TwitterFacebookInstagramYouTubefeed

2020/06/29 #025
An Introduction to the History of World Cinema (Part One: Chapters 1-8)  
「世界の映画史」シリーズの概要 前編 (1)〜(8)
KAZOO / G・カズオ・ペニャ

*Scroll to the end of the text for our video language lessons
※動画レッスンは、テキストの最後にあります

Overview / 目次



Prologue

This is part one of a two-part introduction to our new series on the history of world cinema. These two articles will serve as an outline and mission statement for what I will cover and some of the questions I plan to explore.

First, it’s important to state here that while this series is based on the viewpoint that there are important cinematic contributions from filmmakers and filmmaking industries from all around the world, the majority of it will focus in one way or another on the Hollywood movie industry. Hollywood became the center of the film industry for a number of reasons, but perhaps the most important factor is geographic location. Los Angeles is sunny, dry place with a range of scenery, making it ideal for filmmaking. What’s more, relatively cheap real estate in a flat expanse of land meant that a range of film-related businesses were able to sprout up and flourish in the region—including production companies, different craftspeople and artists, and talent agencies. Hollywood was both an industry and a physical city. When World War I left Europe reeling, Hollywood effectively enjoyed a monopoly over the industry.

In the first half of this series, we’ll look at Hollywood history and its most important directors, actors, actresses, craftspeople and artists, as well as important genres and films.

In the second half of this series, we’ll look at filmmakers and films from the U.K., France, Italy, and other parts of Europe, as well as in Japan. We’ll see how with the U.K., a shared language did not necessarily mean a shared cinematic language with Hollywood, although the two are inextricably linked. Meanwhile, while filmmakers in France and Italy were heavily influenced by Hollywood cinema, their work naturally went in a more artistic direction. While their influence would touch Hollywood filmmakers in the late 60s and early 70s, in terms of general audiences they have greater renowned among cinema fans in Japan than they do in other areas of the world.

We’ll also look at the cinema of other parts of Asia, India and the Middle East, and Mexico and other parts of Latin America. The spread of video streaming services has made it easier than it ever has been to watch foreign cinema; who can forget South Korean director Bong Joon-ho’s Parasite becoming the first foreign language film to win best picture at the Oscars. Along with COVID-19 keeping so many of us indoors, interest in foreign cinema is at a high. With it unlikely that moviegoers will be eager to return to movie theaters anytime soon, now’s the perfect time to get acquainted with cinema from around the world.


プロローグ

今回からCINEMA & THEATREのカテゴリーでは「世界の映画史」シリーズをスタートさせます。今回と次回では、まずその全体の概要を説明しています。

世界各国から優れた映画作品は発表されていますが、映画史を語る上でその大半を占めるのがアメリカ合州国カリフォルニア州のロス・アンジェレスを拠点とした“ハリウッド”と、そこから生まれた作品です。そもそもハリウッドが映画の街として栄えた最大の理由は、地理的な条件といえるでしょう。一年中太陽が降り注ぎ、乾燥している気候は映画撮影に向いていました。また、だだっ広い平地が続いていることから比較的土地の値段も安く、映画製作の関連事業やタレントを管理するエージェンシーなども増えることができ、巨大な産業を支えるために街全体が発展を遂げました。

第一次世界大戦によってヨーロッパ諸国が大きな打撃を受けると、ハリウッドは事実上、映画産業を独占するようになりました。このシリーズの前半では、ハリウッドの歴史や著名な監督、俳優、女優、職人、そして人気のジャンルやその代表作を取り上げます。

シリーズ後半では、英国、フランス、イタリアを中心にヨーロッパの映画と日本・アジアの映画について紹介します。英国の映画産業は、米国と言語が同じということもあり、アメリカと密接に繋がって発展を遂げてきました。一方、フランスやイタリアなどではハリウッドの影響を受けながらも、芸術性の高い独自の映画文化が成長しました。それはハリウッドの映画製作者にも大きな影響を与えることとなりますが、世界的な認知度でいうと、アメリカよりもむしろ日本のインテリの間で知られています。

また、日本をはじめとするアジアの作品や、インドや中東の映画、メキシコを中心とした中南米の映画も取り上げます。特にアジアの映画作品は、近年の映画配信サーヴィスの普及によって、かつてないほど観ることが容易になった状況になりました。今年の2月に韓国のポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が外国の映画として初めてアカデミー賞の作品賞を受賞し、注目度が更に高まっています。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、映画館に足を運びにくくなった今、こういった映画のストリーミング・サーヴィスを通してハリウッド映画だけでなく世界の優れた映画に触れることをオススメします。



1. The Dawn of Cinema and the Birth of Hollywood

We begin in Chapter 1 with the pioneers of cinema. Thomas Edison (*1) invented an early motion picture exhibition device with a peephole viewer window called the Kinetoscope in the late 1800s. Just a few years later, the Lumière brothers (*2) developed the Cinématographe, a revolutionary device that would record, develop, and project motion pictures—effectively giving birth to the big screen. These developments would lead to the birth of the silent film industry in the early 20th century. As most silent films are poorly preserved, we tend to think of them as primitive, rudimentary works, but in fact a lot of our modern cinematic language was developed during this time. In the second half of the 1920s, technology would advance to the point where it became commercially practical to couple synchronized dialogue to images, creating what came to be known as “talking pictures” or “talkies”. This development would trigger a massive change throughout the industry, and in the 1930s, talked became the predominant style of cinema enjoyed by the masses.

*1 Thomas Edison (1847-1931) was an American inventor and businessman often called America’s greatest inventor.

*2 Auguste and Louis Lumière are French inventors best known for their Cinématographe motion picture system.


1. 映画の黎明期と“ハリウッド”の誕生

世界の映画史シリーズの第1回では、映画史の始まりに着目します。まず最初に、映画の発明者とされるフランスのリュミエール兄弟(※1)やアメリカのトーマス・エジソン(※2)を取り上げます。次に1910年代から1920年代後半まで続いた“サイレント映画”の時代を取り上げます。この時代の作品は保存状態が悪いものが多いことから“プリミティヴ”な作品という印象が一般的にありますが、実はこの時代に映画製作や編集の基本言語ともいうべきルールが確立されたことを忘れてはいけません。その後、映画製作や映画館の技術が発達したことによって、映像とセリフや音が同期して放映される“トーキー”が誕生します。このことは映画業界に大きな変化を巻き起こします。しかし、日本など一部の国では“サイレント映画”から“トーキー”へのシフトがなかなか進みませんでした。1930年代になり、“トーキー”は世界的に映画の主流のスタイルとなっていきました。

※1 フランスのルイとオーギュスト・リュミエールは“映画の父”と呼ばれるフランスの発明者兄弟です。“シネマトグラフ”を発明し、世界初の実用カラー写真も開発しました。

※2 トーマス・エジソン(1847年〜1931年)は、アメリカの発明家、起業家です。“発明王”という異名を持ちます。


2. From the Golden Age of Hollywood to New Hollywood

In Chapter 2, we will cover the Golden Age of Hollywood from the 30s up until the 60s, and the New Hollywood movement that followed. Up until the 1960s, major movie studios were the driving force behind the Hollywood machine. Studios operated like movie factories, each with their own stable of producers, directors, actors, and crew, all working to churn out a large number of movies—many of which were dull and generic, but some of which are now considered classics. When television started to take root in American households after World War II, Hollywood would struggle to keep up with the changing times. As a result, a new generation of young filmmakers would take the reins and start a movement that came to be called New Hollywood. They were greatly influenced by the counterculture and anti-war sentiment of the late 60s.

2. ハリウッドの黄金時代と“アメリカン・ニュー・シネマ”

第2回ではハリウッドの黄金時代と60年代末から70年代初期の“アメリカン・ニュー・シネマ”を取り上げます。1960年代ごろまでは、大手映画会社(英語で言う“ムーヴー・ストゥディオ”)がハリウッドの中心となり、それぞれの映画会社がプロデューサーやディレクター、俳優や製作スタッフを抱え、作品を大量に生産しました。しかし、戦後にテレヴィが一般家庭に急速に普及すると、映画会社の地位は揺るぎ始めます。その結果、新しい世代の監督らが主導権を握るようになります。彼らのムーヴメントは“アメリカン・ニュー・シネマ”と呼ばれ、60年代末のヒッピー運動やカウンターカルチャー運動、反戦運動と密接に繋がって成長を続けます。


3. Leading Hollywood Directors

n Chapter 3, we will look at the important movie directors from each decade starting the 70s. In the 70s, masters like Francis Ford Coppola (*3), George Lucas (*4), and Steven Spielberg (*5) rose to prominence. These directors were affectionately known as the “Movie Brats”—film-school types that had both reverence for the classics as well as the youthful energy to push the medium in new directions. In the 80s, directors like James Cameron (*6), Robert Zemeckis (*7), and Ridley Scott (*8) started creating blockbusters that captured the imagination of an entire generation of American moviegoers. In the 90s, directors like Spike Lee (*9), Quentin Tarantino (*10), Paul Thomas Anderson (*11) and the like brought independent film stylings to a large audience. This second wave of American auteurs came to be known as the “Video Generation” because they had grown up watching movies on VHS.

*3 Francis Ford Coppola (1939- ) is an American movie director, producer, and screenwriter best known for the Godfather series and Apocalypse Now.

*4 George Lucas (1944-) is an American movie director, producer, and screenwriter best known for the Star Wars series and the Indiana Jones series.

*5 Steven Spielberg (1946- ) is an American movie director and producer best known for films like Jaws and E.T.

*6 James Cameron (1954- ) is a Canadian movie director, producer, and screenwriter best known for films like Terminator 2: Judgment Day, and Titanic.

*7 Robert Zemeckis (1952-) is an American movie director and screenwriter best known for films like Back to the Future and Forrest Gump.

*8 Ridley Scott (1937- ) is an English movie director and producer best known for films like Blade Runner and Gladiator.

*9 Spike Lee (1957- ) is an American movie director and producer best known for films like Do the Right Thing and 25th Hour.

*10 Quentin Tarantino (1963- ) is an American movie director and screenwriter best known for films like Pulp Fiction and Kill Bill.

*11 Paul Thomas Anderson (1970- ) is an American movie director, producer, and screenwriter best known for films like Boogie Nights and There Will Be Blood.


3. ハリウッドを代表する映画監督 (前半 / 後半)

第3回では、70年代以降のハリウッドを代表する映画監督を時代別に取り上げます。70年代にはフランシス・フォード・コッポラ(※3)、ジョージ・ルーカス(※4)、スティーヴン・スピールバーグ(※5)といった巨匠が頭角を現しました。彼らは映画学校を卒業していたことから、ハリウッドの黄金時代に対する敬意を持ちつつも、画期的なことに挑戦する若いエネルギーがありました。80年代にはジェームズ・キャメロン(※6)、ロバート・ゼメキス(※7)、リドリー・スコット(※8)などがいわゆる“ブロックバスター作品”(大作映画)を多く発表しました。 また、90年代ごろからは、スパイク・リー(※9)、クウェンティン・タランティーノ(※10)、ポール・トーマス・アンダーソン(※11)らがインディペンデント系の映画作品を続々とリリースします。彼らはレンタルVHSのヴィデオで映画を勉強しながら育ったことから、“ヴィデオ世代”の監督とも呼ばれました。

※3 フランシス・フォード・コッポラ(1939年〜)は、アメリカの映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』があります。

※4 ジョージ・ルーカス(1944年〜)は、アメリカの映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。『スター・ウォーズ』シリーズの他、『インディ・ジョーンズ』シリーズで知られます。

※5 スティーヴン・スピールバーグ(1946年〜)は、アメリカの映画監督、映画プロデューサーです。代表作に『ジョーズ』『E.T.』などがあります。

※6 ジェームズ・キャメロン(1954年〜)は、カナダ出身の映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『ターミネーター2』『タイタニック』などがあります。

※7 ロバート・ゼメキス(1952年〜)は、アメリカの映画監督、脚本家です。代表作に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ/一期一会』などがあります。

※8 リドリー・スコット(1937年〜)は、英国の映画監督、映画プロデューサーです。代表作に『ブレードランナー』『グラディエーター』などがあります。

※9 スパイク・リー(1957年〜)は、アメリカの映画監督、映画プロデューサーです。代表作に『ドゥ・ザ・ライト・シング』『25時』などがあります。

※10 クウェンティン・タランティーノ(1963年〜)は、アメリカの映画監督、脚本家です。代表作に『パルプ・フィクション』『キル・ビル』などがあります。

※11 ポール・トーマス・アンダーソン(1970年〜)は、アメリカの映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。代表作に『ブギーナイツ』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』 などがあります。


4. Leading Hollywood Actors

In Chapter 4 we will look at leading Hollywood actors by era/decade. Legends of Classical Hollywood include Jimmy Stewart (*12), Paul Newman (*13), Humphrey Bogart (*14), and Marlon Brando (*15). In the 70s a new generation of actors ruled the screen, including Robert De Niro (*16), Al Pacino (*17), and Dustin Hoffman (*18). In the 80s, a group of young actors known as the “Brat Pack” starred in a string of coming-of-age movies. Then in the 90s, actors like Tom Hanks (*19), Tom Cruise (*20), Harrison Ford (*21), and Kevin Costner (*22) became worldwide stars. Plenty of talented Hollywood actors have risen to prominence in the 21st century as well, although it’s interesting to note that they often must first go through the rite of passage that is the modern superhero movie.

*12 James Stewart (1908-1997) was an American actor best known for films like It’s a Wonderful Life and Rear Window.

*13 Paul Newman (1925-2008) was an American actor best known for films like Butch Cassidy and the Sundance Kid and The Sting.

*14 Humphrey Bogart (1899-1957) was an American actor best known for films like The Maltese Falcon and Casablanca.

*15 Marlon Brando (1924-2004) is widely considered the best actor of all time.

*16 Robert De Niro (1943- ) is an American actor best known for films like Taxi Driver and The King of Comedy.

*17 Al Pacino (1940- ) is an American actor best known for films like The Godfather and Dog Day Afternoon.

*18 Dustin Hoffman (1937- ) is an American actor best known for films like The Graduate and Rain Man.

*19 Tom Hanks (1956- ) is an American actor best known for films like You Got Mail and Cast Away.

*20 Tom Cruise (1962- ) is an American actor best known for films like Top Gun and Mission: Impossible.

*21 Harrison Ford (1942- ) is an American actor best known for films like the Star Wars series and Blade Runner.

*22 Kevin Costner (1955- ) is an American actor best known for films like Dances With Wolves and The Bodyguard.


4. ハリウッドを代表する俳優 (前半 / 後半)

第4回ではハリウッドを代表する俳優を取り上げます。ハリウッドの黄金期ではジミー・ステュアート(※12)やポール・ニューマン(※13)、ハンフリー・ボガート(※14)やマーロン・ブランド(※15)などの伝説的な俳優が人気を博します。70年代にはロバート・デニーロ(※16)、アル・パチーノ(※17)、ダスティン・ホフマン(※18)らが頭角を現しました。80年代では新しいタイプのアクション俳優が現れる一方で、多くの青春映画に出演した若手俳優の一団である、いわゆる“ブラット・パック”が注目を浴びました。90年代に入るとトム・ハンクス(※19)、トム・クルーズ(※20)、ハリソン・フォード(※21)、ケヴィン・コスナー(※22)などが世界的スターとなりました。00年代以降も多くの優れた俳優がハリウッドから輩出されています。この時代においてはスーパーヒーロー映画への出演がある種の登竜門となったことが興味深い点です。

※12 ジェームズ・ステュアート(1908年〜1997年)は、アメリカの俳優です。代表作に『素晴らしき哉、人生!』『裏窓』などがあります。

※13 ポール・ニューマン(1925年〜2008年)は、アメリカの俳優です。代表作に『明日に向かって撃て!』『スティング』などがあります。

※14 ハンフリー・ボガート(1899年〜1957年)は、アメリカの俳優です。代表作に『マルタの鷹』『カサブランカ』などがあります。

※15 マーロン・ブランド(1924年〜2004年)は、アメリカの俳優です。「20世紀最高の俳優」に選出されています。

※16 ロバート・デニーロ(1943年〜)は、アメリカの俳優です。代表作に『タクシードライバー』『キング・オブ・コメディ』などがあります。

※17 アル・パチーノ(1940年〜)は、アメリカの俳優です。代表作に『ゴッドファーザー』『狼たちの午後』などがあります。

※18 ダスティン・ホフマン(1937年〜)は、アメリカの俳優です。代表作に『卒業』『レインマン』などがあります。

※19 トム・ハンクス(1956年〜)は、アメリカの俳優です。代表作に『ユー・ガット・メール』『キャスト・アウェイ』などがあります。

※20 トム・クルーズ(1962年〜)は、アメリカの俳優です。代表作に『トップガン』『ミッション:インポッシブル』などがあります。

※21 ハリソン・フォード(1942年〜)は、アメリカの俳優です。代表作に『スター・ウォーズ』『ブレード・ランナー』などがあります。

※22 ケヴィン・コスナー(1955年〜)は、アメリカの俳優です。代表作に『ダンス・ウィズ・ウルブズ』『ボディガード』などがあります。


5. Leading Hollywood Actresses

In Chapter 5, we will look at leading Hollywood actresses by decade. During the Golden Age of Hollywood, actresses like Elizabeth Taylor (*23), Marilyn Monroe (*24), Katherine Hepburn (*25) and Audrey Hepburn (*26) positively lit up the screen. The 70s and 80s saw the rise of free spirits like Faye Dunaway (*27) and Jane Fonda (*28) as well as acting powerhouses like Meryl Streep (*29) and child superstars like Jodie Foster (*30). In the 90s, actresses like Julia Roberts (*31), Meg Ryan (*32), and Sandra Bullock (*33) were each called “America’s sweetheart” for the charisma, beauty, and likability onscreen. From the 2000s onwards, more and more women have fought to break down old Hollywood stereotypes and forge a place for actresses beyond roles like “the love interest”. We’ll also look at the #MeToo and #TimesUp movements and Hollywood’s long overdue reckoning.

*23 Elizabeth Taylor (1932-2011) was an English actress best known for films like BUtterfield 8 and Cleopatra.

*24 Marilyn Monroe (1926-1962) was an American actress best known for films like Niagara and Gentlemen Prefer Blondes.

*25 Katherine Hepburn (1907-2003) was an American actress best known for films like Morning Glory and Guess Who’s Coming to Dinner.

*26 Audrey Hepburn (1929-1993) was an English actress best known for films like Roman Holiday and Breakfast at Tiffany’s.

*27 Faye Dunaway (1941- ) is an American actress best known for films like Bonnie and Clyde and Network.

*28 Jane Fonda (1937- ) is an American actress best known for films like Klute and Coming Home.

*29 Meryl Streep (1949- ) is an American actress best known for films like Sophie’s Choice and The Devil Wears Prada.

*30 Jodie Foster (1962- ) is an American actress best known for films like The Accused and The Silence of the Lambs.

*31 Julia Roberts (1967- ) is an American actress best known for films like Pretty Woman and Erin Brockovich.

*32 Meg Ryan (1961- ) is an American actress best known for films like When Harry Met Sally and You Got Mail.

*33 Sandra Bullock (1964- ) is an American actress best known for films like Speed and Gravity.


5. ハリウッドを代表する女優 (前半 / 後半)

第5回では、ハリウッドを代表する名女優を時代別に取り上げます。ハリウッドの黄金期にはエリザベス・テイラー(※23)やマリリン・モンロー(※24)、キャサリン・ヘップバーン(※25)やオードリー・ヘップバーン(※26)などが今でも語り継がれる伝説的なスターとなりました。70年代と80年代には、フェイ・ダナウェイ(※27)やジェーン・フォンダ(※28)など自由奔放な性格の女優や、メリル・ストリープ(※29)やジョディ・フォスター(※30)などの実力派女優が頭角を現しました。90年代はジュリア・ロバーツ(※31)、メグ・ライアン(※32)、サンドラ・ブロック(※33)らが、ラヴ・コメ、ドラマやアクション映画などで大人気となり、“アメリカのスウィートハート”と呼ばれるほどのハリウッドを象徴するスターとなりました。00年以降は、“恋愛の対象”となる役柄以外で女性が登場する作品が増え、それまでのハリウッドの常識を覆すようなアクション女優などが多く活躍するようになりました。彼女らを取り上げるこの回では、ハリウッドを始め、アメリカ社会を揺るがしている#MeToo運動についても取り上げます。

※23 エリザベス・テイラー(1932年〜2011年)は、英国の女優です。代表作に『バターフィールド8』『クレオパトラ』などがあります。

※24 マリリン・モンロー(1926年〜1962年)は、アメリカの女優です。代表作に『ナイアガラ』『紳士は金髪がお好き』などがあります。

※25 キャサリン・ヘプバーン(1907年〜2003年)は、アメリカの女優です。代表作に『勝利の朝』『招かれざる客』などがあります。

※26 オードリー・ヘプバーン(1929年〜1993年)は、英国の女優です。代表作に『ローマの休日』『ティファニーで朝食を』などがあります。

※27 フェイ・ダナウェイ(1941年〜)は、アメリカの女優です。代表作に『俺たちに明日はない』『ネットワーク』などがあります。

※28 ジェーン・フォンダ(1937年〜)は、アメリカの女優です。代表作に『コールガール』『帰郷』などがあります。

※29 メリル・ストリープ(1949年〜)は、アメリカの女優です。代表作に『ソフィーの選択』『プラダを着た悪魔』などがあります。

※30 ジョディ・フォスター(1962年〜)は、アメリカの女優、映画監督です。代表作に『告発の行方』『羊たちの沈黙』などがあります。

※31 ジュリア・ロバーツ(1967年〜)は、アメリカの女優です。代表作に『プリティ・ウーマン』『エリン・ブロコビッチ』などがあります。

※32 メグ・ライアン(1961年〜)は、アメリカの女優です。代表作に『恋人たちの予感』『ユー・ガット・メール』などがあります。

※33 サンドラ・ブロック(1964年〜)は、アメリカの女優です。代表作に『スピード』『ゼロ・グラビティ』などがあります。


6. Different Hollywood Players

In Chapter 6, we will look at different types of Hollywood players. First, there are megastars like Arnold Schwarzenegger (*34) and Sylvester Stallone (*35), who are not the type to win critical accolades, but for decades had the star power to greenlight films based on their involvement alone. Then there are actors like Clint Eastwood (*36) and George Clooney (*37), who started off as actors before becoming critically acclaimed filmmakers in their own right. We’ll also look at character actors, bit players, and actors that people love to hate for their villainous roles.

*34 Arnold Schwarzenegger (1947- ) is an Austrian-born actor, former bodybuilder, and former politician. He is best known for films like The Terminator and Predator.

*35 Sylvester Stallone (1946- ) is an American actor, movie director, and screenwriter best known for the Rocky series and Rambo series.

*36 Clint Eastwood (1930- ) is an American actor, movie director, and producer best known for films like Dirty Harry and Unforgiven.

*37 George Clooney (1961- ) is an American actor, movie director, and producer best known for films like Oceans 11 and Up in the Air.

6. ハリウッドの様々なスターの形

第6回では、様々なハリウッド・スターの形を取り上げます。例えば、ハリウッドには俳優賞をもらうような実力派俳優ではないが、その1人の名前が挙がるだけで映画会社のゴーサインが出るような人気スターを紹介します。その代表例が、80年代にアクション俳優というひとつの“ジャンル”を作り出したアーノルド・シュワルツェネッガー(※34)やシルヴェスター・スタローン(※35)などです。また、クリント・イーストウッド(※36)やジョージ・クルーニー(※37)など、映画俳優からキャリアをスタートさせ、後に監督やプロデューサーとしても評価を得た俳優も取り上げます。他にもハリウッドの名脇役や名悪役にも着目します。

※34 アーノルド・シュワルツェネッガー(1947年〜)は、オーストリア出身の俳優、元ボディビルダー、元政治家です。代表作に『ターミネーター』『プレデター』などがあります。

※35 シルヴェスター・スタローン(1946年〜)は、アメリカの俳優、映画監督、脚本家です。代表作に『ロッキー』『ランボー』などがあります。

※36 クリント・イーストウッド(1930年〜)は、アメリカの俳優、映画監督、映画プロデューサーです。代表作に『ダーティ・ハリー』『許されざる者』などがあります。

※37 ジョージ・クルーニー(1961年〜)は、アメリカの俳優、映画監督、映画プロデューサーです。代表作に『オーシャンズ11』『マイレージ、マイライフ』などがあります。


7. Significant Genre Films in Cinema History

In Chapter 7, we will look at a variety of different film genres and their most acclaimed works. Genre films are movies that were produced with the intent of fitting into a specific genre or catering to an existing audience. A prominent example is the crime film genre, which can be further divided into subgenres like noir, gangster films, and heist films. There’s the road movie, which is a classic genre tailor made for a car-dependent culture like America. Then there’s the survival film, where a man or woman goes up against the elements.

Genres like sci-fi and horror also have massive dedicated followings. Sci-fi films can be set in space, or deal with aliens, or explore theoretical technology like time machines. The horror genre encompass splatter films, zombie films, and psychological thrillers, among others. Many of these types of films are low-budget B movies, and many end up as box office failures but experience longevity as cult classics.

Then there are comedies. In general, Hollywood, the Academy, and the general public tend to view comedy as a lesser art than drama; the industry’s most prestigious awards reserved for Dramas with a capital “D”. But comedies remain one of the most popular forms of Hollywood entertainment, from heartwarming dramedies to slapstick, from black comedies to parody and satire. There are romantic comedies and action comedies. Many coming-of-age films have strong comedic elements.

Musicals are another important film genre. For much of the Golden Age of Hollywood, musicals were the industry’s bread and butter. In the second half of the 20th century, as Hollywood tastes shifted to films that were more realistic, fantastical musicals became more niche than mainstream. And the animated musicals produced by Disney have made the genre largely children-oriented.

Speaking of children, superhero films from studios like Marvel and DC have become so successful and so omnipresent in our culture that it sometimes feels like they are the main form of entertainment being churned out by the Hollywood machine today. Tim Burton’s Batman and Christopher Nolan’s Dark Knight trilogy have shown that superhero movies can be for adults, too.

Lastly, Hollywood has produced many films based on historical events and true stories. The majority of war films attempt to capture the horror and pointlessness of war; many historical epics and biopics tend to glorify of sugarcoat history. Then there are films like All the President’s Men and Erin Brockovich that focus on less epic but nonetheless dramatic moments and people. As an extension of these types of films we will also cover documentaries.

7. ジャンル映画の魅力

第7回ではいくつかのコラムに分けて、いわゆる”ジャンル映画”を取り上げます。“ジャンル映画”とは、大衆を想定した大作映画や定義が曖昧な“ドラマ映画”とは違って、ある特定のジャンルやそのジャンルのファン層を想定して製作された映画のことです。代表的なジャンルにはギャングスターなどの活動を取り上げた“クライム映画/マフィア映画”、『オーシャンズ11』のように凄腕の泥棒のグループが強盗を起こす“ハイスト映画”、主人公が過去から逃れるために車の旅に出る“ロード・ムーヴィー”、人間が大自然の中で生き延びようとする“サヴァイヴァル映画”などがあります。

また、SF映画やホラー映画も根強いファン層が存在するジャンルです。SF映画には宇宙を舞台にした作品もあれば、例えばタイム・スリップなどの科学技術をテーマにした作品もあるなど、多くのサブジャンルが含まれます。ホラー映画も同様で、殺人鬼が無差別に人を殺す“スプラッター系”の作品もあれば、ゾンビ映画のようなSF寄りのものもあります。視聴者を精神的な恐怖に追い込む“サイコ・スリラー”というタイプの映画も人気があります。また、こういったジャンル映画の多くは低予算で製作されるものが多く、いわゆる“B級映画”や、商業的には不発に終わるが後に信者を生み出す“カルト映画”が多いことも特徴的です。

コメディ映画もハリウッドの人気の映画ジャンルです。例えどんなに優れた作品でも、コメディは広くいうと“ドラマ映画”とは違う“娯楽映画”に分類されるため、アカデミー賞の作品賞を受賞することはまずありません。コメディ映画の中でも、心が温まるような作品もあれば、ギャグを中心とした“おバカ系”、風刺的な要素の強い”パロディ映画”、男女関係を中心とした “ラヴ・コメ”などのサブジャンルがあります。いわゆる“青春映画”の多くにもコメディの要素が含まれています。

また、20 世紀前半のハリウッドでは、ミュージカルは娯楽映画の定番とされていました。20世紀後半はより“リアル”な作品が主流となり、ファンタジー的なミュージカル映画は現在は特殊的なジャンルという位置付けになっています。ディズニーなどが製作するアニメイション映画の多くがミュージカルであることから、子供向けの映画というイメージが定着しました。

子供向けの映画でいえば、アメコミを映画化した作品は80年代〜90年代から数多くの作品が製作されてきました。2000年代以降はマーベル・スタジオが製作した『アベンジャーズ』などの作品が興行的に大成功を収め、今やスーパーヒーロー映画は娯楽映画の主流になったとさえいえるのではないでしょうか。一方、ティム・バートンの『バットマン』やクリストファー・ノーランの『ダーク・ナイト』などの大人も楽しめる作品は、映画ファンや評論家の間でも高い評価を受け、“大人向け”のスーパーヒーロー映画というジャンルを開拓しました。

そしてハリウッドは歴史的な事件や実話に基づいた作品を数多く製作してきました。戦争がもたらす苦しみをリアルに描いた戦争映画もあれば、歴史を美化した時代劇や伝記映画も定番のジャンルです。ウォーターゲート事件を調査したジャーナリストを題材とした『大統領の陰謀』や環境運動家の葛藤を描いた『エリン・ブロコビッチ』などのようなスケールは小さいものの心に残る優れた作品も多く存在します。こういった映画の延長として、ドキュメンタリー映画もこの回で取り上げます。


8. Hollywood’s Artists

In Chapter 8, we will focus on the craftspeople and artists that make Hollywood films come to life. First we will look at acclaimed screenwriters and films highly regarded for their scripts. As the famous saying goes, “It's possible to make a bad movie out of a good script, but you can't make a good movie out of a bad script.”

Then there are famous authors whose works have been frequently adapted into films, such as Stephen King (*38) and Michael Crichton (*39). These days it often seems like Hollywood has just run out of original ideas and is over-reliant on proven properties, but films like The Shawshank Redemption (1994) and Jurassic Park (1994) show that some film adaptations can be classics.

*38 Stephen King (1947- ) is an American author best known for his horror novels. His most famous works include Carrie and The Shining.

*39 Michael Crichton (1942-2008) was an American author and movie director best known for Jurassic Park and the TV series ER.

We will also look at composers known for their film scores and some of the most iconic soundtracks of all time. Unlike a pop or rock album, a good soundtrack is more than just a collection of good tunes—it reflects and amplifies story, setting, and characters’ emotions in a subtle and unintrusive way. For example, even someone who has never seen a Star Wars movie would recognize John Williams’ “Imperial March” and brace themselves for whatever ominous thing is about to come around the corner.

*40 John Williams (1932- ) is an American composer, arranger, and conductor.

Cinematographers, costume designers, and makeup artists are just some of the other indispensable professionals that create movie magic. This is an area where several Japanese artists have received recognition: costume designers Ishioka Eiko (*41) and Wada Emi (*42), and in recent years makeup artists Kazu Hiro (*43), who has won the Academy Award for Best Makeup and Hairstyling two times.

*41 Ishioka Eiko (1938-2012) was a Japanese art director and designer.

*42 Wada Emi (1937- ) is a Japanese costume designer.

*43 Kazu Hiro (1969- ) is a Japanese-born makeup artist.

Read part two here.

8. ハリウッドを代表する職人

第8回では、ハリウッドを支える様々な“職人”に注目します。まずは優れた脚本家やシナリオが輝いている映画作品を取り上げます。「優れた脚本を基に駄作の映画を作ることは可能だが、ダメな脚本からは良い映画作品を作ることは不可能だ」という名言があるように、ハリウッドの名作と呼ばれる映画には、必ず優れた脚本があります。

また、スティーヴン・キング(※38)やマイケル・クライトン(※39)など、人気映画の原作となった小説を多く発表している作家もこの回で取り上げます。近年は商業目的でヒットした文学作品を無理やり映画化するケースが目立ちますが、中には『ショーシャンクの空に』(1994年)や『ジュラシック・パーク』(1994年)など原作に劣らない名作映画も存在します。

※38 スティーヴン・キング(1947年〜)は、アメリカのホラー小説家です。代表作に『キャリー』『シャイニング』などがあります。

※39 マイケル・クライトン(1942年〜2008年)は、アメリカの小説家、映画監督です。代表作に『ER』『ジュラシック・パーク」などがあります。

また、映画サウンドトラックの名手と呼ばれている作曲者も取り上げます。優れたサウンドトラックというものは、単純にキャッチーな曲を並べたものではなく、映像とマッチングし、ストーリーや登場人物の心境を私たちが気付かない形ですんなり伝えてくれるために不可欠な存在です。例えば『スター・ウォーズ』シリーズの作品を見たことがない人でも、ジョン・ウィリアムズ(※40)が作った『帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)』がかかれば、誰もが悪役が何かを企んでいるような、不吉な空気を感じてしまうことでしょう。

※40 ジョン・ウィリアムズ(1932年〜)はアメリカの作曲家、編曲家、指揮者です。

他には息を呑むような映像美や、ワンカットの長回しなどで観客を釘付けにさせた有名な撮影監督や、映画史に名を残すコスチューム・デザイナーやメイクアップ・アーティストなども紹介します。このカテゴリーには、石岡瑛子(※41)やワダ・エミ(※42)など優れた日本人のアーティストが存在します。近年はアカデミー賞の「メーキャップ&ヘアスタイリング賞」を2度受賞しているカズ・ヒロ(※43)が話題になったことが記憶に新しいです。

※41 石岡瑛子(1938年〜2012年)は、日本のアート・ディレクター、デザイナーです。

※42 ワダ・エミ(1937年〜)は、日本の衣装デザイナーです。

※43 カズ・ヒロ(1969年〜)は、日本出身のメイクアップ・アーティストです。

後半はこちらからご覧いただけます。
keywords

#FrancisFordCoppola #GeorgeLucas #StevenSpielberg
#JamesCameron #RobertZemeckis #RidleyScott
#JamesStewart #PaulNewman #HumphreyBogart
#MarlonBrando #ElizabethTaylor #MarilynMonroe
#KatherineHepburn #AudreyHepburn
#IshiokaEiko #WadaEmi #KazuHiro

#フランシス・フォード・コッポラ #ジョージ・ルーカス #スティーヴン・スピールバーグ
#ジェームズ・キャメロン #ロバート・ゼメキス #リドリー・スコット
#ジミー・ステュアート #ポール・ニューマン #ハンフリー・ボガート
#マーロン・ブランド #エリザベス・テイラー #マリリン・モンロー
#キャサリン・ヘプバーン #オードリー・ヘプバーン
#石岡瑛子 #ワダ・エミ #カズ・ヒロ




CINEMA & THEATRE #025

Spoken Readings for Japanese Study
An Introduction to the History of World Cinema (Part One: Chapters 1-8)  
「世界の映画史」シリーズの概要 前編 (1)〜(8)
2020/06/29


CINEMA & THEATRE #025

英語力がドンドンつく学習法
An Introduction to the History of World Cinema (Part One: Chapters 1-8)  
「世界の映画史」シリーズの概要 前編 (1)〜(8)
2020/06/29



SHARE
FOLLOW