2018/10/08
Wardrobe for My Interview with Actor Tom Holland from Avengers: Infinity War
映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』出演俳優「トム・ホランド」インタビュー時の衣裳について

The second-ever interview I did for SNS Eigojutsu on NHK Educational was with actor Tom Holland, who plays Peter Parker/Spider-man in Avengers: Infinity War, which opens in Japan on Friday, April 27th.

The Marvel Cinematic Universe kicked off with 2008’s Iron Man, and has released a total of 18 films over the past decade.

The Avengers films bring together the various superheroes in the Marvel Cinematic Universe to form a dream team of the world’s greatest heroes.

In that sense, this new film features, arguably, the biggest ensemble cast in history.

My first impression of Mr. Holland was that he was a fine young man. In the midst of a whirlwind global press tour for the film, he mentioned at the start that his jetlag was killing him, but he was jovial throughout our interview, answering each of my questions thoughtfully.

Mr. Holland is from the U.K., so his natural accent is British. Peter Parker/Spider-man, on the other hand, is an American high school student, and Mr. Holland pulls off the American accent with aplomb. So much so that I was genuinely taken aback when I first learned that he was British.

Mr. Holland has a lovable, unaffected charm about him, which makes him prime fodder for internet memes.

The one that most resonated with me was when American fans teased him pronouncing croissant—the flaky French pastry—like “quackson.” I’m no French major, but I assume that pronunciation is closer to the real French than the American “kruh-sahnt”.

I’ve can relate. When I was a kid, my mom brought home some croissants one day as an afternoon snack. She passed them over to me, calling them, in Japanese, “kurowassan”. The buttery goodness changed my life, and so later at school I eagerly raved to my friends about this wonderful pastry known as a “kurowassan”, to no avail. American kids, it seemed, weren’t familiar with the pastry, much less the pronunciation “kurowassan”.


Photo : ©RendezVous
NHKEテレ『世界へ発信!SNS英語術』の2度目のインタヴューは、4月27日(金)から公開される『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にスパイダーマン役で出演するトム・ホランドでした。

マーベル・スタジオは2008年から『アイアンマン』からスタートし、シリーズをこの10年間で18作品公開して来ました。

『アベンジャーズ』は、このシリーズに登場するスーパー・ヒーローたちを集めた作品で、いわば、「地球最強のヒーロー」のドリーム・チームによる作品と言えるでしょう。

そういう意味で、今回の映画は「史上最大級の群集劇」と言ってもいいのではないでしょうか。

ホランドさんの第一印象は、一言で言えば好青年です。この映画のプロモーションで世界各地を飛び回っているようで、時差ボケがピークだと言っていましたが、インタヴューの時は、終始明るく、僕の質問にも1つ1つ丁寧に答えてくれました。

イギリス出身なので、インタヴューの時や日常会話の英語はブリティッシュ・アクセントなのですが、ピーター・パーカーことスパイダーマンはアメリカの高校生の役なので、映画の中ではアメリカン・アクセントを見事なまでに使いこなしていました。ですので、彼がイギリス人だと知った時はびっくりした程です。

ホランドさんは、憎めない天然なキャラであるゆえに、インターネット・ミーム(言って見ればジョーク画像)にこれまでも何度もされてきました。

特に印象的だったのは、フランス発祥のサクサクした食感が特徴である croissant を“クワァッソン”と発音することを、主にアメリカ人のファンがからかっていることです。本場フランスではどう発音するか正確にはわかりませんが、アメリカ人が言う“クラァサント”よりはむしろ正解に近いのではないかと思われるのに。

僕にも似たような経験があります。子供の頃、母親がおやつとしてcroissantを買ってきてくれて、「これは“クロワッサン”というのよ」と僕に勧めてくれました。バターたっぷりの美味しさに感動したので、後日学校の友達たちにもこの“クロワッサン”というパンについて熱く語ろうとしたのですが、全く話が伝わりませんでした。アメリカ人の子供は、このパンも「クロワッサン」という発音も馴染みがなかったようです。

■Global Style Navy Suit


Photo : ©RendezVous
When it comes to suits, I make sure to go for designs that aren’t trend-specific. Lately it seems to be on trend to wear tight-fitting suits comprised of short jackets and trousers that show off your ankles, but that style doesn’t sit right with me.

The basic rule of wearing a suit is to faithfully adhere to classic, traditional style as closely as possible.

As for those men outfitted in the latest suit trends, I have no doubt that if they were to look at a picture of themselves ten years from now, they would be embarrassed.

The suit that I wore for this interview is one that I had made by Global Style, paying special attention to jacket length and trouser hem.

For the jacket, I made sure that it was long enough to cover my butt, and for the trousers I asked for a bit of buffer room, making them just a tad on the long side.

Also, I tend to sweat quite a bit, so I ordered two pairs of trousers—one cuff-less, and one with cuffs.

■『グローバル・スタイル』のネイビーのスーツ

僕のスーツへのこだわりは、“流行を追わない”ことです。最近のハヤリは、ピチピチのサイズに、短いジャケット、足首が出るようなパンツの裾なのですが、僕は、このスタイルには馴染めません。

やはり、スーツというものは、正統的なスタイルをいかに忠実に守るかがポイントだと考えています。

今、流行りのスーツを着ている人は、10年後に自分の写真を見たらきっと、恥ずかしく感じることでしょう。

今回着用したスーツは、グローバル・スタイルで作ったものなのですが、その時も、ジャケットとパンツの丈には、充分に気をつけました。

ジャケットは、お尻がきちんと隠れるように、また、パンツはいわゆる“ワンクッション”と呼ばれる長めの長さにしてもらいました。

僕はよく汗をかくので、パンツは、シングルとダブルの裾の2本を作りました。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
GlobalStyle Shinjuku South Exit Store
グローバルスタイル 新宿南口店
3-29-5 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-29-5
TEL : +81- (0)3-5413 3949
Open 営業時間
平日:11:00~21:00 / 土日・祝日:11:00~20:00
3月、9月、11月: 第3日曜日は13:00~20:00 Closed 定休日 : 5月、7月 第3日曜日は休店日
https://www.global-style.jp/shop/shinjuku

■Azabu Tailor white and blue checked button-down shirt

This was one of the four shirts I had made at Azabu Tailor back in February 2018 during one of their sales.

As I placed the order before being formally asked to be on SNS Eigojutsu on NHK Educational, I went for shirts that would work in both business and casual settings.

The cuffs are mitered, meaning the corners are cut off at a 45-degree angle. You often see this style of cuff on button-down shirts.

Azabu Tailor has a variety of button-down styles: standard button-down, traditional button-down, short button-down, Italian button-down, and more. I chose the short button-down style, thinking that I could potentially wear the shirt both with tie, and for casual occasions.

As for the shirtsleeves, I always make sure to find that just-right length that isn’t too long, nor too short.

■『麻布テーラー』の白とブルーのチェックのボタン・ダウン

このシャツは2018年2月、セールの時に4枚まとめて作ってもらったうちの1枚です。

Eテレの『世界へ発信!SNS英語術』への出演依頼のある前だったので、ビジネスにもカジュアルにも使えるようなイメージで作りました。

カフスは、ボタン・ダウンでよく使われる“角落ち”というスタイルにしてもらいました。

麻布テーラーさんは、ボタン・ダウンにしても“スタンダード・ボタン・ダウン”、“トラディショナル・ボタン・ダウン”、“ショート・ボタン・ダウン”、“イタリアン・ボタン・ダウン”など様々な種類があります。ネクタイでもカジュアルでも着ようと思っていたので“ショート・ボタン・ダウン”を選びました。

シャツの袖は、長すぎず、短すぎずをモットーとしています。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Azabu Tailor &C Omotesando Store
麻布テーラー &C表参道店
M.T.Bld. 1&2F Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0061
〒 107-0061  東京都港区北青山3-7-10 M.T.ビル1F・2F
TEL : +81-(0)3-5485-3840
Open 営業時間 12:00-20:00(Weekday/平日)
11:00-20:00(Sat, Sun and holidays /土日祝)
Last Call 19:30
Closed 定休日 : Thursday / 木曜日
https://www.azabutailor.com/

■Ralph Lauren necktie


Photo : ©RendezVous
As we shoot in front of a bluescreen for SNS Eigojutsu on NHK Educational, we’re not allowed to wear any blue on set. So for this interview, I decided to wear a blue suit, blue shirt, and blue necktie.

Also anticipating that I might have to take off my tie at the last second—like last time, for my Luc Besson interview—I decided to wear a button-down shirt.

This Polo necktie was given to me by BigBrother. The texture is fantastic and the material has a cooling effect—visually speaking.

■『POLO』のネイビーの無地のネクタイ

Eテレの『世界へ発信!SNS英語術』のスタジオでは、ブルーバック(クロマキー)で撮影しているので、ブルー系の衣装は、全く使えません。しかし、今回のインタヴューはスーツ、シャツ、ネクタイ全てをブルー系でまとめることにしました。

また、前回のリュック・ベッソン監督の時のように、急遽ネクタイを外すこともあることを想定したシャツは、ボタンダウンにしました。

今回のPOLOの無地のネクタイは、BigBrotherにもらったもので、質感が素晴らしく涼しげな生地が用いられています。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Ralph Lauren Omotesando Flagship Store
ラルフローレン 表参道店
4-25-15 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-15
TEL : +81-03-6438-5800
Open 営業時間:Sun to Thu /日-木曜日 11:00-20:00
Fri and Sat / 金、土曜日 11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.ralphlauren.co.jp/ja/

■Isetan Men’s original black belt


Photo : ©RendezVous
I purchased this black suit belt in the belt section on the first floor of Isetan Men’s.

As I do a lot of translating work, I spend a lot of time seated in front of the computer. All that sitting down has the effect of warping the shape of the belt around my hip (and that is to say nothing of the effect on my hip).

This belt, however, has a curved design, meaning it goes along with the curvature of the body. As a result it goes perfectly with the shape of my trousers around my hips. We’re off to a great start, and I think this is the beginning of a beautiful friendship.

The belt holes are also ellipses instead of circles, which I would guess reduces the strain of the prong against the leather.

All the slight adjustments that go into making a belt like this—it’s impressive.

■『伊勢丹メンズ』オリジナルの黒のベルト

伊勢丹メンズの1Fのベルト売り場で購入した、伊勢丹メンズのオリジナルのスーツ用の黒いベルトです。

僕は翻訳の仕事が多いので、普段はパソコンの前で座っている時間が長いのです、普通のベルトだと腰の形に合わせて不自然に曲がってしまうことが悩みでした。このベルトはそれを配慮して身体にフィットするようにあらかじめ曲げられています。そのため、ズボンのシルエットと腰の形にぴったり合います。とても気に入っているので長く使いそうです。

小穴も丸型ではなく楕円形に近いので、繰り返し「つく棒」を通すことによる革への負担が比較的少なそうです。

こうした一件、些細な事に工夫がなされていることにとても驚かされます。

■Isetan Men’s black socks

I bought these black dress socks—Isetan Men’s originals—in the basement floor of the department store.

The socks they carry in the basement are mostly regular size, with a small corner of 27 cm-29 cm socks. You can find some more options for larger sizes at the Super Men’s department on the 7th floor.

■『伊勢丹メンズ』の黒のソックス

伊勢丹メンズ館の地下1階のソックス売り場で購入した、伊勢丹オリジナルの黒のドレス・ソックスです。

ソックス売り場にはレギュラーサイズの物がメインなのですが、27cm〜29cmのコーナーも少しだけあります。また、7階のスーパーメンズには大きいサイズのものが揃えられています。

<SHOP INFO>
Isetan Shinjuku Store
伊勢丹 新宿店
3-14-1 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL : +81-03-3352-1111
Open 営業時間 10:30~20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku.html

■Black Paraboot Avignons


Photo : ©RendezVous
I purchased these Avignons in the shoe department on the basement floor of Isetan Men’s. It’s one of Paraboot’s signature models; apparently in France it’s their number one seller.

Compared to the U-tipped Chambord—another signature Paraboot model—the Avignon is U-tipped with a center seam, making it suited for both business and casual occasions. I chose it for that flexibility.

Proper leather business shoes have leather soles, but Paraboot shoes have rubber soles, owing to the brand’s origins as a maker of mountain climbing shoes. Compared to leather soles, the rubber soles make these shoes more formidable in rainy weather.

The store didn’t carry my size, so I had it imported from France—about a month wait. The price tops 70,000 yen when you include tax, so to me it felt like I was taking the plunge with this purchase, but it was completely worth it. I’ll be wearing these shoes for a long time to come.

■『パラブーツ』の黒の「アヴィニョン」

伊勢丹メンズのB1Fの靴売り場で購入した「アヴィニョン」。パラブーツの定番モデルの一つで、本国フランスでは売り上げNo. 1だそうです。

もう一つの定番であるUチップの「シャンボード」に比べ、Uチップにセンサー・シームが入った「アヴィニョン」の方がビジネスにもカジュアルにも適しているということで、こちらのモデルを選びました。

ビジネス用の革靴と言えばレザー・ソールが王道ですが、パラブーツはルーツが登山用の靴であるだめに、ラバー・ソールを使用しています。レザー・ソールに比べて雨に強いと言うのもポイントです。

店頭には僕のサイズがなかったので、1ヶ月かけて取り寄せてもらいました。値段も税込で7万円を超えるので、以前の僕からするとかなり思い切った買い物でしたが、待っただけの甲斐のある革靴です。今後も長く愛用したい一足です。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Boutique Paraboot Aoyama
パラブーツ 青山店
6-12-3 Minami-Aoyama Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山6-12-3
TEL : +81-03-5766-6688
Open 営業時間 11:00~20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.paraboot.com/ja

■999.9 (Four Nines) M-27 glasses


Photo : ©RendezVous
My current favorite frames are the M-27 from 999.9 (pronounced Four Nines), although I can’t wear them on SNS Eigojutsu on NHK Education because the metallic parts reflect the light.

I made the decision to purchase these when I put them on and found that the shape of the top of the frame complimented the shape of my eyebrows. The bottom half of the frames are white gold. These types of glasses, where the upper half of the frame is thicker than the lower half, are called browline glasses.

At 41,040 yen (tax included), this high-end pair was quite an investment, but both the frame and the lenses are of the highest quality—the best of the best.

I purchased this pair at the brand’s Aoyama shop along Kotto-dori, but you can also find them on the first floor of Isetan Men’s in Shinjuku.

■『999.9』の「M-27」

Eテレの『世界へ発信!SNS英語術』では、フレームが光ってしまうので使用できないのですが、現在一番のお気に入りが999.9の「M-27」というメガネです。

フレームの上部の形が僕の眉毛の形とフィットしているので購入しました。下部はホワイト・ゴールド色のハーフリムといういわゆる「サーモント・スタイル」です。

41,040円 (税込)とかなり高級なメガネですが、フレームもレンズも最高のクオリティで、ピカイチです。

これは、青山の骨董通りのショップで購入したのですが、新宿伊勢丹の1階にも支店が入っているので、そちらも要チェックです。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Four Nines Aoyama Store
フォーナインズ 青山店
5-4-27 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-27
TEL : +81-(03)-6419-1349
Open 営業時間 : 11:00-20:00
Closed 定休日
Tuesdays (unless Tuesday is a holiday) / 火曜日(祝日は営業)
http://www.fournines.co.jp/

■Seiko diver’s watch


Photo : ©RendezVous
I had a friend back in the States whose father was never without a Rolex Submariner on his wrist. The hefty watch always looked so cool on his large wrist. I told myself that someday I would own a Rolex of my own.

As my income stands now, a Rolex is above and beyond my means, so I’ve been nurturing this Seiko Prospex SBCZ025 diver’s watch.

This watch is a little on the heavy size, but wrap it around your wrist and you’ll find that the balance is fantastic, and the dial is very readable. It’s great. Due to the fact that the distinct shape of the case resembles a sumo wrestler with a big belly, it goes by the nickname “sumo”.

The fit is just right for my own large wrists, and it’s my go-to when I’m not wearing a suit.

Japanese watches on the whole offer exceptional performance for the price, whether it’s this Seiko or the Citizen watch I talked about in a past entry.

Nonetheless, I still intend to buy a Rolex Submariner, someday.

■『セイコー』のダイバーズウォッチ

アメリカにいた時の友人のお父さんが、『ローレックス』の「サブマリーナ」をいつもしており、太い腕にとてもよく似合っていました。子供心に、いつかは僕もローレックスを手に入れてやると思っていました。

まだ僕の収入ではローレックスは、ふさわしくないので、現在は『セイコー』のダイバーズウォッチ「プロスペックスSBCZ025」を愛用しています。

この時計は、やや重いものの、つけた時のバランスがよく、とても見やすいので、とても気に入っています。ケースの側面の独特な形が、「アンコ型」と言われる丸々と太った力士の体格に似ていることから、愛称「スモウ」と呼ばれています。

僕の太い腕にもアジャストでき、スーツ以外の時に、よく使っています。

以前にも紹介した『シチズン』にせよ、今回する『セイコー』にせよ、日本の時計はコストパフォーマンスのとても良い製品が多いと思います。 でも、いつかは必ず『ローレックス』の「サブマリーナ」を買うつもりです。

Copyright RendezVous