2018/10/08  #005
The Allure of Select Shops
②Popular Select Shops Around Shibuya and Harajuku
セレクトショップの魅力 ②渋谷・原宿エリアの人気のセレクトショップ

In part one, I covered Ships, Beams, and United Arrows, Japan’s three major “select shops”.

In part two I’ll be going over a number of popular select shops that have locations in Shibuya and Harajuku.

With the current resurgence of “Ametora” (American traditional style) and “Amekaji” (American casual style) trends, these shops—each of which puts forth a distinct take on style–are ones to watch, perhaps more than ever.

前回は、シップス、ビームス、ユナイテッドアローズと言う、3大セレクトショップを紹介しました。

今回は、渋谷・原宿エリアに店舗のある人気のセレクトショップについて特集します。

“アメトラ”“アメカジ”の再人気を受け、各セレクト・ショップは、独自のスタイルを提案しており、今後も注目せずにはいられないお店ばかりです。


■BAYCREW'S

The Shibuya and Harajuku neighborhoods are home to a multitude of select shops beyond the major three (Beams, United Arrows, Ships).

They run the gamut of size and scale, from bigger names with locations nationwide that are run by major corporations, to others that are essentially run by visionaries with an importing business.

Among them, Baycrew’s is a company to watch. It operates two famous select shops—Edifice and Journal Standard—along with a range of other businesses, from furniture and zakka sellers like Acme Furniture and Journal Standard Furniture, to dining establishments.

As someone who frequently eats out in Shibuya and Harajuku, Baycrew’s eateries, namely J.S. Burgers Cafe, J.S. Curry, and Cityshop, are essential parts of my diet.

■ベイクルーズ・グループ

渋谷、原宿エリアには、3大セレクト・ショップ(「ビームス」、「ユナイテッド・アローズ」、「シップス」)以外にも数多くのセレクト・ショップが存在します。

全国展開をする大企業によるものから、個人輸入に近いレベルのものまで実に多くのセレクト・ショップがあります。

その中でも注目すべき企業体として「ベイクルーズ」があります。『エディフィス』と『ジャーナル・スタンダード』という2つの有名なセレクト・ショップを運営するだけではなく、“家具・雑貨”を扱う『アクメ・ファニチャー』『ジャーナル・スタンダード・ファニチャー』や飲食関連の事業も行っています。

ベイクルーズの運営する、『J.S. BURGERS CAFE』『J.S. CURRY』などは、渋谷・原宿エリアで飲食のすることの多い僕にとっては必需品とも言えます。


●BAYCREW'S
Baycrew’s offers a complete lifestyle vision, operating a range of businesses centered on apparel, including restaurants, interior design, and fitness.

In September 2018 it celebrated its 40th anniversary by unveiling limited-edition collaboration products through its many brands, which are available at the brick-and-mortar locations as well as online.

●ベイクルーズ
アパレルを軸に飲食、インテリア、フィットネスなど、様々なビジネスを展開する、ライフスタイル全般を提案する企業体です。

2018年9月には創立40周年を迎え、各ブランドが店頭でもオンラインショップでも、様々なコラボ・アイテムや限定品を発表しています。


●EDIFICE

Photo : ©RendezVous

Edifice is select shop that first opened its doors in Shibuya in 1994. It sells menswear with a French traditional/chic aesthetic. The styles are aimed at adults, but the prices are mercifully reasonable.

Perhaps the average French male is slimmer than I am, because most of the clothes here don’t quite fit my frame. Nevertheless, as the offerings range from dress for special occasions to daily casualwear, I’ll swing by at the turn of the season to get a glimpse at what trends are “in” for the coming months. You’ll get the sense that French men have the ability to dress up without coming off as stiff, and keep and casual while still giving off a refined air.

On September 14th, Edifice reopened its Shibuya store as & Edifice Shibuya, which is brings together three distinct brands under one roof: Edifice Tokyo, selling imported clothing, Paris Saint-Germain Store Tokyo, the soccer club’s first official Japanese outpost, and Pulp, dealing in domestic designer fashion brands.

●エディフィス
フレンチ・トラッド、フレンチ・シックを追求したメンズウェアを取り揃えるエディフィスは、1994年に1号店が渋谷にオープンしたセレクト・ショップです。大人の男性向けでありながらも、商品はとてもリーズナブルな価格設定です。

フランスの男性は細身なのか、僕の体型に合うフィットはなかなかないのですが、おしゃれなドレスアップから普段のカジュアルウェアまでを提案しているので、季節が変わる頃に、訪れると次のシーズンのトレンドがよく分かり、とても参考になります。フランスの男性は、ドレッシーでありながらも堅苦しくない、カジュアルでありながらも洗練されている、そんなファッションの着こなしを得意としていることがよく分かります。

つい先日、2018年9月14日にエディフィス渋谷店は『アンド・エディフィス渋谷店』としてリニューアル・オープンしました。コンセプトとしては、輸入品を取り扱う『エディフィス・トウキョウ』、サッカークラブ『パリ・サンジェルマン』の日本初の公式店となる『パリ・サンジェルマン・ストア東京』、国内外のデザイナーズ・ブランドを扱う『パルプ』の3つのブランドが一体となっています。

<SHOP INFO>
EDIFICE
アンド・エディフィス渋谷店
3-23-3 Jingu-mae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-23-3
TEL : +81- (0)3-3400-2931
Open 営業時間 :11:30-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://edifice.baycrews.co.jp/


●JOURNAL STANDARD

Photo : ©RendezVous

Journal Standard has been selling Amekaji–centric fashions like western shirts, denim, and military style clothing since 1997.

The name comes from the idea of being a “journal”—a newspaper dealing with up-to-date news and trends—that also offers “standards”, that is, classics. You’ll find women’s and men’s casual basics with just the right touch of current trends. Compared to the more urban Edifice, Journal Standard has a more natural, rustic aesthetic.

The brand also has a separate line of clothing at a lower price point called Journal Standard Relume. Relume means “to rekindle”, perhaps a nod to the power a becoming wardrobe has to kick-start the wearer’s engines.

●ジャーナル・スタンダード
ウエスタン・シャツやデニム、ミリタリー・アイテムなどの“アメ・カジ”をベースとした『ジャーナル・スタンダード』は、1997年にオープンしたセレクト・ショップです。

最新の情報やトレンドを扱う「ジャーナル」(新聞)と定番を意味する「スタンダード」という言葉を組み合わせた名前の通り、レディースとメンズのベーシックなカジュアルウェアに程よく流行が取り込まれた商品が揃っています。テイストは、都会的な『エディフィス』と比べ、よりナチュラルなイメージです。

『ジャーナルスタンダード レリューム』という、より求めやすい価格帯の別ラインも展開しています。Relumeとは英語で「再燃」という意味なのですが、身体に合った洋服をまとった時に、やる気が湧いてくるようにイメージを連想させます。

<SHOP INFO>
JOURNAL STANDARD JINNAN STORE
神南坂 ジャーナル・スタンダード
1F/B1F B1-4F 1-18-2 Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo 150-0041
〒150-0041 東京都東京都渋谷区神南1-18-2 1F/B1F
TEL : +81- (0)3-5457-0700
Open 営業時間 :11:30-20:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://journal-standard.jp/mens/


●ACME Furniture

Photo : ©RendezVous

This furniture store meticulously repairs and sells midcentury (meaning designed roughly between the 1940s and 60s) vintage furniture collected from the West Coast of the U.S.

The brand also sells series of original pieces inspired by American vintage furniture.

On the ground floor of the Shibuya store you’ll find zakka and plants, and on the second floor, furniture. The atmosphere is warm and inviting, brought to life with the nostalgic tone of vintage furniture, aged wood, broken-in leather, and weathered metal sporting chipped paint.

For the American like myself, the storage boxes proudly displaying the U-HAUL logo are a sight for sore eyes.

●アクメ・ファニチャー
アメリカ西海岸から集められたミッドセンチュリー(1940年代〜1960年代にデザインされた)のヴィンテージ家具を念入りに修復して販売しているファニチャー・ストアです。

アメリカのヴィンテージ家具にアイデアを得た、オリジナルの家具も展開しています。

渋谷店は1Fが雑貨と植物、2Fが家具中心となっています。店内にはヴィンテージュ家具の懐かしい色合い、年季を感じるウッド、使い込まれたレザー、塗料が少し剥がれた金属が温もりのある空間を作りだしています。

アメリカ人なら誰でも知っている『U-HAUL』のロゴが付いた収納箱も僕には懐かしい感じがします。

<SHOP INFO>
ACME Furniture Shibuya Store
アクメ・ファニチャー 渋谷店
G Bldg.Shibuya01 1F/2F 1-20-13 Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo 150-0041
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-13 Gビル渋谷01 1F・2F
TEL : +81- (0)3-5728-5355
Open 営業時間 :11:00-20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://acme.co.jp/


●Journal Standard Furniture

Photo : ©RendezVous

Whereas Acme Furniture deals in American vintage, Journal Standard Furniture sells original furniture inspired by Scandinavian vintage along with select used furniture collected from across Europe.

The Shibuya store sits across the street from the Shibuya Cast, a multipurpose complex that also houses Baycrew’s Group’s main offices. You’ll find it along Meiji-dori, right near the southern entrance of Cat Street.

As the interior design concept put forth by Journal Standard, the store showcases a well-balanced mix of classics, vintage pieces characteristic of the era in which they were made, and pieces that reflect the trends.

●ジャーナルスタンダード・ファニチャー
『アクメ・ファニチャー』ではアメリカン・ヴィンテージを取り扱っているのに対して、『ジャーナルスタンダード・ファニチャー』では北欧ヴィンテージからインスピレーションを得たオリジナル家具や、ヨーロッパ各地からセレクトしたユーズド家具を販売しています。

渋谷店はベイクルーズ・グループの本社がある渋谷キャストの向かい側、明治通り沿いのキャット・ストリート(南側)の入口のところにあります。

『ジャーナルスタンダード』が展開するインテリア・ショップだけあって、店内にはスタンダートなアイテムと時代時代の特徴を捉えたヴィンテージのアイテムに、トレンドを捉えたアイテムがバランスよくミックスされています。

<SHOP INFO>
Journal Standard Furniture
ジャーナルスタンダード・ファニチャー
1F・B1F 6-19-13 Jingu-mae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-13 1・B1F
TEL : +81- (0)3-6419-1350
Open 営業時間 :11:00-20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 年中無休
http://js-furniture.jp/


●J.S. BURGERS CAFE

Photo : ©RendezVous
This gourmet burger chain offshoot of the Journal Standard brand serves up all-American atmosphere and food.

The burgers are all delicious, made with homemade, whole-grain buns and 100% beef patties, but I especially recommend the J.S. Burger, topped with avocado and melted cheddar cheese, or the Hickory Smoked Burger, topped with aged bacon and smoked cheese. Combos come with crispy fries that’ll have you hooked.

Also on the menu is a good selection of sandwiches and hotdogs. On weekdays lunch comes with salad bar and drink, perfect for a salad lover like myself.

●J.S. BURGERS CAFE
『ジャーナルスタンダード』のブランド名で展開する、今流行りのグルメ・バーガー店です。空間も味も、本格的にアメリカンです。

自家製の全粒粉バンズと100%ビーフのパティで作るハンバーガーはどれも美味しいですが、個人的には、アボカドとトロッとしたチェダーチーズが乗った『J.S.バーガー』、熟成ベーコンとスモークチーズが乗った『ヒッコリースモークバーガー』がイチオシです。セットとして付いてくるカリッと揚げられたフレンチ・フライもとてもヤミツキになる美味しさです。

他にもサンドウィッチやホットドッグの種類も豊富です。また、平日のランチにはサラダバーとドリンクもつくので、サラダ付きな僕としてはとてもありがたいです。

<SHOP INFO>
J.S. BURGERS CAFE Shibuya Store
J.S. BURGERS カフェ 渋谷店
G Bldg.Shibuya01 2F 1-20-13 Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo 150-0041
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-13 Gビル渋谷01 2F
TEL : +81- (0)3-6415-2017
Open 営業時間 :11:00-22:30 (Last Call / ラスト・オーダー22:00)
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://burgers.journal-standard.jp/


●J.S. CURRY

Photo : ©RendezVous
J.S. Curry’s Shibuya Bunkamura-dori location is a specialty curry stand carrying on the basic flavor cultivated by its predecessor Jinnan Curry, while also building upon it to cook up a variety of seasonal curries. For the more classically minded, the menu also lists standards such as butter chicken and pork cutlet. The flavor profile is full of spices.

Take-out is available, and the curry buns—which are filled with special curry roux made with generous amounts of onions—are to die for.

There’s also a Shibuya Miyamasuzaka location, as well as a J.S. Curry food truck that sets up shop regularly in front of Shibuya Cast and in the open space in front of Tennozu First Tower (near Tennozu Isle Station), and occasionally at events around the city. Check out the J.S. Curry Instagram for up-to-date information.

●J.S. カリー

Photo : ©RendezVous
『J.S. CURRY 渋谷文化村通り店』は、前身の『神南カリー』で培われた味をベースに季節によって様々なオリジナルカリーを提供する“スペシャリティ・カリー・スタンド”です。もちろん『バターチキンカリー』『ポークカツレツカリー』などの定番メニューもあります。全体的にスパイスが効いた味が特徴です。

テイクアウトもやっていて、玉ねぎがたっぷり使われた特製ルーが詰まったカリー・パンはたまらない美味しさです。

他にも、『渋谷宮益坂店』を展開しています。また、J.S. CURRYのフードトラックが「渋谷キャスト」と「天王洲ファーストタワー」の前の、みどりの広場に定期的にオープンします、イヴェントなどにも出店することもあるので、詳しくはJ.S. CURRYのインスタグラムをチェックしてください。

<SHOP INFO>
J.S. CURRY Shibuya Bunkamura-dori Store
J.S. カリー 渋谷文化村通り店
1F 2-23-11 Dogen-zaka, Shibuya-ku, Tokyo 150-0043
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-11 1F
TEL : +81- (0)3-5459-5251
Open 営業時間 :11:00-23:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.instagram.com/jscurry.jp/


●CITYSHOP Aoyama Store / Shibuya CAST Store

Photo : ©RendezVous

The term “American cuisine” usually evokes junk food—hamburgers, pizza and the like—but a growing up the staple of American cuisine I always loved was salad.

Cityshop serves up gourmet salads and deli foods, and has the sort of health-conscious vibe you’d expect to find at a deli L.A. or San Francisco. In other words, I feel weirdly comfortable here.

Choose one of two basic options: a custom salad and 2-deli plate, or a 5-deli plate (or order a la carte). Next, choose your deli foods from a regular selection of 10 to 15 dishes including chicken, risotto, and roasted vegetables. Finally, add a piece of gluten-free bread by request and order your drink. The fact that everything is heaped onto a single white plate only reinforces the American-style cafeteria feel.

Cityshop opened a new location this past September inside of Shibuya Cast at the end of Cat Street, as well as a new Cityshop Pizza concept inside of the recently unveiled Shibuya Stream complex. I’m excited to check it out.

●CITYSHOP 青山 / 渋谷 CAST店
アメリカ料理といえばハンバーガーやピザなどのジャンク・フードをイメージしますが、僕は小さい頃から美味しいと思うアメリカ料理は、“サラダ”です。

“グルメサラダ&デリ”をコンセプトとした『CITYSHOP』は、どこか健康指向の高いロスやサンフランシスコにありそうなデリで、とても居心地が良いお店です。

オーダーの仕方は、まずサラダ+デリ2品の『CUSTOM GREEN & 2 DELI PLATE』、デリ5品の『5 DELI PLATE』から選部ことができます(デリは単品での注文も可能です)。次に、チキン、リゾット、ローストされた野菜など、常備されている10〜15種類のデリ・メニューから好きなものを選びます。グルテン・フリーのパンを一枚つけてもらうこともできます。1枚の皿に全てを盛り付けるのも、アメリカン・スタイルです。

9月の初めにはキャット・ストリートの最も渋谷寄りにある「渋谷キャスト」にもお店がオープンします。先日開業した「渋谷ストリーム」にも『CITYSHOP PIZZA』がオープンしたので、是非一度行ってみたいと思います。

<SHOP INFO>
CITYSHOP Aoyama Store
CITYSHOP 青山
1F 2-23-11 Dogen-zaka, Minato-ku, Tokyo 107-0062
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41
TEL : +81- (0)3-5778-3912
Open 営業時間 :11:00-21:30 (Last call /L.O 21:00)
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://cityshop.tokyo/

<SHOP INFO>
CITYSHOP Shibuya CAST Store
CITYSHOP 渋谷CAST
Shibuya CAST GF-1F 1-23-21 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0002
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-21 渋谷CAST GF- 1F
TEL : +81- (0)3-6696-2332
Open 営業時間
SALAD & DELICATESSEN 9:00 - 21:30 (Last Call / L.O. 21:00)
1F FASHION & CULTURE 11:00 - 20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://cityshop.tokyo/


■nano・universe


Photo : ©RendezVous

This select shop offering the latest and hippest takes on trends opened its doors in Shibuya in 1999.

The selection of clothes is centered on refined casual European style, collected chiefly from the U.K., France, and Italy. Dressing to impress is the aesthetic here, with menswear and womenswear as well as watches, wallets, and other accessories. The clientele is mostly university students and early twenty-somethings.

The word nano means “extremely small”, and so it’s no surprise that entering the Nano Universe Tokyo Store in Jinnan is like walking into a small, self-contained fashion universe. There are plenty of collaboration products on offer, each with that distinct Nano Universe take on high fashion.

■ナノ・ユニバース

1999年に渋谷で創立されたモード系のセレクト・ショップ。

セレクションはイギリス、フランス、イタリアから集められた洗練されたヨーロピアン・カジュアル・スタイルが中心となります。オシャレを意識したメンズとレディーズの洋服を中心に、腕時計、財布、アクセサリーなどを取り扱っています。客層は大学生や20歳代前半が中心となっているイメージです。

英語では「ナノ」(nano)は「極小」を意味し、「ユニバース」(universe)は「宇宙」ですが、神南にある『ナノ・ユニバース東京店』はひとつのファッションの小宇宙に迷い込んだ雰囲気になります。ダブルネームの商品も多く、どの商品もナノ・ユニバース独特のモード感が出ています。

<SHOP INFO>
nano・universe Tokyo Store
ナノ・ユニバース 東京店
B1F・1F・2F 1-19-14 Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo 150-0041
〒150-0041東京都渋谷区神南1-19-14 B1F・1F・2F
TEL : +81-(0)3-5456-8172 (Men's Fashion)
Open 営業時間: 11:00-20:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://store.nanouniverse.jp/jp/


■URBAN RESEARCH


Photo : ©RendezVous

This select shop was founded in 1997 as a place to “design your life style”. To that end it is dedicated to researching urban living in various cities and offering selections are centered on casualwear, with everyday wear and dress as well as zakka (lifestyle sundries) from around the world.

The target clientele is mostly in their late 20s or early 30s. Although the brand introduces elements of the latest trends into their selections, the style on display is relaxed and low-key. The products all offer good value for money, sure to make a trusty companion amid the hustle and bustle of urban life.

■アーバンリサーチ

1997年に創立されたセレクト・ショップ。「DESIGN YOUR LIFE STYLE」をテーマに、様々な都市をリサーチ (URBAN RESEARCH) し、カジュアルテイストをベースに世界中からデイリーウェアやドレス、ライフスタイル雑貨までをセレクトしています。

客層は20歳代後半〜30歳代前半をターゲットとしています。最新の流行を取り入れながらも、大人らしいリラックスしたスタイルを提案しています。どの商品もコスト・パフォーマンスが高く、慌ただしい都会のライフスタイルの中で強い味方になってくれます。

<SHOP INFO>
URBAN RESEARCH Jinnan Store
アーバンリサーチ 神南店
1-14-5 Jingumae,Shibuya-ku, Tokyo 150-0041
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-14-5
TEL : +81-(0)3-6455-1971
Open 営業時間 11:00-20:30 / 3F 12:00-20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
http://www.urban-research.com/


■FREAK'S STORE


Photo : ©RendezVous

This select shop offers a distinct take on amekaji fashion. Fitting, as I’m assuming the name refers not just to a love of clothes, but to a certain sense of style.

That being said, you won’t find much of the hard, rough-around-the-edges kind of American casual style here. The offerings are straightforward enough to mix and match, just right for a university student or early twenty-something looking to take their first foray into amekaji. There are also plenty of items made in collaboration with other casualwear brands, all functional and made to last.

■フリークス・ストア

“アメ・カジ”をベースに独自の世界観を展開するセレクト・ショップ。その名も「フリークス」なので納得です。(freakには「洋服好き」という意味だけでなく「奇抜な人」という意味もあると思われます。)

かといってハードな“アメ・カジ”というイメージではなく、合わせやすいカジュアル・ウェアを中心に取り扱っているので、大学生や20歳代前半の方にとっては入門用にとても“イイ感じ”です。様々なカジュアル・ウェア・ブランドとのコラボレーションもあり、どの商品も機能的で長く使えるのもプラスです。

<SHOP INFO>
FREAK'S STORE Shibuya Store
フリークス・ストア 渋谷店
1-13-1 Jingumae,Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-13-1
TEL : +81-(0)3-6415-7728
Open 営業時間 Weekday 11:00-20:00 / Sat., Sun. & holidays 11:00-20:30
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
https://www.freaksstore.com/




One street over from Shibuya’s Koen-dori (koen means park, and the street leads up to Yoyogi Park), along what is colloquially known as “Petit Koen-dori” and near Kitadani Park, lies a select shop neighborhood of sorts that BigBrother and I will visit on almost a weekly basis to stay up-to-date with the trends.

Specifically we always make sure to check out Beams, Pilgrim Surf+Supply, United Arrows, Beauty & Youth, Nano Universe, Ships, Journal Standard, Schott, The Backdrop, Dulton (furniture and sundries), Noce (also furniture and sundries), and Freak’s Store.

We’ll also make our way over to Mortar, Regal, and Clarks along Fire-dori.

Along the way, BigBrother makes sure to swing by the vintage guitar shop Nancy, pro audio store Rock On to check out newly arrived instruments and gear.

Inevitably, BigBrother brings up memories of the Charlie House’s ramen, as well as the zakka store Garakuta Boeki.

BigBrother says he’ll never forget the pakomen (spare rib ramen) served up at Charlie House, which operated near Kitadani Park until 2007.

And he cherishes his memories of Garakuta Boeki, which closed its Koen-dori location in 2008. (The Ueno location is still alive and well.) He loves to reminisce about the sound of the imported cassette tapes he’d obtain there, another unforgettable part of adolescence.

He talks about how in high school, he and a friend had custom-ordered baseball jackets made at The Backdrop—which back then was located along the so-called Yellow-dori. He gleefully recounts how the pair would wear those jackets and go on double dates to Charlie House and Garakuta


Photo : ©RendezVous

渋谷の公園通りから1本入った通称“プチ公園通り”“北谷公園”周辺にあるセレクトショップ街には、僕とBigBrotherは、毎週のようにトレンドをチェックしに行きます。

必ずチェックするのは、『ビームス』、『ピルグリム・サーフ+サプライ』、「ユナイテッド・アローズ」の『ビューティー&ユース』、『ナノ・ユニバース』、『SHIPS』、『ジャーナル・スタンダード』、『Schott』、『バックドロップ』、『ダルトン』(家具・雑貨)、『NOCE』(家具・雑貨)、『フリークス・ストア』です。

ファイヤー通りの『モータル』、『リーガル』、『クラークス』にも足を伸ばします。

BigBrotherは、その間にビンテージ・ギター・ショップの『ナンシー』、プロ・オーディオの店『ROCK ON』にも必ず立ち寄り、新しく入荷した楽器などのチェックを怠りません。

このエリアに行くと、必ず話題になるのが『チャーリー・ハウス』のラーメンと『ガラクタ貿易』のことです。 北谷公園の近くに2007年まで、『チャーリー・ハウス』の“排骨湯麺(パーコーメン)”は、BigBrotherにとって今なお忘れられない味だったとのこと。

また、現在でも上野にはある「ガラクタ貿易」の『公園通店』(2008年閉店)も思い出の店だったとのこと。アメリカから取り寄せていたFMのカセットテープの音は、今も忘れられない思い出だそうです。

かつては通称“イエロー通り”にあった、『バックドロップ』で高校の仲間とオーダーメイドしたスタジアム・ジャンパーを着込んで、この2つの店をダブル・デートしたときのことを楽しそうに話してくれます。