2018/10/01  #003
Coffee Shops/Cafes In the Yoyogi-Koen and Oku-Shibu Neighborhoods
代々木公園・奥渋エリアのコーヒーショップ/カフェ

Growing up in the States, I don’t remember ever drinking any coffee. (Instead, I drank a lot of root beer, which Japanese people hate.) The reason was that American coffee, it seemed to me, was quite literally “mud”. (Although if you ask a Japanese person, root beer is much more deserving of that moniker.)

So even after moving to Tokyo, I hardly ever drank any coffee. However, the first time I met BigBrother, he brewed a pot and placed a cup of coffee in front of me. (Apparently Japanese people assume that all people like coffee, and often take the liberty of serving some without asking.)

And me, unable to say that I don’t drink coffee, thought I would fake taking a sip just to appease him.

To my surprise, the wonderful aroma got me as I brought the cup up to my lips, and then the exquisite bitterness and faint sweetness sealed the deal.

What I had before me was completely unlike the mud I’d previously encountered growing up in the States. I asked BigBrother what sorcery was involved in this making this cup of pure decadence.

He told me that he had gone to the local Yanaka Coffee near the office to buy some French roast coffee beans—freshly roasted and ground—which he brewed using a paper filter.

Ever since, I’ve become very fond of coffee, enjoying a couple cups a day brewed courtesy of BigBrother.

Even now, when I ask for a refill, he’ll tease me about the days when I was still a “child”, unable to appreciate the taste of coffee.

Today I’d like to talk about some of the local cafes I use for work-related meetings or when I need a reset.

僕は、アメリカで暮らしていた時は、全くコーヒーというものは、飲みませんでした。(その代わりではないですが、日本人が大嫌いな“ルートビア”は、よく飲んでいました。)というのは、アメリカのコーヒーは“泥水”のような匂いも味もしたからです。(日本人によると“ルートビア”の方がよっぽど泥水みたいだと言われますが。)

なので東京で生活をし始めても、コーヒーというものを飲みませんでした。しかし、初めてBigBrotherに会った時にコーヒーを出されてしまいた。(日本人は、相手が全員コーヒーが好きだと決めているようで、黙ってコーヒーを出されることがよくあります。)

その時は、“僕はコーヒーが飲めないです”と言えず、仕方なく一口だけ飲むふりをしました。

すると、どうでしょう。素晴らしい香りがした後、絶妙なニガミと微かな甘みが感じられるじゃないですか。

あのアメリカの“泥水”とは、全くの別物でした。この素晴らしいコーヒーは、どういう魔法を使って淹れたのですかと僕は尋ねました。

事務所の近くにある、『やなか珈琲店』でその当日、フレンチ・ローストに焙煎し、グラインドしたものをペーパードリップで淹れたということでした。

それ以来、僕はコーヒーが大好きになり、毎日2〜3杯、BigBrotherの淹れたコーヒーを飲んでいます。 今でも僕が2杯目のコーヒーをお代わりしていると、“カズーは、昔は子供だったから、コーヒーが飲めなかったんだよね”とからかわれます。

今回は、僕が打ち合わせや気分転換のために利用するカフェを紹介します。


■Yanaka Coffee


Photo : ©RendezVous
As one can surmise from the name, this shop specializing in coffee beans opened the first of its numerous Tokyo locations along Yomise-dori in the Yanaka neighborhood of Tokyo.

The well-known roaster has a location near the office I work at in Yoyogi-Hachiman. In the afternoon, the aroma of freshly roasted coffee beans wafts in through the window in a moment of pure bliss. They carry around 30 types of coffee beans, some selections suited for lighter roasts, and some for darker roasts. The beans are roasted after you place your order (minimum order is 100g), so I recommend stopping by before doing some shopping at the local grocer, or placing your order by phone.

There is also a cafe space well-suited for a coffee break before meeting up with someone or taking a breather in between work engagements. (The cafe is non-smoking.) The Yanaka original blend coffee is 240 yen a cup, the blend of the day is 290 yen a cup, and the cafe au lait is 290 yen a cup (all prices are for the small size). The friendly prices make this a place an easy in-between place.

■やなか珈琲店

名前から予想できるように、東京・谷中のよみせ通りに1号店があり、東京都を中心にお店を構えるコーヒー豆専門店です。

ロースターとして有名なのですが、代々木八幡にある事務所近くにもお店があり、昼下がりに焙煎された豆の香りが漂ってくる瞬間は至福のひと時です。豆のブレンドは浅煎りから深煎りまで約30種類の豆が用意されていて、注文を受けてから焙煎してくれるので(100 gから注文ができます)、買い物の合間に立ち寄ったり、事前に電話にて注文することをおすすめします。

店内にもコーヒーをいただけるスペースもあり、待ち合わせまで一息つきたい時や、仕事の合間に一服したい時に便利です(ちなみに店内は禁煙です)。「やなかオリジナル・ブレンド」コーヒー1杯240円、「本日のブレンド」コーヒー1杯290円カフェオレ290円という嬉しい価格設定なので(金額は全てSサイズです)、気軽に立ち寄れます。


Photo : ©RendezVous
Yanaka Coffee Yoyogi-koen Store
やなか珈琲店 代々木公園店
SHOP INFO
1-6-12 Tomigaya, Shibuya-ku, Tokyo 151-0063
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-6-12
TEL : 0120-876-873 (domestic calls only)
Open 営業時間
10:00-20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / なし
https://www.yanaka-coffeeten.com/


■Cafe Rostro


Photo :Cafe Rostro / カフェロストロ提供
This coffee bean store and cafe is a short walk from Yoyogi-Hachiman Station, nestled along the Udagawa pedestrian pathway in the so-called Oku-Shibu neighborhood. It brings together the best of modern cafe culture and time-honored Japanese coffee house tradition.

There is no standardized coffee menu to order from. The friendly staff will ask you about what you like, blend beans accordingly, and choose a brewing method to make a coffee drink that’s meant for you and only you. In that sense each visit is a unique encounter—a way to savor the season and/or your mood in coffee form.

Customers on the move or on a break can order standard drinks like a cup of coffee, cafe au lait, and espresso, from the to-go menu.

All of the beans on hand are what are called “specialty coffee” beans, which meet the highest standards.

From what I can tell they put a lot into their selection of teas as well, including Darjeeling, Assam, and a variety of blends intended to be paired with the dessert offerings. I plan on trying some on my next visit.

The cafe brands itself as a place for a personal encounter with coffee, and as such customers are asked to refrain from using laptops inside. Customers can, however, use their laptops on the terrace.


Photo : Cafe Rostro / カフェロストロ提供

■カフェロストロ


Photo :Cafe Rostro / カフェロストロ提供
代々木八幡駅から歩いてすぐある通称“奥渋”の宇田川の遊歩道沿いにある、今時のカフェと古き良き喫茶店の両方の要素を併せ持った、コーヒー豆店&カフェです。

基本メニューはなく、親切なスタッフがお好みを伺った上で豆をブレンドし、抽出方法を選び、あなただけのオリジナル・コーヒーを淹れてくれます。訪れる度に特別な出会いが待っているので、季節やその日の気分を、コーヒーを通して嗜むことができます。

仕事帰りや休憩中の方には、コーヒーやカフェオレ、エスプレッソなど、テイクアウト専門のメニューの用意もあります。

お店が使用している豆は全て「スペシャルティ・コーヒー」と呼ばれる、最高指標をクリアしたものです。

また、紅茶にもかなり気合いを入れていて、食事やスイーツとの「マリアージュ」をテーマにダージリンやアッサムのほか、様々なブレンドが用意されています。僕も今度試してみたいと思っています。

店内はコーヒーとの出会いを楽しむ場所であり、パソコンの利用を控えましょう。テラス席はパソコン利用可能です。


Photo : ©RendezVous
Cafe Rostro
カフェロストロ
SHOP INFO
1-14-20 Tomigaya, Shibuya-ku, Tokyo 151-0063
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-14-20
TEL : +81- (0)3-5452-1450
Open 営業時間 : 8:00-21:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
http://rostro.jp/


■Fuglen Tokyo


Photo : Fuglen Tokyo / フグレン・トウキョウ提供

This Oku-Shibu cafe serving up Scandinavian-style light roast brews is the originally from Oslo, the capital of Norway. The interior is furnished with a range of Scandinavian midcentury designs, all of which is available for purchase—including the seats.

Light roasts are more acidic and less bitter, which may surprise first-timers. Thankfully, the drinks come in a variety of forms, so customers can usually find something right up their alley. Personally I’m fond of the Aeropress coffees—rich brews made using a device that uses air pressure to push the coffee through a micro-filter.

At 7:00 pm the cafe transforms into a bar serving up serious cocktails, and remains lively until past midnight thanks to an international mix of creatives. Fuglen also hosts a number of themed evenings every month.

Since opening its own in-house roaster nearby in 2014, its coffee only seems to have gotten better.

Side note, Fuglen has a variety of coffee beans on hand, often including beans from El Salvador—my father’s place of birth. I’ve never been to El Salvador myself, but when I drink the coffee I feel myself being transported to landscapes he described to me when I was a kid.

Word is there will be a new Fuglen opening in Asakusa on September 21st.

■フグレン トウキョウ

ノルウェーの首都であるオスロからやってきた、北欧スタイルのライト・ロースト(浅煎り)コーヒーを楽しめる“奥渋”のカフェです。店内にはミッドセンチュリーの北欧デザインの家具や小物が置かれ、客席も含め、購入可能となっているようです。

ライト・ローストは酸味が強く苦味が少ないため、初めての方は少しびっくりするかもしれませんが、様々な形で楽しめるので自分にあった飲み方を見つけることをおすすめします。個人的には「エアロプレス」と呼ばれる器具を使って空気圧を用いて抽出される濃い目のコーヒーがお気に入りです。

夜19:00になると本格カクテルが楽しめるバーになり、0:00過ぎまで近所の住民、クリエイティヴ業界ではたらく方々や外国人で賑わっています。月に2〜3回、ある特定のテーマでイベントも開催されています。

2014年にお店付近にロースターが設立されて以降、それまでに増してコーヒーが美味しくなりました。

ちなみにフグレンでは、僕の父親の出身地であるエル・サルバドルの豆のコーヒーを楽しむこともできます。僕自身エル・サルバドルを訪れたことはないのですが、そのコーヒーをいただくと、子供の頃父親が語ってくれた母国の風景が目の前に浮かびます。

2018年9月21日には、浅草にFUGLENが新しくオープンしました。


Photo : Fuglen Tokyo / フグレン・トウキョウ提供
Fuglen Tokyo
フグレン トウキョウ
SHOP INFO
1-16-11 Tomigaya, Shibuya-ku, Tokyo 151-0063
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-16-11
TEL : +81-(0)3-3481-0884
Open 営業時間
Mon. & Tue. 8:00 – 22:00 / Wed. & Thu. 8:00 – 25:00/Fri. 8:00 – 26:00/Sat. 9:00 – 26:00/Sun. 9:00 – 24:00
Closed 定休日 : No fixed holidays 不定休
https://www.fuglen.no/


■Camelback sandwich&espresso


Photo : Camelback sandwich & espresso
キャメルバック・サンドウィッチ&エスプレッソ提供
As an American, one of my biggest gripes with Tokyo had always been the dearth of sandwich shops (although Japanese-style egg sandwiches are something else). This one opened in the Oku-Shibu neighborhood in 2014, and has become so popular that even overseas visitors make it a point to check it out.

One of the co-owners used to be a sushi chef, so it’s easy to understand why the sandwich ingredients change depending on the season and what he can get his hands on. The care with which he builds his sandwiches evokes a sushi chef behind the counter.

Sandwiches are available in normal or half-sizes. For first timers, I wholeheartedly recommended getting a normal-size sandwich or your choice, and the signature egg sandwich (tamago sando, which is half-size only).

The other co-owner is a barista, who brews a great cup of coffee that pairs wonderfully with the sandwiches. I recommend the cafe latte or vanilla latte, both of which are very rich.

There is also a newly opened CAMELBACK RICH VALLEY location closer to Yoyogi-Hachiman Station.

Side note, the name CAMELBACK is apparently taken from the Camelback Mountains in Phoenix, Arizona. Separate side note, when Wednesday comes around—hump day—I’m struck with the irresistible urge to have one of their sandwiches.


Photo : Camelback sandwich&espresso / キャメルバック・サンドウィッチ&エスプレッソ提供

■キャメルバック・サンドウィッチ&エスプレッソ

アメリカ人である僕にとって、東京にはサンドウィッチ専門店が少ないことが長年の悩みでした(日本スタイルのタマゴサンドは格別ですが)。2014年に“奥渋”にできたこのお店は、海外から訪れる旅行者も訪れたいと思うくらい人気です。

オーナーの一人がもともと寿司職人として働いていたこともあり、サンドウィッチに使われる食材は季節や入手できるものによって変わり、盛り付ける姿もどこかその面影を感じさせます。

サンドウィッチは普通サイズとハーフサイズがあります。初めての方は、お好みのサンドの普通サイズ1つと、看板メニューであるたまごサンド(ハーフサイズのみ)を注文してみてください。

バリスタであるもう一人のオーナーが入れるコーヒーはサンドウィッチとの相性が抜群で、濃いめのカフェラテかバニララテが特におすすめです。

最近代々木八幡駅寄りにCAMELBACK RICH VALLEYもオープンしました。

ちなみにCAMELBACKという名前はアメリカのアリゾナ州・フェニックスのキャメルバック・マウンテンから由来しているそうです。そしてちなみに僕は、水曜日当たり(一週間の真ん中であることから、英語では通称「ハンプ・デイ」(ハンプ=ラクダのこぶ)と言われます)になると、ここのサンドウィッチが無性に食べたくなります。

Photo : Camelback sandwich&espresso
キャメルバック・サンドウィッチ&エスプレッソ提供
Camelback sandwich&espresso
キャメルバック・サンドウィッチ&エスプレッソ
SHOP INFO
42-2 Kamiyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0047
〒150-0047 東京都渋谷区神山町42-2
TEL : +81-(0)3-6407-0069
Open 営業時間  8:00−17:00
(come sooner than later; sandwiches sell out / サンドウィッチは売り切れることがあるのでご注意ください)
Closed 定休日 : Mondays 月曜日
http://www.camelback.tokyo/


■The Coffeeshop Roast Works


Photo : ©RendezVous
This cafe, located on the far side of University of Tokyo’s Komaba Campus, is the sister cafe of The Coffeeshop in Daikanyama. The wide variety of coffee-related implements together with the modern interior design makes a steampunked (mechanical and inorganic) atmosphere. (The cafe has a Steampunk syphon coffee maker that puts on quite a show.)

In recent years there have no shortage of third wave coffee shops opening their doors and serving up mostly light roasts. But at this cafe I personally recommend the dark roasts. All of the coffee beans that they procure are single origin, and can be enjoyed in a variety of ways—paper drip, French press, Aeropress, etc.

Especially good is the Cafepresso Jelly (with special sauce), which comes in two varieties—both made with a specialty coffee extracted using a French press. (Summer season only)

Their online magazine is frequently updated with information about exclusive seasonal blends, coffee brewing how-tos, and answers to common questions about coffee. It’s worth a look (the website is only in Japanese). They also have a “Beans Navi” feature online to help navigate you in the direction of the coffee beans that will best suit your tastes.


Photo : ©RendezVous

■ザ・コーヒーショップ・ロースト・ワークス


Photo : ©RendezVous
東大駒場キャンパスの裏側にあるこちらのカフェは、代官山にある「THE COFFEESHOP」の姉妹店です。様々なコーヒー用具とモダンなインテリアが合わさってどこかスチームパンク的(メカニカルで無機質)な雰囲気が漂う印象的な店内です。(店内には「スチームパンク」と呼ばれるサイフォン式のコーヒー・マシンがあり、見るだけで楽しい気分になります。)

近年ライト・ローストを中心に提供するいわゆる「サード・ウェーブ」のコーヒー・ショップが多い気がしますが、こちらのお店はダーク・ロースト(深煎り)のものが個人的にはおすすめです。豆は全てシングル・オリジンで仕入れており、ドリップだけでなく、フレンチプレス、エアロプレスなど様々な淹れ方を楽しめます。

フレンチプレスで抽出したスペシャルティ・コーヒー2種類を使用して作った「Cafepresso Jelly」(特製ソース付き)もなかなか美味しいです。(夏季限定)

頻繁に更新されるウェブ・マガジンには、季節ごとの限定ブレンドの情報の他、コーヒーの淹れ方のコツやコーヒーにまつわる疑問について記事を公開していますので、興味がある方はチェックしてみてください(日本語のみです)。自分の好みにあったコーヒーをおすすめしてくれる「BEANS NAVI」も参考にしてみてください。


Photo : ©RendezVous



Photo : ©RendezVous
The Coffeeshop Roast Works
ザ・コーヒーショップ・ロースト・ワークス
SHOP INFO
2-22-12 Tomigaya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0063
〒150-0063 東京都渋谷区富ヶ谷2-22-12
TEL : +81-(0)3-6407-1344
Open 営業時間 : 10:00−Sunset
Closed 定休日 : No holidays / 年中無休
https://www.thecoffeeshop.jp/


■Cacao Store


Photo : ©RendezVous

This bean-to-bar chocolate specialty store is just a short walk from Yoyogi-Hachiman Station/Yoyogi-Koen Station. (Bean-to-bar refers to the chocolate making process where all the steps—from the cacao beans to the final chocolate bar—are carried out by a single chocolatier.)

The store is a wonderland filled with chocolate delights, including chocolate bars, chocolate cakes, and a variety of other cacao-based treats (such as baked sweets from chocolatier Theobroma—the two share an owner), as well as chocolate curry and even cacao-infused shampoo and hair treatment. The attractive packaging makes for handsome gifts.

There is also an in-store cafe space that is open until 9:00 p.m. on Friday and Saturday nights, making this a great place to recharge after a long week at work. I’m especially fond of the toast chocolat—a chocolate bar on top of a crisp slice of toast. The dark chocolate, warm from the toast, is pure melt-in-your-mouth decadence.


Photo : カカオストア提供

Photo : ©RendezVous

■カカオストア

代々木八幡駅/代々木公園駅から歩いてすぐの「ビーン・トゥ・バー」をコンセプトとしたチョコレート専門店です。(ビーン・トゥ・バーとは、カカオ豆から板状のチョコレートまでの全工程をひとつの工房内で行うことを意味します。)

チョコレート・バー(タブレット)やチョコレート・ケーキなどカカオ系の食品はもちろんのこと(ちなみにこのお店のオーナーはチョコレート専門店「テオブロマ」のオーナーでもあり、「テオブロマ」の焼き菓子も用意されています)、チョコレートを使ったカレーや、カカオを使ったシャンプーやトリートメントまで、チョコレート好きにはたまらないワンダーランドです。商品のパッケージも独特なので、お土産にも最適です。

イートイン・スペースもあり、週末の夜は21:00まで営業しているので、疲れた仕事帰りに立ち寄ると元気が出ます。僕はカリッと焼き上げられたパンの上にチョコレート・バーが乗った「トースト・ショコラ」が好きです。パンの熱が伝わったダーク・チョコの口どけ具合はたまりません。

Cacao Store / カカオストア
SHOP INFO

1-6-8 Tomigaya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0063
〒150-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-6-8
TEL : +81-(0)3-3460-1726
Open 営業時間 10:00-20:00 (Fri. & Sat. -21:00)
Closed 定休日: No holidays なし
http://www.theobroma.co.jp/


■CAFFÉ ANTOLOGIA


Photo : ©RendezVous
This is a cozy, whole-in-the-wall cafe near the Yoyogi Koen Koban (police box) crossing. Look out for the wooden door and the Italian bar-like facade.

The weekday menu includes the curry of the day, but I always order the crisp yet chew panini. (As an American that’s always hungry for pizza and a sandwich, a panini is a dream food.)

Although the cafe is located right along Inokashira-dori it has a very laidback atmosphere, and it’s a great place to have some time to yourself. Non-smoking, and no pets allowed.

■カフェ・アントロジア


Photo : ©RendezVous
代々木公園交番前の交差点の近くにある、こじんまりした穴場カフェです。木の扉と、どこかイタリアン・バルのような佇まいが目印です。

こちらのカフェには日替わりランチやカレーがありますが、僕はかりっとしながらモチっとした生地のパニーニを注文します。(ピザとサンドウィッチが好きなアメリカ人にとって、パニーニは夢のような食べ物です。)

井の頭通り沿いでありながらとても落ち着いた店内で、一人でゆっくりしたい時におすすめのカフェです。全面禁煙、ペット不可。



Photo : ©RendezVous
CAFFÉ ANTOLOGIA
カフェ・アントロジア
SHOP INFO
1-12-7 Tomigaya, Shibuya-ku, Tokyo 151-0063
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-12-7
TEL : +81-(0)3-3485-7865
Open 営業時間
Mon. to Sat. 14:00 – 24:00
Closed 定休日: Sundays 日曜日


■The Latte Tokyo


Photo : ©RendezVous
This cafe is hidden away on a back street in the Oku-Shibu neighborhood a short distance from the NHK Broadcasting Center. It’s a great place to swing by during lunch or the afternoon for a cup of coffee to go. Look out for the sign that says “INN”.

As the “latte” in the name would suggest, this cafe offers a variety of espresso-based drinks: the standard cafe latte and vanilla latte, as well as banana latte, strawberry latte, coconut latte, and more (some are seasonal).

As a kid, every time I’d visit Japan, I’d drink almost nothing but milk everyday (it was completely different from the milk I’d grown accustomed to in the States). This cafe uses premium milk from Tokyo, and the rich flavor reminds me of the reason I came to Japan in the first place.

■ラテ・トウキョウ

“奥渋”の裏道にあるこちらのカフェは、NHK放送センターに近いので、ランチや午後に立ち寄り、テイクアウトするのがおすすめです。「INN」(宿)と書かれた看板が目印です。

店名に「LATTE」という言葉があるだけに、カフェラテやバニララテ以外にも、バナナラテ、いちごラテ、ココナッツラテなど、エスプレッソ系のドリンクを売りにしています(季節限定ものもあり)。

僕は子供の頃、日本に遊びに来るたびに、毎日のように牛乳ばかり飲んでいました。(アメリカで普段から飲んでいた牛乳とは、まったく別の飲み物です。)このお店はこだわりの東京の牛乳を使っているそうで、その濃厚な味をいただくと、そもそも自分が日本に来た理由を思い出します。

The Latte Tokyo
ラテ・トウキョウ
SHOP INFO
3-3 Kamiyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0047
〒150-0047 東京都渋谷区神山町3-3
TEL : +81-(0)3-3460-1726
Open 営業時間
mon - fri 8:00-19:00
sat,sun and holiday 10:00-18:00
Closed 定休日 : No holidays / 年中無休
https://www.instagram.com/the_latte_tokyo/



BigBrother often changes up the coffee beans he uses depending on the season, weather, and how he’s feeling that day.

The variables that he tweaks include country of origin, harvest, roast level, grind fineness, the temperature and the amount of the water he uses, etc.

And he jots down his findings in a notebook with the rigor of a scientist. That notebook is always stored away in a locked drawer in his desk.

My favorite is what we call the KAZOO special, which is a blend of a coarsely ground French roast and a finely ground Italian roast that is served with full-fat milk, full-fat cream, and brown sugar.

Side note, BigBrother has recently been into experimenting with lower water temperatures instead of hot off the boil. He’s trying to figure out which is ideal: 92℃ or 93℃.

BigBrotherは、季節、天候、その時の気分によって使用するコーヒー豆をとてもよく変えます。

コーヒー豆の生産地や収穫とか、焙煎の深さ、グラインドの細かさ、お湯の温度や量など、様々なヴァリエーションを工夫しています。

そのデーターをまるで、科学者のようにメモに書いています。そのメモは、決して誰にも見せないように鍵のかかった机の中に入れています。

僕は、フレンチ・ローストの粗めの粉とイタリアン・ローストの細かい粉をブレンドして、淹れてくれたコーヒーにハイファットな牛乳とハイファットなクリームにブラウンシュガーを多めに入れた“KAZOOスペシャル”がお気に入りです。

因みにBigBrotherは、最近沸騰したお湯ではなく少し低めの温度で入れることを研究中だそうです。92℃がいいのか93℃がいいのか悩んでいるそうです。