2018/10/08
Wardrobe for the April 26th Episode of SNS Eigojutsu on NHK Educational
Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』4月26日放送分における衣裳について

On this week’s episode, we featured a lineup of social media posts about Ohtani Shohei, who’s had an outstanding start to his first season playing for L.A.

According to a survey the Washington Post conducted in 2017 on popular sports, baseball sits at third place, after (American) football and basketball. I interpret that as a sign of the times: television demands games that unfold at a fast pace, and today it seems the human attention span is shorter than it has ever been. Baseball is a little old-fashioned in that regard.

Nonetheless, baseball is America’s pastime. Football season takes place over the colder autumn and winter months, while professional basketball is played on indoor courts. The sport that evokes the most stirring scene is baseball, which is played during a season when people want to go outside.

And while younger generations may not be taking to baseball as much as they once were, for American kids—who must contend with a mind-numbing, three-month-long summer vacation—the dramatic nature of the game, despite its laid-back pace, has an undeniable appeal. It is not hyperbole to say that sport of baseball is the beating heart of American culture.

This is evident in the language. In this week’s show we talked about a number of baseball-related English idioms, such as “take a rain check” and “out of one’s league”, but there are many, many more. “Right off the bat” is one that comes to mind, well, right off the bat.

There are also many business and negotiation-related phrases. For example, a “ballpark figure” is an estimate. When you take up an offer or agree to work with someone, you “play ball”, and if you decide it’s not worth your time, you “refuse to play ball”. Taking a tough stance in a negotiation is to “play hardball”, and to toss an interviewee easy questions is to “play softball”. And when you succeed in setting up an initial appointment with a potential client, or have otherwise taken a successful first step, what you’ve done is “get to first base”. (Incidentally, when talking about romantic relationships, this idiom refers to kissing.)


Photo : ©RendezVous

今回はシーズン開始早々、L.A.で大活躍している大谷翔平選手について、様々なSNSの投稿を紹介しました。

『ワシントン・ポスト』紙が2017年に発表した人気スポーツに関する世論調査によると、ベイスボールは、アメフトとバスケに続いての3位だったそうです。個人的な見解としては、テレビ的にはよりスピード感のある試合展開が求められたり、人々の集中力が昔ほど持続しなくなってきている現代において、どこか“古臭い”感じがするからなのかもしれません。

それでもやはり、ベイスボールというのは America’s pastime (アメリカの一大娯楽)なのです。アメフトは気温の低い秋冬に行われるのスポーツですし、バスケの試合は室内で行われるので、一番「情景」が浮かびやすいスポーツは、人々が外に出かけたくなるような季節に開催されるベイスボールです。

また、多少のベイスボール離れは起きているものの、3ヶ月という長すぎるとも言える夏休みのあるアメリカの学生にとっては、ゆったりしたペースで展開されながらもドラマがたっぷりあるベイスボールがやはり一番しっくり来るのでしょう。ベイスボールというスポーツは、アメリカ文化の心と言っても過言ではありません。

そのことはアメリカ英語にも表れています。番組では“take a rain check” (延期する) や “out of one’s league”(雲の上の存在、高嶺の花)など、ベイスボールにまつわる英語の慣用句をご紹介しましたが、それ以外にもベイスボールに関する表現が実に多く英語にあります。いきなり頭に浮かぶのが「すぐさま」「即座」を意味する“right off the bat”という表現です。

ビジネスや交渉に関連する言葉も多くあります。例えば大体の数字を出すことを“ballpark figure” (おおよその数字)と言います。また、ある話に乗ったり、協力することを “play ball” (試合に参加する)といい、逆に協力しないことを “refuse to play ball” (試合に参加しない)と言いますし、交渉などで強硬姿勢をとることを“play hardball”と言い、逆にインタビューなどで簡単な質問を投げかけることを“play softball”と言います。更に付け加えれば、クライアントにつけたい相手とのアポをとるなど、あるプロセスの第1段階をやり遂げることを“get to first base”と言います。(ちなみにこれは恋愛関係においては「キスをする」ことを意味します。)

■Universal Language light gray double-breasted suit


Photo : ©RendezVous
Over the weekend before this week’s taping, I went to my go-to barber, Cut Salon Ban near Yoyogi Park, for a haircut.

They give haircuts for 2,100 yen, but I recommend getting the works with the “cut course” (4,200 yen)—haircut, shampoo, shave, and a light shoulder and arm massage.

Yamashita-san has been my guy since I first started going to this place, and he always takes in my slightly vague requests and turns them into haircuts that always have me leaving with a confident smile on my face. On the show the makeup person always puts hairstyling product of some kind in my hair, so this time I asked for an ivy league haircut.

The owner, Ban-san, is laid-back in demeanor but quite attentive and thoughtful. His hobby is surfing, which explains why there is always a summery, breezy air wafting in the salon. For me the place is a bit of an oasis.

The salon caters to everyone, from kids to seniors, and the staff has an enthusiasm that supersedes language barriers—so it’s no surprise I often see expats and foreign visitors inside.

■『ユニバーサル・ランゲージ』のライト・グレーのダブル・スーツ

今回は僕の人生初となるダブル・スーツを着ました。ダブル・スーツは英語では「ダブル・ブレステッド・スーツ」と言い、左右の部分を大きく重ね合わせ、前のボタンが2列配備されているものを指します。ボタンが1列あるシングルに比べ、よりフォーマルな印象を与えます。

6つボタンと4つボタンのものがあり(8つボタン、2ボタンのものも存在するそうです)、近年は6つボタンが主流になっているようです。基本的に真ん中のボタンしか留めないシングルに比べて、ダブルの場合、様々なボタンの配列や留め方があります。

『ユニバーサル・ランゲージ』で作ったこのジャケットは「6×2」というタイプで、基本的な着方としては真ん中のボタンを留め、下のボタンは留めません。また、形が崩れないように、内側に締める機能的なボタンが1つあるのですが、このボタンを閉めるのが僕に難しく、閉めようとする度に自分の不器用さを思い知らされます。(ちなみにこのボタンは英語では「ジガー・ボタン」や「アンカー・ボタン」と言うそうです。)

ダブル・スーツのもう一つの特徴は、ラペルの先端が尖っている「ピークド・ラペル」であることです。この形によってより胸幅が広く見え、全身のシルエットがいわゆる「逆三角形」になります。(ちなみにこれに該当する英語はhourglass shape、つまり「砂時計型」と言います。)ただ、ある程度身体付きがしっかりしていないと、ペナっと見えてしまうというハードルがあることも事実です。そういう意味では、野球選手など、スポーツ選手にはとても良く似合います。

このライト・グレーのダブル・スーツは先週番組で着たチャコール・グレーのバーズアイ生地を使った3つボタンのスーツと一緒に、『ユニバーサル・ランゲージ』の渋谷店でオーダーをしました。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Universal Language Shibuya Store
ユニバーサル・ランゲージ 渋谷店
coocti 5F 1-23-16 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0002
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti 5F
TEL : +81-(0)3-3406-1515
Open 営業時間 11:30-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://blog.uktsc.com/sibuya


■Fabric Tokyo white button-down shirt


Photo : ©RendezVous
This button-down shirt has pink pinstripes (a pattern of very thin stripes). The cuffs are mitered, and all of the buttons are made of silver-lipped pearl oyster.

Like the shirt I wore last week, I ordered this one at Fabric Tokyo in Shibuya. It is wrinkle-resistant, so all you have to do is straighten it out as you hang it up to dry. I recommend these shirts for anybody who has to wear dress shirts on a daily basis.

■「ファブリック・トウキョウ」のピンクのボタンダウン・シャツ

ピンク色のピンストライプ(細い線による縞模様)柄のボタンダウン・シャツです。カフスはオーソドックスな角落ちに、ボタンは全て白蝶貝にしてあります。

先週の白いシャツと同じく、ファブリック・トウキョウ渋谷店でオーダーしたもので、形態安定加工がされているので、洗濯後にしっかりシワを伸ばすだけで綺麗に乾きます。仕事で毎日ドレス・シャツを着る必要のある方にはおすすめです。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
FABRIC TOKYO Shibuya / FABRIC TOKYO 渋谷MODI店
Shibuya MODI 3F 1-21-3 Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo 150-0041
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ 3階
TEL : +81-(0)3-4405-5075
Open 営業時間 11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://fabric-tokyo.com/

■Red Wing cigar chukka boots


Photo : ©RendezVous
Chukka boots are ankle-high boots with two or three pairs of eyelets. Desert boots are a popular variation—a classic men’s casual boot characterized by suede upper and crepe sole.

But when it comes to chukka boots that can be worn with a suit, you would usually expect to pay around 100,000 yen. (Alden makes a great pair.) I purchased this pair of Chaverly Chukkas from the Red Wing store along Kotto-dori in Aoyama. At 46,000 yen plus tax, these shoes are half the price of their luxury counterparts, but can more than hold their own.

The distinctive glo-cord medallion sole was originally made for Red Wing by an American sole maker in the 1920s. It is made from a mixture of rubber and raw cord, and has fantastic grip. The brand recently brought back the design for the first time in 80 years.

The shoes came with a pair of flat shoelaces that felt a little casual, so I replaced them with black waxed dress shoelaces.

■『レッド・ウィング』のシガーのチャッカ・ブーツ

チャッカ・ブーツは、くるぶし丈で紐穴が2〜3組あるブーツを指します。中でも「デザート・ブーツ」と呼ばれるスエードのアッパーとクレープ・ゴムのソールが特徴のものは、男性のカジュアル・ブーツとして一つの定番でもあります。

一方、スーツと合わせることのできるレベルのチャッカ・ブーツと言うと10万円前後のものが多いです。(代表的なのは、『オールデン』の製品です。)青山の骨董通りにあるワークブーツで有名なレッド・ウィングのお店で購入した「キャバリー・チャッカ」(税抜き46,000円)は、その半値くらいで高級ブランドに見劣りしない、優れ物です。

「グロコード・メダリオン・ソール」は、元々1920年代にアメリカのソール専門店がレッド・ウィングのために開発した、ラバーにコード(紐)の切れ端を混ぜ入れて成形されたソールで、復活した独特なもので、とても滑りにくい作りになっています。

もともとついてきたグレーの平型の靴紐はちょっとカジュアルな感じがしたため、ブラックの丸型の蝋引きのものに変えてみました。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Red Wing Shoestore Tokyo Aoyama
レッド・ウィング・シューストア・東京青山
5-4-29 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-29
TEL : +81-03-6450-5349
Open 営業時間 12:00~20:00
Closed 定休日 : Wednesday/水曜日
http://www.redwingshoe.co.jp

■Tabio pink socks

Up until now I’ve mostly worn black or gray socks on the show, but this time I mustered the courage to go with a very vivid pink. These are the Tabio Men’s Supima 3×1 Ribbed Socks in solid pink, for 972 yen.

The thin supima cotton fabric is very comfortable and breathes well. They were a perfect choice for my Red Wing chukkas, which still have a tight fit as I’m in the process of breaking them in.

It took some courage to wear this color, but in the end this is a TV show—not a business setting—and I plan on trying out other vivid colors in the future. Tabio offers a bunch of colorful socks for affordable prices, so the adventurous will find much to like.

■『タビオ』のピンクの靴下

今までは黒とグレーの靴下が中心でしたが、今回は思い切って、かなり鮮やかなピンク色にしてみました。『タビオ』のソリッド・ピンク色の「メンズ スーピマ3×1リブソックス」(972円)です。

スーピマ綿を使用した薄めの生地は、とてもはき心地もよく通気性もあるので、まだ慣らしている段階であり、少しタイトフィットなレッド・ウィングのチャッカにはちょうど良かったです。

この色を履くのに勇気がいりましたが、ビジネスユースではなく、テレビであるということも踏まえ、今後もカラフルなソックスに挑戦していきたいと思います。『タビオ』はお手頃な価格でカラフルなソックスがいっぱいあるので、冒険心のある方は是非チェックしてみてください。

<SHOP INFO>
Tabio Omotesando Hills
タビオ 表参道ヒルズ店
Omotesando Hills B2F, 4-12-10 Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館B2F
TEL : +81-03-5785-0561
Open 営業時間 11:00-21:00(Weekday/平日), 11:00-20:00(Sat., Sun. and holidays/土日祝)
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://tabio.com/jp/

■Brooks Brothers Brown Belt / 『ブルックス・ブラザーズ』の茶ベルト


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #004.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #004を参照してください

■Zoff brown glasses / 『ゾフ』の茶色いメガネ


Photo : ©RendezVous
I’ve talked about this item before. See WARDROBE & ENSEMBLES #003.

こちらの商品は、以前紹介したのでWARDROBE & ENSEMBLES #003を参照してください


Copyright RendezVous