TwitterFacebookInstagramYouTubefeed

2020/06/22 #039
Online Resources for Dance Music & Clubbing Culture News - The Music of California (27)
ダンス・ミュージック/クラブ・カルチャーのニューズと音源のオンライン・リソース − カリフォルニア生まれの音楽(27)

*Scroll to the end of the text for our video language lessons
※動画レッスンは、テキストの最後にあります


Overview / 目次

1.Prologue / プロローグ

2. Mixmag: “The World’s Biggest Dance Music and Clubbing Destination” / クラブ・カルチャーの総合誌「Mixmag」

3. DJ Mag: “Living and Breathing Dance Music” / DJをクラブ・カルチャーのスターと捉えた「DJ Mag」

4. Resident Advisor: Covering the Underground Dance Music Scene / アンダーグラウンドのクラブ・カルチャーを取り扱う「Resident Advisor」

5. Red Bull Music Academy: Workshops and Lectures for Aspiring Musicians / 音楽界の大物のレクチャーを受けることのできる「Red Bull Music Academy」

6. iFLYER and Clubberia: Covering the Japanese Club Scene / 日本のクラブ・シーンの情報を発信する「iFLYER」と「clubberia」

7. Beatport: The World’s Largest Electronic Music Store / DJ向けの音源や音作りのための素材が簡単に入手できる「Beatport」

8. Juno Download: A U.K.-leaning Selection of Music From an Eclectic Range of Genres / 英国寄りの幅広いデジタル音源やレコードを取り扱う「Juno Download」

9. Traxsource: The Best Source for House Music / アンダーグラウンドのハウス・ミュージックのデジタル音源を専門に販売する「Traxsource」

10. Bandcamp: The Artist-Friendly Online Record Store / アーティストが自由に価格設定できる「Bandcamp

11. Epilogue / エピローグ

1.Prologue

Over the past several weeks, we’ve looked back at how electronic dance music evolved out its 1970s disco beginnings into the EDM juggernaut it is today. Along the way we’ve shined a light on important figures, key events, and classic tunes.

・The Birth of Disco/How Synthpop and Electro Came Out of Europe and Japan (MUSIC & PARTIES #025

・Chicago House, Detroit Techno, and New York Garage (MUSIC & PARTIES #026)

・The Second Summer of Love and Rave Culture (MUSIC & PARTIES #027)

・The Big Beat Sound (MUSIC & PARTIES #028#029)

・Alternative Electronic Dance Music: Trip-Hop, Jungle, Drum ‘n’ Bass, UK Garage, and 2 Step (MUSIC & PARTIES #030)

・The Rise of Progressive House and Mix Compilations (MUSIC & PARTIES #031)

・Sven Väth and the Rise of German Techno (MUSIC & PARTIES #032)

・French-Style House and Electro House (MUSIC & PARTIES #033)

・European Epic Trance (MUSIC & PARTIES #034)

・Goa Trance and Psychedelic Trance (MUSIC & PARTIES #035)

・The Rise and Fall of the Japanese Rave Scene (MUSIC & PARTIES #036)

・How House Music and EDM Went Mainstream (MUSIC & PARTIES #037)

・Electronic Music Meant for Listening (MUSIC & PARTIES #038)

The style of EDM that conquered the world in the 2010s is unabashedly a mainstream music genre, but it is the exception; considered as a whole, electronic dance music and clubbing culture have long been underground scenes. As a result, media coverage and source documents are few and far between, and the outlets that do cover this subculture specifically are not widely known.

This article is an overview of some of the most popular sites related to electronic dance music.

1. プロローグ

このシリーズではこれまで14回に渡って、1970年代から現在に至るまで、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの進化を辿ってきました。その中での重要な人物や出来事、歴史的な作品やイヴェントを紹介しました。

・ディスコの誕生と衰退、ヨーロッパと日本発のシンセ・ポップとエレクトロ (MUSIC & PARTIES #025

・シカゴ・ハウス、デトロイト・テクノ、ニューヨークのガラージ・ハウス (MUSIC & PARTIES #026)

・英国発の“セカンド・サマー・オヴ・ラヴ”とレイヴ・カルチャー (MUSIC & PARTIES #027)

・英国発のビッグ・ビート (MUSIC & PARTIES #028#029)

・英国発のトリップ・ホップ、ドラムンベイス、UKガラージ、2ステップ (MUSIC & PARTIES #030)

・プログレッシヴ・ハウスとミックスCDについて (MUSIC & PARTIES #031)

・ベルリンの壁の崩壊とジャーマン・テクノ (MUSIC & PARTIES #032)

・フレンチ・スタイルのハウスとエレクトロ・ハウス (MUSIC & PARTIES #033)

・ヨーロッパ発の“エピック・トランス” (MUSIC & PARTIES #034)

・ゴア・トランスとサイケデリック・トランス (MUSIC & PARTIES #035)

・日本のレイヴ・シーンの誕生から衰退目で (MUSIC & PARTIES #036)

・ハウスのメインストリーム化とEDMの世界的な大成功 (MUSIC & PARTIES #037)

・“聴く”ことを目的としたエレクトロニック・ミュージック (MUSIC & PARTIES #038)

2010年代に世界的に流行したEDMはメインストリームな音楽ですが、それは例外的な出来事であり、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの歴史というものは主にアンダーグランド・カルチャーの歴史です。そのため、ポップ・ミュージックに比べてこのシーンの情報を取り扱っているウェブサイトや、クラブ系の音源を専門に取り扱っている配信/販売のサイトの中には一般的に知られていないものが多いです。

このコラムでは、ダンス・ミュージックとクラブ・カルチャーに特化したオンラインのリソースを紹介します。



2. Mixmag: “The World’s Biggest Dance Music and Clubbing Destination”

Mixmag is a subculture magazine that was launched in London in 1983. It began as a 16-page black and white newsletter published by Disco Mix Club,a remix label that catered to professional DJs. As house music arrived the U.K. in the mid-to-late 80s and a local scene started to develop, editor Dave Seaman (*1) gave the newsletter a facelift and turned it into a magazine covering the dance music scene and clubbing culture in general. As we covered in MUSIC & PARTIES #031, the magazine played a crucial role in the development and spread of the progressive house genre.

*1 Dave Seaman (1968- ) is an English DJ and record producer.

Compared to its main rival DJ Mag, Mixmag is more geared for clubbers and consumers and publishes content on gossip, fashion, and drug culture. In the 2000s it partnered with an organization called Global Drug Survey (*2) to assess the usage of drugs and alcohol in the U.K. nightlife scene. Starting in 2010 the survey expanded its coverage worldwide. Since 2019, it appears the organization has partnered with DJ Mag instead.

*2 Global Drug Survey: https://www.globaldrugsurvey.com/

Mixmag also has a weekly streaming show called The Lab (*3) where a DJ goes into one of the Mixmag offices to broadcast an hourlong live set. (With the COVID-19 pandemic, most of the recent sets have been broadcast from DJ’s homes.)

*3 Mixmag 『The Lab』https://mixmag.net/video/dj-lab



Mixmag was also known for its covermount CDs that featured a mix by big name and in vogue DJs. With the decline in the CD market, the mixes are now exclusively posted online on streaming services like Soundcloud (*4) and YouTube. It’s unfortunate that the sound quality is far inferior to CD, but getting easy access to a great selection of mixes from a range of DJs is always a plus. Here are a few of their old classics:

*4 Soundcloud is an online audio distribution platform and music sharing website based in Berlin.





Mixmag also publishes versions in French, German, Portuguese, Korean, Croatian, Russian, and Chinese. In 2017, it launched an online Japanese version that includes translated articles as well as original reporting. An accompanying free magazine was published quarterly for several years, but has apparently been on hiatus since June 2019.

Mixmag: http://www.mixmag.net

Mixmag Japan:http://www.mixmag.jp/

2. クラブ・カルチャーの総合誌「Mixmag」

「Mixmag」は1983年にロンドンを拠点に創刊されたサブカルの雑誌で、MUSIC & PARTIES #031でも取り上げたように、英国のプログレッシヴ・ハウス・シーンの発達に大きく貢献しました。当初は、Disco Mix ClubというプロのDJ向けにリミックスをリリースしていたレイベルが、16ページの白黒のニューズレターとして発行していました。80年代にハウス・ミュージックが英国に輸入され、アンダーグラウンドのシーンが芽生えると、編集者のデイヴ・シーマン(※1)はMixmagをニューズレター形式からダンス・ミュージックの総合誌としてリニューアルさせました。

*1 Dave Seaman (1968- )は英国のDJ、レコード・プロデューサーです。

こういった背景から、Mixmagはクラブ・カルチャーを大きく取り扱っており、よりコンシューマー向けの内容となっています。クラブ業界関連のゴシップ、ファッション、ドラッグ・カルチャーを積極的に取り扱っている記事で知られます。2000年代ごろからは「Global Drug Survey」(※2)という団体と共同で英国のナイトライフ・シーンにおける薬物の使用と飲酒についての調査を実施し、2010年に入ってからはその調査規模も全世界に拡大されました。2019年以降は、パートナーは「DJ Mag」に変わっているようです。

*2 Global Drug Survey: https://www.globaldrugsurvey.com/

Mixmagのウェブ上の1つの人気コンテンツが、毎週公開される『The Lab』(※3)という動画シリーズです。毎回違うDJが、ロンドンやL.A.などにあるMixmagのオフィスを訪れ、1時間のセットをライヴで配信しています。(新型コロナウイルスの感染拡大以降は、自宅からの配信が増えています。)

※3 Mixmag 『The Lab』 https://mixmag.net/video/dj-lab



また、Mixmagは以前、毎月1組のDJが手がけた同封のミックスCDが1つの目玉となっていましたが、CDのニーズの低下に伴い、現在では「Soundcloud」(※4)や「YouTube」にてデジタル配信のみとなっています。音質がCDに比べて劣っていることは残念ですが、様々な著名DJのミックスがアップされていますので、是非聴いてみて下さい。以下にいくつかのオススメのミックスを紹介します。

※4 Soundcloudとは、ドイツのベルリンに拠点を奥音声ファイル共有サーヴィスです。





Mixmagはこれまで英語版に加えて、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、韓国語、クロアチア語、ロシア語、中国語という複数の海外版を展開してきました。2017年の夏に日本版が創刊され、英語版の翻訳記事に加え、オリジナルの記事がネット上で公開されています。また、フリー・マガジンも同時に発行され、日本全国のタワー・レコードを中心に配布されていましたが、2019年6月号を最後に休刊しているようです。

Mixmag: http://www.mixmag.net

Mixmag 日本版:http://www.mixmag.jp/



3. DJ Mag: “Living and Breathing Dance Music”

DJ Mag, in contrast, is more DJ and DJ culture-oriented. It features industry news and reviews of equipment, and generally publishes content that is geared for people in the industry. The magazine was founded in the late 80s as Disc Jockey Magazine, and became DJ Mag after a revamp in 1991. It offers an important chronicle of the history of electronic dance music, putting Underworld on the cover in 1994, increasing its coverage of Ibiza after 1995, and featuring Fatboy Slim (*5) after he’d just put on one of his legendary free beach raves in Brighton in 2002.

*5 Fatboy Slim (1963- ) is an English DJ, musician, and record producer.

DJ Mag is best known for its annual “Top 100 DJs” “Top 100 Clubs” and “Top 100 Festivals” rankings. The Top 100 DJs list is considered an authority in the industry—insofar as it has a significant effect on bookings and how much a certain DJ is paid for a gig. The list has many detractors, who question the usefulness of what is essentially a popularity contest when a DJ is ostensibly not the star of a dance party. Since the 2000s the list has heavily skewed toward EDM (specifically white male DJs) and most of the figures considered the scene’s legends are nowhere to be found. The top 10 has been monopolized by a select group of mainstream DJs who have Las Vegas residencies. In response to such criticism, DJ Mag has started publishing an alternate list of top 100 DJs determined by sales on the online music store Beatport. Carl Cox (*6) has topped the list for the past two years.

*6 Carl Cox (1962- ) is an English DJ and record producer.

Like Mixmag, DJ Mag has also long been popular for its covermount CDs (some readers subscribed to the magazine just to get a hold of the mixes). The mixes are now uploaded to Soundcloud. Here are a few of the magazine’s classic mixes:

djmag · COVER MIX: Benga Rinse Mix


djmag · COVER MIX: Markus Schulz The Gallery 15th Anniversary Mix


In Spring 2016, DJ Mag launched an online Japanese version in order to “elevate the Japanese dance music scene out of its domestic insularity.” The site aims to bring overseas clubbing culture to Japan and help the scene rise to its vision of a global standard.

DJ Mag Japan includes translations of the Top 100 DJs and Top 100 Clubs lists, and also publishes its own “DJ Mag Japan Top 10 DJs Ranking U-29” and “Best of Japan - Clubs Ranking” lists, which are determined by user voting done through the texting app Line. It has also organized the DJ Mag Japan Creators Salon in 2018—a workshop meant to help young Japanese DJs/producers hone their music and get it heard around the world.

DJ Mag: https://djmag.com/

DJ Mag Top 100 DJs: https://djmag.com/top100djs

DJ Mag Top 100 Clubs: https://djmag.com/top100clubs

DJ Mag Japan: https://djmag.jp/

3. DJをクラブ・カルチャーのスターと捉えた「DJ Mag」

「DJ Mag」はその名前の通り、より“DJカルチャー”に特化しており、業界のニューズや音響機材のレヴューなど、業界人向けの企画が比較的多い印象があります。本誌は80年代末に「Disc Jockey Magazine」というDJ専門誌としてスタートし、91年から「DJ Mag」としてリニューアルしました。1994年にはアンダーワールドが表紙が飾ったり、95年からイビザ島の取材が増えたり、2002年にはブライトン・ビーチでのフリー・レイヴを開催したばかりのファットボーイ ・スリム(※5)が特集されるなど、ダンス・ミュージック/クラブ・シーンの歴史を記録してきた貴重な雑誌です。

※5 ファットボーイ・スリム(1963年〜)は、英国のDJ、ミュージシャン、レコード・プロデューサーです。

「DJ Mag」の恒例企画は、『Top 100 DJs』『Top 100 Clubs』『Top 100 Festivals』といった読者投票による番付です。特に『Top 100 DJs』のランキングは1つの権威とされ、それによって大型フェスにおける出演のギャラが大きく左右されるとも言われています。ただ、このランキングに関しては批判の声も多くあります。本来ならDJはパーティーの主役ではないはずなのに“人気度ランキング”となっていることや、その結果、EDM系のDJ(中でも男性DJ)に偏りよぎ過ぎているという指摘があります。ランキングにはダンス・ミュージックのいわゆる“レジェンド”たちが登場することは稀で、一方、ラス・ヴェガスのレジデントを務めているようなメインストリーム(“売れ線”)のDJがトップ10の常連となってきています。その点で『Top 100 DJs』のリストはDJのランキングである以上に、ダンス・ミュージック界の動向を示したものであり、ここ10年間EDMがいかに世界を制覇したかを物語っているといえるでしょう。また、こういった批判の声も受けて、「DJ Mag」は数年前からダンス・ミュージックの音源ダウンロード・サーヴィス「Beatport」のセールズなどを基にしてハウスとテクノに特化した『Alternative Top 100 DJs』のランキングも発表しています。こちらでは2年間連続でカール・コックス(※6)が首位を取っています。

※6 カール・コックス(1962年〜)は英国のDJ、レコード・プロデューサーです。

「DJ Mag」も「Mixmag」と同様、かつては毎月同封のミックスCDが1つの目玉となっていました。(読者の中には、そのミックスCDのみを目当てに本誌を購入する人もいました。)現在では主に「Soundcloud」に音源をアップしています。以下、いくつかのオススメのミックスを紹介します。

djmag · COVER MIX: Benga Rinse Mix


djmag · COVER MIX: Markus Schulz The Gallery 15th Anniversary Mix


2016年の春には「Mixmag Japan」より一足先に「DJ Mag Japan」がオンライン・マガジンとしてスタートしました。コンセプトは「日本のダンスシーンを“ガラパゴス”から世界標準に」です。海外の情報を日本国内向けに紹介するだけでなく、国内の情報を海外に発信し、日本のダンス・ミュージック・シーンを世界標準のレヴェルまで引き上げていくことを目指しています。

DJ Mag の恒例企画である「Top 100 DJs」「Top 100 Clubs」の和訳はもちろんのこと、日本の若手 DJ/プロデューサーからNo.1を決める『DJ MAG JAPAN TOP 10 DJs Ranking U-29』や、日本のトップ10のナイトクラブを決める『Best of Japan – CLUBS Ranking』の投票をLINEを通して行なっています。また、「日本にいる才能ある若手プロデューサーや DJ を世界に発信していくプロジェクト」として 『DJ MAG JAPAN Creators Salon』というワークショップも2018年に開催するなど、積極的に日本のダンス・ミュージック・シーンを盛り上げようとしています。

DJ Mag: https://djmag.com/

DJ Mag Top 100 DJs: https://djmag.com/top100djs

DJ Mag Top 100 Clubs: https://djmag.com/top100clubs

DJ Mag 日本版: https://djmag.jp/



4. Resident Advisor: Covering the Underground Dance Music Scene

Whereas Mixmag and DJ Mag have a more mainstream bent, Resident Advisor (or RA for short) is focused on covering the underground dance music. Launched in 2001 to cover the Australian clubbing scene, it expanded its scope worldwide in 2002, and now publishes articles and opinion pieces on a range of topics, as well as reviews of singles and albums.

RA is perhaps best known for its extensive listings of the world’s nightclubs, parties, and music festivals. It also sells tickets for a some of those events. In response to events around the world being canceled in the face of the COVID-19 pandemic, the site started a section called “Streamland” in April, where it maintains a list of upcoming streaming events.

The site also publishes a variety of video content. “Real Scenes” is a series of 15-20 minute videos documenting the clubbing culture of some of the industry’s most important cities, such as London, Berlin, New York, and Tokyo. “RA Sessions” is a series of live DJ mixes by some of the most intriguing DJs on the scene.





RA has also operated a Japanese version of the site since 2011, which publishes both translated articles as well as a listing of Japanese nightclubs and club nights. It’s been an invaluable resource for dance music fans visiting Tokyo.

4. アンダーグラウンドのクラブ・カルチャーを取り扱う「Resident Advisor」

アンダーグラウンドなダンス・ミュージック・シーンに特化し、コアなファンの間で重宝されてきたのが「Resident Advisor」(略して「RA」)です。RAは2001年にオーストラリアのダンス・ミュージック・シーンを取り上げるオンライン・マガジンとして始まりましたが、翌年には世界各国のシーンへと対象を拡大しました。興味深い記事やシングル/アルバムのレヴュー、オピニオンが掲載されており、EDM以外のダンス・ミュージックに興味のある方にオススメです。

RAは世界各地のナイトクラブやパーティー、音楽フェスのリスティングがとても充実しており、一部のイヴェントに関してはチケットの販売も行っております。また、新型コロナウイルスの世界的な大流行の中で各地のイヴェントが中止となり、パーティー・ピープルやレイヴァーたちが引きこもっている中、RAは2020年4月から「Streamland」と名付けて、ヴァーチャルで開催されている音楽配信のリスティングも公開しています。

RAは動画コンテンツにも力を入れており、特にロンドン、ベルリン、ニューヨーク、東京など、世界のクラブ・ミュージックの主要都市を取り上げた20分前後のミニ・ドキュメンタリー・シリーズ『Real Scenes』が話題となりました。注目のアーティストのDJプレイやライヴ・パフォーマンスを捉えた『RA Sessions』のシリーズもオススメです。





2011年よりサイトの日本版も公開されており、英語版の記事の翻訳に加え、日本のナイトクラブの情報やパーティーのリスティングも充実しております。そのため、日本を訪れる外国人のクラブ好きの間ではとても大事なリソースとなっています。



5. Red Bull Music Academy: Workshops and Lectures for Aspiring Musicians

The Red Bull Music Academy is a series of music workshops and festivals put on by Red Bull, the company behind the energy drink that “gives you wings”. The five-week event is held in a different city each year, and is comprised of events for industry people—workshops and collaboration sessions—and a program for the public—concerts, art installations, club nights, and lectures by some of the most important figures in music. The events were held in Tokyo in 2014. While the earlier editions focused mostly on DJ culture, it now encompasses a wide range of music genres.

An invaluable selection of the event’s lectures and interviews can be found on the Red Bull Music Academy’s website, including dance music luminaries like Frankie Knuckles (*7), Kevin Sanderson (*8), and Jeff Mills (*9), as well as names like Giorgio Moroder (*10), Brian Eno (*11), Isao Tomita (*12), D’Angelo (*13) and Jam & Lewis (*14). The 1-hour-plus talks have something to offer not just for those looking to get into the industry but those interested in learning about music history. An English language transcript is also provided for each video.

Red Bull Music Academy: https://www.redbullmusicacademy.com/lectures

*7 Frankie Knuckles (1955-2014) was an American DJ and record producer known as one of the Godfathers of house music.

*8 Kevin Saunderson (1964- ) is a DJ and record producer known as one of the originators of Detroit techno.

*9 Jeff Mills (1963- ) is an American DJ and record producer, and an important figure in the second generation of Detroit techno DJs.

*10 Giorgio Moroder (1940- ) is an Italian composer and record producer known for pioneering euro disco.

*11 Brian Eno (1948- ) is an English musician, record producer, and artist.

*12 Isao Tomita (1932-2016) is a Japanese composer, arranger, and synthesizer artist.

*13 D’Angelo (1974- )は、アメリカのシンガー・ソングライター、マルチ・インストゥルメンタリストです。

*14 Jam & Lewis is an American music production duo known for their R&B and New Jack Swing hits.





5. 音楽界の大物のレクチャーを受けることのできる「Red Bull Academy」

「レッド・ブル・アカデミー」は、例の「翼を授ける」というキャッチコピーで有名なエナジー・ドリンクが1998年より開催している音楽業界関連のイヴェントです。毎年違う都市にて5週間に渡って開催され、業界人向けのワークショップやコラボレイション・セッションからなるプログラムと、コンサートやパーティー、アートの展覧会やトーク・イヴェントからなる一般人向けのプログラムがあります。2014年には東京で初めて開催されました。初期はエレクトロニック・ダンス・ミュージックが焦点となっていましたが、近年はより幅広いジャンルの駆け出しのミュージシャンが参加するようになっています。

これまでのイヴェントで行われたレクチャーやインタヴューの多くは「レッド・ブル・アカデミー」のホームペイジで公開されており、著名なアーティストたちがディープな話しをざっくばらんに語る様子を観ることができます。 フランキー・ナックルズ(※7)、ケヴィン・ソーンダーソン(※8)、ジェフ・ミルズ(※9)などクラブ・ミュージックの巨人たちのみならず、ジョルジオ・モローダー(※10)、ブライアン・イーノ(※11)、冨田勲(※12)、ディアンジェロ(※13)、ジャム&ルイス(※14)など名だたる音楽家が登場しており、ミュージシャンやDJを目指している方はもちろんのこと、音楽史に興味のある方にとっては必見です。また、各動画の英語の書き起こし原稿も掲載されているのもとても親切な点です。

Red Bull Music Academy: https://www.redbullmusicacademy.com/lectures

※7 フランキー・ナックルズ(1955年〜2014年)は、アメリカのDJ、レコード・プロデューサーです。ハウス・ミュージックのパイオニアとして知られます。

※8 ケヴィン・ソーンダーソン(1964年〜)は、デトロイト・テクノのパイオニアとして知られるDJ、レコード・プロデューサーです。

※9 ジェフ・ミルズ(1963年〜)は、アメリカのDJ、レコード・プロデューサーです。デトロイト・テクノの第2世代を代表するDJです。

※10 ジョルジオ・モローダー(1940年〜)は、イタリアの作曲家、レコード・プロデューサーです。

※11 ブライアン・イーノ(1948年〜)は、英国のミュージシャン、レコード・プロデューサー、芸術家です。

※12 冨田勲(1932年〜2016年)は、日本の作曲家、編曲家、シンセサイザー・アーティストです。

※13 ディアンジェロ(1974年〜)は、アメリカのシンガー・ソングライター、マルチ・インストゥルメンタリストです。

※14 ジャム&ルイスは、アメリカの音楽プロデューサー、ソングライターのデュオです。R&B、ニュー・ジャック・スウィングを代表するプロデューサーです。







6. iFLYER and Clubberia: Covering the Japanese Club Scene

Clubberia has been called “the Japanese Resident Advisor” for its coverage of dance music related news and listings of nightclubs and events. And just like RA, it releases a DJ mix every week on the Clubberia Podcast.

clubberia: https://clubberia.com/ja/

clubberia · CB 222 - Ellen Allien


iFlyer is another popular Japanese portal offering information and tickets for music events across the country. While Clubberia has a dance music focus, the events featured on iFlyer also include indie rock and pop idol concerts. With COVID-19 keeping clubs and live music venues closed and everybody indoors, it also publishes a listing of online streaming events. The site technically has an English version, but the (automatic) translation is very poor.

iFlyer: https://iflyer.tv/

iFlyer and Clubberia partnered in 2018 to offer a more robust service to its users, but people looking for information on Japanese club nights should check both iFlyer, Clubberia, and Resident Advisor, as some events are listed only on certain sites and not others.

6. 日本のクラブ・シーンの情報を発信する「iFLYER」と「clubberia」

日本版の「Resident Advisor」ともいえるのが、日本のクラブ・シーンに特化した「clubberia」です。2000年にオープンしたclubberiaは、ニューズ、ナイトクラブやパーティーのリスティング、イヴェント・レポート、インタヴュー記事を掲載しており、毎回1組のDJのミックスをフィーチャーした『clubberia podcast』を展開しています。

clubberia: https://clubberia.com/ja/

clubberia · CB 222 - Ellen Allien


同じく日本の音楽イヴェント・ポータル・サイトとして有名なのが「iFLYER」です。2006年にオープンしたiFLYERは、コンサートやフェスティヴァルの情報とチケットの販売をメインに、音楽ニューズやアーティストへのインタヴュー記事を掲載してきました。クラブ系のパーティーだけでなく、日本のインディ・ロックやアイドルのコンサート情報も多く掲載されています。新型コロナウイルスの影響でクラブやライヴ・ハウスの営業が控えられていることを受けて、ネット上のライヴ配信の情報も多く掲載されております。同サイトには“英語版”もありますが、残念ながらあまり使える内容になはっていません。

iFlyer: https://iflyer.tv/

iFLYERとclubberiaは、日本の音楽カルチャーの発展やナイトライフ産業の活性化を図るために、2018年より業務提携をしており、それぞれのポータル・サイトの情報がより充実するようになりました。また、日本のイヴェントでResident Advisorには掲載されているがiFLYER/clubberiaには掲載されていない、また、その反対のケースもありますので、日本のパーティー情報を知りたい方にはそれぞれのサイトをチェックすることをオススメします。



7. Beatport: The World’s Largest Electronic Music Store

Beatport is an online music store offering an expansive selection of electronic dance music tracks for DJs.From house and techno to hip hop and R&B, the majority of the music available on the site is offered in the form of DJ-friendly extended mixes (*15). Users can choose between MP3 (320kbps), or lossless WAV (*16) or AIFF (*17). Beatport also frequently holds sales—the perfect time for DJs to buy all the music they’ll need for upcoming gigs.

*15 DJ-friendly extended mixes are 6-10 minute versions of songs that have intros and outros that are longer than usual to allow the DJ to mix them into other songs. Conversely, a radio edit is a song that has been shortened to 3 or 4 minutes to allow for easy radio play.

*16 About sound quality. 128kbps and 360kbps are MP3 quality. CD quality is 16 bit/44.1 kHz. High-resolution is 24 bit/96 kHz and above.

*17 WAV files are a Windows format, while AIFF is a Mac format. While Mac audio players can usually playback WAV files, most Windows players do not playback AIFF files. Also, AIFF files allow you to include data about the track and artwork as metadata.

As the store is geared for DJs, most of the music on the site is in the form of singles (many of which include remixes). Many mix albums are also available as a package that includes a so-called continuous mix as well as all of the individual tracks included in the mix.

For those interested in learning how a DJ thinks or chooses tracks, check out the many DJ Charts—where popular DJs put together a playlist of the tracks they are currently listening to or spinning in their sets. Beatport also offers a range of stems (where a track is provided in a format that allows the user to separate the different instruments from one another) and loops (music samples that serve as building blocks for making tracks).

Beatport: https://www.beatport.com/



7. DJ向けの音源や音作りのための素材が簡単に入手できる「Beatport」

「Beatport」はエレクトロニック・ダンス・ミュージックに特化したオンライン・ミュージック・ストアの最大手です。2004年にアメリカで立ち上げられたこのサーヴィスは主にDJを想定しており、ハウスやテクノからヒップホップやR&Bまで、また、ありとあらゆるサブジャンルの“DJ用”音源(※15)を入手することができます。音源は複数のフォーマットで入手可能で、320kbpsのMP3はもちろんのこと、1トラックにつき追加料金を払えば、CDクオリティーに匹敵するいわゆる“ロスレス”(無圧縮(16 bit/44.1 kHz)(※16)のWAVとAIFF(※17)のフォーマットを選択することもできます。頻繁にセールも行われているので、一気に大量の音源を購入するDJも多くいます。

※15 DJ用音源とは、曲と曲を繋げやすくするためにイントロとアウトロが長めに作られている6〜10分の音源のことです。“extended mix” (延長版)と表記されることもあります。一方、レイディオ放送向けに3〜4分に短く編集された音源は “radio edit” と表記されています。

※16 音質について。128kbps は平均的なMP3、360kbpsはMP3の上限のビットレイトです。CDクオリティは16 bit/44.1 kHzのことで、ハイレゾは24 bit/96 kHzなど、CD以上のビットレイとのことを指します。

※17 WAVはWindowsの標準の音声ファイル形式なのに対して、AIFFはMacの標準の音声ファイル形式です。WAVに対応しているMacのソフトは多いのに対して、AIFFに対応しているWindowsのソフトは少ないです。一方、WAVファイルには楽曲情報やアルバム・アートを書き込めないのに対して、AIFFファイルには書き込めます。

DJ向けということで、主に取り扱われているのはシングル形式(単体の曲、あるいは曲+リミックス)の音源です。取り扱いがあるアルバムに関しては、ミックスCDの場合は、全曲がノンストップで繋げられている一般視聴者向けの“continuous mix”と、それぞれの曲がバラバラにされたDJ向けの音源が一緒にパッケージされていることが多いです。

DJという仕事に興味のある方にとってとても勉強になるのが、人気DJがお気に入りのトラックや現在クラブでヘヴィー・ローテイション中のトラックをリストアップした“DJ Charts”です。また、音楽制作に興味のある人向けには、他のDJやプロデューサーが作った“ループ音源”(音の素材)や、人気のトラックをパーツごとに分解した“ステム”も豊富に揃っています。Beatportの大きな弱点は、トラックの一部しか試聴できないことです。

Beatport: https://www.beatport.com/





8. Juno Download: A U.K.-leaning Selection of Music From an Eclectic Range of Genres

Juno Download is another popular online music store specializing in electronic dance music. While Beatport is based in America and is thus more focused on EDM and other big room-type dance tracks, Juno Download is based in the U.K. and accordingly carries music from a more eclectic range of genres—including funk, jazz, reggae, and even 60s rock ’n’roll. The only downside to the website is the cluttered user interface.

Juno also operates a sister site called Juno Records, which sells vinyl records as well as DJ and studio equipment. You can find reissues and rare finds and even some Japanese city pop records.

Juno Download: https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=junodownload

Juno Records: https://www.juno.co.uk/

8. 英国寄りの幅広いデジタル音源やレコードを取り扱う「Juno Download」

「Juno Download」は「Beatport」に続いてDJの間で高い人気を誇るオンライン・ミュージック・ストアです。アメリカを拠点としたBeatportはEDMにかなり力を入れているのに対して、英国を拠点としたJuno Downloadは、より英国寄りの折衷的なテイストが際立ちます。主にエレクトロニック・ダンス・ミュージックに特化していますが、一部ファンク、ジャズ、レゲエ、ロックンロールなどの古い曲の取り扱いもあるのも特徴です。少し見えづらいインターフェイスが最大の弱点です。

また、Juno Downloadにはレコードを販売する「Juno Records」という“姉妹店”があるのも大きな特徴で、DJ機材やレコーディング・ストゥディオ用の音響機材の販売も行なっています。日本のシティ・ポップを含むレコードの最新のリイッシュー版も取り扱っています。Beatportと比べると、アメリカ人にとっての「音楽の趣味の広さ」と英国人にとっての「音楽の趣味の広さ」がいかに違うことが分かるのも1つの楽しみです。

Juno Download: https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=junodownload

Juno Records: https://www.juno.co.uk/



9. Traxsource: The Best Source for House Music

Traxsource is an online music store that specializes in quality house music. It brands itself as "a music store with the attitude of an indie record label”. In its “Spotlights” feature, it shines a light on some of the best labels out there producing house, including a selection of recommended tracks, as well as video interviews and DJ sets. All files are available as MP3 (320kbps), WAV, or AIFF files (both 16 bit/44.1kHz).

What’s more, Traxsource also presents a weekly DJ mix show called “Traxsource LIVE!”, which is broadcast from over 80 radio stations worldwide and boasts 10 million listeners a month—a great way to get acquainted with the underground house sound.

Traxsource: https://www.traxsource.com/

Traxsource · Traxsource LIVE! #246 with Claptone


Traxsource · Traxsource LIVE! #256 with Joey Negro - Artist Of The Year


9. アンダーグラウンドのハウス・ミュージックのデジタル音源を専門に販売する「Traxsource」

メインストリーム寄りの「Beatport」と幅広いジャンルを取り扱った「Juno Download」に対して、「Traxsource」は“本物”の良質なハウス・ミュージックをメインに取り扱うオンライン・ミュージック・ストアです。「インディーズのレコード・レイベルのアティチュードを持ったミュージック・ストア」をコンセプトにしたこのサーヴィスでは、アンダーグラウンドのクラブ・シーンの音楽を熱く紹介しています。『Spotlights』というコーナーでは様々なハウス・ミュージックのレイベルが特集され、一押しのトラックのセレクションに加え、インタヴュー動画やライヴDJプレイの動画が紹介されています。音源はMP3 (320kbps)、WAVとAIFF(共に16 bit/44.1kHz)で購入することができます。

また、Traxsourceは毎週『Traxsource LIVE!』というDJミックスのレイディオ番組を制作しています。世界中の80以上のレイディオ局から放送され、1000万人にも登るリスナーを誇るこの番組は、ダンス・ミュージックのアンダーグラウンド・サウンドを知るために最適なリソースの1つです。

Traxsource: https://www.traxsource.com/

Traxsource · Traxsource LIVE! #246 with Claptone


Traxsource · Traxsource LIVE! #256 with Joey Negro - Artist Of The Year




10. Bandcamp: The Artist-Friendly Online Record Store

Bandcamp is an online platform for independent musicians and labels worldwide to promote and sell their music. While platforms like Beatport are said to take around a 50% cut of artists’ sales, with the remaining 50% split among an artist and their label, Bandcamp allows artists to set their own prices for digital downloads and purchases of physical CD or records and other merchandise. The service itself takes 15% + payment processing fees for digital downloads (10% in the case of merchandise), and when an artist’s sales exceed 5,000 dollars for the last 12 months, that percentage is lowered to 10%.

Bandcamp allows artists to offer digital downloads as MP3s (320kbps), WAV or AIFF (16 bit/44.1kHz), and also offer package deals for CDs and records. While many online music stores allow users to only listen to a certain section of each track, users can listen to full tracks on Bandcamp. Artists can also allow their fans to name their own price. These options and more have made the store an invaluable platform not just for electronic dance music artists but indie musicians in general.

Bandcamp: https://bandcamp.com/

10. アーティストが自由に価格設定できる「Bandcamp」

アーティストにとって良心的だということで近年評判が高いのが、「Bandcamp」という音楽のダウンロード販売のプラットフォームです。「Beatport」のような音楽配信ストアの場合、1曲の価格が大体1.5ドルから2.5ドルの間で、その収益の半分くらいがサーヴィスの取り分だと言われています。残りの半分はアーティストとレイベルの間で分けられることとなります。Bandcampではアーティストは音楽のデジタル配信に加え、その他のグッズを販売することができ、自分で適正価格を自由に設定することができるのがアーティストにとって大きなメリットです。サーヴィスの取り分はデジタル音源の場合は15%+支払いの処理にかかる料金(グッズの場合は10%)だとされています。更に、過去12ヶ月の間での売り上げが5,000ドルを超えている場合、その割合は10%に引き下げられます。

Bandcampが取り扱っている音源はMP3 (320kbps)、WAVとAIFF(共に16 bit/44.1kHz)などのフォーマットで入手することができ、合わせてアーティストが希望すればCDやレコードとのパッケージ販売も可能となっています。トラックの一部しか再生できない多くの配信サーヴィスに対して、Bandcampではウェブサイト上で曲の全体を試聴できるのも嬉しい点です。また、アーティストは“name your price”という価格設定にすれば、ユーザーが1ドル(あるいは0ドル)から好きなだけ払える仕組みも評判が高いです。こういったことから、Bandcampはエレクトロニック・ダンス・ミュージックに限らず、様々なインディーズのアーティストにとって人気の宣伝プラットフォームとなっています。

Bandcamp: https://bandcamp.com/



11. Epilogue

There’s a range of publications and websites that cover electronic dance music from every angle; from mainstream to the underground, from commercial to independent. In this article I’ve listed just a few. And while producing and performing music in a professional capacity has traditionally been for those with undeniable talent, access to a studio, instruments, and staff, or a mountain of records, today the line between DJ and producer has become blurred. Never in the history of music has it been so easy to get your hands on professional-grade audio tools and loops to make music on your laptop from the comfort of your bedroom. It’s no wonder the EDM craze has coincided with the rise of young, sometimes teenage producers who have never even been to a club.

Dance music was long an underground scene providing safe places for “worship” to outsiders: gays, Blacks, Latinos, and other minorities. The DJ was someone who kept the grooves going from the shadows, and was not the focus of the party. But the commercial success of EDM and the development of digital tools to produce and distribute music has led to the emergence of large electronic music festivals and world-renowned DJ superstars. What’s more, those DJs are not longer allowed to be just “artists” dedicated to the pursuit of a sound—they must now become “creators” with the savvy to turn themselves into brands.

A crucial factor in accelerating that branding process has been the prevalence of DJ rankings and music charts. As I mentioned earlier, a DJ’s bookings and pay is greatly influenced by their position on one or more of those coveted lists from DJ Mag or Mixmag, or on the Beatport sales charts. With so many new tracks, remixes, and mixes being released every day it has become impossible to listen to them all; the result is that it becomes all about getting your tracks played by big-name DJs and getting that exposure—in any way that you can—on those platforms. Take one look at those DJ rankings and its clear how the top spots are all taken by the group of white, male, EDM-leaning DJs that have Las Vegas residencies. Not only does that not reflect dance music’s roots, it also does not reflect the current landscape of underground dance music, where many of the most respected DJs are female.

For many years, Resident Advisor published its own DJ rankings as a way to draw attention to the underground house and techno DJs that weren’t getting any love in the DJ Mag and Mixmag rankings. Over time, however, as that list became one of the most popular pieces of content on RA, it also became an inaccurate representation of the true landscape of the scene. Recognizing that its charts were having the opposite of their intended effect, RA stopped updating them in 2018. The industry today is defined by a struggle to find a balance and establish a mutually beneficial relationship between the mainstream and underground scenes.

Check out RA’s full statement on why they chose to stop their DJ polls here:

English:https://www.residentadvisor.net/features/3105

Japanese: https://jp.residentadvisor.net/features/3114

11. エピローグ

このコラムで見てきたように、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの情報や音源を取り扱っているサイトには、メインストリーム寄りのものからアンダーグラウンド寄りなもの、商業的なものからインディペンデント寄りのものが存在します。また、従来は特別な才能を持ったミュージシャンが、レコーディング・ストゥディオを借りて音楽制作に取り組んでいたのに対して、現在ではDJ/プロデューサーとリスナーの境界線が非常に曖昧になっており、プロと同じレヴェルの音作りのための素材を入手することはかつてないほど簡単になりました。これこそ、ナイトクラブを訪れたことのないような若手(あるいは未成年)のプロデューサーたちが多く出現している大きな理由の1つと言えるのではないでしょうか。

ダンス・ミュージックはそもそもアンダーグラウンドなシーンとして始まり、ナイトクラブはゲイの人々など社会のアウトサイダーたちの安全地帯として機能し、DJはその影で活躍する無名の存在でした。しかし、EDMの商業的な成功と、デジタル環境での音楽制作のためのツールが進化したことによって、大衆向けの遊び場として“大型フェス”が発達し、DJたちは純粋に音楽性を追求する“アーティスト”から自分をブランド化する能力のある“クリエイター”になることが求められるようになりました。

その中で重要な1つの指標となり、その動きを更に加速させているのが、DJのランキングや音楽チャートです。前述のように、「DJ Mag」や「Mixmag」のランキング企画での評価、「Beatport」などのサイトにおける注目度によって、DJがナイトクラブやフェスで のブッキングの頻度やギャラが大きく左右されます。聴こうと思っても聴ききれないほどの新しいトラックやミックス音源が毎日のようにネット上で大量に発表されている中、自分のトラックをいかに多くの人気DJに取り上げてもらい、チャートの上位にランクインできるかが勝負となります。現在それらのチャートに目を通すと、ラス・ヴェガスなどEDM系のナイトクラブでレジデントDJを務める、主に白人の若い男性が上位を占めていることが目に見えてわかります。それはダンス・ミュージックのルーツから大きく離れた事態となったと言えると同時に、女性DJの活躍が目立つ近年のアンダーグラウンド・シーンの現状をまるで反映していないことも問題視されています。

「Resident Advisor」でも長年、読者によるDJランキングが恒例のコンテンツとなっていました。その目的は、EDM系のDJばかりが際立つ「DJ Mag」や「Mixmag」のランキング企画では取り上げられないような、ハウスやテクノの“アンダーグラウンド”なDJにスポットを当てることでした。しかし、やがてその“アンダーグラウンド”の番付ですら、RAのサイト上で最も人気のコンテンツとなったそうです。それによってDJのギャラやクラブ・シーンの空気に影響を及ぼすことは、むしろRAのミッションとは対抗するということで、2018年よりランキングの企画は中止しています。メインストリームとアンダーグラウンドの両方の面があり、双方が密接に絡み合っているダンス・ミュージックの業界では、こういった“心の葛藤”がいろんなところで伺うことができます。

RAのウェブサイトでは、編集部の考えをより細かく述べたとても興味深いコメント文が発表されており、一読の価値があります。

英語:https://www.residentadvisor.net/features/3105

日本語: https://jp.residentadvisor.net/features/3114

keywords

#Mixmag #DaveSeaman #DJMag #ResidentAdvisor
#RedBullAcademy #iFlyer #Clubberia
#Beatport #JunoDownload #Traxsource
#Bandcamp #FrankieKnuckles #KevinSaunderson
#JeffMills #D’Angelo

#ミックスマグ #デイヴシーマン #DJマグ
#レジデントアドバイザー #レッドブルアカデミー
#アイフライヤー #クラベリア
#ビートポート #ジュノダウンロード #トラックソース
#バンドキャンプ #フランキーナックルズ #ケヴィンソーンダーソン
#ジェフミルズ #ディアンジェロ




MUSIC & PARTIES #039

Spoken Readings for Japanese Study
Online Resources for Dance Music & Clubbing Culture News- The Music of California (27)
ダンス・ミュージック/クラブ・カルチャーのニューズと音源のオンライン・リソース− カリフォルニア生まれの音楽(27)
2020/06/22


MUSIC & PARTIES #039

英語力がドンドンつく学習法
Online Resources for Dance Music & Clubbing Culture News- The Music of California (27)
ダンス・ミュージック/クラブ・カルチャーのニューズと音源のオンライン・リソース− カリフォルニア生まれの音楽(27)
2020/06/22


SHARE
FOLLOW