2018/10/08
Wardrobe for the April 19th Episode of SNS Eigojutsu on NHK Educational
Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』4月19日放送分における衣裳について

At the top of the show this week, Gori-san had a little fun teasing me when he brought up the fact that there seemed to be a few users on social media who had taken a liking to my deep voice. He caught me completely off guard, leaving me unable to muster anything but a bashful look. Gori-san always makes me laugh during rehearsals, and even more impressive is that he always one-ups himself by being even funnier during the actual taping. He is a consummate pro.

Today was Tsukagoshi Kenji’s first appearance on the show, so he seemed to be a tad nervous, but the second he started speaking it was clear he was comfortable—perhaps because he’s a part-time college lecturer and does a lot of radio work.

I’m slowly but surely getting used to things, and I think I’m finally at a place where I can enjoy the taping for what it is. The problem is, my newfound ease led me to read my English lines more quickly than before, and the director had to ask me a few times to read the lines more slowly. Apparently there are some similar rumblings on social media, so I will try to slow down my native 1.0x speed down to about a 0.7x.


Presenting English language social media posts on the show comes with a certain difficulty that we wouldn’t have if we were using excerpts from published materials or major online media outlets. The person posting is not necessarily a native English speaker, and as such their English is often less than perfect. And then there are the native English speakers, who often post to these platforms casually—typos and shorthand abound.

The challenge moving forward is how we will present those types of posts. One way would be for me to point out any errors after I read the post aloud. The problem with that is that our show asks our audience to take a lighthearted, stress-free approach to posting social media, and me acting as the grammar police would likely make them hesitant to post. It’s a delicate situation.

At the same time, it would be wrong for an English-language learning show to present English language posts, errors and all, and not say anything about it. In terms of our show, my purpose as the native English speaker is to provide cultural context and explain new words-to-know, while the teacher—Torikai-sensei or Naito-sensei—is in a position to go into detail about grammar and put forth “proper” English phrases.


Photo : ©RendezVous

今回は番組の冒頭で、「カズオさん、最近SNSで低い声が素敵だって人気がではじめているらしいですね」とゴリさんにいじられました。全く不意を衝かれた僕は、ただ照れるしかありませんでした。リハーサルでも、いつも笑わせてくれるゴリさんなのですが、やっぱり本番にさらに面白いことを言うのは、さすがプロだと思いました。

塚越さんは初めての登場だったので少し緊張しているようでしたが、非常勤講師としての仕事やラジオの出演も数多くあるため、喋ることに慣れている感じがしました。

僕は少しずつ慣れてきたので、純粋に収録を楽しむことがやっとできるようになりました。ただ、慣れてきた分、英語を読み上げるスピードが少し早くなってしまっていたようで、何度かディレクターにゆっくり目に読むように、アドバイスされました。SNS上でも少し読みが早いという意見もあるようなので、ネイティヴの喋りが「1.0×」だとしたら、「0.7×」くらいの聞き取りやすいスピードを心がけたいと思います。


英語のSNS投稿を紹介するというのは、出版物や大手メディアのデジタル版などの文章を紹介するのに比べて、一つ難しい点があります。SNSで発信している人が英語のネイティヴとは限らないので、英語が完璧とは限らないことです。英語ネイティヴにしても気軽な気持ちで投稿していることが多いので、綴りのミスや言葉の省略をよく見かけます。

そういった表現をどのように番組で紹介するかが、今後の課題です。読み上げる度に、間違っているところを、ひとつひとつ指摘するという手もありますが、そうすると「気軽に英語で投稿しよう」というコンセプトのはずが、どこか投稿しづらくなるような気もするので、よく考えなくてはなりません。

かと言って、間違った英語を間違ったままお伝えするわけにもいきません。僕のようなネイティヴ・スピーカーが文章の文化的背景やイマドキな英語表現を説明し、鳥飼先生や内藤先生という「先生」が文法に関して詳細に説明できたり正統派の英語を紹介できることに、この番組の意義があるのだと思います。

■Cut Salon Ban


Photo : ©RendezVous
Over the weekend before this week’s taping, I went to my go-to barber, Cut Salon Ban near Yoyogi Park, for a haircut.

They give haircuts for 2,100 yen, but I recommend getting the works with the “cut course” (4,200 yen)—haircut, shampoo, shave, and a light shoulder and arm massage.

Yamashita-san has been my guy since I first started going to this place, and he always takes in my slightly vague requests and turns them into haircuts that always have me leaving with a confident smile on my face. On the show the makeup person always puts hairstyling product of some kind in my hair, so this time I asked for an ivy league haircut.

The owner, Ban-san, is laid-back in demeanor but quite attentive and thoughtful. His hobby is surfing, which explains why there is always a summery, breezy air wafting in the salon. For me the place is a bit of an oasis.

The salon caters to everyone, from kids to seniors, and the staff has an enthusiasm that supersedes language barriers—so it’s no surprise I often see expats and foreign visitors inside.

■カットサロンバン

今回の収録に向けて、この週末に常連になっている代々木公園近くの床屋『カット・サロン・バン』に行ってきました。

カットのみ(2,100円)というメニューもありますが、オススメはカットとシャンプーに加え、顔そりと軽い顔と肩のマッサージを受けられるカット・コース(4,200円)です。

通い始めた頃からずっとお世話になっている山下さん(※要確認)は、いつも僕の少し曖昧な要望を聞いてくれた上で、「いい感じ」に仕上げてくれます。番組では髪の毛はいつもスタイリングされるので、スタイリング剤を使う前提で今回は「アイビー・リーグ・カット」をお願いしました。

オーナーのバンさん(※要確認)はおおらかな方で、その上とても気の利く方です。趣味はサーフィンなのですが、店内はいつもどこか夏らしく爽快な雰囲気が漂っています。僕にとって、ちょっとしたオアシスのような場所です。

子供から年配の方まで、幅広い年齢層の方が来ており、スタッフは言語を超えたコミュニケーションが得意なので、外国人のお客さんもよく見かけます。

<SHOP INFO>
Cut Salon BAN
カットサロンバン
Stanford Court101 1-14-16 Tomigaya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0063
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-14-16 スタンフォードコート101
TEL : +81- (0)3-3468-7808
Open 営業時間
平日 10:00~20:00 / 土日・祝日 9:00~19:00
Closed 定休日 :Every Monday, 2nd and 3rd Tueseday / 毎週月曜日、第2、第3火曜日
http://www.cutsalon-ban.com/

■Universal Language charcoal gray suit


Photo : ©RendezVous
I ordered this suit from the Universal Language in Shibuya back in March.

Up until this suit I’d chosen entry-level fabrics exclusively, but this time I decided to go with fabric from a long-established Italian fabric mill called Reda. Reda fabrics are high quality, yet reasonably priced.

The fabric I chose has a pattern of small, repetitive diamond shapes, often called a “birdseye” pattern. Most often you’ll see suits in solid colors or with pinstripes, but I also recommend birdseye—the weave gives off a different impression depending on distance and light.

Universal Language makes suits based on one of eight model shapes. They specialize in Italian style, so I chose their Napoli model, which does away with shoulder pads and has a distinctive slope to the shoulders. The overall effect of the finished product is gentler than the other suits I had made in the past. I quite like it.

The key style choice here is the three-roll-two jacket. Whereas your standard suit has two buttons, a three-roll-two jacket has an additional button behind the lapel roll. The more compact V-zone means that even without a necktie, you present a slimmer chest and overall a more balanced silhouette.

When I received my order it was clear that the texture and the feel of this suit was different from the other that came before it. It’s only natural that a higher price means higher quality, but I really believe I was able to appreciate the difference only because I started with entry-level fabrics and am working my way up from there.

■『ユニバーサル・ランゲージ』のチャコール・グレーのスーツ

このスーツは3月に『ユニバーサル・ランゲージ』の渋谷店でオーダーしたものです。

今までのローエスト・プライスの生地ではなく、今回は『レダ』というイタリアの老舗スーツ生地メーカーのものでオーダーしました。『レダ』の生地は高品質でありながら値段はとてもリーズナブルです。

生地の柄は「バーズアイ」と呼ばれる、細かいドット柄が施されたものを選びました。針でひっかいたように見えるデザインから、「ピンチェック」とも呼ばれています。スーツといえば無地やストライプのものが定番ですが、距離や光の具合によって雰囲気が変わって見える「バーズアイ」もオススメです。

『ユニバーサル・ランゲージ』は8種類のモデルからスーツを選ぶことができます。中でもイタリア系のスタイルを一番得意としているので、今回は肩パッドのない、なで肩が特徴の「ナポリ」と言うスタイルにして見ました。これまでのスーツに比べてソフトな印象に仕上がり、とても気に入っています。

今回のスーツのポイントは段返り三つボタンにしたことです。スーツは二つボタンが主流ですが、3つ目のボタンをラペルと呼ばれる襟の折り返しの部分の裏側に隠れるように付けることを段返りと言います。そうすることでVゾーンが浅くなりますが、ネクタイはしていなくても、胸元が締まり、全体的のバランスも良くなります。

出来上がったスーツは、肌触りも着心地もこれまでのスーツとは明らかに違うものでした。値段が高いものは、品質も良いのは当たり前ですが、やはりローエスト・プライスのものからスタートし、そこから少しずつレベルを上げてきたからこそ、その差を肌で感じることができたのだと思います。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Universal Language Shibuya Store
ユニバーサル・ランゲージ 渋谷店
coocti 5F 1-23-16 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0002
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti 5F
TEL : +81-(0)3-3406-1515
Open 営業時間 11:30-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://blog.uktsc.com/sibuya

■Fabric Tokyo white button-down shirt


Photo : ©RendezVous
I had this button-down shirt made back in March. At first glance it looks like a regular solid white shirt, but get closer and there are subtle white stripes.

This shirt from Fabric Tokyo is wrinkle-resistant, so if you promptly hang it up and straighten out any wrinkles after washing, you’ll end up with a crisp shirt without any ironing.

New shirts tend to be a little rigid—a little too crisp—especially around the collar area, so I recommend putting it through the wash before wearing it for the first time.

The single cuffs are mitered, meaning that the edges have been sawed off at a 45-degree angle. Rounded cuffs give off a gentler impression, while these make you look sharp.

■「ファブリック・トウキョウ」の白いボタンダウン・シャツ

3月に作った白いボタンダウン・シャツです。一見白の無地に見えますが、近づくと白いストライプが入っていることが分かります。

「ファブリック・トウキョウ」のこのシャツは、形態安定加工がされているので、洗った後にすぐ干してシワを伸ばせば、アイロンをかけなくても綺麗に仕上がります。

ちなみに作り立てのシャツは、特に襟周りがパリッとしていて少し固いので、初めて着る前に一度洗濯することををおすすめします。

カフスのデザインは、カッタウェイ・カフスと呼ばれる、角を斜めにカットした形のシングル・カフスにしてみました。ラウンドのものは柔らかい印象を与えるのに対して、こちらは少しシャープな印象を与えます。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
FABRIC TOKYO Shibuya / FABRIC TOKYO 渋谷MODI店
Shibuya MODI 3F 1-21-3 Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo 150-0041
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ 3階
TEL : +81-(0)3-4405-5075
Open 営業時間 11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://fabric-tokyo.com/

■Regal wingtip shoes


Photo : ©RendezVous
The other day I purchased these Regal wingtip shoes from Kutsu no Hikari.

Kutsu no Hikari is a shoe store that caters to big feet in the 28 cm-32 cm range. They have a couple of stores right along the elevated train tracks that run between Okachimachi Station and Akihabara Station. One specializes in business shoes, and right around the corner is the second store, which specializes in casual footwear.

I usually wear a 29 cm or 30 cm, so I initially asked for a 30 cm, but much to my surprise I found that I could fit multiple fingers into the gaping space left by the heel of my foot. I tried out progressively smaller sizes until it became clear that 27.5 cm was the perfect fit. In other words, I lucked out that the big-foot store carried my size.

This goes for all shoes but is especially true for leather shoes: you don’t know for sure until you’ve physically tried it on. Online buyers take caution.

his was my first-ever leather-soled shoe (OK, the heel is rubber), and so on the day of the taping I took slow, deliberate steps from my dressing room to the studio, being careful not to slip. At this point the leather sole is still smooth to the touch, but hopefully a little wear will make them easier to walk in.

■『リーガル』のウィング・チップ・シューズ

先日、『靴のヒカリ』で念願の『リーガル』のウィング・チップを購入しました。

『靴のヒカリ』は主に28cm〜32cmという大きいサイズの靴を扱う専門店です。ちょうど御徒町駅と秋葉原駅の間の高架沿いに店舗があり、ビジネス・シューズの1号館と、角を曲がったところにカジュアル・シューズの2号館があります。

僕は通常29cmか30cmの靴を履いているため、まずは30cmを履いて見たのですが、踵のところに指何本かが入るくらい大きすぎて、徐々にサイズを下げていき、その結果27.5cmがぴったりだということが判明しました。逆に「大きいサイズ」の専門店で取り扱いがあってよかったです。

靴全般に言えることだと思いますが、特に革靴は実際に履いてみないと分からないところがありますので、ネットで購入する場合は注意が必要です。

人生初めての革底の靴だったので(踵の部分はラバーですが)、番組の収録日は床に滑らないよう、足元を意識しながら控室からスタジオに移動しました。この革底は、初めはツルツルなのですが、使い込めば使い込むほど歩きやすくなりそうです。

<SHOP INFO>
REGAL SHOES SHIBUYA MARK CITY STORE / REGAL SHOES 渋谷マークシティ店
Mark City West 4F 1-12-5 Dogenzaka, Shibuya-ku, Tokyo 150-0043
〒150-0043 渋谷区道玄坂1-12-5 渋谷マークシティ ウェスト4F
TEL : +81-(0)3-5459-0411
Open 営業時間 10:00-21:00
Closed 定休日 : 1月1日
https://www.regalshoes.jp/shop/

<SHOP INFO>
KUTSU NO HIKARI Okachimachi Store / 靴のひかり 御徒町店
3-9-1 Ueno, Taito-ku, Tokyo 110-0005
〒110-0005 東京都台東区上野3-9-1
TEL : +81-(0)3-5817-1192
Open 営業時間 10:00-19:30
Closed 定休日 : Year-end and New Year holidays / なし(年末年始を除く)
http://www.kutsunohikari.co.jp/

■Isetan Men’s original black belt


Photo : ©RendezVous
I purchased this black suit belt in the belt section on the first floor of Isetan Men’s.

As I do a lot of translating work, I spend a lot of time seated in front of the computer. All that sitting down has the effect of warping the shape of the belt around my hip (and that is to say nothing of the effect on my hip).

This belt, however, has a curved design, meaning it goes along with the curvature of the body. As a result it goes perfectly with the shape of my trousers around my hips. We’re off to a great start, and I think this is the beginning of a beautiful friendship.

The belt holes are also ellipses instead of circles, which I would guess reduces the strain of the prong against the leather.

All the slight adjustments that go into making a belt like this—it’s impressive.

■『伊勢丹メンズ』オリジナルの黒のベルト

伊勢丹メンズの1Fのベルト売り場で購入した、伊勢丹メンズのオリジナルのスーツ用の黒いベルトです。

僕は翻訳の仕事が多いので、普段はパソコンの前で座っている時間が長いのです、普通のベルトだと腰の形に合わせて不自然に曲がってしまうことが悩みでした。このベルトはそれを配慮して身体にフィットするようにあらかじめ曲げられています。そのため、ズボンのシルエットと腰の形にぴったり合います。とても気に入っているので長く使いそうです。

小穴も丸型ではなく楕円形に近いので、繰り返し「つく棒」を通すことによる革への負担が比較的少なそうです。

こうした一件、些細な事に工夫がなされていることにとても驚かされます。


■Isetan Men’s black socks

I bought these black dress socks—Isetan Men’s originals—in the basement floor of the department store.

The socks they carry in the basement are mostly regular size, with a small corner of 27 cm-29 cm socks. You can find some more options for larger sizes at the Super Men’s department on the 7th floor.

■『伊勢丹メンズ』の黒のソックス

伊勢丹メンズ館の地下1階のソックス売り場で購入した、伊勢丹オリジナルの黒のドレス・ソックスです。

ソックス売り場にはレギュラーサイズの物がメインなのですが、27cm〜29cmのコーナーも少しだけあります。また、7階のスーパーメンズには大きいサイズのものが揃えられています。

<SHOP INFO>
Isetan Shinjuku Store
伊勢丹 新宿店
3-14-1 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL : +81-03-3352-1111
Open 営業時間 10:30~20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku.html

■Zoff Black-Rimmed Glasses


Photo : ©RendezVous
For this TV show, we shoot in front of a blue screen, which allows for a computer-generated background, so members of the cast are unable to wear anything blue. Consequently, putting a wardrobe together has been a challenge—because when it comes to suits and shirts for men, blue is the most common color. (Preparing my wardrobe for this show has been a reminder of that.)

The blue screen also means that any reflective surfaces that could potentially reflect that blue or the lighting are also no good. And it just so happens that glasses often have metal or metallic parts.

Up until now I’ve mostly worn glasses from places like 999.9, Hakusan Megane, and Kaneko Megane, but all of the pairs I had contained visible metal parts of one form or another, making them all unsuited for the show.

So with no time to waste I went to Zoff in Harajuku and Jins in Shibuya to find glasses with no noticeable metal parts.

I was surprised to find that both Zoff and Jins make same-day prescription glasses.

A self-proclaimed American model, who apparently had just done some sightseeing at Meiji Jingu, was likewise astonished at how fast she could have a pair made.

■Zoffの黒縁メガネ

今回の番組では、ブルーバック(クロマキー)+CGによるセットというスタイルでの撮影のため、スーツもシャツもブルー系のものが一切着用できません。なので、衣裳選びにとても苦労しています。男物のスーツとシャツの多くは、ブルー系だからです。(今回の衣裳選びであらためて、ブルー系が多いと感じました。)

さらに、光やブルー・スクリーンが反射するのでメガネも光る部分があるものは、使用できないとのことでしたが、メガネというものは多くの場合金属やメタリックのパーツが使われています。

これまでは、『999.9』や『白山眼鏡』や『金子眼鏡店』などのメガネを使用していたのですが、僕の持っているものには、すべて金属部分があったので、撮影には、使用できませんでした。

なので原宿駅前の『ゾフ』と渋谷の『ジンズ』で、目立つ金属部分のないメガネを急遽、選んでみました。

ゾフとジンズもその日のうちに度付きのレンズも対応してくれることには、驚きました。

明治神宮に観光にきていた、アメリカ人の自称モデルの女の子もそのスピードに驚いていました。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Zoff Park Harajuku Store/ゾフ・パーク 原宿店
Corp Olympia 1F 6-35-3 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-35-3コープ・オリンピア 1F
TEL : +81-03-5766-3501
Open 営業時間 11:00~20:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / なし
https://www.zoff.co.jp


Copyright RendezVous