2018/10/08
Wardrobe for the May 10th Episode of SNS Eigojutsu on NHK Educational
Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』5月10日放送分における衣裳について

Our theme this week was #StarWarsDay. Star Wars Day is celebrated in English-speaking countries throughout the world, but the popularity of Star Wars in America is on another level entirely. For American fans, it’s not a stretch to say that Star Wars Day is a national holiday.

Why is Star Wars so popular among Americans? My theory is that with only 250 years of history, American pop culture lacks a narrative of a grand scale and scope. After all, as “A long time ago in a galaxy far, far away” suggests, Star Wars is futuristic sci-fi fantasy...that takes place in the distant past.

Up until now we’ve talked mostly about serious social topics on the show, but this time we looked at fun, playful hashtags and puns like #Maythe4thBeWithYou. Princess Ayako (Kato Ayako), Hide Solo (Hide-san), Darth Naito (Naito-sensei), and Master Tsukagoshi (Tsukagoshi Kenji) were all smiles from beginning to end. I was the padawan, still getting accustomed to the ways of television.

And it turns out that Tsukagoshi-san, who was making his second appearance on the show, is a Star Wars fan. It was fun to geek out with him before rehearsals and during the taping.


This week I also had a bit of a snafu before the taping. As I talked about previously in FASHION & SHOPPING #002, we shoot this show in front of a bluescreen, which means that we cannot wear any blue or any shades of blue.

So we always have wardrobe checks the day of, and this week I was told that the black striped shirt I’d initially intended to wear was not going to work.

The reason? Something called moiré effect, which is an interference pattern that occurs when you superimpose two similar-looking but inexact patterns made up of lines or dots. In television, cameras have image sensors that have their pixels arranged in a very fine pattern. As a result, filming a subject that is wearing striped clothing or clothing featuring other fine patterns results in a moiré effect. Readers will mostly likely have witnessed the moiré effect if they’ve ever tried to film a television or smartphone LCD screen using a digital camera.

Thankfully, the office I work at is very close to NHK, so I had my manager bring me my spare shirt, and I was able to step onto the set for our taping with peace of mind.

To our staff and crew: I apologize for the trouble, and, thank you for the lesson.


Photo : ©RendezVous

今回のテーマは #StarWarsDay でした。このStar Wars Day は英語圏を中心に世界中でお祝いされているのですが、アメリカにおける『スター・ウォーズ』の人気と言ったら桁違いです。ファンからすると、「国民的な祝日」と言っても過言ではないかもしれません。

なぜそこまでアメリカ人に大人気なのかといいますと、アメリカの歴史は、250年弱と浅いため、ポップ・カルチャーを支える「偉大な物語」がないからなのだと僕は考えています。なにしろ「昔むかし、遥か銀河の彼方で・・・」と始まるように、『スター・ウォーズ』は未来的なSF映画でありながらも、遠い昔が舞台とされています。

今までには割とシリアスな社会問題を取り上げてきたのに比べて、今回は #MayThe4thBeWithYou のような語呂遊びやシャレの利いた投稿を多く紹介できたので、アヤコ姫(加藤さん)、ヒデ・ソロ(ヒデさん)、ダース内藤(内藤先生)、マスター塚越(塚越さん)は、終始楽しそうでした。一番テレビ慣れしていない僕は、やはりまだまだパダワン(見習いのジェダイ)です。

特に2回目の登場だった塚越さんもスター・ウォーズのファンだったので、打ち合わせの時も収録の時も、ちょっと“ギーク・アウト”(熱く語り合う)することができました。


今回は、収録前にちょっとしたハプニングがありました。以前このコラムのFASHION & SHOPPING #002でお伝えしたように、番組はブルー・バックで撮影するため、ブルー系の洋服を着られないという衣裳のレギュレーションがあります。

従って収録当日必ず衣裳のチェックがあるのですが、当初予定していた黒いストライプのシャツにもNGが出ました。

その原因は、「モアレ」と呼ばれる、規則正しい模様を重ね合わせた時に発生する縞模様のような現象です。テレビの場合、カメラの画素が規則正しく並んでいるため、ストライプのような細かいパターンが施された被写体を撮影すると発生するようです。例えば、テレビや携帯などの液晶画面をデジタル・カメラで撮影した時に“なみなみ模様”が出てしまった経験がある方は多いのではないでしょうか。それが「モアレ」です。

幸い、事務所がNHKの撮影スタジオに近いため、マネージャーに代わりのシャツを持ってきてもらい、なんとか無事に収録に挑むことができました。

スタッフの皆さん、ごめんなさい、アンド、ありがとうございます。

■Brosh pomade


Photo : ©RendezVous
My hair texture is slightly thicker than your average Japanese, and at shorter lengths it tends to do its own thing, so I’d been looking for a hair styling product to tame it.

This pomade was made in collaboration between two Japanese barbershops, Mr. Brothers Cut Club and Apache. The package design evokes old-fashioned American tin cans, but the pomade inside is genuine made-in-Japan.

You often think of pomade as having a distinct smell and stickiness, but this product is odor-free, and leaves hair looking shiny without the stickiness. What’s more, it’s water-based rather than oil-based, so it can be washed away with ease. (There’s also a scented version.)

■『ブロッシュ』のポマード

僕の髪質は普通の日本人よりやや太く、少し癖がつきやすいので、それを抑えつけられる整髪料を捜していました。

このポマードは、MR. BROTHERS CUT CLUBとAPACHEという日本の床屋2店がコラボで造ったものです。容器はアメリカの昔風のブリキ缶を意識したようなデザインですが、正真正銘のジャパン・メイドのポマードです。

ポマートと言えば独特なニオイやベタつきがあるというイメージがありますが、この商品は無香料で、ツヤを出しながらもベタつかず、しかも油性ではなく水性なので、簡単に洗い流せるところもポイントです。(ちなみに香り付きのものも販売しています。)

<SHOP INFO>
BROSH POMADE
http://brosh.jp/

■Global Style black suit


Photo : ©RendezVous
Up until I started appearing on this show, all the suits I’ve ordered have been made using entry-level fabrics. But for the spring season of SNS Eigojutsu on NHK Educational, I decided to order four new suits in a higher grade of fabric.

People say that your first suit should be in navy, and the second in gray. I agree that those two colors are the most versatile. Black suits, on the other hand, are often associated with weddings, funerals, and other formal occasions and parties. For me, the film Men in Black immediately comes to mind.

Technically speaking, a black suit is different from wedding and funeral attire. I had this suit made using a black fabric with a kind of luster from an Italian fabric maker called Angelico. Now, wearing clothes with a luster or sheen at a funeral would be a major faux pas.

Also, wedding and funeral attire does not have a vent—that slit you see on the backside of suit jackets. For this suit, I asked for side vents (one vent on each side of the back panel).

■『グローバル・スタイル』の黒いスーツ

今まで作ったスーツは生地がローエスト・プライスのもので作っていたのですが、Eテレの「世界へ発信!SNS英語術」の春の衣装として新調した4着のスーツは、その一つ上のレベルの生地を選ぶことにしました。

スーツを作るならまずはネイビー、その次はグレーとよく言われますが、確かにその2色が一番汎用性があります。黒のスーツと言えば、結婚式やお葬式などフォーマルな場やパーティー・シーンというイメージが強いかもしれません。ちなみに僕の場合は映画『メン・イン・ブラック』のイメージが強かったですが。

正確には、礼服とブラック・スーツは違います。この黒いスーツは「アンジェリコ」というイタリアの生地メーカーの少し光沢感のある生地で作ってもらいましたが、例えばお葬式などでは、光沢のある洋服を着るのはマナー違反とされています。

また、礼服やフォーマル・ウェアにはベントと呼ばれる、裾に入っている切れ込みがない(ノー・ベント)のですが、このスーツにはサイド・ベント(左右に切れ込み)を入れてもらいました。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
GlobalStyle Shinjuku South Exit Store
グローバルスタイル 新宿南口店
3-29-5 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-29-5
TEL : +81- (0)3-5413 3949
Open 営業時間
平日:11:00~21:00 / 土日・祝日:11:00~20:00
3月、9月、11月: 第3日曜日は13:00~20:00 Closed 定休日 : 5月、7月 第3日曜日は休店日
https://www.global-style.jp/shop/shinjuku


■Brooks Brothers white button-down shirt


Photo : ©RendezVous
As my original choice of shirt for this week triggered a moiré effect, I quickly decided to go with this Brooks Brothers white oxford button-down shirt.

Brooks Brothers shirts come in one of four fits. This one is in a regent fit, which creates a slim, modern silhouette.

When it comes to shirts, Brooks Brothers offers a wide variety of colors and patterns, but the classic white oxford button-down is a must for any wardrobe.

The shirt is also non-iron, so all you have to do is hang it up to dry promptly after washing. It also stays crisp and wrinkle-free throughout the day, so it wouldn’t hurt to have several of these in your closet.

The Golden Fleece logo on the chest comes in a variety of colors depending on the color of the shirt. This white shirt has a navy logo, so it would look great with a pair of navy socks.

Incidentally, the way to spot a Brooks Brothers shirt is to look at the cuff—specifically at the six-pleat shirring where the cuff meets the sleeves.

■『ブルックス・ブラザーズ』の白いボタンダウン・シャツ

当初予定していたシャツが「モアレ」を起こす柄だったので、急遽『ブルックス・ブラザーズ』の白いボタンダウン・カラーのオックスフォード・シャツに変えることになりました。

『ブルックス・ブラザーズ』のシャツには4種類のフィットが存在するのですが、このシャツは「リージェント・フィット」と呼ばれるスタイルで、スリムな現代的なシルエットが特徴です。

『ブルックス・ブラザーズ』には色や柄もバリエーションが幅広く用意があるのですが、やはり定番のオックスフォードの白のボタンダウンはマスト・アイテムです。

更にノン・アイロンなので、洗濯してすぐ干せば綺麗に乾きます。また、1日を通して着ていてもシワができにくく、パリッとした素材感が保たれるので、クローゼットに何枚も装備しておきたい優れものです。

胸元にある羊のロゴは、シャツの色によって色が違うのですが、この白いシャツの場合はネイビーなので、例えばネイビー色のソックスと合わせると服装が締まります。

因みに『ブルックス・ブラザーズ』のシャツを見分ける方法は、袖本体と袖口のつなぎ目のところに6プリーツが施されていることだそうです。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Brooks Brothers Aoyama Flagship
ブルックス・ブラザーズ 青山本店
3-5-6 Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0061
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-6
TEL : +81-03-3404-4295
Open 営業時間 :11:00~19:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.brooksbrothers.co.jp/

■Tabio red socks

After last week’s pink socks, I decided to add a splash of color to this week’s black ensemble with these red socks.

These are Tabio Men’s Power Fit 2×2 Ribbed Socks in red, for 1,080 yen.

The fabric is just the right thickness and feels great against my skin, and also looks quite refined.

The name “Power Fit” sounds tight-fitting and sporty, but these quality socks are very comfortable, and remain so even after a full day wearing them.

This series is also available in a variety of colors. Highly recommended.

■『タビオ』の赤い靴下

前回のピンクの靴下に引き続き、今週は黒のスーツということもあり、靴下で差し色を取り入れてみました。

今回は『タビオ』の「メンズ パワーフィット2×2リブソックス」(1,080円)のレッドを履きました。

ちょうど良い厚みの生地は肌触りもよく、見た目も洗練されています。

英語的に「パワーフィット」と聞くとちょっとタイトなフィットとスポーティーな印象を受けますが、ぴったりすぎず履き心地はとても良く、一日中履いていても疲れない、高品質な靴下です。

このシリーズもカラーのバリエーションが多く、大変オススメです。

<SHOP INFO>
Tabio Omotesando Hills
タビオ 表参道ヒルズ店
Omotesando Hills B2F, 4-12-10 Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館B2F
TEL : +81-03-5785-0561
Open 営業時間 11:00-21:00(Weekday/平日), 11:00-20:00(Sat., Sun. and holidays/土日祝)
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://tabio.com/jp/

■Isetan Men’s black belt / 『伊勢丹メンズ』の黒いベルト


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #005.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #005を参照してください

■Black Paraboot Avignons / 『パラブーツ』の黒い「アヴィニョン」

Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #005.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #005を参照してください

■Zoff black-rimmed glasses / 『ゾフ』の黒縁メガネ


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #002.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #002を参照してください


Copyright RendezVous