2018/10/01  #004
Wardrobe for the April 12th Episode of SNS Eigojutsu on NHK Educational
Eテレ「世界へ発信!SNS英語術」4月12日放送分における衣裳について
For our third taping, I was finally able to loosen up just a little. I’m being given more lines, but to my great relief, I was able to get through them without any major mistakes.

Today’s “partner” was Hide-san from the comedy duo Penalty; the commentator was Sasaki Toshinao-san; the teacher was Naito Yosuke-san.

At our pre-taping meeting Hide-san greeted me by saying “Kazuo-san, you like your shaoxing wine, don’t you?”

He was referring to the staff and crew dinner we had after we taped our pilot, “Can’t wait until spring! SNS Eigojutsu Preview Special”, where I drank quite a bit of shaoxing wine.

It’s true—shaoxing wine is my favorite type of alcohol. Back in college an uncle took me to the all-you-can-eat at Dynasty, a Chinese restaurant in Hilton Tokyo in Shinjuku, where I had shaoxing wine for the first time. I’ve been hooked ever since.

Side note, my second favorite alcohol is imo-jochu (sweet potato shochu). So much so, in fact, I drink a glass of imo-jochu mixed with soda water on most days—all year round.

Sasaki Toshinao-san is active across many media channels, so he was very natural in front of the TV camera. Although it was his first time on this show, he had presence—it was quite impressive.

Former news director at The Japan Times Naito Yosuke-san seemed like a very on-the-level guy—just a tad nervous as this was his first taping for the show.

Kato Ayako-san was all smiles from beginning to end, breaking the ice and easing any tension on set.


Photo : ©RendezVous
3回目の収録だったので、少し余裕が出てきました。僕の喋る量も増えましたが、大きな失敗はなく、ホッとしています。

この日は、“パートナー”のペナルティのヒデさんと“解説”の佐々木俊尚さん、“講師”の内藤陽介さんが共演者と成りました。

ヒデさんは、収録前の会議で“カズオさんは、紹興酒好きなんだね”と話しかけてくれました。

「春まで待てない!SNS英語術先取りスペシャル」の収録の後の懇親会で僕が紹興酒を沢山飲んでいたのを気に留めてくださっていたようです。

確かに僕は、すべてのお酒の中で紹興酒が一番好きなのです。大学時代親戚の伯父さんに新宿のヒルトンにある中華料理店「王朝」の食べ放題に連れて行ってもらった時に、初めて“紹興酒”を飲んで以来、病みつきになっています。

因みに、2番目に好きなお酒は、“芋焼酎”です。芋焼酎のソーダ割りは、一年を通して、ほぼ毎日飲んでるくらいです。

様々な媒体で活躍されている佐々木俊尚さんは、TVにも慣れていて、この番組には初めての出演であるにもかかわらず、堂々としており、流石だなあと感心してしまいました。

元ジャパンタイムズ報道部長の内藤陽介さんは、とても真面目そうな印象がしました、初めての収録なので少し緊張しているようでした。

加藤綾子さんは、この日は終始ニコニコしていて、現場の雰囲気を和ませていました。


■Global Style Light Gray Striped Suit


Photo : ©RendezVous
This suit, which I had made last year at Global Style, is also what I wore for my interview with director Luc Besson.

The key to this suit is the lining and the buttons. The advisor at Global Style suggested something more colorful to make the most of my order, but BigBrother recommended that I go with something a little subtler.

Instead of sticking with the free button options, I asked for buffalo horn buttons.

As for the trousers, I ordered two—one with a straight hem, and one with a turn-up. For this episode of the show, I went with the slightly more casual turn-up. And so the trousers are not too tight around the thighs, I opted for pleats.

■Global Styleのライトグレーストライプのシングルスーツ

このスーツは、リュック・ベッソン監督のインタビュー時にも着た、昨年『グローバルスタイル』で作ったスーツです。

このスーツは、裏地とボタンにこだわりました。グローバルスタイルの方は、せっかくオーダーで作るのだから、派手な裏地を勧めてくれたのですが、BigBrotherのアドバイスで薄い色にしました。

ボタンも無料の標準のものではなく、水牛のボタンにしてもらいました。

スボンは、裾はシングルとダブルのツーパンツでオーダーしました。今回は、よりカジュアルなダブルの方を選びました。もも周りがきつくなるといけないので、両方ともワンプリーツを入れています。

SHOP INFO
GlobalStyle Shinjuku South Exit Store
グローバルスタイル 新宿南口店
3-29-5 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-29-5
TEL : +81 (03)5413 3949
Open 営業時間
平日:11:00~21:00 / 土日・祝日:11:00~20:00
3月、9月、11月: 第3日曜日は13:00~20:00 Closed 定休日 : 5月、7月 第3日曜日は休店日
https://www.global-style.jp/shop/shinjuku

■Difference Pink Button-Down Shirt


Photo : ©RendezVous
For this taping I went with this pink button-down that I had made at Difference along Aoyama-dori. I went with French cuffs (double cuffs), which you don’t see all that often.

With button-down shirts, a box pleat is standard, but because of my shoulder width, I order mine with side pleats. It’s much more comfortable when you can move your shoulders around.

Incidentally, Difference is the pattern order tailor brand operated by Konaka since 2016, under the supervision of creative director Sato Kashiwa.

Get your measurements taken for your initial order, and after that you can easily place orders via smartphone. Delivery is relatively quick as well (for this pink shirt the wait time was a little more than two weeks).

■ディファレンスのピンクのボタン・ダウン

シャツは、青山通りにある『ディファレンス』で作ったピンクのボタン・ダウンにしました。このシャツの袖は、通常はあまり使われないフレンチカフス(ダブルカフス)にしてみました。

ボタン・ダウンの場合は、センターボックスが普通なのですが、僕は、肩が大きいので、サイドプリーツにしてもらっています。その方が肩が動かしやすく、楽です。

ちなみに『ディファレンス』は、2016年にオープンしたコナカのオーダー・スーツのブランドで、クリエイティブ・ディレクターの佐藤可士和氏がトータル・プロデュースを手掛けているそうです。

1度店頭で採寸をして注文をすると、2回目からはスマホを使って気軽に注文でき、納期も比較的早いです(このピンクのシャツの場合は2週間ちょっとでした)。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
DIFFERENCE Aoyama Store
ディファレンス 青山店
Jewel Aoyama 1F 3-10-41 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山3-10-41 ジュエル青山1F
TEL : +81-(0)3-5413-3801
Open 営業時間 11:00〜21:00 (Weeksay/平日)
11:00~20:00 (Sat,Sun and Holidays /土日祝)
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.championusa.jp/


■Brooks Brothers Brown Belt


Photo : ©RendezVous
There’s a belt section on the first floor of Isetan Men’s, but with my waist size, selection becomes limited. This brown belt is something I bought at the tall-and-plus-size section on the seventh floor.

In the past, I was of the mindset that as long as the prong went through one of the holes on the belt, it fit. But according to BigBrother, the best fit for a belt is when the prong falls right around the fourth hole.

■「ブルックス・ブラザーズ」の茶ベルト

伊勢丹メンズ館の1Fにベルト売り場がありますが、僕のウエスト・サイズでは選べる商品が限られてくるので、この茶色のベルトは7Fにあるスーパー・メンズで購入しました。

以前は、つく棒がどの小穴にでも通ればいいと思っていましたが、BigBrotherによると、4つ目くらいの小穴に通るのがベスト・サイズとのこと。

茶色い革にゴールドのバックルのものもありましたが、僕にはあまり似合わないので、シルバーのバックルというのもポイントです。(ゴールドは、金髪の白人に似合うとのこと。)

■Brooks Brothers Gray Socks

Brooks Brothers products give you good value for your money. They’re high quality, but reasonably priced.

The suit I wore for this taping was light gray, so I went with a slightly different shade of gray for my socks to create contrast—I didn’t want it to look like my pants were tucked into my shoes.

■「ブルックス・ブラザーズ」のグレーのソックス

ブルックス・ブラザーズの商品もとてもコストパフォーマンスが良く、高品質なのに、程々の価格でとても気に入っています。

スーツはライト・グレーだったので、ズボンと一体化しないように濃さが違うグレーの靴下にしてコントラストを作るのがポイントです。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Brooks Brothers Aoyama Flagship
ブルックス・ブラザーズ 青山本店
3-5-6 Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0061
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-6
TEL : +81-(0)3-3404-4295
Open 営業時間 :11:00~19:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.brooksbrothers.co.jp/

■Silk Knot Cufflinks


Photo : ©RendezVous
Because my shirt for this episode has double cuffs, I needed cuff links. Perhaps if I were going to wear a tie, metal cufflinks would have been in order, but since I was going with a button-down and no tie, I decided to go with silk knot cufflinks.

In the past, I’d purchase silk knot cufflinks for about 2000 yen at select shops, but you can find a variety of them online for less than 1,000 yen. I got this pair from a vendor called Cuffs Senmonten CUFF.

Back when I still hadn’t gotten used to how to tie a tie, I’d have to redo it over and over until I got the knot the right shape, or the right overall length. It was frustrating. But it turns out trying to pass silk knot cufflinks through the buttonholes of a crisp shirt you’re wearing for the first time is next to impossible. If you ever need dress up and put on some silk knot cufflinks, make sure you give yourself plenty of time. (Or, find yourself a girlfriend kind enough to lend a helping hand.)

■組紐のカフ・リンクス

今回のシャツは、ダブルカフスのためカフ・リンクスが必要となるので、ネクタイをした場合ならば、金属製のものがいいのでしょうが、今回はノーネクタイのボタン・ダウンなので、組紐タイプのカフス・リンクスを使用しました。

以前は、セレクトショップで2,000円ぐらいで購入していたのですが、オンラインショップでは、1,000円以下の商品も多く見つかったので、今回は、カフス専門店CUFFのものを購入しました。

ネクタイの締め方になれていなかった頃は、ノットの形であったり、ちょうどいい長さになるまでに何度も締め直さなくはいけなくて、よくイライラすることがあったのですが、初めて着るパリッとしたシャツの袖のボタン・ホールに組紐のカフ・リンクスを通すのはそれ以上に至難の技ですので、着替えが必要な場合は余裕を持って挑むことをお勧めします。(もしくは、カフリンクスをつけてくれるガールフレンドを作ってください。)

SHOP INFO
CUFF STORE
https://www.cuff.jp/

■Paraboot Brown Double Monk Shoes


Photo : ©RendezVous
Shoes are a key part of my wardrobe. For this taping I wore a pair of brown double monk shoes from Paraboot—a model called “POE”.

I was drawn to the darker brown, as well as the pebble-grain pattern, which gives the shoe warmth and charm.

I ended up buying a pair that was a half-size larger (10.5) than my black Paraboot Avignons (10), because the fit of double monk shoes are a bit on the tight side.

I want to thank Kubo-san from Paraboot, who listened to all my concerns and helped me find the right fit.

■パラブーツの茶色のダブルモンク

靴には、かなりのこだわりがあるので、今回はパラブーツの茶色のダブルモンク「POE」を履きました。

この靴は、色が濃い目の茶色であることと、細かくて粒の揃った「シボ」(革の表面にできている細かいシワ模様)の温かい表情に惹かれました。

僕の大きいサイズに合うダブルモンクは、パラブーツの黒の「アヴィニョン」より、少しタイトな作りだったので、ワンサイズ大きいものにしました。

この靴を購入するのに、伊勢丹の久保さんには、とてもお世話になりました。ありがとうございます。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Boutique Paraboot Aoyama
パラブーツ 青山店
6-12-3 Minami-Aoyama Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山6-12-3
TEL : +81-(0)3-5766-6688
Open 営業時間 11:00~20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.paraboot.com/ja

■Hakusan Megane Brown Glasses


Photo : ©RendezVous
This frame from Hakusan Megane has visible metal parts, so I had assumed that it wouldn’t work against our blue screen set, but after checking in with our technical crew and getting approval, I thought I’d give them a try.

This is a plastic model called “GLAM PROTO”. Wanting to try something a little different from the glasses I usually wear, I went with a considerably thicker frame.

On screen they look a little closer to black than the beautiful light brown they actually are.

■白山眼鏡店の茶色のメガネ

白山眼鏡店のこの眼鏡には、金属部分があるので、ブルーバック(クロマキー)には、適していないと思っていたのですが、技術担当の方とも相談の上、問題がなかったので、使用してみました。

これは「GLAM PROTO」というプラスチック製のモデルなのです。普段している眼鏡とはイメージを変えるため、思い切って太いフレームにしてみました。

モニターで見ると実物より黒く見えますが、かなり薄い綺麗な茶色の眼鏡です。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Hakusan Megane Walls Shibuya Store
白山眼鏡店 WALLS 渋谷店
6-18-17 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-18-17
TEL : +81-(0)3-5468-0397
Open 営業時間
weekday/平日 11:30~20:00
Sat, Sun and holiday/土日祝 11:00−20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://hakusan-megane.co.jp/



■Books by Sasaki Toshinao That I’ve Read / 僕が読んだことのある佐々木俊尚さんの著書

Hiroku Yowaku Tsunagatte Ikiru (Gentosha Shinsho)
広く弱くつながって生きる (幻冬舎新書)

I think it’s safe to assume everybody who experienced the Great East Japan Earthquake found themselves thinking about what life meant. In my case, my parents in the U.S. told me they thought it would be best that I return to America.

This book is the conclusion Sasaki-san arrived at.

東日本大震災を経験した全ての人は、何かしら人生に対して考えたことでしょう。僕も米国の両親から、アメリカに戻るようアドバイスされました。

この本は、佐々木さんの答えなのではないでしょうか。


Google—Kizon no Bijinesu wo Hakai suru (Google—Destroying Business as We Know It) (Bunshun Shinsho)
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する(文春新書)

This book is over a decade old, but at the time I was trying to decide between going freelance and working as a salaryman. Reading this book helped harden my resolve to make it as a freelancer.

And at the time, I wouldn’t have thought in a million years that I’d one day be working with Sasaki-san.

これはもう、10年位前の著作ですが、当時僕は、フリーランスとして生きて行くか、サラリーマンになるか、迷っていた時期でした。この本を読んで、フリーランスとして活躍していくことを決めさせてくれた一冊です。

この時は、佐々木さんとお仕事をするなんて全く考えてもいませんでした。


Watashi ni wa Mou Shuppansha wa Iranai ~Kindoru / POD / Serufu Paburishingu de Besuto Seraa wo Tsukuru Houhou~( I Don’t Need a Publishing Company Anymore ~How to Make a Bestseller using Kindle / POD / Self-Publishing) (Wave Shuppan)
私にはもう出版社はいらない~キンドル・POD・セルフパブリッシングでベストセラーを作る方法~ (WAVE出版)

As he details in this book, Sasaki-san gets his opinions out through a variety of mediums.

Since I was a kid I always dreamed of publishing a book—just one book, any book. Reading this book made me rethink about the meaning of print publishing.

この本に書かれているように佐々木さんは、様々な媒体を駆使して、オピニオンを発信しています。

僕が子供の頃からの1つの夢は、本を1冊でいいから出版することでしたが、この本を読んで、印刷による出版の意味を再考させられることになりました。


Reiyaa-ka suru Sekai—Tekunorojii to no Kyohan-Kankei ga Hajimaru ( The World is Becoming More Layered—How We Are Becoming Complicit With Technology) (NHK Shuppan Shinsho)
レイヤー化する世界 テクノロジーとの共犯関係が始まる(NHK出版新書)

What always amazes me about Sasaki-san is his foresight, his ability to envision the world five, ten years from now.

Reading this made it clear to me that the disparity that plagues our world is not a result of a failure of politics, but advances in information and communications technology.

5年後、10年後の世界を見抜く、佐々木さんの先見性には、いつも驚かされます。

格差の原因は、政治の失敗ではなく、ICT技術の進化によるものなのでしょう。


Kyureishon no Jidai—Tsunagari no Jyohou Kakumei ga Hajimaru ( The Era of Curation—The Information Revolution of Connectivity) (Chikuma Shinsho)
キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

This book, to me, represents a kind of theoretical outline for TABI LABO, a media website where Sasaki-san serves as editor in chief. It challenges our preconceptions of what expression should be in the social media age.

この本は、佐々木さんが編集長を務める「TABI LABO」の理論的な概要なのでしょう。SNS時代の表現のあり方に一石を投じた著作だと思いました。


Kantan, Nanoni Oishii! Iemeshi koso, Saikou no Gochiso de aru. ( Easy, but Delicious! A Home-Cooked Meal is the Best Feast ) (Magazine House)
簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。(マガジンハウス)

Easy, but Delicious! A Home-Cooked Meal is the Best Feast

The great thing about Sasaki-san is that he writes not only challenging non-fiction, but also recipe books like this one.

I cook at home a lot, and in that regard this book has been a great companion.

佐々木さんの魅力は、難しい著作だけではなく、こうした“レシピ本”もリリースしていることでしょう。

僕も自炊をするので、この本はとても重宝しています。




According to BigBrother

BigBrother has had a high opinion of Sasaki Toshinao for a long time now, and has read almost all of his books.

According to BigBrother, Sasaki-san’s ability to envision the near future is very insightful and accurate. He has high praise for his approach—which is not just about analyzing as a scholar, but making a mark as a businessman as well.

Judging by Sasaki-san’s work so far this year, it seems that he’s interested not just in ICT and the virtual world, but also about enriching our real-world lives. BigBrother is curious to see where that goes.

因みにBigBrotherによると

Big Brotherは、以前より佐々木俊尚さんをとても高く評価しており、ほとんどの著作を読んでいます。

Big Brotherによれば、佐々木さんの近未来に対する予見は、とても正確で、佐々木さんを“学者のように”ただ分析するだけではなく、ビジネスマンとしても活躍されていることをとても素晴らしいと評しています。

今年は、ICTのヴァーチャルの世界にとどまらず、リアルな世界で人生の充実をテーマにしているようで、その活動にも注目しているそうです。


Copyright RendezVous