2018/10/01  #001
My Fascination With Tennis Off the Court
テニスのコート以外での魅力について
As a native Californian, recreational sports have in one way or another been a part of my life since I was a kid—in my case, football, baseball, basketball, and skateboarding—but tennis was the first sport I truly threw myself into.

Under the advice of BigBrother, who explained to me that tennis was a sport where the fundamentals were especially important, I decided to get myself a private coach from day one.

The first thing tennis taught me was the importance of the gear you choose, and how well you take care of said gear. In my estimation, that’s one thing that sets it apart from sports like basketball or soccer, where all you need to get started is a ball sufficiently filled with air.

For our lessons we’ll rent a public court. When practicing alone, I would go to the famed tennis practice wall adjacent to the Tokyo Metropolitan Gymnasium, near the National Stadium in Sendagaya. (Unfortunately, this wall has been closed down as of the end of March, due to construction on facilities for the 2020 Tokyo Olympics.)

翻訳という仕事は、どうしてもデスクワークが多くなってしまうため、運動不足になり、慢性的に腰痛を抱えるようになりました。

運動不足を解消するために、4年ほど前からテニスを始めることにしました。

カリフォルニアンである僕は、子供の頃から、アメフト、野球、バスケット、それにスケートボードは、それなりに、親しんできましたが、本格的にスポーツに取り組んだのは、“テニス”が初めてです。

テニスというスポーツは、基本が大切だというBigBrotherの助言もあり、初めからプライベート・コーチをつけることにしました。

レッスンの時は、パブリックのコートをレンタルしたり、一人で練習する場合は、千駄ヶ谷の国立競技場の近くの東京体育館にある有名な“壁”を利用していました。(この“壁”は、2020年の東京オリンピック/パラリンピックの工事に伴い、2018年3月末を持って利用できなくなってしまいました。)

テニスを始めて、まず気づいたことは、用具へのこだわりとケアがとても大切だということです。それがボール1つあれば、始められるバスケットやサッカーとの大きな違いなのではないでしょうか。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

The first task was to get myself a racket; initially I thought a beginner’s racket would be the way to go. I consulted BigBrother, who told me that if I was serious about tennis, I would be better served starting with a heavier racket meant for intermediate and advanced players. The idea was that the racket itself would “teach” me.

Although I was out of shape, the size of my frame meant that physical strength and arm power would not be limiting factors, so I opted for a 340 g racket—that is, specifically one with U.S. specs.

I had the racket, which has a tight 18×20 string pattern, strung with Wilson NXT 17 multifilament strings at 45 lbs.

And as for my overgrip, I sweat quite a bit from my hands, so I went with Tourna Grip. It’s a favorite of the pros, and I’d also found myself oddly calmed by the sight of the French player Richard Gasquet re-gripping his racket during changeovers.

In the beginning I was using my arm alone to hit the ball, from backswing to follow through. My coach had to repeatedly remind me to use the weight of the racket itself, and a proper unit turn, to execute my groundstrokes. The concept took a while for me to grasp.

テニスを始めるにあたり、ラケットをどうするかをBigBrotherに相談したところ、本気でやるならば、初心者のラケットでなく、やや重めの中・上級のラケットがいいということで、「ウィルソン・シックス・ワン95(18×20 / USスペック)」を入手しました。考え方としてはその方が、ラケットに“教えてもらえる”とのことでした。

僕は、体力も腕力もある方なので、あえて、340gのUSスペックを購入しました。

ストリングは、18×20というタイトなストリング・パターンに「ウィルソンのNXT17」というマルチフィラメントを45ポンドで張っていました。

グリップテープは、汗をかきやすいのでガスケで有名な「トーナ」のブルーのものをつけました。

腕で、強引に打つのではなく、重いラケットの重さを感じながら、ボディターンでストロークをすることをコーチから何度も注意されました。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

About two years in, my groundstrokes finally became passably reliable, and I got myself a Wilson Pro Staff 90. This racket was developed for Roger Federer, but he ended up barely using it in match play.

And perhaps that isn’t surprising—it has an unforgivingly small 90 in2 racket head. But when you make contact with the sweet spot, the feeling is absolutely sublime.

I had it strung with Tecnifibre X-One Biphase (1.24 mm) on the mains, and Tecnifibre Duramix HD (1.25 mm) on the crosses, both at 45 lbs. The Duramix HD string is difficult to obtain outside of Japan.

I kept the tension of my strings low in order to teach myself by feel—how to meet the ball with the sweet spot, and how to “crush” the ball.

2年ほどで、ストロークが安定的にできるようになってきた段階で、「ウィルソン プロスタッフ90」をゲットしました。このラケットは、ロジャー・フェデラーのために開発されたモデルなのですが、結果的には、あまり、試合では使用されなかったものです。

このラケットは、90 in2とフェイス面が小さい分、スイートに当たった時の感触はとても素晴らしいラケットです。

ガットは、メインに「テクニファイバーのX-One Biphase(124)」を、クロスに同じ「テクニファイバーのデュラミックスHD(125 / 日本以外では入手しにくい)」を45ポンドのテンションで張っていました。

少しテンションを低めにすることで、スイートスポットで、球を“潰す”ことに集中する練習をしました。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

About a year ago, once I’d gotten a feel for crushing the ball and driving through my strokes, I bought a pair of Wilson Pro Staff RF97 Autographs (340g / 16×18)—Roger Federer’s signature racket.

I’ve been trying a number of hybrid string setups, using mostly polys like Luxilon ALU Power (also used by Federer and other players like Novak Djokovic in their hybrid setups), Technifibre Black Code (1.18 mm), and Red Code (1.20 mm)—the latter is used by the American player John Isner, who recently won the Miami Open, his first ATP Masters 1000 title. Right now I’m using two Gosen strings, the Polybreak 18 (which is hard to obtain in Japan) and a multifilament called AK Pro CX 17, both at 47 lbs.

I’m still experimenting, so I have the mains and crosses reversed between my rackets, and I mostly use one or the other depending on the weather or how I’m feeling physically.

球を潰して、ドライブできるようになってきたので、1年前からは、ロジャー・フェデラーのシグニチャーモデル「ウィルソン・プロスタッフ RF97 Autograph(340g / 16×18)」を2本同時に購入しました。

同じラケットを2本持つことで、2種類のストリングスを張ることができ、ストリングスの性質の比較をしやすくするためです。

ストリングスは、フェデラーやジョコビッチもハイブリットの1本として使用している「ルキシオンのアルパワー」、スピン性の高い「テクニファイバーのブラックコード(118)」や2018年のATP1000マイアミオープンで優勝したイズナーが使用している「レッドコード(120)」など様々なポリエステル系のものを色々使用してみました。現在は、『ゴーセン』の「ポリブレイク 18」 (現在、日本国内では入手しにくくなっています)と同じく、ゴーセンのマルチの「AK Pro CX17」を47ポンドで張っています。

2本のラケットにクロスとメインを入れ替えて張ることで、その日の天候や体調に合わせるようにしています。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

Recently I’ve been playing more and more doubles, so I have two YONEX VCORE Duel G 97s (330 g), the racket endorsed by the Swiss player Stan Wawrinka. Here in Japan the “heavier” version of the racket weighs in at just 310 g, which is a little too light for my liking, so I purchased two 330 g rackets on a recent trip back home to California.

I’ve re-gripped both with Wilson Premium Leather Replacements Grips, so they currently weigh in at about 340 g each.

As for the strings, I have one strung with BABOLAT RPM Blast (1.20 mm) at 47 lbs, and the other with YONEX Poly Tour Fire (1.20 mm), also at 47 lbs. The former is the string of choice for both Wawrinka himself and the Spanish player Rafael Nadal, and the latter is used by the German player Angelique Kerber.

For these two rackets I use gray Luxilon Elite Dry overgrips, which just came out in 2017 and have quickly become a favorite of mine. (I bought a 30-pack on my California visit.)

The vibration dampener I use is the Kimony Quake Buster, which is a favorite of Japanese player Kei Nishikori. It’s available in a variety of colors, so I like to match them up with whatever strings I have on the racket.

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

ダブルスの試合をする機会も増えているので、ダブルス用にスタン・ワウリンカが使用している『ヨネックス』の「VCORE Duel G 97(330g)」を2本、購入しました。国内のモデルは、310gと僕には、少し軽いので、カリフォルニアの実家に一時帰国した時に330gのモデルを2本入手しました。

グリップは、ウィルソンのプレミアム・レザーに変更しているので実質340gの重さになっています。

ストリングは、1本はワウリンカと同じく、ナダルも使用している『バボラ』の「ブラスト(120)」を47ポンドで、もう1本は、女子選手のケルバーが使用しているヨネックスの「ポリツアーファイア(120)」を47ポンドで張っています。

グリップテープは、2017年に新発売されたルキシロンのグレーの「エリート・ドライ」を気に入って使っています。(カリフォルニアに帰った時に30本パックを購入してきました。)

振動止めは、錦織圭選手も愛用している『キモニー』の「クエークバスター」を使用しています。色々な色があって、ストリングの色やラケットのコスメティクスの色に合わせたりしています。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

When it comes to shoes, I’ve tried them all—Nike, adidas, New Balance, Mizuno, etc.—but the shape of my foot is a bit wide like a lot of Japanese, so I’ve found that ASICS is the best fit for me.

In the U.S., hard courts are the norm, so I was taken aback when I first walked onto an omni court surface (sand-filled synthetic grass).

On hard courts I wear ASICS GEL-Resolution 6, and on omni courts I wear GEL-Resolution 6 OC.

ASICS shoes fit wonderfully and offer great stability, and since footwork is one of my strengths, it’s important that I can trust my shoes to never fail me.

シューズについては、『ナイキ』や『アディダス』、『ニューバランス』、『ミズノ』など様々なメーカーのものを試してみましたが、僕の足(foot)の型は、幅広の日本人タイプなので、『アシックス』のシューズが一番フィットしました。

アメリカには、基本的にハードコードしかないので、初めて“オムニコート”を見たときは、少し驚きました。

ハードコート用には、「ゲル・レゾリューション6」をオムニコート用には、「ゲル・レゾリューション6 OC」を使用しています。

アシックスのシューズは、フィット感と安定感がとても良く、フットワークを重視している僕のプレイスタイルにも合っています。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入



Whenever we’re out on a walk and we see someone with a solitary racket handle sticking out of their backpack, BigBrother will wonder aloud, “I don’t understand why they only carry around one racket. If their “gut” were to break (BigBrother calls strings “gut”, a term that has stuck around since the days when natural gut—strings made of animal intestines—were the only strings available), they’re automatically done for the day.”

Something else he’ll say is “Recreational players always use white overgrips because they see the pros using them on the TV. But most “to-shi-ros” (to-shi-ro is an argot word BigBrother uses for shirouto, which means novice or amateur), you’ll see them with a dirty, worn overgrip that they’ll use for as long as possible.”

His advice to me? “Don’t expect to become any good if you aren’t making it a point to keep your “gut” and your overgrips in good condition, replacing them as necessary.”

街で、バックパックにテニスラケットを入れている人を見つけると、“どうして、1本しか持ってないのだろう、あれでガット(BigBrotherはストリングスのことをこう言う)が切れちゃったらその日は、もうプレイできなくなるじゃない”と言います。

“みんなテレビでプロのラケットには白いオーバーグリップをしているのを見てマネをしているけど、大抵のトーシーロー(素人のことをBigBrotherはこう言う)は、手アカで汚れていても、いつまでも同じのを使ってるんだよ”とも言っています。

“ガットもオーバグリップも、いつも新しくしていないと上手になれないのにね”とのこと。