TwitterFacebookInstagramYouTubefeed

2020/07/06  #027
The Dawn of Cinema and the Birth of Hollywood (Part One) – The History of World Cinema (1)
映画の黎明期と“ハリウッド”の誕生 (前編) – 世界の映画史(1)


Mickey K. / ミッキーK

*Scroll to the end of the text for our video language lessons
※動画レッスンは、テキストの最後にあります



1. Prologue

This first installment in our series on the history of world cinema is divided into two parts. In part one, I start with the invention of the movies and cover the developments that lead to Hollywood becoming the epicenter of the American film industry. In part two, I cover 12 classic films from the silent era between 1900 and the early 1930s. The films, some of which are now more than a century old, not only paved the way for movies to become the dominant form of mass entertainment for much of the 20th century—they continue to exert an undeniable influence on Hollywood today.

1. プロローグ

今回から「世界の映画史」シリーズの本編に入ります。第1回の前半では、映画の黎明期から、ハリウッドという南カリフォルニアの街と産業が誕生した経緯までをたどります。後半では、1900〜30年代に話題となり、今も歴史的作品として称賛されているサイレント映画の代表作を紹介します。100年前のこうした映画作品は、現在のハリウッド映画にも強い影響を与えています。



2. The Invention of Movies

In the late 19th century, inventors around the world had begun trying to develop motion-picture machines to record and reproduce moving images. In terms of setting the stage for cinema to become a commercial enterprise, the devices invented by Thomas Edison (*1) and the Lumière brothers were particularly significant. Edison had already invented the phonograph (*2) in 1877, thus completely changing the way people were able to enjoy music entertainment at home. Hoping to provide a visual accompaniment to the phonograph, Edison tasked his young lab assistant, the Scottish inventor William K. Dickson, to invent a motion picture camera. That camera was called the Kinetograph.

*1 Thomas Edison (1847-1931) was an American inventor and businessman considered to be America’s greatest inventor.

*2 The phonograph is a device for the recording and reproduction of sound, later called a gramophone and known as a record player since the 1940s.

Because Edison intended for his motion picture device to be accompaniment to his phonograph, he did not envision movies as a communal viewing experience; instead, he asked Dickson to design a peephole viewing device, called the Kinetoscope, which was battery driven and ended up weighing more than 453 kg. Starting in 1894, Kinetoscopes were marketed commercially to be installed in places like penny arcades, hotel lobbies, amusement parks, and other spaces. At the same time, the Edison Company established its own Kinetograph studio to create films for the contraption. Initially, the studio produced in-studio films, where circus and vaudeville acts were brought into the studio to perform in front of a stationary camera.

Kinetoscope
Albert Tissandier / Public domain
Although he would later attempt to rule the domestic market with an iron fist, Edison decided not to file for international patents on both the camera and the viewing device. As a result, the devices were widely and legally copied throughout Europe, where they were modified and improved upon. It would be the Lumière brothers who would be the first to present moving pictures to a paying audience—and thus give birth to the cinema.

Fratelli Lumiere
See page for author
Public domain
A 1984 Kinetoscope exhibition in Paris inspired the Lumière brothers to invent the first commercially viable projector in 1895. Their device was called the Cinematograph, which functioned as both a camera and a projector. Compared to the Kinetoscope, the Cinematograph was hand-cranked and lightweight at less than 9 kg—and thus relatively portable. While Edison’s company initially shot in-studio motion pictures of circus acts and the like, the Lumière brothers made documentary films, called “actualities”, which were shot outdoors on location. They also sent their cameramen all over the world to capture exotic subjects, and in the process introduced cinematic technology to places as far-ranging as Russia, Australia, and Japan. At the time, both Edison’s and the Lumière brothers’ motion pictures were comprised of a single, unedited shot, with no real narrative to speak of. For audiences, their interest stemmed more from the technology than the content of the films themselves.



In 1985, the Lumière brothers started to conduct screenings of their actualities in Paris. Among the audience for a particular December demonstration was the French illusionist Georges Melies. Melies, who ran his own theater, was greatly impressed by the technology and saw potential to create the sort of illusions that could not be done live. He tried to acquire a camera from the brothers to no avail (they wanted to guard their technology, and also believed they were saving him from going down a path with no commercial potential); undeterred, Melies obtained an Animatograph projector in England, and modified it to also function as a camera. In 1897, Melies built his own studio, complete with glass-ceiling, and there he built his own sets and had actors perform the scripts he wrote himself. Through that process he began to create films with a narrative. He also pioneered and popularized film techniques that are used to this day, including dissolves (fade-ins (*3) and fade-outs (*4)), multiple exposures (*5), slow motion (*6), and more.

*3 A fade in is when an image dissolves into view from a black or white screen.

*4 A fade out is when an image dissolves into blackness or whiteness.

*5 A multiple exposures involves the superimposition of two or more exposures to create a single image.

*6 Slow motion is an effect in filmmaking where time appears to be slowed down.




2. 映画の発明

19世紀末頃、世界中の発明家たちは、動画を録画し、それを再生する技術を開発しようとしていました。中でも商業化へと繋がるきっかけを作ったという点でまず挙げなけらばいけないのが、アメリカの発明家のトーマス・エディソン(※1)です。エディソンは、1877年にレコード・プレイヤーの前身となる蓄音機(※2)を発明し、人々が自宅で音楽を楽しめるホーム・エンタテインメントの革命を起こしました。その蓄音機とセットになるような「目を楽しませるような機器」を作りたいと思ったエディソンは、東海岸のニュー・ジャージー州にあった自身が運営する研究所の若いアシスタント、ウィリアム・K・L・ディクソンに大きなコンセプトを提示し、その開発を託します。

※1 トーマス・エディソン(1847年〜1931年)は、アメリカの発明家、起業家です。

※2 蓄音機とは、録音機/再生装置のことで、エディソンが開発した蝋管式蓄音機から現在のレコード・プレイヤーの総称でもあります。

ディクソンが開発したのが「キネトグラフ」という動画カメラと「キネトスコープ」というプレイヤーでした。エディソンは蓄音機との使用を想定していたため、その映写機は大勢の人が同時に動画を観るためのプロジェクターではなく、1人がのぞき穴を通して動画が観れる“のぞき眼鏡式映写機”でした。エディソンはまた、キネトスコープ用の動画を作るストゥディオ(制作会社)を立ち上げ、初期の頃は演芸人などを呼んで固定されたカメラの前でパフォーマンスする様子を録画していました。1894年ごろからは、450kg以上もの重たさがあったキネトスコープはペニー・アーケイド(当時の“ゲーセン”)、遊園地、ホテルのロビーなどに設置されるようになります。

Kinetoscope
Albert Tissandier / Public domain
エディソンはこうしたカメラもプレイヤーの技術に関して、国際特許を申請しませんでした。その結果、これらの機器はヨーロッパ各地で模範され、その技術は改造・改修されていきました。その中でお客から料金をもらって動画を鑑賞してもらうという形を確立したのがフランスのリュミエール兄弟でした。

Fratelli Lumiere
See page for author
Public domain
1894年、写真の研究をしていたアントワーヌ・リュミエールは、首都パリでの実演でキネトスコープを目の当たりにし、弟のルイと共に動画の研究を開始しました。兄弟が開発した「シネマトグラフ」は、カメラと映写機としての機能を両方合わせもち、重さも9キロ程度で比較的移動しやすいものであったことから、各地で行われる上映会に向いていました。そこで上映されていた内容は、屋外のロケイションで撮影された、ワンショットからなる1分前後の白黒の“記録動画”でした。内容は日常の風景、イヴェント、スポーツ、ちょっとしたギャグなどで、音声が伴わないサイレント映画でした。彼らは「リュミエール協会」を立ち上げ、世界中に撮影技師(カメラマン)を派遣し、世界各地の異国的な光景を多く撮影しようと試みました。その活動を通して動画撮影と動画投影の技術がヨーロッパ各地、オーストラリア、そして日本にも伝わりました。当時はまだ、その技術は“映画”というよりかは、むしろ写真の延長としての“動画”として捉えられていました。



1895年、リュミエール兄弟はシネマトグラフで撮影した記録動画をパリで上映することを始めました。12月の実演には、魔術師のジョルジュ・メリエスが参加し、その技術に衝撃を覚えました。マジック・ショーの劇場も経営していたメリエスは、その技術を用いればステージ上での生のパフォーマンスでは実現不可能な演出が可能となると感じました。彼は独自でプロジェクターを入手し、それを改造して撮影のできるカメラを作りました。また、1897年にはガラスの天井をした撮影用のストゥディオを建て、そこでセットを組み、自分が書いた脚本を役者に演じさせました。メリエスはそれまで主流だった記録動画とは違う、物語性のある映画を作り始めました。しかもその過程で、フェード・イン(※3)やフェード・アウト(※4)、多重露出(※5)、スロー・モーション(※6)など、魔術師ならではの様々な“トリック”を発明していきました。こうしたことからメリエスは“世界初の職業映画監督”とも呼ばれています。

※3 映像編集技術としてのフェード・インとは、黒一色あるいは白一色の画面から映像が徐々に現れる効果や手法のことです。

※4 フェード・アウトとは、映像が徐々に消え、黒一色あるいは白一色の画面に変わる効果や手法のことです。

※5 多重露出とは、複数の画像を重ね合わせた写真/映像を撮影することです。

※6 スロー・モーションとは、現実よりも遅い速度で映像を再生する映像表現です。




3. The Biograph Company and the Edison Trust

Before Hollywood became the epicenter of the American film industry, most of the country’s film studios were based on the East Coast, in New Jersey—Thomas Edison's studio included. However, the cold winter months were unsuited for film production, and the companies were in need of a sunny, temperate location to set up their secondary studios.

Between the late 1900s and 1910s, many films studios set up branches in Jacksonville, Florida, which had a mild climate, an exotic feel, and a relatively cheap labor force. The local conservative establishment, however, were opposed to the idea of their city being swept up in the hubbub of filmmaking—car chases, bank robberies, and actors and actresses running around town. A conservative politician was elected mayor in 1917 based on a platform of taming the movie industry, spelling the end of Jacksonville as a film destination.

A number of other factors contributed to the shift to Hollywood. William K. Dickson, the aforementioned inventor of the Kinetoscope, left Thomas Edison’s employ in 1895. He joined inventors Herman Casler and Henry Marvin and businessman Elias Koopman in founding the American Mutoscope and Biograph Company (more commonly known as the Biograph Company) in New Jersey. The company was the first American company devoted entirely to film production and exhibition, and was one of the country’s leading producers of silent films for more than two decades. Its early films were primarily actualities, but competition from Edison and European filmmakers, in addition to advances in film technology, would spur the company to shift to the production of narrative silent films. A young man named D. W. Griffith joined the company in 1908 as a writer and actor, but would become its principal director within several months.



David Wark Griffith portrait
Unknown author
Public domain
In 1910, Griffith and his team traveled to Los Angeles in order to shoot a silent film about Native Americans in authentic locations. After setting up a small local facility, the group went a little further north to a small village called Hollywood as part of their location scouting (*7). Griffith was charmed by the beautiful floral scenery and the friendly residents, and he subsequently returned to the area a number of times, and even made the first ever film shot in Hollywood—a short melodrama called In Old California. Rumors of Hollywood, in addition to Griffith’s film, would lead a number of East Coast film studios to head west. Their exodus was also motivated by their desire to escape the iron fist of Thomas Edison.

※7 ロケイション・ハンティングとは、映画やテレヴィの制作において野外のロケ地を探すことを指す和製英語です。

At the time, Edison owned most of the major U.S. patents relating to motion picture cameras, and frequently filed patent lawsuits against his domestic competitors—crippling the American film industry as a result. In the early 1900s, the industry was dominated by two studios: the Edison Manufacturing Company and the Biograph Company. Edison’s competitors, utterly defeated, approached him in 1907 to negotiate a licensing agreement. Edison, hoping to squeeze his main competitor out of the market, excluded the Biograph Company from the agreement. The Biography Company, in turn, retaliated by purchasing the patent to a technology called the Latham film loop, which was an important feature of virtually all motion picture cameras that were then in use.

Edison sued in order to gain control of the patent, but lost, and in 1908 the two parties began negotiations. This led to the creation of the Motion Picture Patents Company (MPPC), also known as the Edison Trust. The trust included all of the major U.S. film companies, and even local branches of foreign companies like the Star Film Company—the studio run by Georges Méliès. It effectively put the entire American film industry under Edison’s purview.

Many independent film studios and filmmakers responded by moving their operations to Hollywood. There they continued to produce their films for a growing domestic market. The distance made it difficult for the MPPC to enforce its patents, and as the independent filmmakers grew their operations, it became increasingly difficult for the MPPC to file patent claims quickly enough to stop their activities. The MPPC’s authority gradually went into decline, and in October 1915 a federal court decision in United States v. Motion Picture Patents Company ruled that the MPPC’s acts were illegal under the Sherman Antitrust Act. The company was dissolved in 1918, and the American film industry would flourish as a result.

The MPPC’s decline was also sped up by the outbreak of World War I in 1914. The MPPC found itself cut off from most of the European market, which had comprised a significant part of its revenue; meanwhile, the independent filmmakers were less affected as they were mostly producing Westerns (*8) for domestic audiences. With film production largely shut down in the U.K., France, Germany, and the rest of Europe, Hollywood then found itself with not only a near-monopoly on American leisure time, but a monopoly on filmmaking in general.

*8 Western is a genre of fiction set in the second half of the 19th century in the “Old West”. Its stories primarily center on the lives of cowboys and gunfighters.


3. バイオグラフ社と“エディソン・トラスト”

ハリウッドがアメリカの映画産業の中心地となる前、前述のトーマス・エディソンの研究所を始め、アメリカの映画会社の多くは東海岸北部のニュー・ジャージー州を拠点としていました。しかし、この土地はとても寒く、日光の少ない冬場でも撮影活動を続けるための拠点を必要としていました。

1900年代終盤から1910年代にかけて多くの映画製作会社は、温暖な気候、異国的な雰囲気、比較的安価な労働者がいることから、南部のフロリダ州のジャックソンヴィルにも拠点を設置しました。ところがジャクソンヴィルの住民は、保守派であったことから、自分たちの街が映画撮影のロケとして使用されることを嫌がり、この地で映画製作を行うことに反対しました。1917年に保守派の市長が当選すると、映画製作を取り締まる動きが強まりました。このことをきっかけに映画会社の多くは西海岸の南カリフォルニアに移ることとなりました。これ以外にも映画産業が東海岸から西海岸に移り、ハリウッドが栄えた背景には、他にもいくつかの理由があります。

前述のキネトスコープを開発したウィリアム・K・L・ディクソンは、1895年にエディソンの研究所を離れ、知り合いの発明者や実業家と共に「アメリカン・ミュートスコープ&バイオグラフ社」という映画会社を東海岸のニュー・ジャージー州で立ち上げました。アメリカにおいて初めて映画製作と上映に特化した会社となったバイオグラフ社は、約20年間にわたってアメリカを代表するサイレント映画の製作会社となりました。初期は主に記録動画を製作していましたが、エディソンやヨーロッパの映画製作者などとの競合によって映画技術はどんどん発展し、やがて物語性のあるサイレント映画を製作するようになりました。バイオグラフ社からは、D・W・グリフィスという監督が有名になっていきます。



1910年、グリフィスはアメリカの先住民を題材にしたサイレント映画を製作するためにロス・アンジェレスに行きます。その際にロケイション・ハンティング(※7)のためにハリウッドという“村”を初めて訪れました。彼はその村の美しい風景とフレンドリーな住民に魅了され、その後度々当地を訪れ、ハリウッドで初めて撮影された短編映画も製作しました。映画製作に最適なその場所の噂を聞きつけた東海岸の映画会社は、その後、徐々に拠点をハリウッドに移すこととなります。その動きの背景には、トーマス・エディソンの手の届かない場所へ逃げるという目的もありました。

※7 ロケイション・ハンティングとは、映画やテレヴィの制作において野外のロケ地を探すことを指す和製英語です。

当時エディソンは、映画撮影用カメラに関するアメリカ国内の特許のほとんどを所有していて、競争企業を次々と提訴していました。結果的に1900年代のアメリカの映画業界は、エディソンの会社と、独自の映画撮影機器を用いていたバイオグラフ社の2社による独占状態となっていました。追い込まれた競合企業はエジソンに対して特許使用許可を得るための交渉をもちかけます。その結果、1907年に「エジソン特許システム」が成立します。しかし、エディソンはバイオグラフ社をこの交渉から除外したため、2社の対立は激化しました。

連邦裁での争いを経て、2社はようやく交渉をはじめ、結果的に1908年に「モーション・ピクチャー・パテント・カンパニー」(MPPC)が成立することとなります。その傘下にはバイオグラフ社のほかアメリカの大手映画会社が所属し、ジョルジュ・メリエスの米国法人なども所属していました。別名「エディソン・トラスト」とも呼ばれていたこの企業合同は、事実上アメリカの映画業界をエディソンの管理下に置くものとなりました。

ところがその後、アメリカ各地で独立系の映画制作会社が次々と現れ、その独立系の映画を上映する映画館が急速に増加することで、裁判所から特許侵害者に対する禁止命令を得るという作業が追いつかなくなります。そしてMPPCは勢いを失い、ついに1915年10月に連邦裁判所の「アメリカ合衆国対モーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニー裁判」においてMPPCの行動はシャーマン反トラスト法(独占禁止法)に照らして違法な取引制限であるという判決が下され、MPPCは終焉を迎えることとなります。このことにより、アメリカの映画産業は急速に成長し、ハリウッドへのシフトに拍車がかかりました。

この動きを更に後押ししたのが、1914年に第一次世界大戦が勃発したことです。ヨーロッパの市場が閉ざされたことは、比較的ヨーロッパ市場に頼っていたMPPCの映画会社にとっては大きな打撃となりました。一方、独立系の映画会社は主にアメリカ国内向けのウェスタン映画(※8)を製作していたため、打撃は最小限に済んだのです。そして何より、英国、フランス、ドイツなどヨーロッパ各地における映画産業が止まっていたため、ハリウッドは敵なしの状態で世界の映画界の中心となることができたのです。

※8 ウェスタンとは「西部劇」のことで、19世紀後半のアメリカの西部開拓時代を舞台とした小説、テレヴィ、映画のことです。


4. From Novelty to Entertainment

Speaking of American leisure time, the rise of Hollywood was also the result of movie theaters opening up in cities across the country. Theaters dedicated to the screening of films first appeared in the early 1900s. Until then, motion pictures could only be enjoyed by one person at a time—using a peephole device like Edison’s Kinetoscope—or, in the cases where they were shown in front of a theater audience, motion pictures were just one part of a more elaborate program that included song and dance, magic tricks, and comedy.

The first type of movie theater to take hold nationwide and become commercially successful was the nickelodeon, named after the fact that the price of admission was a nickel (five cents). Most nickelodeons were small storefront spaces with a screen in the back and around 200 hard wooden chairs for the audience. As the films shown were silent, some theaters had a piano or even involved audience sing-alongs. This type of theater quickly became popular starting around 1905, and by 1910 there were as many as 10,000 theaters across the U.S. It is estimated that around 26 million Americans were going to the movies every week during this time.

ComiqueTheatre
William James / Public domain
When motion picture projectors were first developed, audiences initially gathered to marvel at the novelty of the technology. As film studios were established and began releasing more and more films in more and more movie theaters, audiences started showing up for the films themselves. In other words, the novelty factor wore off and the content of films began to matter. During the period when films were still mostly between a minute to a few minutes long, it was the job of the exhibitor to put together a program to keep an audience entertained. As nickelodeons spread across the country, going to the movies became an American pastime . The trend soon arrived in overseas markets.

As nickelodeons flourished, movies evolved—which would, ironically, lead to the nickelodeon’s demise. As competition grew among film studios, they began to produce longer and more narratively complex works in order to set themselves apart. Single-shot films became short films with multiple shots, which then evolved into feature-length films of an hour or more in length. This would coincide with a shift from documentary films and newsreels to narrative films (*9). Longer movies also meant that audiences needed more comfortable facilities, which led to the rise of larger theaters featuring pipe organs—and sometimes even a small orchestra—to accompany a film. Feature films and rising audience numbers would drive up theater prices from a nickel to a dime (ten cents).

*9 A narrative film is a film that tells a fictional story in a way that convinces the audience that the unfolding events are real.

Another important factor behind the rise of Hollywood was the establishment of the star system (*10). In the early days of motion pictures, actors were paid by the day and were rarely credited for their work. This was partly because actors who were theatrically trained were embarrassed to appear in a medium they saw as mass entertainment for unsophisticated audiences. In addition, the MPPC did not credit actors as part of its strategy to hold onto control and profits. Independent filmmakers, on the other hand, took the approach of crediting their actors and aggressively promoting them as a way to draw audiences. This would lead to the rise of silent film stars in the 1910s.

*10 The star system refers to the infrastructure for creating, promoting, and exploiting stars in Hollywood films.

Read part twohere.

4. アトラクションから一大エンタメへ

こうしたハリウッドを中心とした映画産業の成長の裏には、アメリカ映画の上映専用の劇場が誕生した1900年代初期という時代が関係しています。それまで映画というものは、エディソンのキネトスコープのように1度に1人しか楽しむことができないもの、あるいは劇場で上映される場合でも、踊り、歌、手品、漫才など様々なパフォーマンスの内の1つとして位置づけられる程度のいわば見世物でした。初めて全国的に普及し、商業的に成功した映画館という形態は、“ニッケルオデオン”というものでした。入場料が“ニッケル”1枚(5セント)であることに名前が由来するニッケルオデオンは、小さなスペースに座り心地の悪い木の椅子を200席くらい詰め込んだ庶民的な劇場でした。上映されていた作品は音声が伴わない“サイレント映画”であったため、劇場によってはピアノ演奏や観客による合唱など行われることがありました。この形態は1900年代半ばごろから急速に普及し、1910年には1万軒にも登るの劇場が全国各地に存在するようになりました。毎週2600万人のアメリカ人が映画館に足を運んでいたと推測されるほどの人気を得たのです。

ComiqueTheatre
William James / Public domain
映写機が開発されて間もない頃、観客の目当ては映画の作品ではなく、その目新しい機械を見ることでした。多くの映画会社が設立され、映画作品が多く製作され、それを上映する映画館が増えると、観客は今度は映画作品を目当てに映画館を訪れるようになります。こうしてようやく、技術そのものより、作品の面白さが問われるようになったのです。こうなると、映画館主は、いろんな短編映画を組み合わせ、いかに面白いプログラムを組むかが大事になりました。こういったニッケルオデオンが普及することによって、映画は大衆向けのエンタメという地位を確立することとなりました。そしてこの流れは世界各地にも広がることとなります。

ニッケルオデオンの大繁盛は、映画作品の進化をもたらし、それは結果的にニッケルオデオンの衰退にもつながりました。映画製作会社同士の競争が激しくなるにつれ、各社は差別化を図るためにより長い、より複雑な構成の作品を製作するようになっていきます。当初は1ショットから成っていた作品は、複数のショットを編集して繋げたより長い作品となり、やがて数分から数十分程度の短編映画から1時間超の長編映画が主流となっていきました。これによって映画の内容も、記録動画やニューズの伝達から物語性のある作品、いわゆる“物語映画”や“劇映画”(※9)というものへシフトしていきました。また、映画作品が長くなると、観客はより心地良い、より良い設備を求めるようになります。こうして大型劇場のニーズが生まれました。大型劇場ではサイレント映画にパイプ・オルガンや場合によってはオーケストラの演奏が伴うようになりました。こういった映画作品や映画館の進化によって観客動員数はさらに成長し、入場料はそれまでの5セントから10セントに上昇しました。

※9 劇映画とは、フィクション(架空)の物語を語る映画のことです。

また、映画産業が20世紀初期に成長し続けた背景には、大物映画俳優を生み出す“スター・システム”(※10)の誕生も忘れてはいけません。当初は、映画に出演する俳優の名前はクレジットされていませんでした。その理由の1つは、演劇界からきた俳優にとって映画は教養のない大衆向けのものであり、そこに出演することは恥だという思いがあったからです。また、前述のMPPCは、映画俳優への支払いをなるべく抑えるためにパフォーマーの名前をクレジットしないという方針を取っていました。一方、独立系の映画会社は積極的に人気俳優の名前を売り込み、観客を惹きつける大事な要素として捉えていました。1910年ごろから映画作品の中で俳優のクレジットが表示されるようになり、それをきっかけにサイレント映画スターという存在が生まれることとなりました。

※10 スター・システムとは、高い人気を持つ俳優を起用し、その人物がいることを前提とした作品製作を行う方式です。スポーツ選手や演劇俳優に対しても使われる表現です。

後編に続きます。

keywords

#CinemaHistory #Hollywood #AmericanCinema
#SilentFilms #ThomasEdison #LumiereBrothers
#GeorgesMelies #WilliamKLDickson
#Biograph #DWGriffith #MPPC
#Nickelodeon #NewJersey #Jacksonville

#映画史#ハリウッド#アメリカ映画
#サイレント映画 #トーマスエディソン #リュミエール兄弟
#ジョルジュメリエス #ウィリアム・K・L・ディクソン
#バイオグラフ社 #DWグリフィス #ニッケルオデオン
#ニュージャージー #ジャックソンヴィル




CINEMA & THEATRE #027

Spoken Readings for Japanese Study
The Dawn of Cinema and the Birth of Hollywood (Part One) – The History of World Cinema (1)
映画の黎明期と“ハリウッド”の誕生 (前半) – 世界の映画史(1)
2020/07/06


CINEMA & THEATRE #027

英語力がドンドンつく学習法
The Dawn of Cinema and the Birth of Hollywood (Part One) – The History of World Cinema (1)
映画の黎明期と“ハリウッド”の誕生 (前半) – 世界の映画史(1)
2020/07/06



SHARE
FOLLOW