2018/10/15   #006
Japanese Film Directors With an International Reputation
②Palme d’Or Winner Kore-eda Hirokazu
海外で評価されている日本人の映画監督
②カンヌ国際映画祭においてパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督
For the second installment in my series of columns about Japanese masters of cinema, I’d like to feature Kore-eda Hirokazu, who won the Palme d’Or earlier this year for his latest film at the 71st Cannes Film Festival.

前回の大御所の日本映画の巨匠に続いて、今回は2018年、第71回カンヌ国際映画祭において最優秀賞であるパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督についてご紹介していきます。


■About Kore-eda Hirokazu(1962-)

With Kore-eda lifting the Palm d’Or for his 2018 film Shoplifters, he has rightfully earned a place among Japan’s film greats. After graduating from Waseda University, he joined TV production company TV Man Union. In the 90s, he started producing documentary programs focusing on socially-conscious themes and the everyday lives of regular people, which largely shaped the direction of the films he would go on to make. He made his directorial debut with Maborosi (1995), which won a Golden Osella Award for Best Director at the 52nd Venice Film Festival. His films often deal with the lives of children and familial bonds, and he has a reputation for drawing memorable performances out of child actors.

■是枝裕和監督(1962-)

2018年の作品『万引き家族』がパルム・ドールを受賞し、名実ともに日本を代表する監督の一人となった是枝裕和。早稲田大学卒業後、番組制作会社テレビマンユニオンに入社し、90年代にはドキュメンタリー番組を作るようになり、社会派なテーマや一般人の生活に寄り添ったその内容は、後に映画作品の方向性に大きな影響を与えました。1995年に『幻の光』で監督デビューし、第52回ヴェネツィア国際映画祭で金オゼッラ賞を受賞しました。子供や家族の絆をテーマにすることが多く、特に是枝が引き出す子役の演技は、高い評価を得てています。

Nobody Knows(2004)

After being abandoned by their mother, four young siblings must cope with the aftermath and rapidly deteriorating living conditions. This is Kore-eda’s exploration of the state of the family unit in modern Japanese society. The four siblings were all played by first-time actors, and Kore-eda went to great lengths to draw out natural performances, including telling the young actors as little as possible about their characters and experimenting with fixed camera positions. Lead actor Yuya Yagira became the first Japanese person to win Best Actor at the 2004 Cannes Film Festival.

『誰も知らない』(2004年)

母親が失踪し、置き去りにされた4人の兄弟が過酷な状況下で生活する様子を描き、現代社会における家族のあり方を問いかけた作品です。4人兄弟には全員新人が起用され、是枝は彼らにより自然な演技をさせるために役柄については最小限しか伝えず、カメラの置き場所など様々な工夫をしたそうです。主演の柳楽優弥は、2004年のカンヌ国際映画祭において、日本人として初めて最優秀主演男優賞を受賞しました。



Still Walking(2006)

One summer day, an elderly couple’s second-born son brings his family to visit his childhood home. But what seems like just another day... The nature of the occasion is gradually revealed to great effect. The themes of familial relationships and generational differences evokes Tokyo Story, as do the minimal camera movements and low, knee-high position. The Ozu Yasujiro influences are especially strong here. The film was inspired by the memory of Kore-eda’s own mother.  

『歩いても 歩いても』(2006年)

ある夏の日、家族を連れて老父婦が暮らす実家に帰省した次男。だがそれはただの日ではなかった・・・。その帰省の理由が徐々に明らかになっていくストーリー展開が見事です。また、家族関係や世代間のギャップなどのテーマは『東京物語』を彷彿させ、カメラの動きが少ない事や膝くらいの高さのカメラ・ポジションも小津安二郎の強い影響が伺えます。是枝は自身の家族を元にした話だと語っています。


Like Father, Like Son (2013)

One day, a husband and wife are asked to come in to the hospital for something important, and they learn that their son was switched at birth with another. The plot is pure melodrama, but Fukuyama Masaharu has received high praise for his portrayal of the protagonist’s struggle with what it means to be a father. The film reportedly received a roughly 10-minute standing ovation after it was shown at the 66th Cannes Film Festival, and won the Jury Prize. Side note, apparently there is a Hollywood remake in the works, because of course there is.  

『そして父になる』(2013年)

ある日、病院から「重要なお知らせがある」と呼び出され、出生時に息子の取り違えが起きていたことを知る夫婦。メロドラマ的なプロットでありながら、福山雅治が演じる主人公が「父のあり方」について葛藤する姿は、見事な演技との評価があります。第66回カンヌ国際映画祭において、上映後に約10分間のスタンディング・オベイションがおこり、審査員賞を受賞しました。因みに、現在ハリウッドでリメイク版が製作されているそうです。


Our Little Sister(2015年)

This is the film adaptation of a manga by Yoshida Akimi. When three sisters learn that their absentee father, who has been out of their lives for 15 years, has passed away, they decide to attend the funeral. There they meet the little sister from another mother that they didn’t know they had. The eldest daughter asks her if she’d like to live with them at their house in Kamakura, and thus begins their new arrangement. The four sisters gradually deepen their bond as they experience the trials of everyday life. 

『海街diary』(2015年)

吉田秋生による漫画を映画化した作品。15年前に家を出た父親が亡くなり、葬儀に参加した3姉妹は、そこで腹違いの妹に出会います。長女はその妹に“海街”鎌倉で一緒に暮らさないかと持ちかけます。そこから様々な生活の葛藤を通して、4姉妹は絆を深めていきます。第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞しました。


Shoplifters(2018年)

This film depicts a family on the margins of society, where father and son resort to shoplifting so that the family can get by. The central theme is about the state of families in modern Japanese society. Kore-eda won the Palme d’Or at the 71st Cannes Festival, the first director to do so in 21 years after Inamura Shohei for Unagi.

『万引き家族』(2018年)

社会の底辺に暮らし、生活をやりくりするために父と息子が万引きする家族の日常を描いた作品です。こちらも現代社会における家族のあり方がテーマとなっています。日本人監督作品としては今村昌平の『うなぎ』以来、第71回カンヌ国際映画祭において、21年ぶりにパルム・ドールを獲得しました。




The State of Films for the Sophisticated Adult

There are many criticisms that could be leveled at the Academy Awards (a.k.a the Oscars), but the quality of its selections has remained consistently excellent. If you ask me, the Oscars, along with the Grammys, are one of American culture’s greatest legacies.

On the other hand, Japanese film awards and music awards are half-baked and practically unwatchable.

Generally speaking, Americans will acknowledge and respect quality for what it is. Japanese, on the other hand, tend to be all to eager to nitpick.

I believe this is because the Japanese do not understand the difference between critique and criticism. Japanese “intellectuals” see the act of spotting flaws and dishing out criticism as an intellectual pursuit (the same can be said about the country’s leftists ~~~). At its heart, to critique a work of art is to assess and lay out its worth. It is the way a critic puts forth their philosophies through the works of others.

The Oscars and the Grammys have long been about recognizing and reckoning with truly great works of art rather than deferring to an indicator as unsophisticated as how much money something made.

Critical efforts such as these are absolutely necessary if films and music are to possess cultural value. Unless great art and great artists are supported, culture and the arts will cease to develop.

Meanwhile, the Japanese content industry is only interested in selling easily marketable products over a short-term span. As a result, the scene is overflowing with the kind of easily dismissed films and music that can be thrown into the junk pile.

So it’s no surprise that talented Japanese who work in the film industry would want to work in the U.S., where a person can make a name for themselves based on their own merit. That goes for Tsuji Kazuhiro, who won an Academy Award for Best Makeup and Hairstyling in 2018, Eiko Ishioka, who won an Academy Award for Best Costume Design in 1993 (Eiko is also known for winning a Grammy Award for Best Album Package, for designing the cover of Miles Davis’s Tutu), and Wada Emi, who won an Academy Award for Best Costume Design in 1985. Though they may not be widely known in their native Japan, they are film industry professionals with a worldwide reputation for doing good work.

Still, in recent years, the film industry in the U.S. has gravitated more and more toward franchises and film adaptations of games and comics.

Meanwhile, in Europe, the industry continues to produce films for discerning adults, and those are also the types of films that are recognized at the “big three” film festivals: Cannes, Berlin, and Venice.

In Europe, watching films is for cultured individuals.

In movie theaters in places like Paris and Rome you can expect to find discerning adults to be watching films even during standard weekday work hours. In London, many ladies and gents will take in a late show with their date on a Friday evening.

And what about the film industry back in Japan? Take a look at a list of the top grossing films ever in Japan, and you’ll find mostly anime, kids’ films, and projects produced in conjunction with TV stations. A sorry state of affairs, truly.

This is not so much the fault of people making the films as it is an indicator of the way Japanese people live and work.

With lives centered on work and kids, people seem to completely lose touch with the kinds of hobbies and aesthetic pursuits that any discerning adult ought to have.

It sounds ridiculous to even have to say this, but for the Japanese, the remedy comes in the form of more weekday social outings after work—going out with friends and/or family to dinner, theater, the cinema, concerts, etc.


大人のための映画は何処へ

アメリカのアカデミー賞(通称オスカー)については様々な批判があるものの、その選定のクオリティに対しては、一定の評価を持っています。音楽の分野でのグラミー賞とオスカーは、米国文化のレガシーと言えるのでは、ないでしょうか。

それに引きかえ、日本の映画賞や音楽賞のいい加減さは、目にあまるものがあります。

アメリカ人のとても良いところの1つは、“いいモノはいい”と尊敬を払うことであります。一方、日本人は、欠点にケチばかりをつける傾向があります。

日本人は、批評と批判の違いを理解できていないのではないでしょうか。日本人の“インテリ”は、欠点を見つけ出して批判することが、知性だと考えているのです(サヨクも然り)。本来、批評とは物事の価値を提示することであり、他者の作品を通じて、批評家の哲学を語ることであります。

オスカーとグラミーは、売上というわかりやすい尺度ではなく、“本当にイイ作品”を評価しようと長い間努めてきています。

こうした努力なくして、映画・音楽は、文化的価値を持ち得ないのではないでしょうか。いい作品、いいアーティストを支持することなく、文化・芸術は成長しないのです。

日本のコンテンツ産業は、売りやすい商品を短期に売ることしか興味がありません。

その結果、ジャンクな映画と音楽しか無くなってしまったのです。

なので、優れた日本の映画人は、実力で成り上がっていけるアメリカを目指します。2018年のアカデミー賞のメイキャップ&ヘアスタイル賞を受賞した辻一弘氏、1993年に衣装デザイン賞を受賞した石岡瑛子氏(1987年には、グラミー賞のマイルス・デイビスの「TUTU」のアートワークでジャケットデザイン賞を受賞)、1985年に衣装デザイン賞のワダエミ氏などは、日本では、あまり知られないものの、世界的にはとても評価の高い映画人であります。

そんなアメリカの映画界も近年は、ゲームやアメコミの原作の映画化やシリーズ物などに力を入れています。

一方、ヨーロッパにおいては、今日でも毎年多くの“大人のための映画”が製作され、三大映画祭(カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭)においても、“大人のための映画”のみが評価されています。

ヨーロッパにおいては、映画を観ることが“大人の教養”として認知されているのです。

パリやローマの映画館では、平日のビジネス・アワーでも映画を鑑賞している“大人”をよく見かけますし、ロンドンでは、金曜日のレイト・ショーには、多くの紳士・淑女のカップルがデートを楽しんでいます。

翻って、日本の映画業界は、どうでしょう。日本映画の歴代興行収入ランンキングの上位は、アニメを中心とした子供向けの作品やテレビ局とのタイアップ作品ばかりです。なんと嘆かわしいことでしょう。

これは、製作者側の問題というより、日本人の生き方、働き方が原因なのではないでしょうか。

生活が“仕事と子供中心”になり、“大人の楽しみ方”が失われてしまった結果なのでしょう。

これからの日本人には、平日でも仕事帰りに、友人や家族と外で夕食を楽しんだり、芝居や映画、コンサートなどを観に行ったりするようなライフスタイルが必要なのではないでしょうか。


Highest-grossing Films of All Time in Japan / 日本の歴代興行収入上位の映画

Spirited Away
千と千尋の神隠し
Titanic
タイタニック
Frozen
アナと雪の女王
Your Name
君の名は。
Harry Potter and
the Sorcerer’s Stone

ハリー・ポッター
と賢者の石
Howl’s Moving Castle
ハウルの動く城
Princess Mononoke
もののけ姫
Bayside
Shakedown 2

踊る大捜査線
THE MOVIE 2
レインボーブリッジ
を封鎖せよ!
Harry Potter and
the Chamber of
Secrets

ハリー・ポッター
と秘密の部屋
Avatar
アバター


Vocabulary / 用語について

Academy Awards
The Academy Awards is held annually at the end of February or the beginning of March. It boasts a longer history than even the “big three” film festivals, and is considered the most prestigious award in the film industry. 2018 marked the 90th edition. Side note, there are a number of theories as to how the Academy Awards came to be called the Oscars. One posits that an Academy Executive Secretary took a look at the statuettes and exclaimed that they looked just like her Uncle Oscar.

Cannes Film Festival
This festival, one of the “big three”, is held every year in May. In 2018 it held its 71st edition. The most coveted prize is known as the Palm d’Or.

Berlin International Film Festival.
Another one of Tokyo’s “big three”, this festival is held every year in February. In 2018 it held its 68th edition. The highest prize is known as the Golden Bear.

Venice Film Festival
Another one of Tokyo’s big three, this one is held from the end of August to the beginning of September. In 2018 it held its 75th edition. The highest prize is known as the Golden Lion.

アカデミー賞
アメリカ映画を主に対象としたアカデミー賞の授賞式は、毎年2月の終わりか3月の初めに開催されます。世界三大映画祭よりも古い歴史を誇り、映画界で最も権威のあるとされるこの賞は、2018年で第91回目を迎えました。因みに、「オスカー賞」という愛称には諸説ありますが、アカデミー賞事務局の事務所に届いた像を目にした一人の局員が、「おじさんのオスカーにそっくりだ」と言ったことによって広まったことが有力な1つの説とされています。

カンヌ国際映画祭
毎年5月に開催される、世界の三大映画祭の一つ。2018年で第71回目を迎えました。最高賞は「パルム・ドール」です。

ベルリン国際映画祭
毎年2月に開催される、世界の三大映画祭の一つ。2018年で第68回目を迎えました。最高賞は「金熊賞」です。

ヴェネツィア国際映画祭
毎年8月末から9月初旬まで開催される、世界の三大映画祭の一つ。2018年で第75回目を迎えました。最高賞は「金獅子賞」です。