僕に関しては、インタヴューの時を除いて、スタジオでは基本的にはネクタイをしない演出となっています。しかし、今日は父の日ということで、よくプレゼントになるシルク・ネクタイについて話したいと思います。

まずは、ソリッドタイ、つまり無地のネクタイについてです。最初の一本としてはネイヴィー系がいいと思います。ネイヴィーのスーツにもグレイ系のスーツにも合わせやすいからです。深みのある濃い目の色がオススメです。明るい色はパーティーなどには向いていますが、ビジネスには不向きです。光沢感も色々なタイプのものがありますが、平均的なものが良いでしょう。

次にオススメなのがドット柄です。一見派手で目立つような印象を受けるかもしれませんが、基本的にメンズウェアにおいてドット柄が施されるのはネクタイのみなので、ネクタイとシャツやスーツの柄が被る恐れがなく、様々なスーツやシャツに合わせやすいのがポイントです。大きいドット柄のものも存在しますが、ビジネスには細かい柄がベストです。


Regimental striped tie / レジメンタルのネクタイ
3本目には、ストライプのレジメンタルタイが良いでしょう。“レジメンタル”とは英語で“連隊に属する”という意味です。もともとはイギリス発祥のデザイン・スタイルです。ストライプの方向には違いがあり、正面から見て左下がりのものは英国式、右下がりのものは米国式です。因みに、後者の米国式のレジメンタルタイは、「ブルックス・ブラザーズ」が提案したものとされています。ビジネスにもフォーマルにもとてもよく似合います。

他にも幾何学模様が施されたフーラード地のもの、松毬模様が施されたペイズリー柄のものなど、様々なタイプがあります。また、コットンで出来たニットタイなど、生地の違いもあります。こちらについてはまた別の機会にご紹介したいと思います。




■Universal Language white button-down shirt


Photo : ©RendezVous
As we shoot our show on a blue screen, there are strict limitations on the clothes we can wear. And so early in the year I made a bunch of white button-down shirts at different stores. This one from Universal Language is probably my favorite.

It also doesn’t have a wrinkle-free finish, which means it needs to be ironed after each wash, but the feel of the fabric is very soft and comfortable.

■『ユニバーサル・ランゲージ』の白いボタンダウン・シャツ

番組はブルー・バックの前で撮影するため、厳しい衣裳チェックがあるので、白いボタンダウンのシャツを色んなお店で作らせていただきました。その中でも、『ユニバーサル・ランゲージ』のこのシャツは一番着心地が良く、お気に入りです。

形態安定加工が施されていないため、洗濯後はアイロンをかける必要がありますが、肌触りは、とても柔らかく、快適です。

■Universal Language birdseye suit / 『ユニバーサル・ランゲージ』のバーズアイ・スーツのジャケット


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #006 for more information about this item.

この商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #006を参照してください。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Universal Language Shibuya Store
ユニバーサル・ランゲージ 渋谷店
coocti 5F 1-23-16 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0002
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti 5F
TEL : +81-(0)3-3406-1515
Open 営業時間 11:30-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://blog.uktsc.com/sibuya


■Global Style black suit / 「グローバル・スタイル」の黒いスーツ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #008 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #008 を参照してください。



■Isetan Men’s black socks / 『イセタンメンズ』の黒い靴下

Check out WARDROBE & ENSEMBLES #006 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #006 を参照してください。


■Regal wing tip shoes / 「リーガル」のウィング・チップ・シューズ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #006 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #006 を参照してください。



■Zoff black-rimmed glasses / 『ゾフ』の黒縁メガネ


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #002.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #002を参照してください


■Fatherhood in the #MeToo Era

As the #MeToo movement continues to gain steam, American men—and American society as a whole—is reflecting on the sins of their gender, and the notion of what it means to be a man. Father’s Day 2018 comes at a sensitive time. And so while it was, as always, an occasion to express our gratitude to our fathers, it was also a somber day for fathers (and men in general) to look back and take stock of their own actions, and think about what kind of fathers they want to be for their children.

In America, there’s this notion that if a parent can provide their children with the tools to live a better lifestyle or a better life than their own, they’ve done their job. It is to that end that parents sacrifice and dedicate their lives to their children. What that means for fathers is that they are under pressure to provide that foundation for their children, which leads to stress and ultimately—in some cases—lashing out against their loved ones and even violence. In the past those kinds of indiscretions were overlooked as just the price families had to pay; the fathers were doing their best, after all. No longer is that an acceptable excuse.

What’s more, it’s important to remember that in America, a better life was measured in terms of material things and/or financial standing. But it is clear that going forward, a better life will be measured in terms of heart and mental wellbeing, character and humanity.

Since moving to Japan, I haven’t gotten to spend a single Father’s Day in the presence of my father. (Side note, I call my father “otou-san”.)

In the second half of our #FathersDay show we aired my interview with director Ron Howard, which was conducted at the Ritz Carlton in Roppongi. It’s a cozy, relaxing hotel that always puts me at ease before an interview. So someday I hope to fly my otou-san and okaa-san to Japan first class, and put them up at the Ritz Carlton.

■#MeToo時代におけるオトウサンのあり方

現在アメリカでは、#MeTooムーヴメントが勢いを増し、「男の罪」「男のあり方」について、社会全体としてどうあるべきか向き合っているところです。そんな中で迎えた今年の「父の日」は、父親に感謝の意を表するだけでなく、父親たちが自らを顧み、子供に対してどのような父親でありたいのか、どのような見本になりたいのかを、改めて考える日でもあったのではないでしょうか。

また、アメリカでは、“自分の親の世代よりも、少しでも良い生活や人生を送ることができれば幸せ”という考え方があります。そのために親というものは様々なことを犠牲にし、子供のために尽くすべきものだとされています。そのため、多くの父親は、無理を強いられているところがあります。その結果、ストレスが溜まり、乱暴になることがあります。しかし、そのことを、頑張っている父親の行為なので、大目に見ているところもあるのかもしれません。

また、アメリカという国においては、今まで“より良い生活”とは、主に“物質的に良い”あるいは“金銭的に良い”という意味だということも忘れてはいけないでしょう。これからの時代は、アメリカにおいても“心”や“人間性”の面においての幸福が求められてくるのではないでしょうか。

僕は日本に引っ越して来てから、父の日を実際に父と過ごすことは一度もできていません。(因みに、僕は父親のことを“オトウサン”と呼んでいます。)

番組の後半では、先日六本木のリッツ・カールトンで行ったロン・ハワードのインタヴューが流れました。このホテルはとても快適で、とてもリラックスした気分にしてくれました。僕もいつかは、“オトウサン”と“オカアサン”に東京行きのファースト・クラスの切符を渡し、リッツ・カールトンに泊まらせてあげたいと思っています。



Copyright RendezVous