2018/10/01  #002
On Production Environments for “DTM”
DTMの制作環境
My interest in club music (dance music) led me to take an interest in DJing, which in turn got me interested in DTM. DTM is a made-in-Japan English term that is short for DeskTop Music (the term likely comes from the term DTP, which is short for DeskTop Publishing). In other words, DTM refers to music made on a computer.

In DTM, there are many ways and styles to produce music. Today I’d like to give a run through what I like to do.

These days, the bar to entry for DTM is low. If you own a Mac, you could begin today. Indeed, I too started by playing around with the GarageBand app that came pre-installed on my Mac Book Pro.

GarageBand has a straightforward interface that makes it easy to manipulate sounds. To this day I use GarageBand to make the foundation for any tracks.

Any projects I create in GarageBand can be loaded in Logic Pro, a pro-use DAW (digital audio workstation) program, and that’s where I like to work the details.

Logic Pro already comes with a range of plugins (software components that expand the functionality of a DAW), but I’ve added the plugins from WAVES Diamond Native SoundGrid to my setup. This allows me to tweak and adjust my sounds in a variety of ways.

As for sounds and loops (prerecorded audio clips that serve as building blocks), I like to purchase and download them from a site called SONICWIRE.


今やDTMは、とてもハードルが低くMacを持っている人であれば、今日にでも始めることができます。僕も初めは、Mac Book Proに予め入っていた「ガレージバンド」というアプリからスタートしました。

ガレージバンドは、操作がとてもわかりやすく、音の加工もしやすいので、今でもベイスになる部分は、ガレージバンドで作っています。

ガレージバンドで作ったデータは、そのままプロ用のDAW(Digital Audio Workstation)ソフトの「ロジック・プロ」に移行できるので、細かい作業は、ロジックで行います。

ロジックは、初めから様々なプラグイン(DAWに追加できる加工用のソフト)が入っていますが、僕の場合は、ウェーブス社の「Diamond Native SoundGrid」を追加しています。こうすることで、より多くの様々な音の変化を生み出すことができます。

音源(あらかじめ録音されている音の素材)については、「ソニック・ワイヤー」というサイトからダウンロード購入しています。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

I connect my Mac Book Pro to my Apogee Duet audio interface using an Oyaide Elec. d+ USB Class A rev.2 cable. This audio interface is the little brother of the company’s Quartet audio interface, but it does a great job converting digital sound into gentle, smooth analog sound.

Regarding USB cables, many maintain that cheap alternatives don’t effect the sound quality in any way, but I like to use Oyaide Elec. d+ USB Class A rev.2, a mid-range USB cable.

From my Apogee Duet, I use another mid-range cable, the Oyaide Elec. QAC-222 / XLR, to connect to my Mackie 1642 VLZ4 mixer.

Mackie products are known for their high durability and “fat” sound. As such, they’re often used for outdoor raves and the like.

From my Mackie mixer, I use another pair of Oyaide Elec. QAC-222 / XLR cables to connect to a pair of Yamaha HS8 powered monitor speakers.

Mac Book Proとオーディオ・インターフェイス(デジタルとアナログを変換するハードウェア)の『アポジー』の「デュエット」とは、『オヤイデ電気』の「d+ USB Class A rev.2」というUSBケーブルで繋いでいます。このオーディオ・インターフェイスは、同社の上位機種「カルテット」と同じく、デジタルデータを柔らかくスムーズなアナログの音に変換してくれます。

USBケーブルについては、安物でも音質は変わらないという意見もありますが、僕は、中位の値段のオヤイデ電気のd+ USB Class A rev.2を使用しています。

アポジーのデュエットからは、オヤイデ電気の中位の「QAC-222 / XLR」を使用し、『マッキー』の「1642 VLZ4」というミキサーに繋いでいます。

マッキーは、とても丈夫なことと、太い音が出ることで知られており、野外のレイヴなどでもよく使用されています。

マッキーからは、オヤイデ電気のQAC-222 / XLRでパワード・モニターの『ヤマハ』の「HS8」に繋いでいます。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

Oyaide Elec. Cables in every price range provide a balanced sound from the lows to the highs, with unimpeded signal transmission.

Yamaha’s current line of powered speakers carries on the legacy of the now legendary NS-10 monitor speakers. With the HS series of powered monitor speakers, you couldn’t ask for better sound imaging and resolution.

Of the HS series speakers, the HS8 is particularly clear on the low end, which makes it the ideal monitor speaker for four-on-the-floor dance music type tracks.

As for headphones, I use the Sony MDR-7506 (known as the “blue line” in Japan due to the blue stickers on the sides) headphones that are industry standards in recording studios abroad—instead of MDR-CD900ST (“red line”) headphones that are the standard in Japanese recording studios.

The “red line” headphones are great for listening to vocals and other sounds in the mid range, while the blue line headphones are clearer on the low end.

Because the kick drum (which defines the rhythm) is integral in dance music, I’d recommend the “blue line” for monitoring purposes.

オヤイデ電気のケーブルは、どのレベルのケーブルも低音から高音まで癖なく、音をダイレクトに伝えてくれます。

ヤマハのパワード・スピーカーは、いまや伝説となった、モニター・スピーカー「NS-10」の流れをくんでいて、このHSというシリーズのパワード・モニターは、どの機種も音像の定位、解像度とも、申し分ありません。

HS8は、その中でも特に低音がしっかり出るので、四つ打ち系(ダンス・ミュージック)サウンドをモニタリングするのにとても適しています。

ヘッドフォンは、日本のスタジオでの標準機材の『ソニー』の「MDR-CD 900ST」(通称レッドライン)ではなく、海外のスタジオで多く使われているソニーの「MDR-7506」(通称ブルーライン)を使用しています。

レッドラインは、ボーカルなどの中高域が聴きやすく、ブルーラインの方が低音がくっきり聴こえます。

キック(リズム)の音が重要なクラブミュージックには、ブルーラインの方が適していると思っています。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

As for the power...that’s a bottomless rabbit hole if I’ve ever seen one, so I use a Furman SS6B, which I connect to a regular power outlet in my house (three-prong grounded).

When it comes to audio equipment, there’s always something more expensive, with higher specs, and better reviewed.

For me, I leave the final mixdown and mastering to a specialist, so I’m happy with the sound system I currently have.

And I use this system not just for DTM, but for my own private listening, as well as for events.

The preamp (gain—which controls what comes “in” to your mixer) on the Mackie mixer gives the sound plenty of umph, so all you have to do is raise the output level on your CD player or DJ mixer, and the sound will take on new life—especially the four-on-the-floor variety.

In compact venue such a cafe, this setup should be enough to put on a decent night of music and dancing.

電源については、こだわると本当にキリがないので、僕は、『ファーマン』の「SS6B」をアース付きの普通の電源コンセントに接続して使用しています。

音響機材については、上を見ればキリがありません。

僕の場合は、最終的なトラック・ダウンとマスタリングは、スペシャリストに依頼するので、現在の音響システムには、とても満足しています。

このシステムは、DTMだけではなく、リスニング用やイベント用にも利用しています。

マッキーのミキサーのプリアンプ(ゲイン)は、とても力強いサウンドを生み出すので、CDプレイヤーもしくは、DJのミキサーからのインプットを少しゲインを上げることで、特に四つ打ち系のサウンドは、とても魅力的な音にグレードアップされます。

カフェなどであれば、このシステムでソコソコのDJパーティーを開くこともできます。



Since he found out outboard equipment that had once cost hundreds of thousands or millions of yen could be purchased as DTM software plugins for a few thousand yen, BigBrother has often lamented that “We live in the kind of times trackmakers wouldn’t have dreamed of, yet I don’t think I’ve heard any intriguing sounds as of late.”

Of course, plugins are digital simulations, so they aren’t a perfect imitation when it comes down to the details. However, BigBrother says that they capture the unique characteristics of each external effect unit quite well.

“But all in all, analog is better, if you ask me,” he says.

And that’s why any files that I make DTM-style, I’ll have mastered on analog equipment first.

かつては、何十万円も何百万円もしたアウトボードが、DTMだと数万円でプラグイン・ソフトとして入手できることを知って、BigBrotherは、“トラックメーカーにとっては、夢のような時代なのに、いいサウンドを近頃は全然聞いていないな”といつも文句を言っています。

もちろんプラグインは、デジタル的なシミュレーションなので、ディテールについては、完全な再現ではないのですが、BigBrotherによると、それぞれのアウトボードの機種の特徴をよく表現しているとのこと。

“でもやっぱり、アナログの方が、いいよなあ”と言っています。

ですので、僕もDTMで作ったデータを最終的には、1回アナログの機材でマスタリングしてもらうようにしています。