2018/10/01  #003
What is “Ametora”?
アメ・トラって何?

Ametora is the Japanese contraction for “American tradition style” or “American Trad”. In contrast, amekaji is short for “American casual”. The odd abbreviations Japan comes up with are always a wonder to me.

Ametora refers to Ivy League fashion that draws from igirisu style traditions (igirisu is a transliteration of the Portuguese word for England, inglez; however, it refers to the UK as a whole. Incidentally, the kanji for igirisu is英吉利, which is shortened to英国, and the kanji for amerika is亜米利加, which is shortened to 米国.) Ivy in this context refers to the style of dress said to have originated in the Ivy League—a collegiate sports league comprised of 8 private universities on the East coast (namely Harvard, Yale, Brown, Columbia, Penn, Princeton, Dartmouth, and Cornell).

Iconic style staples include navy blazers with gold buttons, button-down oxford shirts, regimental neckties, chinos, and loafers.

The Ivy League look took off in Japan in the 1960s, when Ishizu Kensuke opened up a Van Jacket store in Tokyo’s glitzy Ginza district.

Brooks Brothers, which celebrates its bicentennial in 2018, is a particularly famous ametora brand. Also very popular is Polo Ralph Lauren, which was created by a former Brooks Brothers salesman named Ralph Lauren.

The Omotesando/Aoyama area is where you’ll find the Brooks Brothers and Polo Ralph Lauren flagships, as well as street-level stores for other ametora standard-bearers like Paul Stuart and Tommy Hilfiger.

Also of note is the century-plus old J. Press, which is owned by major Japanese apparel company Onward Kashiyama and has many branches in department stores across the country.

“アメ・トラ”とはアメリカン・トラディショナル・スタイルあるいは、アメリカン・トラッドの日本式の略称です。“アメ・カジ”は、アメリカン・カジュアルの略称です。日本は、不思議な略称を作るものだなあといつも感じています。

さて、“アメ・トラ”は、イギリス(これもポルトガル語のinglez[イングレス]が語源で、連合王国全体を指す言葉です。英国という表記は「“英”吉利」国、米国は「亜“米”利加」国の略称)のトラッドの流れをくむ、“アイビー・ファッション”のことです。このアイビーとは、アメリカの東部の私立大学8校(ハーバード大学、イェール大学、ブラウン大学、コロンビア大学、ペンシルベニア大学、プリンストン大学、ダートマス大学、コーネル大学)で構成されるカレッジ・スポーツ連盟(アイビー・リーグ)から由来しています。

金ボタン付きの紺のブレザー、オックスフォード地のボタン・ダウン、レジメンタルのネクタイ、チノパン、ローファー・シューズを基本スタイルとしています。

日本では、1960年代に石津謙介が東京・銀座にヴァンヂャケットを出店して、アイビールックは、大人気を博します。

2018年に創業200年を迎える『ブルックス・ブラザーズ』が、アメリカにおける“アメ・トラ”の代表的なブランドです。ブルックス・ブラザーズのセールスマンから独立したラルフ・ローレン氏の率いる『ポロ・ラルフローレン』もとても人気があります。

表参道/青山地区には、ブルックス・ブラザーズとポロ・ラルフローレンのフラッグシップ・ショップがある他、『ポール・スチュアート』、『トミー・ヒルフィガー』といった“アメ・トラ”の名店の路面店もあります。

また、創業100年以上の歴史を持つ『J・プレス』も日本のアパレル大手のオンワード樫山が多くの百貨店などに出店しています。

■Brooks Brothers Aoyama Flagship 

Brooks Brothers, known for its iconic Golden Fleece mascot—a sheep suspended in a ribbon—celebrates its 200th birthday in 2018. The brand is synonymous with classic American fashion.

The brand’s history of outfitting U.S. presidents—perhaps most famously, Abraham Lincoln and John F. Kennedy, who regularly wore Brooks Brothers suits—has become the stuff of fashion lore. It fact, it is said that 40 out of 44 presidents donned Brooks Brothers attire of some kind.

It is also known for introducing the button-down shirt—which has since become a menswear staple—and for bringing the UK’s regimental stripe ties to America (UK rep tie stripes are angled left to right, while Brooks Brothers reversed the direction and made theirs right to left).

Brooks Brothers also popularized—and legitimized—the classic No. 1 Sack Suit, which is characterized by a three-button blazer featuring natural shoulders and rolled lapels.

The brand truly established the foundations of classic American fashion.

To a Californian like me who spent most days of the year in a t-shirt and shorts or jeans, American Trad—in other words, Brooks Brothers and its ilk—is emblematic of the East Coast, not quite a world away, but a distant sartorial school that also represented attire to aspire to.

For students at West Coast schools like Stanford—located near where I grew up in Silicon Valley—and my own alma mater UCLA, East Coast schools such as Harvard, Brown, Columbia, Princeton and the like have a pretentious, self-congratulatory air—but of course, that sentiment often masks envy.

At the same time, the director and noted New Yorker Woody Allen clearly doesn’t have a particularly high opinion of Hollywood films. To this day, when I encounter East Coast expats in Tokyo, I’m often told my Californian accent gives me away. “Kazoo, you speak with a Californian accent,” they’ll say, as if the Golden State was a country unto itself. (Just between you and me, part of me is relieved that even after 10+ years in Japan, my Californian accent has stuck with me.)

In any case, when I came to Japan on a study abroad program to Sophia University, I managed to muster the courage to walk into the Brooks Brothers flagship along Aoyama-dori for the first time. No joke, my heart was aflutter.

There is a dignified air to the place that makes it deceptively inaccessible, but upon entering, the friendly staff welcomed me with smiles—and thankfully, my Japanese revealed nothing of my West Coast origins.

To my delight, the store had plenty to offer, even for someone of my size (I’m average by American standards). You can find the brand’s full lineup of products, including their women’s and children’s collections.

I buy Red Fleece for casual occasions, and Golden Fleece for business occasions.

It goes without saying that their button-down shirts and polos are popular wardrobe staples, but I also recommend the pajamas, boxers, and t-shirt three-packs.

■ブルックス・ブラザーズ 青山本店

『ブルックス・ブラザーズ』は、2018年で創業200年を迎える、“ゴールデン・フリース”と呼ばれる羊のマスコットで有名な、アメリカ・トラディショナル・ファッションの中心的なブランドです。

リンカーンやJ.F.K.がブルックス・ブラザーズのスーツを愛用していたことなど、米国大統領とブルックス・ブラザーズの長い縁は、とてもよく知られたことです。その他、歴代大統領44名のうち39人がブルックス・ブラザーズの何らかの商品を身につけたと言われています。

今では、一般化したボタン・ダウンと呼ばれるシャツのスタイルを生み出したほか、イギリス発祥のレジメンタル・タイをアメリカに定着させたことでも知られています。(正面から見て“左下がり”のイギリス式のラインの流れを、反対向きの“右下がり”に変更しました)

ナチュラル・ショルダーの段返り三つボタンの「No.1“サック”スーツ」を流行させたのも(そして正当化させたのも)ブルックス・ブラザーズです。

まさにブルックス・ブラザーズは、アメリカのトラディショナル・ファッションの礎を作ったブランドなのです。

1年中、Tシャツと短パン、もしくは、ジーンズで過ごしているカルフォルニアンにとっては、“アメリカン・トラッド”つまりブルックス・ブラザーズなどのブランドは、東海岸の象徴であり、少し遠い存在であり、同時に憧れの対象でもありました。

ハーバード大学、ブラウン大学、コロンビア大学、プリンストン大学など東海岸の学校は、僕の育ったシリコンバレーにあるスタンフォード大学や僕が卒業したUCLAなど西海岸の学生からすると、どこか気取っていて嫌味な感じがすると同時に羨ましいと思った存在です。

一方で、NY出身の映画監督のウッデイ・アレンは、ハリウッド映画をバカにしていました。今でも東京で東部出身者に会うと、カリフォルニア訛りが明らかのようです。“カズーは、カリフォルニア語を話すんだね”といって、まるで他の国の人のことのように言われることもあります。(ここだけの話、日本に10年以上暮らしている今でも、カリフォルニア訛りが残っていることに安堵する部分もあることも事実です。)

なので、上智大学に留学で日本に来た時に、勇気をどうにか振り絞って初めて青山通りにあるブルックス・ブラザーズのフラッグシップ・ショップに入った時は、とてもドキドキしたものです。

威厳のあるやや入りにくいような店構えですが、一歩入店すると、フレンドリーなスタッフが快く迎えてくれました。ありがたいことに、僕の日本語は、 西海岸生まれであることについて何も物語ません。

嬉しいことに、僕のような大柄な人のサイズまで(アメリカ人としては普通ですが)、品揃えも豊富で、女性向けの商品や子供の服まで、ブルックス・ブラザーズの商品がフルラインナップで揃っています。

僕は、カジュアル用には、「レッド・フリース」を、ビジネス用には、「ゴールド・フリース」というラインを購入しています。

ボタン・ダウンやポロ・シャツといった、定番の人気商品はもちろんのこと、パジャマとボクサー・ショーツ、それに3枚入りのパックTシャツもオススメです。

SHOP INFO
Brooks Brothers Aoyama Flagship
ブルックス・ブラザーズ 青山本店
3-5-6 Kita-Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0061
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-6
TEL : +81 (0)3-3404-4295
Open 営業時間 :11:00~19:30
Closed 定休日 : Irregular 不定休
http://www.brooksbrothers.co.jp/


■Ralph Lauren Omotesando Flagship

Polo Ralph Lauren, which just celebrated its 50th anniversary in 2017, is a brand that epitomizes the American Dream.

It is not only a maker of fashion, but also a purveyor of an outlook on life and lifestyle as a whole.

And it is an active lifestyle inspired by love of sports. Golf, tennis, a countryside retreat with horses—all of these things activities embody the American ideal of success.

That the story of Ralph Lauren himself is quintessentially American perhaps accounts for the brand’s widespread appeal for the American public.

After dropping out of college and serving in the army, Ralph Lauren arrived on the fashion scene as a salesman for Brooks Brothers. He would strike out on his own with his own brand of neckties.

The brand found success after Ralph Lauren designed costumes for the film adaptation of F. Scott Fitzgerald’s The Great Gatsby (1974). Then Woody Allen and Diane Keaton wore several Ralph Lauren items in Annie Hall (1977).

In The Great Gatsby, Robert Redford’s portrayal of Jay Gatsby perfectly captured the essence of the character that had been brought to life in the imagination of so many readers.

Meanwhile in Annie Hall, Woody Allen and Diane Keaton captured the essence of New Yorkers.

Many film critics have recognized that the verisimilitude of these portrayals can be attributed in part to wardrobe pieces provided by Ralph Lauren.

F. Scott Fitzgerald is, incidentally, one of my favorite authors, and I have been a fan of Woody Allen’s films. Through these two films I was strongly drawn to Ralph Lauren’s America.

Ralph Lauren has introduced a range of product lines and labels to date—and continues to do so. In addition to its main line Polo Ralph Lauren, it produces Purple Label and Double RL on the men’s side, and Ralph Lauren Collection and Lauren on the women’s side. It also sells children’s clothing, sleepwear, watches, and more. It even runs a number of dining establishments overseas.

I was also impressed by the Chaps, Polo Sports, and Polo Country product lines/labels as well, although these have all either been discontinued or are no longer part of the brand’s main lineup.

By the time I’m 40, I hope to become the kind of guy who can pull off a Purple Label made-to-order suit. Incidentally, the current global ambassador (and the face of the advertising campaign) for the Purple Label is Akira from the Japan dance-vocal group Exile.

In 2006, Ralph Lauren successfully became the first designer to become the official outfitter for Wimbledon (one of Tennis’ four biggest tournaments—a grand slam—and the one with the longest history and prestige. It is the only grand slam held on grass). In recent years, however, disagreements between Lauren and his handpicked successor as CEO about creative direction led to financial troubles that culminated in the brand’s flagship along Fifth Avenue in New York City being shut down in 2017. It seems the life of the brand is as American as it gets—full of ups and downs.

Buy on amazon
Amazonで購入
Buy on amazon
Amazonで購入

■ラルフ・ローレン 表参道店

2017年に創業50周年を迎えた『ポロ・ラルフ・ローレン』は、アメリカン・ドリームを象徴するブランドです。

このブランドは、単にファッション・メーカーとしてでなく、人生やライフスタイル全般を提供しています。

ラルフ・ローレンが提示するスポーツのあるライフスタイル、中でもゴルフ、テニス、馬のいるカントリーサイドでの余暇、すべてがアメリカの成功者のイメージを具体化しているのです。

ラルフ・ローレンという人物の人生も、とてもアメリカ的であることも、アメリカ人にとって魅力的なのかもしれません。

ラルフ・ローレン氏は、大学を中退し、軍に入隊後、ブルックス・ブラザーズのセールスマンとして、ファッション業界に入り、ネクタイのブランドを起こして独立を果たします。

ラルフ・ローレン氏が注目を浴びたのは、フィッツジェラルドの小説を映画化した『華麗なるギャッツビー』の衣裳を担当したことと、ダイアン・キートンとウッディ・アレンが『アニー・ホール』の中でラルフ・ローレンのアイテムを何点か着たことからです。

「華麗なるギャッツビー」におけるロバート・レッドフォードが演じるジェイ・ギャッツビーは、多くの人が小説を読んで想像していた通りに描かれていました。

「アーニー・ホール」におけるウッディ・アレンとダイアン・キートンの2人のライフ・スタイルは、理想のニューヨーカーを具現化していました。

これは、ラルフ・ローレン氏の衣裳の影響があることは、多くの映画評論家も認めています。

フィッツジェラルドは、僕のお気に入りの作家の一人ですし、ウッディ・アレンも僕のお気に入りの映画監督の一人ですので、この2つの映画を通じて、ラルフ・ローレン氏の“アメリカにとても強い憧れを抱いています。

ラルフ・ローレンは、これまでも、現在も様々ならラインとレーベルを発表してきました。現在は、「ポロ・ラルフ・ローレン」を中心に、メンズでは、「パープル・レーベル」、「ダブル・RL」を、ウィイメンズでは、「ラルフ・ローレン・コレクション」と「ローレン」を展開しています。その他、子供服や寝具、時計などのラインもあります。海外では、レストラン事業なども行っています。

「CHAPS」、「POLO SPORTS」、「POLO COUNTRY」などは、印象深いライン/レーベルでしたが、現在はどれも終了しているか、ブランドの主要ラインからは外れています。

現在、EXILEのAKIRAがアンバサダー(メイン・イメージ・モデル)を務めている「パープル・レーベル」のオーダー・スーツが40歳までには、似合うような男になりたいと思っています。

2006年には、ラルフ・ローレン氏の長年の夢であった「ウィンブルドン」(テニスのグランド・スラムと呼ばれる4大大会の1つ。その中でも、最も歴史も権威もある大会。4大大会で唯一の芝のコートで開催される)のユニフォームを手がけるといった成功がある一方、ここ数年は事業を任せていた経営陣との対立し、2017年には、業績不振によりNYマンハッタンの5番街のフラッグシップ・ショップを閉店したりと、アメリカ人の大好きな波乱万丈な人生を送っています。

<SHOP INFO>
Ralph Lauren Omotesando Flagship
ラルフ・ローレン 表参道店
4-25-15 Jingu-mae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-15
TEL : +81-(0)3-6438-5800
Open 営業時間
11:00-20:00 (Sun to Thu / 日-木曜日) / 11:00-21:00 (Fri &Sat /金、土曜日)
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://www.ralphlauren.co.jp/ja/


■Paul Stewart

Many landmark buildings stand along Omotesando main street, and among them the weathered stonewall facade of Paul Stewart’s Aoyama flagship stands out for all the right reasons.

The stately stonewall gives the entrance a dimly lit feel even during the day, which naturally gives one pause before entering. Enter, however, and you will find yourself in a space with plenty of breathing room. In addition to men’s wear, there is also women’s wear on the first floor, and an area for custom tailoring on the second floor.

The stonewall is apparently what remains of a long stonewall that was originally built along “Omotesando”—the main approach to the shrine—at the same time that Meiji Jingu was being constructed.

The Paul Stewart brand, which comes out of New York, is licensed to Sanyo Shokai for its Japan operations. Sanyo Shokai is a major Japanese apparel manufacturer that has long been associated with Burberry, but its licensing contract ended in 2015, and currently it sells brands like Mackintosh London.

Compared to brands like Brooks Brothers and Ralph Lauren, Paul Stewart may not have name recognition as widespread, but it has a core of long-time adherents.

Its products have all been made with care, and possess a distinct charm that quickly turns the intrigued into the long-time loyalist.

In the personalized made-to-measure corner of the Omotesando store I’ve seen what I’d venture to guess were the doctor-type and lawyer-type—well-to-do folks with an air of elegance—seemingly unfettered by time, placing orders for custom-tailored suits.

I’m curious about their jackets and slacks, so I hope to try them out someday soon.

■ポール・スチュアート

表参道には、数々の象徴的なビルが建っていますが、古そうな石垣がエントランスとなっている『ポール・スチュアート / 青山店』は、その中でも異彩を放っています。

重厚な石垣のため、エントランスが昼間でもやや暗いため、入りにくい雰囲気なのですが、店内は、広々としており、1階には女性ものもあり、2階には、オーダー専用のエリアもあります。

この石垣は、明治神宮が建てられた時に作られた“表参道”のための長い石垣の一部なのだそうです。

ポール・スチュアートは、ニューヨーク発のブランドなのですが、日本では三陽商会がハンドリングしています。三陽商会といえば、『バーバーリー』が有名でしたが、2015年バーバーリーとのライセンス契約が切れ、現在では『マッキントッシュ・ロンドン』などを手がけている日本の大手アパレル・メーカーです。

ポール・スチュアートは、ブルックス・ブラザーズやラルフ・ローレンに比べて、一般的な知名度はありませんが、長いファンが多いブランドです。

商品は、どれも丁寧な仕上がりとなっており、一度ポール・スチュアートにはまってしまうと、長く愛用してしまうような魅力があります。

表参道店のオーダーフロアでは、医師か弁護士とおぼしき品の良いお金持ちがゆっくりとスーツをオーダーしているシーンを見かけました。

ジャケットやスラックスも気になるので、僕も是非一度試してみたいと思っています。

<SHOP INFO>
Paul Stewart
ポール・スチュアート
Jingumae Ota Bldg.5-7-20, Jingumae,Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-20 神宮前太田ビル
TEL : +81-(0)3-3406-8121
Open 営業時間 11:00-20:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://www.paulstuart.jp/


■Tommy Hilfiger

Of all the “ametora” fashion brands, Tommy Hilfiger is perhaps the youngest—both in terms of history and style.

The brand’s Omotesando store is located in Tokyu Plaza Omotesando Harajuku, which sits at Jingumae crossing (where Omotesando main street meets Meiji-dori). From what I can tell, it caters to people in their early twenties—both Japanese and from overseas.

Tommy Hilfiger is part of the ametora tradition, but its aesthetic also incorporates amekaji (American casual) elements. Their sport collection is especially worth checking out.

And this is completely subjective, but it seems to me that the athletic type Tommy Hilfiger has in mind for its sport collection has a lot in common with what many American boys imagine to be the ideal woman.

To be more specific, it feels to me like the Tommy Hilfiger woman is a relatively well-off socialite who was perhaps a cheerleader up until high school and joined the golf club in college.

Having heard that Tommy Hilfiger had started doing tailored suits, I swung by to check it out, but the aesthetic was much too sleek for my body type—apparently it wasn’t meant to be.

■トミー・ヒルフィガー

“アメ・トラ”ファッションの中では、『トミー・ヒルフィガー』は、創業もスタイルも“若い”ブランドと言えます。

(表参道と明治通りが交差する)神宮前の交差点の東急プラザ表参道原宿店に入っている表参道店には、日本人も海外からの観光客も、20歳代前半の層がとてもよく入っています。

トミー・ヒルフィガーは、“アメ・トラ”という流れにありますが、“アメ・カジ”(アメリカン・カジュアル)の要素も取り入れています。トミー・ヒルフィガーは、スポーツ系の商品が魅力的です。

あくまでも僕の個人的なイメージなのですが、トミー・ヒルフィガーがイメージするアスリート系の女の子というのは、アメリカ人男性の理想なのではないでしょうか。

高校生まで“チア”をやり、大学生になったら“ゴルフ部”に入るような少しだけ、お金持ちのお嬢様。

トミー・ヒルフィガーも近年、オーダー・スーツを始めたようなので、チェックしてみたのですが、僕には、スリムすぎるので諦めることにしました。

<SHOP INFO>
Tommy Hilfiger Omotesando Store / トミー・ヒルフィガー 表参道店
Tokyu Plaza Omotesando-Harajuku, 4-30-3
Jungu-mae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-30-3 東急プラザ表参道原宿
TEL : +81-(0)3-6365-1985
Open 営業時間:11:00-21:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / なし
https://japan.tommy.com/


■J Press

J Press is an iconic ametora brand that was founded in 1902 in New Haven, Connecticut.

Here in Japan the brand has been licensed to Onward Kashiyama—which previously also had the rights to Ralph Lauren—and is mostly sold in department stores.

If you ask me—and this is completely subjective—J Press is the most faithful to the ametora tradition.

And that goes not just for brand image, but also clientele—people who wear J Press keep it real.

You can count on them not to do anything unexpected, and you can rely on them to get things done.

And this, again, is completely subjective, but I can’t help but feel that the J Press products you can get your hands on here in Japan are of more well-made than the J Press products you can find in America.

When I think of the J Press brand image, I picture an old man of reputable lineage buying a J Press blazer for his grandson’s grade school enrollment ceremony; I picture that kid growing up and coming back to J Press time and time again for his suits.

I’ve come across J Press in Tokyu Department Store in Shibuya, as well as Isetan and Takashimaya Department Stores in Shinjuku, and there’s always something endearing about the brand that comes across.

■J・プレス

『J・プレス』は、1902年にコネティカット州ニューヘイブンで創業された“アメ・トラ”を代表するブランドです。

日本では、かつてラルフ・ローレンも手がけていたオンワード樫山が百貨店を中心に販売を行っています。

僕の個人的なイメージで言うと、J・プレスというブランドは、最も基本に“忠実”な“アメ・トラ”スタイルを保っているブランドなのではないでしょうか。

ブランド・イメージだけではなく、J・プレスを着ている人は、“忠実”な人のように感じられます。

突飛なことは行わず、きちんと仕事をこなすような。

さらに、個人的な印象なのですが、アメリカで入手出来るJ・プレスの用品よりも、日本で入手出来る製品の方が、“丁寧”な作りになっている気がします。

しっかりとした家柄のお爺さまが、孫に小学校の入学式のためにJ・プレスのブレザーを買ってやり、その子供が大人になってもすっとJ・プレスでスーツを買うような、そんなブランド・イメージを持っています。

僕のよく行く、渋谷の東急百貨店にも新宿伊勢丹にも新宿高島屋にもJ・プレスは、入っているのでいつも気になっています。

<SHOP INFO>
J Press Shinjuku Isetan Store  J・プレス 新宿伊勢丹メンズ館
3-14-1, Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 メンズ館 5階
TEL : +81-(0)3-3226-4393
Open 営業時間 : 10:30 - 20:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://www.jpress.jp/



Big Brother is truly a child of the ametora tradition.

His father, in his youth, was a member of the youth tribe known as Miyuki-zoku (guys and girls in their late teens who were among the first in Japan to adopt the ametora style), and was—in modern parlance—a dokusha model (readers who doubled as amateur fashion models) for Men-Kura (the men’s fashion magazine Men’s Club).

So, unsurprisingly, Big Brother had his button-down shirts purchased at Van Jacket in Isetan Shinjuku’s “new wing” (which later became Isetan Men’s) and his suits tailored at Yamagata-ya in Ginza.

In middle school and high school, he got his button-downs overseas from Ralph Lauren, which had yet to arrive in japan.

For his coming-of-age ceremony when he turned 20, he wore a tweed suit from Brooks Brothers.

In his twenties, he went on a Ralph Lauren bonanza, buying clothes at their stores in Ike-Sei (Seibu Department Store in Ikebukuro), Shibu-Sei (Seibu Department Store in Shibuya), Ralph Lauren Harajuku (located at the time in Harajuku Quest Building, which today sits next to Nike’s flagship and is home to Puma and Laura Ashley stores), Ralph Lauren Ginza (located at the time along the same Ginza 2-chome street as a certain delicious gyoza restaurant), Ala Moana Center in Honolulu, and Vancouver, Canada (the products he bought in Canada have labels sporting both English and French—they read “L/G”). He says all in all he purchased enough to buy a luxury automobile.

In his thirties, his go-tos were Ralph Lauren Purple Label suits and shirts, as well as shirts, trousers, and jackets from the defunct Black Label.

Even today, when we play tennis or golf, he sports a Polo polo and proudly points at the logo on his chest—and laughs to himself.

And without fail, he brings up the same piece of trivia: on Lionel Ritchie’s eponymous debut solo album, he wears a Ralph Lauren summer sweater on the album cover—only the logo in front, intriguingly, has been removed.

Big Brotherは、“アメ・トラ”の申し子といえるかもしれません。

Big Brotherのお父様は、若い頃は“みゆき族”で“メンクラ”(雑誌「メンズ・クラブ」)の今でいう、読者モデルだったそうです。

なので、Big Brotherは子供の頃から、新宿伊勢丹の“新館”でVANのボタン・ダウンを買ってもらっていたそうです。またスーツは、銀座の『山形屋』でオーダーしていたそうです。

中・高校生の頃は、まだ日本未発売だった、ラルフ・ローレンのボタン・ダウンを海外から、入手していたそうです。

20歳の成人式の時には、ブルックス・ブラザーズのツイードのスーツで出席したそうです。

20歳代には、“イケセー”(池袋の西武百貨店)、“シブセー”(渋谷の西武百貨店)、ラルフ・ローレン原宿店(今では、『NIKE』の隣の『プーマ』と『ローラアシュレイ』の入っている原宿クエストビル)や銀座店(銀座2丁目の美味しい餃子屋さんの通りにあった)の路面店やホノルルのアラモアナ・ショッピング・センターのショップで、それにカナダのバンクーバー(カナダは、英語とフランス語が公用語となっているので買った商品のサイズはL/Gと表示されています)で“ラルフ・ローレンの商品”を高級外車1台分ぐらい購入したそうです。

30歳代の時には、ラルフ・ローレンのパープル・レーベルのスーツとシャツそして、今はなきブラック・レーベルのシャツ、パンツ、ジャケットを愛用していたそうです。

今でも、テニスやゴルフの時には、“今日も「POLO」のポロシャツを着ています”と言って胸のロゴを指して笑っています。

そして、次に“『ライオネル・リッチー』のアルバム「ライオネル・リッチー」のジャケット写真のサマーセーターは、ラルフ・ローレンの製品なのに、あえて胸のロゴを解いて撮影したんだ”と、いつもこの同じ話をします。