Photo : ©Derek Makishima


2018/10/15    #011

SNS Eigojutsu (on E-Tele): May 31st   #RoyalWedding and My Wardrobe

Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』5月31日放送分 #RoyalWeddingと当日の衣裳について



Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/sns/s180531.html
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/sns/s180531.html

■Behind the Scenes

Today was our first back-to-back taping. Up until now we’ve taped the show on Tuesday and aired on Thursday, but this week circumstances conspired to allow us to tape next week’s show as well.

Usually the commentators on the show—me included—are busy with script meetings and the like before taping, so we mostly hang out in a meeting room with people coming and going. But on this day we had some downtime between the first and second tapings, and I had a wardrobe change, so Tsukagoshi-san (fellow commentator) and I got our own dressing room for the first time. Having a spacious room all to ourselves as a little intoxicating—I felt like I’d become a star in some small way.

Our featured topic this week was Prince Harry and Meghan Markle’s #RoyalWedding.

Meghan Markle, of course, was one of the protagonists of the American television show Suits for many years. In honor of her and the occasion, the men all wore suits for today’s show.

■楽屋オチ

この日の収録は、初めての“2本撮り”でした。これまでは、毎週1本をその週の火曜日に収録し、木曜日に放送してきましたが、今回は次週の回までの分を収録しました。

これまでは「解説者」は、台本の打ち合わせをするために色々な人が出入りする会議室で待機しているのですが、この日は休憩や着替えなどがあるため、時間が空くということで、僕と塚越さんにも初めて「解説者」のための控え室が与えられました。広々とした部屋を2人で独占することができて、ちょっとだけ、スターになったような気分でした。

今回は、本当のスターであるハリー王子とメイガン・マークルさんの#RoyalWeddingを取り上げました。

メイガン・マークルは、『スーツ』というアメリカのテレビ・ドラマのメインキャストを長年務めたことで知られています。今回はそれに因んで、番組でも男性陣は“スーツ”姿にしてみました。


Photo : ©Derek Makishima


■Americans and the British Royal Family

The United States of America (technically, the originally 13 colonies) once declared its independence from Great Britain to escape the rule of the British crown. However, in recent years, Americans seem to have started once again to be drawn to the British Royal Family.

In 1985, the year I was born, Princess Diana visited the Ronald Regan White House and danced with John Travolta, and the occasion drew large crowds to Washington to catch a glimpse of the “People’s Princess”. For Americans, there had always been something cold about the royal family, but the warmth of Lady Diana had captured their hearts.

Then in 2011, the royal wedding between Prince William and Catherine Middleton also made headlines in the U.S. I remember turning on the TV that morning and morning shows on every channel covering the event. The broadcasters were all glued to the proceedings.

Through the wedding of Princess Diana’s eldest son, many Americans became even more acquainted with the British royal family. Nevertheless, African-Americans were one group that seemed to remain detached from all the pomp and circumstance. However, with Meghan Markle—who was born to an African-American mother—becoming a member of the royal family, the demographic is taking notice.

Although the wedding sermon of presiding bishop Michael Curry of the Episcopal Church left the British royal family and their relatives in a bit of a state of shock, for African-Americans, it was unmistakably a moving scene.

■アメリカ人は英国王室をどう思っているのか

アメリカ合州国(※この表現については、こちらをご参照下さい:http://blogos.com/article/187899/)という国は、そもそもは、英国王の植民地としてその支配の下にいることが気に食わず、独立に至った国です。しかし、そのアメリカにおいて、近年では、英国王室に憧れさえ持つようになってきています。

僕が生まれた1985年に、ダイアナ妃がレーガン大統領のいるホワイトハウスを訪れ、ジョン・トラボルタとダンスを踊った日には、多くのアメリカ人がダイアナ妃を一目でも見るためにワシントンに詰めかけたそうです。それまで冷たい印象のあった王室に、温かいイメージのダイアナ妃が現れたことで、アメリカ人の心を掴んだのかもしれません。

2011年に行われたウィリアム王子とキャサリン・ミドルトンのロイヤル・ウェディングも、アメリカでとても大きな話題となりました。その日の朝は、どの情報番組も特集を組み、キャスターたちも全員結婚式に釘付けだったことを覚えています。

ダイアナ妃の2人の王子の結婚式を見ることで、多くのアメリカ国民が英国王室に親近感を持つようになったのだと思います。それでも依然として、アメリカの黒人の間では英国王室に関心が持たれることはありませんでした。しかし、今回アフリカ系黒人の母親を持つメイガン・マークルがロイヤル・ファミリーの一員になるということで、アメリカの黒人も大いに注目するようになりました。

黒人のマイケル・カリー米国聖公会総裁主教が行ったその独特なスタイルのスピーチに、英国王族や貴族の方々は呆然としていましたが、アメリカの黒人には、とても大きな感動を与えました。



■This Week’s Wardrobe / 今週の衣裳について

Azabu Tailor white shirt


Photo : ©RendezVous
The key element of my wardrobe this week was the white pinned collar dress shirt that I had made at Azabu Tailor’s &C Omotesando store. The pinned collar shirt is more “dressy” than a standard collar—perfect for a joyous occasion like the #RoyalWedding. (Not that I would ever be invented to such an occaision.

A collar pin is a simple accessory about the size of a toothpick, with two ends that can be screwed on or off. However, it lifts the knot of your necktie and creates a three-dimensional effect around your v-zone. Side note, other than a collar pin, you can also get your hands on safety pins, collar clips, and buttons.

This week we were taping two episodes back to back, and as such I had a tight schedule in terms of changing wardrobe. This particular shirt has thick, 5 mm buttons (as opposed to the standard 2.5 mm) made of silver-lipped pearl oyster, which were easy to fasten. But collar pins are another level of stress—the entire time I was afraid I’d lose the collar pin, or that I’d have trouble pinning the shirt.

But I was incredibly careful when putting it on and removing it, and I managed to get through the taping in one piece. There aren’t many accessories out there a man can pull off, but the collar pin makes you feel like a million bucks.

「麻布テーラー」の白いシャツ

今週の衣装のポイントは、麻布テーラーの『&C表参道店』でオーダーした、ピンホール・カラーの白いシャツです。通常の襟に比べてドレスアップ度が高く、今回の#RoyalWeddingのようなお祝いの場にオススメです。もし出席する機会があればですが。

カラー・ピンというものは、爪楊枝くらいの大きさのバーの両端にネジをつけただけのシンプルな装身具なのですが、ネクタイのノットを盛り上がらせ、胸元を立体的に見せる効果があります。因みに、カラー・ピン以外にも、安全ピン型のもの、クリップ型のもの、ボタン型のものなども存在します。

今週は2本続けての収録という事情もあって、衣装の着替えの時間がかなりタイトになってしまいました。このシャツには厚さ5mm(通常は2.5mmくらい)の白蝶貝のボタンがついているので、ボタンはとても留めやすいのですが、一方カラー・ピンに関しては、「ネジを落として失くしたらどうしよう」とか「ピンホールにバーがなかなか通らなかったらどうしよう」という心配がありました。

慎重にに付けたり外したりすることで、なんとか無事に収録を終えることができました。男性のビジネス・スタイルには、アクセサリーというものはあまり許されませんが、カラー・ピンはリッチな気分にさせてくれる数少ないアイテムの1つです。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Azabu Tailor &C Omotesando Store
麻布テーラー &C表参道店
M.T.Bld. 1&2F Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0061
〒 107-0061  東京都港区北青山3-7-10 M.T.ビル1F・2F
TEL : +81-(0)3-5485-3840
Open 営業時間 12:00-20:00(Weekday/平日)
11:00-20:00(Sat, Sun and holidays /土日祝)
Last Call 19:30
Closed 定休日 : Thursday / 木曜日
https://www.azabutailor.com/


■Ralph Lauren necktie / 「ラルフ・ローレン」のネクタイ


Photo : ©RendezVous
I got this vintage black necktie from BigBrother. It has oval-shaped dots all over it.
BigBrotherからいただいた、細かい楕円形のドット柄のヴィンテージの黒いネクタイです。

カラー・ピンを使う際、ネクタイはプレイン・ノットにし、ノットの部分をできるだけ小さくするのがポイントです。



Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Ralph Lauren Omotesando Flagship Store
ラルフローレン 表参道店
4-25-15 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-15
TEL : +81-03-6438-5800
Open 営業時間:Sun to Thu /日-木曜日 11:00-20:00
Fri and Sat / 金、土曜日 11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.ralphlauren.co.jp/ja/


Black silk knot cufflinks


Photo : ©RendezVous
The shirts I had made at Azabu Tailor all have double cuffs (often called French cuffs), so I purchased another pair of cufflinks from the online shop Cuff.

Normally with cufflinks, it’s best to go with metallic ones for a special occaision. However, because our show is shot in front of a blue screen, I have to refrain from wearing anything blue as well as metallic, reflective objects. So I went with the silk knot option.

黒い組紐カフス

「麻布テーラー」で作った白いシャツはダブル・カフス(フレンチ・カフスとも言う)になっているため、今回もオンラインショップで購入した「カフス専門店CUFF」の黒い組紐カフスにしてみました。

カフリンクについては本来であれば、お祝いの場では、金属製のものがふさわしいかもしれませんが、ブルーバックの前で収録するため、青系のものに加え金属製のものもなるべく使用しないように言われているので、組紐のものを選びました。

SHOP INFO
CUFF STORE
https://www.cuff.jp/


■Global Style black suit / 「グローバル・スタイル」の黒いスーツ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #008 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #008 を参照してください。



■Isetan Men’s black leather belt / 『イセタンメンズ』の黒いベルト


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #006 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #006 を参照してください。

■Isetan Men’s black socks / 『イセタンメンズ』の黒い靴下

Check out WARDROBE & ENSEMBLES #006 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #006 を参照してください。

■Regal wing tip shoes / 「リーガル」のウィング・チップ・シューズ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #006 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #006 を参照してください。



■Zoff black glasses / 「ゾフ」の黒いメガネ


Photo : ©RendezVous
Check out WARDROBE & ENSEMBLES #002 for more information about this item.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #002 を参照してください。



■American Men Feel Intimidated by the British Gentleman

In contemporary times, the existence of the British royal family serves a very important purpose: to elevate and spread the British brand. The fact that the U.S., which declared independence from Britain on July 4th, 1776, has come full circle and now once again has its eye toward the British, attests to the longevity and the universality of the royal family.

If you’re a man, you’ve no doubt found yourself aspiring to a certain symbol of the British gentleman: Agent 007 himself, James Bond. In that way the character of James Bond is an ambassador for British culture. Whether it’s style, or suits, or the resolve to stake one’s life to protect the royal family. Especially memorable was the opening ceremony of the 2012 London Olympics, where actor Daniel Craig—who currently plays the role—escorted Queen Elizabeth to the main Olympic Stadium via helicopter, and proceeded to parachute down into the center of the venue.

In recent years, Americans have been glued to their TVs watching british shows like Downton Abbey, The Crown, Doctor Crew, and Sherlock.

And finally, this might explain why American men sometimes get intimidated by British men and their accents.

■アメリカの男性は英国紳士にコンプレックスを持っている?

現代においても、英国王室の存在は、世界に対して「イギリス・ブランド」の評判を高める1つの大きな理由となっていると、言ってもいいのではないでしょうか。1776年7月4日に英国から独立を宣言したアメリカという国が、これまでにないほど英国王室に注目しているのは、その王室と言うものの普遍性によるのだと僕は思います。

男性ならば、誰でも憧れる英国紳士のシンボル、“007”ことジェームズ・ボンドの存在も「イギリス・ブランド」を高めることに、大きく貢献していると思います。スタイルしかり、スーツしかり、命をかけて王室と国を守り抜くその姿しかり。2012年のロンドン五輪開会式では、現在“007”を演じる俳優のダニエル・クレイグがエリザベス女王をオリンピック・スタジアムへエスコートし、ヘリからダイヴするという映像演出が話題を呼びました。

近年、アメリカ人が『ダウントン・アビー』『ザ・クラウン』『ドクター・フー』『シャーロック』などイギリスのテレビ・ドラマにハマっていることもその表れではないでしょうか。

また、アメリカの男性の多くがいわゆる「クイーンズ・イングリッシュ」を喋る男性を前にすると及び腰になったりすることも、その表れだと確信しています。


Copyright RendezVous