TwitterFacebookInstagramYouTubefeed

2020/07/20  #031
The Golden Age of Hollywood/1940s (Part one) - The History of World Cinema (2)
ハリウッドの黄金期/戦時中編 (前編) – 世界の映画史(2)


Mickey K. / ミッキーK

*Scroll to the end of the text for our video language lessons
※動画レッスンは、テキストの最後にあります


1. Prologue

When German forces invaded Poland (*1) on November 1st, 1939, it marked the beginning of the Second World War in Europe. Meanwhile, the Second Sino-Japanese War had been going on since 1937. With war underway across the ocean on either side of the United States, Congress continued to demand American neutrality, while the public was split into non-interventionists and interventionists. Then in 1940, when German forces occupied Paris (*2), and then subsequently began air raids over Great Britain (*3), it started to become clear that the U.S. was on a course to war. The day after the Japanese attack on Pearl Harbor on December 7th, 1941, the U.S. declared war on Japan; a few days later, Axis powers Germany and Italy each declared war on the U.S., and the U.S. responded in kind. There was no turning back.

*1 The Invasion of Poland started on September 1st, 1939, and lasted until October 6th, when Germany and the Soviet Union divided and annexed the whole of Poland under the German-Soviet Frontier Treaty.

*2 The German invasion of France is called the Battle of France, and lasted between May 10th and June 25th 1940.

*3 The German bombing campaign against the U.K. in 1940 and 1941 is known as the Blitz.

In the famous last scene of the 1970 war film Tora! Tora! Tora! (*4), an American-Japanese co-production depicting the attack on Pearl Harbor, Admiral Yamamoto Isoroku (*5), played by actor Yamamura Satoshi (*6), laments the fact that Japan’s declaration of war arrived after the attack began (the Japanese Embassy in Washington had some trouble transcribing the message, and had delivered it too late). His final lines are as follows: “I can’t imagine anything infuriating the Americans more. I fear all we have done is awaken a sleeping giant and fill him with a terrible resolve.” (The U.S. would call it a “surprise” or “sneak” attack, and use it to boost American morale.)

*4 Tora! Tora! Tora! Is a 1970 epic war film dramatizing the Japanese attack on Pearl Harbor in 1941. The American sequences were directed by Richard Fleischer, while the Japanese ones were directed by Toshio Masuda and Kinji Fukasaku.

*5 Yamamoto Isoroku (1884-1943) was a Japanese Marshal Admiral of the Imperial Japanese Navy and the commander-in-chief of the Combined Fleet during World War II.

*6 Yamamura So (1910-2000) was a Japanese actor and film director.

While Yamamoto may very well have felt that way, there is no actual evidence that proves he made the statement verbally or wrote it down. In Japan the common consensus is that he did not say those words; in fact, Yamamoto himself was deeply apprehensive about Japan’s prospects in a war. In the U.S., most students will learn the “sleeping giant” metaphor in their high school world history class. A version of these words would also appear in Michael Bay’s (*7) 2001 film Pearl Harbor (*8), and Roland Emmerich’s (*9) 2019 film Midway. The discrepancy is an example of how history is written by the victors, as well as a demonstration of the power and influence of cinema on how we see reality and remember the past.

*7 Michael Bay (1965-) is an American movie director known for big-budget action films featuring extensive use of special effects.

*8 Pearl Harbor (2001) is an American romantic war drama film directed by Michael Bay and starring Ben Affleck, Josh Harnett, and Kate Beckinsale.

*9 Roland Emmerich (1955-) is a German film director known for disaster films.

*10 Midway (2019) is an American epic war film about the Battle of Midway, directed by Roland Emmerich and starring Ed Skrein, Patrick Wilson, Luke Evans, and Aaron Eckhart.

The attack on Pearl Harbor turned U.S. public opinion in favor of entering the war, and united the country behind the flag. (In actuality, U.S. code breakers had already deciphered and translated most of the message Japan was scheduled to deliver, and all three of the U.S. Pacific Fleet’s aircraft carriers had been moved out to sea. Some theories argue that the U.S. allowed the attack to occur and utilized it as propaganda in order to stoke public support for the war.) Nevertheless, the now awoken giant would need sustenance to carry it through the subsequent years of fighting on multiple fronts. That sustenance was provided by Hollywood, which would throw its full might into boosting U.S. morale and focus.


1. プロローグ

今回は第二次世界大戦中のハリウッドの映画を取り上げます。1939年9月1日にドイツ軍がポーランドを侵攻(※1)したことをきっかけに欧州戦線が起こります。こうした状況に対して、ハリウッドも事態を慎重に見ながら中立を保っていました。1940年にドイツ軍がパリを占領し(※2)、英国への空襲(※3)を開始したことでアメリカ政府は危機感を強め、ハリウッドも戦争との向き合い方を模索しようとします。1941年12月に日本軍がハワイの真珠湾に攻撃し、日本と軍事同盟を結んでいた枢軸国のドイツとイタリアがアメリカに対して宣戦布告をすると、アメリカは連合軍として第二次世界大戦に参戦することとなります。

※1 ポーランド侵攻とは、1939年9月1日にドイツ国がポーランド領内に侵攻し、その後にスロバキアとソビエト連邦を侵攻したことを指す表現です。

※2 ドイツがポーランド侵攻を実行すると、フランスはすぐにドイツに宣戦布告をしました。しばらくは戦火を交えることは無かったのですが、1940年5月10日にドイツ軍はオランダとベルギーに侵攻し、その一ヶ月後の6月14日にパリが陥落しました。

※3英国空中戦とは、ドイツによるイギリス本土上陸作戦の前哨戦としてイギリスの制空権の獲得のために行われた一連の航空戦のことです。

真珠湾攻撃を題材にした1970年のアメリカの戦争映画『トラ・トラ・トラ!』(※4)の有名なラスト・シーンでは、連合艦隊司令長官の山本五十六(※5)を演じる山村聰(※6)は、攻撃がすでに始まった後に宣戦布告がアメリカ政府に届くという手違いを残念に思い、次のように述べます。「アメリカの国民性からみて、これほど彼らを憤激させるものはあるまい。これでは、眠れる巨人を起こし、奮い立たせる結果を招いたも同然である。」(このことでアメリカは日本の攻撃を奇襲攻撃として、プロパガンダとして利用します。)

※4 『トラ・トラ・トラ!』とは、1970年に公開されたアメリカと日本が共同で製作した戦争映画です。監督はリチャード・フライシャー、舛田利雄、深作欣二です。

※5 山本五十六(1884年〜1943年)は、日本の海軍軍人です。最終階級は元帥海軍大将でした。

※6 山村聰(1910年〜2000年) は、日本の俳優、映画監督でした。

本当の山本も内心ではそう感じていたのかもしれませんが、彼が実際にこの台詞を発言したという証拠はなく、日本では一般的に言っていないとされています。アメリカでの生活経験のあった山本は、アメリカとの開戦には否定的でした。しかし、アメリカの高校生の多くは第二次世界大戦のことを勉強する中で「眠れる巨人」という表現を学びます。ハリウッドが生み出したこのフィクションは、アメリカ的な娯楽アクション映画を作ることで知られるマイケル・ベイ監督(※7)の『パール・ハーバー』(2001年)(※8)や“ハリウッドの破壊王”と呼ばれるローランド・エメリッヒ監督(※9)の『ミッドウェイ』(2019年)(※10)などの戦争映画でも描かれています。このことは「歴史は戦勝国が創る」ことの1つの現れであると同時に、映画というものがいかに大きな影響力を持つかの一例とも言えるでしょう。

※7 マイケル・ベイ(1965年〜)は、アメリカの映画監督、映画プロデューサーです。

※8 『パール・ハーバー』は、真珠湾攻撃を題材にした2001年の戦争映画です。

※9 ローランド・エメリッヒ(1955年〜)は、アメリカで活動するドイツ人の映画監督、映画プロデューサーです。

※10 『ミッドウェイ』は、2019年に製作されたアメリカの戦争映画です。

真珠湾の奇襲攻撃を機にアメリカ国民の戦争参加の意欲が一気に盛り上がることとなりました。(実際には、アメリカ軍は日本軍の通信の暗号を解いており、宣戦布告がなされる前に日本軍が真珠湾を攻撃することを知っていました。ですので、真珠湾にそれまで停泊していた主力艦は沖合に逃がしていました。アメリカ政府は攻撃を事前に察知していながらも、攻撃をあえて許すことで国民感情を参戦へと向かわせるためのプロパガンダに利用しました。)とはいえ、日本とヨーロッパの2つの戦場での長い戦いに備えるためには、“巨人”にも身体と心の糧が必要でした。アメリカの軍隊と国民が士気と集中力を保ち続けられた背景には、ハリウッドの活躍がありました。



2. From Actuality Films to Newsreels

When motion pictures and cinema were invented in the late 19th Century, the earliest films to be produced were silent black and white shorts that were between less than a minute to several minutes long. Due to the restrictions of the format at that point, the content of those films was not narrative—it was mostly single-shot stationary clips of real life and simple restagings. The Lumière Brothers (*11) sent cameramen around the world to film footage of natives from primitive regions for essentially ethnographic purposes. Their footage, called “actualities” or “actuality films”, would be the beginning of what we now call documentary filmmaking. Meanwhile, across the pond in the U.S., Thomas Edison (*12) had vaudeville and circus performers come into his studio so that he could capture their acts. In 1894, he filmed two boxers restaging a fight for his camera in the studio; the footage is considered the first ever footage of sports. (Boxing was the ideal sport to film given the technology at the time, as boxers only move around within the limited space of a ring.) As various different companies continued to shoot and show their films, movies would gradually become a way that people got their news.

*11 The Lumière brothers to invent the first commercially viable projector, the Cinematographe, in 1895

*12 Thomas Edison (1847-1931) was an American inventor and businessman considered to be America’s greatest inventor.



Newsreels (*13)—short films covering the news and current affairs—were pioneered by the French businessman and movie producer Charles Pathé and his brothers. After seeing the phonograph invented by Thomas Edison demonstrated at his local town fair, he purchased some machines to resell and founded a company that manufactured and sold phonographs. After seeing Edison’s Kinetoscope in London, Pathé expanded the company’s business to distributing cinema projection equipment. After the turn of the century, the company set out to design an improved studio camera based on the designs patented by the Lumière brothers. By 1910, their network of movie theaters had expanded across Europe and even to New York, Australia, and Japan. At that point they were dominating the European camera and projector market.

※13 Newsreels are called ニューズ映画 (nyuusu eiga) in Japanese.

※14 Charles Pathé (1863-1957) was a pioneer of the French film and recording industries.

In 1908, the company invented the cinema newsreel with its series Pathé-Journal, which was shown as part of the program at theaters in France and the U.K. The newsreels were silent, about four minutes each, and released once every two weeks. One of their most famous newsreels captured Austrian inventor Franz Reichelt’s (*15) fatal parachute jump from the Eiffel Tower. Reichelt had designed and developed a wearable parachute, and believed that a high test platform would allow him to prove his invention’s efficacy. On February 4th, 1912, he climbed up to the first platform of the Eiffel Tower, adjusted his apparatus, and jumped; the parachute failed to deploy and he fell 57 meters to his death.

*15 Franz Reichelt (1878-1912) was an Austrian-born French tailor and inventor.

In 1912, Pathé started producing a newsreel series for American audiences, called Pathé Weekly. During World War I, the company’s newsreels became more and more popular, and for the first time newsreels were providing newspapers with competition. In an age when television had yet to be invented, newsreels were the only way that people could receive news in motion picture format. The form became so popular that certain movie theaters began showing newsreels exclusively.

Following the success of Pathé’s newsreels, Hollywood studios would gradually follow suit. In 1927, Paramount Pictures (*16) started producing Paramount News. In 1928, Fox (*17) started producing Fox Movietone News. In 1929, Universal Pictures (*18) started producing Universal Newsreel. Meanwhile, Pathé’s London and U.S. operations would be split in 1921, and Pathé Weekly would be produced by RKO (*19) between 1931 and 1947, and then by Warner Brothers (*20) between 1947 and 1956. All of these programs would continue into the 50s and 60s.

*16 Paramount Pictures is an American movie studio founded in 1912 by Adolph Zukor.

*17 20th Century Fox is an American movie studio formed from the merger of the Fox Film Corporation and the original Twentieth Century Pictures in 1935.

*18 RKO Pictures was an American movie studio that was founded in 1928. It ceased production in 1957 after an era of decline under the control of Howard Hughes.

*19 Warner Brothers is an American entertainment conglomerate founded in 1923 by by brothers Harry, Albert, Sam, and Jack Warner.

Time Inc., the publisher of its namesake weekly news magazine Time since 1923, started producing a 30-minute weekly radio news documentary and dramatization series called The March of Time in 1931. The series became one of radio’s most popular programs and led to a boost in the magazine’s print circulation. In 1935, the company launched a short film series based on the radio series. Compared to standard newsreels, The March of Time was twice as long and incorporated interviews, reenactments, and a subjective point of view—another predecessor to the modern documentary. Unlike newsreels, which were mostly produced by movie studios, The March of Time was a journalistic endeavor, founded in American ideals of liberalism and progress and very much anti-Facist and anti-Communist in its stance.



The first newsreel series produced in Japan is said to be movie studio Shochiku’s (*20) Shochiku News in 1930. As talkies became the dominant form of cinema in the mid 1930s, the production of newsreels in Japan shifted from movie studios like Shochiku to newspaper companies. Between 1941 and 1945, control over the newsreels was essentially relinquished to the Army and Navy ministries to serve their propaganda (*21) purposes. After the war, control was given back to the newspaper companies, but it wasn’t long before television entered Japanese homes and newsreels went into decline. Still, while most American newsreels had ended production by the 1960s, some of the newsreels produced by Japanese newspaper companies continued production into the mid 90s.

*20 Shochiku is a Japanese movie studio, cinema chain, and production company that was founded in 1895.

*21 Propaganda is media or content that is used primarily to influence an audience and further an agenda (often political).



During World War II, newsreels would come to play an important role as a propaganda tool to manipulate public opinion and boost morale in countries around the world.

2. 長編映画と共に上映された“ニューズ映画”

19世紀末に映像の技術が生まれた当初、製作されていた1本1本の映像は“サイレント”(無声)で、1分未満〜数分程度のモノクロ映像でした。そのフォーマットから必然的に内容は物語性のあるものではなく、風景やイヴェントの様子をそのまま捉えたシンプルなものでした。そのため、映画という技術を発明したフランスのリュミエール兄弟(※11)の映画会社は、撮影技師を世界各国に派遣し、海外の様々な異国的な映像を記録動画として撮影しました。動画の内容や構成はいたってシンプルなものでしたが、これは後にドキュメンタリー映画へと発展していくこととなります。一方、米国のトーマス・エディソン(※12)の映画会社では、芸人などをストゥディオに呼び、パフォーマンスを披露してもらい、それを撮影しました。1894年には、エディソンはボクサー2人をストゥディオに呼び、史上初めてのスポーツ対戦の映像を収録しました。(ボクシングはサイズが限られたリングで行なわれるため、当時の技術には最適なスポーツでした。)こういった映画会社が映像作品を次々と公開していく中で、映画というメディアは徐々に報道媒体としての役割を持つようになっていきました。

※11 リュミエール兄弟は、カメラと映写機としての機能を両方併せ持った「シネマトグラフ」を発明したことで知られます。

※12 トーマス・エディソン(1847年〜1931年)は、アメリカの発明家、起業家です。



記録動画を「ニューズ映画」(英語では“newsreel”)(※13)に進化させたのが、フランスのビジネスマンのシャルル・パテ(※14)とその兄弟でした。パテは新たな娯楽機器の登場に可能性を感じ、1896年にパリを拠点に蓄音機を販売する会社を設立しました。その後映画技術に着目し、1902年にはリュミエール兄弟から映画関係の特許を取得し、カメラの改善と製造に乗り出しました。同年にはロンドンに進出して工場と映画館網を広げていきました。1910年の時点ではヨーロッパ各地に加え、ニューヨーク、オーストラリア、そして日本にまでネットワークを広げ、ヨーロッパの映画用カメラと映写機の市場を支配するようになります。

※13 ニューズ映画は、時事問題などの情報の伝達と解説を内容とする短編映画や記録映画のことです。

※14 シャルル・パテ(1863年〜1957年)は、フランスの実業家、映画プロデューサーでした。

パテは、1908年に「パテ=シュナル」というニューズ映画シリーズの製作をスタートさせ、フランスや英国の映画館でプログラムの一部として上映するようになりました。当時のものはもちろんサイレント(無声)で、一本が大体4分程の長さで、隔週でに新作がリリースされました。パテ社の映像の中でも特に有名なのが、オーストリアの発明家のフランツ・ライヒェルト(※15)の不慮の死を捉えたものです。ライヒェルトは現代のパラシュートと同じ原理を用いた発明品を披露するために、1912年2月4日にエッフェル塔のデッキ(高さ60m)から自ら飛び降りました。しかしその新しい発明品の外套は開かず、地上に激突し、死亡しました。

※15 フランツ・ライヒェルト(1879年〜1912年)は、オーストリア出身の発明家、仕立て屋です。

パテ社は、1912年よりアメリカの観客向けに「パテ・ウィークリー」を製作するようになりました。第一次世界大戦中には、従軍カメラマンが戦場で撮影した戦況報告映像をニューズ映画として上映し、大きな反響を呼びます。テレヴィがまだない時代において、ニューズ映画は動画でニューズを得ることができる唯一の手法でした。ニューズ映画を専門に上映する映画館も作られるほど人気の情報源となったのです。

パテ社の成功とニューズ映画の人気を受けて、パラマウント社(※16)は1927年より「パラマウント・ニュース」、フォックス社(※17)が1928年より「フォックス・ムービートーン・ニュース」、ユニバーサル社(※18)が1929年より「ユニバーサル・ニュースリール」を製作するようになります。一方で、パテ社のロンドン支部とアメリカ支部は1921年に分別し、アメリカ向けの「パテ・ウィークリー」は1931年から1947年の間はRKO(※19)、1947年から1956 年まではワーナー・ブラザーズ(※20)によって配給されます。こうしたニューズ映画シリーズは各社とも50年代〜60年代まで続けることとなります。

※16 パラマウント映画は、1912年に設立されたアメリカの映画会社です。

※17 20世紀フォックス映画は、1934年にフォックス・フィルムと20世紀映画が合併したことによって設立された映画会社です。

※18 RKOは、1928年に設立されたアメリカの映画会社です。1957年に倒産しました。

※19 ワーナー・ブラザーズとは、ワーナー兄弟が1923年に立ち上げたエンターテインメント・コングロマリットです。

世界初のニューズ雑誌として知られる「タイム」を出版していたタイム社は、1週間のニューズをレイディオ・ドラマ化した30分のレイディオ番組「The March of Time」の放送を1931年にスタートさせます。この番組の人気をきっかけに雑誌の部数も大幅に伸びたと言われています。1935年よりタイム社は、同シリーズのニューズ映画版を製作するようになります。他のニューズ映画に比べて2倍の長さがあったこのシリーズは、インタヴュー映像や再現映像、主観的な視点を積極的に取り入れたことで、ドキュメンタリー映画の先駆けとなりました。映画会社の視点から製作されていた他のニューズ映画と違って、この「The March of Time」はジャーナリストの視点から製作されていたため、アメリカ的な進歩主義を掲げ、反ファシズム、反コミュニズムの視点が強調されていたことも注目すべきポイントです。



日本においては、1930年より松竹(※20)が定期的に製作し始めた「松竹ニュース」が一般的にはニューズ映画の始まりとされています。しかし、映画会社が主にニューズ映画を製作した欧米とは違って、日本では1934年ごろから、“トーキー”の発達に伴って新聞社が主体となってニューズ映画が製作されるようになりました。戦時中の1941年から1945年までは、国策宣伝(※21)のために情報統制がかけられていたため、陸軍省や海軍省の厳格な審査と検閲が行われていました。戦後も再び新聞社が主体となってニューズ映画が作られますが、テレヴィ放送の開始と一般家庭への普及によってニューズ映画は急速に衰退へと向かうこととなります。とはいえ、アメリカでは60年代ごろには完全に姿を消したのに対して、日本のニューズ映画シリーズの中には90年代まで製作が続けられたものがいくつもあります。

※20 松竹とは、日本の映画、演劇の制作、興行、配給を手がける会社です。

※21 国策宣伝とは、国が仕掛けるプロパガンダのことです。



こういったニューズ映画は、第二次世界大戦中、アメリカに限らず、日本やヨーロッパ各地でもプロパガンダ的な役割を果たすようになっていくこととなりました。



3. Hollywood’s Most Famous Animated Characters

Newsreels were shown between the featured films in movie theaters, usually alongside animated shorts.

The history of animation in the way we think of it today starts in the first half of the 1800s, more than half a century before the advent of movies. In the 1930s, the stroboscopic disc was one of the first to demonstrate the principle of modern animation, with sequential images put on a disc that when rotated gives the optical illusion of movement. Soon thereafter, the zoetrope introduced the idea of viewing the movement through slits or peepholes. In 1868, the British inventor John Barnes Linnett patented the kineograph—a flip book. Kineograph is Greek for “moving picture”.

When movies were invented in the late 19th century, the main appeal for audiences was the realistic details of the picture. It would not be until the 1910s, when silent films had become widespread, that hand-drawn animation on film would reach movie theaters. The animation industry would grow and become commercialized throughout the decade. In 1919, Australian-born cartoonist and movie producer Pat Sullivan (*22) and American animator Otto Messmer (*23) produced an animated short for Paramount Pictures that debuted a prototype of an anthropomorphic black cat that would come to be known as Felix the Cat. The character became animation’s first star character, popular among audiences of all ages. Many shorts were created throughout the 1920s, and the character remains a pop culture icon today—perhaps even more so in Japan than in the U.S.

*22 Pat Sullivan (1885-1933) was an Australian-American cartoonist, animator, and film producer.

*23 Otto Messmer (1892-1983) was an American animator.



As movies shifted from the silent era to the talkie era, Disney (*24) would rise to prominence. In 1928, it debuted the Mickey Mouse and Minnie Mouse characters in the animated short Steamboat Willie. In 1932 it debuted Goofy, and Donald Duck followed in 1934.

*24 The Walt Disney Company got its start in 1923 as the Disney Brothers Cartoon Studio.



Betty Boop colored patent
Max Fleischer
Public domain
While Disney was known for childish, clean-cut characters, Paramount Pictures created characters that were more targeted toward adult audiences. In 1930, it debuted the jazz-era flapper Betty Boop, a character that reflected the changing position of women in society and their embrace of sexuality. The character became animation’s first sex symbol; however, the implementation of the Hays Code (*25) in the mid 30s would force the studio to tone down the character’s sex appeal. As Betty Boop’s popularity started to wane, Popeye the Sailor’s popularity grew. The muscular, spinach-eating character, who was first debuted in a comic strip in 1929, started appearing in animated shorts in 1933.

*25 The Hays Code, or the Motion Picture Production Code, was a set of moral guidelines that Hollywood self-imposed on its movies between 1934 and 1968.



Warner Brothers started producing Looney Tunes cartoons in the early 1930s. It’s most iconic characters would come in the second half of the decade: Porky Pig, the anthropomorphic pig with the severe stutter, was introduced in the 1935 short I Haven’t Got a Hat, and quickly became the studio’s top animated star. 1937’s Porky’s Duck Hunt introduced the world to the screwball character Daffy Duck, and the iconic Bugs Bunny debuted in the 1940 short A Wild Hare.



Meanwhile, over at MGM (*26), animators William Hanna (*27) and Joseph Barbera (*28) would create a series of comedy animated shorts centered on the rivalry between a cat named Tom and a mouse named Jerry. The series became a worldwide hit, with its shorts garnering even more Academy Awards than both Mickey Mouse and Looney Tunes.

*26 Metro-Goldwyn-Mayer is an American movie studio founded in 1924 when Marcus Loew gained control of Metro Pictures, Goldwyn Pictures, and Louis B. Mayer Pictures.

*27 William Hanna (1910-2001) was an American animator, director, producer.

*28 Joseph Barbera (1911-2006) was an American animator, director, producer.



When the U.S. joined the war in 1941, these animated characters were enlisted to help increase morale. The day after the attack on Pearl Harbor, the U.S. government began turning industries around to wartime production and called on companies to support the war effort. Disney’s studio lot in Burbank was requisitioned as an Army anti-aircraft base to protect the nearby Lockheed (*29) factory. The studio was subsequently asked to produce educational and training films for the U.S. military. Meanwhile, over at Paramount, Popeye joined the Navy and appeared in animated shorts where he did battle with the Nazis and the Japanese navy.

*29 The Lockheed Corporation was an American aerospace company that was founded in 1926 and later merged with Martin Marietta in 1995.



American movie studios’ most popular animated characters were also used on military insignia as a way to boost morale. This practice started well before the Second World War; in the late 1920s, the U.S. Navy’s Bombing Squadron Two (VB-2B) adopted an insignia that depicted a giddy Felix the Cat carrying a bomb with a burning fuse.

3. 子供から大人まで魅了した“カートゥーン”

ニューズ映画や短編映画とともに長編映画の前に上映されていたのが、短編アニメイション、いわゆる“カートゥーン”でした。

アニメイションの歴史は、映画が生まれた1890年代より半世紀も前に生まれました。1830年代には“おどろき盤”という名称で日本では知られる装置が開発されました。円板のような回転体に“コマ”に相当する絵が順番に描かれ、それを高速に回転させることで動いているかのようにみせる仕組みです。その少し後にのぞき穴を通して見る「回転のぞき絵」やいわゆる「パラパラ漫画」が生まれたとされています。1868年に英国の発明家のジョン・バーンズ・リネットは「キネオグラフ」という名前でパラパラ漫画の特許を取得しました。「キネオグラフ」は直訳すると「動く絵」という意味です。

映画技術が誕生したばかりの19世紀末には、そのリアルな映像が最大の魅力でした。そのため、いわゆる手書きアニメが誕生するのは、サイレント映画が一般的に普及した後である1910年前後です。1910年代になって、アメリカのアニメイション映画は産業として形成されるようになります。1919年に、オーストラリア出身でニューヨークを拠点としていた映画プロデューサーのパット・サリヴァン(※22)とアメリカ出身のアニメイターのオット・メスマー(※23)は、パラマウント映画のために黒猫のキャラクターを主人公にした白黒の短編サイレント・アニメイション・シリーズを製作しました。大きな目と2本脚で歩く特徴的なそのキャラクターには「フィリックス・ザ・キャット」という名前が付けられ、アメリカでは子供から大人まで広く人気を博すようになりました。アニメ史上初のスター・キャラとなったフィリックスは、日本でも「フェリックス」という名前で親しまれ、現在に至って高い人気を誇っています。

※22 パット・サリヴァン(1885年〜1933年)は、アメリカのカートゥーニスト、アニメイターです。

※23 オット・メスマー(1892年〜1983年)は、アメリカのアニメイターです。



映画業界がサイレント映画の時代から“トーキー”へシフトする中で、頭角を現したのが米国のディズニー社(※24)です。ディズニーは1928年に短編アニメイション作品『蒸気船ウィリー』で「ミッキー・マウス」と「ミニー・マウス」というキャラクターを“デビュー”させ、高い人気を得るようになります。ディズニーは1932年には「グーフィー」、1934年には「ドナルド・ダック」と、その後も人気キャラクターを次々と登場させていきます。

※24 ウォルト・ディズニー・カンパニーは、1923年に設立されたアメリカのアニメイション・スタジオです。



Betty Boop colored patent
Max Fleischer
Public domain
子供っぽくて清潔なイメージのディズニーのキャラクターに対して、パラマウント社は“大人志向”のキャラクターを生み出します。その代表例が1930年に初登場した「ベティ・ブープ」です。狂騒の20代を経てアメリカ社会における女性の立場が大きく変わっていたことを受けて、ベディ・ブープは当時の“新しい”スタイルの女性であったいわゆる“フラッパー”をモデルとして、セックス・シンボル的なキャラクターとして描かれました。しかし、30年代半ばになると、ヘイズ・コード(※25)の導入によって露わな性的魅力はトーン・ダウンされることとなります。その一方で人気を博すようになったのが、船乗り(水兵)の「ポパイ」でした。1929年にコミック・ストリップ(新聞の連載漫画)のキャラクターとして生まれたポパイは、1933年ごろから短編アニメイションに登場するようになります。

※25 ヘイズ・コードとは、1930年代からアメリカの映画界で導入されていた自主規制条項のことです。



ワーナー・ブラザーズは、1930年ごろから「ルーニー・テューンズ」のカートゥーンを製作するようになり、次々と“ルーニー”(狂った)キャラクターを生み出していきました。中でも1935年に短編映画『ポーキーの母親参観』で初登場した吃音の豚「ポーキー・ピッグ」はワーナー・ブラザーズの花形スターとなります。1937年の『Porky’s Duck Hunt』では変化球的なキャラクターとして「ダフィー・ダック」が初登場し、1940年の『野生のバニー』ではブルックリン訛りで大胆不敵の「バッグス・バニー」が初登場します。こうしたキャラクターによってルーニー・テューンズは高い人気を得るようになります。



また、MGM(※26)は、一足遅れて1940年よりウィリアム・ハンナ(※27)とジョセフ・バーベラ(※28)の2人のアニメイターによって、体が大きくて凶暴だがどこか憎めないところのあるネコと頭脳明晰なネズミのドタバタ劇を製作しました。その作品の成功を受けて、猫とネズミの新しい名前が募集されました。そして猫には「トム」、ネズミには「ジェリー」という名前が付けられました。本シリーズは日本を含め世界中で大人気となり、アカデミー賞の受賞本数ではミッキー・マウスやルーニー・テューンズを凌ぐほどのヒットでした。

※26 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM) は、1924年に設立されたアメリカの映画会社です。

※27 ウィリアム・ハンナ(1910年〜2001年)は、アメリカのアニメイターです。

※28 ジョセフ・バーベラ(1911年〜2006年)は、アメリカのアニメイター、アニメ監督です。



1941年にアメリカが第二次世界大戦に参戦すると、こういったアニメイション・キャラクターも“徴兵”されました。真珠湾攻撃の翌日、アメリカ政府は戦時体制への協力を国内産業に求めます。アメリカ軍はディズニー社が南カリフォルニアのバーバンクに構えていた本社に立ち入り、近くにあったロッキード社(※29)の工場を守るための拠点としました。ディズニーは、その後軍隊向けの教育・訓練動画や一般向けのプロパガンダ映画を多く製作するようになりました。一方でポパイはそのキャラクター柄から海兵隊の一員となり、ナチスや日本海軍と戦う様子を描いた短編アニメイションが製作されました。

※29 ロッキード社とは、1912年に設立されたアメリカの航空機メーカーです。



また、ディズニーを始め、各映画ストゥディオの人気キャラクターは軍隊のエンブレムに用いられ、兵隊の団結力と士気を高める一躍を担ったとされています。アニメ・キャラがこのように使われたのは、第二次世界大戦で始まったことではありません。1920年代終盤にアメリカ海軍の爆撃飛行隊は、導火線に火がつけられた爆弾を抱えるフィリックスをマスコットとして使用するようになりました。このエンブレムは今でも使用されています。



4. Hollywood Joins the War

Most of the feature films that Hollywood produced in the late 1930s either didn’t touch on the wars going on in Asia and Europe at all, or they only made reference to them in roundabout ways. But as the fighting raged on and the specter of war crept closer and closer to American shores, Hollywood directors started to address the war in more direct ways.

Since the early days of Hollywood, war films—which are inherently dramatic, cinematic, and epic—have been a critically and commercially popular genre. The first Academy Award for Best Picture (then called Outstanding Picture) was awarded to the 1927 film Wings, which is set during World War I and features some of the most realistic aerial combat sequences from the Golden Age of Hollywood.

Even those early War films had the power to emotionally affect and inspire people—a power that certain people feared could lead America down the wrong path. Many religious groups argued that movies had the power to influence the American public’s behavior and values and had the potential to lead to moral decline. To placate those fears, Hollywood would agree self-impose the Hays Code and remove morally questionable content from their films (see CINEMA & THEATRE #029 for more on the Hays Code). Fear of new forms of media has existed throughout modern history; critics in the late 20th century feared that TV would corrupt the minds of younger generations, and critics in the 21st century have argued that the internet and social media are ruining the coming generation of Americans. It likely didn’t help that cinema is all about illusion.

For several years leading up to America’s entry into World War II, Hollywood was becoming increasingly cautious about the content of its films. The arrival of talkies in the 30s had transformed moviegoing into a national pastime, with over half of the adult population going to the theater at least once a week. There was a fear that Hollywood could stoke public opinion to shift towards intervention.

Many of the major studio heads and big-name movie directors were Jewish, or immigrants, or both. Filmmakers like Frank Capra (*30) and William Wyler (*31) grew increasingly uneasy as the Nazi’s swept across Europe. At the same time, studio heads did not want to lose the European market. Many would have preferred to stay neutral and uninvolved in the conflict.

*30 Frank Capra (1897-1991) was an Italian-American film director, producer, and writer.

*31 William Wyler (1902-1981) was a German-Swiss film director, producer, and screenwriter.

However, by mid 1940, German forces had occupied France, Belgium, Holland, and Norway, and they began bombing raids against London and other British cities. In June 1941, Nazi Germany invaded the Soviet Union, effectively terminating the non-aggression pact it the two countries had signed just two years prior. As the Nazi occupation grew across the pond, Hollywood was finally pushed to a place where it could ignore the war no longer. Filmmaker Howard Hawks (*32), known for films like the screwball comedy Bringing Up Baby, directed Sergeant York (1941), a biopic about a decorated American war hero from World War I. The film became the highest-grossing film of the year. The aforementioned William Wyler directed Mrs. Miniver (1941), a drama that depicted how the war was affecting life in rural England and ends in a rousing sermon that characterized the war as a battle to protect the freedom of all people. In the middle of production, Japanese forces attacked Pearl Harbor. Frank Capra, unable to stand on the sidelines any longer, and determined to prove himself flew to Washington D.C. and began making a series of films with the goal of communicating to Americans “why we fight.”

*32 Howard Hawks (1896-1977) was an American film director, producer, and screenwriter.

(Read part two here)

4. ハリウッドが参戦するまで

1930年代後半のハリウッドが製作していた長編映画のほとんどは、ヨーロッパとアジアで繰り広げられる戦争にそもそも触れないか、あるいはそれを他人事のように婉曲に扱ったような作品ばかりでした。しかしこの世界大戦の影響がアメリカにも及ぶようになると、戦争を題材に扱った劇映画が次々と製作されるようになり、やがてプロパガンダ的ドキュメンタリー映画も数多く製作されるようになりました。

そもそも“戦争映画”はハリウッドの初期から人気のジャンルで、そのテーマからしてドラマに富んでいることから、興行成績のみならず高い評価を受けた作品が多く製作されてきました。第1回アカデミー賞で作品賞をとったのも、第一次世界大戦を題材にし、空中戦を美化した『つばさ』(1927年)です。

こうした作品に対して、当初から感情を高まらせ、脳を刺激するようなハリウッドの映画の製作方法に対して懸念を抱く人たちは少なくありませんでした。サイレント映画が普及し始めた頃から、アメリカの宗教団体などは「映画というものは、国民の行動や価値観に大きく影響し、 道徳の低下に繋がる危険性がある」と訴えていました。そういった心配を和らげるために、ハリウッドは1930年代にヘイズ・コード(CINEMA & THEATRE #029)を導入し、自主規制をするようになりました。20世紀後半には「テレヴィが若者の脳を腐らせている」、21世紀に入ってからは「インターネットやSNSが若者をダメにしている」と言われることが多いですが、新しいメディアに対する不安は、いつの時代にもあるようです。

アメリカが本格的に第二次世界大戦に参戦する前の数年間、ハリウッドは映画の製作に対してかなり慎重になっていました。30年代における”トーキー”の普及によって、映画鑑賞はアメリカ人のライフスタイルの一部となり、国民の大人の半数以上が最低週に1度は映画館へ足を運んでいました。ハリウッド映画はアメリカ人の倫理観を腐敗させていると思われていたように、ハリウッドが映画を製作することによって「アメリカはこの戦争に参戦すべき」という国民感情が助長されるのではないかと懸念していました。

しかし、映画会社の経営者の多くはユダヤ人であり、著名映画監督の中にはフランク・キャプラ(※30)やウィリアム・ワイラー(※31)のようにヨーロッパ移民もいたことから、ヒトラー率いるナチスがヨーロッパ各地を襲撃し勢力を拡大する中、いてもたってもいられないような思いだったのでしょう。とはいえ、ハリウッドの映画会社の経営という観点からすると、ヨーロッパ市場を失いたくないという思いもあり、できるなら戦争に巻き込まれず、中立でいたいという願望もありました。

※30 フランク・キャプラ(1897年〜1991年)は、アメリカの映画監督です。

※31 ウィリアム・ワイラー(1902年〜1981年)は、アメリカの映画監督です。

しかし、1940年中頃までにはドイツ軍は、フランス、ベルギー、オランダそれにノルウェーを占領し、英国に対して空襲を始めるようになります。1941年6月には、ナチス・ドイツは独ソ不可侵条約を一方的に破棄してソ連に侵入し、独ソ戦が勃発しました。ヨーロッパで事態が深刻化する中、ハリウッド映画は戦争と向き合わざるを得ない立場に置かれます。『赤ちゃん教育』などの映画で知られていたハワード・ホークス監督(※32)は、1941年に第一次世界大戦中に実在した人物を題材にした『ヨーク軍曹』を製作し、同年の映画作品の中でも全米興行収入1位に輝きました。前述のワイラー監督は、第二次世界大戦初期の英国の田舎町の家族の日常を描いた『ミニヴァー夫人』を製作し、ドイツと戦うヨーロッパの国々がアメリカの支援を必要としていることを訴えました。本作の製作の途中に真珠湾攻撃が起こりました。もうじっとしていられないキャプラはアメリカの首都・ワシントンDCに向かい、アメリカ軍の若い兵隊と国民に向けてこの戦争への参戦の必要性を伝えるための映画作りに取り掛かります。

※32 ハワード・ホークス(1896年〜1977年)は、アメリカの映画監督です。

(後編は こちら)
keywords

#YamamotoIsoroku #MichaelBay #RollandEmmerich
#LumiereBrothers #ThomasEdison #CharlesPathe
#ParamountPictures #20thCenturyFox #UniversalPictures
#WarnerBrothers #RKO #FelixTheCat #Disney
#BettyBoop #Popeye #MGM #LooneyTunes
#FrankCapra #WilliamWyler #HowardHawks

#山本五十六 #マイケルベイ #ローランドエメリッヒ
#リュミエール兄弟 #トーマスエディソン #シャルルパテ
#パラマウント #フォックス社 #ユニバーサル
#ワーナーブラザーズ #フィリックスザキャット #ディズニー
#ベティブープ #ポパイ #ルーニーテューンズ
#フランクキャプラ #ウィリアムワイラー #ハワードホークス




CINEMA & THEATRE #031

Spoken Readings for Japanese Study
The Golden Age of Hollywood/1940s (Part one) - The History of World Cinema (2)
ハリウッドの黄金期/戦時中編 (前半) – 世界の映画史(2)
2020/07/20


CINEMA & THEATRE #031

英語力がドンドンつく学習法
The Golden Age of Hollywood/1940s (Part one) - The History of World Cinema (2)
ハリウッドの黄金期/戦時中編 (前半) – 世界の映画史(2)
2020/07/20



SHARE
FOLLOW