Photo : ©Derek Makishima


2018/10/15   #009

SNS Eigojutsu (on E-Tele): May 17th   #ImplicitBias and My Wardrobe

Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』5月17日放送分 #ImplicitBiasと当日の衣裳について



Official website of the show : https://www.nhk.or.jp/snsenglish/sns/s180517.html
番組HPへ https://www.nhk.or.jp/snsenglish/sns/s180517.html

■Behind the Scenes

After a three week absence, Gori-san was back on the show today with style. Apparently he’d watched last week’s #StarWarsDay episode at home and was green with envy. Part of it was the fun topic, but I suspect part of it was that I got to interview Spider-man himself from Avengers: Infinity War, Tom Holland. Gori-san has directed a few movies and is very knowledgeable about cinema, and I suspect the film geek in him would have loved to come.

Social media is a forum for social activism like #MeToo and #NeverAgain, but on the flipside it is a mosh pit of cute animal photos and groan-worthy memes. It’s also a place for hashtag games. So many potential topics to choose from, but every time Gori-san is on the show, we happen to find that we’ve picked a serious hashtag to feature.

But on this day, we did have a little incident that put a smile on our faces: when we all came into the studio in wardrobe for rehearsal, Gori-san, Furuta-san, and I found that we were each wearing a gray jacket and khaki-colored slacks. We were the three amigos.

As I’ve brought up in this column previously, we shoot on a blue screen, which means that there are color restrictions on wardrobe. And because of those restrictions, the men naturally end up coming in with a similar idea of what to wear.

In the end, Gori-san was kind enough to change into something else for the actual taping. Problem solved.

■楽屋オチ


Photo : ©Derek Makishima

今回は、久しぶりにゴリさんと共演しました。前週の#StarWarsDayの回を自宅で見ていて、相当うらやましかったようです。楽しいテーマだったということもあるかもしれませんが、僕が『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』でスパイダーマンを演じるトム・ホランドにインタヴューしたことが特に悔しかったようです。ゴリさんは映画監督として作品を発表していて、映画にとても詳しいので、映画ファンとしてもうらやましかったのだと思います。

SNSの世界では#MeTooや#NeverAgainといったの社会運動が繰り広げられることもあれば、かわいい動物の写真やくだらないミームが拡散することもあります。また、ハッシュタッグ・ゲームといった“大喜利”のようなテーマも多く見受けられます。そんな幅広いトピックがある中、ゴリさんが登場する回は、なぜかシリアスな内容が多くなっています。

この日、リハーサルに臨む時、ちょっとした笑えるハプニングがありました。スタジオに入った時、ゴリさん、古田さん、僕の3人共が、グレー系のジャケットとカーキ系のズボンというアンサンブルとなってしまい、衣裳が“被って”しまいました。

以前にも、このコラムでお伝えしたようにこの番組はブルー・バックのセットで収録しているため、着られる洋服の色が極端に限られてしまいます。そのため、男性陣の出演者は、どうしても衣裳が似てしまうのです。

結局、本番ではゴリさんが別の衣裳に着替えて下さることで、問題は解決しました。



■The Challenge of Implicit Bias

On this episode, we featured the #ImplicitBias hashtag. ~~ with an incident at one of a certain world-famous coffee chain’s Philadelphia branches. Two African-American men had been sitting down for a while when one of them asked the manager to used the bathroom. The manager refused, and when the two men continued to hang around for several minutes inside the coffee shop, the manager called the cops and the two men ended up being arrested.

The take is that the incident is an example of the implicit bias of the manager. Implicit bias refers to biases against certain races or groups of people that form subconsciously based on the kind of social and cultural environment you are placed in. In other words, there was a subconscious bias she possessed, based on stereotypes, which drove her to discriminate. Those biases made her feel that the two men were suspicious, and ultimately they drove her to call the cops. The fact that they are subconscious makes them especially difficult to address, as we harbor them without being aware of their presence.

Side note, as an American, one thing that crossed my mind is how the sorry state of public bathrooms in the U.S. may have contributed to the situation. Compared to Japan, public toilets in the U.S. are pretty much always disgusting, and as a result bathrooms in cafes and fast food joints become de facto public toilets. Basically, there is a constant flow of people coming in and going out without placing an order, and the staff on hand are forced to be vigilant.

Those stresses perhaps served to exacerbate the manager’s implicit bias.

■インプリシット・バイアスの問題はなぜ難しいのか

この回では、#ImplicitBiasというハッシュタッグを紹介しました。事の発端は、世界的に有名なコーヒー・チェインのフィラデルフィア州にある支店で起こった事件でした。何も注文せずに席に座っていた黒人男性2人のうちの1人が、トイレを使わせて欲しいと店長に頼んだものの断られました。その後も数分間、コーヒー・ショップの中にいたところ、店長が警察を呼び、2人は逮捕されてしまいました。

この事件を通じて語られていることは、この店長の中には、“インプリシット・バイアス”が働いていたのではないか、ということです。“インプリシット・バイアス”とは、自分が置かれた社会的・文化的状況によって無意識のうちに培われる、人種などある特定なグループの人々に対して抱く偏見のことです。店長自身の中に根付いていた黒人に対するステレオタイプの差別意識が“無意識”にあり、それ故にこの人物を“怪しい”と感じてしまい、警察を呼んだのではないかということです。この“無意識”というところが最大の問題で、自分自身でも自分が抱いている潜在的な偏見を把握することが、非常に難しいのです。

因みに、アメリカ人の僕この事件を通じて感じたことは、この問題の背景には、「アメリカの公共トイレの汚さ」という問題があるのではないかということです。日本に比べ、アメリカの公共トイレはどこもとても汚いため、カフェやファストフードのトイレが事実上「公共トイレ」として使われています。そのため何も注文せずにお店に出入りする人が非常に多く、そのためお店のスタッフは、常にそうした人に注意を払わなくてはなりません。

こうしたことが、ストレスとなっていたことも事件の一因なのかもしれません。



■This Week’s Wardrobe / 今週の衣裳について

■Timberland Boat Shoes


Photo : ©RendezVous
The highlight of my wardrobe this week was these boat shoes I bought last summer. Boat shoes, which are sometimes called deck shoes, are shoes designed for walking on the deck of a boat or yacht.

Timberland is a brand known for their iconic yellow boots—staples of street fashion—but I would highly recommend these boat shoes (22,680 yen, tax included).

Boat shoes are made with special soles designed to prevent slippage, as slipping on the deck of a boat could be fatal. Because these are Timberland’s, they have the same lug sole you can find on their work boots. In any case they have good grip.

The leather shoelaces were a bit difficult to tie at first, but over time they have become soft. The are thread around the shoe itself, so I dread the day I have to re-lace them, but apparently they sell something called a shoelace needle precisely for that occasion.

Boat shoes are usually worn without socks, but I wore these on the TV show’s virtual set (which is indoors, and decidedly not a boat). Plus, I was still trying to break in the leather, so I went with yellow socks.

■『ティンバーランド』のデッキ・シューズ

今週の衣装のポイントは、去年の夏に購入したデッキ・シューズです。デッキ・シューズは別名ボート・シューズとも呼ばれており、ボートやヨットなど、船のデッキ(甲板)で使用するための靴です。

ティンバーランドと言えばストリート・ファッションの定番である黄色いブーツのイメージが強いですが、こちらのデッキ・シューズ(税込22,680円)もオススメです。

デッキで足を滑らすと命を落とす危険性もあるため、滑りにくくなっている独特なソールがポイントです。このデッキ・シューズの場合、ワークブーツ特有のラグ・ソール (凹凸加工の靴底)になっています。

紐が革製なので、最初は結びにくいのですが、次第に柔らかくなります。また、靴紐が履き口の周りにも沿って通されていることも特徴です。靴紐を取り替える場合、紐通しに苦労しそうですが、「シューレースニードル」という専用ツールを使うことで、革紐の交換が手軽になっています。

実際にデッキ・シューズを船で使う場合は、裸足で履くのが普通ですが、今回は船ではなく番組のヴァーチュアル・セットであることと、まだ靴を慣らしているという事もあり、黄色い靴下を履きました。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Timberland Shinjuku / ティンバーランド 新宿
Park City Isetan4 1F, B1 3-15-16 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-15-16 パークシティイセタン4・1/B1F
TEL : +81-(0)3-3355-0821
Open 営業時間 10:30-20:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
http://www.timberland.co.jp/


■Fabric Tokyo gray pinstripe button-down shirt


Photo : ©RendezVous
Last week at rehearsals, my shirt from Universal Language got the thumbs down due to the fact that it was creating a moiré pattern, because the black stripes were too much of a contrast. My button-down shirt this week has gray stripes, but perhaps because the contrast is less striking, and I was able to wear it with no problem.

When the shirt was first delivered to me, I found the collar too crisp for comfort, so I threw it in the wash once before wearing it for the show. The non-iron treatment means it largely stays wrinkle free, which is very convenient.

■『ファブリック・トウキョウ』のグレーのピンストライプのボタンダウン・シャツ

前回リハーサルのカメラチェックで、モアレが出てNGが出たユニバーサル・ランゲージのシャツは、黒いストライプのコントラストが強すぎたことが原因でした。今回のボタンダウン・シャツのグレーのストライプは、コントラストが比較的弱いためか、問題ありませんでした。

出来上がって来た時点では、襟周りが少しパリッとし過ぎていたため、一度水洗いしてから今回の収録の時に着てみました。形態安定加工がされており、アイロンをかける手間が省けるため、とても便利です。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
FABRIC TOKYO Shibuya / FABRIC TOKYO 渋谷MODI店
Shibuya MODI 3F 1-21-3 Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo 150-0041
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ 3階
TEL : +81-(0)3-4405-5075
Open 営業時間 11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://fabric-tokyo.com/


■Brooks Brothers beige chinos


Photo : ©RendezVous
Up until today, I’d mostly worn matching jacket and slacks—suits, basically—so this week I decided to go with something slightly more casual: these chinos, from Brooks Brothers’ casual line, Red Fleece.

Chinos can vary wildly in price, depending on the brand or manufacturer, from under 5,000 yen up to as high as 30,000 yen. In terms of that perfect balance of price, build, and look, these 10,000 yen chinos are more than worth the money.

They are slim fit but are made using stretch cotton, so they never feel too tight—but they allow you to cut a stylish figure.

They are also garment dyed, which means they are colored after it was put together. It gives the pants a great hue, and I took to these so strongly that I bought a total of four pairs, both for the show and for my private life.

■『ブルックス・ブラザーズ』のカーキ色のチノパン

今までは、ジャケットとズボンが同じ生地のスーツが中心だったので、今回は少しドレス・ダウンしてブルックス・ブラザーズのカジュアル・ラインである『レッド・フリース』のチノパンを履きました。

チノパンはブランドやメイカーによって5,000円弱のものから30,000円くらいのものが入手できますが、値段と造りと見た目のかっこよさのバランスを考えると、10,000円のこちらのチノパンはとてもコスト・パフォーマンスが高い商品と言えます。

スリム・フィットでありながら、ストレッチ性のあるコットンで作られているので、履いていてタイトな感じはせず、スタイリッシュなシルエットになるのでとても気に入っています。

製品が仕上がってから色を染めると言う「ガーメント・ダイ加工」が施されているので、色合いもとても良く、ベイジュ色以外にも番組用のものとプライベイト用のものを含めて4本購入しました。

■Brooks Brothers Light Gray Super Soft Jacket
『ブルックス・ブラザーズ』のグレーのジャケット


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #003.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #003を参照してください


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Brooks Brothers Aoyama Flagship
ブルックス・ブラザーズ 青山本店
3-5-6 Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0061
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-6
TEL : +81-03-3404-4295
Open 営業時間 :11:00~19:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.brooksbrothers.co.jp/


■Isetan Men’s brown braided fabric belt


Photo : ©RendezVous
Wearing a brown leather belt (especially one that’s new) with white or beige slacks can run the risk of color transfer. When I wear light colored pants, I like to use this braided belt I purchased on the first floor of Isetan Men’s.

The price is 9,720 yen (with tax), and the build is sturdy while offering plenty of stretch. It’s a breeze to buckle and is a regular part of my day-to-day wardrobe.

Other than brown, Isetan Men’s sells a variety of colors, including black and ones that weave two colors together.

■『伊勢丹メンズ』の茶色いメッシュ・ベルト

茶色い革ベルト(特に新品)を白やベージュ色のズボンと合わせると色移りする危険性があるので、薄めの色のズボンを吐く時は伊勢丹メンズ館の1階で購入したこの網ベルトを使います。

値段は9,720円で、造りがしっかりしていてストレッチ性もあり、普段から愛用しています。

茶色以外にも黒や、2色を織り合わせたものなどいくつか色のバリエーションもあります。

<SHOP INFO>
Isetan Shinjuku Store
伊勢丹 新宿店
3-14-1 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL : +81-03-3352-1111
Open 営業時間 10:30~20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku.html


■Tabio yellow socks


Photo : Tabio提供
Continuing the precedent I’ve set for myself these past couple of weeks, I decided to wear colorful socks again.

These yellow ones are “Men’s Power Fit 2×2 Ribbed Socks” from Tabio (1,080 yen, tax included). As far as I can remember, this was the first time in my life I’ve worn yellow socks.

They are quite comfortable, and the fabric is just right—not too thick, and breathable—so even a nervous sweater like myself can get through a TV show taping without feeling like I’m sloshing about in a puddle.

Pairing these socks with the aforementioned boat shoes also meant I got to show these socks off.

■『タビオ』の黄色いソックス

前回と前々回に引き続き、カラフルな靴下に挑みました。

今回はタビオの『メンズ パワーフィット2×2リブソックス』(税込1,080円)のイエローを履きました。イエローの靴下を履くのは、人生初めての経験です。

履き心地がとてもよく、生地も厚過ぎず、通気性があるので、緊張のあまり汗をかきまくる収録でも、足元は快適です。

また、今回はデッキ・シューズと組み合わせたため、いつも以上に靴下を「見せる」ことができたのもポイントです。


Photo : Tabio提供
SHOP INFO
Tabio Omotesando Hills
タビオ 表参道ヒルズ店
Omotesando Hills B2F, 4-12-10 Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館B2F
TEL : +81-03-5785-0561
Open 営業時間 11:00-21:00(Weekday/平日), 11:00-20:00(Sat., Sun. and holidays/土日祝)
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://tabio.com/jp/


■Hakusan Megane brown glasses / 『白山眼鏡』の茶色のメガネ


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #004.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #004を参照してください

One Last Word

At the end of the show, our resident English teacher Torikai-sensei taught us the idiom “wake up and smell the coffee”. This is a very common phrase in the States, used to shake someone out of their obliviousness and open their eyes to the reality of a situation.

For those who don’t drink caffeine, I suggest the phrase “wake up and smell the decaf”.

Side note, the morning of the taping, I got onto the elevator at NHK when the lady next to me—I’m assuming an NHK employee—turned to me and said, “I watch your show.” This was the very first time someone had “recognized” me from the show, and in my surprise I just managed to say “Thank you. I’m on my way to the taping.”

I felt in some very tiny way that I had made it, that I had achieved some modicum of fame, and so for sometime afterwards I was somewhat zoned out. So what did I do? I drank a cup of coffee, of course.

最後に一言

番組の最後に、鳥飼先生が紹介された“Wake up and smell the coffee”という慣用句は、アメリカではとても良く使われる表現です。目の前の現実を認めようとしない時や、気付こうとしない時に、「自分が置かれている状態を把握しなさい」「現実に目を覚ませ!」と言った具合で使う表現です。

カフェインが苦手な人には、“Wake up and smell the decaf”という別の言い方の方がいいのかもしれませんが。

因みに、収録日の朝、NHKのエレベイターに、たまたま乗り合わせていたNHK職員の女性が「いつも番組見ていますよ」と声をかけてくれました。テレビに出るようになって、このように声をかけられたのは、初めての経験だったので「ありがとうございます。今から収録です」だけしか言えませんでした。

なんだか、少し有名人になったような気がして嬉しくなり、その後もしばらく上の空でした。いうまでもなく、収録前にコーヒーを一杯いただきました。


Copyright RendezVous