TwitterFacebookInstagramYouTubefeed

2020/07/20  #032
The Golden Age of Hollywood/1940s (Part two) – The History of World Cinema (2)
ハリウッドの黄金期/戦時中編 (後編) – 世界の映画史(2)


Mickey K. / ミッキーK

*Scroll to the end of the text for our video language lessons
※動画レッスンは、テキストの最後にあります


5. Dramas, Comedies, and Film Noir Made During World War II

● The Grapes of Wrath (1940)
Director: John Ford

This is a black and white film adaptation of John Steinbeck’s (*1) classic 1939 novel. When the Dust Bowl renders their farmland useless and the Great Depression (*2) robs them of their home, the Joad family leaves Oklahoma and heads West to California, where they’ve heard work is available. However, they arrive in California only to find that the arrival of many other tenant farmers has already oversaturated the workforce. At the time, Steinbeck was accused of being a socialist because of the book's sympathetic depiction of migrant workers and the poor. With the specter of World War II looming, Ford decided to tone down the political themes and rearrange the second half of the story in order to turn it from a tale depicting the emptiness of the American Dream to one showing an American family coming out of the Great Depression and attempting to get back on its feet. The message was that the American spirit was resilient and that it would fight to the end. Ford won the Academy Award for Best Director.

*1 John Steinbeck (1902-1968) was an American author who won the Nobel Prize in Literature in 1962.

*2 The Great Depression was a worldwide economic depression that started in the U.S. in 1929 and spread around the world in the 30s.

● The Philadelphia Story (1940)
Director: George Cukor

This is a “comedy of remarriage” starring Katharine Hepburn (*3), Cary Grant (*4), and James Stewart (*5). Due to the Hays Code (*6), Hollywood studios were unable to depict explicit references to adultery. To get around the Code, they had the protagonists divorce, then flirt with strangers, and ultimately decide to get back together. James Stewart plays essentially a supporting role, but he ended up winning an Academy Award for Best Actor for his performance. Just a year later, in February 1941, Stewart became the first major Hollywood star to enlist in the army. Meanwhile, Cary Grant donated his entire 137,000 dollar salary to the British War Relief Society—a U.S.-based humanitarian organization supplying the people of Great Britain with non-military aid during the early years of World War II.

*3 Katharine Hepburn (1907-2003) was an American actress who received a record four Academy Awards for Lead Acting Performances.

*4 Cary Grant (1904-1986) was an English-born American actor known for his transatlantic accent.

*5 James Stewart (1908-1997) was an American actor known for his drawl and everyman screen persona, best exemplified in It’s a Wonderful Life.

*6 The Hays Code, or the Motion Picture Production Code, was a set of moral guidelines that Hollywood self-imposed on its movies between 1934 and 1968.



●The Maltese Falcon (1941)
Director/Screenwriter: John Huston

Screenwriter John Huston’s directorial debut is the best-known adaptation of Dashiell Hammett’s 1930 detective novel of the same name. It is a seminal film noir—a term used to describe stylish Hollywood crime dramas that are characterized by a cynical worldview, start light/dark contrasts (chiaroscuro), and camera angles that emphasize a feeling of anxiety and fear—low angles (*8), wide angles (*9), and oblique (Dutch) angles. The term was first applied to Hollywood films by French critic Nino Frank after World War II; after the end of the war, France received years worth of new Hollywood films all at once, and viewers were struck by how the tone had shifted from optimism to dark paranoia.

*7 Dashiell Hammett (1894-1961) was an American author of hard-boiled detective novels.

*8 A low-angle shot is where the camera is positioned low, close to the ground, and is looking up at the subject.

*9 A wide angle shot captures both a subject and their relation to what surrounds them.

●Citizen Kane (1941)
Director/Producer/Screenwriter/Starring: Orson Welles

Considered one of the greatest films of all time, Citizen Kane is Orson Welles (*10) first feature film. It portrays the life of an American newspaper magnate entirely in flashbacks as a reporter attempts to discover the meaning of his mysterious last word: “Rosebud”. The character is partly based upon the real-life newspaper magnate William Randolph Hearst (*11), who was enraged upon hearing about the film and attempted to suppress it, prohibiting the mention of the film in any of his newspapers. As a result, it would not be until the late 1950s that the film was widely viewed by American audiences. Hearst had another reason for being antagonistic toward Welles: Hearst was a staunch isolationist (*12), whereas Welles’ strong pro-Europe and anti-Fascist views made him for intervention. It’s significant that the wealthy Kane dies alone in his vast palatial estate surrounded by European antiquities.

*10 Orson Welles (1915-1985) was an American actor, director, writer, and producer.

*11 William Randolph Hearst (1863-1951) was an American businessman, newspaper publisher, and politician.

*12 Isolationism is the foreign policy that asserts that a nations’ interests are best served by not getting unnecessarily involved in the affairs of other countries.

●Sullivans Travels (1942)
Director/Producer/Screenwriter: Preston Sturges

This film is a satire about Hollywood’s shift toward semi-serious themes in the wake of the Great Depression. It tells the story of a young Hollywood director who has earned fame and fortune for making popular but frivolous comedies; dissillusioned with his own movies, he becomes determined for his next project to be a serious exploration of society’s ills. To that end, he decides to travel around as a Charlie Chaplin-like tramp so that he can experience poverty up close. Ultimately, he arrives at the conclusion that he can do more good for the poor by making them laugh. Some film critics at the time responded negatively to Sturges attempt to infuse comedy with socially relevant themes.

*13 Charlie Chaplin (1889-1977) was an English comic actor and filmmaker known for his iconic screen persona, “The Tramp.”

●Casablanca (1942)
Director: Michael Curtis

This romantic drama film starring Humphrey Bogart and Ingrid Bergman is one of Hollywood’s greatest classics. Set in the Vichy (vishee)-controlled city of Casablanca in Morocco, the story is centered on American expat Rick Blaine, who runs an upscale nightclub that attracts both French and German clientele—and refugees desperate to get to the then-neutral United States. When his former lover Ilsa Lund suddenly enters his establishment accompanied by her husband, a renowned fugitive Czech resistance leader, he must choose between being reconciling with his ex or aiding the couple in their escape. The fact that Rick ultimately chooses the greater good over his own personal desires can be interpreted as a message for American audiences; then again, the Hays Code meant that Rick and Ilsa could have never really ended up together.


5. 戦時中に製作されたハリウッドのオリジナル作品

●『怒りの葡萄』The Grapes of Wrath (1940年)
監督:ジョン・フォード

本作は、1939年にジョン・スタインベック(※1)が執筆した小説を原作としたモノクロ映画です。アメリカ南部のオクラホマ州に暮らすジョード一族は、砂嵐(いわゆる“ダスト・ボウル”)によって所有地が耕作不可能となります。大恐慌(※2)の影響で家も失い、生活に窮(キュウ)します。一族は仕事があると耳にしたカリフォルニア州へと向かいますが、目的地にはすでに多くの農民が流れ着いており、労働力過剰に陥っていることを知ります。出稼ぎ労働者や貧困者に寄り添うストーリーであることから、スタインベックは出版当初から社会主義者ではないかと疑われます。しかし第二次世界大戦の影が色濃くなる中、監督のフォードは政治的な内容を薄め、物語の後半の構成を変えることにしました。こうしてスタインベックが描いた「アメリカン・ドリームの虚しさ」ではなく「大恐慌時代を得て団結し、立ち上がろうとするアメリカの家族」を描きました。そこにはどんな困難に遭っても耐え抜き、戦い続けるのがアメリカ人である、というメッセージも込められていました。本作でフォード監督はアカデミー賞「監督賞」を受賞しています。

※1 ジョン・スタインベック(1902年〜1968年)は、アメリカの小説家です。1962年にノーベル文学賞を受賞しました。

※2 大恐慌とは、1930年代にアメリカを皮切りに世界的に起こった深刻な経済恐慌のことです。

●『フィラデルフィア物語』The Philadelphia Story (1940年)
監督:ジョージ・キューカー

本作は、キャサリン・ヘップバーン(※3)、ケーリー・グラント(※4)、ジェームズ・スチュワート(※5)主演の “再婚喜劇”です。当時はヘイズ・コード(※6)の導入によるハリウッドの自主規制で映画で浮気を描写することが禁止されていました。その規制に引っかからないようにするために、カップルが一度離婚し、他の人と出会ってイチャイチャした上で、結局よりを戻して元の相手と再婚するという展開にしました。このスタイルは1930年代〜40年代のロマンティック・コメディの1つの定番のパターンとなります。ジェームズ・スチュワートは役柄としては助演に近い存在なのですが、それでも本作でアカデミー賞「主演男優賞」を受賞しました。スチュワートは本作を経て2本のコメディと1本のミュージカルに主演します。その後、1941年2月には軍隊に入隊した最初のハリウッド・スターとなりました。一方、ケーリー・グラントは出演料の13万7千ドルの全額を、アメリカを拠点に英国民に支援を送っていた英国戦争安心協会に寄付しました。

※3 キャサリン・ヘップバーン(1907年〜2003年)は、アメリカの女優です。演技部門のオスカーを4回受賞しました。

※4 ケーリー・グラント(1904年〜1986年)は、英国出身のアメリカの俳優です。

※5 ジェームズ・スチュワート(1908年〜1997年)は、アメリカの俳優です。

※6 ヘイズ・コードとは、1930年代からアメリカの映画界で導入されていた自主規制条項のことです。



●『マルタの鷹』The Maltese Falcon (1941)
監督/脚本:ジョン・ヒューストン

それまで脚本家としてキャリアを積んでいたジョン・ヒューストンの監督デビュー作となった本作は、アメリカのハードボイルド作家のダシール・ハメット(※7)の探偵小説を原作とした「フィルム・ノワール」の代表作です。フィルム・ノワールとは、第二次世界大戦後に生まれた表現で、虚無的でシニカルな世界観が特徴で、そうした指向性を持った1940年代〜50年代のハリウッドの犯罪映画を指します。光と影のコントラスト(いわゆる“キアロスクーロ”)を強調したライティング、ロー・アングル(※8)やワイド・アングル(※9)を多用したり、あえてカメラを水平にしないことで、時代の不安感や恐怖を反映しているのも特徴です。第二次世界大戦中はフランスはナチスに占領され、ハリウッドの映画の輸入は滞っていました。戦後になって初めて戦時中の映画作品を観ることができたフランスの国民は、それまでのハリウッド映画特有の明るい指向性ではなく、途端に暗い印象になったことにびっくりしたそうです。フランスの映画評論家のニーノ・フランクが『マルタの鷹』のような作品を総称して「フィルム・ノワール」と呼んだと言われています。

※7 ダシール・ハメット(1894年〜1961年)は、アメリカの推理小説/ハードボイルド小説の作家です。

※8 ロー・アングルとは、低い視点から仰ぐように撮影するカメラの撮影技法です。

※9 ワイド・アングルとは、広角のことです。

●『市民ケーン』Citizen Kane (1941年)
監督/製作/脚本/主演:オーソン・ウェルズ

世界映画史上の最高傑作の1つとして評価されている本作は、それまで主に演劇人として活躍していたオーソン・ウェルズ(※10)の監督デビュー作です。「バラのつぼみ」という謎の言葉を残して亡くなった新聞王のケーンの生涯が回想形式で描かれています。主人公を実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハースト(※11)をモデルにしたとされていたことから、ハーストは映画館に本作を上映しないように働きかけました。そのため『市民ケーン』が広く観られるようになったのは50年代後半となりました。ハーストが本作の上映を妨害しようとした背景には、もう1つの別理由もあります。ハーストはモンロー主義者(※12)であったので、アメリカが欧州の戦争に介入することに反対していました。一方、ウェルズはフランス文化に強く憧れていたため、反ファシズム思考が強く、米国が軍事介入することに賛成していました。年老いた新聞王が、荒廃した大邸宅でヨーロッパからのオブジェに囲まれて孤独の最期を遂げるというストーリーは、ウェルズからの警告のメッセージだったのです。

※10 オーソン・ウェルズ(1915年〜1985年)は、アメリカの映画監督、脚本家、俳優です。

※11 ウィリアム・ランドルフ・ハースト(1863年〜1951年)は、「新聞王」と呼ばれたアメリカのメディア・コングロマリット、ハースト・コーポレーションの創業者です。

※12 モンロー主義者とは、孤立主義のことです。

●『サリヴァンの旅』Sullivans Travels (1942年)
監督・製作・脚本:プレストン・スタージェス

本作は大恐慌後に比較的真面目な映画へとシフトしたハリウッドを風刺している作品です。「現実逃避としての映画」の価値を訴えたコメディ映画の名作の1つです。中身のないコメディ映画を数々ヒットさせてきてお金持ちとなった主人公の監督は、次こそ社会派のテーマを取り上げた中身のある作品をどうしても製作したいと切願します。彼はそのリサーチとしてチャーリー・チャップリン(※13)が演じた浮浪者のようなキャラになりきって貧困の問題と向き合おうとする中で、様々なトラブルに巻き込まれるというストーリーです。最終的に監督が行き着く答えは、お笑いこそ、貧しい人々を元気付ける力があるということに気づきます。しかし、当時の映画評論家の中にはコメディという軽いエンタメのジャンルに社会的な意味を持たせようとしたスタージェス監督のスタンスを批判する声もありました。

※13 チャーリー・チャップリン(1889年〜1977年)は、英国出身の映画俳優、映画監督、脚本家です。

●『カサブランカ』Casablanca (1942年)
監督:マイケル・カーティス

アメリカが第二次世界大戦に参戦した翌年に製作された本作は、ナチス・ドイツの支配下にあったフランス領モロッコのカサブランカを舞台にしたラヴ・ロマンス映画です。「カフェ・アメリカン」という酒場を経営するアメリカ人男性のリックは、パリがナチスに陥落する前に、理由を告げずに去った恋人のイルザのことを今でも根に持っています。そのイルザがある日、チェコのレジスタンスの指導者である夫を連れてリックの酒場に現れると、何事に対しても中立だと言い張っていたリックは、愛する恋人と一緒になるか、2人がアメリカに亡命する手助けをするかという選択に迫られます。リックが“愛”より“大義”を選択するラスト・シーンは、アメリカの国民に向けたメッセージとして捉えることもできます。ただ、ヘイズ・コードの規制を考えると、リックとイルザが駆け落ちするというストーリー展開は事実上不可能であったことも事実です。



6. Hollywood War Films Made During World War II

●Sergeant York (1941)
Director: Howard Hawks

This biopic tells the story of Alvin York, one of the most decorated U.S. army soldiers of World War I. York is a young farmer in rural Tennessee, living in poverty and isolation with his family. An unexpected incident awakens him to his Christian faith; when the U.S. enters World War I, he finds himself torn between following the Bible’s prohibition against killing others and his obligation to fight for his country. Ultimately he is sent to the front lines in France, where he witnesses many of his fellow soldiers being killed. During a particular offensive, he comes to the realization that the only way to prevent more of his friends from dying is to fight. He kills and captures many German soldiers, is promoted to sergeant, and is awarded the Medal of Honor. York returns to America a national hero. Gary Cooper won an Academy Award for Best Actor for his portrayal of York.

●Buck Privates (1941)
Director: Arthur Lubin

Regarded as the film that turned legendary comedy duo Abbott and Costello into movie stars, Buck Privates was their first service comedy based on the peacetime draft of 1940. It depicts two sidewalk peddlers who duck into a movie theater to escape from a cop, only to find that it has been turned into an Army enlistment center. The pair, believing that they are signing up for theater prizes, accidentally end up enlisting. At boot camp, they discover that life in the army is not so bad. It is said that the Japanese used the film as propaganda to demonstrate to its troops how incompetent the U.S. Army was.



●Mrs. Miniver (1942)
Director: William Wyler

William Wyler (*14) was born to a Jewish family in Mulhouse, a city in France that was then part of the German Empire. His family ran a thriving local haberdasher, but when his mother saw that Wyler had no intention of taking over the family business, she contact her distant cousin Carl Laemmle, the founder of Universal Pictures. Laemmle hired Wyler to work at Universal Studios in New York. Wyler eventually made his debut as a director in 1925, and by the 1930s had become one of Universal’s top filmmakers. As the 30s wore on, he became concerned about the rise of Hitler and the Nazi Party across the pond, and desired to make a film that addressed the situation in Europe. Mrs. Miniver shows the life of a regular British family in rural England during the early years of World War II. In the famous last scene, a vicar delivers a powerful sermon in a badly damaged church, telling the villagers that the war was not just about soldiers and involved each and every person who valued freedom. It was Wyler’s message to the American people.

*14 William Wyler (1902-1981) was a German-Swiss film director, producer, and screenwriter.



●The Battle of Midway (1942)
Director: John Ford

After releasing The Grapes of Wrath, John Ford (*15) came to feel that addressing the war raging across the pond through his Hollywood films was no longer enough. He enlisted in the Navy and and petitioned them to start an official photographic naval unit, which came to be called Field Photo. In early June 1942 he was sent to Midway, where he captured one of the most significant naval battles in the Pacific Theater of World War II. The Imperial Japanese Navy under Admiral Yamamoto Isoroku arrived to find the fleet carriers that had earlier escaped Pearl Harbor; American forces dealt the Japanese fleet a stunning and decisive defeat and thus turned the tide of the war. Ford’s short documentary capturing the battle was the first color footage of the war that Americans saw; more significantly, in terms of morale, it was the first time they witnessed an American victory.

*15 John Ford (1894-1973) was an American film director renowned for Westerns.

●Der Fuehrer's Face (1943)
Director: Jack Kinney

Originally titled Donald Duck in Nutzi Land, this animated anti-Nazi propaganda short was produced by Walt Disney Productions. It depicts Donald Duck in a nightmare setting: living under the iron fist of the Nazi regime, heiling portraits of the Fuehrer (*16), the Emperor (*17), and Il Duce (*18), and forced to work in a factory manufacturing artillery shells. The short won an Academy Award for Best Animated Short Film.

*16 Adolf Hitler (1889-1945) was a German politician and leader of the Nazi Party, who initiated World War II and was central to the perpetration of the Holocaust.

*17 Hirohito (1901-1989) was the 124th emperor of Japan who reigned as the emperor of the Empire of Japan between December 25th, 1926, and May 2nd, 1947, and then the state of Japan until his death on January 7th, 1989.

*18 Benito Mussolini (1883-1945) was an Italian politician who was the leader of the National Fascist Party.



●The Memphis Belle: A Story of a Flying Fortress (1944)
Director: William Wyler

This documentary film provides an account of the final mission of the crew of the Memphis Belle, a Boeing B-17 Flying Fortress (the plane and its crew returned to the United States after completing its 25th bombing mission over Europe). Wyler had been determined to film on the plane to capture dramatic color footage at the center of the action; one of the three cinematographers on his team, First Lieutenant Harold Tannenbaum, was killed in action when the bomber he was in was shot down over France. During the war, Wyler had the opportunity to return to his hometown of Mulhouse. There he found his family’s haberdasher still standing—but his family, along with all of the other Jews in the area, had been taken away by German forces. Wyler likely boarded the Memphis Belle knowing that if the plane was shot down and he was captured by German forces, he would meet the same fate.



●The Negro Soldier (1944)
Director: Stuart Heisler

Frank Capra was determined to prove his immigrant worth by dedicating himself to the war effort. Shaken by the overwhelming power of Leni Riefenstahl’s Nazi propaganda film Triumph of the Will (*19), he began work on a series entitled Why We Fight to stir up morale among U.S. troops. Alongside the project, he also produced The Negro Soldier, a propaganda film used to convince Black Americans to enlist in the army. The film is notable in that it purposely avoided stereotypical cinematic depictions of African Americans and ultimately encouraged racial harmony.

*19 Triumph of the Will is a 1935 Nazi propaganda film made by Leni Riefenstahl.

●They Were Expendable (1945)
Director: John Ford

Ford’s first film after World War II had ended is the tale of a squadron of U.S. Navy PT boats based in the Philippines. As the title suggests, the film is notable for shining a light on the cost of war through its depiction of the tragedy of the American withdrawal in the Philippines. One of the films stars is John Wayne, who did not serve in the armed forces (when the U.S. entered the war, Wayne was already in his late thirties, and he purportedly did not want to enlist as a private). Ford, who was famous for being a difficult taskmaster, is said to have been especially hard on Wayne.

*20 John Wayne (1907-1979) was an American actor, director, and producer known for his roles in Western films.

●The Best Years of Our Lives (1946)
Director: William Wyler

After completing Memphis Belle, Wyler got to work on his next documentary, Thunderbolt! However, the shoot exposed Wyler to such loud noise that he became completely deaf in one ear. He left the front lines of the war a disabled veteran. He eventually returned to work with this film, which captures the mood of a nation shifting to peace after the end of the war. It is a dramatization of the problems returning veterans faced in their adjustment back to civilian life. MGM head Samuel Goldwyn was inspired to produce the film after reading an article about returning veterans in Time magazine.

●Five Came Back (2017)
Director: Laurent Bouzereau

This three-part documentary is based on a 2014 book by American journalist Mark Harris. It focuses on five directors who worked on the frontlines during World War II, and features interviews with five modern directors who analyze and discuss their legacies. Steven Spielberg talks about William Wyler, Francis Ford Coppola talks about John Huston, Guillermo Del Toro talks about Frank Capra, Lawrence Kasdan talks about George Stevens, and Paul Greengrass talks about John Ford.

URL: https://www.netflix.com/title/80049928

6. 戦時中に製作されたハリウッドの戦争映画

●『ヨーク軍曹』Sergeant York (1941年)
監督:ハワード・ホークス

本作は、第一次世界大戦中に実在したアルヴィン・ヨーク軍曹を題材にした伝記映画です。テネシー州の田舎町で暮らす農家のヨークとその家族は、困窮に陥り、希望のない日々を送っています。ある出来事をきっかけに、ヨークはキリスト教の信仰に目覚めます。しかし、第一次世界大戦が勃発すると、人を殺すことを禁ずる聖書の教えに反して国のために戦うべきか、自由を守りたいという意志を打ち抜くべきかという問題に悩みます。最終的に彼はフランスの激戦地に送られ、多くの戦友をなくすこととなります。そんな中で「これ以上戦友を失わないためには戦うしかない」と意志を固め、最終的に3つの最高勲章に輝供養な戦果を上げ、国民的英雄としてアメリカに戻ります。この作品で主演のゲイリー・クーパーはアカデミー賞「主演男優賞」を受賞しました。

●『凸凹二等兵の巻』Buck Privates (1941年)
監督:アーサー・ルービン

アメリカの伝説的なお笑いコンビ「アボットとコステロ」の出世作とされる本作は、1940年に施行された徴兵選抜訓練徴兵法を題材にしたミュージカル・コメディです。2人は警察から逃れるために映画館に逃げ込みますが、そこは新兵募集センターとして使われており、2人は誤って軍隊に入隊してしまいます。しかし、軍隊の訓練場では案外楽しいことが色々あることに気づかされます。本作は、アメリカ人を無能として描いているという捉え方もできるため、当時の日本政府はそこに目をつけて反米のプロパガンダ映像として利用したそうです。



●『ミニヴァー夫人』Mrs. Miniver (1942年)
監督:ウィリアム・ワイラー

ウィリアム・ワイラー(※14)は、ドイツ帝国領であったミュールハウゼンという町において、小物屋を営むユダヤ系の家庭に生まれました。彼には家業を継ぐ意志がないことに母親が気づくと、当時のユニバーサル・スタジオの社長を務めていた遠縁の親戚に連絡し、ワイラーはニューヨーク本社で雑用係として働くこととなります。その後ワイラーは下積み時代を経て、1925年に映画監督としてデビューしました。30年代にはユニバーサルの主要監督の一人になっていたワイラーは、早くからヒトラー率いるナチスの勢力に不安を抱き、メッセージ性のある映画を作りたいと思うようになります。その作品が、第二次世界大戦初期の英国の田舎町の家族の日常を描いた『ミニヴァー夫人』です。映画のラスト・シーンで、廃墟と化した教会で牧師が必勝を呼びかける熱いスピーチは、アメリカ国民に向けたワイラーからのメッセージなのです。

※14 ウィリアム・ワイラー(1902年〜1981年)は、ドイツ帝国のミュールハウゼン出身のアメリカの映画監督です。



●『ミッドウェイ海戦』The Battle of Midway (1942年)
監督:ジョン・フォード

フォード(※15)は『怒りの葡萄』を発表した後、戦争を映画の題材として婉曲的に取り上げるだけでは、その本質を伝えるには限界があると感じ、自らアメリカ海軍への入隊を志願し、野戦撮影班「フィールド・フォト」を作ります。1942年6月にフォードはミッドウェー島に送られ、ミッドウェー海戦を撮影することとなります。島の攻略を目指した日本海軍を待ち受けていたのは真珠湾攻撃から逃れていたアメリカ海軍の主力艦隊でした。このミッドウェー海戦で日本海軍は大敗北を喫し、これを機にアメリカが太平洋の制海権を握ることとなります。フォードが発表した『ミッドウェイ海戦』は、第二次世界大戦の様子を初めてカラーで捉えただけでなく、アメリカ軍の勝利を捉えた初めて作品だということで、アメリカ軍とアメリカ国民を奮い立たせました。

※15 ジョン・フォード(1894年〜1973年)は、西部劇で知られるアメリカの映画監督です。

●『総統の顔』Der Fuehrer's Face (1943年)
監督:ジャック・キニー

ウォルト・ディズニー・プロダクションが第二次世界大戦中に製作した、ドナルド・ダックを主人公とした短編アニメイション作品です。ナチス・ドイツを舞台にドナルド・ダックがヒトラー(※16)、昭和天皇(※17)、ムッソリーニ(※18)の肖像に敬礼させられたり、兵器工場で労働をさせられたりするという“悪夢”を描いた本作は、枢軸国をアニメで風刺したプロパガンダ映画です。本作はアカデミー賞「短編アニメ賞」を受賞しました。

※16 アドルフ・ヒトラー(1889年〜1945年)は、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者で、世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしました。

※17 昭和天皇(1901年〜1989年)は、日本の第124代天皇です。

※18 ベニート・ムッソリーニ(1883年〜1945年)は、イタリアの政治家で、国家ファシスト党による一党独裁制を確立しました。



●『メンフィス・ベル』The Memphis Belle: A Story of a Flying Fortress (1944年)
監督:ウィリアム・ワイラー

本作は、ドイツ領出身のユダヤ系ウィリアム・ワイラーによるフライングフォートレス爆撃機「メンフィス・ベル」の最後のミッションを捉えたドキュメンタリー映画です。ドイツに対する昼間爆撃を行なっていたアメリカ第8空軍では、25回の出撃を達成した爆撃機の搭乗員は帰国できる、ということをモチーフとした作品です。ワイラーは自ら爆撃機に乗り込み、爆撃や空中戦のシーンを撮影しました。撮影中にワイラーのチームのカメラマンが乗っていた別の爆撃機がドイツ空軍に撃墜されるという悲劇が起きました。ワイラーはこの作品を撮影した頃に、生まれ故郷のミュールハウゼンに戻る機会を得ています。そこでは、実家の小物屋のビルは残されていたものの、家族を含め近所のユダヤ系の住人はドイツ軍に連れ去られてしまっていました。きっとワイラーも死ぬ覚悟で爆撃機に乗り込んだのでしょう。



●The Negro Soldier (1944年)
Director: スチュワート・ハイズラー

アメリカへの移民としての根性を示したかったフランク・キャプラは、アメリカの第二次世界大戦参戦直後、アメリカ陸軍参謀総長からの依頼を受け、軍用教育映画シリーズの製作に取り掛かりました。1934年にレニ・リーフェンシュタールが製作したナチスのプロパガンダ映画『意志の勝利』(※19)に対抗するような作品を作る必要があると感じたキャプラは、最終的に7本の作品からなる『なぜ我々は戦うのか』という大規模なシリーズを製作しました。アフリカ系アメリカ人の士気を高め、“戦う意味”を訴えかけるために製作したのが『The Negro Soldier』という作品です。それまでハリウッド映画の定番となっていたような黒人のステレオタイプを一切用いらずに製作された本作は、人種間の融和を呼びかけたという点でも重要な作品とされています。

※19『意志の勝利』は、レニ・リーフェンシュタールによって1934年に製作されたドイツ・ナチスのプロパガンダ映画です。

●『コレヒドール戦記』They Were Expendable (1945年)
監督:ジョン・フォード

フォードの第二次世界大戦後の復帰の第一作となった本作は、フィリピン周辺をパトロールするPTボート(高速魚雷艇)の部隊の苦戦を描いた作品です。この作品を通して、第二次世界大戦によってアメリカが犠牲にしたものにスポットライトを当てています。本作の原題“They Were Expendable”とは「兵士は消耗品でしかない」という意味です。主役の一人は“男の中の男”のジョン・ウェイン(※20)ですが、フォードは兵役に服しなかったウェインに対して、特に厳しい姿勢を示したといわれています。(戦争が勃発した時にはウェインは30代後半で、二等兵として参戦したくなかったからだといわれています。)

※ 20 ジョン・ウェイン(1907年〜1979年)は、ウェスタンに多く出演したことで知られるアメリカの俳優、映画プロデューサーです。

●『我等の生涯の最良の年』The Best Years of Our Lives (1946年)
監督:ウィリアム・ワイラー

ワイラーは『メンフィス・ベル』の続編として製作していたドキュメンタリー映画の撮影中に、乗り込んでいた飛行機の風圧と爆音で聴覚神経を痛めてしまい、右耳の聴力を完全に失いました。このことでワイラーは一時は途方に暮れますが、第二次世界大戦後には、市民生活に復帰した復員兵が直面する様々な社会問題をテーマにした『我等の生涯の最良の年』を発表し、アカデミー賞「作品賞」「監督賞」を始め、7部門で受賞する快挙をあげました。いわゆる現在で言うところの「PTSD」(心的外傷後ストレス障害)が障害として一般的に認知されるようになったのはヴェトナム戦争後ですが、本作はそのテーマにいち早く着目した重要な作品です。 MGMの経営者の一人であったサミュエル・ゴールドウィンは、「タイム誌」で復員兵についての記事を読んだ後に、このことを映画で表現したいと思い至ったといわれています。

●『伝説の映画監督 -ハリウッドと第二次世界大戦-』Five Came Back (2017年)
監督:ローラン・ブーズロー

アメリカのジャーナリストのマーク・ハリスの著作を映画化した本作は、第二次世界大戦中のハリウッドに迫ったネットフリックス製作のドキュメンタリーです。スティーヴン・スピルバーグ、フランシス・フォード・コッポラ、ギエルモ・デル・トロ、ローレンス・カスダン、ポール・グリーングラスという現代のハリウッドを代表する5人の監督がインタヴューに答えています。戦時中にアメリカ政府のために映画製作を行ったことに対する5人の監督の葛藤を描いています。スピルバーグはウィリアム・ワイラー、コッポラはジョン・ヒューストン、デル・トロはフランク・キャプラ、カスダンはジョージ・スティーヴェンズ、グリーングラスはジョン・フォードについて語っています。

URL: https://www.netflix.com/title/80049928



7. Epilogue

Although people tend to think of Hollywood films as escapes and spectacles, they nevertheless reflect the public mood and social atmosphere of their era by the very nature of the way they choose to address—or not address—the times. Often times they are intended to manipulate public opinion or promote a political cause. Since Hollywood became the center of the film industry in the U.S., it has produced films about war and films intended to convey a larger message and comment on socially significant themes. That larger message is often patriotic and intended to rally the public behind the flag.

Speaking of patriotic American movies, no genre better represents everything that America stands for—or imagines itself to be—than blockbuster movies. Blockbusters tend to be action films, war films, and films about natural disasters, and their plots usually involve a cookie-cutter American hero defeating a foreign adversary, or America saving the world in some way. Patriotism is also depicted on the micro level, such as with the many American flags waving in the wind that appear in the films of Michael Bay. This obsession with American stories is partly to compensate for how short America’s history is. Hollywood depicting America as the hero is a way for the country to fabricate and perpetuate its own legend.

Even today, military recruitment ads are often shown alongside trailers before movies in American theaters. Seeing America’s military in action on such a large screen and with Hollywood-inspired effects can be a very moving, inspiring experience—doubly so for immigrants who long to attain the American Dream. It’s also important to note that movies allow for advertisers to target specific segments for society. Airing military recruitment ads before an action flick is a great way to get the message of patriotism across the demographic most likely to react to it.

This is all partly the reason why President Donald Trump is so eager to call himself “a wartime president”. The sleeping giant that is America is only jolted awake in the face of an enemy, in the face of war. The country needs a military cause in order for its people to come together and work as a team. That’s why Frank Capra thought it was so important that a film like The Negro Soldier was made to encourage racial reconciliation. But this time, amid the threat of COVID-19, Trump has decided instead to alienate, foster ill-will, and divide the nation for his own personal gain.

As of July 2020, Americans are attempting to stay indoors (in many regions, very unsuccessfully), and movie theaters remain closed across the country. Save for some original films being released by video streaming services like Netflix, Hollywood has largely shut down, with no clear end in sight. Movies, which have boosted and maintained American morale for so long, have been unable to do what they do best in these testing times. Instead, they have truly become pure escapist entertainment. In more ways than one, the U.S. is woefully unprepared to do battle with COVID-19. It’s clear it doesn’t stand a chance in this “war”.

6.エピローグ

一般的に「ハリウッド映画=娯楽映画」というイメージがありますが、今回のコラムで見てきたように、ハリウッドの映画作品というものは国民感情を反映しているだけでなく、時に国民感情を操作してきた歴史があります。ハリウッドは映画産業の中心地となった1910年代の頃から、戦争を題材にした作品やメッセージ性のある作品を多く製作してきました。ハリウッドが発信してきた様々な“メッセージ”の中でも特に注目すべき点は、アメリカ人の団結を呼びかけているということです。

アメリカ人の愛国心を掻き立てる映画ジャンルといえば、何よりアメリカを象徴しているのが“ブロックバスター映画”(大作映画)といえるでしょう。アクション、戦争、災害などを描くことの多い大作映画のプロットを考えてみると、大概が「いかにもアメリカ人っぽいヒーローが外敵を倒す」「アメリカという国が世界を救う」という設定の作品ばかりです。アメリカという国に対する愛国心は作品の細かい描写にもよく表れています。例えば、プロローグで取り上げたマイケル・ベイ監督の映画作品には、必ずといっていいほど星条旗がたなびくカットが登場します。アメリカという国は歴史が短いからこそ、ハリウッドはこうしてアメリカをヒーローとして描き、アメリカの伝説を創り出そうとしているのでしょう。

現在でも、アメリカの映画館では予告編と一緒に新兵募集(“リクルート”)の動画が流れることが多くあります。大きなスクリーンでハリウッド映画に負けない迫力を持った広告を見せられると、圧倒されるような感動さえ覚えます。特に移民の場合は、その感動とアメリカに対する“ありがたみ”が更に増幅されることでしょう。また、映画は様々なメディアの中でもターゲットをピンポイントに狙えるという媒体特性があります。例えば、アクション映画を観に行くような若い男性は特にそういった“メッセージ”に強く反応する可能性が高いのです。

現在、トランプ大統領が新型コロナウイルス感染症との戦いを“戦争”と呼びたがるのも、こういった歴史的背景があるからなのでしょう。外敵があってこそ、戦争があってこそ、アメリカ人という“眠れる巨人”は目覚め、団結して全力を発揮することができるのです。なので第二次世界大戦中にはフランク・キャプラのような映画製作者が『The Negro Soldier』のような作品を作り、人種間の融和を呼びかけました。しかし、コロナ禍にあってもトランプ大統領はむしろ社会の分断と対立を助長するような振る舞いをやめません。

現在(2020年7月)、アメリカ国民は外出を自粛し(一応、形ばかりです)、密接空間となる映画館も閉鎖され、ハリウッドの映画産業は事実上停止したままです。ネットフリックスなどの映画配信サーヴィスで発表される一部の作品を除いて、アメリカ社会の士気をこれまで支えてきた映画というエンタメはその役割を果たせていません。そういう事態においては、この新しいウィルスとの戦いにおいて、アメリカには勝算はないといえるのではないでしょうか。

keywords

#CinemaHistory #AmericanCinema #Hollywood
#WorldWarII #PearlHarbor #BattleofMidway
#KatharineHepburn #CaryGrant #JamesStewart
#WilliamWyler #JohnHuston #FrankCapra
#GeorgeStevens #JohnFord #OrsonWells
#PrestonSturges #MichaelCurtis

#映画史 #アメリカ映画 #ハリウッド
#第二次世界大戦 #真珠湾攻撃 #ミッドウェー海戦
#キャサリンヘップバーン #ケーリーグラント
#ジェームズ・スチュワート #ウィリアム・ワイラー
#ジョン・ヒューストン #フランク・キャプラ
#ジョージ・スティーヴェンズ #ジョン・フォード
#オーソンウェルズ #プレストンスタージェス
#マイケルカーティス #ハワードホークス




CINEMA & THEATRE #032

Spoken Readings for Japanese Study
The Golden Age of Hollywood/1940s (Part two) – The History of World Cinema (2)
ハリウッドの黄金期/戦時中編 (後編) – 世界の映画史(2)
2020/07/20


CINEMA & THEATRE #032

英語力がドンドンつく学習法
The Golden Age of Hollywood/1940s (Part two) – The History of World Cinema (2)
ハリウッドの黄金期/戦時中編 (後編) – 世界の映画史(2)
2020/07/20



SHARE
FOLLOW