TwitterFacebookInstagramYouTubefeed

2020/06/22 #039
Dance/Club Music Picks: Labels, DJs, and Albums by Genre- The Music of California (28)
オススメのダンス・ミュージック/クラブ系のレイベル、DJ、アルバム − カリフォルニア生まれの音楽(28)

*Scroll to the end of the text for our video language lessons
※動画レッスンは、テキストの最後にあります


Overview / 目次

1.Prologue / プロローグ

2. House Music / ハウス・ミュージック

3. Techno / テクノ

4. Big Beat / ビッグ・ビート

5. Progressive House / プログレッシヴ・ハウス

6. Trip Hop/Drum ’n’ Bass/Dubstep / トリップ・ホップ/ドラムンベイス/ダブステップ

7. Trance Music / トランス・ミュージック

8. “EDM”

9. Ambient/New Age/IDM/Lounge Music / アンビエント/ニュー・エイジ/IDM/ラウンジ・ミュージック

10. Epilogue / エピローグ

1.Prologue

In this series we’ve provided an overview of the different kinds of electronic dance music, shining a light on some of the important artists and classic tracks that came to define each genre.

In this column I’ve put together a list of albums to provide new listeners with an introduction to the best that each genre has to offer. As many of the seminal albums of club music are now difficult or impossible to obtain, I’ve tried to choose works that can be purchased new. Thankfully, the EDM craze of the past decade has led to many classic albums being reissued.

Many of the albums in this article can be found on music streaming sites. If you choose to listen on those platforms, I recommend making sure the audio you’re listening to not MP3 format, and is at the least of CD quality (16 bit/44.1 kHz) (*1). As we’ve mentioned in this series before, electronic dance music is meant to be felt with the entire body, not just listened to with the ears. For recommendations for the best soundsystem/audio equipment to listen to this music, check out BigBrother’s articles GEAR & BUSINESS #004 and #005.

*1 About sound quality. 128kbps and 360kbps are MP3 quality. CD quality is 16 bit/44.1 kHz. High-resolution is 24 bit/96 kHz and above.

1. プロローグ

これまでエレクトロニック・ダンス・ミュージックを取り上げてきたこのシリーズでは、様々なジャンルの成り立ちや代表的なアーティストたちを紹介してきました。その中で歴史的な役割を果たした多くの名曲にもスポットを当ててきました。

このコラムでは、これまで取り上げた主なジャンルを知るためのオススメのアルバムをリストアップします。クラブ系の“名作”と呼ばれるアルバムの多くは廃盤となり入手困難となっているということもあり、なるべく新品で入手できるものを中心に選びました。また、ありがたいことに近年の“EDM”ブームのおかげで、リイッシューされているものも増えてきてます。

今回紹介するアルバムの中には、オンラインの音楽配信サーヴィスを通してストリーミングできるもの、購入できるものもあります。そういったサーヴィスを利用する場合は、少なくともMP3ではなくCDクオリティー(16 bit/44.1 kHz)(※1)の音源を入手することをオススメします。また、CDでもデジタル・データの場合でも、それなりのサウンドシステムを通して聴くことはマストです。何しろ、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの多くは“耳で聴くもの”ではなく、“体で感じるもの”だからです。サウンドシステムに関しては、BigBrotherがGEAR & BUSINESS #004#005でオススメの音響機材を紹介していますので、そちらもご参照ください。

※1 音質について。128kbps は平均的なMP3、360kbpsはMP3の上限のビットレイトです。CDクオリティは16 bit/44.1 kHzのことで、ハイレゾは24 bit/96 kHzなど、CD以上のビットレイとのことを指します。



2. House Music / ハウス

●Ministry of Sound

Ministry of Sound opened in London in 1991, and has been a sanctuary for house music in the U.K. ever since. Modeled after the Paradise Garage (*2) in New York, the club is known for the attention and care put into its sound system. It also runs a record label that has released many dance music compilations featuring classic tracks for an affordable price—the best initiation for those who want to know what good house music is (*3).

*2 The Paradise Garage was a legendary gay disco that operated in New York City be-tween 1977 and 1987.

*3 For more on house music, check out MUSIC & PARTIES #026.

●ミニストリー・オブ・サウンド

「Ministry of Sound」は1991年にロンドンにオープンした、英国のハウス・ミュージック・シーンの聖地です。ニューヨークの「Paradise Garage」(※2)をモデルとしており、空間作りの中でも特に音響システムへのこだわりが強いことで知られています。レイベルからはハウス・ミュージック系のコンピレイション・アルバムを多数リリースしており、手頃な値段で入手できますので、「良質なハウス・ミュージックとは何か」(※3)が知りたい初心者にオススメです。

※2 パラダイス・ガラージとは、1977年から1987年までニューヨークのマンハッタン区に存在したゲイ・ディスコです。ハウス・ミュージックの1つの発祥の地とされています。

※3 ハウス・ミュージックについては、MUSIC & PARTIES #026で取り上げました。

LIVE & REMASTERED - 20th ANNIVERSARY BOXSET

Deep House Anthems

Throwback House Party

Throwback Garage

Throwback Ibiza

Throwback 90s Dance

Throwback Chillout

Throwback Trance

●Defected Records

Defected Records is one of the U.K.-based labels that has led the house music scene for over 20 years. It organizes many club nights in the U.K., as well as in Europe, the U.S., and Ibiza, and impressively straddles the line between mainstream success and under-ground respect. In its early years it was partly funded by Ministry of Sound. Defected is also known for its many compilation albums, especially the mix CD series “In the House” and the “House Masters” series spotlighting some of the legendary names of the genre.

●ディフェクッテッド・レコード

「Defected Records」は20年以上に渡って英国のハウス・ミュージック・シーンを牽引してきたレイベルです。英国を中心にヨーロッパ、アメリカ、イビザ島などで多くのクラブ・イヴェントを開催しており、メインストリームでもアンダーグラウンドでも高い人気を誇っています。立ち上げの頃は「Ministry of Sound」が資金提供をしていたそうです。多くのコンピレイション・アルバムを発表しており、特に『In the House』というミックスCDシリーズや、ハウス界の重鎮が手がけた『House Masters』シリーズが人気です。

Defected Clubland Adventures

Defected in the House - International Edition

Defected in the House - Tokyo ‘11

House Masters: Blaze

House Masters: Osunlade

●French-style house and electro

The best music in this subgenera speaks to both dance music fans and rock/pop fans. Especially recommended is the music of Daft Punk, who first introduced the world to French-style house and electro in the 90s, Justice, who developed the electro sound by introducing more elements of rock in the early 2000s, and the music of Kitsuné, a la-bel/fashion brand started in 2002 by Frenchman Gildas Loaëc and Kuroki Masaya. (*4)

*4 For more on French-style house and electro, check out MUSIC & PARTIES #033.

●フレンチ・スタイルのハウスとエレクトロ

90年代にフレンチ・スタイルのハウスとエレクトロを世界的に広めた「ダフト・パンク」、2000年代によりロック色を強めたエレクトロ・サウンドでブレイクした「ジャスティス」、2002年にフランス人のジルダ・ロアエックと日本人の黒木理也が立ち上げたレイベル兼ファッション・ブランド「Kitsuné」のコンピレイションなどは、普段は主にロックやポップを聴いているファンにもアピールするダンス・ミュージックです。(※4)

※4 フレンチ・スタイルのハウスとエレクトロについては、MUSIC & PARTIES #033で取り上げました。

Daft Punk - Musique Vol 1: 1993-2005

Daft Punk - Alive 2007

Justice - A Cross the Universe

Justice - Woman

Kitsune Maison Compilation 5

Kitsune Maison Compilation 7



3. Techno / テクノ

●Detroit Techno

There are fewer Detroit techno mix CDs and compilations out there than there are for house music, but here are a few to get you started. One compilation from techno pioneer Derrick May, one compilation from Jeff Mills’ label, and a couple mix CDs from Carl Craig’s new Detroit Love series. (*5)

*5 For more on Detroit techno, check out MUSIC & PARTIES #026.

●デトロイト・テクノ

ハウスに比べてデトロイト・テクノ系のミックスCDは稀ですが、シーンのパイオニアであるデリック・メイや、第2世代を代表するDJのジェフ・ミルズがミックスされていないコンピレイション・アルバムをリリースしています。また、数年前に同じくデトロイト・シーンの第2世代を代表するDJ、カール・クレイグが「Detroit Love」というミックスCDシリーズをスタートさせ、これまで3作品発表されています。(※5)

※5 デトロイト・テクノについては、MUSIC & PARTIES #026で取り上げました。

We Love…Detroit Compiled by Derrick May & Jimmy Edgar

Jeff Mills - Sequence: A Retrospective of Axis Records

Detroit Love Vol.1: Stacey Pullen

Detroit Love Vol.2: Carl Craig

●Sven Väth/Cocoon

Sven Väth’s German techno label Cocoon has cultivated a lot of great DJ/producers over the years. The label periodically releases unmixed compilations featuring the labels best tracks, but I recommend Väth’s “Sound of the Season” mix series, in which he looks back on the past Ibiza season.

*6 For more on German techno, check out MUSIC & PARTIES #032.

●スヴェン・ヴァス/コクーン

スヴェン・ヴァスが運営するジャーマン・テクノのレイベル「Cocoon」からは多くの優れたアーティストが輩出されています。レイベルの人気のトラックを収録したコンピレイションも販売されていますが、ヴァス本人が毎年のイビザ島のクラブ・シーズンを振り返ったミックスCDシリーズが特にオススメです。(※6)

※6 ジャーマン・テクノについては、MUSIC & PARTIES #032で取り上げました。

Sven Väth in the Mix - The Sound of the 14th Season

Sven Väth in the Mix - The Sound of the 18th Season

Sven Väth in the Mix - The Sound of the 19th Season

Sven Väth in the Mix - The Sound of the 20th Season

●Kompakt

Berlin is the capital of German techno, but Cologne-based producer Michael Mayer’s label Kompakt provides a warmer counterpoint to the drier, more industrial sounds of techno from Berlin. Artists like The Field and Gui Boratto, who combine techno with elements of ambient music and trance, are especially noteworthy.

●コンパクト

ジャーマン・テクノの中心地はベルリンですが、ケルンを拠点とするプロデューサーのマイケル・マイヤーが立ち上げた「Kompakt」も優れたテクノ・レイベルです。工業的な冷たさが特徴だったベルリンのテクノに対して、コンパクトはトランスやアンビエントの要素を取り入れたより暖かいサウンドを目指し、ザ・フィールドやギイ・ボラットとったテクノ・アーティストを輩出しました。

Kompakt Total 19

Pop Ambient 2019

The Field - Looping State of Mind

Gui Boratto - Take My Breath Away

●Other techno

The second-generation Detroit techno DJ and minimal techno pioneer Richie Hawtin has released a number of seminal techno albums under his recording alias Plastikman. Also, the U.K. underground club/label Fabric is known for providing a platform to some of the biggest names in techno.

●その他のテクノ

デトロイト・テクノの第2世代のDJの1人でもあり、ミニマル・テクノの重鎮なのが、カナダ出身のリッチー・ホーティンです。「Plastikman」とは、リッチー・ホーティンがレコーディングで使う名義です。また、英国の名物ナイトクラブ/レイベルの「Fabric」も、人気テクノ・アーティストのミックスを数多くリリースしています。

Plastikman - Musik

Plastikman - Ex

Fabric 36 - Ricardo Villalobos

Fabric 66 - Ben Klock

Fabric 91 - Nina Kraviz

KI15 - The Best of Ken Ishii



4. Big Beat / ビッグビート

●Fatboy Slim

As Fatboy Slim himself put it, “the name came from our club, the Big Beat Boutique, which I'm tremendously proud of. I always thought the formula of big beat was the breakbeats of hip-hop, the energy of acid house, and the pop sensibilities of the Beatles, with a little bit of punk sensibility, all rolled into one.” During his time as resident DJ of the Big Beat Boutique, Fatboy’s experimenting on the decks would lead him to developing the big beat sound. (*7)

*7 For more about Fatboy Slim and big beat, check out MUSIC & PARTIES #028 and #029.

●ファットボーイ ・スリム

ファットボーイ・スリム曰く、ビッグ・ビートとは「ヒップホップのブレイクビーツ、アシッド・ハウスのエネルギー、ビートルズのポップっぽさ、そしてパンク・ロックのアティテュードを少し、融合させたもの」だそうです。ファットボーイは、1995年に英国・ブライトンでオープンしたナイトクラブ「ビッグ・ビート・ブティック」のレジデントDJになり、実験的なプレイを追求した末にビッグ・ビートというジャンルが生まれました。(※7)

※7 ファットボーイ・スリムをはじめビッグ・ビートについては、MUSIC & PARTIES #028#029で取り上げましたMUSIC & PARTIES #028 and #029.

Why Try Harder: The Greatest Hits

On the Floor at the Boutique

The Greatest Hits Remixed

Big Beach Boutique 5

●Underworld

Underworld broke through to the mainstream in the late 90s with its unique blend of rock and techno music. While they’ve released memorable music at every stage of their career, I especially recommend the work they released with techno DJ Darren Emerson. “Live From the Roundhouse”, while from later in their career, is a set that balances their new music with their old, and was only released in Japan.

●アンダーワールド

ロックとテクノを融合させたスタイルで90年代後半に世界的にブレイクしたアンダーワールドは、30年間のキャリアを誇るヴェテランです。中でも90年代にDJのダレン・エマーソンと共に制作したアルバムがオススメです。『Live From the Roundhouse』はエマーソンが抜けた後の作品ですが、新品が手に入る数少ないアンダーワールドのライヴ・アルバムの1つで、日本限定のリリースです。

Second Toughest in the Infants

Beaucoup Fish

Live From the Roundhouse

Drift Series 1 - Sampler Edition

●The Chemical Brothers

The Chemical Brothers have released many great albums to date, so as an entry point I would recommend their best-of compilation “Brotherhood”. “Don’t Think” is a live album featuring their headlining set from the 2011 Fuji Rock Festival. Also, be sure to hop onto YouTube to check out their iconic music videos, namely the ones directed by Spike Jonze (*8) and Michel Gondry (*9).

*8 Spike Jonze (1969- ) is an American movie director, screenwriter, and producer.

*9 Michel Gondry (1963-) is a French movie director, screenwriter, and video arti

●ケミカル・ブラザーズ

ケミカル・ブラザーズはこれまで多くのアルバムを発表していますが、初心者にはベスト盤『Brotherhood』がオススメです。『Don’t Think』は、2人が2011年にフジロック・フェスのヘッドライナーとして行ったライヴの音源と映像を収録したものです。YouTubeにはスパイク・ジョーンズ(※8)やミシェル・ゴンドリー(※9)が監督したミュージック・ヴィデオも公開されていますので、是非チェックして下さい。

※8 スパイク・ジョーンズ(1969年〜)は、アメリカの映画監督、脚本家、プロデューサーです。

※9 ミシェル・ゴンドリー(1963年〜)は、フランスの映画監督、脚本家、映像作家です。

Brotherhood - The Best of the Chemical Brothers

Surrender

Born in the Echoes

Don’t Think - Live at Fuji Rock Festival

●The Prodigy

The Prodigy rose to prominence with its blend of punk rock attitude and rave music ferocity. Frontman Keith Flint’s death in March 2019 sent shockwaves throughout the dance music world.

●ザ・プロディジー

ザ・プロディジーはパンク・ロックの精神をレイヴ・ミュージックに持ち込んだ、90年代を代表するビッグ・ビートのバンドです。バンドのフロントマン的存在であったキース・フリントが2019年3月に亡くなったというニューズはダンス・ミュージック界に衝撃を与えました。

Their Law: The Singles 1990-2005

Music for the Jilted Generation

The Fat of the Land

Worlds on Fire



5. Progressive House / プログレッシブハウス

●Sasha

By meticulously taking apart and rebuilding a selection of tracks for his album “Involver”, Sasha changed the game by blurring the line between a traditional mix CD and an original album. On “Fundacion NYC”, which is based on his sets from the legendary New York nightclub Twilo, he perfected the art of using the Ableton software to essentially create remixes on the fly. (*10)

*10 For more on progressive house, check out MUSIC & PARTIES #031.

●サシャ

サシャは伝説のミックスCDシリーズ『Involver』で、既存のトラックを繋げるだけでなく、その要素を全て分解して組み立て直した上で重ね合わせたことが高く評価されました。また、『Fundacion NYC』は、ニューヨークの伝説のナイトクラブ「トライロ」でのDJプレイを元に制作されたミックスCDで、ターンテーブルやCDJの代わりに「Ableton」というソフトウェアを使って完全にデジタルでミックスしたことが話題となりました。(※10)

※10 プログレッシヴ・ハウスについては、MUSIC & PARTIES #031で取り上げました。

Involver

Fundacion NYC

Invol2ver

Scene Delete

●John Digweed

For the past decade or so, Digweed has released some of his best DJ sets as multi-CD live albums, which are all worth a listen. Especially recommended is “Live in Tokyo”, which features his April 2018 set from the nightclub Contact (*11) in Shibuya, Tokyo.

*11 Contact is a midsize nightclub located along Dogenzaka in Shibuya. https://www.contacttokyo.com/

●ジョン・ディグウィード

ジョン・ディグウィードはここ10年間、世界各地で行ったパーティーから選りすぐりのDJセットを収録したミックスCDをリリースしており、高い評価を受けています。2018年にリリースされた『Live in Tokyo』は、2018年4月に東京・渋谷のナイトクラブ「Contact」(※11)のセットを収録したものです。

※11 Contactは、渋谷の道玄坂に位置するナイトクラブです。https://www.contacttokyo.com/

Fabric 20

Live in Brooklyn Output

Last Night at Output

Live in Tokyo

●Global Underground

In 1996, the trance and progressive house label Global Underground began releasing mix compilations based on a particular city or location that a DJ had performed in. The series spotlighted DJs like Dave Seaman, Sasha, John Digweed, Paul Oakenfold, and Darren Emerson, and has the dubious distinction of being one of the first to feature a common mix compilation trope: a cover design featuring an exotic location with a usually less-than-photogenic DJ posing in front. Carl Cox’s entry “GU38: Black Rock Desert” is a modern classic.

●グローバル・アンダーグラウンド

1996年に立ち上げられたトランスとプログレッシヴ・ハウスのレイベル「グローバル・アンダーグラウンド」は、世界各国のエキゾチックな場所を訪れるDJという職業に着想を得て、世界中の都市をテーマにしたミックス・コンピレイション・シリーズをスタートさせます。デヴィッド・シーマン、サシャ、ジョン・ディグウィード、ポール・オーケンフォールド、ダレン・エマーソンなど名だたるDJたちがこのシリーズで作品を発表しています。カール・コックスが手がけた『GU38: Black Rock Desert』は、コックスがバーニング・マン2009年でプレイしたDJセットを元にした歴史的名盤です。

GU42: Patrice Baumel - Berlin

GU38: Carl Cox - Black Rock Desert

Select 5

Adapt: Volume 2

●Balance

With seminal labels like Global Underground and Renaissance now only releasing a few albums or singles a year, the Australian label Balance has stepped up to fill the void of progressive house mix CDs. The albums below each offer a journey you’ll never forget.

●バランス

「Global Underground」や「Renaissance」などの伝説的なレイベルからのリリースがまばらになった今、プログレッシヴ・ハウスの優れたミックスCDを定期的に発表しているのが、オーストラリアのレイベル「Balance」です。クラブ・ミュージックを通して“旅”をした気分を味わいたい方にオススメです。

Balance Presents Guy J

Balance 029: James Zabiela

Nick Warren: The Soundgarden

Hernan Cattaneo: Sunsetstrip



6. Trip hop/Drum ’n’ bass/Dubstep / トリップ・ホップ/ドラムンベイス/ダブステップ

●Trip hop

Big beat is a genre that was founded on the breakbeats and sampling culture of American hip hop. In contrast, trip-hop was born when DJs in Bristol, a city in South West England, decided to slow down those breakbeats to create a psychedelic, hypnotic vibe. Bristol had been home to a large Jamaican immigrant population since the 70s, and by the 80s the young generation had become well acquainted with Jamaican music like reggae and dub. The arrival of hip hop from the U.S. would spur the development of trip-hop, which also incorporates many different genres of black music, including funk, soul, jazz, psy-chedelic music, R&B, and house. Trip-hop is sometimes called downtempo or chill-out for its slowed down tempo. (*12)

*12 For more on trip hop, check out MUSIC & PARTIES #030.

●トリップ・ホップ

英国発のビッグ・ビートは、ヒップホップに由来するブレイクビーツの上にロックやファンク、アシッド・ジャズの要素を重ねたクラブ・ミュージックのジャンルです。そのブレイクビーツの速度を落とすことでサイケデリックな雰囲気を醸し出したのが“トリップ・ホップ”という音楽ジャンルです。英国西部のブリストルでは70年代ごろから多くのジャマイカ人が移住し、80年代ごろには若者たちの間でレゲエやダブなどのジャンマイカの音楽が慣れ親しまれていました。そこに米国のヒップホップの影響が加わり、ファンク、ソウル、ジャズ、サイケデリック、R&Bやハウスなどのブラック・ミュージックなどの要素を多く取り入れたのがトリップ・ホップです。ゆったりとしたテンポが特徴であることから“ダウンテンポ”や “チルアウト”とも呼ばれます。(※12)

※12 トリップ・ホップについては、MUSIC & PARTIES #030で取り上げました。

Massive Attack - Mezzanine

Portishead - Dummy

Tricky - Maxinquaye

Royksopp - The Understanding

●Drum ’n’ bass

While some DJs slowed breakbeats down into a hypnotic drawl, other DJs sped them up to create a type of hardcore dance music called drum ‘n’ bass. Drum ‘n’ bass developed out of lower class black communities, where young people were growing up in the un-ease of the post-Thatcher era and against the backdrop of the gang culture of the U.K.’s hip hop scene. Its broken beats reflected a desire to break down the walls and other ob-stacles that society was putting in front of them. In contrast to happy, ecstasy-fuelled rave music, the scene pursued a darker, moodier, more distorted sound. (*13)

*13 For more on drum ’n’ bass, check on MUSIC & PARTIES #030.

●ドラムンベイス

トリップ・ホップがブレイクビーツの速度を落としたサウンドであったのに対して、ブレイクビーツの速度を早めたのが「ドラムンベイス」と呼ばれる音楽です。そもそも90年代初頭ごろの英国社会においては、様々な人種問題や社会問題が突出していました。ロンドンで生まれたこのジャンルは、下層階級の黒人コミュニティー(ジャマイカ系英国人など)の若者が息苦しい生活の中で編み出しました。彼らはアメリカのヒップホップに倣ってそういった弊害をぶち壊そうとしていました。彼らはハッピーでエクスタシー状態になることを目的としたレイヴ・ミュージックとは違って、基本的に暗くてムーディーなサウンドを好みました。(※13)

※13 ドラムンベイスについては、MUSIC & PARTIES #030で取り上げました。

Masterpiece: Goldie

Andy C - Nightlife 5

FabricLive.35 - Marcus Intalex

FabricLive.50 - D-Bridge & Instra:Mental Present Autonomic

●Dubstep

Dubstep developed out of genres like UK Garage, 2-Step, and drum ‘n’ bass. While drum ‘n’ bass overwhelms listeners with furious breakbeats, dubstep overwhelms with heavy, wobbly, stretched-out sub-bass that is not so much audible as it is meant to be felt by the body. Dubstep is dark, wet, and oppressive, evoking rainy, moody dystopian soundscapes. The London night-club and label Fabric is known for its drum ’n’ bass and dubstep mix CDs. (*14)

*14 For more about dubstep, check out MUSIC & PARTIES #037.

●ダブステップ

UKガラージ、2ステップ、ドラムンベイスなどのジャンルをブレンドして生まれたのが“ダブステップ”というスタイルです。激しいリズムとベイスで聴き手を圧倒するドラムンベイスに対して、耳で聞くのではなく体で感じる超低音を大袈裟に揺らしたサウンドで聴き手を圧倒するのがダブステップです。英国のアンダーグラウンド・サウンドに特化したナイトクラブとレイベルの「Fabric」は、多くのドラムンベイスやダブステップのミックスCDを発表しています。(※14)

※14 ダブステップについては、MUSIC & PARTIES #037で取り上げました。

FabricLive.37 - Caspa & Rusko

Skream - Outside the Box

Burial - Untrue

Sub:Stance - Mixed by Scuba



7. Trance Music / トランス・ミュージック

●Armada

The Armada label was co-founded by Dutch trance DJ Armin van Buuren in 2003, and provided an outlet for many epic trance DJs that went on the evolve the sound throughout the 2000s and into the 2010s. The progressive trance DJ Markus Schulz was one of them. (Schulz is now signed to Tiesto’s Black Hole Recordings.) (*15)

*15 For more on epic trance, check out MUSIC & PARTIES #034.

●アルマダ

「Armada」はオランダの人気トランスDJのアーミン・ヴァン・ビューレンらが2003年に立ち上げたレイベルで、多くのエピック・トランス系のDJを輩出しています。プログレッシヴ・トランスを代表するDJのマルクス・シュルツもかつてはArmadaに所属していました。(現在はTiestoの「Black Hole Recordings」に所属しています。)(※15)

※15 エピック・トランスについては、MUSIC & PARTIES #034で取り上げました。

A State of Trance 2009 Mixed by Armin Van Buuren

A State of Trance 2013 Mixed by Armin Van Buuren

Markus Schulz - Toronto ’09

Markus Schulz - Las Vegas ‘10

●In Search of Sunrise

The “In Search of Sunrise” series is one of trance’s longest-running mix series, launched in 1999 by Dutch DJ Tiesto. Fellow Dutch DJ Richard Durand took over starting 2010, and the latest several installments have been mixed by Markus Schulz, among others.

●イン・サーチ・オブ・サンライズ

オランダのDJ Tiestoが1999年に第1作を発表した『In Search of Sunrise』は、エピック・トランスを代表するミックスCDシリーズです。2010年以降はTiestoに変わって同じくオランダのDJであるリチャード・デュランドが手がけるようになり、ここ数年はマルクス・シュルツが手がけています。

DJ Tiesto - In Search of Sunrise

DJ Tiesto - In Search of Sunrise 4: Latin America

Richard Durand and Lange - In Search of Sunrise 12

Markus Schulz, Jerome Isma-Ae, and Orkidea - In Search of Sunrise 15

●Anjunabeats

The U.K. trance trio Above & Beyond runs two labels, both named after Anjuna Beach—considered the birthplace of Goa trance. Anjunabeats is an epic trance label, while Anjunadeep is a deep house and progressive house label.

●アンジュナビーツ

英国発のトランスのトリオである「アバヴ&ビヨンド」は、インドのゴアの有名な「アンジュナ・ビーチ」から名前を借りた「アンジュナビーツ」というレイベルから多くのエピック・トランスのアーティストを輩出しています。「アンジュナディープ」は、ディープ・ハウスやプログレッシヴ・ハウスに特化したサブレイベルです。

Anjunabeats Volume 12

Anjunabeats Volume 14

Anjunadeep 06

Anjunadeep 11

●Perfecto

The U.K. trance DJ Paul Oakenfold made Perfecto one of the genre’s biggest labels with his Goa trance mixes in the 90s. The label is currently under the Black Hole Recordings umbrella. Oakenfold is known for his outdoor sets in nature, and that dynamic is perfectly captured in mixes like “Four Seasons”, “Mount Everest: The Base Camp Mix”, and “Sunset at Stonehenge”.

●パーフェクト

「Perfecto」は英国のトランスDJのポール・オーケンフォールドが立ち上げたレイベルです。現在はTiestoの「Black Hole Recordings」のサブレイベルとなっています。『Four Seasons』(四季)、『Mount Everest: The Base Camp Mix』『Sunset at Stone-henge』など、オーケンフォールドは大自然をコンセプトとした野外ライヴが有名です。

25 Years of Perfecto Records

Four Seasons

Mount Everest: The Base Camp Mix

Sunset at Stonehenge

●Psychedelic Trance

Psychedelic trance has many different labels specializing in a range of subgenres; here are some albums from four of the biggest acts that helped define and expand Goa trance/psytrance. (*16)

*16 For more on psychedelic trance, check out MUSIC & PARTIES #035.

●サイケデリック・トランス

“サイケ”には数多くのサブジャンルが存在し、多くのレイベルが存在しますが、ここでは“ゴア・トランス”や“サイケデリック・トランス”という広いくくりのスタイルを代表する4組のアーティストの作品を取り上げます。(※16)

※16 サイケデリック・トランスについては、 MUSIC & PARTIES #035取り上げました。
Hallucinogen - The Lone Deranged

Shpongle - Tales of the Inexpressible

Infected Mushroom - Army of Mushrooms

Juno Reactor - The Golden Sun of the Great East



8. “EDM”

●Europe

In the second half of the 2000s, acts like Swedish House Mafia, Eric Prydz, and David Quetta help spread European house music and electro house around the world. In the 2010s, Avicii rose to become perhaps the biggest name in EDM and achieve popstar lev-els of fame. His death in 2018 at the young age of 28 would signal the beginning of the end of the EDM craze. (*17)

*17 For more on EDM, check out MUSIC & PARTIES #037.

●ヨーロッパ

2000年代後半にはスウェーデンのスウィディッシュ・ハウス・マフィアやエリック・プリッヅ、フランスのデヴィッド・ゲッタがヨーロッパのハウス・ミュージック/エレクトロ・ハウスのブームを牽引しました。2010年代に頭角を現したアヴィーチーはEDMにカントリー/フォーク・ミュージックの要素を取り入れ、ポップ・スター並みの人気を博しましたが、2018年に28歳の若さで亡くなったことは、EDMバブルの終焉を予見する事件だったいえるでしょう。(※17)

※17 EDMについては、 MUSIC & PARTIES #037取り上げました。
Swedish House Mafia - Until One

Swedish House Mafia - Until Now

Eric Prydz - Opus

David Quetta - Nothing But the Beat

Calvin Harris - 18 Months

Avicii - True

●America

The Canadian producer Deadmau5 and the American DJ Kaskade broke into the main-stream with catchy house hits in the second half of the 2000s. Meanwhile, party DJs like Diplo and Steve Aoki fused electro house with hip hop to pave the way for EDM to con-quer America.

●アメリカ

カナダ出身のプロデューサーである「デッドマウス」とアメリカのDJ「カスケイド」は、2000年代後半にレイディオ放送にも適したキャッチーなハウス・ミュージックを作り、アンダーグラウンドから飛び出て世界的にブレイクしました。一方、ディプロとスティーヴ・アオキは、エレクトロ・ハウスにヒップホップの要素を持ち込むことでEDMがブレイクする土台を作り、2010年代にはアメリカを代表する“パーティーDJ”となりました。

Deadmau5 - 4x4=12

Deadmau5 - For Lack of a Better Name

Kaskade - I Remember

FabricLive.24 - Diplo

Steve Aoki - Wonderland

Steve Aoki - Neon Future 1



9. Ambient/New Age/IDM/Lounge Music / アンビエント/ニュー・エイジ/IDM/ラウンジ・ミュージック

●Ambient Music

The English musician Brian Eno first used the term ambient music in his 1978 album “Ambient 1: Music for Airports”. In the liner notes he writes that ambient music must be “as ignorable as it is interesting” and “designed to induce calm and space to think”. In the 90s, groups like The Orb would combine ambient music with house and techno to create “ambient house” and “ambient techno”. (*18)

*18 For more on ambient music, check out MUSIC & PARTIES #038.

●アンビエント・ミュージック

英国のミュージシャンであるブライアン・イーノは1978年に『アンビエント1/ミュージック・フォー・エアポーツ』というアルバムで初めて「アンビエント・ミュージック」という表現を使いました。アルバムのライナー・ノーツでは “アンビエント・ミュージック”とは“as ignorable as it is interesting”(いかにも聞き流せると同時に、いかにも興味を引くような音楽)であり、“designed to induce calm and space to think”(聴き手を落ち着かせ、考える余裕を与えることを目的としている)と定義しました。90年代に入ると、「The Orb」などのアーティストが、ハウス・ミュージックやテクノとアンビエント・ミュージックを融合するようになり、“アンビエント・ハウス”や“アンビエント・テクノ”というジャンルを作り出しました。(※18)

※18 アンビエント・ミュージックについては、MUSIC & PARTIES #038で取り上げました。

Brian Eno - Ambient 1: Music for Airports

Fripp & Eno - The Equatorial Stars

Metallic Spheres - The Orb & David Gilmour

Manual - Lost Days, Open Skies and Streaming Tides

●New Age Music

New age music developed out of the hippie and back-to-nature movements of the 60s, and was conceived as soothing music meant to accompany meditation and yoga sessions. In 1976, the guitarist William Ackerman founded the independent record label Windham Hill Records to spe-cialize in mellow instrumental acoustic music; Billboard magazine originally called the music soft jazz, and later listed it as new age. The German group Enigma and the French duo Deep Forest would combine New Age Music with dance beats to make the genre a worldwide phenomenon in the 90s. (*19)

*19 For more on new age music, check out MUSIC & PARTIES #038.

●ニュー・エイジ・ミュージック

ニュー・エイジ・ミュージックは瞑想やヨガ、マッサージを受ける時などにBGMとして使用されるような音楽で、日本では“癒し系音楽”や“ヒーリング・ミュージック”という名称でも知られています。1970年代後半から80年代にかけて、アコースティック・インストゥルメンタルを専門とした「ウィンダム・ヒル・レコード」が多くのニュー・エイジ系のアーティストを輩出し、そのジャンルを世界的に普及させました。90年代には、「エニグマ」や「ディープ・フォレスト」などのアーティストが、ワールド・ミュージックとダンス・ビートをブレンドし、新しいタイプのヒーリング・ミュージックの誕生を感じさせました。(※19)

※19 ニュー・エイジ・ミュージックについては、MUSIC & PARTIES #038で取り上げました。

Windham Hill Classics - Harvest

Michael Hedges - Aerial Boundaries

Enigma - Love Sensuality Devotion: Greatest Hits & Remixes

Deep Forest - Compares

●Warp

Some artists combined ambient house and techno with elements of rock, jazz, funk, and drum ’n’ bass, and took the genre in a more experimental, avant-garde direction. That music came to be called intelligent dance music, or IDM for short. The U.K. label Warp released Artificial Intelligence, a compilation highlighting some of those avant-garde artists, and established IDM as electronic music to listen to at home. (*20)

*20 For more on IDM, check out MUSIC & PARTIES #038.

●ワープ

アンビエント・ハウスやアンビエント・テクノにロック、ジャズ、ファンク、ドラムンベイスなどの要素を取り入れ、より前衛的な方向に進化させる形で生まれたのが“Intelligent Dance Music”、略して“IDM”です。1992年に英国を拠点としたレイベル「Warp」がこういった実験的なトラックを集めたコンピレイション『Artificial Intelligence』をリリースし、「踊るためのダンス・ミュージック」とは一線を画した「自宅で座って聴くためのエレクトロニック・ミュージック」のスタイルを確立させました。(※20)

※20 IDMについては、MUSIC & PARTIES #038で取り上げました。

Aphex Twin - Selected Ambient Works 85-92

Aphex Twin - Syro

Flying Lotus - Cosmogramma

Boards of Canada - Music Has the Right to Children

●Lounge Music

Lounge music is a hip, stylish type of downtempo music that is played in lounge spaces at hotels and bars. The French DJ Stéphane Pompougnac (*21) helped popularize the genre when he became resident DJ at Hôtel Costes, a high-end hotel in Paris, and started releasing mix CDs featuring the music he was playing. Another important lounge/downtempo compilation series is “Cafe Del Mar”, which takes its name from a legendary bar on the White Isle. Japanese musician Osawa Shinichi’s band Mondo Grosso is another important figure in lounge music.

*21 Stéphane Pompougnac (1968- ) is a French DJ.

●ラウンジ・ミュージック

ラウンジ・ミュージックは、ホテルのラウンジ・スペースやバーなどでかかるような、オシャレなダウンテンポの音楽スタイルです。フランス人のDJであるステファン・ポンポニャック(※21)は、パリに実在する高級ホテル「Hôtel Costes」のレジデントDJとなったことをきっかけに、同名のラウンジ・ミュージックのミックスCDシリーズをスタートさせ、人気を集めました。イビザ島の名物バー「Cafe Del Mar」がリリースするコンピレイション・シリーズもオススメです。また、大沢伸一が率いた「MONDO GROSSO」もラウンジ系のオシャレな音楽を語る上で忘れてはならない存在です。

※21 ステファン・ポンポニャック(1968年〜)は、フランス出身のDJです。

Hôtel Costes Vol. 12

Cafe Del Mar Volume Six

Cafe Del Mar Volume Seven

Mondo Grosso Best



10.Epilogue

When it comes to popular music, there is no shortage of lists and rankings claiming to be the authoritative selection of must-listen albums. Some of the best known include Rolling Stone magazine’s list of the “500 Greatest Albums of All time” (*22) and the book “1001 Albums You Must Hear Before You Die” (*23). These days you even have books like Shinko Music’s “Disc Collection: Japanese City Pop”. These publications are great refer-ences not only for collectors but also for people who don’t know what albums to start with when first listening to a new genre.

*22 Rolling Stone’s 500 Greatest Albums of All Time
https://www.rollingstone.com/music/music-lists/500-greatest-albums-of-all-time-156826/

*23 1001 Albums You Must Hear Before You Die

*24 Disc Collection: Japanese City Pop

Meanwhile, there are hardly any publications that feature a definitive list of electronic dance music albums. There are many reasons for this. For one, dance music/clubbing culture has always been about club nights and raves—not albums. Until the EDM craze, DJs tended to release more mix CDs than they did original music, and when they did, it was usually in the form of a single rather than a full album. Mix CDs were popularized by DJs like Sasha, John Digweed, and Paul Oakenfold. Because a mix CD involves a range of different tracks, usually from a range of different labels, licensing all the necessary tracks can be a hassle. As a result, many dance music mixes are released only once. If you were to make a list of all of the classic albums in dance music, you would likely find that at least half of those works can only be obtained used.

In recent years, with the popularization of streaming music digitally, DJs and record labels have gone beyond the mix CD format, and are instead uploading their mixes to platforms like YouTube, Soundcloud, and Mixcloud. Today, big-name EDM artists do release artist albums every once in a while, but their concern is more on getting their latest single to the top of the DJ charts.

Nonetheless, albums are an important window into a time and place, a genre, sound, or style. The best examples are works of art. This applies to electronic dance music, as well. While a single song can usually only say one thing, an entire album can have a greater message it wants to convey. In that sense, mix CDs offer to take the listener on a journey—making them perfect for this day and age.

10. エピローグ

ある特定の音楽ジャンルについてより詳しく知りたい人のために、歴史的な名盤や代表的なアーティストの作品をリストアップした“ディスク・ガイド”というものが多く出版されています。有名なものにはアメリカの「ローリング・ストーン誌」が発表した『ローリング・ストーン誌が選ぶ歴代アルバム500』(※22)のランキングや、英国の出版社「Cassell」が出している『1001 Albums You Must Hear Before You Die』(死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚)(※23)などが権威とされます。最近では世界的な“シティ・ポップ”のちょっとしたブームを受けて、日本の「シンコー・ミュージック」が2002年にリリースしたガイド・ブック『ディスク・コレクション ジャパニーズ・シティ・ポップ』(※24)を増補/改訂して再出版しました。こういったガイドはコレクターにとってはもちろんのこと、「どこから聴いていいかわからない」という方にとってもとても有益な情報をまとめてくれています。

※22 『ローリング・ストーン誌が選ぶ歴代アルバム500』
https://www.rollingstone.com/music/music-lists/500-greatest-albums-of-all-time-156826/

※23 『1001 Albums You Must Hear Before You Die』

※24『ディスク・コレクション ジャパニーズ・シティ・ポップ』

一方、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの場合は、ジャンルを総合的に見たディスク・ガイドはほとんどありません。その最大の理由は、クラブ・カルチャーを盛り上げてきたのはアルバムではなくパーティーやレイヴであったことです。そもそもここ10年ほどのEDMブームまではDJ/プロデューサーがオリジナルのトラックを発表することはあってもオリジナル・アルバムを出すことは珍しいことでした。90年代には、サシャやジョン・ディグウィード、ポール・オーケンフォールドなどのDJによって、むしろ他のアーティストの曲をDJプレイで繋げたミックスCDをリリースすることが主流となりました。ミックスCDは様々なレイベルの様々なアーティストの曲を寄せ集めているものであるため、ライセンシングの問題を乗り越えるために手間と費用がかかり、多くの作品は1回プレスしてすぐに廃盤になることが多かったのです。こういった理由から、ダンス・ミュージックの歴史的なアルバムをリストアップしたガイドを作った場合、その半分の作品は中古でしか手に入れられないという問題があります。

近年はネットの様々な音楽配信サーヴィスが普及したことを受けて、DJやレコード・レイベルは最新のミックスをCDという形式に囚われず、「YouTube」「Soundcloud」「Mixcloud」などに直接アップロードするようになりました。EDM系のアーティストたちは、一応形式上ではオリジナル・アルバムをリリースしていますが、それ以上にシングル曲のネット上の再生回数やチャートインが重要になってきています。

それでも優れた“アルバム”というものは、その時代におけるジャンルのサウンドや、その段階におけるそのアーティストの作風を捉えた貴重な“芸術作品”であります。それはエレクトロニック・ダンス・ミュージックの場合でも言えることではないでしょうか。アルバムにはある単体の曲では伝えきれない“メッセージ”が込められていて、ミックスCDの場合、それは“非日常や異国への招待”なのです。正に、暗い空気が漂う今の世の中が求めているものなのではないでしょうか。

keywords

#DerrickMay #JeffMills #CarlCraig
#Sasha #JohnDigweed #FatboySlim
#Underworld #ChemicalBrothers
#TheProdigy #MassiveAttack #Royksopp
#ArminVanBuuren #MarkusSchulz #Tiesto
#PaulOakenfold #BrianEno #AphexTwin
#Enigma #Fabric #MinistryofSound

#デリックメイ #ジェフミルズ #カールクレイグ
#サシャ #ジョンディグウィード #ファットボーイ
#アンダーワールド #ケミカルブラザーズ
#ザプロディジー #マッシヴアタック #ロイクソップ
#アーミンヴァンビューレン #マルクスシュルツ #ティエスト
#ポールオーケンフォールド #ブライアンイーノ #エイフェックスツイン
#エニグマ #ファブリック #ミニストリーオヴサウンド




MUSIC & PARTIES #040

Spoken Readings for Japanese Study
Dance/Club Music Picks: Labels, DJs, and Albums by Genre- The Music of California (28)
オススメのダンス・ミュージック/クラブ系のレイベル、DJ、アルバム − カリフォルニア生まれの音楽(28)
2020/06/22


MUSIC & PARTIES #040

英語力がドンドンつく学習法
Dance/Club Music Picks: Labels, DJs, and Albums by Genre- The Music of California (28)
オススメのダンス・ミュージック/クラブ系のレイベル、DJ、アルバム − カリフォルニア生まれの音楽(28)
2020/06/22


SHARE
FOLLOW