TwitterFacebookInstagramYouTubefeed

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

2020/08/17 #038

Booksmart review: A Heartwarming, Generation-Defining High School Movie for Gen Z
映画レヴュー:『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』アメリカ的な青春映画の限界と可能性

KAZOO / G・カズオ・ペニャ

*Scroll to the end of the text for our video language lessons
※動画レッスンは、テキストの最後にあります

Overview / 目次




1. Booksmart is a Future Classic

Of all the stereotypes depicted in typical Hollywood teen movies from the 80s and 90s, none have had more jokes made at their expense than the nerd/geek (*1). Such characters were depicted as academically excellent but socially awkward—or just plain unsociable—preferring to lose themselves in numbers or computer code or a good book rather than be cast adrift at a party or other social get-together. They wore glasses that were comically unfashionable and clothes that were either several sizes too small or too big. They were bullied and belittled. As love interests they were ignored, dismissed, and humiliated, and only ever “got the girl” or “got the guy” after conniving elaborate schemes or undergoing physical makeovers.

*1 Both “nerd” and “geek” can be translated as otaku, but they have slightly different connotations. A geek is a passionate enthusiast and knowledgeable expert, whereas a nerd connotes lack of social skills.

Such stereotypes practically made “book” a four-letter word. Nerd/geek characters, or those that display nerdy or geeky characteristics, are often described as bookworms, bookish, or booksmart. Bookworm was originally a negative term for someone who reads too much, but today it carries more positive connotations, suggesting a person is hungry for knowledge and adventures of the literary variety. Similarly, bookish refers to someone who loves to read or enjoys studying, but it also suggests an over-reliance on knowledge found in books. Then there’s booksmart, a term that is a veiled insult, an admonishment that insinuates a person is academically smart but lacks common sense, full of knowledge attainable from books but without wisdom—or the know-how—to survive the streets.

Booksmart, Olivia Wilde’s (*2) feature-length directorial debut, redefines what it means to be a nerd in a teen movie in the 21st century. Amy (Kaitlyn Dever (*3)) and Molly (Beanie Feldstein (*4), are two nerdy best friends living in L.A. who have dedicated their school lives to academic achievement. They see their relationship to their fun-loving peers as something akin to the fable of “The Ant and the Grasshopper”; they’ve spent their high school years preparing for the future, and believe that their real lives will begin after graduation. When they find out that the classmates they have been condescending to have managed to balance all the fun they were having with academics and sports, and have also gotten into top-tier schools, their entire world is turned upside down. Determined to make up for all the wild times they could have had, they embark on a crosstown quest to make their way to their class’s hottest graduation party—if they can find it.

*2 Olivia Wilde (1984-) is an American actress and filmmaker from New York City.

*3 Kaitlyn Dever (1996-) is an American actress from Phoenix, Arizona.

*4 Beanie Feldstein (1993-) is an American actress and singer from L.A.


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


That all sounds like the recipe for a night full of eccentric characters, awkward encounters, unexpected realizations, and debauchery—and there is certainly plenty of that in Booksmart, which is laugh-out-loud funny from start to finish. But there’s also an abundance of heart, and above all, Wilde’s teen comedy celebrates Amy and Molly’s friendship. The two overachievers share many rituals and inside jokes, such as constantly trying to outdo each other in their effusive praise for their fashion choices, or having a code word that requires the other person to drop everything and show unconditional support, regardless of the reservations they may have. Any friction that does develop between the two of them bubbles up naturally, and stems not from jealousy or mean-spiritedness but from their own insecurities or desire to see the other succeed. In that regard alone Booksmart sets itself apart from other teen movies.

When it comes to teen movies, the story itself is ultimately secondary. There are only so many high school narratives to begin with, and the “high schoolers are suddenly faced with reality as graduation nears” story has been done before. What makes a teen movie a classic—like the John Hughes (*5) movies of the 80s—is the characters. The more the filmmakers truly understand where their characters are coming from, the more successful the film. Booksmart, which is filled with memorable, relatable characters and explores the teenage struggle with fondness and respect, deserves to be placed among the classics.

*5 John Hughes (1950-2009) was an American filmmaker known for his teen movies and comedies.



Booksmart
Arrives in Human Trust Cinema Yurakucho and Shinjuku Musashino-kan on August 21st (Fri) before expanding nationwide
© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
Distribution:Longride

<Official site>
https://longride.jp/booksmart/

1.『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』について

80年代〜90年代のアメリカの学園生活を題材にしたハリウッドの青春映画には、必ずといっていいほど冴えない“nerd”や“geek”(※1)というステレオタイプのキャラクターが登場します。こういうキャラは、学力は高いが社交性に欠けており、パーティーに行くことより自宅でくつろいで読書に没頭したい、根暗な性格の持ち主です。大概メガネをしていたり身の丈に合わない服装を身にまとっています。女の子からは恋愛の対象として見られることはほとんどない、典型的ないじめられっ子なのです。

※1 “nerd”と“geek”はどっちも“オタク”という意味を持つ英語ですが、強いていうならば“ギーク”は卓越した知識がある熱狂的な“エキスパート”というニュアンスがあり、“ナード”は“社交的でない”というイメージがあります。

こういう役柄を説明する時によく使用される表現に、“bookworm”や“bookish”、“booksmart”などがあります。“bookworm”とは日本語と同じ「本の虫」のことを意味する言葉で、昔はネガティヴな表現でした。しかし、現在ではポジティヴな意味で使われることも多くなりました。本来は“bookish”には「読書愛好家」や「勉強好きな」という意味があるものの、「本から得た学識に頼りがちな」というネガティヴなニュアンスが伴う言葉です。そして“booksmart”に至っては「学識はあるが常識がない」「知識に富んでいるが智慧がない」という意味を持つ、遠回しな侮辱的な言葉なのです。

女優オリヴィア・ワイルド(※2)の初長編監督作品『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』は、そんな“ブックスマート”な2人の親友の話です。L.A.に暮らす女子高校生のエイミー(ケイトリン・ディーヴァー(※3))とモリー(ビーニー・フェルドスティーン(※4))は、勉強のためにこれまで学園生活を犠牲にして、勉強に徹してきた自分たちと、遊んでばかりいたように見えた同級生たちの関係をイソップ寓話の「アリとキリギリス」のように捉えています。高校卒業後に控えている一流大学での学生生活こそが、自分たちの輝く時の始まりだと思い込んでいます。しかし、卒業を目前にして、自分たちが見下ろしていた同級生たちもハイ・レヴェルな進路を歩むこととなっていることを知った2人は、学問もスポーツもプライヴェートもバランス良く充実させていた同級生たちが、これからの人生の蓄えをしていた「アリ」で、学問だけに身を投じていた自分たちこそが実は「キリギリス」であることに気付きます。そして卒業前夜にその時間を一気に取り戻すべく、同級生たちが開催している卒業パーティーに出席しようと街に繰り出します。

※2 オリヴィア・ワイルド(1984年〜)は、ニュー・ヨーク出身の俳優、監督です。

※3 ケイトリン・ディーヴァー(1996年〜)は、アメリカ合州国アリゾナ州出身の俳優です。

※4 ビーニー・フェルドスティーン(1993年〜)は、ロス・アンジェレス出身の俳優です。


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


それだけを聞くと、数多くある「アメリカのティーネイジャーが羽目を外す」というストーリーに一捻り加えた、軽いノリの作品のように聞こえるかもしれません。確かにエイミーとモリーは行く先行く先でびっくりするようなハプニングに巻き込まれ、スマフォ世代ならではの多くの障害にぶつかりながらも、目的地を目指して走り回るというドタバタ劇として本作を楽しむことができます。しかし本作の核心は、エイミーとモリーの友情です。例えば、2人は決してオシャレとはいえないお互いの服装をひたすら褒め立てる“儀式”を行うなど、笑ってしまうような内輪ネタがいっぱい詰め込まれています。また、2人の間にはわざとらしい嫉妬心や意地悪な態度のかけらもなく、映画の最初から最後までお互いのことを全力でサポートし合う“親友”として描かれています。この一点だけを挙げても本作は一般的な青春映画とは一線を画した作品なのです。

青春映画の大まかなストーリー・パターンというのは、かなり限られており、それ自体はさほど重要ではありません。「高校生活の最後に現実を突然突きつけられるティーネイジャーの葛藤」を題材にした作品は数多くあります。しかし、 ジョン・ヒューズ監督(※5)による80年代のティーン・ムーヴィーに代表されるような、世代を超えて愛される青春映画というものには、魅力的な登場人物が現れます。人物設定の成功のポイントはキャラクターがいかに青春というものを忠実に表しているか、そして監督や脚本家がいかに「ティーネイジャーであること」の葛藤と誠実に向き合うかにかかっています。魅力的な登場人物に溢れ、その点で彼らの成長を愛情たっぷりに見守った『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』は、世代を超えて愛されるに違いない作品といえます。

※5 ジョン・ヒューズ(1950年〜2009年)は、アメリカの映画監督、脚本家、プロデューサーです。



『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』
8月21日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
配給:ロングライド

<オフィシャルHP>
https://longride.jp/booksmart/




2. The Gen Z High Schoolers of Booksmart


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


For teenagers, school is where they are exposed to the judgment of their peers, while home is where they are exposed to the judgment of their parents. A teen’s only true sanctuary is their bedroom. (Although the ubiquity of smartphones has rendered even bedrooms vulnerable to outside influence.) It’s where they can fully express themselves without fear or anxiety, filling their space up with their favorite things, adorning their walls and ceilings with posters and art that represent what they are about or what they aspire to be.

If you want to know if a teen movie is worth watching, pay attention to how much care is put into decorating the protagonist’s bedroom—a quick glance should be enough to tell you who they are. The more lived-in the room feels, the more fleshed out you can bet the characterization is. Whether it’s the new wave posters and flags that hang on Ferris’s walls in Ferris Bueller’s Day Off or Cher’s to-die-for walk-in closet in her Beverly Hills (*6) mansion in Clueless, a character’s room is about more than eye-catching set decor—it’s a microcosm of their identity. If a teen’s room feels sterile, assume the characterization is razor-thin or disingenuous. (Movies like The Breakfast Club, which take place entirely at school, are an exception.)

*6 Beverly Hills a city in L.A. County that is home to many celebrities and luxury hotels and shopping destinations.



The feminist imagery that fills Amy and Molly’s bedrooms in Booksmart tells us everything we need to know about the two Gen Zers. The movie opens with Molly, sitting on the floor of her room with her legs crossed, bathing in the morning light that seeps through her curtains as she meditates to girl-power affirmations. Sitting atop her dresser is a number of academic awards and pictures of former FLOTUS Michelle Obama (*7) and the Notorious R.B.G—Supreme Court Justice Ruth Bader Ginsburg (*8). Hanging on her mirror is her valedictorian gown. Molly is—no surprise—class president, a role she takes so seriously that even the school principal thinks she’s overeager.

*7 Michelle Obama (1964-) is an American attorney who was the first lady of the United States from 2009 to 2017.

*8 Ruth Bader Ginsburg (1933-) is an associate justice of the Supreme Court of the United States.

Amy’s bedroom has floral print wallpaper covered with activist slogans like “My Body My Choice” and “Black Lives Matter”, and posters of Jane Austen (*11) and Billie Holiday (*12). Although she is an only child, she has bunk beds, presumably so that Molly can sleepover anytime (*13). Amy is a lesbian, and it’s notable that the film does not depict her as anxious about her sexual orientation; she is shown as having come out of the closet (*14) several years before the events of the movie, and her parents, who are deeply religious, are also incredibly supportive of who she is.

*9 After graduation, Amy plans to spend a year in Botswana doing humanitarian work and helping make tampons for women.

*10 Black Lives Matter is a movement protesting against incidents of police brutality and all racially motivated violence against Black people.

*11 Jane Austen (1775-1817) was an English novelist known for books like Sense and Sensibility, and Pride and Prejudice.

*12 Billie Holiday (1915-1959) was an American jazz singer nicknamed “Lady Day”.

*13 Booksmart itself will surely become a sleepover staple.

*14 The film is queer-positive without making a big deal about it.

As their rooms suggest, Amy and Molly share very little in common with the stereotypical nerds and geeks depicted in the teen movies of the past. They come across as real, three-dimensional young women coming of age in a post #MeToo (*15) world. The same can be said about their classmates, a colorful and diverse bunch who do not fall into familiar archetypes like the jock and the queen bee.

*15 #MeToo is a movement against sexual harassment and sexual abuse launched by activist Tarana Burke.

For example, the popular and pretty Annabelle (Molly Gordon) scored high on her SATs but struggles with a reputation for being sexually promiscuous; long-haired stoner Theo (Eduardo Franco) has flunked a couple of grades in the past but has secured a job at a major ICT company right out of high school; skateboarder Tanner (Nico Hiraga) is bro culture incarnate but muses that the reason he finds Molly unattractive is not because of her looks, but because of her personality; cool girl Hope (Diana Silvers) is quick to make mean comments about Amy’s awkwardness and reservedness, but instead of being depicted as a vain cheerleader, she is more of an edgy loner along the lines of John Bender from The Breakfast Club.

*16 Bro culture is a subculture of young men who like to party and whose lifestyle is associated with sports apparel and fraternities.


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


In fact, if anybody in Booksmart is guilty of indulging in stereotypes, it’s Amy and Molly, who are all about women’s empowerment (*17), but only see their peers in the “simplest terms” and the “most convenient definitions”. It’s a pointed criticism of the hypocrisy that is often harbored by those who profess to be the most liberal-minded.

*17 Amy’s car has a bumper sticker that reads “Still a Nasty Woman”.

2. 主人公の部屋から見えてくる現在のアメリカの高校生像


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


ティーネイジャーにとって、学校は同級生の目に晒される社交の場であり、自宅は親の目に晒される場であるので、自分の部屋だけが唯一の“隠れ家”なのです。(スマフォの普及によってそこでさえも侵入されつつありますが。)自分の部屋というのは自分の個性を具現化できる空間でもあります。アメリカのティーネイジャーの場合はその傾向が特に強く、ベッドには自分の趣味に合ったシーツ、机の上には趣味のための小物が置かれ、部屋の四方面の壁や天井にはお好みの映画や音楽のポスターで埋め尽くします。

なので、優れた青春映画の判断基準の1つとなるのが、主人公の部屋のインテリアなのです。部屋を見渡しただけで主人公の人物像が見えてくるような、いかにもありそうな内装は、等身大の主人公が描かれていることの証しでもあります。ニュー・ウェーヴ系のミュージシャンのポスターにしろ、ユニオン・ジャックに星条旗が飾られた『フェリスはある朝突然に』のフェリスの部屋にしろ、L.A.の高級住宅地ビヴァリー・ヒルズ(※6)に住み、夢のようなウォーク・イン・クロゼットを持った『クルーレス』のシェールにしろ、それは単なるヴィジュアルの演出ではなく、そのキャラクターのアイデンティティの縮図なのです。主人公の部屋に何らかの主張がない場合は、そのキャラクターの信ぴょう性を疑うべきです。(『ブレックファスト・クラブ』など、物語の設定上の理由で主人公の部屋が登場しない映画は例外です。)

※6 ビヴァリー・ヒルズは、アメリカ合州国カリフォルニア州のロス・アンジェレスに位置する都市/高級住宅地です。アメリカのテレヴィ・ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』の舞台として知られます。



その点、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』の主人公の2人は、紛れもなくジェネレイションZの代表なのです。オープニング・シーンでは、部屋の床にあぐらをかいているモリーが、カーテン越しに漏れる淡い朝日を浴びながら、瞑想で自己肯定を上げる様子が描かれています。モリーのタンスには、学校の表彰の数々に加え、元大統領夫人のミシェル・オバマ(※7)やアメリカ最高裁判所のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事(※8)の写真が飾られており、鏡にはヴァレディクトリアン(卒業生総代)の卒業式用のガウンがかけられています。モリーは学級委員長であり、高校の校長が呆れるくらい、学期の最後の日まで自分の任務を全うしようするいわゆる“いい子”なのです。

※7 ミシェル・オバマ(1964年〜)は、シカゴ出身のアメリカの法律家です。第44代アメリカ合州国大統領バラク・オバマの妻で、アメリカ史上初のアフリカ系アメリカ人のファースト・レディです。

※8 ルース・ベイダー・ギンズバーグ(1933年〜)は、ニュー・ヨーク出身のアメリカ合州国の最高裁判所の判事です。

“BFF”(ベスト・フレンズ・フォーエヴァー、永遠の大親友)のエイミーの部屋は、フローラル柄の可愛らしいウォールペイパーと対比するかのように、“My Body My Choice”(「私の体、私の選択」(※9))や “Black Lives Matter”(※10)といった社会活動家のスローガンや、ジェーン・オーステン(※11)やビリー・ホリデイ(※12)のポスターが飾られています。エイミーは一人っ子なのに、モリーがいつでもスリープオーヴァー(※13)できるように2段ベッドを置いています。エイミーは、同性愛者でもあります。本作の舞台設定としては彼女は数年前にそのことを既にカミングアウト(※14)しており、自分のアイデンティティに迷いがないという点で正に21世紀的な作品といえるでしょう。

※9 “My Body My Choice”とはつまり、人工妊娠中絶制限の法制度に異議を唱えたスローガンです。

※10 “Black Lives Matter” とは、黒人(アフリカ系アメリカ人)に対する警察の残虐行為に抗議するアメリカ合衆国の組織的な運動です。

※11 ジェイン・オーステン(1775年〜1817年)は、『高慢と偏見』『エマ』などで知られる英国の小説家です。

※12 ビリー・ホリデイ(1915年〜1959年)は、「レディ・デイ」というニックネイムで知られるアメリカのジャズ歌手です。

※13 スリープオーヴァーとは、お泊まり会のことです。

※14 エイミーの両親は信心深いキリスト教ですが、娘のことを無条件に愛しています。

こういう細かい描写からも分かるように、モリーとエイミーは“ブックスマート”な優等生でありながら、かつての青春映画に登場していた“nerd”や“geek”といった薄っぺらいステレオタイプとは完全に似て非なるキャラクターなのです。ポスト#MeToo時代(※15)の等身大の女の子として描かれているのです。彼女らを取り囲む同級生たちも、スポーツだけを得意とする「ジョック」、チアリーダーのトップを務める人気者の「クイーン・ビー」という時代遅れなステレオタイプに当てはまらない、個性豊かな面々であることも本作の魅力の1つです。

※15 #MeTooとは、セクシャルハラスメントや性的暴行の被害体験を告白・共有することを目的とした、SNSを中心としたムーヴメントです。

例えば、人気者で美人のアナベル(モリー・ゴードン)は「性に奔放」という学園内の評判に大きな悩みを抱えています。ロン毛の“ストーナー”(マリファナ愛好)口調の留年生テオ(エドゥアルド・フランコ)は、どうしようもない脱落者ではなく、実はプログラマーとしての才能に長けており、卒業後には大手ITC企業への就職を控えています。スケートボーダーのタナー(ニコ・ヒラガ)は、いかにも“ブロ・カルチャー”(※16)を象徴する男臭い格好でありながら、モリーを相手にしないのは彼女のルックスではなく、性格の問題であると発言します。一方、エイミーに嫌味なことを言うクール・ガールのホープ(ダイアナ・シルヴァーズ)は、青春映画によく登場する意地悪なチアリーダーではなく、むしろ『ブレックファスト・クラブ』の不良キャラのジョン・ベンダーを彷彿とさせるキャラクターです。

※16 ブロとはブラザーのことですが、ブロ・カルチャーとはいわゆる“体育会系のノリ”のことや、パーティー好きな男性の乱暴な振る舞いをさす表現です。


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


モリーとエイミーは「女性のエンパワーメント」(※17)という進歩的な態度を掲げながらも、実は誰よりも周りの同級生たちをステレオタイプとして捉えているということは、現代のアメリカ社会におけるリベラル派が陥りやすい矛盾を表しているともいえるでしょう。

※17 エイミーの車のバンパーには“Still a Nasty Woman”(「相変わらず嫌な女」、トランプ大統領がヒラリー・クリントンなどの女性を“nasty woman”と呼んだことから)などのステッカーが貼られています。




3. Olivia Wilde Shines in Her Feature-Length Directorial Debut


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


Olivia Wilde has overcome her share of stereotyping and pigeonholing to arrive with her first feature-length directorial debut.

Born in New York to journalist parents, Wilde attended private school in Washington, D.C. and the Phillips Academy (*18) boarding school in Massachusetts before deferring her college enrollment to pursue acting. In her early career she became known for sexualized supporting roles in TV shows like the teen drama series The O.C. and the medical drama House.

*18 Phillips Academy is a university-preparatory school in Massachusetts that has educated such notable alumni as George H. W. Bush and George W. Bush.



Wilde became known as a movie actor after playing leading ladies of otherworldly beauty in 2010’s Tron: Legacy and 2011’s Cowboys & Aliens, which were ambitious in scale but only modest successes at the box office. In the ensuing years she continued to build her resume with roles in well-reviewed independent films like Drinking Buddies (2013) and Meadowland (2015), while gradually also taking on more producer roles.




『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


In 2016 she appeared in Vinyl, a HBO (*19) TV drama series about the New York rock ’n’ roll scene in the 1970s co-created by people like Mick Jagger (*20) and Martin Scorsese (*21). The series was praised for its period accuracy but ultimately did not connect with audiences, and was canceled after one season. Meanwhile, Wilde also received praise for her work directing the “Dark Necessities” music video for the L.A. alternative funk rock band the Red Hot Chili Peppers (*22). The video, which follows four female longboarders as they skate around a deserted L.A., demonstrated a knack for visual style that Wilde fully realizes in Booksmart.

*19 HBO is an American pay television network known for shows like The Sopranos and Game of Thrones.

*20 Mick Jagger (1943-) is an English singer and songwriter known as the lead singer of the Rolling Stones.

*21 Martin Scorsese (1942-) is an American movie director, producer, and screenwriter.

*22 Red Hot Chili Peppers is an American alternative/funk rock band formed in Los Angeles in 1983.



Booksmart is not just a culmination of Wilde’s Hollywood career thus far—it is also the result of her realizing a filmmaking environment that nurtures and celebrates women. In addition to its director and its two stars, the movie’s script was co-written by four women: Emily Halpern, Sarah Haskins, Susanna Fogel, and Katie Silberman. Unlike the overt male gaze of so many teen movies in the 80s and 90s, the writers of this movie have created a portrait of modern female teenagedom from the woman’s perspective.


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


Their script is brought to life through performances and dialogue that feel natural, genuine, and heartfelt. That Wilde was able to draw such performances out of her actors is a testament to her own sensitivity as an actor and to all the lessons she has learned on set that have shaped her passion as a filmmaker. Taking a note from Scorsese, she banned her actors from bringing scripts and sides to the set, ensuring that they were on top of their game, but also fostering a natural tension and excitement that is part and parcel of the high school experience.

What’s more, much like Scorsese captured the dark, sinister side of New York in movies like Mean Street, Wilde has captured the colorful eccentricity of Los Angeles in Booksmart. The only thing that feels off is the almost complete lack of traffic on the movie’s L.A. streets; then again, teenagers are often so engrossed in their own worlds that they fail to see the world around them.


3. 監督オリヴィア・ワイルドの挑戦


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


女性に対するステレオタイプという点では、本作の監督であるオリヴィア・ワイルドは、そういうステレオタイプと闘ってきた人物なのです。

ニュー・ヨーク出身のワイルドは、ジャーナリストの両親の間に生まれ、エリートが通うワシントンDCの進歩的なプライヴェート・スクールと、多くの著名な卒業生を生み出しているボーディング・スクールのフィリップス・アカデミー(※18)に通いました。2000年代に女優としてデビューすると、青春ドラマの『The O.C.』や医療ドラマ『Dr.HOUSE』などで、性的魅力や性的指向が特徴のテレヴィの脇役キャラクターで注目を集めるようになります。

※18  フィリップス・アカデミーは、アメリカ合州国マサチューセッツ州にあるボーディング・スクールです。卒業生に第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュなどがいます。



2010年の『トロン: レガシー』や2011年の『カウボーイ&エイリアン』ではこの世の物とは思えない魅惑的な女性という役柄を演じ、映画女優としても注目されるようになるものの、大ヒット作には中々恵まれずにいました。その後は『ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人未満の甘い方程式』(2013年)や『ミッシング・サン』(2015年)など、映画批評家から高い評価を受けたインディペンデント系の作品に出演しながら、徐々に映画プロデューサーとしても作品に携わるようになります。




『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


2016にはミック・ジャガー(※19)やマーティン・スコセッシ(※20)らが携わった、70年代のニュー・ヨークのロックンロール・シーンを題材にしたHBO(※21)のテレヴィ・ドラマ・シリーズ『Vinyl』に主演しました。このシリーズは時代性を詳細に再現したことが高く評価されたものの、視聴率的には軌道に乗らず、1シーズンで打ち切りとなりました。一方、ワイルドは同年に L.A.のオルタナティヴ・ロック・バンドのレッド・ホット・チリー・ペッパーズ(※22)の『Dark Necessities』などのミュージック・ヴィデオの監督を務め、話題となりました。4人の女性ロングボーダー(ロングボードとは、通常よりも長いスケイトボードのこと)が人気(ひとけ)のないL.A.の街をスケートする姿を描いたこのヴィデオでは、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』で結実したワイルドの監督としての才能やスタイルの前触れを見ることができます。

※19 ミック・ジャガー(1943年〜)は、英国のロック・バンド、ローリング・ストーンズのヴォーカルです。

※20 マーティン・スコセッシ(1942年〜)は、アメリカの映画監督、脚本家、映画プロデューサーです。

※21 HBOは、アメリカ合衆国の衛星およびケーブルテレビ放送局です。

※22 レッド・ホット・チリー・ペッパーズは、カリフォルニア州出身のオルタナティヴ/ファンク・ロック・バンドです。



『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』は、これまでのワイルドのキャリアの集大成であると同時に、彼女自身がこれまで体験してきたハリウッド映画における女性像の偏見に対する挑戦でもあります。本作は監督、主演に加え、脚本を手がけたのも女性陣であり、「男性が妄想した女性の理想像」ではなく「女性から見た現代の女性ティーネイジャーの葛藤」が描かれています。その点でもこの作品は男性目線だけを意識した多くの80年代〜90年代の青春映画とは一線を画しています。


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


特に本作に出演する俳優たちのナチュラルな演技や会話のやりとりがとても輝いています。長編初監督作でありながら、ワイルドがそのような演技を引き出せた背景には、自らの俳優としての体験と、これまでマーティン・スコセッシなどの大物映画人と仕事をする中で学んだ「俳優の実力を引き出す」ディレクションのテクニックがありました。例えば、撮影現場に俳優が台本を持ち込むことを禁止することで、自然な緊張感を生み出したそうです。また、スコセッシが『ミーン・ストリート』などの作品で暗くて邪悪なニュー・ヨークを描いたのに対して、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』においてワイルドは明るい、奇抜なキャラクターに溢れているL.A.の個性を見事に捉えられています。唯一違和感を覚えたのは、渋滞や妙に人気(ひとけ)のないL.A.の街の風景なのですが、自分たちの世界に入り込んだティーネイジャーにとっては、周りが見えていないことのメタファーなのかもしれません。





4. The Evolution of American Teen Movies

In the 70s, teen movies were tales of nostalgia for an earlier age of innocence (for the first half of the decade, the U.S. had been embroiled in the Vietnam War), a trend that would lead to a series of teen sex comedies in the 80s about horny teenage boys who equated losing their virginity to becoming an adult. Meanwhile, directors like Cameron Crowe (*23), who wrote Fast Times at Ridgemont High and directed Say Anything, and John Hughes, with seminal films like The Breakfast Club (1985) and Pretty in Pink (1986), presented a more honest exploration of teenage angst, recognizing that for teens, the world of high school was everything. Their films would usher in the golden age of the teen film, where movies began to take teenagers seriously as a demographic. That being said, even Crowe and Hughes films are mostly centered on middle-class whites, and, like the nostalgia trips of the 70s, can be seen to varying degrees as attempts by the director to relive their own adolescence.

*23 Cameron Crowe (1957-) is an American movie director, producer, and screenwriter.



In the 90s, teen movies doubled down on the male gaze fantasies, with movies like American Pie (1999) and She’s All That (1999). At the same time, movies like Clueless (1995) and 10 Things I Hate About You (1999) featured female leads—albeit leads that put on a brave face but were actually lonely, and only felt complete after finding themselves a worthy male suitor. What’s more, these movies also further reinforced the high school caste system and all the stereotypes that entailed. The nostalgia trips also continued, with movies like Richard Linklater’s (*24) Dazed and Confused (1993), which takes place at a Texas high school in 1976.

*24 Richard Linklater (1960-) is an American movie director, producer, and screenwriter.



The early 2000s saw the release of more female-centric teen comedies, including Bring it On (2000), The Princess Diaries (2001), and Mean Girls (2004). Many of these films were either written or co-written by women, and made to appeal to a female demographic. Then in the late 2000s, movies like Judd Apatow’s (*25) Superbad (2007) would usher in the era of the bromance and brutally honest comedies geared for male audiences. When superhero movies exploded soon thereafter, female teenage audiences were effectively pushed to the sidelines by mainstream Hollywood.

*25 Judd Apatow (1967-) is an American movie director, producer, screenwriter, and comedian.



The 2010s would finally see the arrival of teen movies that championed three-dimensional female characters without alienating the teen male demographic. This new wave included Kelly Fremon Craig’s The Edge of Seventeen (2016), Greta Gerwig’s (*26) Lady Bird (2017), Bo Burnham’s Eight Grade (2018), and now, Olivia Wilde’s Booksmart. Wilde’s movie is a teen comedy with dramatic elements, an homage to the classic teen movies of the 80s and 90s that also makes you excited about where the teen movie genre might go in the years to come.

*26 Greta Gerwig (1983-) is an American actress and filmmaker.



4. アメリカの青春映画の進化

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』が一般的な青春映画とは違う点をここまでいくつか挙げてきましたが、本作はオリヴィア・ワイルド監督のキャリアのこれまでの集大成であると同時に、これまでの青春映画の集大成、あるいは進化版ともいうべき優れた作品となっています。

80年代以前は、ティーネイジャーの日常や葛藤は取るに足らないものとして、映画で真剣に描かれることは稀でした。しかし80年代には、キャメロン・クロウ(※23)が脚本を手がけた『初体験/リッジモント・ハイ』(1982年)や監督を務めた『セイ・エニシング』(1989年)、ジョン・ヒューズの『ブレックファスト・クラブ』(1985年)や『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』(1986年)など、ティーネイジャーが直面する問題をティーネイジャーの視点から描いた作品が「青春映画の黄金期」を形成しました。こういう作品の中はティーネイジャーの恋愛関係、不安や孤独感といった問題と真剣に向かい合いました。とはいえ、その登場人物のほとんどが中流階級の白人であったり、映画を通して男性監督が自分の青春をやり直そうとしているとも捉えることのできる偏った視点のストーリーが描かれていることが、問題点でありました。

※23 キャメロン・クロウ(1957年〜)は、カリフォルニア州出身の映画監督、脚本家です。



90年代には、『アメリカン・パイ』(1999年)、『シーズ・オール・ザット』(1999年)など、より「男性目線」を意識したティーン・コメディが人気を博しました。同時に『クルーレス』(1995年)や『恋のからさわぎ』(1999年)など、女性を主人公にした作品も製作されるようになりましたが、それはあくまで「強がっているが実は孤独で、男性の恋人ができて初めて心が満たされる女性」という、今では時代遅れとされるような女性像が描かれています。また、こういう作品では学園内の派閥やペルソナのステレオタイプがより大げさに描かれていることも特筆すべき点です。一方、1976年のテキサス州の高校を舞台にしたリチャード・リンクレイター(※24)の『バッド・チューニング』(1993年)のように、インディペンデント系の映画人による青春映画も注目を集めるようになりました。

※24 リチャード・リンクレイター(1960年〜)は、テキサス州出身の映画監督、脚本家、映画プロデューサーです。



2000年代に入って、女性を主人公にしたティーン・コメディが更に多くリリースされました。その代表例には『チアーズ!』(2000年)、『プリティ・プリンセス』(2001年)、『ミーン・ガールズ』(2004年)などの作品があります。こういった作品は、女性が脚本を手がけるケースが多くなり、主に男性ティーンエイジャーをターゲット層として想定していたそれまでの青春映画とは違って、女性ティーンエイジャーを想定した“ガールズ・ムーヴィー”となっています。ところが、2000年代後半に入るとジャド・アパトー(※25)による『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007年)を始め、男友達の“ブロマンス”を軸にしたティーン・セックス・コメディが人気を集めるようになり、その後のスーパーヒーロー映画のブームの到来によって女性ティーネイジャーたちは青春映画の対象として脇にどけられてしまいます。

※25 ジャド・アパトー(1967年〜)は、ニュー・ヨーク出身の映画監督、プロデューサーです。



2010年代の後半になってようやく、女性も男性も楽しめる、多面的な女性像を愛情を持って描いた青春映画の時代に本格的に突入した印象を受けます。そのムーヴメントを代表するのが、ケリー・フレモン・クレイグの『スウィート17モンスター』(2016年)、俳優のグレタ・ガーウィグ(※26)の長編初監督作品となった『レディ・バード』(2017年)やミドル・スクール卒業を目前にした8年生(中学2年生)の女の子の様々な不安を描いた『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』(2018年)、そしてオリヴィア・ワイルドの『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』です。ワイルドの作品はドラマの要素もあるコメディ映画となっており、80年代〜90年代の古典的な青春映画に対するオマージュともいえます。これまでのティーン・ムーヴィーに敬意を払いつつも、今後のあり方の方向性を示している作品だといえます。

※26 グレタ・ガーウィグ(1983年〜)は、カリフォルニア州出身の女優、映画監督、脚本家です。





5. Epilogue

Although American teen movies have continually evolved and adapted to reflect the times and changing demographics, There is an element that almost all of them share in common: a contradiction between the individualistic “just be yourself” message and the unforgiving school hierarchy (*27) depicted therein. While it may not be by design, most American coming-of-age tales set in school are guilty of perpetuating stereotypes and indoctrinating the youth of America into this caste system.

*27 Most clearly demonstrated in scenes set in school cafeterias.

Whether its a movie from the 80s or one from the 2000s, whether it presents the male gaze or the female gaze, all American teen movies are, more or less, about the idea that by cultivating your individuality and proudly letting the world know who you are, everything will work out. The message is that whether you are teased, bullied, or rejected by your peers, you should stand your ground until people have no choice but to recognize and respect you. To put it another way, coming of age is about not letting society destroy your individuality. If you feel like there’s no place for you in society, or that your parents and your classmates don’t accept or understand you, it’s because there’s something wrong with them—something wrong with society. Be yourself, these movies argue, and people will eventually come around. But while the idea that everybody is gifted is ridiculous, the fact of the matter is that the only way to make it in America is to be utterly convinced that you are, in fact, special. The chasm between this unfounded self-belief and reality is partly why there’s so much unhappiness in American society.

If American teen movies wholeheartedly believed in the message they were attempting to sell, they would be about dismantling the school caste system—or at the idea that doggedly championing your individuality will allow you to transcend the hierarchy. But instead, they reinforce stereotypes by giving few characters any true depth. And they are too often vehicles for male directors who were unable to transcend said hierarchy to refashion their past into their glory days. It’s even worse for female protagonists, who often have to undergo physical makeovers in order to discover their “true” beauty.

Booksmart argues for another way—that teen movies have the choice of simply not treating the caste system as a fact of life. Over the course of the movie, Amy and Molly realize that it isn’t their classmates’ fault for not recognizing that they are both “smart and fun”. Rather, it’s that they didn’t bother to get to know their classmates. We as the audience make a similar realization: the two protagonists are not just booksmart overachievers, but funny, brave, scared, resourceful, mature, and childish all at the same time.


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


Booksmart also suggests that the “just be yourself” maxim no longer holds true for Americans; perhaps it never did. Amy and Molly want to party for one night not so they have no regrets, but rather to demonstrate to their classmates that they are “fun”. Their main concern is how they are seen by their peers—something that is compounded by the ubiquity of social media. While they still have some growing up to do, I’d argue that a healthy awareness and concern about how others perceive us is a sign of maturity—an acknowledgement that we need society just as much as society needs our special gift. Then again, there’s Donald Trump, the holder of the biggest—and most fragile—ego in the world, whose chief preoccupation as president seems to be to obsess, fret, and whine over what other people think of him.

It’d be a disservice to what Wilde has accomplished with her directorial debut to categorize Booksmart as just another teen movie, because it has so much more to offer.

5. エピローグ

今回、このコラムで紹介してきたように、アメリカの青春映画は時代の風潮や価値観を反映しながら変化を遂げてきました。とはいえ、アメリカの青春映画というジャンルを俯瞰した場合、ほとんどの作品に共通しているある矛盾に気付きます。それは“just be yourself”「自分らしくあればいい」というメッセージを抱えながらも、作品の中では明確な学園ヒエアルキー(※27)が描かれていることです。意図的ではないにしてもそのヒエアルキーを間接的に肯定し、普及させているのです。

※27学園ヒエアルキーが最も顕著に現れているのが、学校の食堂です。

80年代の作品であろうと2000年代以降の作品であろうと、男性視点の作品であろうと女性視点の作品であろうと、アメリカの青春映画の中心にあるのは、「自分の個性を伸ばすこと、あるいは包み隠さずに表に出すことで、全ては解決する」というメッセージなのです。主人公は誰にいじめられようと否定されようと、周りのプレッシャーにめげずに個性を押し通すことでしか周りに認めてもらうことはできないことということが描かれています。それは言い換えれば、社会というものに自分の個性を殺されないよう、頑なに守りぬくべきであるというメッセージでもあります。もし社会に自分の居場所がないように感じたり、親や同級生が理解してくれないようであれば、それは「周りが悪い」「社会が悪い」という風に割り切り、とにかく“自分らしくあれ”ということなのです。全員が特別な才能を持っていたり、大きな成功を手にいれるはずはないわけだけれども、自分は特別であるという確信を持ち続けることでしかアメリカ社会では生きていけないという、アメリカ社会に内在しているある“生きづらさ”が表現されているのです。

ところが、アメリカの青春映画の多くは学園内の様々なステレオタイプを多用し、キャラクターを表面的あるいは一面的な存在として描くことで、そこに内在している確固たるヒエアルキーの存在を認めているのです。本来であれば、そのヒエアルキーを邪悪なものと見定め、主人公は個性を貫くことでそのヒエアルキーを超越することができるというストーリーこそが、アメリカ的な青春映画のあり方だったのかもしれません。しかし一般的な青春映画を実際に見ると、そのヒエアルキーを超越することができなかった男性監督によるファンタジーが描かれていることが多いことに気付きます。女性の主人公を描いた作品に至っては、外見を一新する“メイクオーヴァー”を遂げてようやく異性に認められるという、“be yourself”を真っ向から否定しているメッセージすらあるのです。

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』は、そのヒエアルキーこそ、ティーネイジャーたちが内在してしまった思い込みなのではないか、ということを主張しています。主人公のエイミーとモリーは、夜が進むにつれ、悪いのは自分たちのことをわかってくれない周囲ではなく、周りの人のことを知ろうとしない自分たちであること気づいていきます。映画を見ている観客も、2人は単なる“ブックスマート”な優等生キャラではなく、面白い一面、怖がりな一面、勇敢な一面、大人な一面、子供な一面を内在しているこを知ります。


『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 / © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.


また、本作は「自分らしくあれ」という格言も、現在のアメリカ社会においては、もはや通用しないことを示唆しています。エイミーとモリーの目的は、後悔のないように卒業前の一夜を楽しむことではなく、同級生たちに「ブックスマートだけでない、本当の自分たち」を知ってもらい、個性を認めてもらうことなのです。個性の国であったはずのアメリカでは現在、「他人にどう見られているか」が何より重要であり、SNSの普及によってその傾向は更に助長されています。これは、アメリカ史上“最大”の個性を持ち、誰よりも主張が強いトランプ大統領が、何より人にどう見られているかを気にしていることからも分かることです。

このように『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』は、「青春映画」というレイベル(レッテル)を貼って型にはめてしまうことができない、現在のアメリカ社会の実態を捉えた、魅力的な作品です。

keywords

#Booksmart #OliviaWilde #TeenMovie
#MovieReview #KaitlynDever #BeanieFeldstein
#JohnHughes #MichelleObama #RuthBaderGinsberg
#JaneAusten #BillieHoliday #RedHotChiliPepper
#MickJagger #MartinScorsese #CameronCrowe
#RichardLinklater #JuddApatow #KellyFremonCraig
#GretaGerwig #BoBurnham

#ブックスマート #オリヴィアワイルド #青春映画
#映画レビュー #ケイトリンディーヴァー #ビーニーフェルドスティーン
#ジョンヒューズ #ミシェルオバマ #ルースベイダーギンズバーグ
#ジェーンオーステン #ビリーホリデイ #レッドホットチリーペッパーズ
#ミックジャガー #マーティンスコセッシ #キャメロンクロウ
#リチャードリンクレイター #ジャドアパトー #ケリーフレモンクレイグ
#グレタガーウィグ #ボーバーナム



CINEMA & THEATRE #038

Spoken Readings for Japanese Study
Booksmart review: A Heartwarming, Generation-Defining High School Movie for Gen Z | 映画レヴュー:『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』アメリカ的な青春映画の限界と可能性
2020/08/17


CINEMA & THEATRE #038

英語力がドンドンつく学習法
Booksmart review: A Heartwarming, Generation-Defining High School Movie for Gen Z | 映画レヴュー:『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』アメリカ的な青春映画の限界と可能性
2020/08/17

SHARE
FOLLOW