2018/10/01  #001
My Favorite Music, According to KAZOO
KAZOOの好きな音楽

Today I’d like to talk about some of the music and Tokyo club experiences that have shaped who I am.

僕をこれまで育んできた音楽と東京のクラブを紹介します。

■Led Zeppelin “Mothership” (Remaster)

My father was a professional rock guitarist in his native El Salvador, but he immigrated to the U.S. in search of bigger success.

Apparently he was an especially big fan of Led Zeppelin.

However, he found that making it in music in America—the nexus of rock music—wasn’t for him, and he ultimately became an engineer for companies like IBM and Intel.

Nonetheless, even after I was born, on weekends when he had a little down time, he would play his guitar or mess around on his DAW of choice, Cakewalk—it was his way of unwinding. When he had a little bit of Sapporo Beer—his favorite—in him and was a little tipsy, he would play “Stairway to Heaven” on his Yamaha Classic Guitar.

■レッド・ツェッペリン 「マザーシップ」 (リマスター)

僕の父は、エルサルバドルでプロのロック・ギタリストとして活動していましたが、より大きな成功を求めて、アメリカに移住しました。

特にレッド・ツェッペリンがお気に入りのようでした。

しかし、ロックの本場の壁は厚く、アメリカでのミュージシャンとしての成功はならず、結局はIBMやIntelのエンジニアになりました。

それでもやっぱり、僕が生まれてからも、週末休みになるとギターを弾いたり、「Cakewalk」というお気に入りのDAW(作曲)ソフトで遊ぶのが息抜きの方法でした。大好物の“サッポロビール”を飲んで少し酔うと、「ヤマハのクラシック・ギター」で「天国の階段」を弾いていました。




■Boyz II Men “Ⅱ”

The first CD I ever bought was Boyz II Men’s 1994 album “II”.

Lead single “I’ll Make Love to You” is vintage Boyz II Men on par with their 1992 hit “End of the Road”, and the first track “Thank You” is a personal favorite.

I will be the first to admit that I was initially taken with their sweet vocal harmonies. But after graduating from UCLA and dabbling in DJing in Japan, I picked up a collection of Boyz II Men remixes at Manhattan Records in Shibuya. The more I played those tracks, the more I began to understand the importance of the producer on an R&B record.

I realized that even if you were listening to the same melody, tracks could sound completely different depending on the mixing engineer and/or producer.

It also turned me on to the brilliance of Babyface and Jimmy Jam & Terry Lewis—who each produced a number of tracks on “II”.

■ボーイズⅡメン 「II」

僕が初めて買ったCDは、1994年にリリースされたボーイズ・II・メンの『Ⅱ』というアルバムでした。

このCDに収録されている先行シングル、「I'll Make Love to You」は、92年に発表された、「End of the Road」と並んで彼らの代表曲となりました。

1曲目の「Thank You」は個人的に大好きな曲です。

当時は、スィートな彼らのハーモニーがとても気に入っていたました。でもUCLA卒業後、日本でDJをするようになって、渋谷の『マンハッタン・レコード』で彼らの曲のリミックス・エディションを入手し、それをプレイしているうちに、ヴォーカルではなく、R&Bにおけるプロデューサーの存在意義を感じるようになりました。

同じメロディーでも、ミキサーやプロデューサーが違うと、全く違う音楽になることに気づきました。

同時に『Ⅱ』のプロデューサーであった、ベイビーフェイスとジャム&ルイスの偉大さを理解できるようになりました。




■Santana “Lotus”(12inch Analog) Limited Edition

Guitarist Carlos Santana is a musician I have long been interested in, not least because of his Latin American roots.

However, it wasn’t until I listened to this triple live album that I truly felt the power of Santana’s music.

These heavyweight vinyls are cut from the latest digital remaster of this legendary Japanese live recording—you’ll feel that time and place being brought to life.

Another defining feature of the album is the 22-panel jacket designed by well-known Japanese artist Yokoo Tadanori.

Today Santana is known for endorsing Paul Reed Smith guitars, but it’s interesting to note that at the time this concert was recorded, he played a Japanese Yamaha SG-175.

In a way I think of Carlos Santana as a sempai (someone whose footsteps I follow), on account of his Latin background, his roots in San Francisco, and his fusion of various elements with Japanese culture.

■サンタナ 「ロータスの伝説」(12inch Analog) Limited Edition

カルロス・サンタナというギタリストは、ルーツをラテン・アメリカに持つという点で、以前より関心があるミュージシャンです。

しかし、本当の意味でサンタナの魅力を感じたのは、この3枚組レコードを聴いた時でした。

最新のデジタル・リマスターを施した日本のライブ音源を重量盤のレコードにプレスした音は、その時代のその会場の空気さえ再現しているようでした。

また、このアルバムのもう一つの特徴は、日本を代表するアーティストの横尾忠則による22面体というジャケットにあります。

今や、『ポール・リード・スミス』(アメリカのギターメーカー)を使用する代表的なギタリストであるサンタナは、当時は、日本の「ヤマハのSG-175」というモデルをプレイしていたことも注目すべきです。

ラテン・アメリカとカリフォルニアのサンフランシスコにルーツを持ち、日本の文化と融合するという点において、カルロス・サンタナは、僕の良き先輩のように感じています。




■John Digweed “Live In Brooklyn, Output NYC”
■Sasha “Refracted: Live”

The progressive house sound of Sasha and John Digweed playing back-to-back—which I most recently experienced at Ultra Japan 2017—has had a profound effect on my life.

While I lived in California I was never particularly interested in the nightclub scene—I had a low opinion of electronic music and the nightlife was too seedy and rough for a square—but during my time studying abroad at Sophia University a friend took me to something called Club Phazon Womb Mobile Project. The headliners just happened to be Sasha and John Digweed, and I became a devotee overnight.

I was hooked, and so after graduating from college, I made it a point to do some work helping out DJ and computer music production-related projects alongside interpreting and translating work.

Lately it’s become fairly easy to come across MP3 audio of live DJ sets, and in that sense it’s a godsend to be able to hear the likes of Sasha and Digweed working their magic in a variety of settings.

But at the end of the day, you want at least CD-quality audio to appreciate the music these guys put out into the world. Or even better, get even deeper with high-resolution audio.

■ジョン・ディグウィード 「ライヴ・イン・ブルックリン アウトプットNYC」
■サシャ「リフラクテッド:ライヴ」

『ULTRA JAPAN 2017』でも体感することのできたサシャとジョン・ディグウィードのバック・トゥ・バック(交互にプレイするスタイル)によるプログレッシクブ・ハウスは、僕の人生に大きな影響を与えました。

カルフォルニアにいた頃は、ナイトクラブにはあまり興味がなかったです。当時の僕のダンス・ミュージックに対する評価は低く、僕のような四角張った人にはカリフォルニアのナイトライフは治安が悪すぎるように思えたからです。でも上智大学に留学した時に、友達に連れて行かれた渋谷『CLUB PHAZON - WOMB MOBILE PROJECT』で彼らのプレイを体験することで、一夜にしてクラブミュージックの虜となってしまいました。

完全にハマってしまった僕はその結果、大学卒業後も、通訳・翻訳の仕事の傍ら、DJやDTM関連の仕事も手伝うようになりました。

最近では、MP3でもライブ音源を入手しやすくなり、様々な場所(会場)での彼らのプレイを簡単に聴けるようになりました。

でも結局は、彼らのサウンドを堪能するには最低限CDクオリティは欲しいです。ハイレゾ音源があればさらに深く楽しむことができます。




■Weather Report “8:30” (180g heavyweight vinyl)
■Jaco Pastorius “Jaco Pastorius” (180g heavyweight vinyl)

After taking up DJing and listening to more and more vinyl records, I started becoming obsessed with the sound of vinyl.

I was surprised to find that vinyl carries a kind of human touch that is different from the sound of CDs and digital audio files.

What’s more, with vinyl you have the added fun of experiencing playback using different needles.

For house music and other four-on-the-floor stuff I like to use the Ortofon Nightclub series; for R&B I like to use the Shure M44G. It adds a new dimension to the experience.

Currently I’ve put away the Technics DJ turntables and have been using the Denon DP-500M high fidelity turntable with an Audio-Technica AT33EV needle to listen to jazz.

My personal favorites are Weather Report and (one-time WR member) bassist Jaco Pastorius.

My dream concert would be to see Jaco Pastorius in his prime play one of my favorite venues: Blue Note Tokyo in Aoyama.

■ウェザー・リポート「8:30」 (2枚組 / 180g重量盤)
ジャコ・パストリアス「ジャコ・パストリアス」(180g重量盤)

DJを始めるようになり、レコードを聴くようになると、その音の魅力にとりつかれるようになりました。

CDなどデジタルの音源とは違った、人間らしさを感じさせてくれることに驚きを感じます。

また、レコードの楽しみの一つは、針の違いを楽しめる点にもあります。

ハウスなどの四つ打ちには、『オルトフォン』の「ナイトクラブ」を使い、R&Bには『シュアー』の「M44G」を使うなどといった楽しみ方ができます。

現在では、DJ向けの『テクニクス』のターンテーブルではなく、『デノン』のピュア・オーディオ用のターンテーブル「DP-500M」に『オーディオテクニカ』の「AT33EV」という針をつけて、ジャズを楽しんでいます。

特にお気に入りなのが、ウェザーリポートとそのベーシストだったジャコ・パストリアスです。

できることならば、お気に入りの青山にあるブルーノート東京で絶頂期のジャコ・パストリアスのライブを聴いてみたかったです。




BigBrother is always lamenting the fact that the Japanese are able to engineer world-class audio equipment—brands like Yamaha, Pioneer, and Technics—but the quality of the sound engineering here is so abysmal.

He says the use of the sound systems in Japan’s nightclubs is of such low quality it’s beneath debate, and likewise the sound quality at concerts and on CDs is so bad that it’s hard to believe a professional engineered them.

Perhaps, he says, it’s because they’ve never been exposed to good sound in their entire lives. In Europe and America, you get the sense many industry professionals were born into good sound—exposed to auditory stimuli such as live classical music before they could walk and talk. In Japan, however, industry veterans grew up into their mid-to-late teens knowing only the distorted sound of a radio cassette player. As for the younger generation of industry professionals, it seems safe to assume most grew up listening to MP3 quality music on a smartphone, using the kind of earphones that came packaged with the smartphone itself.

Being obsessed with what is good music is certainly admirable, but it’s equally important to think about what exactly is good sound.

After all, my Master says, listening to good music at good sound quality is one of life’s most wondrous pleasures.

日本人は、ヤマハ、パイオニア、テクニクスなど、世界でとても評価の高い音響製品を作り出せるのに、どうしてサウンド・エンジニアリングのクオリティがこんなに、低いのかといつもBig Brotherは、嘆いています。

ナイト・クラブのPAなんて、論外のクオリティだし、コンサートやCDの音質も、とてもプロのものとは思えない。

それは、きっと子供の頃から、いい音というものを聴いたことがないことが理由なのだろうと言っています。欧米のサウンド・エンジニアは、物心つく前から、生のクラシックなどを聴いていた連中がプロになるのだけど、日本の場合は、ベテランの人であれば、高校生まで、ラジカセのシャカシャカした音しか聞いたことがなく、若手の人は、MP3音源のスマホ+スマホに初めから付いているようなイアフォンでしか音楽を聞いてこなかったような人しか、いないからだろうとBig Brotherは、言っています。

いい音楽とは、何かということももちろん大切ですが、いい音質とは何かということも考えなくてはならないですよね。

いい音楽をいい音質で聴くということは、人生の大切な悦びの一つだから。とのこと。