2018/10/01  #001
Audio Equipment for Home Use
プライベートのためのオーディオ
The audio equipment (that is, studio setup) I use for what the Japanese call “DTM” (desktop music = music made on a computer) is set up to produce, in a word, an “honest” sound.

You can expect that music that is made commercially available will be played in a variety of environments on a variety of sound systems. So it’s important to produce the music on a sound system with pure, unadulterated—and in other words, honest—sound.

The equipment needs to be able to accurately reproduce not only volume but the more technical aspects of the sound, such as sound image, separation, and depth. You need to be able to discern these sonic variables. On the other hand, at home, where I want to relax—not just listen to music, but enjoy it—my sound system is set up to produce a “softer” sound.

Most of the music I try to make on the computer is the four-on-the-floor variety, but at home I’ve been listening to more and more jazz records.

Regardless of the home setting I still want to be able to play around and adjust the sound settings, so I use a mix of professional (studio) and high-fidelity consumer (what the Japanese call “pure audio”) equipment.

DTM(パソコンを使った音楽制作)のためのオーディオ(つまりスタジオ用のための)というのは、一言で言えば、“硬い音”になるようにセッティングをしています。

販売するための音楽というものは、色々な環境やシステムで聴かれることが前提なので、できるだけクセのない音、色の付いていない音、つまり硬い音のサウンド・システムで制作しないといけないのです。

音量だけでなく、音の像とか、音の分離、音の奥行きといったような、専門的なことを聴き分けられるような装置を使うのです。

一方、自宅でリラックスして音だけではなく、音楽を楽しむためには、あえて、“柔らかい音”になるようなサウンド・システムを組んでいます。

僕がDTMで作るのは、ほとんどが四つ打ち系の音楽なのですが、自宅では、ジャズのレコードを聴くことが多くなってきました。

自宅用とはいえ、音質の調整をしたいので、プロ用(業務用)機材とピュア・オーディオ(コンシューマ用)の機材が混在しています。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

The CD player I use is a Yamaha pro-use CD-S 300RK. What’s great about this CD player is that you can play high-resolution files via USB.

As for sound quality, you still get that clear, beautiful Yamaha sound, even at this price range.

When it comes to turntables (record players) I use Technics (old models) for DJing because you need to be able to adjust the pitch (BPM). At home, on the other hand, I use a Denon DP-500M. For those who want to go all out the DP-1300MK has even better sound, but if you’re like me and you live in a home that’s not sound or echo-proofed, the DP-500M is more than adequate.

I have the output from this turntable going into an Audio-Technica phono preamp, the AT-PEQ3, which in turn is connected to a Yamaha MG12XV mixer.

CDプレイヤーは、『ヤマハ』の業務用の「CD-S 300RK」を使用しています。このCDプレイヤーは、USBを使ってハイレゾ音源にも対応しているので、とても便利な機材です。

音質は、この価格においても“ヤマハ・ビューティ”と呼ばれるクリアーなサウンドです。

ターンテーブル(レコード・プレイヤー)は、DJの時は当然、ピッチ(BPM)が調整できるテクニクス(昔のモデル)のものを使用しています。一方、自宅では、『デノン』の「DP-500M」を使用しています。上位機種の「DP-1300MKⅡ」もとてもいい音なのですが、防音、反響防止をしていない自宅では、DP-500Mで充分です。

このターンテーブルからは、『オーディオ・テクニカ』の「AT-PEQ3」と言うフォノイコライザーを中継して、ヤマハのミキサー「MG12XU」に繋いでいます。(フォノイコライザーの役割については、ネットで調べてください)

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

Yamaha is a manufacturer that makes quality equipment at every level—their high-end gear is great, and their entry-level models are equally well made. And this mixer is no exception—it provides great bang for your buck.

Mixers in this price range often have knobs instead of faders, and phone jack outputs instead of XLR. But the MG12XU is equipped with both faders and XLR outputs, so it gets a silver star.

The other great thing about Yamaha mixers is that you can apply a compressor to each channel with the simple turn of a knob.

Turn up the gain a bit and apply the compressor to give rock or four-on-the-floor music more oomph.

What’s more, each channel has a three-band parametric EQ. For vocal jazz or R&B, raise the mids a bit to bring the vocals forward in the mix.

For hip-hop or other music with a powerful kick, use the EQ to turn up the lows—you’ll get a “realer” sound.

ヤマハというメーカーは、上位機種はもちろん、エントリーレベルの機材も丁寧に作っていると思うので、このミキサーもとてもコストパフォーマンスの高い商品だと思います。

この価格帯のミキサーは、通常は、フェーダーではなくノブの場合が多く、出力もXLRでなく、フォンの場合が多いのですが、このMG12XU.は、フェーダー+XLR出力の仕様になっているところが二重丸です。

ヤマハのミキサーのもう1つ良いところは、1つのノブだけで、簡単にコンプレッサーがかけられることです。

ゲインを少し上げて、コンプレッサーをかけるとロックや四つ打ち系の音は、力強くなります。

また、3バンドのパラメトリックEQが付いているので、ジャズ・ヴォーカルやR&Bなどを聴く時は、少しMIDをあげるとヴォーカルが前に出てきます。

HIP HOPなどキックが強い音楽は、さらにEQでLOWを上げることで、よりリアルな音になります。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入
My mixer’s outputs are connected to JBL LSR305 powered speakers using Belden cables with Neutrik XLR connectors.

When it comes to the powered studio monitor market, JBL is a latecomer, but the LSR305 are a high quality, mature option—JBL’s done a great job.

As studio monitors, the speakers provide good imaging and resolution, while also producing a sound that is quintessentially JBL. What is “quintessentially JBL”, you may ask? Speakers that have the ability to reproduce jazz with its soul intact.

Unfortunately my CD player doesn’t have XLR output—it only has RCA output. So I use a custom order Belden RCA to XLR cable to connect it to my mixer.

I use a custom order Belden RCA to RCA cable to connect the turntable to the phono preamp, and a custom order Belden RCA to phone cable to connect the phono preamp to the mixer.

The reason I made it a point to order custom Belden cables is because I wanted that Belden purity—the cables don’t color the sound at all.

Seeing as how I have Yamaha and Denon—Japanese manufacturers—at the front end of my sound setup and JBL—an American manufacturer—on the tail end, I figured I needed American-made Belden cables to bring it all together in a well-balanced fashion.

*If you’re not looking to custom order, there is a range of cable makers to choose from—I recommend Canare. (I’ll post a more in-depth overview of the different characteristics of cables by manufacturer another day.)

ミキサーから『JBL』のパワード・スピーカー「LSR305」に接続するために『ノイトリック』のキャノン(XLR)のプラグをつけた『ベルデン』のケーブルを使用しています。

JBLのパワード・スピーカーは、スタジオ・モニターとしては、後発の部類に入りますが、完成度は、さすがJBLという感じです。

スタジオ・モニターとしての定位や解像度を持ちながら、JBLらしさも十分に感じられます。JBLらしさとは、ジャズをジャズらしく聴かせてくれる表現力のことです。

CDは、残念ながらXLRの出力がなく、RCA(ピン)だけなので、RCA(ピン)+XLR(キャノン)(オーダー品)のベルデンのケーブルでミキサーに接続しています。

ターンテーブルとフォノエコライザーは、RCA(ピン)+RCA(ピン)のベルデンのケーブル(オーダー品)で、フォノイコライザーとミキサーはRCA(ピン)+フォンのベルデンのケーブル(オーダー品)で接続しています。

このシステムで、ベルデンのケーブルをオーダーしてまでもこだわる理由は、ベルデンの全く“色がつかない性質”が欲しかったからです。 ヤマハやデノンという日本のメーカーを音の入り口として、JBLというアメリカのメーカーを音の出口としてバランスよく融合させるには、アメリカのベルデンのケーブルが必要だと思ったからです。

※ケーブルをオーダーしない場合は、様々なプラグの種類があるので、カナレの製品がオススメです。(メーカーごとのケーブルの特性の違いについては後日、詳しく書きます。)

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

As for needles, I use a Japanese-made Audio-Technica AT33EV for listening to instrumental jazz, and a American-made Shure M44G for R&B and jazz vocals.

When I listen to music at night, I use AKG K271MKII headphones, which have a flat sound profile. And here too, I’ve replaced the original cable with a custom ordered Belden one.

The mixer is a key part of the setup, because it allows me to tweak the sound coming from the CD player or turntable using the EQ (equalizer = a tool for adjusting the balance of—equalizing—different frequencies) and balance out what gets sent to the speakers.

If you’re interested in getting together a sound system like the one I’ve described today, you’ll need to buy the components from both home appliance stores and professional audio equipment retailers. The parts in between—the cables and plugs—are no less important, and will require meticulous care.

But if you’re willing to go through the trouble to piece this system together, you’ll be able to enjoy quality sound at a decent price tag.

And if you take the time to figure out how to make the most of the EQ on the mixer, you’ll be able to find the sound that is, well, music to your ears.

レコード針についても、インストゥルメンタルのジャズを聴くときは、日本製のオーディオ・テクニカの「AT33EV」を使い、R&Bやジャズ・ヴォーカルを聴くときは、アメリカ製の『シュア』の「M44G」を使っています。

夜間は、『AKG』の「K271MKⅡ」という、フラットな音の出るヘッドフォンを使用しています。ヘッドフォンのケーブルは、やはりベルデン(オーダー品)のものと交換しています。

ミキサーを経由することで、CDとレコードの微妙な音の違いをEQ(高音とか低音を調整する)をいじることで、スピーカーに送られる音のバランスをとることができるメリットもあります。

今日、ご紹介したシステムを入手するためには、家電販売店とプロ用機材販売店の両方から購入しなくてはならず、また、機材をつなぐケーブルのプラグについても細心の注意が必要となります。

それでも頑張って、システムを構築してくだされば、かなりのクオリティのサウンドをそれなりの支出で楽しむことができるようになります。 ミキサーのEQなども工夫すれば、より好みのサウンドも見つけることができるでしょう。

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入



Whenever he hears jazz music flowing out about town or as the soundtrack to a TV show, BigBrother has the uncanny ability to identify the musicians—who’s on bass, who’s on drums, etc.

He tells me that back in the 70s and 80s, when jazz was huge in Japan, people at jazz kissas (jazz cafes) and in college jazz appreciation clubs were playing a never-ending game of trying to identify the musicians on recordings.

Personally, I’m interested in jazz bass, and since I’ve started regularly listening to albums released by jazz bassists as bandleader, I’ve learned to distinguish between Ron Carter, Jaco Pastorius, and Marcus Miller. That’s no accomplishment, but it’s a first step.

BigBrotherは、街やTVのBGMでジャズが流れていくると、すぐにベースは、誰で、ドラムスは、誰だとかを言い当てる特技を持っています。

かつて、ジャズが大人気であった70〜80年代の「ジャズ喫茶」や「大学のジャズ研究会」では、こうしたプレイヤー当てゲームが常時行われていたそうです。

僕は、ジャズ・ベースに興味があるので、ジャズ・ベーシストのリーダーアルバムをよく聴くようにしているうちに、ロン・カーター、ジャコ・パストリアスそれに、マーカス・ミラーの違いだけは、わかるようになってきました。ジャズに詳しい人からすると大したことではないので、まだまだです。


Copyright RendezVous