Twitter Facebook Instagram Youtube
2018/10/01
My Favorite Casualwear, According to KAZOO
お気に入りのカジュアル・ウェアについて
For this inaugural column, I’d like to talk a little about my favorite casualwear brands and items.

第1回目は、僕のお気に入りのカジュアル・ウェアを紹介します。

■Deus Ex Machina Coach Jacket


Photo : ©RendezVous

Near the start of the north wing of Cat Street in Harajuku sits The Residence of Impermanence, the Tokyo outpost of Sydney-based motorcycle and surf culture concept Deus Ex Machina.

On the first and basement floors is a cafe with a laid-back atmosphere where you can enjoy a hearty sandwich and a great cup of coffee. Apparel is on the second floor, where you can find fresh new arrivals on a regular basis.

The store is a popular destination for foreigners, and the staff is English-friendly. Swing by on Thursday and Friday nights as the basement turns into a lounge with resident DJs spinning vinyl.

As someone who was born and bred in California, motorcycles and surfing are two pursuits I’ve secretly aspired to all my life. So, no surprise, here are two items on my bucket list: to journey Route 66 on a Harley Davidson Low Rider, and to ride the Banzai Pipeline on the North Shore in Hawaii.

■『デウス エクス マキナ』のコーチ・ジャケット

原宿のキャット・ストリート・ノースウイング(千駄ヶ谷側)のスタート地点近くにある『デウス エクス マキナ』は、モーター・サイクルとサーフ・カルチャーをコンセプトにしたオーストラリアのシドニー発のブランド兼カフェです。

1FとB1Fには、ゆったりとした雰囲気のカフェがあり、ボリュームいっぱいのサンドウィッチや美味しいコーヒーも楽しむことができます。

2Fのショップには、常に新しい商品が入荷しています。

外国人のお客様が多く、スタッフの多くはバイリンガルです。

毎週木曜日と金曜日は、ラウンジ・イベントも開催されています。

カリフォルニア生まれの僕としては、バイクとサーフィンは、永遠の憧れです。

『ハーレーダビッドソン』の「LOW RIDER」に乗ってルート66を旅することと、ハワイのノースショアのパイプラインでチューブ・ライディングすることが人生の目標の2つです。


Photo : Deus Ex Machina / デウス エクス マキナ提供

<SHOP INFO>
Deus Ex Machina Harajuku
デウス エクス マキナ 原宿
3-29-5 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-29-5
TEL : +81-(0)3-5413-3949
Open 営業時間
Cafe - Daily: 9:00-20:00
Bar - Every Thursday & Friday Night: : 19:00-23:00
Retail Shop - Daily : 11:30-20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
deuscustoms.com/
Instagram   @deusresidence

For info about music events on Thursdays and Fridays (Japanese only)
音楽、木金 イベントは、こちらをご参照ください。
https://clubberia.com/ja/news/10595-Made-In-Japan-DJ-DEUS-EX-MACHINA/

Starting October, pour over coffee will be available at the B1F bar on Thursdays and Fridays.
10月から毎週木、金 B1F バーカウンターでドリップコーヒーを展開します。

■Patagonia Flannel Shirt


Photo : ©RendezVous

About 150 meters south of Deus Ex Machina along Cat Street is Patagonia’s Surf Tokyo/Outlet.

Along with Patagonia Shibuya, which is quite a ways further down the road—near the end of the south wing of Cat Street—I stop by this place often, and often on a whim.

Step inside and you’re welcomed by that warm and open Patagonia feel, which speaks not only to the decor but the friendly and never overbearing staff.

You can find new additions to the discounted garment section regularly, so be sure to check back often, and you might come across that great find you’ll be wearing all season.

Speaking of something you can wear all season, this flannel shirt is tough but soft to the touch, and I loved it so much that I bought a second one in gray.

When I’m ready to take up surfing, I plan on getting my hands on a Patagonia wetsuit made using recycled materials.

■『パタゴニア』のネルシャツ

サーフィンを始めるにあたり、ウェットスーツを『デウス』にするか、『パタゴニア』にするか、大いに悩んでいます。

キャットストリートのノースウィングの方のパタゴニアには、サーフィン関連の商品の他に、アウトレットの商品があるので、よくチェックしに行きます。

パタゴニアは、東京のショップでもサイズが豊富で、僕にフィットするサイズもあるので、とてもよく利用しています。

パタゴニアについては、環境団体への寄付問題で一時、遠ざかって時期もあるのですが、パタゴニアのクオリティの高さは、アウトドアメーカーの中でベストなもののひとつです。

実際、カルフォルニアで買ったフリースなどを10年以上着ているアイテムもあります。

少し高めの料金設定ですが、耐用年数を考えれば、リーズナブルとも言えます。


Photo : ©RendezVous

<SHOP INFO>
Pagatonia Tokyo Shibuya
パタゴニア 東京・渋谷
1,2F 6-16-8 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-16-8 1,2F
TEL : +81-(03)-5469-2100
Open 営業時間 11:00-19:00
Closed 定休日 : Year-end and New Year holidays 年末年始
https://www.patagonia.jp/home/


Photo : ©RendezVous

<SHOP INFO>
Pagatonia Surf Tokyo / Outlet
パタゴニア サーフ東京 / アウトレット
1F 3-18-24 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-18-24 ジムアベニュー1階
TEL : +81-(03)-3408-1888
Open 営業時間 11:00-19:00
Closed 定休日 : Year-end and New Year holidays 年末年始
https://www.patagonia.jp/home/

■Element Chinos


Photo : ©RendezVous

Around the corner from Patagonia on the south wing of Cat Street and just up the stairs from surf brand Billabong is another one of my favorites, the skateboarding and lifestyle brand Element.

Element sells clothes and footwear but is best known for its skateboard decks, and counts quite a number of pros and serious skateboarders among its devotees.

And speaking of skateboarder staples, Dickies work pants may be a classic, but they’re not an option for someone my size living in Japan—the largest I could find was a 36-inch slim fit, which was too slim for comfort.

These Element chinos, on the other hand, are made with stretch fabric and are so comfortable that I’ve been wearing them even on days when I leave my board at home.

■『エレメント』のチノパン

キャット・ストリートのサウス・ウィングのパタゴニア近くにある、サーフィンの『ビラボン』の2Fにある『エレメント』は、スケートボードのショップとしてお気に入りのお店の1つです。(現在は閉店してしまいましたが、オンラインショップにて購入できます。)

『エレメント』のスケートボード・デッキは、クォリティー高く、プロや上級者にも愛用者が多くいます。

スケートボーダーに人気のチノパンと言えば『ディッキーズ』が一番ですが、僕は体が大きいので、日本に入っている36 inchでは、タイトに感じてしまいます。

『エレメント』のこのチノパンは、ストレッチ性が入っているので、スケートボードをする時以外でも履いていて楽なので、日常的によく使っています。

INFORMATION
ELEMENT ONLINE STORE / エレメント公式通販サイト
https://billabongstore.jp/element/index.html
ELEMENT OFFICIAL SITE / エレメント オフィシャルサイト
https://www.elementjapan.com/

■Ralph Lauren Leather Belt


Photo : ©RendezVous

Ralph Lauren is an aspirational brand, an American institution that celebrated its 50th anniversary in 2017. The arrival of the iconic designer, who started his career as a salesman for Brooks Brothers—which is celebrating its bicentennial this year—was an epoch-making development in America fashion.

This brown leather belt is over thirty years old, and is something I received from my Master.

Thanks to its sturdy design, it’s stood the test of time, and like any leather item that has been properly broken in, age has only made it better. It’s supple, yet it continues to hold its shape.

I’m told that it was more than twice as expensive as its fast-fashion counterparts on the market today, but if its three to four times more durable, I’d say that’s considerable bang for your buck.

■『ラルフ・ローレン』の革ベルト

『ラルフ・ローレン』はアメリカ人にとっては憧れのブランドの1つです。2017年に創業50周年を迎え、今年創業200年を迎えた『ブルックス・ブラザーズ』でキャリアをはじめたラルフ・ローレンの登場は、アメリカのファッション業界において1つのエポック・メーキングな出来事と言えます。

この茶色の革のベルトは、僕の翻訳の師匠からもらった30年以上前の商品です。

しっかりとした作りのため、時間が経ってもこわれることなく、使い込まれたことで柔らかく使いやすくなっています。

ファスト・ファッションに比べて、2倍の価格でも3倍も4倍もの期間快適に使えるような商品は、本当にコスト・パフォーマンスが良い商品と言えるのではないでしょうか。


Photo : ©RendezVous

<SHOP INFO>
Ralph Lauren Omotesando Flagship Store
ラルフローレン 表参道店
4-25-15 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-15
TEL : +81-(03)-6438-5800
Open 営業時間:Sun to Thu /日-木曜日 11:00-20:00
Fri and Sat / 金、土曜日 11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.ralphlauren.co.jp/ja/

■Nike SB Skateboarding Shoes


Photo : ©RendezVous

First adidas Stan Smiths (tennis shoes, or in Japan, teni-shoe for short), then Converse Chuck Taylors (basketball shoes, aka basu-shoe), and now Vans Old Skools (skateboarding shoes, aka suke-shoe) seem to be the latest throwback craze.

When I was a kid, I once sprained my ankle while I was skateboarding, and ever since, my “suke-shoe” have always been high tops.

My shoe size is between 29 and 30 cm (depending on the brand), so finding kicks that fit here in Tokyo can be quite a challenge.

I got my hands on these skateboarding shoes not at a skate shop but at Nike Harajuku, the sportswear brand’s Tokyo flagship just down the street from Harajuku Station. You’ll find their Nike SB gear on the second floor.

The kicks came laced with black laces, but I swapped them immediately for the white ones that also came in the box.

Now I’ve got my sights on the Air Jordans they have on the third floor, where they have all their basketball gear.

■『ナイキ SB』のスケシュー

『アディダス』の “テニシュー”(テニス用の靴のこと)の「スタン・スミス」と、『コンバース』の“バスシュー”(バスケットボール用の靴のこと)のブームの後は『バンズ』の“スケシュー” (スケートボード用の靴のこと)のブームのようですね。

僕は子供のころ、スケートボードを乗っていたときに“ねんざ”してしまって以来、“スケシュー”はハイカットにしています。

僕は29〜30cm(商品によって)なので、靴のサイズは東京でピタリの靴を見つけるのにはとても苦労しています。

このシューズも、スケートボード・ショップではなく、原宿駅近くの『ナイキ原宿』の2Fの『ナイキSB』のコーナーでやっと入手できました。

靴ひもは、初めについていた黒ではなく、同封されていた白色に付け替えました。

『ナイキ原宿』の3Fにある「エア・ジョーダン」の商品も気になっています。


Photo : ©RendezVous

<SHOP INFO>
Nike Harajuku
ナイキ 原宿店
1-13-12 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 105-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-13-12
TEL : +81-(03)-6365-6453
Open 営業時間:11:00-20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://nikeharajuku.jp/blog/

■999.9 Glasses


Photo : ©RendezVous

I’ve needed glasses since I was a kid, but the perfect pair always eluded me in the States; I’d often buy my glasses when I’d travel to Japan.

These days I mainly use glasses from Zoff or JINS for play, so for work I like to wear this pair from 999.9 (read “Four Nines”). They weren’t exactly cheap, but seeing as how they’re the most constant part of my get-up, they were worth every penny.

There are a number of famous eyewear brands that have stores along Aoyama-dori (which runs perpendicular to Omotesando main street) and Kotto-dori (which is Japanese for “Antique Street”), and so on weekends I sometimes go shop-hopping in the neighborhood.

■『999.9』のメガネ

僕は子供の頃から眼が悪かったのですが、アメリカではいいメガネを入手するのが難しいので、日本に来る度に購入していました。

『ゾフ』や『ジンズ』などのリーズナブルなメガネも遊びの時使用することも多いので、仕事では、『999.9』のメガネをかけています。

値段もそれなりに高いのですが、それだけの価値は充分にあります。

青山通りや骨董通りには、多くの有名な眼鏡店があり、ホッピングするのも休日の楽しみの1つです。


Photo : ©RendezVous

<SHOP INFO>
Four Nines Aoyama Store
フォーナインズ 青山店
5-4-27 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-27
TEL : +81-(03)-6419-1349
Open 営業時間 : 11:00-20:00
Closed 定休日
Tuesdays (unless Tuesday is a holiday) / 火曜日(祝日は営業)
http://www.fournines.co.jp/

■Citizen Wristwatch

When it comes to watches, splurging on one impressive timepiece that you can wear for any and every occasion is one way to go. But personally, my style is to alternate between several more reasonably priced watches based on the time, place, and occasion.

This Citizen watch is something I came across while getting my daily dose of news online.

I’ve often found that a watch looks amazing in promotional photos, but turns out to be a bit of a letdown in the flesh. But this one is substantial, and sits nicely on my larger wrist size—so I wasted no time in buying myself one at Yodobashi Camera’s main store in Shinjuku West.

■『シチズン』の時計

時計というものについては、高価なものを1つだけ常時つけるというスタイルもカッコイイと思うのですが、僕は手頃な値段のものをTPOに合わせて変えるスタイルを好んでいます。

この『シチズン』の時計は、ネットでニューズをチェックしているときにたまたま見つけて購入したものです。

ネットの写真はカッコイイのに、実物はイマイチの時計が多いのですが、この時計は、大きさもヴォリューム感も、腕の太い僕にはベスト・フィットでしたので、『ヨドバシカメラ新宿西口本店』で“即買い”してしまいました。

<SHOP INFO>
CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO
シチズン・フラッグシップ・ストア・トウキョウ
GINZA SIX 1F 6-10-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo 104-0061
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 1F
TEL : +81-(03)-6263-9987
Open 営業時間
Shop / 店舗 10:30-20:30
Repair Center/ 修理 10:30-19:30
Closed 定休日 :Same as GINZA SIX holidays / GINZA SIXの休業日に準ずる
https://citizen.jp/flagshipstore/index.html

■Champion Socks

Champion is a classic all-American sportswear brand that has been outfitting athletes in the NCAA, NFL, NBA and beyond for decades.

Since I was in high school, Russell Athletic sweatshirts and Champion socks have been staples of my wardrobe.

Over the past two to three years, the brand has experienced quite the revival and has become one of the coolest brands around here in Japan. It has a store along Cat Street as well as in Niko-tama (Futako-Tamagawa), and I hear both have become shopping destinations for tourists searching for casualwear.

They clothes have this nice soft feel that keeps for (I’m going to say) about a hundred washes in those powerful American washing machines.

■『チャンピオン』のソックス

『チャンピオン』は、アメリカの大学スポーツのNCAAの公式スポンサーとして有名で、すべてのアメリカ人が知っているブランド。

僕も高校時代から『ラッセル』のスエットシャツと『チャンピオン』のソックスは、マストアイテムでした。

この2〜3年、日本でも急速に人気を集めているようで、キャットストリートにも二子玉にもオフィシャルショップがあり、観光客を含め、とても売れているようです。

アメリカのパワフルなウォッシングマシーンで何度も洗ってもおそらく100回ぐらいは、ふかふかとした感じが続くのがいいですね。


Photo : ©RendezVous

<SHOP INFO>
Champion Brand House Shibuya Tokyo
チャンピオン・ブランドハウス・渋谷・東京
GEMS Jingumae 6-19-17 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-17 GEMS神宮前 B1,1F,2F
TEL : +81-(03)-5962-7600
Open 営業時間 11:00-20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.championusa.jp/


Photo : ©RendezVous

<SHOP INFO>
Champion Harajuku / チャンピオン 原宿
6-14-6 Jingumae, Shibuyaku, Tokyo   150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-14-6
TEL : +81-(03)-3464-1780
Open 営業時間 11:00-20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.championusa.jp/


According to BigBrother, beneath Cat Street flows a waterway formerly known as Onden-gawa (Onden River), which was diverted underground and paved over in the lead up to the 1964 Tokyo Olympics.

Onden-gawa flows from Shinjuku Gyoen National Garden, and meanders south until it merges with Uda-gawa (also diverted underground) right in front of Shiguya Station. From there it becomes Shibuya-gawa, which you can actually see coming out of the south side of the station.

As for why it came to be called Cat Street, the prevailing theory is that cats were a common sight up until the 1970s, back when the area was chiefly a residential neighborhood.

However, according to BigBrother—and on this he is unequivocal—the name comes from the fact that aspiring models who had yet to get a foot in the door would, after having a few drinks, sashay down this winding road as if it were the catwalk of their dreams.

Big Brotherによると、キャット・ストリートの下には、かつて穏田川と呼ばれた川が流れており、その上に1964年のオリンピックの時に遊歩道に暗渠されたのだそうだ。

穏田川の源頭は、新宿御苑にあり、渋谷駅の先で宇田川(これも暗渠化されている)と合流し、渋谷川となっています。

この辺りは1970年代までは、普通の住宅街でネコも多かったため、キャット・ストリートと呼ぶようになったというのが通説です。

しかし、BigBrotherによれば、売れないモデルの卵が酔っ払って、クネクネしたこの通りをランウェイに見立ててキャット・ウォークしたことが由来であると断言しています。

SHARE
FOLLOW