2018/10/01  #003
Wardrobe for the April 5th Episode of SNS Eigojutsu on NHK Educational
Eテレ「世界へ発信!SNS英語術」4月5日放送分における衣裳について

It’s a relief to have made it through our second taping.

This time, I was a bit more relaxed, and had the presence of mind to chat with Gori-san, Kato-san, and Furuta-san (from BuzzFeed Japan).

The crew as well—you could feel it in the air that everybody was a little bit more relaxed compared to our first taping.

What’s more, I’m confident that I’ve addressed the critiques my officemates offered when we watched the pilot air together on March 29th.

It was especially heartening when a member of the technical crew complimented my choice of wardrobe.

For a newbie like me who has zero TV experience, showing up with a proper wardrobe was pretty much the least I could do, so it made me very happy to receive some positive feedback in that regard.

For as long as TV will have me, I plan on putting the utmost care and attention into my appearance.


Photo : ©RendezVous
2度目の収録が終わり、ほっとしています。

収録の合間に、ゴリさんとも加藤さんともBuzzFeed Japanの古田さんとも雑談ができて、少しリラックスした感じになりました。

スタッフさんも2回目ということで、前回のピリピリ感は、少なくなっていました。

3月29日のオンエアーを事務所のスタッフと一緒に見て、“ダメ出し”された点についても、今回はクリアできたと思っています。

また、今回の衣裳について、撮影の方に褒められたことが、何よりも嬉しいことでした。

テレビの経験のない僕ができることは唯一、衣裳をきちんとすることだったので、その点だけでも評価頂けたことは、本当に嬉しいことです。

テレビに出演する以上、見た目には今後とも十分に注意を払いたいと思っています。

■Brooks Brothers Light Gray Super Soft Jacket


Photo : ©RendezVous
This jacket is made of cotton jersey fabric with stretch, and is very comfortable to move around in. It has no shoulder pads and is overall a soft, comfy fit.

It features a very clean, slim cut with a high lapel gorge and narrow lapels.

I first encountered this jacket at the Aoyama flagship, and immediately took a liking to it. I had it put on reserve; just to be absolutely sure, I wanted to try on other jackets from different brands. That search took me to the supersize floor at Shinjuku Isetan, where I tried on a number of other options, but when all was said and done I went with this one.

■ブルックス・ブラザーズのライトグレーのスーパー・ソフト・ジャケット

伸縮性のあるとてもいいジャージー素材なので動きやすく、肩パッドもないのでソフトな着心地のジャケットです。

高めのゴージーラインと狭めのラペルがすっきりとした印象を与えてくれます。

青山のフラッグシップでこのジャケットをとてもいいなと思い、取り置きをしてもらっていたのですが、その他のブランドのジャケットも、もう少し着てみたかったので、新宿の伊勢丹のスーパーサイズのフロアに行ってみました。いろいろなブランドのジャケットも試着してみたのですが、結局は、このジャケットを購入しました。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Brooks Brothers Aoyama Flagship
ブルックス・ブラザーズ 青山本店
3-5-6 Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0061
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-6
TEL : +81-03-3404-4295
Open 営業時間 :11:00~19:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.brooksbrothers.co.jp/

■Universal Language Gray Striped Button-Down Shirt


Photo : ©RendezVous
I had this shirt made at the Universal Language Shinjuku Store’s “Measure’s” corner (their pattern order station).

The shirt is regular fit with rear side pleats, short button-down collar, mitered cuff, visible placket (aka American placket), no pockets, and shell buttons.

I tend to move around a lot, so I asked them to make the shirt tail longer than normal—so the shirt doesn’t accidentally come untucked.

■ユニバーサルランゲージのグレーのストライプのボタンダウン

このシャツは、ユニバーサルランゲージの新宿店のMEASURE’S(オーダメイド)で作りました。

・レギュラーフィット/サイドプリーツ/ショートボタンダウン/スクエア角落ち/表前立て(英語では「アメリカン・プラケット」と言います)/ポケットなし/貝ボタンでお願いしました。

僕はよく動くので裾が出ないように、着丈をかなり長めにとってもらいました。

SHOP INFO
Universal Language Shinjuku Store
ユニバーサル・ランゲージ 新宿店
Marui Shinjuku Higashi-guchi Bld. B2 3-18-1
Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-18-1
丸井新宿東口ビルB2F
TEL : +81-(03)-3226-3316
Open 営業時間 11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://blog.uktsc.com/sinjuku

■Polo Ralph Lauren Green Corduroy Trousers


Photo : ©RendezVous
I purchased this pair of corduroys from Ralph Lauren’s Omotesando flagship on the same day that I first encountered the tweed jacket I wore in our pilot. (It took me another few days to make up my mind about the jacket.)

Being made of stretch fabric, it is surprisingly comfortable despite the slim fit, and the slim fit itself felt like a fresh take on the corduroy trousers. At a later date I bought another pair in light gray.

These trousers have a button-over tab, so I usually wear it without a belt; this being for TV, I went with a belt.

■ポロ・ラルフローレンのグリーンのコーデュロイ・パンツ

このコーデュロイのパンツは、前回着たツイードのジャケットに出会ったその日に表参道のフラッグシップ・ショップで買ったものです(ジャケット自体は心を決めるまでその後何日か必要でした)。

ストレッチ素材なので、スリムフィットでありながら履き心地がとても良く、コーデュロイなのにすっきりとしたラインがとても気に入り、もう一本ライトグレーのものも後日購入してしまいました。

このパンツは、“持ち出し”があるので、普段はベルトをしないで履いていますが、今回はテレビなので、ベルトをしました。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Ralph Lauren Omotesando Flagship Store
ラルフローレン 表参道店
4-25-15 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-15
TEL : +81-03-6438-5800
Open 営業時間:Sun to Thu /日-木曜日 11:00-20:00
Fri and Sat / 金、土曜日 11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.ralphlauren.co.jp/ja/

■Isetan Original Brown Woven Belt


Photo : ©RendezVous
I bought this fabric woven stretch belt at the first floor belt section of Isetan Men’s in Shinjuku. At around 8,000 yen, it was about half the cost of a leather belt.

Why the fabric belt? With a leather belt, you run the risk of color migration—the dye bleeding—when you pair it with white or khaki trousers.

■伊勢丹オリジナルの茶色のメッシュのベルト

新宿伊勢丹メンズ館1Fのベルト売り場で購入した、ストレッチ性のある布の網ベルトです。約8,000円と、革ベルトの約半分の値段でした。

なぜ布のものを入手したかと言いますと、レザーのベルトだと白やベージュのズボンに色移りする可能性もあるためです。

SHOP INFO
Isetan Shinjuku Store
伊勢丹 新宿店
3-14-1 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL : +81-03-3352-1111
Open 営業時間 10:30~20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku.html

■Red Wing Boots


Photo : ©RendezVous
I bought my first-ever pair of legit work boots last fall: the Red Wing Classic Work / 6" Round-Toe. (For some reason the Japanese transliterate the word toe as トゥ, pronounced “to”, a convention I refuse to take part in.) The pair I bought are in a very autumnal reddish-brown.

BIG BROTHER, who wears a 6” Moc-Toe, had warned me that it would take half a year or more to break in my new work boots, but I persevered over winter, wearing them every other day—giving them time to dry out after each outing—and gradually increasing walking distance. After a painful winter, the boots are now broken in, and I can withstand more than a moderate walk in their company. It was all worth it.

■レッド・ウィングのブーツ

去年の秋に、人生初めての本物のワークブーツを購入しました。レッド・ウィングのクラシック・ワーク、6インチのラウンド・トーです。(日本語ではなぜかtoeを「トゥ」と発音しているようですが、これはどう考えてもおかしいです。)赤がかった秋っぽい茶色のものを入手しました。

6インチのモック・トーを履いているBIG BROTHERには、靴が柔らかくなるまで半年もしくはそれ以上かかることを覚悟するように言われました。しかし去年、冬を通して1日おきに履き続け(一度履いたあとは1日乾かしましょう)、少しずつ歩く距離も増やしていきました。とても痛い思いをした冬でしたが、ブーツは柔らかくなり、ある程度の距離を歩いても問題ないまでになりました。痛い思いをした甲斐がありました。

■Red Wing Socks

Along with my boots I purchased these olive Deep Toe -Capped Wool Boot Socks.

I figured I needed something to better protect my feet as I tried to break in the hard leather. These socks feature a pile weave along the sole and around the toes (a pile weave is something you see in towels, where you can see loops of fabric coming out of the surface of the ground weave), which help protect your toes as you walk in the boots.

Mostly made using wool, the material absorbs moisture—sweat—very effectively, meaning you can spend your day in your work boots without ever feeling clammy.

■レッド・ウィングのソックス

ブーツと合わせて、オリーブ色の「ディープ・トー・キャップド・ウール・ブーツ・ソックス」を購入しました。

硬い革を慣らしていく中で自分の足をしっかり守る必要があると感じ、こちらのソックスは底からつま先までの部分はパイル編み(タオルなどに使われる、表面にループを立てた編み方)なので、歩くときに足先を保護する作りになっています。

また、主にウールでできているため汗など水分を吸収し、一日を通して足元を快適に保つサポートをしてくれます。

■Red Wing Leather Conditioner

Shoe maintenance feels like a chore in the beginning, but you grow into it—it becomes more enjoyable as you get used to it.

While there is a standard way of cleaning and polishing dress shoes, the ritual that goes into taking care of work boots like my Red Wings is slightly different.

I like to condition my work boots about once or twice a month. After wiping any dirt and dust off the surface with a moist cloth and letting the boots dry, I apply this leather conditioner—a blend of beeswax, pine pitch, and mink oil—liberally, and after about six hours (or overnight) I wipe away any excess oil.

Speaking of mink oil, Kiwi is a well-known brand, but for my Red Wing boots I like to use Red Wing Leather Conditioner.

Regular cleaning and conditioning has really brought out the richness in my brown boots.

■レッド・ウィングのレザー・コンディショナー

靴の手入れは、初めは面倒くさい作業でしたが、慣れてくると実に楽しい時間となります。

ビジネスシューズは、ビジネスシューズの方法で手入れをして、『レッドウィング』のようなワークブーツには、そのためのより良い方法があります。

僕は、ワークブーツには月1〜2回程度、コンディショニングを行います。始めに少し濡らした布で表面についた土などを拭き取り、ブーツを乾かした後、少し多めのレザー・コンディショナー(みつろう、松脂、ミンクオイルのブレンドされたものです)を塗り、6時間ぐらい経ってから(もしくは一晩おいて)しっかりと拭き取るようにしています。

ミンクオイルと言えは、『キィウイ』が有名ですが、レッドウィングのワークブーツには、レッドウィングのレザー・コンディショナーを使用しています。

茶色がいい感じの濃い色になっていきました。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Red Wing Shoestore Tokyo Aoyama
レッド・ウィング・シューストア・東京青山
5-4-29 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-29
TEL : +81-03-6450-5349
Open 営業時間 12:00~20:00
Closed 定休日 : Wednesday/水曜日
http://www.redwingshoe.co.jp

■Zoff Brown Glasses


Photo : ©RendezVous
In need of glasses without any outwardly visible metallic parts, I went to Zoff in Harajuku, and found these brown Wellington-style frames for a cool 5,000 yen (along with another pair of black Wellington-style frames at the same price point).

Wellington-style refers to frames that are shaped like (sometimes slightly rounded) trapezoids, wider at the top than they are at the bottom. The thing is, I’ve never heard this term used in the States before. If I had to describe it, I’d say these brown frames have the basic Wayfarer shape, only the bottoms are more rounded.

■Zoffの茶色のメガネ

外側に目に見える金属製の部品がないメガネがを求め、原宿のゾフに行ったところ、茶色いウェリントン型のメガネをなんと5,000円で見つけました。(合わせて同じ値段で黒いウェリントン型のものも購入しました。)

ウェリングトン型とは、リムが(場合によって少し丸みのある)台形の形になっていて、上辺が下辺より長いものなのですが、アメリカではこの名前が使われているのは一度もありません。今回の茶色メガネは、言ってみれば「ウェイファーラー・スタイル」をベースに、下辺にもう少し丸みをもたせたもの、と言えばいいのでしょうか。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Zoff Park Harajuku Store/ゾフ・パーク 原宿店
Corp Olympia 1F 6-35-3 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-35-3コープ・オリンピア 1F
TEL : +81-03-5766-3501
Open 営業時間 11:00~20:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / なし
https://www.zoff.co.jp



■Notes from my stylist, Scarlet

Here are the notes Scarlet gave me after we watched the pilot air:

1) My shirt was peeking out too much from the sleeves of my jacket—the shirt sleeves need to be shorter.

2) Position my body straight toward the camera when speaking.

3) Work on my Japanese articulation. She recommended that I use Saito Takashi’s Koe ni Dashite Yomitai Nihongo to practice (it’s a book featuring passages from famous works of Japanese literature that Saito posits are best appreciated when read aloud).

■スタイリストのScarletからの注意点

1回目のオンエアー後、Scarletにチェックされた点は、次の3点でした。

1) ジャケットの裾から出るシャツの長さを短くすること。

2) 話をするときは、正面に真っ直ぐに向くこと。

3) 日本語の滑舌が悪いので、齋藤孝の「声を出して読みたい日本語」を使って、発声練習をすること。


Copyright RendezVous