TwitterFacebookInstagramYouTubefeed

2020/06/29 #026
An Introduction to the History of World Cinema (Part Two: Chapters 9-16)
「世界の映画史」シリーズの概要 後編 (9)〜(16)
KAZOO / G・カズオ・ペニャ

*Scroll to the end of the text for our video language lessons
※動画レッスンは、テキストの最後にあります

Overview / 目次

9. Hollywood and the British Film Industry / ハリウッドと英国の映画業界の関係性

10. The Cinema of the U.K./France/Italy / 英国/フランス/イタリアの映画

11. The Cinema of Europe and Latin America / その他の世界の名作

12. The Cinema of Japan / 日本の映画

13. The Japanese Film Industry / 日本の映画人

14. The Cinema of Asia/India/Middle East / アジア/インド/ 中東の映画

15. Film Awards and Film Festivals / 世界の映画賞/映画祭

16. The Dawn of the Streaming Age / ストリーミングの時代の幕開け/世界の映画史シリーズのまとめ

Epilogue / エピローグ



9. Hollywood and the British Film Industry

In Chapter 9, we will cover the intersection of Hollywood and the British Film Industry. For example, the English comedic actor Charlie Chaplin (*1), perhaps cinema’s greatest icon, became a global star through the silent films and talkies he made in Hollywood. However, in the 40s his popularity declined rapidly for his political views and a string of affairs. In the 50s, he was accused of communist sympathies, and he was forced to leave the U.S. and settle in Switzerland.

*1 Charlie Chaplin (1889-1977) was an English actor, movie director, producer, and screenwriter best known for films like The Kid and City Lights.

Then there’s the English director Alfred Hitchcock (*2), the master of suspense who made most of his most iconic work in Hollywood, or the American director Stanley Kubrick (*3), whose dislike of the Hollywood industry led him to move to the U.K. and spend most of the remainder of his career there.

*2 Alfred Hitchcock (1899-1980) is an English movie director and producer best known for films like Vertigo and Psycho.

*3 Stanley Kubrick (1928-1999) was an American movie director, producer, and screenwriter best known for films like 2001: A Space Odyssey and A Clockwork Orange.

We will also look at the English actors who have played American icons, and the American actors who have played English icons. In recent years Welsh actor Christian Bale (*4) has played the American superhero Batman; the American legend of the screen Meryl Streep (*5) has played the Iron Lady herself, Margaret Thatcher—and even won an Oscar for her portrayal.

*4 Christian Bale (1974-) is a Welsh actor best known for films like American Psycho and The Dark Knight trilogy.

*5 Meryl Streep (1949- ) is an American actress best known for films like Kramer, Kramer and The Iron Lady.


9. ハリウッドと英国の映画業界の関係性

第9回では、ハリウッドと英国の映画業界の様々な接点について紹介します。例えば映画史最大のアイコンともされるチャーリー・チャップリン(※1)は、英国で生まれ育った後、1910年代後半からハリウッドのサイレント映画や“トーキー”に数多く出演し、世界的なスターとなりました。しかし、40年代には政治的な主張、浮気問題がメディアに取り上げられたことによってイメージ・ダウンしました。更に50年代にはいわゆる“赤狩り”によってハリウッドではブラックリストに挙げられ、ついにはアメリカを追い出されました。その後はスイスを拠点に活動しました。

※1 チャーリー・チャップリン(1889年〜1977年)は、英国の映画俳優、映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『キッド』『街の灯』などがあります。

他にもアルフレッド・ヒッチコック(※2)を筆頭にハリウッドで成功した英国出身の監督や、スタンリー・キューブリック(※3)のように英国を活動の拠点としたアメリカ出身の監督を取り上げます。

※2 アルフレッド・ヒッチコック(1899年〜1980年)は、英国の映画監督、映画プロデューサーです。代表作に『めまい』『サイコ』などがあります。

※3 スタンリー・キューブリック(1928年1999〜年)は、英国アメリカの映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』などがあります。

また、アメリカのアイコンを演じた英国の俳優や、英国のアイコンを演じたアメリカの俳優も取り上げます。近年ではウェールズ出身のクリスチャン・ベール(※4)がアメコミのスーパーヒーローのバットマンを演じて高い評価を得ました。一方、変幻自在の名女優であるメリル・ストリープ(※5)はアメリカ人でありながら、“鉄の女”として知られるマーガレット・サッチャーを演じてアカデミー賞の「最優秀女優賞」を受賞しました。

※4 クリスチャン・ベール(1974年〜)は、英国の映画俳優です。代表作に『アメリカン・サイコ』『ダークナイト トリロジー』などがあります。

※5 メリル・ストリープ(1949年〜)は、アメリカの映画俳優です。代表作に『クレイマー、クレイマー』『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』などがあります。



10. The Cinema of the U.K./France/Italy

In Chapter 10, we will look at the cinema of the U.K., France, and Italy. The British film industry has produced historical epics like Lawrence of Arabia, as well as massively popular franchises like James Bond, Monty Python, and Harry Potter.

From France, we will start with Georges Méliès, an illusionist and film director who pioneering many technical and narrative elements in the earliest days of cinema. Then we will look at the generation of French filmmakers who were influenced by the introduction of Hollywood films into Europe following the end of World War II. Young directors like Jean-Luc Godard (*7), François Truffaut (*8), and Éric Rohmer (*9) were called the French New Wave for their rejection of traditional filmmaking conventions in favor of experimentation. Their work would influence filmmakers around the world and inspire similar movements such as New Hollywood and the Japanese New Wave.

*6 Georges Méliès (1861-1938) was a French illusionist and film director best known for films like A Trip to the Moon.

*7 Jean-Luc Godard (1930- ) is a French film director best known for films like Contempt and Pierrot le Fou.

*8 François Truffaut (1932-1984) is a French film director best known for films like Les Quatre Cents Coups and Day for Night.

*9 Éric Rohmer (1920-2010) was a French film director best known for films like My Night at Maud’s and Claire’s Knee.

From Italy, we will look at masters of cinema such as Roberto Rossellini (*10) and Frederico Fellini (*11), who are known as part of the Italian neorealism movement. We will also look at the Spaghetti Westerns that emerged out of the work of Sergio Leone (*12).

*10 Roberto Rossellini (1906-1977) was an Italian film director best known for films like Rome, Open City and Paisan.

*11 Frederico Fellini (1920-1993) was an Italian film director and screenwriter best known for films like La Strada and La Dolce Vita.

*12 Sergio Leone (1929-1989) was an Italian film director best known for the Dollars Trilogy and the Once Upon a Time films.


10. 英国/フランス/イタリアの映画

第10回では、英国、フランス、そしてイタリアの映画を取り上げます。英国からは『アラビアのロレンス』などの優れた歴史映画が多く製作されている一方で、『007』『モンティ・パイソン』『ハリー・ポッター』など世界的に人気の映画シリーズが生み出されています。

フランスからは映画の創生期に多くの技術を開発し、“世界初の職業映画監督”とも言われているジョルジュ・メリエス(※6)を紹介します。また、第二次世界大戦後にハリウッドの作品がヨーロッパに輸入されるようになったことによって、映画制作会社での下積み経験をせずに、いきなりデビューした若い監督たちが現れました。ジャン・リュック・ゴダール(※7)、フランソワ・トリュフォー(※8)、エリック・ロメール(※9)などはそれまでの映画製作の常識を覆したことから“ヌーヴェル・ヴァーグ”と呼ばれました。彼らの作風や情熱は世界の映画製作者に強い影響を与え、 “アメリカン・ニュー・シネマ”や日本の“ヌーヴェル・ヴァーグ”が生まれるきっかけとなりました。

※6 ジョルジュ・メリエス(1861年〜1938年)は、フランスの映画製作者です。代表作に『月世界旅行』などがあります。

※7 ジャン・リュック・ゴダール(1930年〜)は、フランスの映画監督です。代表作に『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』などがあります。

※8 フランソワ・トリュフォー(1932年〜1984年)は、フランスの映画監督です。代表作に『大人は判ってくれない』『アメリカの夜』などがあります。

※9 エリック・ロメール(1920年〜2010年)は、フランスの映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『クレールの膝』『海辺のポーリーヌ』などがあります。

イタリアからは、“ネオ・レアリズモ運動”の騎手とされ、世界的な映画の巨匠とされるロベルト・ロッセリーニ(※10)やフェデリコ・フェリーニ(※11)を取り上げます。イタリア製の西部劇“マカロニ・ウェスタン”のブームを巻き起こしたセルジオ・レオーネ(※12)についても紹介します。

※10 ロベルト・ロッセリーニ(1906年〜1977年)は、イタリアの映画監督です。代表作に『無防備都市』『イタリア旅行』などがあります。

※11 フェデリコ・フェリーニ(1920年〜1993年)は、イタリアの映画監督、脚本家です。代表作に『道』『甘い生活』などがあります。

※12 セルジオ・レオーネ(1929年〜1989年)は、イタリアの映画監督です。代表作に『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』などがあります。


11. The Cinema of Europe and Latin America

In Chapter 11, we will look at the the cinema of other European countries like Germany, Poland, Russia, and Spain. From Germany, we will look at the directors of the New German Cinema movement, who were greatly influenced by the French New Wave: Rainer Werner Fassbinder (*13), Werner Herzog (*14), and Wim Wenders (*15). Their low-budget films enticed art film fans from around the world.

*13 Rainer Werner Fassbinder (1945-1982) is a German film director and screenwriter best known for films like The Merchant of Four Seasons and The Marriage of Maria Braun.

*14 Werner Herzog (1942- ) is a German film director best known for films like Aguirre, the Wrath of God and Grizzly Man.

*15 Wim Wenders (1945- ) is a German film director best known for films like Wings of Desire and Paris, Texas.

We will also cover the cinema of Mexico, namely the “three amigos”— Alejandro González Iñárritu (*16), Alfonso Cuarón (*17), and Guillermo Del Toro (*18)—who would achieve both critical and box office success and move filmmaking forward with technical and narrative innovations.

*16 Alejandro González Iñárritu (1963- ) is a Mexican film director, producer, and screenwriter best known for films like Amores Perros and The Revenant.

*17 Alfonso Cuarón (1961- ) is a Mexican film director, producer, and screenwriter best known for films like Children of Men and Gravity.

*18 Guillermo Del Toro (1964- ) is a Mexican film director and producer best known for films like Pan’s Labyrinth and The Shape of Water.

From Australia we will look at the work of such filmmakers as George Miller (*19), who is known for the Mad Max series. Mad Max: Fury Road is already considered one of the 21st century’s greatest action films. br>
*19 George Miller (1945-) is an Australian film director best known for the Mad Max films.

11. その他の世界の名作

第11回では、ドイツ、ポーランド、ロシア、スペインなどの映画監督やその作品を取り上げます。ドイツでは、フランスの “ヌーヴェル・ヴァーグに強い影響を受けたライナー・ヴェルナー・ファスビンダー(※13)、ヴェルナー・ヘルツォーク(※14)、ヴィム・ヴェンダーズ(※15)らが“ニュー・ジャーマン・シネマ”と呼ばれるムーヴメントを形成しました。 彼らの低予算な映画作品は世界のアート・フィルムのファンを魅了しました。

※13 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー(1945年〜1982年)は、ドイツの映画監督、映画脚本家です。代表作に『不安の魂』『マリア・ブラウンの結婚』などがあります。

※14 ヴェルナー・ヘルツォーク(1942年〜)は、ドイツの映画監督です。代表作に『アギーレ/神の怒り』『グリズリーマン』などがあります。

※15 ヴィム・ヴェンダース (1945年〜)は、ドイツの映画監督です。代表作に『さすらい』『パリ、テキサス』などがあります。

また、メキシコ出身の“スリー・アミーゴス”(3人の仲間)とも称されるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(※16)、アルフォンソ・クアロン(※17)、ギエルモ・デル・トロ(※18)もこの回で取り上げます。今も映画界を牽引するこの3人の作品は、映画撮影の技術を大きく進化させただけでなく、評論家の評価と商業的な成功も得ている、ハリウッドでは珍しい存在です。

※16 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(1963年〜)は、メキシコの映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『アモーレス・ペロス』『レヴェナント:蘇えりし者』などがあります。

※17 アルフォンソ・クアロン(1961年〜)は、メキシコの映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『トゥモロー・ワールド』『ゼロ・グラビティ』などがあります。

※18 ギエルモ・デル・トロ(1964年〜)は、メキシコの映画監督、映画プロデューサーです。代表作に『パンズ・ラビリンス』『シェイプ・オブ・ウォーター』などがあります。

他にもオーストラリア出身のジョージ・ミラー(※19)などの監督も紹介します。ミラー氏はオーストラリアを舞台とした『マッド・マックス』シリーズで知られ、最新作の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は早くも21世紀のアクション映画の最高傑作の1つといわれています。

※19 ジョージ・ミラー(1945年〜)は、オーストラリアの映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『マッドマックス』シリーズがあります。

12. The Cinema of Japan

We’ve published a number of pieces about Japanese filmmakers in CINEMA & THEATRE so far, but in this series we will take a bird’s eye view of Japanese cinema as a whole, looking at its relationship with Hollywood and the cinema of Europe, as well as highlighting the innovations that are unique to Japanese cinema culture.

No overview of the cinema of Japan would be complete without a look at how directors like Kurosawa Akira (*20) and Ozu Yasujiro (*21) became globally renown. We will also look at how a film production company called Art Theatre Guild championed Japan’s New Wave.

*20 Kurosawa Akira (1910-1998) was a Japanese film director and screenwriter best known for films like Rashomon and Seven Samurai.

*21 Ozu Yasujiro (1903-1963) was a Japanese film director and screenwriter best known for films like Tokyo Story and Late Spring.

Then there are directors like Imamura Shohei (*22), Kitano Takeshi (*23), and Koreda Hirokazu (*24), who have received acclaim and accolades at the world’s most prestigious film festivals. Meanwhile, films like the Tora-san series are quintessentially Japanese but little known outside of the country.

*22 Imamura Shohei (1926-2006) was a Japanese film director, producer, and screenwriter best known for films like Vengeance is Mine and The Ballad of Narayama.

*23 Kitano Takeshi (1947- ) is a Japanese film director and screenwriter best known for films like Violent Cop and Hana-Bi. He is also a renowned comedian known by the name Beat Takeshi.

*24 Koreeda Hirokazu (1962- ) is a Japanese film director, producer, and screenwriter best known for films like Nobody Knows and Shoplifters.

Finally, we will look at how the Japanese film industry has become increasingly insular and inward-looking, with most of its releases today being adaptations of anime properties and TV dramas.


12. 日本の映画

CINEMA & THEATRE ではこれまでも日本の映画監督を何度か取り上げてきましたが、「世界の映画史」シリーズでは、日本映画史の全体像と、ハリウッドやヨーロッパの映画界との接点や、日本独自の映画文化について紹介します。まずは日活、東宝、東映、松竹など、日本の映画史を作り上げてきた大手映画製作会社を取り上げます。

また、黒澤明(※20)や小津安二郎(※21)らの作品によって日本映画が世界で認められた経緯や、フランスの“ヌーヴェル・ヴァーグ”に影響されて立ち上がった日本の若手映画監督や、日本アート・シアター・ギルドが製作した良質のアート系映画についても取り上げます。

※20 黒澤明(1910年〜1998年)は、日本の映画監督、脚本家です。代表作に『羅生門』『七人の侍』などがあります。

※21 小津安二郎(1903年〜1963年)は、日本の映画監督、脚本家です。代表作に『東京物語』『晩春』などがあります。

他にも世界三大映画祭などで認められた今村昌平(※22)、北野武(※23)、是枝裕和(※24)らにも注目します。一方、『寅さん』シリーズに代表されるような、いかにも日本らしい人気の映画シリーズも取り上げます。

※22 今村昌平(1926年〜2006年)は、日本の映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『復習するは我にあり』『楢山節考』などがあります。

※23 北野武(1947年〜)は、日本の映画監督、脚本家です。代表作に『その男、凶暴につき』『HANA-BI』などがあります。「ビートたけし」という名義で俳優、お笑いタレントとしても活動しています。

※24 是枝裕和(1962年〜)は、日本の映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『誰も知らない』『万引き家族』などがあります。

近年では漫画やアニメ、テレヴィ・ドラマの映画化が主流となり、完全にガラパゴス化した日本の映画産業についても言及します。


13. The Japanese Film Industry

In Chapter 13, we will look at the directors, producers, screenwriters, and actors and actresses that have shaped the cinema of Japan. We will consider what Japan’s box office rankings reveal about the current state of the domestic industry. And we will also reflect on the work of Japanese film critics like Yodogawa Nagaharu (*25) and Machiyama Tomohiro (*26).

*25 Yodogawa Nagaharu (1909-1998) was a Japanese film critic known for introducing Japanese audiences to Western films.

*26 Machiyama Tomohiro (1962- ) is a Japanese editor and film critic based in the U.S.

13. 日本の映画人

第13回では、日本の映画界が支えてきた映画監督、プロデューサー、脚本家や、代表的な女優や男優を取り上げます。また、興行収入ランキングから見えてくる邦画の現状についても考えます。他にも、淀川長治(※25)や町山智浩(※26)など、日本の映画界を盛り上げてきた著名な映画評論家や、東京のミニ・シアターの存在についても紹介します。

※25 淀川長治(1909年〜1998年)は、日本の映画解説者、映画評論家です。

※26 町山智浩(1962年〜)は、日本出身の編集者、映画評論家です。


14. The Cinema of Asia/India/Middle East

In Chapter 14, we will look at the cinema of Asia, India, and the Middle East. China is known for historical martial arts epics like Hero and the Red Cliff series, while Hong Kong is known for actions films like Police Story. Actors and stunt performers like Jackie Chan (*27) and Jet Li (*28), as well as directors like John Woo (*29) have achieved global fame and completely changed the face of Hollywood action films.

*27 Jackie Chan (1954- ) is an actor from Hong Kong best known for his martial arts choreography, stunt work, and films such as Project A and Police Story.

*28 Jet Li (1963- ) is a Chinese actor best known for his martial arts choreography and films such as Fist of Legend and Hero.

*29 John Woo (1946- ) is a film director, producer, and screenwriter from Hong Kong best known for films like Face/Off and the Red Cliff series.

From Korea, we will look at directors like Park Chan-wook (*30), who is known for revenge films like Oldboy, and Bong Joon-ho (*31), whose latest film Parasite became the first foreign language film to win Best Picture at the Oscars.

*30 Park Chan-wook (1963- ) is a South Korean film director, producer, and screenwriter best known for films like Old Boy and Handmaiden.

*31 Bong Joon-ho (1969- ) is a South Korean film director and screenwriter best known for films like Snowpiercer and Parasite.

No survey of world cinema would be complete without a look at Bollywood, the film industry based in Mumbai, India. Although Bollywood films are not widely viewed by American and European audiences, the industry is one of the largest in the world, with ticket sales comparable to Hollywood. The English director Danny Boyle scored a worldwide hit with his 2008 film Slumdog Millionaire, which has been described as “Hollywood meets Bollywood”, although the movie’s gritty aesthetic bears no resemblance to traditional Bollywood films.

14. アジア/インド/ 中東の映画

第14回では、アジアや中東の映画を取り上げます。アジアからは、『HERO』や『レッドクリフ』など中国の時代劇や武俠映画や、『ポリス・ストーリー/香港国際警察』など香港発のアクション映画を紹介します。中国や香港の映画の文化は、ジャッキー・チェン(※27)やジェット・リー(※28)などの俳優や、ジョン・ウー(※29)などの監督の活動によって、ハリウッドにも進出し、アメリカのアクション映画に大変革をもたらしました。

※27 ジャッキー・チェン(1954年〜)は、香港出身の映画俳優です。代表作に『プロジェクトA』『ポリス・ストーリー/香港国際警察』などがあります。

※28 ジェット・リー(1963年〜)は、中国の映画俳優です。代表作に『フィスト・オブ・レジェンド』『HERO』などがあります。

※29 ジョン・ウー(1946年〜)は、香港の映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『フェイス/オフ』『レッドクリフ』シリーズなどがあります。

また、韓国からは、『オールド・ボーイ』などの復讐劇で知られるパク・チャヌク(※30)や、2020年のアカデミー賞で外国映画として初めて作品賞に輝いた『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ(※31)を取り上げます。

※30 パク・チャヌク(1963年〜)は、韓国の映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『オールド・ボーイ』『お嬢さん』などがあります。

※31 ポン・ジュノ(1969年〜)は、韓国の映画監督、脚本家です。代表作に『スノーピアサー』『パラサイト 半地下の家族』などがあります。

他にも、インドのムンバイを拠点としたインド映画産業全般を指す“ボリウッド”についても紹介します。インド映画は、アメリカやヨーロッパではあまり注目されないものの、東南アジアや中近東、アフリカの一部など海外で生活するインド人の間でも大人気の文化です。英国のダニー・ボイルは、2008年にボリウッド映画を強く意識した『スラムドッグ$ミリオネア』で世界の映画賞を総なめする大ヒットを博しました。


15. Film Awards and Film Festivals

In Chapter 15, we will cover film awards and film festivals from around the world. That includes the Academy Awards and the Golden Globes, as well as various prestigious critics awards. Then there are the British Academy Film Awards (or the BAFTAs), which are internationally respected, and the Japanese Academy Film Prizes, which are pretty much irrelevant outside of Japan.

In terms of film festivals, we will cover international film festivals like Berlin, Cannes, and Venice, as well as the Toronto International Film Festival, Sitges Film Festival in Spain, and Tribeca and Sundance in the U.S.

15. 世界の映画賞/映画祭

第15回では、世界の映画賞や映画祭を取り上げます。アメリカからはアカデミー賞やゴールデングローブ賞はもちろんのこと、全米映画批評家協会賞や放送映画批評家協会賞など、映画批評家が授与する名誉ある賞を紹介します。また、世界的な賞とされる英国のアカデミ賞であるBAFTA賞や、日本国外ではほとんど知られていない日本アカデミー賞についても言及します。

映画祭については、世界三大映画祭とされるベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭はもちろんのこと、カナダのトロント国際映画祭やスペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭や、アメリカのインディペンデント系の映画祭であるトライベッカ映画祭とサンダンス映画祭なども取り上げます。


16. The Dawn of the Streaming Age

In Chapter 16, we will look at how video streaming services have changed the industry landscape—and the way we consume movies. Today, Netflix has grown so big that it releases a new feature-length film or TV series seemingly every week. Films like Alfonso Cuaron’s Roma, which was distributed by Netflix, have even won critical accolades. The movie theater industry had already been hurting as a result of the spread of these services, and the COVID-19 pandemic has only made things bleaker. Major movie studios have been releasing some of their films online while continuing to push back the theatrical debut of their tentpole films for the year. With film festivals canceled around the world, independent filmmakers are especially struggling with finding ways to get their movies out there.

16. ストリーミングの時代の幕開け

近年では映像配信サーヴィスが急速に発展を遂げ、中でもNetflixは現在毎週のように新しい映画作品を発表しています。アルフォンソ・キュアロンの『ローマ』のように、一部映画賞を受賞するほど評価される作品も出ています。ただでさえ映画館離れが注目されていた中、新型コロナウイルスの感染拡大によって観客の足はますます映画館から遠ざかり始めています。

世界の大手映画会社は、今年の目玉となるはずだった新作映画の発表を次々と遅らせ、一部の作品に関してはオンラインでのみの配給を試みるほど、切羽詰まった状況となっています。また、世界の映画祭も次々と中止となった結果、インディペンデント映画の監督たちはNetflixなどのプラッドフォームで新作を発表するなど、自分たちの作品を世に送り出すチャンネルを必死に模索しています。

最終回である第16回では、映画業界の現在とこの後についても言及します。


Epilogue

Compared to the Hollywood films we will look at in the first half of this series, the films coming out of Europe an Asia are generally smaller in terms of both scope and budget. Many of them are challenging art films fueled by a filmmaker’s clear vision, rather than commercial releases catering to the lowest common denominator. That's partly the result of Europe’s long tradition of arts and culture.

Countries like China, South Korea, and Japan have each fostered a distinct cinema culture. While the Japanese film industry is content to twiddle its thumbs and cater to the domestic market, South Korea cinema has made international inroads. Meanwhile, China has a market so big that it’s Hollywood that has come knocking on their door. The influence of Chinese money in Hollywood is only growing.

Here it’s important to draw a distinction between the movies that Hollywood makes and the cinema that comes out of Europe. Movies are commercial entertainment; cinema is an art form. Americans go to the movies, Europeans go to the cinema. Indeed, the word cinema comes from the French word cinématographe—the device invented by the Lumière brothers—which, in turn, comes from the Greek word “kinema”, or movement.

In that sense, Kinema Junpo—the long-running Japanese magazine specializing on the film industry—is a venerable institution. But the movies coming out of the Japanese film industry today are neither kinema nor cinema. Throughout this series on world cinema, we will also consider the place of Japanese cinema, and what its future holds.

エピローグ

後半で取り上げるヨーロッパやアジアなどの映画は、概してハリウッドに比べて産業そのものが小規模であることから低予算のものが多く、商業映画とは違う路線をいっていることが特徴的です。ヨーロッパの映画は、芸術としての長い歴史があることから、大人も楽しめるような、芸術性に富んだ作品が多く発表されており、監督たちの強いヴィジョンが表現されています。

また、中国や韓国、日本などではそれぞれ独自の映画文化が発達してきました。中でも韓国の映画業界は日本の映画産業に比べて後発ではあるものの、日本が国内市場ばかりに集中する中で果敢に世界に進出するチャンスをつかみました。また、中国はそもそも巨大なマーケットで、近年のハリウッド映画が世界的にヒットするためには中国企業がスポンサーにつくことが必要不可欠となったほど影響力を持つようになりました。

ハリウッドとその他海外の映画産業の違いを象徴しているのが、“映画”を指す言葉です。ハリウッドが製作するのは“movies”(商業目的の映画、娯楽映画)であるのに対して、ヨーロッパなどで製作されるのは“cinema”(芸術作品としての映画)と表現されます。アメリカ英語では “let’s go to the movies”というのに対して、ヨーロッパでは “let’s go to the cinema” と言います。そもそも“cinema”はフランス語の“cinématographe”に由来しており、ルーツをたどるとギリシャ語で“動き”を意味する“kinema”がその語源です。映画のルーツはヨーロッパですが、映画文化をエンタメ・ビジネスとして発達させたのがアメリカなのです。

その点では、日本の老舗映画雑誌である「キネマ旬報」は由緒正しい映画メディアといえるでしょう。しかし世界に取り残された今の日本の映画産業が生み出す作品は、残念ながら、“kinema”でも“cinema”でもないのが実情です。「世界の映画史」シリーズを通して、日本の映画界の立ち位置や今後についても考えていきたいと思います。

keywords

#CharlieChaplin #AlfredHitchcock #StanleyKubrick
#ChristianBale #MerylStreep #GeorgeMelies
#JeanLucGodard #FrancoisTruffaut #EricRohmer
#RobertoRossellini #FredericoFellini #SergioLeone
#RainerWernerFassbinde r#WernerHerzog #WimWenders
#AlejandroGonzalezInarritu #AlfonsoCuaron
#GuillermoDelToro #GeorgeMiller
#KurosawaAkira #OzuYasujiro #ImamuraShohei
#KitanoTakeshi #KoreedaHirokazu
#JackieChan #JetLi #JohnWoo
#ParkChanWook #BongJoonHo

#チャーリーチャップリン #アルフレッドヒッチコック #スタンリーキューブリック
#クリスチャンベール #メリルストリープ #ジョルジュメリエス
#ジャンリュックゴダール #フランソワトリュフォー #エリックロメール
#ロベルトロッセリーニ #フェデリコフェリーニ #セルジオレオーネ
#ライナーヴェルナーファスビンダー #ヴェルナーヘルツォーク #ウィムウェンダーズ
#アレハンドロゴンサレスイニャリトゥ #アルフォンソキュアロン
#ギエルモデルトロ #ジョージミラー
#黒澤明 #小津安二郎 #今村昌平
#北野武 #是枝裕和
#ジャッキーチャン #ジェットリー #ジョンウー
#パクチャヌク #ポンジュノ




CINEMA & THEATRE #026

Spoken Readings for Japanese Study
An Introduction to the History of World Cinema (Part Two: Chapters 9-16)
「世界の映画史」シリーズの概要 後編 (9)〜(16)
2020/06/29


CINEMA & THEATRE #026

英語力がドンドンつく学習法
An Introduction to the History of World Cinema (Part Two: Chapters 9-16)
「世界の映画史」シリーズの概要 後編 (9)〜(16)
2020/06/29



SHARE
FOLLOW