2018/10/01  #002
Wardrobe for the March 29th Episode of SNS Eigojutsu on NHK Educational
Eテレ「世界へ発信!SNS英語術」3月29日放送分における衣裳について
Today I’d like to describe my wardrobe for the pilot for Sekai e Hasshin! SNS Eigojutsu, which aired on NHK Educational on March 29th.

As this was my first time on TV, either in the U.S. or Japan, my mind was in a haze for the 24 hours leading up to filming.

My nervousness would stay with me throughout the day, but when we got into the studio at NHK, Gori-san (of the owarai—or comedy—duo Garage Sale) who is one of the cohosts (whom we refer to as “partners”), was kind enough to tease me about it, which broke the ice and the tension on set. Such is the power of a professional entertainer. It was humbling.

Furuta-san from BuzzFeed Japan—one of our resident social media commentators—hadn’t seemed like the talkative type during rehearsals, but once the cameras started rolling, he was businesslike in getting through his lines, which surprised me. He seemed to me like the type of guy who is cool on the outside—but get him started, and he can get pretty intense!

Meanwhile, as for me, I messed up my lines a number of times; thankfully our show is not live.

Despite it all, we managed to get through the filming, and afterwards we all went out for dinner.

Our “partners” Hide-san (from the owarai duo Penalty) and Gori-san were doing all of the heavy lifting when it came to breaking the ice, just like during filming.

I was also able to have a conversation with one of our resident English instructors, Torikai-sensei, about English language education. We were also joined by Tsukagoshi-san, who is another one of our social media commentators, and Naito-sensei, who is our other English instructor; although they do not appear on the pilot, they will appear on the show regularly moving forward.

Our MC, Kato-san, could not join us, as she had to go shoot a TV drama for TBS—her debut role as an actor.

I happen to be the youngest out of everybody on this show, so I suspect that means they will indulge me some growing pains for the immediate future. Nevertheless my plan is to get on my own two feet before I get the axe!


Photo : ©RendezVous
3月29日に放送されたEテレ『世界へ発信!SNS英語術』のパイロット版の時に着た衣裳について説明します。

僕は、TVに出演するのは、アメリカでも日本でも初めての経験なので、収録の24時間前くらいから頭が真っ白になっていました。

NHKのスタジオに入ってからも緊張していると“パートナー”の一人である、お笑いコンビのガレッジセールのゴリさんが僕のことをイジッてくれて、現場の空気を和ませてくれました。さすが、プロの芸人さんは、すごいなと思いました。

本番になると、“解説”の一人であるBuzzFeed Japanの古田さんもテキパキとコメントを述べていることにも驚かされました。クールなルックスなのに、話し出すと熱い男な感じがしました。

一方、僕はというと、何度か“噛んでしまい”NGを出してしまいました。生放送ではないことがせめてもの救いでした。

それでもなんとか収録が終わり“懇親会”となりました。

“パートナー”のペナルティのヒデさんとゴリさんは、本番と同じテンションで場を盛り上げてくれました。

“講師”の鳥飼先生とは、英語教育について意見を交換させていただきました。この日は、出演予定のなかった塚越先生も内藤陽介さんも収録から懇親会まで参加して下さいました。今後彼らもレギュラー出演されます。

“司会”の加藤さんは、女優として初出演されるTBSのドラマ収録のため、残念ながら懇親会には、参加できませんでした。

出演者の中では、僕が最年少なので、失敗をしても当分の間は、許されると思います。 とはいえ、“クビ”になる前に、なんとか一人前になりたいと思っています。


■Polo Ralph Lauren Tweed Jacket


Photo : ©RendezVous
In my estimation, this tweed jacket is actually what got me the chance to appear on this NHK Education show, Sekai e Hasshin! SNS Eigojutsu.

I first met one of the producers of SNS Eigojutsu at a couple of study meetings for a separate show at the end of 2017. I wore this tweed jacket to the meetings, and he offhandedly said to me that he liked my look—that I looked like a teacher. Not long after that, he contacted me about possibly appearing on this new program.

There’s actually a bit of a story to how I got my hands on this jacket.

Up until that point, I’d been doing more translating than interpreting, and hardly ever wearing a suit. But starting around last fall, I’ve been going out on more interpreting gigs, and I wanted a nice-looking jacket for fall/winter.

I’d visited more than 10 department stores and select shops (boutiques that curate a range of brands under their aesthetic), but didn’t find “the one”. One day my search took me to Cat Street in Harajuku, and I came across the Polo Ralph Lauren store—which had been Ralph Lauren Denim & Supply up through summer 2017. I walked into the renovated store, and that’s where I encountered the tweed jacket on display.

I’d been considering tweed jackets, so I tried it on—but they didn’t have my size at the store. Not to mention, when I looked at the price tag and saw that it cost 110,000 yen, I figured I would have to let this one go.

The attendant was kind enough to suggest: “They may have larger sizes over at our flagship on Omotesando, if you’re interested.”

■ポロ・ラルフ・ローレンのツイード・ジャケット

Eテレの「世界へ発信!SNS英語術」への出演のきっかけを作ったのが、この『ラルフローレン』の「ツイードのジャケット」です。

「世界へ発信!SNS英語術」のプロデューサーの一人とは、2017年の暮れに、別の番組の勉強会で初めてお会いしました。僕がこのツイードを着てミーティングに出席していたところ、「いいね、先生みたいで」と言われ、後日新番組への出演をオファーしてくれました。

実は、このジャケットを入手するのには、ちょっとした“物語”があるのです。

これまで、主に通訳よりも翻訳の仕事が多かったので、スーツなどもほとんど着なかったのですが、昨年の秋頃から人前で通訳する機会が増えてきたので、少しいい秋冬物のジャケットが欲しいと思っていました。

デパートやセレクトショップなどを10店舗以上捜してみたのですが、“コレ”というものが見つかりませんでした。その日も、ジャケットを捜して原宿のキャット・ストリートを歩いていると、昨年の夏まで、ラルフローレンの『デニム&サプライ』があったところが、『ポロ ラルフローレン』というブランドでリニューアルされた店舗になっていました。その店頭にディスプレイされていた、ツイードのジャケットが目に入ってきたのです。

ツイードもいいなと思っていたので、試着してみたところ、僕に合う大きいサイズは、ありませんでした。しかも、プライス・カードを見るとなんと、11万円もするので、諦めるしかないと思いました。

店員さんは、親切に「表参道のフラッグシップ・ストアの方には、大きいサイズがあるかもしれないので、行ってみてください」と教えてくれました。

Even on the off chance they did have my size, the 110,000 yen price tag was so beyond anything I’d imagined that I was having trouble wrapping my mind around it.

We visited a number of other shops before finally entering the Ralph Lauren flagship nestled behind the koban (police box) along Omotesando mainstreet.

I asked sales rep Matsumoto-san if they carried my size, and he brought the jacket out from the back, telling me that it was the last one in that size in Japan.

When I put the jacket on, I felt a sense of comfort that I’d never experienced before. Up until that point, suits and jackets were inherently uncomfortable—partly something to be endured. But this Ralph Lauren tweed jacket was warm, inviting, and soft to the touch. It was something that I could see myself never taking off, perfect fall-asleep-on-the-sofa attire.

According to Matsumoto-san, this tweed jacket was based on a personal favorite owned by Ralph Lauren himself, released to commemorate the brand’s 50th anniversary.

But still, the 110,000 yen price was expensive. Sensing my hesitation, BigBrother came into the Purple Label fitting room, felt the collar of the jacket, and asked, “How much is this—about 300,000 yen?” Matsumoto-san replied, “If you were to custom order it from Purple Label, yes, about that much.”

Using pins, Matsumoto-san carefully fitted the jacket to body shape, and it only became more comfortable. As I debated whether or not I should buy, BigBrother had one word for me:
serendipity.

I’d always been the skeptical type when it came to fortune-telling and luck and the supernatural, but it was in that moment that I truly understood serendipity for the first time.

Five minutes later, I called up my credit card company to confirm my spending limit, and I decided to purchase the tweed jacket.

サイズが合ったとしてもジャケットだけで、11万円というのは、僕のこれまでの常識では考えられないことでしたので、呆然としていました。

その後もいくつかのショップを回った後に、表参道の交番の後ろにあるフラッグシップ・ショップの『ラルフローレン』に入ってみました。

試しに僕のサイズがあるかどうか、スタッフの松本さんに尋ねてみると、日本に残っている最後の1つがあると言って、ジャケットを奥から出してきてくれました。

それを着てみると、これまでに感じたことのない、心地よさを感じることができました。これまでは、スーツなどのジャケットというものは、きついものを、半ば我慢して着るものだと思っていたのですが、このラルフローレンのツイードジャケットは、いつまででも着ていたい、このままソファーで寝てしまいたいと思う程、暖かく優しい肌ざわりでした。

スタッフの松本さんによると、このツイードは、ラルフローレン創立50周年の記念として、ラルフ・ローレン氏が個人的に所有しているお気に入りのジャケットをモデルにした商品だとのこと。

でも、さすがに11万円は、高いなと思っていると、師匠がパープル・レーベルのフィティングルームに入ってきて、そのジャケットの襟を触り、「これ30万円ぐらい?」とスタッフの方に尋ねました。「パープル・レーベルでオーダーすれば、それぐらいにはなります」という会話がなされました。

スタッフの方が丁寧にピンでアジャストしてくれると、更にフィット感が増してきて、購入しようか迷っていたところ、師匠が“セレンディピティ”という言葉を僕に伝えてきました。

これまで、僕は占いとか運とか“スーパーナチュラル”なことには、懐疑的でしたが、この時に初めて“セレンディピティ”という概念が理解できた気がしました。

そして、5分後にはカード会社に利用限度額を確認し、このツイードのジャケットを購入することにしてしまいました。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Ralph Lauren Omotesando Flagship Store
ラルフローレン 表参道店
4-25-15 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-15
TEL : +81-03-6438-5800
Open 営業時間:Sun to Thu /日-木曜日 11:00-20:00
Fri and Sat / 金、土曜日 11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.ralphlauren.co.jp/ja/

■Brooks Brothers Red Fleece White Button-Down Shirt


Photo : ©RendezVous
Americans tend to have a thing for classic style (what the Japanese call “trad fashion”), and for that reason Brooks Brothers has a special place in the American consciousness.

2018 marks the 200th anniversary of this prestigious brand, which was worn by icons such as JFK.

Brooks Brothers is also the brand that first introduced the now-classic button-down collar.

And who could forget the oft-told story about how Ralph Lauren himself started his career in apparel as a salesman for Brooks Brothers.

When I first stepped into the flagship store along Aoyama-dori as a college student, I remember my heart was aflutter.

As they carry plenty of clothes in my size, I have a number of their button-down shirts, polo shirts, and trousers.

I especially recommend their pajamas and their cotton t-shirt packs. The shirts are, of course, made out of top quality cotton, and feel completely different from ones made with synthetic fibers.

I also have a white button-down oxford shirt, but considering this was our first episode, and also taking into account the balance with my jacket, I went with a button-down in a kind of lustrous white.

■「ブルックス・ブラザーズ」『レッド・フリース』の白のボタンダウンシャツ

トラッド・ファッション(ちなみにこれは和製英語です)が好きなアメリカ人にとって、「ブルックス・ブラザーズ」と言うブランドは、特別な意味を持っています。

2018年に創業200年を迎えた名高いブルックス・ブラザーズといえば、あのJFKなどのアイコンが着ていたブランドです。

今では、一般化したボタン・ダウンというシャツのカラーもブルックス・ブラザーズのオリジナル・デザインです。

そして何と言っても、ラルフ・ローレン氏もブルックス・ブラザーズのセールスとしてアパレル業界のキャリアをスタートさせたことは、有名なエピソードです。

青山通りに面したフラッグシップ・ショップに、大学生の時に初めて踏み入れた時は、とてもドキドキしたことを覚えています。

僕にフィットしたサイズも豊富にあるので、ブルックス・ブラザーズのボタンダウンやポロシャツ、パンツなどはいくつも持っています。

その中で、特にオススメなのが、パジャマとパック入りのコットンのTシャツです。当たり前のように最高級のコットンが使われており、その風合いは、化学繊維が入ったのものとは、まったく異なります。

オックスフォードの白いボタンダウンも持っているのですが、今回は、第1回目の収録ということもあり、またジャケットとのバランスも考え、少し光沢のある白のボタンダウンにしてみました。

■Brooks Brothers Charcoal Gray Trousers


Photo : ©RendezVous
For trousers, I went with charcoal gray spring/summer stretch fabric trousers, specifically Regent Fit Plain-Front Brookscool Trousers.

I regularly play sports and my upper thighs and hips are on the larger side, so make sure to get my suit trousers with pleated fronts. These trousers are designed to be comfortable when you sit down, so this pair has been great.

■「ブルックス・ブラザーズ」のチャコールグレーのスラックス

パンツは、ストレッチの入った春夏用のチャコールグレーのブルックスクール・プレーンフロント・トラウザーズのリージェント・フィットというモデルのものにしてみました。

僕はスポーツをするので、足の付け根とヒップが大きいので、スーツのスラックスには、基本的にプリーツを入れるのですが、このパンツは、座ってもストレスのない工夫がされているので、とても気に入っています。

■Brooks Brothers Gray Socks

I often visit the Brooks Brothers Aoyama flagship, but I also like going to its stores in Seibu and Tokyu department stores in Shibuya, and Isetan in Shinjuku.

I regularly visit Isetan Men’s not just for Brooks Brothers but also for their good selection of tall and plus size clothing.

I purchased these socks in the basement socks department in Isetan Men’s.

It’s always a conundrum choosing which gray socks I should wear with black shoes and a gray suit or gray trousers. My basic rule has been to go with the same shade as my pants, but I also like choosing a shade that lies between my pants and my shoes.

These are the kind of things I mull over before choosing which socks to wear. Today I went with these.

■ブルックス・ブラザーズのグレーのソックス

ブルックス・ブラザーズ』については、青山のフラッグシップ・ショップにもよく行くのですが、渋谷の西武百貨店や東急本店、新宿の伊勢丹のショップにもよく行きます。

ブルックス・ブラザーズ以外にも伊勢丹のメンズ館は、大きなサイズが揃っているので、とても頻繁に足を運びます。

この靴下も、伊勢丹のメンズ館の地下1階で購入しました。

黒の靴でグレーのスーツやスラックスに合わせる、グレーのソックスを選ぶときは、よく悩みます。基本的には、スボンと同じ色にするのですが、ズボンと靴の中間ぐらいの色にするのもいいと思っています。

そんなこんなを考えつつ、今回はこのソックスを選んでみました。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Brooks Brothers Aoyama Flagship
ブルックス・ブラザーズ 青山本店
3-5-6 Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0061
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-6
TEL : +81-03-3404-4295
Open 営業時間 :11:00~19:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.brooksbrothers.co.jp/

■Isetan Black Belt


Photo : ©RendezVous
With black belts, it’s very difficult to find the perfect one.

The reason is that black belts run the gamut—you can find ones for 1,000 yen, and on the luxury end you can find ones that cost upwards of 100,000 yen.

The texture of the leather and the buckle design also varies widely.

With wardrobe staples, it’s precisely because everybody has one that they become such a clear indicator of sense of style.

There was a cordovan belt I wanted at a select shop for about 40,000 yen, but I opted for a simple 10,000 yen Isetan original.

The quality was such that it would have cost around 20,000 yen if I had bought it from a famous brand.

■伊勢丹の黒いベルト

黒いベルトというのは、選ぶのにとても難しい商品だと思っています。

探せば、ピンからキリまであまりに選択肢が多いからです。1,000円位のものもあれば、ラグジュアリー・ブランドなどの物は、10万円位のものまであります。

皮の質感もバックルのデザインも千差満別と言えます。

定番アイテムとなると、誰もが使っている当たり前の物こそ、その人のセンスが最も問われる気がしています。

セレクトショップで見つけた4万円ぐらいのコードバンのベルトも欲しかったのですが、僕は敢えて、1万円の伊勢丹オリジナルのシンプルなこのベルトを選びました。

有名なブランドならば、2万円ぐらいするクオリティがあったからです。

SHOP INFO
Isetan Shinjuku Store
伊勢丹 新宿店
3-14-1 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL : +81-03-3352-1111
Open 営業時間 10:30~20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku.html

■Paraboot Avignon


Photo : ©RendezVous
As I’m not a salaryman, my daily life doesn’t entail suiting up, slipping on leather shoes, and getting onto a crowded train.

All the more reason why when I do wear leather shoes, I want to make it count. I make it a point to choose shoes that, properly maintained, will last me for a decade—even if the initial investment is a bit high.

Paraboot shoes may be a little on the hip side for someone with a square job, say, like a bank employee.

Each and every one of their models has a distinct style—so idiosyncratic that they speak for themselves, even without the telltale green Paraboot tag.

About three years ago I purchased a pair of Avignons, which go great with both a suit and casualwear. I’ve been careful to take good care of them, so they’ve become quite comfortable to wear.

If you’re a fan of shoes, I recommend checking out their store located along Kotto-dori in Aoyama. I’m have no doubt you’ll like what Paraboot has to offer.

■パラブーツのアヴィニョン

僕はサラリーマンではないので、毎日スーツを着て革靴を履いて、満員電車に乗る生活はしていません。

だからこそ、革靴には人一倍のこだわりを持っています。少し高くても丁寧に履くことで、10年間使える靴を選ぶことにしています。

『パラブーツ』は、銀行員のようなスクエアな仕事の方には、少々ヒップなデザインです。

一つ一つの独特なスタイルのモデルしかなく、「パラブーツ」緑のタグがなかったとしても一目でパラブーツだと分かる個性を持っています。

僕は3年前に、スーツにもカジュアルにも合う「アヴィニョン」を購入しました。丁寧に手入れをしてきたので、とても履きやすい状態になってきました。

靴好きの人は是非一度、青山の骨董通りの路面店に行ってみてください。パラブーツの魅力がきっとわかると思います。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Boutique Paraboot Aoyama
パラブーツ 青山店
6-12-3 Minami-Aoyama Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山6-12-3
TEL : +81-03-5766-6688
Open 営業時間 11:00~20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.paraboot.com/ja

■Zoff Black-Rimmed Glasses


Photo : ©RendezVous
For this TV show, we shoot in front of a blue screen, which allows for a computer-generated background, so members of the cast are unable to wear anything blue. Consequently, putting a wardrobe together has been a challenge—because when it comes to suits and shirts for men, blue is the most common color. (Preparing my wardrobe for this show has been a reminder of that.)

The blue screen also means that any reflective surfaces that could potentially reflect that blue or the lighting are also no good. And it just so happens that glasses often have metal or metallic parts.

Up until now I’ve mostly worn glasses from places like 999.9, Hakusan Megane, and Kaneko Megane, but all of the pairs I had contained visible metal parts of one form or another, making them all unsuited for the show.

So with no time to waste I went to Zoff in Harajuku and Jins in Shibuya to find glasses with no noticeable metal parts.

I was surprised to find that both Zoff and Jins make same-day prescription glasses.

A self-proclaimed American model, who apparently had just done some sightseeing at Meiji Jingu, was likewise astonished at how fast she could have a pair made.

■Zoffの黒縁メガネ

今回の番組では、ブルーバック(クロマキー)+CGによるセットというスタイルでの撮影のため、スーツもシャツもブルー系のものが一切着用できません。なので、衣裳選びにとても苦労しています。男物のスーツとシャツの多くは、ブルー系だからです。(今回の衣裳選びであらためて、ブルー系が多いと感じました。)

さらに、光やブルー・スクリーンが反射するのでメガネも光る部分があるものは、使用できないとのことでしたが、メガネというものは多くの場合金属やメタリックのパーツが使われています。

これまでは、『999.9』や『白山眼鏡』や『金子眼鏡店』などのメガネを使用していたのですが、僕の持っているものには、すべて金属部分があったので、撮影には、使用できませんでした。

なので原宿駅前の『ゾフ』と渋谷の『ジンズ』で、目立つ金属部分のないメガネを急遽、選んでみました。

ゾフとジンズもその日のうちに度付きのレンズも対応してくれることには、驚きました。

明治神宮に観光にきていた、アメリカ人の自称モデルの女の子もそのスピードに驚いていました。


Photo : ©RendezVous
SHOP INFO
Zoff Park Harajuku Store/ゾフ・パーク 原宿店
Corp Olympia 1F 6-35-3 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-35-3コープ・オリンピア 1F
TEL : +81-03-5766-3501
Open 営業時間 11:00~20:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / なし
https://www.zoff.co.jp



BigBrother often says that in Japan, those who go try to big when it comes to fashion just end up looking funny.

Whenever he sees self-proclaimed fops going sockless in leather shoes, he says “The only guys allowed to wear leather shoes without socks are Italian playboys lounging at luxury overseas resorts, rich Americans who make more than 100 million yen a year, and as for the Japanese, just Ishida Junichi.” (He maintains that English and French gentlemen would never, ever do such a thing.)

Japanese men just blindly follow whatever they see foreign models wearing in magazines, giving nary a second thought to their own dirty ankles and wearing cheap shoes that have been criminally neglected.

Have some decency, BigBrother says, and at least keep the socks on until you have the toned legs of an athlete and a pair of 70,000-plus yen shoes that have been well maintained.

Incidentally, the worst offense in BigBrother’s book would be to cuff and roll cheap jeans (or conversely, pointlessly expensive 50,000-plus yen denim), while wearing the kind of low-cut socks intended for women that make it appear as if you’re sockless, barely hidden by dirty business shoes made of brown artificial leather with pointed toes and rubber soles.

It’s that type of guy, he says, that you’ll see with an overstuffed knock-off long wallet in the back pocket of his jeans.

And you can half-expect that guy to have a chain attaching said wallet to a belt loop on said jeans.

日本では、オシャレを気取っている多くの人は、単にヘンなカッコウをしているだけだとよく言っています。

特に素足で革靴を履いている自称オシャレさんを見つけると、BigBrotherはいつもこう言います。“素足で革靴を履いていいのは、海外の高級リゾートにいるプレイボーイなイタリア人か年収1億円以上のアメリカ人のリッチマンと、それに日本人なら、石田純一だけだ”と。(イギリス人やフランス人の紳士は、そんなことは決してしないそうです。)

日本人は、雑誌の外国人モデルの真似をしているだけで、自分の汚い足首を顧みず、安物の靴をしかも手入れしないで履いています。

せめてアスリート並みの脚と7万円以上の手入れの行き届いた靴を手に入れてから、素足になってくれとも言っています。

ちなみに、最悪のコーディネートは、安物のジーンズ(もしくは、5万円以上する無意味に高いデニム)をロールアップし、素足に見えるような女性向けのような短い靴下を履き、ビジネススーツ用の薄汚れた先が尖った茶色の人工皮革+ゴムのソールの靴を履いている状態とのこと。

こういう人は大抵、パンパンに膨れたニセモノのブランド品の長財布をジーンズの後ろポケットに入れています。

ひょっとすると、財布とベルトホールが鎖で繫ってたりもします。とのこと


Copyright RendezVous