2018/10/01   #004
Tokyo Jazz Life Part 2
東京のジャズ・ライフ その2

■CD / Vinyl Record Stores | CD / レコードショップ

■Tower Records Shibuya / Shinjuku

The first stop for anybody interested in getting their hands on not just jazz but any kind of music on CD or vinyl should be Tower Records Shibuya and the Tower Records in the Flags shopping center adjacent to Shinjuku Station South Exit.

If you’re even the slightest fan of music, you could spend an entire day in either of these places.

The staff that man the counters and wander the aisles on each floor are very knowledgeable about music, and with their help you’re sure to find most of the music you’d ever have business looking for between these two stores.
Tower Records Shibuya / タワーレコード渋谷店
Photo : Tower Records / タワーレコード提供
Tower Records Shinjuku / タワーレコード新宿店
Photo : Tower Records / タワーレコード提供

■タワーレコード渋谷店 / タワーレコード 新宿店

ジャズに限らず、CD / レコードを入手するには、タワーレコード渋谷店と新宿駅東南口に隣接しているフラッグス内にある新宿店を、まずチェックすべきです。

音楽ファンであれば、各々の店舗に1日中いても楽しめることでしょう。

両店の各フロアのスタッフは、とても知識が豊富で大抵の音源は、この2つの店で購入できるはずです。


Photo : Tower Records / タワーレコード提供
< GENERAL INFO>
Tower Records Shibuya / タワーレコード 渋谷店
1-22-14 Jinnan,Shibuya-ku,Tokyo 150-00411
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-14
TEL : +81-(0)3-3496-3661
Open 営業時間 : 10:00-23:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://towershibuya.jp/

Photo : Tower Records / タワーレコード提供
< GENERAL INFO>
Tower Records Shinjuku / タワーレコード 新宿店
Flags7-10F 3-37-1 Shinjuku, Shinjuku-ku,Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-37-1 フラッグス7~10F
TEL : +81-(0)3-5360-7811
Open 営業時間 : 11:00-23:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://tower.jp/store/kanto/Shinjuku


■diskunion – Shibuya Jazz/Rare Groove Store
■diskunion – Shinjuku Jazz Store
■diskunion – Jazz Tokyo (Ochanomizu)



diskunion – Shibuya Jazz
Photo : diskunion / ディスクユニオン提供

For the breed of jazz fan left unsatisfied by the offerings at Tower Records, I present to you Diskunion—specifically, the Shibuya Jazz/Rare Groove Store, the Shinjuku Jazz Store, and the JazzTokyo Store.

Pay your respects at these three stores, and even the most particular of jazz enthusiasts should be satisfied.


diskunion – Shinjuku Jazz Store
Photo :diskunion / ディスクユニオン提供

■ディスクユニオン 渋谷ジャズ / レアグルーヴ館
■ディスクユニオン 新宿ジャズ館
■ディスクユニオン 御茶ノ水 JAZZ TOKYO

タワーレコードで満足できない、コアなジャズ・ファンには、渋谷ジャズ / レアグルーヴ館、新宿ジャズ館、Jazz TOKYOの3つのディスクユニオンがオススメです。

この3店舗を回れば、たいていのマニアもきっと納得がいくことでしょう。


diskunion JazzTokyo (Ochanomizu)
Photo : diskunion / ディスクユニオン提供


Photo :Disc Union
ディスクユニオン提供
< GENERAL INFO>
diskunion – Shibuya Jazz/Rare Groove Store
ディスクユニオン 渋谷ジャズ・レアグルーヴ館
Antena21 B1 30-7 Udagawa-cho, Shibuya-ku,Tokyo 150-0042
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7アンテナ21 BF
TEL : +81-(0)3-5360-7811
Open 営業時間
Mon - Sat 11:00-21:00 / Sun and holiday/日祝 11:00-20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays 不定休
https://diskunion.net/shop/ct/shibuya_jazz/detail


Photo :Disc Union
ディスクユニオン提供
< GENERAL INFO>
diskunion – Shinjuku Jazz Store / ディスクユニオン 新宿ジャズ館
Juraku Twin B Bldg. 3F, 3-34-1 Shinjuku, Shinjuku-ku,Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
TEL : +81-(0)3-5379-3551
Open 営業時間
Mon - Sat 11:00-21:00 / Sun and holidays/日祝 11:00-20:00   
Closed 定休日 : No fixed holidays 不定休
https://diskunion.net/shop/ct/shinjuku_jazz/detail


Photo :Disc Union
ディスクユニオン提供
< GENERAL INFO>
diskunion – JazzTOKYO Store
ディスクユニオン 御茶ノ水 JAZZ TOKYO
New Surugadai Bldg. 2F, 2-1-45 Kanda Surugadai, Chiyoda-ku, Tokyo 101-0062
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル2F
TEL : +81-(0)3-3294-2648
Open 営業時間
Mon - Sat 11:00-21:00 / Sun and holidays/日祝 11:00-20:00   
Closed 定休日 : No fixed holidays 不定休
https://diskunion.net/shop/ct/jazz_tokyo/detail


■Musical Instrument Stores | 楽器店

The city of Tokyo is home to more stores specializing in musical instruments than anywhere else in the world.

I often hear talk of professional musicians from overseas—not just jazz, but rock as well—buying instruments in Tokyo when they come to Japan for concerts.

In fact, on a few occasions I’ve come across famous musicians trying out instruments at stores in Shibuya.

Location-wise, the stores are for the most part centered in Shibuya, Shinjuku, and Ochanomizu.

Instruments are alive, of course, so even when you look at a specific model from a specific manufacturer, each instrument makes its own unique sound. If the instrument hasn’t been properly stored or maintained, the material may be warped, or there may be problems with the wiring. Always make sure to try the instrument out before buying.

Side note, I personally like to check out the collection of bases at Ikebe Music in Shibuya, and Kurosawa Bass Center in Shin-Okubo.

In the near future I intend to buy a Fender jazz bass and a Hartke bass amp.

東京には、世界で一番多く、楽器が集まっています。

ジャズだけではなく、ロックのミュージシャンも来日した際には、東京で楽器を購入するケースが多いそうです。

実際、渋谷の楽器店で有名なミュージシャンが試奏しているのを僕も、何度も見かけたことがあります。

エリアとしては、渋谷、新宿、御茶ノ水にお店が集中しています。

楽器は、“生き物”なので同じメーカーの同じモデルでさえ、1本、1本全く違う音がします。保存状態が悪いと反っていたり、断線していたりすることがあるので、必ず試奏してから、購入をしてください。

因みに、僕がよくチェックしに行くのは、渋谷にある『イケベ楽器のベース・コレクション』と『新大久保のクロサワ楽器ベースセンター』というお店です。

『フェンダー』の「ジャズ・ベース」と『ハートキー』の「ベース・アンプ」を近々入手したいと思っています。


Photo : ©RendezVous
< GENERAL INFO>
Ishibashi Music Shibuya Store
石橋楽器 渋谷店
Shibuya BEAM 2F 31-2 Udagawa-cho, Shibuya-ku,Tokyo 150-0042
〒150-0042 渋谷区宇田川町31-2 渋谷BEAM 2F
TEL : +81-03-3770-1484
Open 営業時間
11:30-20:30
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://www.ishibashi.co.jp/store/shibuya.html


Photo : ©RendezVous
< GENERAL INFO>
IKEBE Grandy & Jungle / イケベ グランディ&ジャングル
Owada Daiichi Bldg. B1,1F 16-13 Sakuraoka-machi, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町16-13 大和田第一ビルB1F-1F
TEL : +81-03-3464-2750
Open 営業時間 : 11:00-20:00   
Closed 定休日 : No fixed holidays (except New Year’s Day) / なし(元旦を除く)
https://www.ikebe-gakki.com


Photo : ©RendezVous
< GENERAL INFO>
MUSIC LAND KEY Shibuya Store
ミュージックランドKEY 渋谷店
Flam Jinnanzaka B1,1F 1-18-2 Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo 150-0041
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-18-2 フレーム神南坂 B1F/1F
TEL : +81-03-3463-0606
Open 営業時間 11:00-20:00   
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://www.musicland.co.jp/store/shibuya/


Photo : ©RendezVous
< GENERAL INFO>
Kurosawa Gakki G-Club Shibuya
クロサワ楽器 G-クラブ 渋谷
2-29-17 Dogenzaka, Shibuya-ku, Tokyo 150-0043
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-17
TEL : +81-03-3462-0261
Open 営業時間 11:30-20:30   
Closed 定休日 : Irregular 不定休
http://www.kurosawagakki.com/sh_gcshibuya/


Photo : ©RendezVous
< GENERAL INFO>
Yamano Music Rock Inn Shinjuku Store
山野楽器 ロックイン新宿
Jurakkutwin A 3-35-16 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-35-16 ジュラクツイン A
TEL : +81-03-5269-0795
Open 営業時間
Mon - Sat 11:30-20:30 / Sun 11:00 - 20:00   
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://www.yamano-music.co.jp/shops/rockinn-shinjuku-1/



When Roppongi Pit Inn opened in 1977 as the sister venue to Shinjuku Pit Inn, it was a major event for Big Brother, who was a guitar brat, and his schoolmates.

Around that time, guitarist brats could be divided into two camps: those into hard rock like Led Zeppelin and Deep Purple, or those into progressive rock like Pink Floyd and King Crimson. Then, around 1975, something new called jazz fusion or jazz crossover started coming out of the West Coast.

Two guitar idols named Lee Ritenour and Larry Carlton captured the hearts of guitar brats in Japan, and what used to be a choice between a Fender Stratocaster and a Gibson Les Paul became more complicated with the addition of the Gibson ES-335 to the mix.

Roppongi Pit Inn opened its doors in ’77. While Shinjuku Pit Inn was more Swing Journal*, Roppongi Pit Inn was more Adlib**. After Lee Ritenour played the latter, the guitar brats were amped up more than ever.

The following year (1978) Watanabe Sadao’s “California Shower” was used in a commercial for Shiseido and became a massive hit, heralding the arrival of the jazz fusion/crossover craze for the Japanese public en masse.

Roppongi Pit Inn went on to feature many of the best players on the jazz fusion/crossover scene, such as Watanabe Sadao himself.

Big Brother, being a guitar brat, eagerly went those concerts, which featured guitarists like Watanabe Katsumi, Takanaka Masayoshi, and Yamagishi June, as well as bands like Noro Issei’s Casiopea and Wada Akira’s Prism.

What’s more, Roppongi Pit Inn was a place where musicians of all kinds played together in a variety of configurations.

One of the key figures to come out of that was “The Professor” himself, Sakamoto Ryuichi. Sakamoto formed the band Kylyn along with the aforementioned Watanabe Katsumi, and he also played keyboards as part of the backing band for an unknown television commercial jingle composer named Yamashita Tatsuro. And, of course, he would go on to form YMO with Hosono Haruomi and Takahashi Yukihiro.

Kylyn Live, which is one of the best Japanese jazz albums ever, and Yamashita’s popular live album It’s a Poppin’ Time were both recorded at Roppongi Pit Inn.

The last stop for YMO’s inaugural concert tour in 1978 was also Roppongi Pit Inn.

Until its closure in 2004 when the building was torn down, Roppongi Pit Inn was a shrine of jazz fusion/crossover graced by wild, energetic performances from many of the best musicians of the genre.

As for Big Brother, he didn’t just go to Roppongi Pit Inn every week—he practically went everyday. So often, in fact, that he eventually ended up working a part-time job there.

At the time, before business hours and after concerts, musicians would congregate to hold impromptu jam sessions.

Among the musicians was a certain pre-fame guitarist known for his tall, slender frame, and another certain guitarist whose trademark is his hat. They would play night after night for free, just for the sake of the music. Big Brother says it was invigorating to see them play.

In fact, he says that watching them and being blow away by all their talent was what led him to give up on becoming a professional guitarist.


* Swing Journal: a monthly music magazine founded in 1947 covering chiefly jazz. Discontinued in 2010. Was an authority in the industry, with features like the Swing Journal Jazz Disc Award.

** Adlib: a magazine founded in 1973 by Swing Journal. Covered jazz fusion, jazz crossover, AOR, black contemporary, etc. Also discontinued in 2010.

1977年に『新宿ピットイン』の姉妹店として『六本木ピットイン』がオープンしたことは、ギター小僧だったBig Brother達の学校の仲間には、大きな事件だったとのこと。

当時のギター小僧たちは、ツェッペリン、ディープ・パープルなどのハード・ロック系かピンク・フロイドやキング・クリムゾンなどのプログレッシブ・ロック系かで派閥ができていたらしいのです。そこへ、1975年ごろからクロスオーバー/フュージョンという新しい流行がアメリカの西海岸で沸き起こってきたそうです。

リー・リトナーとラリー・カールトンという2大アイドルがギター小僧の心を捉え、『フェンダー』の「ストラト」か『ギブソン』の「レスポール」かという選択肢にギブソンの「ES-335」という選択肢が加わることとなったそうだ。

そういう時代の中、77年に六本木ピットインは、オープンしました。新宿ピットインが“スイング・ジャーナル”(※1)だとすれば、六本木ピットインは、“アドリブ”(※2)という感じで、あのリー・リトナーも出演したことで、ギター小僧の注目は、より上がったとのこと。

翌78年には、渡辺貞夫の「カリフォルニア・シャワー」が資生堂のCMで使用され、大ヒットし、クロスオーバー/フュージョンの大ブームが一般の人々にも到来します。

六本木ピットインでは、渡辺貞夫を始め多くのクロスオーバー/フュージョンの有力プレイヤーが次々と出演しました。

中でもギター小僧のBig Brotherは、渡辺香津美、高中正義、山岸潤史などのギタリストや野呂一生のカシオペア、和田アキラのプリズムなどのライブに足繁く通ったそうです。

当時の六本木ピットインは、様々なミュージシャンが様々な組み合わせでライブを行っていました。

その中心人物の一人があの坂本龍一“教授”でした。坂本龍一は、ギタリストの渡辺香津美とは“KYLYN”というバンドを組み、当時は、無名CMソングのコンポーザーに過ぎなかったあの山下達郎のバックバンドのメンバーとしてもキーボードを弾いていました。そして、細野晴臣と高橋幸宏とYMOを結成するのです。

日本のジャズの名盤として名高い「KYLYN LIVE」も山下達郎の名ライブ・アルバム「IT’S A POPPIN’ TIME」も六本木ピットインでライブ録音されたものです。

YMOの78年の初のコンサート・ツアーのラストも“六本木ピットイン”だったのです。

その後も六本木ピットインは、2004年にビルの建て替えによる閉館まで、“クロスオーバー/フュージョン”の殿堂として数々のミュージシャンが熱い熱い演奏を提供してきました。

Big Brotherは、毎週どころか、毎日のように六本木ピットインに通っているうちにアルバイトとして働くことになったそうです。

当時、オープン前やライブ終了後には、様々なミュージシャンが“ジャム・セッション”を行っていたそうです。

売れる前の長身のギタリストや帽子をいつも被っているロック・ギタリストなども、夜な夜な自分が音楽を楽しむために、ノーギャラでプレイをしており、それがとても刺激的だったとBig Brotherは語っています。

彼らの演奏を聴いて、才能の豊かさに打ちのめされ、師匠はプロのギタリストになることを断念したそうです。


※1 スイング・ジャーナル 1947年に創刊されたジャズを中心とした月刊音楽雑誌。2010年に休刊。スイングジャーナル・ジャズディスク大賞なども発表していた。
※2 アドリブ スイングジャーナル社から1973年に創刊された雑誌。クロスーオーバー、フュージョン、AOR、ブラック・コンテンポラリーなどの情報を中心に扱った。こちらも2010年に休刊。

■Albums I recommend from Roppongi Pit Inn alumni
■六本木ピットインに出演したミュージシャンとオススメのアルバム

Lee Ritenour
Captain Fingers (1977)
リー・リトナー
キャプテン・フィンガーズ(77年)
Lee Ritenour
The Captain’s Journey (1978)
リー・リトナー
キャプテンズ・ジャーニー(78年)
Watanabe Sadao
My Dear Life (1977)
渡辺貞夫
マイ・ディア・ライフ(77年)
Watanabe Sadao
California Shower (1978)
渡辺貞夫
カリフォルニア・シャワー(78年)
Watanabe Katsumi
TO CHI KA (1980)
渡辺香津美
TO CHI KA(80年)
Watanabe Sadao
MOBO (1983)
渡辺香津美
MOBO(83年)
Takanaka Masayoshi
Jolly Jive (1979)
高中正義
JOLLY JIVE(79年)
Casiopea
Super Flight (1979)
カシオペア
SUPER FLIGHT(79年)
Native Son
Native Son (1979)
ネイティブ・サン
ネイティブ・サン(79年)
Prism / Wada Akira
Prism (1979)
プリズム / 和田アキラ
PRISM(79年)
Creation / Takeda Kazuo
Pure Electric Soul (1977)
クリエーション / 竹田和夫
ピュア・エレクトリック・ソウル(77年)
Sakamoto Ryuichi
Thousand Knives (1978)
坂本龍一
千のナイフ(78年)
Sakamoto Ryuichi
Coda (1983)
坂本龍一
Coda(83年)
Sakamoto Ryuichi
BTTB (1999)
坂本龍一
BTTB (99年)
YMO
Solid State Survivor (1979)
YMO
ソリッド・ステイト・サヴァイバー(79年)
YMO
Technodelic (1981)
YMO
テクノデリック(81年)
KYLYN
Kylyn (1979)
KYLYN
KYLYN(79年)
KYLYN
Kylyn Live (1979)
KYLYN
KYLYN LIVE(79年)
Yamashita Tatsuro
It’s a Poppin’ Time (1978)
山下達郎
IT’S A POPPIN’ TIME(78年)