2018/10/08
Shibuya's Nightclub Scene
渋谷のナイトクラブ

The club scene has died down a bit since the EDM craze of the early 2010s, but the club-going public is still hungry for club music/dance music, and you can stumble across a plethora of nightclubs in Shibuya bustling every evening.

Recently, raves and music festivals like EDC in May and Ultra in September have also been drawing huge crowds.

Shibuya specifically is an area that never seems to run out of energy, and at the center of the hubbub is its colorful array of nightclubs, including Womb, which is where I had my formative first clubbing experience.

2010年代前半のEDMブームの時に比べれば、人気が衰えたとはいえ、現在もクラブ・ミュージック/ダンス・ミュージックのニーズはとても高く、渋谷にも数多くのナイトクラブが連日賑わっています。

レイヴ / フェスも5月のEDCや9月のULTRAなどが多くのオーディエンスを集めています。

僕が初めて行ってインパクトを受けたWOMBを始め、様々なタイプのナイトクラブがあるのが渋谷の特徴です。

There are many ways to enjoy a night at the club, but for the clubbing type often one of the pleasures is being able to listen to music at loud volume on quality sound systems. Then there are the dancing type, who go to get lost in the rhythms unleashed on the dance floor. There are plenty of excellent nightclubs in the Shibuya area that satisfy both types of people.

ナイト・クラブの楽しみ方は、色々ありますが、より良い音響システムの大音量で音楽を楽しむという“クラバー”という存在があります。また、踊ることが目的という“ダンサー”という存在もいます。そうしたどちらの人々を満足させるナイト・クラブが渋谷エリアには充実しています。

The street that connects Tokyu Bunkamura to Dogenzaka—known colloquially as Rambling Street—is home to many clubs and live music venues.

The neighborhood as a whole, known as Maruyamacho, was originally famous as a love hotel district, but today its reputation as a clubbing district is equally notorious. There are many styles of clubs in the vicinity, hosting all manner of parties on the daily.

東急Bunkamuraから道玄坂へ抜ける通り、通称“ランブリング・ストリート”には、クラブやライブ・ホールが数多く存在しています。

円山町といえば、かつては“ラブホ街”として、有名でしたが、現在では、“クラブ街”としての認識も高まっています。ここには、様々なスタイルのクラブが共存しており、日々様々なパーティーが開催されています。

Meet markets—or meat markets, if you must—are places where single people congregate in the hopes of hooking up. For better or for worse, there’s no denying that the casual pickup (nampa in Japanese) is part and parcel of the clubbing experience. Trying to hit on girls who have made it clear they’re just there to dance to the music and have a good time is utterly contemptible, but having something suave to say to strike up a conversation with someone hanging around the bar is preferable—gentlemanly, even.

独身のクラバーが相手を求めて訪れる場所を英語では「ミート・マーケット」(meet market もしくは meat market)と言います。クラブの楽しみの1つは、“ナンパ”であることは、否定しがたい事実でしょう。ダンスや音楽を純粋に楽しんでいる女の子を無理矢理“ナンパ”するのは、愚の骨頂でありますが、バーエリアなどでスマートに話しかけることは、むしろ紳士のマナーとさえ言えるでしょう。

There are many smaller venues in Shibuya, each with distinct personality. These are the types of places that entice people to keep coming back, and so many of them have a long, storied history.

Lounges are not about dancing or the pickup scene—they’re for enjoying the music and the atmosphere, pure and simple. If you’ve never been, they’re definitely worth a visit.

渋谷には、個性的な小バコも数多く存在しています。リピーター率が高く、歴史の長いハコが多いのも特徴です。

踊ったり、ナンパしたりするのではなく、音楽や空間を楽しんだりするためのラウンジ系小バコにも、是非一度行ってみることをオススメします。


Nightclubs made for experiencing sound and dancing
音響とダンスがメインのナイトクラブ

WOMB


Photo : WOMB提供

Womb has been a regular for years on British monthly clubbing magazine DJ Mag’s annual poll of the Top 100 Clubs in the world. In the 2018 poll it ranked 56th—the highest ranking club in Japan. The bare cement building sits smack dab in the middle of the famous Maruyamacho love hotel and club district, and inside is perhaps one of the most iconic spaces on the Tokyo/Japan nightclub scene.

The main dance floor is watched over by one of the biggest mirror balls in Asia, and boasts a world-class sound system. The first and fourth floor lounges and the third floor VIP space also have an unbeatable atmosphere.

The venue underwent a major revamp in 2016, and both the sound system and the production have been significantly improved. It remains an institution of Japan’s nightclub scene.

Musically speaking, the genres you’ll encounter here are mainly house, techno, tech-house, bass music, and drum and bass. If you love good music and dancing, you’ll love Womb.


Photo : WOMB提供

イギリスの人気クラブ雑誌“DJ MAG”が毎年選出している“TOP 100 Club”において、毎回ランクインし、2018年には世界で56位にランクされ、日本国内では最高位に選ばれているのが『ウーム』です。“ラブホ街+クラブ街”で有名な円山町の真ん中にある、コンクリートの打ちっ放しの建物の中は、まさに東京・日本のナイトクラブを代表するというべき空間となっています。

アジア最大級のミラーボールに、世界最高峰のサウンドシステムで有名なメイン・フロアはもちろんの事、1階と4階のラウンジ、3階のテラス席にテーブルを配するVIPもとても雰囲気のいい空間となっています。

2016年の大規模な改装によってサウンドシステムや演出設備もヴァージョンアップされ、文字通り日本を代表するナイトクラブになっています。

音楽ジャンルとしては、ハウス、テクノ、テック・ハウス、ベースミュージック、ドラムンを中心としており、音楽好き、音響好き、踊り好きのためのハコです。


Photo : WOMB提供
SHOP INFO
WOMB
2-16 Maruyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0044
〒150-0044 東京都渋谷区円山町2-16
TEL : +81-03-5459-0039
http://www.womb.co.jp/


SOUND MUSEUM VISION

Vision opened its doors in 2011 halfway up Dogenzaka hill (saka, or zaka, is Japanese for hill). It boasts two large dance floors and holds up to around 1,500—it is what the Japanese call an oh-bako (大バコ), meaning large venue.

The two dance floors are constructed of wood, making them ideally suited for being, in a word, torn up, and there are lounge spaces and a bar counter for when you want to catch your breath. Look no further if you’re looking for a place to get down.

The sound quality and VJ visuals are excellent, and the facilities are suited for live music performances as well. On their schedule you’ll find not only DJ parties but live music sets.

Music-wise the venue doesn’t box themselves in to any genres, which is both a blessing and a curse; I recommend checking their website to see who’s playing before making the journey to the venue.

A word of caution: on some days the venue hosts what appear to be Japanese idol fan get-togethers.

2011年にオープンした『ヴィジョン』は、道玄坂の中間位のところに位置し、大きなダンス・フロアが2つあり、キャパシティも、1500人ぐらいの大バコです。

2つのダンス・フロアの床は、木製のため踊りやすく、ラウンジ・エリアやバー・カウンターもあり、ゆっくり休むこともできるため、踊り好きには、大変好評です。

音質、VJ、ライブなどもレベルが高く、DJセットだけでなく、LIVEセットのイヴェントも行っています。

音楽ジャンルは、特に決められていないので、公式HPでチェックしてから、来場することをオススメします。

アイドルのファンの集まりみたいな日もあるので、注意が必要です。


Photo :©RendezVous
SHOP INFO
SOUND MUSEUM VISION
B1 2-10-7 Dogen-zaka, Shibuya-ku, Tokyo 150-0043
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F
TEL : +81-03-5728-2824
http://www.vision-tokyo.com/


Contact

Contact is a relatively new (opened in April 2016) nightclub located at the back of a parking lot about halfway up Dogenzaka hill. The underground mid-size venue (chu-bako) has a main dance floor and a bar floor, with a total capacity of about 600.

Tech house is the main genre here, with DJs both local and international manning the decks. Entry is limited to members only, so be sure to preregister online.

道玄坂の中程にある駐車場の奥の地下2階にある、『コンタクト』は、2016年4月にオープンした新しいナイト・クラブです。フロアは、メインとバーフロアの2つがあり、キャパシティは、600人ぐらいの“中バコ”です。

テック・ハウス系がメインで、日本人DJだけでなく、海外からのDJも招聘しています。会員制を取っているので、公式HPでのメンバー登録が必要となっています。


Photo :©RendezVous
SHOP INFO
CONTACT
B2 2-10-12 Dogen-zaka, Shibuya-ku, Tokyo 150-0043
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館B2F
TEL : +81-03-5728-2824
http://www.contacttokyo.com/


VENT

Yes, technically speaking the Omotesando/Aoyama area is not Shibuya, but I nonetheless highly recommend Vent, which opened in 2016 near Omotesando crossing.

The venue sports a minimalistic interior with a one-of-a-kind sound system that sounds fresh and brings to life a unique experience of music.

In terms of music the programming is centered on techno and house, with many top international DJs gracing the decks.

厳密には、渋谷とは言えませんが、イチオシのナイト・クラブが、2016年にオープンした表参道交差点近くにある『ヴェント』です。

ミニマルなデザインの内装と、世界初のオリジナルなサウンド・システムは、とても斬新で、とてもよい音楽体験ができるハコです。

ジャンルは、テクノ / ハウスで、海外からのトップDJも多数出演しています。

SHOP INFO
VENT
Festae Omotesando Bldg. B1 3-18-19 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山3-18-19 フェスタ表参道ビルB1
TEL : +81-03-6804-6652
http://vent-tokyo.net/


Long-established Maruyamacho nightclubs
円山町の老舗クラブ

Club Asia

Club Asia is a pioneer of Tokyo club culture that opened its doors in 1996; a long-established hub of culture in its various forms. It operates as both a live music venue and a club, and hosts forward-thinking events not limited to any single genre.

The main dance floor has a liberating 6-meter-tall ceiling and holds 300 people, watched over by a giant 200-inch screen onstage and EAW sound system. Add the other dance floors into the mix and the venue as a whole accommodates 600 partygoers.


Photo : Club Asia提供

円山町でクラブカルチャーの先駆けとして1996年にオープン。様々なカルチャーを発信してきた老舗。ライブハウスと、クラブ両面を兼ね備えており、ジャンルに囚われず先進的なイヴェントを開催しています。

天井高6mで解放感のあるメインフロアはキャパシティ300名、ステージには200インチの巨大スクリーンを完備し、EAWのサウンドシステム。全フロア解放で600名収容可能。


Photo : Club Asia提供
SHOP INFO
Club Asia
1-8 Maruyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0044
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-8
TEL : +81-03-5458-2551
Open 営業時間:Refer to calendar on official website
イヴェントによりますので、オフィシャルサイトのカレンダーをご確認ください。
Closed 定休日 : Refer to calendar on official websitebr> オフィシャルサイトのカレンダーをご確認ください。
http://asia.iflyer.jp/venue/


VUENOS

Vuenos, a mid-size (chu-bako) venue with a maximum capacity of 300, is located across from Club Asia—both venues are managed by a company called Culture of Asia.

The main floor features a gigantic speaker in each of the four corners that produces plenty of bass, and so it’s no surprise that the venue hosts mostly reggae and hip-hop events and parties.


Photo : VUENOS提供

clubasiaの前にあるVUENOSは、clubasiaと同じCulture of Asiaの系列のキャパシティ300名のクラブです。

開放感あふれる吹き抜け型の2フロア仕様、地下1階のメインフロア四隅の巨大なスピーカーによる大迫力なサウンドが特徴。重厚な低音と充実した照明設備により他に無い演出の魅力を味わえます。

HIPHOP、R&B、REGGAEのイベントを中心に開催されています。


Photo : VUENOS提供
SHOP INFO
VUENOS
Daihachi Yazawa Bldg. 1F&B1 2-21-7 Dogenzaka, Shibuya-ku, Tokyo 150-0043
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-21-7 第8矢澤ビル1F, B1
TEL : +81-03-5458-2551
http://vuenos.iflyer.jp/venue/


Club Harlem

Club Harlem is located along so-called Rambling Street in Maruyamacho, in the same building as the rental party venue Dr. Jeekahn's. It has been a hub of the local hip-hop scene since it opened in 1997.

The entrance is on the first floor, and the main dance floor is on the second floor, with a capacity of about 1,000 people. There is also VIP room on the mezzanine, and BX Cafe on the third floor.

Club Harlem is the destination for hip-hop lovers in Tokyo.

円山町の通称“ランブリング・ストリート”にある、クラブ・ビルとして有名な、ドクタージーカンズにある『ハーレム』は、1997年のオープン以来、HIP HOPのハコとしてとても知られた存在です。

1階がエントランス・ホールとなっていて、2階のメイン・フロアは、1000人近いキャパシティがあります。中2階には、VIPルーム、3階はBX CAFÉがあります。

HIP HOPが好きな人は、必ず行くべきクラブです。

SHOP INFO
Club Harlem
Dr. Jeekahn's 2F, 3F 2-4 Maruyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0044
〒150-0044 東京都渋谷区円山町2-4 Dr.ジーカンス 2F, 3F
TEL : +81-03-3461-8806
http://www.harlem.co.jp/

ATOM TOKYO

Atom Tokyo, which celebrates its 14th anniversary this year, is notorious for being a nampa-bako (pickup spot). The venue takes up floors 4, 5, and 6 in the Dr. Jeekahn's Building along Rambling Street.

On the 4th floor is a lounge-style space called “Cave”, on the 5th floor is the main floor, called “Hall”, and on the 6th floor is the “Loft”, made up of a bar and a women-only area. There are VIP spaces on the 4th and 5th floors as well, offering food options.

Each floor has a completely different look and feel, so it’s an easy place to lose track of time.

In terms of musical taste, this venue specializes in the relentlessly upbeat and uptempo variety, namely EDM.

There’s a dress code, so be sure to checkout their website before trying your luck at the door.

“ラウンブリング・ストリート”のクラブ・ビル、ドクタージーカンズビルの4、5、6階にある、今年で14周年を迎える『アトム・トウキョウ』は、“ナンパ・バコ”として有名です。

4階は、ラウンジ的な「CAVE」、5階はメイン・フロアの「HALL」、6階はレディースエリアとバーのある「LOFT」、VIPは、4,5階にあります。VIPでは食事も楽しめます。

各々のフロアが全く違ったイメージなので、長時間いても飽きることがありません。

音楽ジャンルは、ハウス、EDMなどの“アゲアゲ系”を得意としています。

ドレス・コードもあるので、公式HPでチェックしてから行くことをオススメします。

SHOP INFO
ATOM TOKYO
Dr. Jeekahn's 4F, 6F 2-4 Maruyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0044
〒150-0044 東京都渋谷区円山町2-4 Dr.ジーカンス 4F/6F
TEL : +81-03-5458-2551
http://atom-tokyo.com/


Pick-up nightclubs
“出会い”の確率の高いナイトクラブ

CLUB CAMELOT

CLUB CAMELOT is a 1,200+ capacity nampa-kei oh-bako (large-size venue and pickup spot) located in the basement of the Jinnanzaka Flame building near Tower Records.

It boasts three separate dance floors, a bar, and a number of VIP areas. On the third basement level you can let the relentless waves of hyped-up house music and EDM bombard you, while on the second basement level you can get your groove on to black music—mostly hip-hop and R&B.

On the third dance floor—called the “White Floor”—you can enjoy a variety of music depending on what kind of party they’ve got going on.

タワーレコードの近くの『神南坂FLAME』のB2/B3にある、キャパシティ1200人以上のナンパ系大バコが『クラブ・キャメロット』です。

3つのダンス・フロアと1つのバーと数多くのVIPエリアという様式となっています。B3のメイン・フロアでは、ハウス・EDM系の“アゲアゲ”のチューンを楽しむことができます。B2のメイン・フロアは、HIP HOP、R&Bなど“BLACK MUSIC”を楽しむことができる。

3つ目の“WHITE FLOOR”では、パーテイー/イヴェントにより様々なタイプの音楽が提供されています。

SHOP INFO
CLUB CAMELOT
Jinanzaka Flame B3 1-18-2 Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo 150-0041
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-18-2 神南坂FLAME B3
TEL : +81-03-5728-5613
http://www.clubcamelot.jp/


TK SHIBUYA

TK SHIBUYA opened in 2017 as a revamp of T2, a nightclub located downstairs in the Chitose Kaikan building right across from the koban (police box) by Shibuya Center-Gai.

The single-floor large-size venue (oh-bako) has a capacity of 1,200, and hosts all manner of parties and events on weekends and weekdays alike. It is a popular nampa-bako (pickup spot) that can be packed to the brim depending on what’s going on.

Judging by the interior design and lighting—which the venue has clearly put a lot of work into—I’d say this place is more of a disco than a club. And I’ve heard the VIP area is pretty great.

The music coming out of the speakers spans pretty much all genres, and club-goers can expect to hear popular house, R&B, and EDM tunes.

センター街の交番のすぐ近くにある、『ちとせ会館』のB1にある、かつての『T2』を2017年にリニューアルしたのが、『TK SHIBUYA』です。

ワンフロアのキャパシティ1200人の“大バコ”で、週末はもちろん平日でも、パーティー/イヴェントによっては、パンパンに入ることもある人気の“ナンパ・バコ”です。

内装、照明にも力を入れており、クラブというより“ディスコ”というイメージのハコです。もちろんVIPも人気があります。

音楽ジャンルは、いわゆる“ALL MIX”と呼ばれるスタイルで、ハウス、R&B、EDMなどの人気のチューンを楽しむことができます。

SHOP INFO
TK SHIBUYA
Chitose Kaikan B1 Udagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0042
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館B1
TEL : +81-03-5456-2400
http://tk-shibuya.com/


R LOUNGE

R LOUNGE is a 430-square-meter entertainment venue where you can enjoy the latest dance music in a space equipped with a polished sound system, LED lighting, and lasers.

The music programming varies by party/event, but most often you’ll find hip-hop on the 6th floor, and techno/house on the 7th floor. On some days the cover charge is a steal, so for first-time clubbers the bar to entry here is comfortably low. Plus, once you pay the entrance fee you are free to go back and forth between the two floors.

What’s more, foreigners can get in free to the party on the 7F on Mondays and Wednesdays.


Photo : R LOUNGE提供

総面積130坪以上を誇り洗練されたサウンドシステム、LEDライト、レーザーを駆使し、最新のダンスミュージックを2フロアで楽しめる渋谷のエンターテイメントスポット。

パーティー/イヴェントによって異なるのですが、6階がHIP HOPで7階がテクノ・ハウスのようなジャンルになっていたりします。エントランス・フィーが安い日もあり、また、一度入場すると6F/7Fの行き来が自由になることが多いので、クラブ初心者にも、楽しめるハコです。

さらに、毎週の月曜日・水曜日に7Fで開催されるイヴェントは外国人エントランス・フリーです。


Photo : R LOUNGE提供
SHOP INFO
R LOUNGE
Tosen Udagawa Bldg. 6.7F 4-7 Udagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0042
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町4-7 トーセン宇田川ビル6F / 7F
TEL : +81-03-5459-7988

Open 営業時間:Refer to calendar on official website
イベントによりますので、オフィシャルサイトのカレンダーをご確認ください。
Closed 定休日 : Refer to calendar on official website
オフィシャルサイトのカレンダーをご確認ください。
http://rlounge.jp/


LAUREL TOKYO

Laurel Tokyo is a chu-bako (mid-size venue) with a capacity of 120 that opened in the area between Dogenzaka and Route 246 in May 2017.

This is a venue for grown-ups, with a chic, lounge-like interior and luxurious atmosphere.

The high-quality sound system makes this venue an easy place to lose track of time without getting fatigued from the music.

Genre-wise, the adult-oriented selections span mostly house, techno, and EDM.

道玄坂と246の間のエリアに2017年5月にオープンした、キャパシティ120人の中バコが『ローレル・トウキョウ』です。

“大人”をターゲットとしており、ラウンジのようなシックな内装は、高級感が漂っています。

サウンド・システムもハイグレードなものを使用しており、長時間いても“音疲れ”がしにくいハコです。

音楽ジャンルは、ハウス、テクノ、EDMを中心に大人向けの選曲になっています。

SHOP INFO
LAUREL TOKYO
SK Plaza Bldg. B1F 1-17-9 Dogenzaka, Shibuya-ku, Tokyo 150-0043
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-17-9 SK PLAZA ビル B1F
TEL : +81-03-6809-0725
http://laureltokyo.com/


THE ROOM


Photo : THE ROOM提供

The Room is a long-established nightclub that opened in 1992 in the Sakuragaokacho area of Shibuya.

The venue is the home of Kyoto Jazz Massive—a DJ duo consisting of Okino Shuya and his brother. (Okino also runs the club.)

In terms of musical genres, the programming is centered on jazz, crossover jazz, and funk. On weekdays you can often find live music.


桜丘町にある、『ザ・ルーム』は、1992年にオープンした老舗クラブです。

沖野修也氏率いる『KYOTO JAZZ MASSIVE』 がプレイするハコとしても有名です。(ちなみに沖野氏はこのクラブのプロデューサーでもあります。)

音楽ジャンルは、JAZZ、クロスオーバー、FUNK、が中心で、平日はライブも楽しむことができます。

SHOP INFO
THE ROOM
Daihachi Tohto Bldg. B1 15-19 Sakuraoka-machi, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-19 第八東都ビルB1
TEL : +81-03-5459-0039

Open 営業時間:Refer to calendar on official website
イヴェントによりますので、オフィシャルサイトのカレンダーをご確認ください。
Closed 定休日 : Refer to calendar on official website
オフィシャルサイトのカレンダーをご確認ください。
http://www.theroom.jp/


Club BALL

Club Ball is a music bar that’s been in business in Udagawacho since 1996.

The venue features quality music flowing through a quality sound system, and so it’s no surprise it has fans across Japan; in that way it serves as a kind of community hub.

1996年から宇田川町で営業しているミュージック・バーです。

良質な音楽を良質なサウンド・システムで提供してくれる『クラブ・ボール』は、全国にファンがおり、コミュニティー空間としての役割も果たしています。

SHOP INFO
Club BALL
Kuretake Buldg 4F 4-9 Udagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0042
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町4-9 くれたけビル4F
TEL : +81-03-3476-6533
http://shibuya-ball.com/


Organ Bar

Organ Bar is a ko-bako (small-size venue) catering to the subculture crowds since 1995. It sits across from the Mont-bell building behind Tokyu Hands.

The musical tastes on display are eclectic, blending together various genres, and is a great point of entry for nightclub newbies.

東急ハンズの向かい側にある『モンベル』のビルの奥にある、『オルガン・バー』は、1995年から営業している“サブカル系”の小バコ・クラブです。

様々なジャンルの音楽をセンスよく繋げるスタイルは、クラブ初心者にも上級者にもオススメです。

SHOP INFO
Organ Bar
Kuretake Bldg. 3F 4-9 Udagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0042
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町4-9 クレタケビル3F
TEL : +81-03-5489-5460
http://www.organ-b.net/