TwitterFacebookInstagramYouTubefeed

2020/08/24 #042
Japanese Musicians Influenced by the Psychedelic Rock of the Late 60s and Early 70s − The Music of California (30)
サイケデリック・ロックの影響を受けた日本のミュージシャン − カリフォルニア生まれの音楽(30)

*Scroll to the end of the text for our video language lessons
※動画レッスンは、テキストの最後にあります


Overview / 目次

1.Prologue / プロローグ

2. “New Rock” and “New Music” and the Question of Whether to Sing in English or Japanese/ 「ニュー・ロック」と「ニュー・ミュージック」と日本のロックは何語で歌うべきかの論争

3. 70s Japanese Rock Musicians Influenced by Psychedelic Music from the U.S. and the U.K. / 欧米のサイケデリック・ミュージックの影響を受けた70年代の日本のロック・ミュージシャンたち

4. Epilogue / エピローグ

1.Prologue

In MUSIC & PARTIES we’ve looked at the psychedelic rock that came out of San Francisco, California in the second half of the 1960s as one of the defining factors in the development of popular music since. Acid rock had a wide-ranging effect over generations of musicians and across music genres. We’ve covered:

・The Epicenter of the Hippie Movement (MUSIC & PARTIES #013)
・Psychedelic Rock and The Flower Children (MUSIC & PARTIES #014)
・The Psychedelic Music of L.A. (MUSIC & PARTIES #015)
・The British Duality: Drawn to the Exotic but Anti-Alien (MUSIC & PARTIES #016 / #017)
・The British Progressive Rock Experiment (MUSIC & PARTIES #018 / #019)
・Black Guitarists in Rock and Roll (MUSIC & PARTIES #020)
・How Psychedelic Rock influenced Soul and Funk (MUSIC & PARTIES #021 / #022)
・The Psychedelic Side of Hip-Hop and Neo Soul (MUSIC & PARTIES #023 / #024)

In MUSIC & PARTIES #025〜#041, we covered electronic dance music. From disco in the 70s to modern rave culture and EDM, psychedelic experiences—whether it’s induced by dance, music, drugs, or all of the above—have been at the center of the scene from its beginnings.

In this article we will look at how psychedelic rock from the U.S. and the U.K. affected Japan. We’ll look at some of the musicians that came to prominence in the early 70s, and the lasting impact they had in shaping the Japanese music scene to this day.

1. プロローグ

これまでMUSIC & PARTIESでは60年代後半にアメリカ合州国カリフォルニア州のサン・フランシスコから生まれたサイケデリック・ロックと、その影響を受けて発展を遂げた欧米の様々なサイケデリック・ミュージックについて取り上げてきました。そのコラムの一覧をリストアップします。

・ヒッピー・ムーヴメントの中心地 カリフォルニア (MUSIC & PARTIES #013)
・サイケデリック・ロックとフラワー・チルドレン (MUSIC & PARTIES #014)
・S.F.とL.A.の違いが生んだサイケデリック・ミュージック (MUSIC & PARTIES #015)
・英国の異質なものに対する憧れと差別意識 (MUSIC & PARTIES #016 / #017)
・英国のプログレッシヴ・ロックという実験 (MUSIC & PARTIES #018 / #019)
・現代ロックの4大黒人ギタリスト (MUSIC & PARTIES #020)
・サイケデリック・ロックの影響を受けたソウルとファンクの黒人・ミュージシャンたち (MUSIC & PARTIES #021 / #022)
・サイケデリック・ミュージックの影響を受けたヒップ・ホップとネオ・ソウル (MUSIC & PARTIES #023 / #024)

MUSIC & PARTIES #025〜#041ではクラブ・ミュージック/ダンス・ミュージックにつても取り上げました。70年代に生まれたディスコ・ミュージックから2010年代のレイヴ・カルチャーまで、このシーンの中心には「踊りという原始的な行為を通して多幸感を得ること」と、「覚醒剤の服用によって踊りや音楽から得た多幸感を増幅させること」を求め続けてきた歴史を紹介してきました。

今回は、60年代後半〜70年代前半の欧米のサイケデリック・ロックが日本に与えた影響について取り上げます。70年代前半に台頭とした日本のロック・ミュージシャンを紹介すると共に、彼らがその後の日本の音楽シーンにどのような影響を与えたかについても言及します。



2. “New Rock” and “New Music” and the Question of Whether to Sing in English or Japanese

The epicenter of the hippie/counterculture (*1) scene in Japan was Shinjuku, Tokyo. In 1967, young, barefooted people wearing t-shirts and jeans and sporting beards and long hair started gathering in the streets. They were called saike-zoku (the psychedelic tribe) or fuuten-zoku (the vagabond tribe) for their fashions and their freewheeling lifestyle and disinterest in holding regular jobs.

*1 The hippie movement was a counterculture movement that rebelled against the established institutions, traditional values, and social norms that characterized the materialistic Western worldview up until the mid-1960s.

In terms of music, British bands like The Beatles and The Rolling Stones had become popular among the youth. In June 1966, The Beatles performed their first concert in Japan, sparking the birth a many rock groups with the four-person vocal/electric guitar/electric bass/drums lineup. Their music, which fused Western rock music with Japanese popular kayokyoku music, came to be known as Group Sounds (*2).

*2 Group Sounds is a genre of Japanese rock music that fused Japanese kayokyoku (Showa-era pop) and Western rock music in the late 60s.

Group Sounds bands mostly liked to play covers of their favorite Western rock artists, but the Japanese record companies that signed them had other plans: they had professional kayokyoku songwriters and lyricists write music for them, and made sure those were the songs they were playing live. The Group Sounds fad would reach its peak in 1968, after which it went into a decline; the youth counterculture movement wasn’t as focused or robust as it was in the West. The delinquent/vagabond look did not go over well with older generations, and many middle schools and high schools began to prohibit their students from attending Group Sounds concerts, which led to venues and entire municipalities refusing to rent out their stages to the bands. The Group Sounds craze would come to an end around 1970—mirroring the decline of hippie idealism in the U.S.

The hippie culture and rock music that took root in Shinjuku would spread along the JR Chuo Line (*3) out toward areas like Ogikubo, Koenji, Kichijoji, and Kokubunji. The neighborhoods became home to many musicians, artists, and entertainers. They became popular among young Japanese moving to the city for college, and some even fostered small-scale commune-style communities. This is why to this day, these areas are known for their live music venues, jazz kissaten, small theaters, second-hand clothing stores, used bookstores, and other underground (*4) and bohemian (*5) subcultures.

*3 JR Chuo Main Line is a major railway line in Japan that runs across the center of Tokyo and connects to Nagoya.

*4 Often abbreviated in Japanese as “angura”.

*5 For a concentrated dose of Japanese bohemian culture today, also check out the Shimokitazawa neighborhood.

Among the musicians that were active in the 70s underground rock scene, some became even more infatuated with American and British rock. The bands that drew inspiration from the hard rock (*6) and progressive rock (*7) coming out of the U.K. came to be referred to as “new rock” musicians. Some of the most famous names to come out of this group were Uchida Yuya and the hard rock band he produced, Flower Travellin’ Band.

*6 For more on British hard rock, check out MUSIC & PARTIES #016 and #017.

*7 For more on British progressive rock, check out MUSIC & PARTIES #018 and #019.

Meanwhile, others drew inspiration from American folk rock musicians and singer-songwriters who sang anti-war protest songs, or acts like The Beatles that managed to bridge rock and pop while maintaining their artistic vision. They came to be called “new music” artists. This group included names like Happy End, Inoue Yosui, and Yoshida Takuro (*8). They were generally less steeped in drugs than their “new rock” counterparts, and more interested in delivering a counterculture message.

*8 Yoshida Takuro (1946-) is a Japanese folk musician, singer-songwriter, music producer.

In the early 70s in Japan, the big debate among Japanese rock musicians influenced by western music was whether they should sing in Japanese or in English. The “new rock” musicians—namely, Uchida Yuya—believed that Japanese lyrics were not a good fit for rock rhythms and melodies, and saw English as the only way they could achieve global fame. Meanwhile, “new music” artists believed that the only way to win over Japanese audiences was to deliver their message in Japanese. Much of this debate took place publicly in round-table talks for the music monthly New Music Magazine (*9).

*9 “New Music Magazine” is a monthly music magazine founded in 1969. In 1980 it changed its name to “Music Magazine”.

In the end, the debate would fizzle out around the time Happy End released their album Kazemachi Roman in 1971, in which the band’s drummer and lyricist Matsumoto Takashi successfully brought together the rock sound and Japanese lyrics. Meanwhile, the Flower Travellin’ Band had relocated to Canada, where they had built a reputation through their live performances and were eventually signed to Atlantic Records (*10). In 1971 they released the album Satori, which showed that Japanese rock could be its own thing—not just a rehash or imitation of Western rock. Unfortunately, the 70s in Japan is not remembered as the era of rock—it is remembered as the era of folk music. After 1972, it became the norm for Japanese rock musicians to sing in Japanese. Considering the rise of J-Pop and J-Rock in the decades that followed, it’s clear that the Japanese rock scene collectively decided to focus on bringing their message to Japanese audiences rather than put it all on the line on the global stage.

*10 Atlantic Records is an American record company that was founded in 1947. It is currently part of the Warner Music Group.

2.「ニュー・ロック」と「ニュー・ミュージック」と日本のロックは何語で歌うべきかの論争

そもそも日本のヒッピー・カルチャー/カウンターカルチャー(※1)の中心地となったのが、東京・新宿でした。1967年に、薄汚れたTシャツやジーパンに素足、ヒゲや長髪といったヒッピー・ファッションを身に纏った若者たちが新宿の街にたむろするようになりました。彼らは、そのファッションから「サイケ族」、あるいは定まった仕事がなく自由気ままなライフスタイルを送っていることから「フーテン族」とも呼ばれるようになりました。

※1 ヒッピー・ムーヴメントは、1960年代後半にそれまでの欧米の伝統文化や社会システムに対して“反抗”したカウンターカルチャーのことです。

60年代後半に音楽面では、ザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズなど英国のロック・バンドの人気が高まっていました。66年の6月にビートルズが実際に来日公演を果たしたことの影響もあり、リード・ヴォーカル+エレクトリック・ギター+エレクトリック・ベイス+ドラムズという編成を基本とした「グループ・サウンズ」(※2)と呼ばれるロック・グループが次々と誕生しました。

※2 グループ・サウンズとは、エレクトリック・ギターやエレキ・ベースなどの電気楽器を中心に数人で編成されるバンドを指す和製英語です。

こうしたグループは、普段は自分たちの好きな洋楽ロックのカヴァーを中心に演奏していたのですが、所属していたレコード会社はプロの歌謡曲の作曲家・作詞家に曲の依頼をすることが多く、ライヴ・コンサートでは自分たちがやりたい音楽を演奏できない状況となっていました。1968年の夏頃にこのグループ・サウンズ・ブームはピークを迎えるものの、長髪やエレクトリック・ギターという要素が不良や浮浪者のイメージに結び付けられ、グループ・サウンズのコンサートを観に行くことを禁止する中学校や高校が続出しました。グループ・サウンズのバンドにはコンサート会場を提供しないという劇場や自治体も現れるようになりました。こうして70年ごろにはグループ・サウンズのブームは終焉を迎えることとなります。

しかし、新宿から誕生した日本のヒッピー・カルチャーやロック・ミュージックの文化は、JR中央線沿い(※3)の高円寺・吉祥寺・国分寺・荻窪などに広まります。現在も含め、数多くのミュージシャンやアーティスト、芸人がこのエリアに棲息するようになります。中にはヒッピー的な自給自足なコミュニティを目指す集団も生まれ、地方から上京した学生の憧れの場所となりました。この中央沿線のエリアにライヴ・ハウスやジャズ喫茶、小劇場、古着や古本といったアングラ(※4)でボヘミアン(※5)な文化が今でも強く根付いているのにはこういった背景があります。

※3 JR中央線とは、東京駅から新宿駅、長野県塩尻市の塩尻駅を経由して愛知県名古屋市中村区の名古屋駅までを結ぶ鉄道路線です。

※4 アングラとは、アンダーグラウンドのことです。

※5 ボヘミアンとは、社会の規範や常識にとらわれず、自由で放浪的な生活をする人を指す言葉です。

70年代のアングラ・シーンで活動していたミュージシャンの中には、その活動を通して、アメリカや英国のロックにより一層のめり込んでいった人たちがいました。英国のハード・ロック(※6)やプログレッシヴ・ロック(※7)の要素を積極的に取り入れたミュージシャンたちの音楽は、「ニュー・ロック」と呼ばれるようになりました。このニュー・ロックを代表するミュージシャンといえば、内田裕也と彼がプロデュースしたフラワー・トラベリン・バンドが挙げられるでしょう。

※6 英国のハード・ロックについては、MUSIC & PARTIES #016 and #017で取り上げました。

※7英国のプログレッシヴ・ロックについては、MUSIC & PARTIES #018 and #019で取り上げました。

一方で、反戦を歌っていたアメリカのフォーク・ロック・ミュージシャンやシンガー・ソングライター、もしくはビートルズのようにロックとポップを自由に行き来しながら確かなアーティスト性を持ち続けていたバンドに憧れたミュージシャンたちの音楽は「ニュー・ミュージック」と呼ばれるようになりました。ニュー・ミュージックの代表的なミュージシャンといえば、はっぴいえんど、井上陽水や吉田拓郎(※8)です。彼らは「ニュー・ロック」のミュージシャンたちに比べて“ドラッギー”な部分は少なかったものの、その分“カウンターカルチャー”的なメッセージを強く持っていました。

※8 吉田拓郎(1946年〜)は、日本のフォーク・ミュージシャン、シンガーソングライター、音楽プロデューサーです。

70年代はじめの日本では、ロックは日本語で歌うべきか、英語で歌うべきかという論争がこの2大勢力の間に起きました。サウンドを重視していたニュー・ロック派を代表していた内田裕也は、日本語の歌詞はロックのリズムに乗らないと主張し、世界を目指すのであれば英語しかないと考えていました。一方、メッセージ性を大事にしていたニュー・ミュージック派のミュージシャンたちは、日本人のリスナーの共感を得るためには日本語の歌詞がふさわしいと考えていました。この議論は音楽雑誌『ニューミュージック・マガジン』(※9)などの活字メディアの座談会などでも大いに繰り広げられました。

※9『ニューミュージック・マガジン』とは、1969年に創刊された月刊音楽雑誌です。1980年に『ミュージック・マガジン』に誌名を変更しました。

結局、はっぴいえんどが1971年にアルバム『風街ろまん』において、ロックのサウンドにドラムズ担当の松本隆が作った日本語の歌詞を結びつけることで、一定の成功を得たため、この議論は沈静化していました。フラワー・トラベリン・バンドは、カナダへ渡り、ライヴ活動を通して評価を上げ、アメリカのアトランティック・レコード(※10)と契約しました。1971年にはアルバム『SATORI』をリリースし、欧米のロックの単なる真似では終わらない、日本のロックの可能性を示しました。しかし、日本の音楽シーンにおいては、70年代という年代は「ロックの時代」ではなく、「フォークの時代」でありました。1972年以降は、日本語でロックを歌うことが当たり前な時代が始まりました。そして80年代以降は、J-POPやJ-ROCKの時代が到来したことからもわかるように、日本のロック・シーンは「世界で勝負できるバンドを目指す」ことではなくあくまでも「日本人向けにメッセージを発信する」路線を選択したのです。

※10 アトランティック・レコードは、1947年に設立されたアメリカのレコード会社です。現在はワーナー・ミュージック・グループの傘下にあります。



3. 70s Japanese Rock Musicians Influenced by Psychedelic Music from the U.S. and the U.K.

●Uchida Yuya & The Flowers

Although in recent years Uchida Yuya has been more famous for being actress Kiki Kirin’s wife, he was one of the most important figures in the development of Japanese rock. Aspiring to be like Elvis Presley (*11), he dropped out of high school to become a musician. He signed with the talent agency Watanabe Productions and made his debut as a singer in 1959. In the years that followed he sang with a series of bands and gradually shifted towards a harder rock sound under the influence of bands like The Beatles and The Ventures (*12). He formed a band with a number of other Group Sounds musicians to open up for the Beatles’ first Japan concerts in 1966, which allowed him to strike up a friendship with John Lennon. In Spring 1967, he spent three months traveling around Europe and seeing acts like Jimi Hendrix (*13), Cream (*14), and Pink Floyd (*15) perform live. The experience was revelatory.

*11 Elvis Presley (1935-1977) was an American musician and actor known as the King of Rock and Roll.

*12 The Ventures are an American instrumental rock band founded in 1959, known for their surf rock sound.

*13 Jimi Hendrix (1942-1970) was an American musician known as the greatest rock guitarist of all time.

*14 Cream was an English hard rock band that was active between 1966 and 1968.

*15 Pink Floyd is an English progressive rock band known for albums like Dark Side of the Moon and The Wall.

After returning to Japan, he started a band called Flowers and began performing psychedelic rock covers of bands like Jefferson Airplane (*16) and Janis Joplin (*17) in jazz kissaten. In 1969, the band released an album of covers called Challenge!—with album art featuring the band members nude—but was not commercially successful. In order to make a mark on the international stage, Uchida realized he was better suited for a producer role; he called on half-Japanese singer Joe Yamanaka (*18) and guitarist Ishima Hideki (*19) and started the Flower Travellin’ Band.



*16 Jefferson Airplane was an American rock band formed in 1965. After breaking up, it regrouped as Jefferson Starship.

*17 Janis Joplin (1943-1970) was an American singer-songwriter known for her husky, bluesy voice and stage presence.

*18 Joe Yamanaka (1946-2011) was a musician, actor, and pro boxer from Yokohama, Kanagawa.

*19 Ishima Hideki (1944-) is a Japanese rock guitarist known for incorporating Indian music influences and playing an electric guitar/sitar hybrid.

●Flower Travellin’ Band


The newly formed Flower Travellin’ Band would release its first album, Anywhere, in 1970—with cover art with the band members nude astride motorcycles. The album mostly features covers of songs by overseas artists, like psychedelic rock band Black Sabbath and progressive rock band King Crimson (*20), but the band puts its own unique spin on all of the tracks. Right around that time, they performed at the Expo ’70 in Osaka, where it caught the attention of Canadian rock band Lighthouse (*21). Lighthouse invited Flower Travellin’ Band to come to Canada; the band thus became the first Japanese rock band to make its mark abroad. And what a mark it was: the band’s magnum opus, Satori, is one of the towering achievements of Japanese rock.

*20 King Crimson is an English progressive rock band formed in 1968.

*21 Lighthouse is a Canadian rock band formed in 1968.

After getting a taste of success in North America, the band returned to Japan for a show at the Tokyo Metropolitan Gymnasium. In 1973, they were billed to join the Rolling Stones’ tour of Japan as their opener, but Mick Jagger (*22) was unable to obtain a visa due to his drug record, and the tour was canceled. The same year the band released Make Up, a mix of live and studio recordings that demonstrates the band’s growth as a group. The title track, one of the best songs in all of Japanese rock history, received considerable TV airplay as the backing track to a Hitachi commercial. Unfortunately, by that time the Japanese music scene was all about folk music, and the band went on hiatus as its members all went in their own direction.



*22 Mick Jagger (1943-) is an English singer and songwriter known as the lead singer of the Rolling Stones.

Singer Joe Yamanaka in particular went on to enjoy success as a solo performer and as an actor. For the 1977 Kadokawa film (*23) Proof of the Man, he sang the theme song in addition to playing a key role. The song, a soulful ballad about life and loss and a man’s love for his mother, is made more resonant by Yamanaka’s personal history: he lost his mother at a young age, grew up in an orphanage not even knowing the name of his father—a U.S. Army soldier of Caribbean descent—and had experienced discrimination of all kinds growing up as a konketsuji (*24), or half-breed, to use the parlance of the time. Around the time of the film’s release Yamanaka was arrested for suspected violation of the Cannabis Control Law, and the song was subsequently pulled from the radio; despite not getting the chance to perform the song on TV at the time, the movie was a massive success and the song sold more than a million copies. Yamanaka passed away due to cancer in 2011.



*23 Kadokawa Pictures is the film division of the Japanese company the Kadokawa Corporation. It also refers to a series of hit films remembered for successful cross-media promotional campaigns.

*24 Today the preferred term is “hafu”.

●Happy End

Formed in 1969, Happy End had a sound that blended folk and psychedelic rock that was not unlike that of the American band Buffalo Springfield. In terms of its dynamic as a group, it was more comparable to The Beatles: vocalist/guitarist Ohtaki Eiichi (*25) and vocalist/bassist Hosono Haruomi (*26) had an artistic partnership not unlike John Lennon and Paul McCartney; guitarist Suzuki Shigeru, who would go on to further success after the bands breakup, evokes George Harrison; drummer and chief lyricist Matsumoto Takashi (*28), like Ringo Starr was for the Beatles, was a binding and stabilizing force that gave the band cohesiveness. The four of them, in their short time together, broke down the walls between rock, folk, and kayokyoku in Japan. To put it another way, Happy End paved the way for J-Pop and J-Rock to grow in the decades to follow.



*25 Ohtaki Eiichi (1948-2013) was a singer-songwriter, composer, arranger, and music producer from Iwate Prefecture.

*26 Hosono Haruomi (1947-) is a musician from Minato Ward, Tokyo.

*27 Suzuki Shigeru (1951-) is a guitarist, composer, and arranger from Setagaya Ward, Tokyo.

*28 Matsumoto Takashi (1949-) is a lyricist and musician from Minato Ward, Tokyo.



Their legacy becomes even clearer when you look at their careers post-Happy End. Ohtaki Eiichi launched a successful solo career from his home studio in Fussa (a city along the Chuo Line that is home to Yokota Air Base), scoring a massive hit with his 1981 album A Long Vacation (former bandmate Matsumoto Takashi wrote the lyrics to all but one of the album’s songs). City pop great Yamashita Tatsuro (*29) would make his recording debut in 1975 on Sugar Babe’s (*30) album Songs, which was released on Ohtaki’s label Niagara. Meanwhile, Hosono Haruomi formed the band Caramel Mama with Suzuki Shigeru and Matsutoya Masataka (*31), the latter of whom would go on to produce and marry singer-songwriter Arai Yumi). He achieved success as a solo artist with the album Hosono House, and later global success as a member of Y.M.O.—featuring pianist Sakamoto Ryuichi and former Sadistic Mika Band drummer Takahashi Yukihiro (*33).

*29 Yamashita Tatsuro (1953-) is a Japanese singer-songwriter and musician from Toyoshima Ward, Tokyo.

*30 Sugar Babe was a Japanese rock band active between 1973 and 1976.

*31 Matsutoya Masataka (1951-) is a Japanese music producer, arranger, keyboardist, and composer from Tokyo.

*32 Sakamoto Ryuichi (1952-) is a Japanese musician, composer, arranger, lyricist, and music producer from Nakano Ward, Tokyo.

*33 Takahashi Yukihiro (1952-) is a Japanese musician from Meguro Ward, Tokyo.

Suzuki Shigeru went to L.A. in the mid 70s, where he recorded his first solo album, Band Wagon, with musicians from American groups like Little Feat, Santana, and Sly and the Family Stone. He would later become a prolific arranger and session musician.

Matsumoto Takashi became one of the greatest lyricists of postwar kayokyoku, penning the words to popular tunes by pop idols like Matsuda Seiko (*34), Yakushimaru Hiroko (*35), Nakayama Miho (*36) and Kinki Kids (*37).

*34 Matsuda Seiko (1962-) is a singer-songwriter and actress from Fukuoka Prefecture.

*35 Yakushimaru Hiroko (1964-) is an actress and singer from Minato Ward, Tokyo.

*36 Nakayama Miho (1970-) is an actress and singer from Koganei, Tokyo.

*37 Kinki Kids is a pop idol due formed in 1993 by Doumoto Koichi and Doumoto Tsuyoshi.

●Carmen Maki


Carmen Maki was born to an American father and Japanese mother in Kamakura in Kanagawa Prefecture. After dropping out of high school in 1968, she was inspired to join Terayama Shuji’s (*38) underground theater troupe Tenjo Sajiki after seeing them perform; her stage debut in Shinjuku caught the eye of a representative from CBS Sony and she subsequently was signed to a record contract. In 1969, she made her debut with “Toki ni wa Haha no Nai Ko no Youni” (Sometimes I feel like a lonely baby), featuring lyrics written by Terayama. The single sold over a million copies, and Maki made waves when she performed the song wearing jeans on the NHK Kohaku Utagassen stage. The president of CBS Sony gifted her a record player and a selection of LPs as a thank you, and Maki was inspired go in a more blues-heavy rock direction after listening to an album by Janis Joplin (*39). In 1971, she teamed up with the blues rock band Blues Creation, establishing a reputation for her bewitching stage presence and haunting voice with the album Carmen Maki & Blues Creation. For the rest of the 70s she performed as the lead singer of Carmen Maki & Oz, achieving her greatest commercial success in 1975—amid the folk craze, no less—with the album Carmen Maki & Oz.

*38 Terayama Shuji (1935-1983) was a poet and playwright from Suginami Ward, Tokyo.

*39 Janis Joplin (1943-1970) was an American singer-songwriter known for her husky, bluesy voice and stage presence.



●Creation

Blues Creation, led by singer/guitarist Takeda Kazuo (*40), would break up shortly after collaborating with Carmen Maki, but it would reform less than a year later as “Creation”, sporting a heavier hard rock sound. In 1975, Creation released its eponymous first album from Toshiba EMI. Produced by none other than Uchida Yuya, the album cover features a group of nude young boys full-frontal peeing.

*40 Takeda Kazuo (1952-) is a guitarist, singer, and composer from Nihonbashi, Tokyo.


Meanwhile, Creation had garnered a reputation for its live performances, even touring Japan with American hard rock band Mountain in 1973. After Mountain broke up, its bassist, Felix Pappalardi, invited the members of Creation to his home in Massachusetts; over that time they would record the album Creation with Felix Pappalardi. The band would embark on a U.S. tour to promote the album, and also became the first Japanese group to perform a concert at the Budokan in Tokyo without any supporting acts. In 1977, it released its third and final album Pure Electric Soul, a classic of Japanese rock that incorporates funk and soul elements. The album cover features a group of nude young boys at the front of a bus.



●Yonin-Bayashi

Both the Flower Travellin’ Band and Happy End would break up in the first half of the seventies as folk music became the preferred form of popular music among young people in Japan. Nevertheless, other bands would forge a style of psychedelic, progressive rock that was uniquely Japanese. The most iconic (and most important) band among them was Yonin-Bayashi, which released its debut album, Isshoku-Sokuhatsu, in 1974. The album is now widely regarded as one of the seminal works of Japanese rock.

Yonin-Bayashi came onto the scene with one of the definitive artistic statements of Japanese rock, a pure gem of an album that was the magnum opus of a band that had internalized Western rock and channeled it back outwards through a uniquely Japanese prism. The word bayashi, or hayashi, refers to a group of performers who provide musical accompaniment for Noh or kabuki theater, rakugo performances, or at festivals. The group’s surreal lyrics capture the extraordinary and unusual in everyday Japanese life, such as in this line from their song “Sora to Kumo” (which has echoes of “Riders on the Storm” by the Doors): “There were many old temples in the area / And the children seemed to be having fun”. The third track of their debut album is even titled “Omatsuri”, that is, “festival”. In the aforementioned “Sora to Kumo”, the band also sings about “the cicada’s cry in the summer”; on another song, the band employs the sound effect of a ping-pong ball in much the same way Pink Floyd employed the sound of change in “Money”. But while “Money” is a commentary on greed, Yonin-Bayashi is going for something more specifically Japanese: the idea that there is a musicality to the sounds of nature and even the noise of everyday phenomenon.



Two names worth knowing from the band’s lineup are Morizono Katsutoshi (*41) and Sakuma Masahide (*42). Morizono was the band’s guitarist and husky-voiced frontman, able to play the guitar both delicately and aggressively. He would go on to play with the jazz-fusion band Prism (led by jazz guitarist Wada Akira (*43)) and work as a studio musician. Sakuma was the bass player but he could also play keyboards and guitar. He would go on to become the record producer behind a veritable who’s who of J-pop artists: Boøwy, The Blue Hearts, Glay, Judy and Mary, and Elephant Kashimashi, just to name a few.

*41 Morizono Takatoshi (1954-) is a guitarist from Tokyo.

*42 Sakuma Masahide (1952-2014) is a musician, composer, and music producer from Tokyo.

*43 Wada Akira (1956-) is a guitarist from Shinagawa Ward, Tokyo.

●Sadistic Mika Band


After rising to fame as a member of The Folk Crusaders in 1967, Kato Kazuhiko (*44) embarked on a successful solo career in 1969. One day, a superfan named Fukui Mika forced her way into his dressing room, and they became lovers and eventually married. In 1971, they formed the Sadistic Mika Band, and were joined in 1972 by future Y.M.O. drummer Takahashi Yukihiro, and bass player Ohara Rei (*45). The following year they released their eponymous debut album, which was initially a flop in Japan, but later became successful after garnering attention in the U.K. It caught the ear of English record producer Chris Thomas (*46)—known for working with artists like the Beatles and Pink Floyd—who brought the band to England and produced their second album Kurofune (Black Ships), one of the classics of Japanese rock. The album is especially notable for the fantastic guitar work by Takanaka Masayoshi.

*44 Kato Kazuhiko (1947-2009) was a musician, composer, arranger, and music producer from Kyoto.

*45 Ohara Rei (1951-) is a bassist, composer, and music producer from Tokyo.

*46 Chris Thomas (1947-) is an English music producer.



Mika and Thomas would become lovers during the band’s U.K. tour; Mika and Kato would divorce in 1975, effectively dissolving the band. Ironic, considering the fact that the name Sadistic Mika Band was inspired by John Lennon and Yoko Ono’s(*47) group Plastic Ono Band.

*47 Ono Yoko (1933-) is an avant-garde artist, musician, and peace activist from Tokyo.

The band would subsequently reunite multiple times with different singers: in 1985 it performed as the Sadistic Yuming Band, featuring singer-songwriter Matsutoya Yumi (*48), and in 2006 it performed as the Sadistic Mikaela Band, featuring pop singer Kimura Kaela (*49) on lead vocals. Kato would later marry lyricist Yasui Kazumi and work as a songwriting team. He committed suicide in 2009 after a severe bout of depression.

*48 Matsutoya Yumi (1954-) is a singer-songwriter from Hachioji, Tokyo.

*49 Kimura Kaela (1984-) is a singer and fashion model from Tokyo.

●Char

Char was born in the Shinagawa Ward of Tokyo and started learning the piano in grade school, and playing the guitar at age eight. His interest gradually shifted to the guitar after he started listening to the music of guitarists like Jimi Hendrix, Eric Clapton, and Jeff Back. In the second half of the 60s, he starting playing in amateur bands performing covers of Western rock music. In 1971, at the age of 16, he competed in the Yamaha Light Music Contest (*50), winning second place in his local division for an original song that he had written. He subsequently began working as a session guitarist.

*50 The Yamaha Light Music Contest was for bands, while the Yamaha Popular Song Contest was for solo acts. Well-known artists that were discovered through these contests include Nakajima Miyuki and Chage & Aska.

Alongside his studio work he also continued to perform in amateur bands, garnering so much attention in the industry that he was invited by Uchida Yuya to perform at a rock music event he was organizing. In the second half of the 70s, he made his solo debut from Pony Canyon as a kind of kayokyoku idol/guitarist/vocalist, achieving success with his debut album Char and in particular the song “Smoky”. However, he soon became disenchanted with TV appearances and the other commitments of a kayokyoku idol, and he resolved to step away from pop stardom and reemerge with a real rock band.



Just as he was about to come back onto the scene as part of the supergroup Johnny, Louis & Char—which featured drummer Johnny Yoshinaga (*51) and Louise Louis Kabe (*52) of Golden Cups fame—he was forced to step back from the spotlight due to suspicion of illegal use of stimulants. In 1979, Carmen Maki hired Char to be part of her tour band, and afterwards Johnny, Louis & Char (later renamed Pink Cloud) would play a legendary free concert at Hibiya open-Air Concert Hall. Char has continued to perform as a solo artist as well as produce other acts.

*51 Johnny Yoshinaga (1949-2012) was a drummer from Fukuoka Prefecture.

*52 Louise Louis Kabe (1948-) is a Japanese bassist and guitarist.

●Inoue Yosui

The Fukuoka-born Inoue Yosui started listening to Western artists such as Elvis Presley as a grade schooler, and became obsessed with the Beatles in middle school. His father, a dentist, originally hoped his son would succeed him, but Inoue decided to move to Tokyo and pursue a career as a singer-songwriter after he failed his dental school entrance exams three times. In 1969, he submitted a home-recorded song to the radio show “Smash!!11”; he was signed to CBS Sony after the song received a large number of requests, but his first few singles were unsuccessful, and he eventually left the label. Around that time he met and became friendly with people like the folk singer Komuro Hitoshi and future RC Succession frontman Imawano Kiyoshiro. Komuro would introduce Inoue to Bob Dylan’s music, which would lead him down a more folk-leaning and socially conscious path.



In 1972, Inoue signed with Polydor Records and released his first album, Danzetsu, which featured what became one of his signature songs, “Kasa ga Nai” (I don’t have an umbrella). In 1973, he released the single “Yume no Naka e” (Into a dream), which became his first hit. He subsequently shot to superstardom along with the 70s folk music craze and became famous for his dark sunglasses, eccentric lyrics, and melancholic voice.

Inoue continued his solo career while cultivating other up and coming musicians: his backup band, centered on vocalist Tamaki Koji, embarked on a decade of commercial success as Anzen Chitai, and he also wrote songs and lyrics for artists like Nakamori Akina. In the 90s, he formed a successful collaborative partnership with fellow singer-songwriter Okuda Tamio, scoring a massive hit with the song “Asia no Junshin” (True Asia) for the female pop duo Puffy. Today he remains one of the most respected musicians in Japan.



欧米のサイケデリック・ミュージックの影響を受けた70年代の日本のロック・ミュージシャンたち

●内田裕也とフラワーズ

今では樹木希林の夫として有名な内田裕也は、エルヴィス・プレスリー(※11)に憧れてミュージシャンを目指すために大阪の高等学校をドロップアウトし、1959年に渡辺プロダクションに所属し、歌手としてプロ・デビューを果たしました。その後バンドを渡り歩きながら、ベンチャーズ(※12)やビートルズの影響を受け、よりロック色を強めていきました。1966年にビートルズが日本公演を行なった際に、グループ・サウンズのバンドのメンバーなどから特別に編成されたバンドの一員として前座を務め、その縁でジョン・レノンとも仲良くなります。1967年の春頃に3ヶ月ほどヨーロッパに渡り、各国を放浪しながら、ジミ・ヘンドリックス(※13)、クリーム(※14)、ピンク・フロイド(※15)などのロックを生で体験し、強い衝撃を受けました。

※11 エルヴィス・プレスリー(1935年〜1977年)は、「キング・オヴ・ロックンロール」と称されたアメリカのミュージシャン、映画俳優です。

※12 ザ・ベンチャーズは、1959年に結成された、サーフ・サウンドの元祖とされるアメリカのインストゥルメンタル・バンドです。

※13 ジミ・ヘンドリックス(1942年〜1970年)は、ロック史上最大のギタリストとされるアメリカのミュージシャンです。

※14 クリームは、1966年から1968年まで活動した英国のハード・ロック・バンドです。ジャック・ブルース、エリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカーによる3人組です。

※15 ピンク・フロイドは、プログレッシヴ・ロックの先駆者として知られる英国のロック・バンドです。

帰国後に「フラワーズ」というバンドを結成し、ジャズ喫茶でのライヴ活動を通してジェファーソン・エアプレイン(※16)やジャニス・ジョプリン(※17)など、欧米のサイケデリック・ロックを日本に紹介しようとしました。1969年には、ジャケットにメンバーのヌード写真を使用したカヴァー・アルバム『チャレンジ!』をリリースするものの、セールズには繋がりませんでした。翌年に内田はプロデューサー役にシフトし、世界的に勝負できるバンドを作るために、他のグループ・サウンズのバンドに所属していたヴォーカル担当の”ハーフ”のジョー山中(※18)やギタリストの石間秀樹(※19)をスカウトし「フラワー・トラヴェリン・バンド」として再編成しました。



※16 ジェファーソン・エアプレインは、1965年に結成されたアメリカのロック・バンドです。一度解散後、ジェファーソン・スターシップと改名し再始動しました。

※17 ジャニス・ジョプリン(1943年〜1970年)は、1960年台後半に活躍した、女性ロック・シンガーの草分け的存在でした。

※18 ジョー山中(1946年〜2011年)は、神奈川県横浜市出身のミュージシャン、俳優、プロ・ボクサーです。

※19 石間秀樹(1944年〜)は、インド音階を駆使したシタール演奏でも知られる日本のロック・ギタリストです。

●フラワー・トラヴェリン・バンド


新しく編成されたフラワー・トラヴェリン・バンドは、1970年にデビュー・アルバム『エニーウェア』をリリースしました。(こちらのアルバム・ジャケットでもメンバーが裸で登場しています。)収録曲はアメリカのサイケデリック・ロック・バンドのブラック・サバスや、英国のプログレッシヴ・ロック・バンドのキング・クリムゾン(※20)などのカヴァー曲が中心となっているものの、それを単なるコピーで終わらせようとしない、音楽性の高いスタンスが表れている作品です。ちょうどその頃、大阪万博でライヴをするために来日したカナダのロック・バンド「ライトハウス」(※21)の目にとまり、「カナダに来てみないか?」と誘われます。その結果、前述の通り、フラワー・トラヴェリン・バンドは「日本発の海外進出バンド」となり、大傑作アルバム『SATORI』が生まれることとなりました。

※20 キング・クリムゾンは、1968年に結成された英国のプログレッシヴ・ロック・バンドです。

※21 ライトハウスは、1970年代に活躍したカナダのロック・バンドです。

北米で一定の成功を得たフラワー・トラヴェリン・バンドは、日本に帰国後も精力的にライヴ活動を続けました。1973年にはローリング・ストーンズの来日ツアーの前座を務める予定となっていました。しかし、ドラッグ問題でミック・ジャガー(※22)のヴィサは許されず、来日は中止となり、更なるステップ・アップのチャンスを逃してしまいます。同年に半分ライヴ演奏、半分ストゥディオ録音のアルバム『Make Up』(1973年)をリリースしました。このアルバムは熟成したサウンドを聴かせてくれる名盤ですが、日本の音楽シーンは既にロックではなくフォークにシフトしていたこともあり、セールズ的には失敗し、バンドは活動を中止することとなりました。テレヴィCMにも使用された収録曲『Make Up』は日本のロック史上ナンバー・ワンの楽曲であります。



※22 ミック・ジャガー(1943年〜)は、ローリング・ストーンズのヴォーカルとして知られる英国のロック・ミュージシャンです。

バンドのメンバーの中でもヴォーカルのジョー山中はその後もソロ・ミュージシャンとしての活動を続け、俳優業も行います。1977年の角川映画(※23)『人間の証明』には、俳優として出演するだけでなく、主題歌『人間の証明のテーマ』を歌いました。本作は母への愛を切なく歌ったバラードなのですが、そこにはジョー山中が小学生時代に母を亡くしたこと、日本に進駐していたアメリカ軍の父親の顔も名前も知らずに育ったことや、“混血児”(※24)として経験してきた生きづらさが伝わってくる魂の叫びが聴きどころです。しかし、山中は大麻取締法違反容疑で逮捕され、この曲のレイディオでのオンエアは自粛され、彼がこの歌をテレヴィで歌うことは当時叶いませんでした。それでも映画のテレヴィCMとして頻繁に流されたことがヒットへと繋がり、ミリオンセラーとなりました。



※23 角川映画は、一般的に角川書店に寄る映画を元にした、メディア・ミックス展開の成功例として知られる映画作品の総称です。

※24 混血児とは、いわゆる“ハーフ”のことです。今では差別的な表現という認識が一般的です。

●はっぴいえんど

1969年に結成された「はっぴいえんど」は、サウンドの面ではフォーク・ミュージックとサイケデリック・ロックを融合したことで知られるアメリカのロック・バンド「バファロー・スプリングフィールド」を強く意識しています。メンバー体制からするとむしろビートルズに近いとも言えるかもしれません。ヴォーカル/ギターの大瀧詠一(※25)とヴォーカル/ベイス担当の細野晴臣(※26)の音楽に対するこだわりはジョン・レノンとポール・マッカートニーのコンビを彷彿とさせますし、はっぴいえんど解散後にもギタリストとして第一線で活躍し続けている鈴木茂(※27)はジョージ・ハリソン的な存在ともいえます。その後、数々の歌謡曲やニュー・ミュージックの作詞を行うドラムズ担当の松本隆(※28)はその歌詞を通してメンバーそれぞれの個性的なサウンドを音楽としてまとめ上げたという点で、ビートルズの中和剤的な存在であったリンゴ・スターに似ているともいえるかもしれません。いずれにせよ、この4人の活動は長期的に見ると、日本におけるロックとフォークと歌謡曲を隔てていた壁をとっぱらったといえます。言い換えると、後のJ-POP/J-ROCKへの道を切り開いたのがはっぴいえんどなのです。



※25 大瀧詠一(1948年〜2013年)は、岩手県出身のシンガーソングライター、作曲家、アレンジャー、音楽プロデューサーです。

※26 細野晴臣(1947年〜)は、東京都港区出身のミュージシャンです。

※27 鈴木茂(1951年〜)は、東京都世田谷区出身のギタリスト、作曲家、編曲家です。

※28 松本隆(1949年〜)は、東京都港区出身の作詞家、ミュージシャンです。



このことは、はっぴいえんど解散後の活動を見ると一目瞭然です。大瀧詠一は、米軍基地のある福生(やはり中央線沿い)のレコーディング・ストゥディオをベイスにソロ活動を続け、1981年には1曲を除いて全ての歌詞が松本隆によって手がけられたアルバム『A LONG VACATION』で大ヒットを記録します。また、彼のナイアガラ・レーベルからは、山下達郎(※29)のデビュー作となったシュガー・ベイブ(※30)の『SONGS』(1975年)などがリリースされました。細野晴臣は、鈴木茂や今やユーミンの夫で自動車評論家としても有名な松任谷正隆(※31)とキャラメル・ママというバンドを組み、一方で荒井由実などのプロデュースも行いました。更に、『HOSONO HOUSE』など自身のソロ活動に加え、80年代にはストゥディオ・ミュージシャンの坂本龍一(※32)と元サディスティック・ミカ・バンドの高橋幸宏(※33)とY.M.O.を結成し、世界的な人気を得るようになりました。

※29 山下達郎 (1953年〜)は、東京都豊島区出身のシンガーソングライター、ミュージシャンです。

※30 シュガー・ベイブは、1973年から1976年まで活動した日本のロック・バンドです。

※31 松任谷正隆(1951年〜)は、東京都出身の音楽プロデューサー、アレンジャー、キーボーディスト、作曲家です。

※32 坂本龍一(1952年〜)は、東京都中野区出身のミュージシャン、作曲家、編曲家、作詞家、音楽プロデューサーです。

※33 高橋幸宏(1952年〜)は、東京都目黒区出身のミュージシャンです。

鈴木茂は、70年代半ばにロス・アンジェレスに渡り、アメリカのミュージシャンを起用して初めてのソロ・アルバム『BAND WAGON』を発表しました。その後もアレンジャーやセッション・ミュージシャンとして数多くのレコーディングに参加しています。

松本隆は松田聖子(※34)、薬師丸ひろ子(※35)、中山美穂(※36)からKinki Kids(※37)まで、数多くのアイドルなどに詞を提供し、20世紀後半の日本の歌謡曲界を代表する作詞家の1人となりました。

※34 松田聖子(1962年〜)は、福岡県出身の歌手、シンガーソングライター、女優です。

※35 薬師丸ひろ子(1964年〜)は、東京都港区出身の女優、歌手です。

※36 中山美穂(1970年〜)は、東京都小金井市出身の女優、歌手です。

※37 Kinki Kidsは、堂本光一、堂本剛の2人で1993年に結成された男性アイドル・デュオです。

●カルメンマキ


アメリカ人の父と日本人の母の間に鎌倉市で生まれたカルメン・マキは、1968年に高校を中退した後、寺山修司(※38)が主宰していたアングラ劇団「天井桟敷」の舞台に感銘を受けて入団し、新宿で行われた初舞台でCBSソニー関係者の目に止まり、歌手として契約します。1969年に寺山が作詞を手がけた『時には母のない子のように』でデビューし、いきなりミリオンセラーを記録する大ヒットとなります。同年末のNHK紅白歌合戦ではジーパン姿でステージに登場し、話題を呼びました。成功のご褒美としてCBSソニー社長からプレゼントされたレコード・プレイヤーと数多くのLP盤の中にあったジャニス・ジョプリン(※39)のLPに衝撃を受け、ロックへの転向を決意します。1971年にブルーズ・ロック・バンドの「ブルース・クリエイション」と組んで『カルメン・マキ&ブルース・クリエイション』を発表し、妖艶な雰囲気や哀愁のある歌いっぷりで日本の女性ロッカーの草分け的な存在となります。その後、70年代末まで「カルメン・マキ&OZ」のヴォーカルとして活動します。中でも1975年のファースト・アルバム『カルメン・マキ&OZ』はフォークの時代の真っ只中に置いて異例のロック・アルバムの大ヒットとなりました。



※38 寺山修司(1935年〜1983年)は、東京都杉並区出身の歌人、劇作家です。

※39 ジャニス・ジョプリン(1943年〜1970年)は、アメリカ合州国テキサス州出身のロック・シンガーです。

●Creation

ヴォーカル/ギターの竹田和夫(※40)を中心としたブルーズ・クリエイションは、カルメン・マキとのコラボレーション後に解散しますが、メンバーの数人が1年も経たないうちに「クリエイション」と名前を改めて再結成します。1975年には東芝EMIより、内田裕也のプロデュースで、ファースト・アルバム『クリエイション』をリリースし、更にハード・ロック色の濃いサウンドを目指しました。この作品のジャケットには全裸の男の子たちが並んで立ちションベンをしている写真が使用されています。

※40 竹田和夫(1952年〜)は、東京都日本橋出身のギタリスト、歌手、作曲家です。


クリエイションはライヴ活動をする中でアメリカのハード・ロック・バンド「マウンテン」のベイス担当のフェリックス・パパラルディに誘われて渡米します。米国でセカンド・アルバム『クリエイション・ウィズ・フィリックス・パパラルディ』をレコーディングしました。このリリースに伴ってクリエイションは全米ツアーを行い、一方で日本人単独アーティストとして初の武道館コンサートを行うという成果を上げます。日本のロック史に残るクリエイションの名作とされるのが、ファンクやソウルの要素を多分に含んだサード・アルバムの『ピュア。エレクトリック。ソウル』(1977年)です。本作のジャケットにもやはり、全裸の男の子たちが登場しています。



●四人囃子

日本の若者の間で圧倒的に人気だったのがフォークだった中、フラワー・トラヴェリン・バンドやはっぴいえんどが既に活動中止、あるいは解散してしまいます。しかし、そうした中、日本独自のサイケデリック・ロック/プログレッシヴ・ロックのバンドも誕生しました。その代表例が「四人囃子」です。欧米におけるプログレの最盛期とも言える1974年にリリースされたデビュー・アルバム『一触即発』は、日本のロックの名盤とされています。

四人囃子は欧米のロックを内在化した上で、そこに日本的な感性を持ち込むことで日本独自のロックを生み出しました。四人囃子というバンド名に、能や歌舞伎、寄席や祭で演奏される“囃子”を連想させる言葉が用いられているように、彼らのシュールな日本語の歌詞は、日本のありふれた日常的な風景の中に潜む非日常を感じさせます。例えばザ・ドアーズの『ライダーズ・オン・ザ・ストーム』を彷彿とさせる『空と雲』の歌詞にはこんな一節があります。「そのあたりには 古いお寺がたくさんあって/子供たちが楽しげに遊んでいた」。さらに、『一触即発』の3曲目の題名は、『おまつり』です。他にも「夏の蝉の声」という歌詞であったり、ピンポン玉が弾む凛とした効果音など、外国人には“ノイズ”としか聞こえないサウンドに音楽的な魅力を感じる日本人独特の感性が全体的に感じるということができるのが四人囃子のロックの特徴です。



バンドのメンバーの中でも特筆すべきなのが、ギターの森園勝敏(※41)と、ベイスの佐久間正英(※42)です。森園は繊細なサウンドからアグレッシヴなサウンドを引き分けられる個性的なギタリストで、ハスキーな歌声も音楽の世界観とマッチングしています。森園は後にジャズ・フュージョン・バンドでギタリストの和田アキラ(※43)率いる「PRISM」(※43)に参加したり、セッション・ミュージシャンとして広く活動しています。佐久間はベイス以外にもキイボードやギターも弾けるマルチ・プレイヤーで、後に「BOØWY」「ザ・ブルーハーツ」「GLAY」「JUDY AND MARY」「エレファントカシマシ」など数々のJ-POPのアーティストたちを手掛けた名プロデューサーとして活躍します。

※41 森園勝敏(1954年〜)は、東京都出身のギタリストです。

※42 佐久間正英(1952年〜2014年)は、東京都出身のミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサーです。

※43 和田アキラ(1956年〜)は、東京都品川区出身のギタリストです。

●サディスティック・ミカ・バンド


60年代後半に活躍していたザ・フォーク・クルセダースのリーダーの加藤和彦(※44)は、ある日楽屋に押しかけてきた大ファンの福井ミカと出会い、その後恋仲となり、結婚まで至りました。この2人を中心に1971年に「サディスティック・ミカ・バンド」が結成されました。72年には後にY.M.O.のメンバーとなったドラマーの高橋幸宏や、ベイスの小原礼(※45)が加わり、翌年にファースト・アルバム『サディスティック・ミカ・バンド』をリリースします。この作品は当時、日本でのセールズは伸びなかったものの、英国で評判となり、後に“逆輸入”という形で日本でも評価されるようになりました。当時ビートルズやピンク・フロイドを手掛けたことで知られていた英国の音楽プロデューサーのクリス・トーマス(※46)は、本作をとても気に入り、サディスティック・ミカ・バンドにプロデュースの話を持ちかけます。その結果生まれたセカンド・アルバム『黒船』は日本のロック史に残る名盤とされています。この作品ではギタリストの高中正義のプレイも輝いています。

※44 加藤和彦(1947年〜2009年)は、京都府出身の音楽家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーです。

※45 小原礼(1951年〜)は、東京都出身のベイシスト、作曲家、音楽プロデューサーです。

※46 クリス・トーマス(1947年〜)は、英国の音楽プロデューサーです。



ところがミカは英国ツアー中にトーマスと恋愛関係になり、加藤と離婚したことによりバンドは1975年末に解散しました。「サディスティック・ミカ・バンド」という名前はそもそもジョン・レノンとオノ・ヨーコ(※47)の「プラスティック・オノ・バンド」をもじったものだったのですが、世界進出を目前にした矢先での空中分解は、正にバンド名が予言した通りとなってしまいました。

※47 オノ・ヨーコ(1933年〜)は、東京府出身のアメリカの前衛芸術か、音楽家、平和運動活動家です。

バンドはその後も1985年には松任谷由実(※48)を加えた「サディスティック・ユーミン・バンド」、2006年には木村カエラ(※49)を迎えて「サディスティック・ミカエラ・バンド」などの名義で度々再結成しています。加藤和彦は、後に作詞家の安井かずみと再婚するのですが、最期は心の病によって自殺してしまいました。

※48 松任谷由実(1954年〜)は、東京都八王子市出身のシンガーソングライターです。

※49 木村カエラ(1984年〜)は、東京都出身の歌手、ファッション・モデルです。

●Char

東京品川区に生まれ、耳鼻咽喉科・眼科の開業医を母に持ったCharは、子供の頃からピアノやギターを習い始めます。ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、ジェフ・ベックなどのプレイに感銘を受けて徐々にピアノよりもギターに没頭するようになりました。60年代後半、まだティーネイジャーになったばかりの頃からローリング・ストーンズやクリームなどの洋楽をカヴァーするバンドを結成し、アマチュア・ミュージシャンとして活動を始めました。1971年、16歳の時にヤマハ・ライトミュージックコンテスト(※50)に出場し、オリジナル曲で地区ブロックで2位を受賞したことをきっかけに、ストゥディオ・ミュージシャンとして働くようになりました。

※50 ヤマハ・ライトミュージックコンテストとは、ヤマハ・ポピュラーソングコンテストと並行して開催された、バンドを対象とした音楽コンテストでした。



セッション・ミュージシャンとして活躍する一方で自身のバンドも組み、70年代半ば頃には内田裕也が主宰していたロック・イヴェントやその他のロック・フェスにも呼ばれるレヴェルまで業界内の評判を高めていたものの、バンドは結局解散してしまいます。70年代後半には歌謡ロックのアイドル的なギタリスト&ヴォーカリストとしてソロで・デビューし、代表曲『Smoky』などが収録されたアルバム『Char』をリリースし、人気を博しました。しかし、テレヴィの歌番組に出演することが増える中で、本人の本来の指向とは異なる歌謡曲のアイドル的な活動が嫌になり、見切りをつけて新たに本格的なロック・バンドを結成することにします。

その矢先に、覚せい剤取締法違反の嫌疑がかけられたことで、一時活動休止を余儀なくされてしまいます。1979年にカルメン・マキが落ち込んでいたCharに声をかけ、彼女のツアー・メンバーとして復帰することとなります。その後、80年代初頭に金子マリ&バックスバニーのメンバーだったジョニー吉長(※51)と、グループ・サウンズの重要なバンドであった「ゴダイゴ」で有名となったミッキー吉野も所属していた「ゴールデン・カップス」のメンバーだったルイズルイス加部(※52)と共に「ジョニー・ルイス&チャー」 (後に「ピンク・クラウド」と改名)を結成しました。Charは、様々なスタイルのバンド活動をする一方で、他のミュージシャンのプロデュースも手掛けるようになりました。

※51 ジョニー吉長(1949年〜2012年)は、福岡県出身のドラマーです。

※52 ルイズルイス加部(1948年〜)は、日本のベイシスト、ギタリストです。

●井上陽水

福岡県出身の井上陽水は、小学生時代にはエルヴィス・プレスリーなどの洋楽を聴くようになり、中学生時代からビートルズに熱中するようになり、音楽への道を歩みだします。歯科医だった父親の後を継ぐことを期待されていたために、九州歯科大学を受験するものの3回も失敗し、大学進学を諦めて上京し、シンガー・ソングライターになるための活動に専念します。1969年にレイディオ番組『スマッシュ!!11』に持ち込んだ自宅録音の曲が数多くリクエストされたことを受けて、CBSソニーから正式デビューすることとなるものの、この曲は不振に終わります。しかしこの頃にフォーク・シンガーの小室等や後にRCサクセションの忌野清志郎と出会い、親交を深めました。小室からはボブ・ディランを勧められ、少しずつフォーク色が濃くなって行きました。



井上は1972年にポリドール・レコードから再デビューを果たし、名曲『傘がない』が収録されたファースト・アルバム『断絶』をリリースし、1973年のシングル『夢の中へ』で初のヒット作を記録しました。その後は70年代のフォーク・ブームが起こり、井上はその独特な歌詞の世界観と哀愁漂う歌声で一躍スター歌手となりました。

井上はその後もソロ活動に加え、80年代には彼のバックバンドを務めていた、玉置浩二を中心とした安全地帯がデビューしたり、中森明菜などの他の歌手に歌詞や曲の提供も行うようになりました。90年代にはPUFFYに提供した曲『アジアの純真』をヒットさせたり、同じくシンガー・ソングライターの奥田民生ともコラボレーションをするなど、現在も音楽業界で中心的な存在として活動を続けてきました。





4.Epilogue

It was complicated being a Japanese rock musician in the late 60s and 70s: not only was there the question of what language to sing in, bands had their work cut out for them trying to convey the appeal of rock music to the kayoukyoku-loving Japanese public. Of the “new rock” bands that incorporated psychedelic rock sounds and wrote English lyrics in the hopes of making it internationally, some were able to achieve a degree of fleeting overseas success before breaking up for one reason or another. In the end, Japanese audiences were not yet ready, and it would take a decade of folk music before the walls between rock and kayoukyoku were truly broken down.

Japanese rock musicians also struggled with whether or not to make TV appearances. Unlike their counterparts in the U.S. and U.K., who were unfazed by TV and were unafraid to offend or stir public controversy, Japanese rock musicians saw refusing to appear on TV as their way of taking a stand. Unfortunately, that meant their sound had trouble connecting with the general public. It didn’t help that for many of them, the counterculture and the rock lifestyle were a fad—a kind of fashion—rather than a political or social movement. It could be said they lacked a certain conviction.

Folk artists like Yoshida Takuro were also steadfast in their refusal to appear on TV. Unlike their rock peers, they could afford to do so, as their embrace of kayokyoku elements made their sound more accessible to general Japanese audiences. If anything, their principled stance elevated their status among young fans. But starting around the turn of the century, even they would have to start making TV appearances in order to remain relevant and make a living.

The musicians of the era also had to reconcile their love for American culture with Japan’s complicated relationship with the U.S. since the end of the Second World War. Ohtaki Eiichi was deeply enamored with American pop music, and as a youth religiously listened to the Far East Network (*53). After Happy End broke up, both Ohtaki and Hosono Haruomi based themselves in so-called America-mura (*54). All of it was even more complicated and difficult for half-Japanese performers like Joe Yamanaka and Carmen Maki.

*53 Far East Network was a network of American military radio stations serving U.S. Forces in Japan, the Philippines, and Guam, now known as the American Forces Network (AFN).

*54 American-mura are neighborhoods that developed a strong Western-oriented youth culture due to their proximity to U.S. military bases.

Then there is the issue of drugs like marijuana and psychedelic experience-inducing stimulants. In 1977, Uchida Yuya, Joe Yamanaka, and even Inoue Yosui were all arrested for suspected violation of the Cannabis Control Law. Happy End guitarist Suzuki Shigeru started using marijuana shortly after the band broke up, and was arrested on similar charges in 2009. The guitarist Char had to go on hiatus after he was suspected of taking stimulants. In 2019, Rize bassist KenKen and frontman Jesse were arrested for drugs as well—Kenken is the son of Johnny Yoshinaga and Jesse is the son of Char. The same year Pierre Taki, one-half of the techno pop duo Denki Groove, was arrested for cocaine use. In February 2020, Makihara Noriyuki was arrested again for the use of illegal stimulants.

Perhaps these drug problems partly persist because of the kind of struggles I’ve written about above. Many Japanese musicians, having seen overseas artists perform up close, realized that an insurmountable wall stood in front of them and international success. Dejected, they turned to the relief of drugs.

Despite their sometimes troubled history, it’s clear that they are also responsible for laying the foundations for modern Japanese music, both creatively and in terms of their progeny—many of whom are the J-Pop stars of today. Their legacy cannot be ignored, nor should it be forgotten. Part of that legacy is the truism that behind art that captivates audiences and brings about change in the world, there is the passion of those who partake in “immoral” behavior.

10. エピローグ

今回、このコラムで見てきたように、60年代終盤、70年代前半に台頭した日本のロック・ミュージシャンには、様々な葛藤がありました。それは歌詞を英語にするべきか、日本語にするべきという表面的な問題のみならず、ロックという音楽の魅力をどのように歌謡曲好きな日本人に伝えるか、という根本的な問題です。日本独自のハード・ロックやサイケデリック・ロックのサウンドを追求し、英語歌詞で海外進出への手がかりを手にしていた「ニュー・ロック」のバンドたちは全て、一時的な成功しか手に入れることができず、そのほとんどが解散してしまいました。結局、日本国内でもバリバリなロックは広く受け入れられず、欧米のロックやフォークと日本の歌謡曲の要素をブレンドした「ニュー・ミュージック」のアーティストたちが人気を集めるようになりました。

彼らの葛藤は、テレヴィの音楽番組に出演するかしないか、という点でも伺うことができます。アメリカや英国のテレヴィ番組に積極的に出演していた欧米のロック・ミュージシャンとは違って、日本のロック・ミュージシャンの間ではテレヴィには出たくないという反骨精神のようなものありました。欧米のロック・ミュージシャンには、例えテレヴィ局に嫌われようと、自分たちの個性を前面に出す覚悟があったのに対して、ヒッピー文化などのカウンターカルチャーが「政治的な運動」としてではなく「ファッション」として流行った日本のロック・ミュージシャンの間には、それだけの覚悟がなかったのかもしれません。

一方で、フォーク界でも吉田拓郎を筆頭に「テレヴィ出演拒否」が貫かれました。フォーク系のミュージシャンの場合は、歌謡曲の要素を多く取り込んでいたことからそもそも日本の若いリスナーには違和感なくそれを受け入れていたにも関わらず、「テレヴィ出演拒否」することでむしろ自分を神格化させるための戦略だったのかもしれません。ところがこうしたミュージシャンも、00年代以降、生き残るために進んでテレヴィに出演するようになります。

また、この時代のミュージシャンたちの間には「戦勝国のアメリカの文化に対する憧れ」もありました。岩手県出身の大瀧詠一はアメリカン・ポップスに夢中になり、レイディオを自作して米軍極東放送(FEN)(※53)の番組を聴き込みました。大瀧も細野晴臣も、はっぴいえんど解散後に米軍基地付近のいわゆる「アメリカ村」(※54)(大滝は福生、細野は埼玉県狭山市)に自宅兼ストゥディオを構えるようになったのもその例です。中には、名前も顔も知らない米軍の兵士を父に持ったジョー山中や、ジャニス・ジョプリンに強く憧れたカルメン・マキのように、「戦後の日本で“混血児”として生きていくこと」という難しさを原動力としたミュージシャンもいたことを忘れてはならないのでしょう。

※53 米軍極東放送(FEN)は、太平洋戦争中に米国兵士を激励するためのレイディオ放送を起源とした放送局です。1997年以降はAFN(American Forces Network)と呼ばれています。

※54 アメリカ村とは、米軍基地に隣接した商店街のことです。アメリカの食べ物や雑貨や飲食店が並んでいることで知られ、50年代以降は若者文化の中心地ともなりました。

サイケデリック・ミュージックが日本の音楽界に及ぼした影響を語る上で、麻薬や覚醒剤などのドラッグの問題も決して忘れてはならない点です。1977年には内田裕也やジョー山中、井上陽水も大麻取締法違反容疑で逮捕されています。はっぴいえんどの鈴木茂も、バンド解散後の頃から大麻の使用を始め、2009年に大麻取締法違反で逮捕されました。70年代後半にはCharに覚せい剤取締法違反の嫌疑がかけられ、一時活動休止を余儀なくされています。前述の金子マリとジョニー吉長の息子であり、1997年に下北沢で結成されたロック・バンド「RIZE」のベイス担当であるKenKenと、バンドのヴォーカル/ギター担当のCharの息子のJESSEも、2019年に大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。同年にはテクノ・ポップ・グループの電気グルーヴのピエール瀧がコカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕され、2020年2月には槇原敬之が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。

欧米のサイケデリック・ミュージックの影響を受けた日本のミュージシャンの間で、ドラッグ問題が後を絶えないのは、上記の葛藤が少なからずとも関係しているのは間違い無いでしょう。海外の音楽シーンを実際に目の当たりにした日本のスターたちの中には、そこに乗り越えられない壁を感じ、挫折を味わってドラッグに手を伸ばしてしまった人もいるのでしょう。

同時に、前述した歴史からも分かるように、この世代のミュージシャンこそが、現在のJ-POP市場の基盤を作り、その子供たちが今日本を代表するスターとなっているケースもあります。彼らのドラッグ使用は日本では違法でありますが、彼らが生み出した音楽を否定することはできないのです。日本や欧米のみならず、世界的に見ても、人々を魅了したり、世の中を変える表現というものには、社会一般のモラルに反する行動をとる人たちのパッションがどうしてもあるようです。

keywords

#HippieCulture #Counterculture #Shinjuku
#JRChuoLine #PsychedelicRock #PsychedelicMusic
#HardRock #ProgressiveRock #JPOP
#JROCK #70s #TheBeatles
#TheRollingStones #GroupSounds #NewRock
#NewMusic #UchidaYuya #FlowerTravellinBand
#JoeYamanaka #IshimaHideki #OhtakiEiichi
#HosonoHaruomi #SuzukiShigeru #MatsumotoTakashi
#AraiYumi #MatsutoyaMasataka #SakamotoRyuichi
#TakahashiYukihiro #CarmenMaki #TerayamaShuji
#TakedaKazuo #Creation #YoninBayashi
#SadisticMikaBand #MatsutoyaYumi #Char #InoueYosui

#ヒッピーカルチャー #カウンターカルチャー #新宿
#JR中央線 #サイケデリックロック #サイケデリックミュージック
#ハードロック #プログレッシヴロック #Jポップ
#Jロック #70年代 #ザビートルズ
#ザローリングストーンズ #グループサウンズ #ニューロック
#ニューミュージック #内田裕也 #フラワートラベリンバンド
#ジョー山中 #石間秀樹 #大瀧詠一
#細野晴臣 #鈴木茂 #松本隆
#荒井由実 #松任谷正隆 #坂本龍一
#高橋幸宏 #カルメンマキ  #寺山修司
#竹田和夫 #クリエイション #四人囃子
#サディスティックミカバンド #松任谷由実 #チャー #井上陽水




MUSIC & PARTIES #042

Spoken Readings for Japanese Study
Japanese Musicians Influenced by the Psychedelic Rock of the Late 60s and Early 70s − The Music of California (30)
サイケデリック・ロックの影響を受けた日本のミュージシャン − カリフォルニア生まれの音楽(30)
2020/08/24


MUSIC & PARTIES #042

英語力がドンドンつく学習法
Japanese Musicians Influenced by the Psychedelic Rock of the Late 60s and Early 70s − The Music of California (30)
サイケデリック・ロックの影響を受けた日本のミュージシャン − カリフォルニア生まれの音楽(30)
2020/08/24


SHARE
FOLLOW