2018/10/01   #001
Some of My Favorite Stores, According to KAZOO
KAZOOのお気に入りのショップ

For my TV show tapings, I’ve opted to wear a jacket, but in my day-to-day life I mostly wear the kind of clothes that offer more freedom of movement.

Today I’d like to talk about some of my favorite shops.

テレビに出演するときには、基本的にジャケットを着用するようにしていますが、普段は、動きやすい服を着ることが多いです。

今回は、特に気に入っているショップを紹介しています。


■Deus Ex Machina


Photo : Deus Ex Machina / デウス エクス マキナ提供

For a California native, surfing and motorcycles are eternal—the coolest sports of all time.

But it was perhaps Deus Ex Machina, a surf and bike shop on the North Wing of Cat Street, which truly awakened me to the primal appeal of these visceral callings.

As a young teenager, two images in particular had left a deep impression on me: the waves of the North Shore in Hawaii, and the San Francisco Hells Angels. And at Deus Ex Machina’s Harajuku flagship, known as the Residence of Impermanence, it felt as if this latent longing within was bursting into bloom.

Both surfing and motorcycles are pursuits where even a split second of carelessness can lead to major injury, and sometimes even death. For whatever reason, it seems men are driven to chase such ephemeral pursuits of the moment.

As a California native, my bike of choice would be a Harley-Davidson, but looking at Deus’s homepage, custom Japanese bikes—Hondas, Kawasakis, and Yamahas—seem just as intriguing.

You can find their apparel on the second floor, but also check out the great cafe on the first floor. I personally recommend grilled sandwiches—get the barbecue pulled pork (pictured).


Photo : Deus Ex Machina / デウス エクス マキナ提供

■デウス エクス マキナ

サーフィンとバイクというスポーツは、カルフォルニアボーイにとって永遠の憧れの対象です。

でも、本当の意味でそのことに気づかせてくれたのは、東京のキャットストリートのノースウィングにあるこの『デウス エクス マキナ』に出会ってからなのかもしれません。

中学生の頃に観たハワイのノースショアの波と、サンフランシスコのヘルズ・エンジェル、この2つの心の奥に打ち込まれた強いインパクトが、原宿のデウス エクス マキナで開花したのかもしれません。

サーフィンもバイクも一瞬でも気をぬくと大怪我や時には、死んでしまうリスクを伴ったスポーツです。

男というものは、そう言った“刹那的”なものに無意識に惹かれるのでしょう。

バイクについては、カルフォルニアボーイの僕としては、もちろんハーレーダビッドソンが第一候補なのですが、デウスのHP観ていると、ホンダ、カワサキ、ヤマハといった日本製のバイクのカスタム・モデルもとても魅力的に見えています。

デウス エクス マキナは、アパレルだけではなく、カフェも優れていて「バーベキュー・プルド・ポークのグリルドサンドウィッチ」がオススメです。


Photo : Deus Ex Machina / デウス エクス マキナ提供



Photo : Deus Ex Machina / デウス エクス マキナ提供
<SHOP INFO>
Deus Ex Machina Harajuku / デウス エクス マキナ 原宿
3-29-5 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-29-5
TEL : +81-(0)3-5413-3949
Open 営業時間
Cafe - Daily: 9:00-20:00
Bar - Every Thursday & Friday Night: : 19:00-23:00
Retail Shop - Daily : 11:30-20:00
Closed 定休日 : No fixed holidays / 不定休
deuscustoms.com/
Instagram  @deusresidence

For info about music events on Thursdays and Fridays (Japanese only)
音楽、木金 イベントは、こちらをご参照ください。
https://clubberia.com/ja/news/10595-Made-In-Japan-DJ-DEUS-EX-MACHINA/

Starting October, pour over coffee will be available at the B1F bar on Thursdays and Fridays.
10月から毎週木、金 B1F バーカウンターでドリップコーヒーを展開します。


■Patagonia Surf Tokyo / Outlet

So fully intending to take up surfing, I’m now debating whether to get a Deus wetsuit or a Patagonia wetsuit.

The Patagonia store on the North Wing of Cat Street is where you’ll find their surf gear as well as a discount section that is worth checking out—I swing by often just to have a peek at the new additions.

Patagonia stores in Tokyo carry a wide range of sizes, mine included, making the brand one of my favorite places to shop.

Although there was a short period where I stayed away after some rumblings surfaced about certain questionable donations the company had made, I have since gravitated back, and it remains one of the best outdoor clothing and gear makers out there in terms of quality.

I even have a fleece jacket and some other items that I bought in California and have been wearing for over ten years. Their clothes may command a premium price, but when you consider how long you’ll be using each item, it all makes perfect sense.

■パタゴニア・サーフ・トウキョウ / アウトレット

サーフィンを始めるにあたり、ウェットスーツを『デウス』にするか、『パタゴニア』にするか、大いに悩んでいます。

キャットストリートのノースウィングの方のパタゴニアには、サーフィン関連の商品の他に、アウトレットの商品があるので、よくチェックしに行きます。

パタゴニアは、東京のショップでもサイズが豊富で、僕にフィットするサイズもあるので、とてもよく利用しています。

パタゴニアについては、環境団体への寄付問題で一時、遠ざかって時期もあるのですが、パタゴニアのクオリティの高さは、アウトドアメーカーの中でベストなもののひとつです。

実際、カルフォルニアで買ったフリースなどを10年以上着ているアイテムもあります。

少し高めの料金設定ですが、耐用年数を考えれば、リーズナブルとも言えます。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Pagatonia Surf Tokyo / Outlet
パタゴニア サーフ東京 / アウトレット
1F 3-18-24 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-18-24 ジムアベニュー1階
TEL : +81-(0)3-3408-1888
Open 営業時間 11:00-19:00
Closed 定休日 : Year-end and New Year holidays / 年末年始
https://www.patagonia.jp/home/


■Levi's

Since I was a kid I’ve worn denim jeans of all types and all grades, and if there’s one conclusion to draw from my experiences, it’s that you can’t go wrong with Levi’s 501s. Design, quality, price—501s are the ideal balance of everything you’d want in a pair of jeans. Yes, even that darned button fly.

Levi’s stores in Tokyo have a great selection of products and a friendly staff. Conversely, the denim stores I’ve been to in California have always, it seems to me, been manned by people who don’t look happy to be there.

I’ve purchased several pairs of 501s from the Levi’s standalones in Harajuku and Shibuya in the past, but next time I plan on checking out the Shinjuku store—apparently there is Tailor Shop inside where you can customize and personalize your purchases.

■リーバイス

僕も子供の頃から、色々なタイプ、色々なレベルのデニムを履いてきましたが、やはり『リーバイス』の「501」がデザイン、クオリティ、プライスのバランスがベストなのではないかという結論に達しました。あの面倒なボタンを含めて。

東京のリーバイスの直営店は、品揃えもスタッフの対応も良いので、とても気に入っています。

カルフォルニアのデニム・ショップの定員は、どこの店もなぜか皆んな不機嫌そうな顔をしています。

原宿店と渋谷店では、何度か501を購入したのですが、新宿にできた“TAILOR SHOP”では、色々なカスタム加工ができるようなので、こちらも近々利用したいと思っています。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Levi's Store Harajuku / Levi's Store 原宿
6-29-4 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-29-4
TEL : +81-(0)3-3486-0770
Open 営業時間: 11:00-21:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://www.levi.jp/

Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Levi's Store Shibuya / Levi's Store 渋谷
17-2 Udagawa-cho, Shibuya-ku,Tokyo 150-0042
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町17-2
TEL : +81-(0)3-5456-9657
Open 営業時間: 11:00-21:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://www.levi.jp/


■Stüssy

For Californians, Stüssy tees are superior streetwear. Whether you’re a surfer, skateboarder, or into the hip-hop scene, fashion freaks of independent mind, gravitate to this brand.

However, the brand has relatively few standalones and is particular about where its clothes are sold, so items can be hard to obtain. Here in Tokyo, the brand has three outposts within my sphere of activity—Harajuku, Daikanyama, and Shinjuku—and I’m regularly popping in to check out for new arrivals.

For clotheshorses, there’s just something about places like this that are frequently—and if you’re a stranger, perpetually—out of stock. They demand your attention.


Photo : ©RendezVous

■ステューシー

『ステューシー』のTシャツは、カルフォルニアにおいて、一目置かれた存在です。サーファーやスケートボーダー、それにHIP HOP好きの黒人まで、ファッションに一家言あるファッション・フリークにとても人気のあるブランドです。

しかし、アメリカでは直営店舗や取扱店が少なく、入手が困難です。東京には、原宿、代官山、新宿と僕の行動エリアに3店舗もあり、ちょくちょくニューアライバルをチェックします。

すぐに在庫がなくなるといったこういうタイプのお店は、服好きにはまた、たまらないものがあります。

<SHOP INFO>
Stüssy Harajuku / ステューシー原宿
1F/B1F HOUSTON BLDG 4-28-2 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-28-2ヒューストンビル1/B1
TEL : +81-(0)3-3479-6432
Open 営業時間 11:00-20:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://stussy.jp/
<SHOP INFO>
Stüssy Daikanyama / ステューシー代官山
1F Sakuma Bldg. 20-13 Sarugaku-cho, shibuya-ku,Tokyo 150-0033
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町20-13 サクマビル1F

TEL : +81-(0)3-3464-1780
Open 営業時間 11:00-20:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://stussy.jp/
<SHOP INFO>
Stüssy Shinjuku / ステューシー新宿
3-23-5 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022       
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-23-5
TEL : +81-(0)3-3356-1566
Open 営業時間 11:30-21:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://stussy.jp/


■Champion

Champion t-shirts and socks have been (alongside Hanes) staples of my wardrobe since my middle school and high school days growing up in California. The brand is so ubiquitous that you can find their products—which have a familiar, lived-in feel—at sporting goods retailers and supermarkets alike.

Meanwhile, here in Japan, Champion has become, seemingly out of nowhere, all the buzz over the last few years. It’s opened outposts in shopping centers and even on Cat Street, much to my surprise and delight.

Its products are high quality but low priced—a brand that’ll give you plenty of mileage and a lot of bang for your buck.

■チャンピオン

『チャンピオン』のTシャツ、ソックスは、『ヘインズ』と並んで、カルフォルニアにいた中学・高校以来、僕の必需品です。チャンピオン・ブランドは、アメリカでは、スーパーでもスポーツショップにでもどこにでも売っているスタンダードなメーカーで、いい意味で生活感があります。

しかしこの数年、急に日本では、チャンピオンのブームが来ているようで、ショッピングセンターやキャットストリートにも専門店ができ、とても驚いています。

品質が高いのに、値段が安いチャンピオンの商品は、コストパフォーマンスが高く、お買い得なブランドだと思います。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Champion Brand House Shibuya Tokyo
チャンピオン・ブランドハウス・渋谷・東京
GEMS Jingumae 6-19-17 Jingumae, Shibuya-ku,Tokyo 150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-17 GEMS神宮前 B1,1F,2F
TEL : +81-(0)3-5962-7600
Open 営業時間 11:00-20:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
http://www.championusa.jp/
Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Champion Harajuku / チャンピオン 原宿
6-14-6 Jingumae, Shibuyaku, Tokyo   150-0001
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-14-6          

TEL : +81-(0)3-3464-1780
Open 営業時間 11:00-20:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
http://www.championusa.jp/


■Gregory

In my mind, Gregory is the undisputed king of backpacks. And not just backpacks—their products across the board are highly functional and durable, well designed and practical. If you haven’t already, do yourself a favor and try them out.

In terms of design, the stylishness of Arc'teryx backpacks is hard to beat; in terms of durability, Patagonia backpacks are indisputably reliable. But when it comes to how secure and comfortable a backpack feels on your shoulders, Gregory is number one.

The standalone in Harajuku along Meiji-dori carries exclusive colors and seasonal items. Required visiting for anyone on this journey called life.

■グレゴリー

『グレゴリー』は、間違いなくバックパックの王様だと思っています。バックパックだけではなく、グレゴリーの商品はどれも、とても使用感と耐久性のクオリティが高く、デザインも実用性があるので是非一度、使ってみることをオススメします。

デザイン性では、アーキテリクスや耐久性ではパタゴニアのバックパックもとてもポイントが高いのですが、使用感は、例えばバックパックを背負った時の安定感などは、グレゴリーがNo.1です。

原宿の明治通り沿いの直営店には、その店だけの別注カラーや季節限定の商品などがあるので、要チェックです。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Gregory Harajuku / グレゴリー原宿
JPR Harajyuku Bldg. 6-17-11 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
〒 150-0001  東京都渋谷区神宮前6-17-11 JPR原宿ビル
TEL : +81-(0)3-6427-5651
Open 営業時間 11:00-20:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
https://www.gregory.jp/


■Timberland

I wear a size 29 cm or 30 cm shoe (it varies by brand and model), so finding shoes to my liking in Tokyo has always been a tedious task.

Back when I was here in Tokyo as a college student studying abroad, I bought my shoes at the kind of stores in Ryogoku and Okachimachi frequented by Sumo wrestlers. Somewhere along my search I realized that Timberland carried my size for many of its models.

Timberland is perhaps best known for its iconic yellow boots—a staple of the hip-hop scene—but it carries a varied lineup of shoes that fit comfortably somewhere along the American casual spectrum.

Give your Timberlands a coating of mink oil or other leather protector on occasion to keep them in good shape—they’ll reward you for it over the long run.

Timberland used to have a standalone along Aoyama-dori, but now I go to the Shinjuku store, which is just a stone’s throw from Isetan Department Store.

■ティンバーランド

僕の足のサイズは、29-30cm(モデルやメーカーによってい異なる)なので、しっくり靴を東京で入手するのには、なかなか苦労します。

上智大学に留学していた頃は、両国や御徒町のお相撲さん向けのお店などで、入手していましたが、色々と探しているうちに、『ティンバーランド』には、僕のサイズがあることが多いことに気がつきました。

ヒップ・ホッパーたちに大人気の「イエロー・ブーツ」だけではなく、ティンバーランドは、アメリカン・カジュアルにフィットする靴がとても多くラインナップされています。

ティンバーランドの靴は、ミンクオイルなどで手入れをすると、よりいい感じになっていくのも楽しみの一つです。

以前は、青山通りに直営店があったのですが、現在は、新宿の伊勢丹のすぐ近くの店に行きます。


Photo : ©RendezVous
<SHOP INFO>
Timberland Shinjuku / ティンバーランド 新宿
Park City Isetan4 1F, B1 3-15-16 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-15-16 パークシティイセタン4・1/B1F
TEL : +81-(0)3-3355-0821
Open 営業時間 10:30-20:00
Closed 定休日 : Irregular 不定休
http://www.timberland.co.jp/



Patagonia first came to Japan about thirty years ago, in the latter half of the 80s. At the time, it was just another purveyor of outdoor clothing and gear with zero brand recognition. But its Tokyo flagship just happened to open in Mejiro, in Big Brother’s neck of the woods, and he tells me that he would often go there for his ski wear and surf wear.

In his estimation Patagonia has always made quality products through and through, becoming a household name thanks to fabrics like Synchilla fleece and Capilene polyester, which he says brought a whole new level of comfort to the slopes.

At the time, the brand had a store in Haleiwa, on the North Shore of Oahu—a more locally-oriented store separate from the one there now. And apparently it offered Synchilla fleece products for surprisingly cheap. (In Hawaii, the land of eternal summer, nobody wears Synchilla.) So he would buy ten or so items and give them out to his friends back in Japan as, believe it or not, souvenirs from Hawaii.

To this day, come winter, Big Brother dons a now 30-year-old fleece he bought on one such Hawaii trip, proudly displaying the old Patagonia logo as a badge of honor. And just the other day he was in great spirits after getting his Patagonia backpack and jacket—both of which he’s been using for 20-plus years—repaired for cheap at the Harajuku store.

日本にパタゴニアが入ってきたのは、今から30年ぐらい前の80年代後半のことで、当時は全く無名のアウトドア・ブランドの1つに過ぎませんでした。

しかし、東京の1号店が当時、Big Brotherの住んでいた目白にできたこともあり、スキー・ウエアやサーフ・ウェアをよく買っていたそうです。

パタゴニアの製品は、本当にクオリティが高く、今やとても有名になった“シンチラ”(フリース)、と“キャプリーン”は、スキーの快適さを驚くほど改善したそうです。

当時、オアフ島のノースショアのハレイワにも、現在のショップとは別のローカル向けのストアがあり、そこでは“シンチラ”が驚くほど安く売られていて(常夏のハワイでは、誰もシンチラは着ない)、10枚ほど買い漁り、友人たちにハワイ土産(?)として配ったそうです。

Big Brotherは今でも、当時買った30年物のフリースを冬になると着ていて、古いパタゴニアのロゴを自慢げに見せつけてきます。

先日、やはり20年以上使っているパタゴニアのバックパックとジャケットを原宿店で、とても安い値段で修理してくれたとことをとても喜んでいました。