TwitterFacebookInstagramYouTubefeed

2020/08/10 #015

Pop and Rock Recordings With Superior Sound Quality − Introduction Part 4 − Audio Recommendations
試聴にオススメなPOPとROCKの名盤 – オススメのオーディオ・システムと録音が優れた歴史的名盤/(1)入門編/その4


Overview / 目次

  1. Prologue / プロローグ
  2. Pop Albums / 録音が優れているポップの名盤
  3. Rock Albums / 録音が優れているロックの名盤
  4. AOR/West Coast Rock/Folk Rock Albums / 録音が優れているAOR/ウェスト・コースト・ロック/フォーク・ロックの名盤
  5. Epilogue / エピローグ



1. Prologue

In our series on audio recommendations, we’ve put together lists of music compilations and original albums across a range of genres that feature superior sound quality. So far we’ve covered:
・Quality CD Recordings (GEAR & BUSINESS #007)
・Classical Music and Jazz Compilations (GEAR & BUSINESS #008)
・Pop/Rock/Black Music Compilations (GEAR & BUSINESS #009)
・World Music/EDM Compilations (GEAR & BUSINESS #010)
・J-Pop and Grammy Compilations (GEAR & BUSINESS #011)
・Classical Music and Jazz Albums (GEAR & BUSINESS #013)

To experience great sound under a modest budget, we recommend listening to these albums on the kind of sound system we covered in GEAR & BUSINESS #005.

This all begs the question, what is “great sound”, and what is a “quality audio recording”? Generally speaking, there are two ways to look at this.

From the listener’s perspective, good sound quality is about music that sounds easy on the ears. “Easy on the ears” can also mean a range of things: recordings that don’t grate on the ears, recordings that don’t fatigue the ears, recordings that sound rich and refined, recordings that don’t demand too much of the listener. For some listeners, good sound means music that exists comfortably in the background without demanding your undivided attention. For others, it can mean music that isn’t “challenging”. A lot of high-end audio equipment is designed to produce sound that is “easy on the ears”. In many cases, sounds in the recording that are deemed undesirable or too noisy are removed altogether.

By contrast, for professional musicians and sound engineers—those who produce music—or audiophiles, good sound quality refers to the way music has been recorded or mastered in the studio, or the way it is reproduced through speakers. A good quality sound recording faithfully recreates the sound that those who produced the music heard in the recording studio. That all depends on microphone positioning, sound quality, dynamic range, resolution, the sound image, and more. A high sound quality recording captures everything from the highest sounds to the lowest sounds being produced. Dynamic range refers to the range between the quietest and the loudest parts in a music recording. High resolution recordings allow you to make out different instruments clearly—for example, when you listen to a song you love on a good sound system and realize elements of the song you had never noticed before. Finally, sound image refers to the way music sounds when coming from stereo speakers—for example, with the vocals out in front, the guitar coming out of the right side, and bass coming out of the left. A high resolution sound recording might sound as if the musicians are playing right in front of you, but it does not necessarily mean the music is “easy on the ears”.

If you listen to properly recorded music through a well-balanced amp, studio monitor speakers, and high quality cables, you should essentially be hearing what the sound engineer was listening to in the recording studio—and theoretically, what the musicians intended. On the other hand, if you’re listening to the same music out of your built-in laptop speakers or the earbuds that came along with your smartphone, the quality of the recording means very little, and at some point it becomes questionable that what you’re doing can truly be characterized as “listening” to music.

In this article I’ve put together a list of pop and rock albums that have either been recognized for their sound quality—such as through winning a Grammy Award (*1)—or are available in hi-definition CD formats.

*1 The Grammy Awards is an awards ceremony presented by the Recording Academy every February to recognize achievements in the American music industry.

1. プロローグ

これまで「オススメのオーディオ・システムと録音が優れた歴史的名盤」シリーズでは、試聴にオススメの高音質盤や、録音が技術的に優れている様々な音楽ジャンルの名盤を取り上げてきました。以下にこれまでのコラムを紹介します。
・高音質盤 (GEAR & BUSINESS #007)
・クラシカル・ミュージック/ジャズのコンピレイション (GEAR & BUSINESS #008)
・ポップ/ロック/ブラック・ミュージックのコンピレイション (GEAR & BUSINESS #009)
・ワールド・ミュージック/EDMのコンピレイション (GEAR & BUSINESS #010)
・J-POP とグラミー賞受賞作 (GEAR & BUSINESS #011)
・クラシカル・ミュージック/ジャズの名盤 (GEAR & BUSINESS #013)

こうした作品をGEAR & BUSINESS #005で紹介したようなオススメのオーディオ・システムで聴くことによって、リーズナブルなプライスでより“良い音質”の音楽を嗜むことができます。是非参考にしてみて下さい。

“良い音”や“高音質”とは、そもそもどういうことなのでしょうか。こういった表現には大きく分けて2つの意味があると考えると分かりやすいでしょう。

一般のリスナーの観点からすると、“良い音”や“音質がいい”とは“聴きやすい”ということでしょう。“聴きやすさ”にも様々な意味があり、例えば「尖っていなくて耳に優しい」「長時間聴いていても疲れない」「洗練されていて高級感がある」「手軽に聞ける」ことを指す場合があります。人によってはBGMのように表に出過ぎず環境に溶け込むような音楽であったり、複雑過ぎずに“分かりやすい”音楽のことを指すこともあります。 いわゆる“高級オーディオ”の多くは、こうした意味での聴きやすさを追求しているといえるでしょう。なので、場合によっては、聴きやすさを求める上で耳障りな音帯を敢えて消してしまう場合すらあります。

一方で、作り手側(ミュージシャンやサウンド・エンジニアなどのプロ・オーディオの世界)やいわゆる“オーディオファイル”(Hi-Fiオーディオ・マニア)からすると、“良い音”や“高音質”とは「録音状態が良いこと」「マスタリングが良いこと」「演奏を忠実に再現していること」を指します。そのポイントとなるのが、例えばそれぞれの楽器の音や歌声を拾うマイクロフォンのポジショニングや、録音された音源のクオリティ、ダイナミック・レンジ、解像度や音像定位がポイントとなってきます。音のクオリティでいうと高音から低音まで適切に録音されているか、ダイナミック・レンジに関しては大きい音から小さい音がしっかり録音されているがポイントとなります。また、解像度が高い音源だと、細かい音を聞き分けることができて、性能の良いスピーカーで聴くとでそれまで気づいていなかった音に気づくことさえあります。定位とは、2の左右のスピーカーの間の何もない空間から、それぞれの楽器や歌声が違う位置から浮かんで聞こえてくるという現象を指します。いわゆる“ハイレゾ音源”とはつまり解像度が高い音源のことです。つまり、“ハイレゾ音源”というものは必ずしも“聴きやすい音”とは限らないのです。

録音が優れていれば優れているほど、フラットなアンプと性能の良いスピーカー、加えて、素直なケーブルを使って聴くとことで、サウンド・エンジニアがレコーディング・ストゥディオで聴いていた原音が忠実に再現されるのです。ミュージシャンが意図していた表現がピュアに伝わってきたり、自分の目の前で演奏してくれているかのように聴こえてくるものです。一方で、ノートパソコンに内蔵されているスピーカーやスマフォに同封されているイヤフォンで聴く分には、どんなに録音が優れた音楽でも歪んだ形で再現され、本当の意味で“音楽を聴いている”と言えるかどうかも微妙なところといえます。

今回は録音が優れている洋楽のポップとロックの名盤を取り上げます。ポップとロックの名盤といわれるアルバムの高音質盤や、グラミー賞の「技術賞」(※1)を受賞している作品を中心に選びました。

※1 グラミー賞とは、毎年2月に行われるアメリカの音楽賞の授賞式です。世界で最も権威のある音楽賞の1つとみなされています。



2. Pop Albums / 録音が優れているポップの名盤

<60s-70s/60〜70年代>

In 1966, the Beach Boys released Pet Sounds, its magnum opus, and stunned musicians around the world. Brian Wilson, who wrote and arranged all of the songs and produced the album, made the album after resigning from live performances for an indefinite period of time. He brought orchestral sounds into pop music in an attempt to create “the greatest rock album ever made”.

60年代後半にはビーチ・ボーイズが『ペット・サウンズ』というポップの傑作アルバムで世界中のミュージシャンを驚かせました。全曲を作曲し、プロデューサーも務めたブライアン・ウィルソンは、録音ストゥディオに引きこもり、ポップにオーケストラ的な音楽スタイルを持ち込み、「史上最強のロック・アルバム」を目指しました。この作品はザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』にも強い影響を与えました。

“Greatest Hits” Beach Boys / 『グレイテスト・ヒッツ』ビーチ・ボーイズ


“Pet Sounds” Beach Boys / 『ペット・サウンズ』ビーチ・ボーイズ



“Very Best of Frankie Vallie & The Four Seasons” Frankie Valli and The Four Seasons / 『ヴェリー・ベスト・オブ・フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ』フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ



“Bridge Over Troubled Water” Simon & Garfunkel / 『明日に架ける橋』サイモンとガーファンクル



“Gold: Greatest Hits” The Carpenters / 『ゴールド:グレイテスト・ヒッツ』ザ・カーペンターズ



“Goodbye Yellow Brick Road” Elton John / 『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード』エルトン・ジョン



<80s/80年代>

After the disco craze of the 70s, dance pop came into vogue in the 80s. Michael Jackson gradually moved away from his R&B roots into full-blown pop superstardom. His 1985 album Thriller and 1987’s Bad were produced by Quincy Jones, a former jazz conductor with a superior ear for sound quality.

70年代のディスコ・ブームを経て、80年代には“ダンス・ポップ”が人気を博すようになります。マイケル・ジャクソンはジャクソン5時代のブラック・ミュージックから完全に“ポップ”へシフトをしました。85年の『スリラー』と87年の『バッド』には、ジャズ・ミュージシャンとしてキャリアをスタートしたクインシー・ジョーンズがプロデューサーとして参加しており、その後の“良い音質”のポップの原型を作りました。

“Thriller” Michael Jackson / 『スリラー』マイケル・ジャックソン


“Bad” Michael Jackson / 『バッド』マイケル・ジャックソン



“Celebration: Madonna All-Time Best” Madonna / 『セレブレイション~マドンナ・オールタイム・ベスト』マドンナ



“Greatest” Duran Duran / 『グレイテスト』デュラン・デュラン



“Chicago Story: Greatest Hits” Chicago / 『シカゴ・ストーリー~グレイテスト・ヒッツ』シカゴ



<90s/90年代>

In the 90s, singers like Mariah Carey, Britney Spears, and Christina Aguilera brought R&B elements into pop; meanwhile, singer-songwriters like Natalie Imbruglia and Sarah McLachlan took pop in a more alternative direction.

90年代にはマライア・キャリー、ブリットニー・スピアーズ、クリスティナ・アギレラのようにポップにR&B的な要素を持ち込み、ナタリー・インブルーリアやサラ・マクラクランのようにオルタナティヴ・ロック的な要素をポップに持ち込むなど、多くの女性アーティストが優れた音楽を世に送り出しました。

“…But Seriously” Phil Collins / 『・・・バット・シリアスリー』フィル・コリンズ


“Daydream” Mariah Carey / 『デイドリーム』マライア・キャリー



“Left of the Middle” Natalie Imbruglia / 『レフト・オヴ・ミドル』ナタリー・インブルーリア



“Surfacing” Sarah McLachlan / 『サーフィシング』サラ・マクラクラン



“Millennium” Backstreet Boys/ 『ミレニアム』バックストリート・ボーイズ



“Greatest Hits: My Prerogative” Britney Spears / 『グレイテスト・ヒッツ: マイ・プリロガティヴ』ブリトニー・スピアーズ



“Keeps Gettin’ Better: Greatest Hits” Christina Aguilera / 『キープス・ゲッティン・ベター~グレイテスト・ヒッツ』クリスティーナ・アギレラ



<2000- /2000年代以降>

In the 2000s and 2010s, hip hop and EDM became an essential part of pop music’s DNA. At the same time, a disco and dance pop revival meant that a lot of the pop music being produced would feel like it came out of the 70s and 80s.

2000年代以降は、ヒップホップに代表されるブラック・ミュージックとEDMに代表されるダンス・ミュージックの要素がポップに取り入れられました。一方で、70年代〜80年代のディスコやダンス・ポップに強く影響を受けたポップ・ミュージックが人気を博すようになりました。

“Purpose” Justin Bieber / 『パーパス』ジャスティン・ビーバー


“Witness” Katy Perry / 『ウィットネス』ケイティ・ペリー



“Reputation” Taylor Swift / 『レピュテーション』テイラー・スウィフト



“The Best: Deluxe Edition” Ariana Grande/ 『ザ・ベスト デラックス・エディション』アリアナ・グランデ



“When We All Fall Asleep, Where Do We Go?” Billie Eilish / 『ホエン・ウィー・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥー・ウィー・ゴー?』ビリー・アイリッシュ



“Future Nostalgia” Dua Lipa / 『フューチャー・ノスタルジア』デュア・リパ




3. Rock Albums / 録音が優れているロックの名盤

In rock, English bands like The Beatles, The Rolling Stones, Led Zeppelin, and Pink Floyd experimented in the studio and produced some of the best-sounding rock to have ever been created—much of their work continues to be remastered and re-released today. Abbey Road Studios, where The Beatles recorded, is perhaps the most famous recording studio in the world.

ロック界では、ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリンやピンク・フロイドなど、英国のロック・グループが優れた音質のアルバムをリリースしました。特にビートルズがレコーディングの拠点としていたアビー・ロード・ストゥディオズは世界で最も有名な録音ストゥディオなのではないでしょうか。

<The Beatles/ザ・ビートルズ>

“The Beatles: 1962-1966” / 『ザ・ビートルズ 1962年~1966年』


“The Beatles: 1967-1970” / 『ザ・ビートルズ 1967年~1970年』



“1: Deluxe Edition” / 『ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション~』



“Revolver” / 『リボルバー』



“Abbey Road” / 『アビイ・ロード』



“Wings: Greatest Hits” / 『ウイングス・グレイテスト・ヒッツ』



<The Rolling Stone/ザ・ローリング・ストーンズ>

“Sticky Fingers”/ 『スティッキー・フィンガーズ』


“Exile on Main St.” / 『メイン・ストリートのならず者』



“Hot Rocks 1964-1971” / 『ホット・ロックス1964-1971』



“More Hot Rocks” / 『モア・ホット・ロックス+3』



“Crosseyed Heart” Keith Richards / 『クロス・アイド・ハート』キース・リチャーズ



<Led Zeppelin/レッド・ツェッペリン>

“Led Zeppelin IV”/ 『レッド・ツェッペリンIV』


“Song Remains The Same” / 『永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤』



“Mothership” / 『マザーシップ』



“How the West Was Won” / 『How the West Was Won』



<Pink Floyd / ピンク・フロイド>

“Echoes: the Best of Pink Floyd” / 『エコーズ:ベスト・オヴ・ピンク・フロイド』


“Dark Side of the Moon” / 『狂気』



“Wish You Were Here” / 『ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア』



“The Wall” / 『ザ・ウォール』



“Live at Pompei” David Gilmour / 『ライヴ・アット・ポンペイ』デヴィッド・ギルモア



<Other Rock/その他のRock>

“Live Wire” Jeff Beck/ 『ライヴ・ワイアー』ジェフ・ベック


“Jewels: The Very Best of Queen” Queen / 『ジュエルズ ヴェリー・ベスト・オブ・クイーン』クイーン



“Jewels II” Queen / 『ジュエルズ II』クイーン



“Greatest Hits” ZZ Top / 『グレイテスト・ヒッツ』ZZトップ



“18 Singles: The Best of U2” / 『ザ・ベスト・オブU2 18シングルズ』



“Joshua Tree” U2 / 『ヨシュア・トゥリー』U2



“MTV Unplugged in New York” Nirvana / 『MTV アンプラグド・イン・ニューヨーク』ニルヴァーナ



<Other Hard Rock/その他のHard Rock>

“Greatest Hits” Van Halen / 『グレイテスト・ヒッツ』ヴァン・ヘイレン


“Ultimate Aerosmith Hits” Aerosmith / 『アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ』エアロスミス



“Alive” Kiss / 『アライヴ!~地獄の狂獣』キス



“Wild in the Streets” Bon Jovi / 『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ +3』ボン・ジョヴィ



“Hysteria” Def Leppard / 『ヒステリア』デフ・レパード



“Appetite For Destruction” Guns ’n’ Roses / 『アペタイト・フォー・ディストラクション』ガンズ・アンド・ローゼズ




4. AOR/West Coast Rock/Folk Rock Albums / 録音が優れているAOR/ウェスト・コースト・ロック/フォーク・ロックの名盤

<AOR>

AOR stands for adult oriented rock, a genre that came to prominence in the 80s that is often derisively referred to as soft rock or yacht rock. By bringing elements of jazz and soul music into rock, it made the genre decisively less edgy, but smooth as butter. AOR music is also great for seaside drives.

AORという音楽カテゴリーは、アダルト・オリエンテッド・ロック(Adult-Oriented Rock)の略として、80年代に作り出された造語(ジャンル)です。ジャズの中でもいわゆる「フュージョン系」とされるアーティストをAORに分類することもあります。このジャンルはドライヴに最適な音楽なのではないでしょうか。

“Two Against Nature” Steely Dan / 『トゥ・アゲインスト・ネイチャー』スティーリー・ダン


“Greatest Hits” James Taylor / 『ジェイムス・テイラー・グレイテスト・ヒッツ』ジェイムス・テイラー



“Alive” Kiss / 『アライヴ!~地獄の狂獣』キス



“Cat in the Hat” Bobby Caldwell / 『ロマンティック・キャット』ボビー・コールドウェル



“Very Best of Christopher Cross” Christopher Cross/ 『ヴェリー・ベスト・オブ・クリストファー・クロス』クリストファー・クロス



“Pirates” Ricky Lee Jones / 『パイレーツ』リッキー・リー・ジョーンズ



“Revolutions: The Very Best of Steve Winwood” / 『レヴォリューションズ~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティーヴ・ウィンウッド』スティーヴ・ウィンウッド



“Billy The Best” Billy Joel / 『ビリー・ザ・ベスト』ビリー・ジョエル



“Ultimate Best” Michael McDonald / 『アルティメイト・ベスト』マイケル・マクドナルド



<West Coast Rock / ウエストコースト・ロック>

West Coast rock is a predominantly Japanese term that is used to refer to rock musicians from the West Coast (chiefly California) and the music they produced in the late 60s, 70s, and 80s.

AORと重複する部分もありますが、ウェスト・コースト・ロックとは、西海岸っぽい、あるいはカリフォルニアっぽいロックのことです。

“The Best of the Eagles” / 『ベスト・オブ・イーグルス』イーグルス


“Greatest Hits” James Taylor / 『ジェイムス・テイラー・グレイテスト・ヒッツ』ジェイムス・テイラー



“Cass County” Don Henley / 『カス・カウンティ』ドン・ヘンリー



“The Best of Jackson Browne” / 『ザ・ベスト・オブ・ジャクソン・ブラウン』ジャックソン・ブラウン



“The Very Best of Linda Rondstadt” / 『ザ・ヴェリー・ベスト』リンダ・ロンシュタット



“Cry Like a Rainstorm, Howl Like the Wind” Linda Rondstadt / 『クライ・ライク・ア・レインストーム』リンダ・ロンシュタット



“The Very Best of the Doobie Brothers” The Doobie Brothers / 『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ドゥービー・ブラザーズ』ザ・ドゥービー・ブラザーズ



“Tennessee” J. D. Souther / 『テンダネス」J. D. サウザー



<Blues Rock/Folk Rock / ブルーズ・ロック/フォーク・ロック>

Blues rock and folk rock bring elements of blues and country music into rock. These genres would later evolve into southern rock and roots rock.

ブルーズ・ロックやフォーク・ロックは、アメリカ南部に由来するブルーズやカントリー・ミュージックの影響が強いロック音楽のことです。こうしたジャンルは後にいわゆるサザン・ロックやルーツ・ロックというジャンルにも直結します。

“Pearl” Janis Joplin / 『パール』ジャニス・ジョップリン


“Greatest Hits”Crosby, Stills & Nash / 『グレイテスト・ヒッツ』クロズビー、スティルズ&ナッシュ



“Gumbo” Dr. John / 『ガンボ』ドクター・ジョン



“Stardust” Willie Nelson / 『スターダスト』ウィリー・ネルソン



“Come On Over” Shania Twain / 『カム・オン・オーヴァー』シャナイア・トゥエイン



“The Globe Sessions” Sheryl Crow / 『ザ・グローブ・セッションズ』シャリル・クロウ



<Bob Dylan/The Band/Tom Petty - ボブ・ディラン/ザ・バンド/トム・ペティ>

“Bob Dylan’s Greatest Hits” / 『ボブ・ディランのグレーテスト・ヒット』


“Bob Dylan’s Greatest Hits Vol. 2” / 『ボブ・ディラン・グレーテスト・ヒット 第2集』



“Triplicate” Bob Dylan / 『トリプリケート』ボブ・ディラン



“MTV Underground” Bob Dylan / 『MTV アンプラグド』ボブ・ディラン



“The Band” / 『ザ・バンド』ザ・バンド



“The Best of Everything: Hits Collection 1976-2016” Tom Petty / 『ザ・ベスト・オブ・エヴリシング ヒッツ・コレクション1976-2016』トム・ペティ



<Eric Clapton / エリック・クラプトン>

“On Tour With Eric Clapton” Delaney & Bonnie / 『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』デラニー&ボニー


“Blind Faith” / 『スーパー・ジャイアンツ』ブラインド・フェイス



“Slowhand” / 『スローハンド』



“Eric Clapton Live” / 『エリック・クラプトン・ライヴ』



“I Still Do” / 『アイ・スティル・ドゥ』




5. Epilogue

Many of the albums I’ve listed in this article have either won or been nominated for the Grammy Award for Best Engineered Album. Introduced in 1959, the Best Engineered Album award is split into two subcategories: classical, and non-classical. As this distinction suggests, no one is more particular about sound quality than fans of classical music. That should come as no surprise—classical music has a significantly older history than pop, rock, blues, R&B, folk, or jazz. It is classical music that has driven many of the important developments in music recording and playback technology. There’s even a story about how CD’s have a recording capacity of 74 minutes because Sony president Oga Norio wanted to be able to fit a recording of Von Karajan and the Berlin Philharmonic performing Beethoven’s “The Symphony No. 9 in D minor, Op. 125” on one disc. (Today some CDs have a capacity of 80 minutes.)

Looking at the nominees for the Non-classical subcategory, it’s immediately clear that the majority of the albums are not pop or rock, but jazz. Jazz developed in the American South out of Black folk music and European classical music, and is known for its challenging nature. In contrast, pop and rock are forms of popular music, and as such are generally not recorded with the intention of being listened to through high-end sound equipment. Instead, pop and rock is played on home stereo systems and laptop speakers, earbuds and car radios. Even aesthetically, rock is about noise and edgy expression—the antithesis of “easy on the ears”.

Still, there are pop and rock albums that are highly regarded for their sound quality. In the 60s, bands like The Beatles and the Beach Boys experimented in the studio until they had just the sound they were looking for. In the 70s, progressive rock bands like Pink Floyd brought jazz and classical music influences into rock. Meanwhile, in the U.S., bands like Steely Dan were doing something similar, not to mention Donald Fagen and Walter Becker’s reputation for being perfectionists in the studio.

Then there’s Japan, where there exists two extremes: a passionate market for classical music and high-end audio equipment on the one hand, and the J-pop loving masses on the other. The former enjoys high-definition CDs and high-resolution digital files at home in a dedicated listening room; the latter listens to MP3-quality files on their smartphone while taking the train to school or work. What’s more, a certain subset of Japanese audiophiles are actually obsessed with pop idols and anime song artists, and pianists and violinists known more for their looks than their musicianship.

The skill and expertise of sound engineers is another important factor. Many of the engineers who work in J-pop grew up listening to music as something that accompanied TV shows; while vocational school taught them all the types of techniques you can find in a textbook, they have never cultivated a feel for or familiarity with “good music” and “good sound quality”. It’s also significant that J-pop is not about instrumentation or beats, but about vocals—and rather weak vocals, at that. An engineer must significantly alter the balance of a track in order to ensure that the vocals are not buried under the music.

Pop and rock music today, whether it’s from the U.S., U.K., or Japan, heavily incorporates elements of hip hop and dance music like disco, house music, and EDM. Next time in this series we will feature Black music, EDM, and world music recordings with superior sound quality.

5. エピローグ

今回はグラミー賞「技術賞」を受賞、あるいはノミネイトされた作品も数多く取り上げました。1959年より導入されたこの賞には、「クラシカル」と「ノン・クラシカル」という2つの部門があります。この分別があることからも、クラシカル・ミュージックは他の音楽ジャンルに比べて特に音質が重視されていることが分かります。それも当然のことでしょう。クラシカル・ミュージックの歴史が極端に古く、19世紀以降の様々な録音技術の発達もクラシカル・ミュージックがあったからこそ実現されたと言っても過言ではありません。 有名な話として、CDが一般的に74分という収録時間になったのも、ソニーの大賀典雄社長がカラヤン指揮のベルリン・フィルによるベートーヴェンの『交響曲第9番ニ短調作品125』が1枚に収まるように74分にした、という説があります。(今では80分を収録できるCDもありますが。)

一方、ノン・クラシカル部門で技術賞を受賞している作品を見ると、ジャズ系の作品が極端に多いことが目立ちます。ジャズとは、アメリカ南部の黒人の民族音楽と、ヨーロッパのクラシカル・ミュージックにルーツを持った音楽で、クラシカルと同様にインテリや富裕層に人気のあるジャンルです。ポップやロックはクラシカル・ミュージックやジャズとは違って、特別な機材を必要とする高級オーディオやハイレゾ配信を前提としていない“ポピュラー音楽”です。誰でも持っているようなコンポやノート・パソコンのスピーカー、あるいはイヤフォンで再生されること、レイディオでかかることを想定しています。ロックに至っては、きっちりした音ではなく敢えて“うるささ”や“崩し”を追求している側面もあります。

それでもポップやロック音楽の中でも、録音が優れていることで評価されている名盤もあります。ザ・ビートルズやビーチ・ボーイズは60年代にレコーディング・ストゥディオで様々な実験を行いながらこだわり抜いたサウンドを作り上げていきました。70年代にはピンク・フロイドに代表されるように、英国のプログレッシヴ・ロックのバンドがジャズやクラシカル・ミュージックの影響をロックに持ち込みました。一方でアメリカではスティーリー・ダンのドナルド・フェイゲンやウォルター・ベッカーもジャズの影響をロックに持ち込み、録音ストゥディオでは完璧主義を貫きました。

日本の音楽市場を見ると、クラシカル・ミュージックや高級オーディオのマーケットがあるのに、J-POPは音質が極端に悪いという両極端な状況が存在します。その差の背景には、リスナーの質や、音楽を聴くことについての環境の違いがあります。自宅のリスニング・ルームの高級オーディオ・システムを通してクラシカルやハイレゾ音源を聴くと人と、通勤電車などでスマフォからイヤフォンを通してJ-POPを“ながら聴き”する人の二極化が進んでいます。しかも、現実には、日本のオーディオ・マニアの多くは、アイドルやアニソン、美人なだけのピアニストやヴァイオリニストの演奏を数百万円もするオーディオ・システムで聴いています。

サウンド・エンジニアの質についても忘れてはなりません。J-POPを手がけるエンジニアの多くは、高校までTVでしか音楽を聞いておらず、専門学校で教科書的なテクニックは学んでも、“良い音楽”や“高音質”がわかるセンスはなかなか磨かれていないものです。また、J-POPは楽器やビーツではなく、あくまでも“歌”がメインであることもその音のバランスに大きく影響しています。欧米のポップやロックのシンガーに比べてJ-POPのシンガーは「歌の力」が弱いため、エンジニアは彼らの声が埋もれずに目立つように曲全体のバランスを崩さざるを得ないという理由もあるように思われます。

近年の音質の優れた欧米のポップやロック音楽を聴くと、ヒップホップやラップというブラック・ミュージック、ディスコやハウス・ミュージックなど広義の“EDM”の影響がとても強いことが目立ちます。次回「オススメのオーディオ・システムと録音が優れた歴史的名盤」シリーズでは、ブラック・ミュージック、EDM、ワールド・ミュージックの作品を取り上げます。

keywords

#BeachBoys #SimonAndGarfunkel #EltonJohn
#MichaelJackson #Madonna #PhilCollins
#MariahCarey #BritneySpears #ChristinaAguilera
#JustinBieber #KatyPerry #TaylorSwift
#ArianaGrande #BillieEilish #DuaLipa
#TheBeatles #Wings #TheRollingStones

#LedZeppelin #PinkFloyd #JeffBeck #Queen #Nirvana #VanHalen
#Aerosmith #Kiss #BonJovi
#GunsNRoses #SteelyDan #JamesTaylor
#BillyJoel #MichaelMcDonald #TheEagles
#LindaRondstadt #TheDoobieBrothers #JanisJoplin
#CrosbyStillsNash #WillieNelson #SherylCrow
#BobDylan #TheBand #EricClapton

#ビーチボーイズ #サイモンとガーファンクル #エルトンジョン
#マイケルジャックソン #マドンナ #フィルコリンズ
#マライアキャリー  #ブリトニースピアーズ #クリスティーナアギレラv #ジャスティンビーバー #ケイティペリー #テイラースウィフト
#アリアナグランデ #ビリーアイリッシュ #デュアリパ
#ザビートルズ #ウィングズ #ザローリングストーンズ
#レッドツェッペリン #ピンクフロイド #ジェフベック
#クイーン #ニルヴァーナ #ヴァンヘイレン
#エアロスミス #キス #ボンジョヴィ
#ガンズアンドローゼズ #スティーリーダン #ジェイムステイラー
#ビリージョエル #マイケルマクドナルド #イーグルス
#リンダロンシュタット #ザドゥービーブラザーズ #ジャニスジョップリン
#クロズビースティルズナッシュ #ウィリーネルソン #シャリルクロウ
#ボブディラン #ザバンド #エリッククラプトン




GEAR & BUSINESS #015

Spoken Readings for Japanese Study
Pop and Rock Recordings With Superior Sound Quality − Introduction Part 4 − Audio Recommendations
試聴にオススメなPOPとROCKの名盤 – オススメのオーディオ・システムと録音が優れた歴史的名盤/(1)入門編/その4
2020/08/10


GEAR & BUSINESS #015

英語力がドンドンつく学習法
Pop and Rock Recordings With Superior Sound Quality − Introduction Part 4 − Audio Recommendations
試聴にオススメなPOPとROCKの名盤 – オススメのオーディオ・システムと録音が優れた歴史的名盤/(1)入門編/その4
2020/08/10


SHARE
FOLLOW