2018/10/01  #002
The Music of California  ①The Eagles and Friends
カリフォルニア生まれの音楽  ①イーグルスと仲間たち

■The Eagles and Friends

When discussing the music of California, the first talking point has to be the Eagles; more specifically, I would suggest that it has to be the towering achievement that is Hotel California.

The Eagles played a central role in defining the California sound of the 70s—aka West Coast rock. The band was originally formed as the backing band for Linda Ronstadt, but soon struck out on its own and achieved success with the support of musicians like Jackson Browne (who co-wrote “Take it Easy”) and J.D. Souther (who co-wrote “New Kid in Town”).

The band would reach the peak of that success with the release of its 1976 album Hotel California.

The album feels complete, not only because of its iconic title track “Hotel California”, but because of its overall cohesiveness as a concept album. It is one of the definitive works of West Coast rock of the 70s.

But back to the title track. The intro melody, drummer Don Henley’s lead vocal, the twin lead guitar solos of Don Felder and Joe Walsh—words are not adequate to describe the song’s charms.

More than just the music, I’ve always been intrigued by the lyrics to “Hotel California”. This may not apply to the CD version, but open the gatefold cover of the vinyl and the lyrics to this song—and only this song—are printed on the far right-hand side.

In Japan it’s been custom to include lyrics sheets (featuring English lyrics—often transcriptions—with Japanese translations) with vinyl records, but with U.S. releases, it has been my experience that most records and CDs do not come with lyrics sheets. Which leads me to surmise that the band had a particular attachment to the lyrics of this song.

The song begins with a dreamy arpeggio played on a Gibson EDS-1275 Doubleneck guitar, which brings together a 12-string and 6-string guitar on a body similar to the Gibson SG. The song exudes an ethereal air; perhaps, one could say, recreating the feeling of smoking marijuana. The EDS-1275 was originally popularized by Jimmy Page, specifically in Led Zeppelin’s live performances of “Stairway to Heaven”.

■イーグルスと仲間たち

カリフォルニアの音楽で、まず最初に語らなければならいのは、『イーグルス』、しかも、歴史的名盤『ホテル・カルフォルニア』についてではないでしょうか。

イーグルスというバンドは、70年代のカリフォルニア・サウンドであるいわゆる「ウエスト・コースト・ロック」の中心といえる存在です。そもそもは、リンダ・ロンシュタッドのバックバンドとして、結成されたのですが、その後、ジャクソン・ブラウン(「テイク・イット・イージ」)やJ.D.サウザー(「ニュー・キッド・イン・タウン」)などの協力を得て、ロックバンドとして一定の成功を収めます。

その成功の頂点は、1976年に発表されたアルバム、ホテル・カルフォルニアによって迎えることとなります。

1曲目の「ホテル・カルフォルニア」だけではなく、コンセプト・アルバムとして、とても高い完成度を持ち、70年代のウェスト・コースト・ロックを代表する作品となってしまいます。

タイトル曲に話を戻しますと、イントロのメロディ、ドラマーのドン・ヘンリーのリード・ヴォーカル、ドン・フェルダー、ジョー・ウォルシュの2人によるリード・ギター・ソロとその魅力は、筆舌に尽くしがたいものがあります。

それに加えて、僕が興味を持ったのは、その「ホテル・カルフォルニア」の 歌詞です。CDでは分かりにくいのですが、レコードのアルバムを見開くと右側の端にこの曲の歌詞だけがクレジットされています。

日本では、レコードに歌詞カード(英語の歌詞と日本語訳)がつくことが当たり前だったのですが、基本的にアメリカでは、レコードでもCDでも歌詞がついてくることはありません。なので、彼らがこの曲の歌詞に特に思い入れがあったことは確かなことです。

この曲は、ギブソンのSGをベースに、12弦ギターと6弦ギターをジョイントしたダブルネックギターEDS-1275を使った、幻想的なアルペジオから始まります。“非現実感”なイメージが漂う曲です。おそらくは、マリファナを使用している感じを表現しているのではないでしょうか。ちなみにEDS-1275は元々、レッド・ツェッペリンが「天国への階段」をライブで演奏するときにジミー・ペイジが使用していたことで有名になったギターです。

Taken as a whole, my interpretation is that the lyrics voice disillusionment and objection to an overly commercialized recording/music industry where sex and drugs ran rampant.

Two sections stand out to me in particular. One goes as follows:





  So I called up the Captain
  “Please bring me my wine”
  He said, “We haven’t had that spirit here
  Since nineteen sixty-nine”


1969, of course, was a watershed year in the history of rock music. In January, the Beatles held the Rooftop Concert—their last public performance as a group—and by fall had unofficially disbanded (they officially broke up in 1970). 1969 was also the year the Woodstock Festival was held, signaling the apex of the hippie movement; it was also the year of the Altamont Free Concert, which ended in chaos, violence, and tragedy. In terms of socio-political atmosphere, it was the year that Nixon became president, and desperate to end the quagmire of the Vietnam War, announced his administration’s Vietnamization strategy.

The word “spirit”, of course, has two meanings: it refers to both hard alcohol and incorporeal beings.

The other section goes like this:

“We are programmed to receive,
You can check out anytime you like… but you can never leave”


Yes, it’s nifty that “receive” and “leave” rhyme, but the real questions here are: what exactly is being “received”, and how is “leaving” different from “checking out”?

This section—and the song as a whole—has arguably been interpreted to death, but allow me to add my two cents to the debate.

My take is that these lines are talking about modern capitalism and democracy. To paraphrase: Regardless of our individual place in society, we have all been brainwashed into automatically accepting this highly evolved social system of democracy. Money may be able to buy you rubber-stamp versions of material freedom, but you will never obtain freedom in the truest sense.

Strike a chord with anyone?

In any case, these lyrics precede the legendary guitar solo.

Finally, a few recommendations. If the Eagles are your jam, I also recommend Don Henley’s solo works—Henley provides lead vocals on Hotel California—as well as the work of Karla Bonoff, who incidentally also wrote several songs for the aforementioned Linda Ronstadt.

歌詞全体の内容としては、セックスやドラックがはびこる商業主義的になりすぎたレコード/音楽業界に対して、反発を表明しているのではないかと、僕は解釈しています。

その上で、特に気になる歌詞が2か所あります。1か所は、







  So I called up the Captain
  “Please bring me my wine”
  He said, “We haven’t had that spirit here
  Since nineteen sixty-nine”



  という部分です。

    “私が、キャプテン(ボーイ長)に「ワイン(醸造酒)を持ってきてくれ」と頼むと。

  すると彼は、「ここには1969年以来、スピリッツ(蒸留酒)も置いていないのですが」と言った。”


1969年という年は、ロックの歴史にとってとても意味深い年です。1月にビートルズの最後のライヴ「ルーフトップ・コンサート」が行われ、秋には事実上、解散をしています(正式な解散発表は1970年です)。また、ヒッピー・ムーブメントの頂点となった「ウッドストック・フェスティバル」が開かれた年であり、一方「オルタモント・フリーコンサート」の会場では最終的に大混乱と暴動が起こり、「オルタモントの悲劇」が起こった年でもあります。社会的にもニクソンが大統領になり、泥沼化したベトナム戦争をどうにか集結させようとベトナム化政策を計画しました。

また、spritは、もちろんお酒という意味と、魂という意味のダブルミーニングでしょう。

もう1か所は

“We are programmed to receive,
You can check out anytime you like… but you can never leave”


という箇所です。

  “私たちは、受け入れるようにプログラムされているんです。好きな時にいつでもチェックアウトはできますが、ここから立ち去ることはできないのです。”

歌詞としては、receiveとleaveが脚韻を踏んでいるのですが、ここで問題なのは、何を受け取れるのか(receive)、チェックアウト(check out)と立ち去る(leave)の何が違うのかです。

ここの部分を含め、この曲は多くの方々が、様々な解釈をしていますが、僕も1つの考えを提案したいと思います。

これは、現代の資本主義・民主主義社会のことを言っているのではないかということです。つまり意訳をするならば、“私たちは、高度に発達した民主主義というシステムを個人の立場に関係なく、自動的に受け入れるように洗脳されています”
“お金さえ払えば、形式的に物質的な自由は手に入れることができますが、本当の意味での自由は、手に入れることはできないのです”
というのはどうでしょうか。

この歌詞の後に、あの有名なギターソロが続くのです。

最後にイーグルズが好きな人へのオススメです。ホテル・カルフォルニアのリード・ヴォーカルをとったドン・ヘンリーのソロと前述のリンダ・ロンシュタッドに曲を提供していたカーラ・ボノフの作品もとてもいいので是非聴いてみてください。




BigBrother says that the twin lead-guitar duel that follows the lyrics I’ve dissected above is one of the crowning achievements in rock guitar.

On the studio recording, Don Felder—who composed the solo—plays a Gibson Les Paul (in live performances, a EDS-1275 Doubleneck), and Joe Walsh plays a Fender Telecaster. The coda contrasts these two guitars and their respective sound, and for young aspiring guitar players it was a dream collaboration.

The Gibson Les Paul comes with humbucking pickups—known as “humbuckers”—and produces sound that is both fat and sweet.

The Fender Telecaster, on the other hand, comes with single coil pickups, and produces a punchy sound with clear definition.

When BigBrother came across news online that the guitar-playing population has been shrinking in recent years—causing both Gibson and Fender to run into financial problems—he was heartbroken.

Back in high school, he was slated to play “Hotel California” at the school’s annual cultural festival along with his band. He was able to borrow one of the few ESD-1275 Doublenecks available in Japan from an alumnus that had become a professional studio musician, and the performance ended up being one of his most cherished memories.

Apparently, there was one point of contention. The studio version fades out at the end, and BigBrother and the other members of the band had a heated dispute as to how the song should end when performed live. Somehow, they managed to settle on a finish.

Several years later, they managed to get their hands on live footage of the Eagles performing, and they were extremely pleased to find that the Eagles themselves had ended the song in much the same way they had settled on.

Apparently, that was a considerable point of pride for BigBrother at the time.

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

※Although this Fender Telecaster and Gibson Les Paul are different from the actual models the Eagles used, these are easy to get your hands on today.
※The custom white EDS-1275 that Don Felder used is no longer in production.

※FenderのテレキャスターとGIBSONのレスポールも実際にイーグルスが使用していたモデルではないですが、現在入手しやすいモデルです。
※ドン・フェルダーが使用していたEDS-1275はホワイトで、現在GIBSONでは製作していません。


BigBrotherによると問題の歌詞の後に続くツイン・リードギターのソロは、ロック・ギターの1つの頂点といえるものだそうです。

このソロを作ったドン・フェルダーがレコードではギブソンのレスポール(ライブでは、ダブルネックのEDS-1275)を使い、ジョー・ウォルシュが

フェンダーのテレキャスターを弾くという、それぞれのギターの特色を生かしたコントラストは、当時のギター・キッズにとっては、夢のようなコラボレーションだったそうです。

ギブソンには、ハムバッカーと呼ばれるピックアップが付いており、ファットで甘い音がします。

一方、フェンダーのテレキャスターには、シングルコイルのピックアップが付いており、パンチのある抜けのいい音がします。

近年は、ギブソンやフェンダーの経営があまりうまく行かない程、ギター・プレイヤーが減っているというニュースをWEBで見つけた師匠は、とても悲しそうにしていました。

BigBrotherが高校生の時の文化祭で「ホテル・カルフォルニア」を演奏することとなり、先輩のプロのスタジオ・ミュージシャンから当時の日本には数本しか入ってなかったEDS-1275を借りて演奏したことは、とてもいい思い出になっているとのこと。

「ホテル・カルフォルニア」はレコードでは、フェイドアウトになっているので、ライブでは、どういうエンディングにしようか、バンドのメンバーとかなりモメたのですが、なんとか決着がついたそうです。

数年後、イーグルスのライブの映像をやっとのことで入手し、チェックしたところ、BigBrother達のアイディアとほぼ同じであったので、納得したとのこと。

このことは、当時とても自慢だったそうです。