2018/10/01   #004
Shibuya Mini-Theaters
渋谷のミニシアター
One of the biggest perks of living in a big city is having access to playhouses and so-called mini-theaters. These kinds of venues may not exactly be financially profitable, but they can exist because the city is a diverse place inhabited by people of all walks of life.

Shibuya is a city that truly has many charms, and one of them is the great mini-theaters.

A mini-theater (in terms of the Japanese film industry) is a small, independently run theater (meaning unaffiliated with major film distribution companies) that has a seating capacity of 200 or less.

Since multiplexes have made 200-seat×15-screen facilities the norm, some have argued that the mini-theater category is meaningless. But although the term is no longer useful to indicate seating capacity, in Shibuya’s case it is still a useful term to indicate a certain style.

Mini-theaters have a distinct feel and vibe that make the experience different from the massive screen and in-your-face sound of multiplexes and the PC or home theater setup.

Each “hako”, as the Japanese call them (hako is the Japanese word for “box”) has its own unique selections, and just as fascinating are the tastes of respective audiences.

大都市で暮らす最大のメリットは、小劇場とミニシアターがあることだと思っています。多種多様な人々が生活しているからこそ、経済効率性の悪い小劇場やミニシアターでも存在できるのです。

渋谷という街は、実に様々な魅力を持っていますが、その1つはミニシアターが充実していることでしょう。

ミニシアターとは、大手映画配給会社の傘下にない、独立して運営されている定員200人以下の小さな映画館のことです。

シネコンが定員200人×15スクリーンを標準としはじめたことにより、最近は、ミニシアターという分類は意味がないという考え方もあるようですが、渋谷に関して言えば、キャパシティの問題とは別に、スタイルとしての“ミニシアター”は、現在も存在しています。

シネコンの大スクリーン+大音量のサウンドで鑑賞するのと、自宅でテレビやPCで見るのとも異なり、ミニシアターには、独特な空気が流れています。

“ハコ”ごとの作品のセレクションは、もちろん、そこに集まっている人々のこだわりにもとても興味深いものがあります。


Shibuya’s Mini-Theaters / 渋谷のミニシアターについて

■Uplink


Photo : ©RendezVous
Uplink is a great multi-purpose cultural facility that moved to the hip neighborhood known as Oku-Shibu in 2006.

In addition to three small screens, it has a gallery, a gift shop, and an adjacent cafe and restaurant on the first floor called Tabela serving up transnational cuisine from the Middle East, Africa, and beyond.

In addition to screening films, Uplink hosts talk shows, live music, live performances, workshops and more. It also runs a popular web portal for all things culture-related called webDICE.

An especially memorable Uplink experience for me was when I saw Hafu, a documentary about half-Japanese people living in Japan, back in 2013. It motivated me to connect with more half-Japanese folks in Japan and around the world through social media.

■アップリンク

アップリンクは、今ハヤリの“奥渋”に2006年に移転オープンした、とてもこだわりの強い多目的施設です。

3つの小さなスクリーンのほか、ギャラリー、マーケットのほか、1階には“Tabela”という多国籍料理のカフェ・レストランも併設しています。

映画だけではなく、トーク・ショーやライブ、パフォーマンス、ワークショップなども開催され、アップリンクが運営しているwebDICEは、カルチャー系のポータル・サイトとして根強い人気を博しています。

僕にとって特に思い出深かったのは2013年に『HAFU』というハーフについてのドキュメンタリー映画をここで見たことでした。そこから僕はSNSを通して日本と世界にいるハーフとより関わりを持つようになりました。


Photo : ©RendezVous
<THEATRE INFO>
UPLINK / アップリンク
Totsune Bldg. 1F 37-18 Udagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0042
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
TEL : +81-(0)3-6825-5503
http://www.uplink.co.jp/

[KAZOO’s selection (films that have been screened at Uplink)]
アップリンクが携わったオススメの映画

Paradise Now (2005)
Dir. Hany Abu-Assad
パラダイス・ナウ
ハニ・アブ・アサド監督
Anvil! The Story
of Anvil (2008)
Dir. Sacha Gervasi
アンヴィル!
夢を諦めきれない男たち
サーシャ・ガヴァシ監督
The World According
to Monsanto (2008)
Dir. Marie-Monique Robin.
モンサントの不自然な食べ物
マリー=モニク・ロバン監督
The Dance of Reality
(2013)
Dir. Alejandro Jodorowsky
リアリティのダンス
アレハンドロ・
ホドロフスキー監督
Mystery (2012)
Dir. Lou Ye
二重生活
ロウ・イエ監督
Omar (2013)
Dir. Hany Abu-Assad
オマールの壁
ハニ・アブ・アサド監督
Bright Future (2003)
Dir. Kurosawa Kiyoshi
アカルイミライ
黒沢清監督
Strawberry Shortcakes
(2006)
Dir. Yazaki Hitoshi
ストロベリー
ショートケイクス
矢崎 仁司監督
Hafu (2013)
Dir. Megumi Nishikura,
Lara Perez Takagia
ハーフ
監督:
西倉めぐみ / 高木ララ


■Eurospace


Photo : Eurospace / ユーロスペース提供

Kinohaus is a unique facility located in Maruyamacho, a neighborhood of clubs and love hotels. On the third floor is the mini-theater Eurospace, on the second floor is a live music venue called EuroLive, and The Film School of Tokyo takes up basement all the way up to some space on the second floor.

Eurospace produces films and also distributes them.

It has distributed films from such idiosyncratic directors as Abbas Kiarostami, Aki Kaurismäki, and François Ozon, and it has produced films from eccentric directors like Wayne Wang, Jean-Pierre Limosin, Leos Carax, Kurosawa Kiyoshi, and Shiota Akihiko.


Photo : Eurospace / ユーロスペース提供

■ユーロスペース

クラブとラブホの街、円山町にあるKINOHAUSは、とてもユニークな施設です。3階には、ミニシアター『ユーロスペース』のスクリーン、2階にはライブハウス“ユーロライブ”、地下1階から2階までの3フロアには、「映画美学校」が入っています。

ユーロスペースは、映像の製作、配給も手がけています。

アッバス・キアロスタミやアキ・カウリスマキ、フランソワ・オゾンといった個性的な映画監督の作品を配給したり、ウェイン・ワン、ジャン=ピエール・リモザン、レオス・カラックス、黒沢清、塩田明彦などエキセントリックな監督の作品を製作しています。

<THEATRE INFO>
Eurospac/ ユーロスペース
1-5 Maruyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0044
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5
TEL : +81-(0)3-3461-0211
http://www.eurospace.co.jp/

[KAZOO’s selection (films screened or produced by Eurospace)]
ユーロスペースが携わったオススメの映画

Homework (1989)
Dir. Abbas Kiarostami
ホームワーク
アッバス・キアロスタミ監督
Taste of Cherry (1997)
Dir. Abbas Kiarostami
桜桃の味
アッバス・キアロスタミ監督
Certified Copy (2010)
Dir. Abbas Kiarostami
トスカーナの贋作
アッバス・キアロスタミ監督
Like Someone in Love (2012)
Dir. Abbas Kiarostami
ライク・サムワン・イン・ラヴ
アッバス・キアロスタミ監督
Drifting Clouds (1996)
Dir. Aki Kaurismäki
浮き雲
アキ・カウリスマキ監督
The Man Without a Past (2002)
Dir. Aki Kaurismäki
過去のない男
アキ・カウリスマキ監督
Water Drops on
Burning Rocks (2000)
Dir. François Ozon
焼け石に水
フランソワ・オゾン監督
Under the Sand
(2000)
Dir. François Ozon
まぼろし
フランソワ・オゾン監督
Smoke (1995)
Dir.Wayne Wang
Lara Perez Takagia
スモーク
ウェイン・ワン監督
Pola X
(1999)
Dir. Leos Carax
ポーラX
レオス・カラックス監督
Barren Illusion
(1999)
Dir. Kurosawa Kiyoshi
大いなる幻影
黒沢清監督
Don’t Look Back
(1999)
Dir.Shiota Akihiko
Lara Perez Takagia
どこまでもいこう
塩田明彦監督


■Theater Image Forum

Theater Image Forum, which is located near Aoyama Gakuin University, is a mini-theater that is quintessentially Shibuya.

In addition to the two-screen theater, the Image Forum organization cultivates filmmakers, and Daguerreo Press produces and distributes experimental films.

A number of female filmmakers who have made a name for themselves in recent years are alumni of Image Forum Institute of Moving Images: Iguchi Nami, Tanada Yuki, and Iwata Yuki.

■シアター・イメージフォーラム

青山学院大学の近くにある『シアター・イメージフォーラム』は、とても渋谷らしいミニシアターといえるでしょう。

劇場としては、2つのスクリーンを持つほか、『イメージフォーラム』では映像作家の育成、ダゲレオ出版では実験映画の製作・配給なども行っています。

井口奈己、タナダユキ、岩田ユキなど、近年人気の女性映像作家もイメージフォーラム映像研究所の修了者です。

<THEATRE INFO>
Theater Image Forum/シアター・イメージフォーラム
2-10-2 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0002
〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-10-2
TEL : +81-(0)3-5766-0114
http://www.imageforum.co.jp/theatre/

[KAZOO’s selection (films made by Image Forum alumni)]
イメージフォーラムが携わったオススメの映画

Inuneko /
The Cat Leaves Home
(2004)
Dir. Iguchi Nami
犬猫
井口奈己監督
Don’t Laugh At My Romance
(2008)
Dir. Iguchi Nami
人のセックスを笑うな
井口奈己監督
Nishino Yukihiko no Koi to Bouken
(2014)
Dir. Iguchi Nami
ニシノユキヒコの恋と冒険
井口奈己監督
One Million Yen Girl (2008)
Dir. Tanada Yuki
百万円と苦虫女
タナダユキ監督
The Cowards Who Looked to the Sky
(2012)
Dir. Tanada Yuki
ふがいない僕は空を見た
タナダユキ監督
Romance (2015)
Dir. Tanada Yuki
ロマンス
タナダユキ監督
Remon no Koro
(2007年)
Dir. Iwata Yuki
檸檬のころ
岩田ユキ監督
Looking for a True Fiancée
(2011)
Dir. Iwata Yuki
指輪をはめたい
岩田ユキ監督



■Le Cinéma

Le Cinéma is a two-screen mini-theater inside Bunkamura.

Initially it screened mostly European films—specifically French—but in recent years they’ve also been screening films from auteurs in Asia and the U.S.

Another notable thing about this theater is the large-sized pamphlets/programs, which are beautifully printed on quality paper—and even include excerpts from the script.

■ル・シネマ

「ル・シネマ」は、『東急Bunkamura』にある2スクリーンのミニシアターです。

開館当初は、フランスを中心としたヨーロッパ映画に力を入れていましたが、近年は、作家性や個性のあるアジアやアメリカの作品も上映しています。

この劇場のもう一つの特徴は、大きめのパンフレット/プログラムです。質の良い紙、美しい印刷、それにシナリオも掲載されています。

<THEATRE INFO>
Le Cinéma/ル・シネマ
2-24-1 Dogen-zaka, Shibuya-ku, Tokyo 150-8507
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL : +81-(0)3-3477-9111
http://www.bunkamura.co.jp/cinema/

[KAZOO’s selection (films screened at Le Cinéma)]
ル・シネマで上映されたオススメの作品

The Hairdresser's Husband (1990)
Dir. Patrice Leconte
髪結いの亭主
(1991)
パトリス・ルコント監督
The Beautiful Troublemaker (1991)
Dir. Patrice Leconte
美しき諍い女(1992)
ジャック・リヴェット監督
Farewell My Concubine (1993)
Dir. Chen Kaige
さらば、わが愛・覇王別姫
チェン・カイコー監督
Three Colours: Blue (1993)
Dir. Krzysztof Kieślowski
トリコーロール3部作:青の愛(1994)
クシシュトフ・キェシロフスキ監督
Three Colours: White (1994)
Dir. Krzysztof Kieślowski
トリコーロール3部作:白の愛
クシシュトフ・キェシロフスキ監督
Three Colours: Red (1994)
Dir. Krzysztof Kieślowski
トリコーロール3部作:赤の愛
クシシュトフ・キェシロフスキ監督
Emma (1996)
Dir. Douglas McGrath
Emma エマ(1997)
ダグラス・マクグラス監督
Ponette (1996)
Dir. Jacques Doillon
ポネット(1997)
ジャック・ドワイヨン監督
The Road Home (1999)
Dir. Zhang Yimoui
初恋のきた道(2000)
チャン・イーモウ監督
To Live (1994)
Dir. Zhang Yimou
活きる(2000)
チャン・イーモウ監督
Searching for Debra Winger (2002)
Dir. Rosanna Arquette
デブラ・ウィンガーを探して(2003)
ロザンナ・アークエット監督
Under the Tuscan Sun (2003)
Dir. Audrey Wells
トスカーナの休日(2004)
オードリー・ウェルズ監督
Rent(2005)
Dir. Chris Columbus
RENT(2006)
クリス・コロンバス監督
A Prairie Home Companion (2006)
Dir. Robert Altman
今宵、フィッツジェラルド劇場で(2007)
ロバート・アルトマン監督
Lust, Caution (2007)
Dir. Ang Lee
ラスト、コーション(2008)
アン・リー監督
Vicky Cristina Barcelona (2008)
Dir. Woody Allen
それでも恋するバルセロナ(2009)
ウディ・アレン監督
Sagan (2008)
Dir. Diane Kurys
サガン・悲しみよこんにちは(2009)
ディアーヌ・キュリス監督
New York, I Love You (2008)
Dir.
ニューヨーク、アイラブユー(2010)
岩井 俊二監督 他
Coco Chanel & Igor Stravinsky (2009)
Dir. Jan Kounen
シャネル アンド ストラヴィンスキー(2010)
ヤン・クーネン監督
The King’s Speech (2010)
Dir. Tom Hooper
英国王のスピーチ(2011)
トム・フーパー監督
Midnight in Paris (2011)
Dir. Woody Allen
ミッドナイト・イン・パリ(2012)
ウディ・アレン監督
Before Midnight (2013)
Dir. Richard Linklater
2013年 ビフォア・ミッドナイト
リチャード・リンクレイター監督
Night Train to Lisbon (2013)
Dir. Bille August
リスボンに誘われて
ビレ・アウグスト監督
Magic in the Moonlight (2014)
Dir. Woody Allen
マジック・イン・ムーンライト
ウディ・アレン監督



The other day we were in front of Tokyu Department Store Main Store in Shibuya when a college kid completely absorbed in his phone bumped into BigBrother. He had a lacrosse stick sticking out of his backpack and was sporting sweats from a certain well-known university. The kid didn’t so much as look up—no apology—and quickly disappeared into the Shoto residential area.

BigBrother began: “2018 marks 150 years since the Meiji Restoration. For the past 150 years, Japanese people have made every effort to catch up and surpass the West. And now it can be argued that we’ve caught up to the West in terms of economy and material riches. But the million-dollar question is, has that really made the Japanese happy?”

B.B. and I walk past Bunkamura.

“In Europe they have this concept of the Noblesse Oblige, where people of high social status and wealth have a duty to society. And over in America they have this idea of charity. The rich are to be charitable toward the poor. In Japan, too, up until the Edo Period, there was a similar ideology as part of Confucianism and Bushido.” B.B. is starting to get a little heated up.

“But these days, Japanese people have become possessed by the religions of individualism and mammonism. All politicians are interested in is winning elections and carrying on affairs. Elite bureaucrats are only after promotions and sexually harassing women. Doctors and lawyers are only too eager to make a buck. Why did Japan become this way? It’s because they prized “the experts” (specialists) above all else, and undervalued intellectuals (generalists).”

We pass by Uplink and are now walking along the winding path that sits above Udagawa River.

“Elites in the West believe in the importance of a liberal arts education. They value not just academic knowledge—they see the cultural and artistic interests and athletic prowess as part of who a person is. It goes without saying that school grades and hensachi (percentile rankings that indicates what universities a student can get into), the size of the company you work at or your annual income—these things, of course, don’t make a person content. But Japanese people these days are so out of touch that they’ve even forgotten this nugget of common sense.”

B.B. and I walk by the West Entrance to NHK.

“What makes people happy is their ties to their family, to their friends. Cultured conversations based on shared interests, sharing a meal with someone—these are the things that bring people happiness. To be able to carry on those conversations, of course, you need to have read books, watched movies, listened to music, experienced art, traveled the world, and played sports. Unfortunately, Japanese people these days have the time and money to commit to their smartphones, but not for the pursuits that make a person cultured.”

渋谷の東急本店の前で、ラクロスの棒をバックパックにさし、有名大学の名前の入ったスエットを着た“スマホ歩き”をしている大学生が、BigBrotherにぶつかりました。彼は、謝りもせず、松濤の住宅街へ消えて行きました。

“今年(2018年)は、明治維新から150年となる年なんだよね。日本人は、この150年間、欧米へ追いつき追い越すために、本当に努力をし続けてきたのだと思うんだ。その結果、経済的、物質的には、欧米に追いついたのかもしれない。でも、日本人は、それで本当に幸福になれたのだろうか?”

とBigBrotherは、話し始めた。僕とBigBrotherはBunkamuraの横を通っていた。

“ヨーロッパには、『ノブリス・オブリージュ』という概念があるんだ。身分の高いものや財産を持っているものは、それにふさわしい義務を負うという考え方だよ。アメリカにおいては、『チャリティ』という概念がある。富めるものは、貧しい人に施しをしなくてはならないという考え方だよね。日本においても江戸時代までには、『儒教』や『武士道』の一部として、似たような観念があったんだ。”

とBigBrotherは、熱く語り続ける。

“しかし、今の日本人は、個人主義と拝金主義という『宗教』に取り憑かれているのではないだろうか。政治屋(politician)は、自身が選挙で当選することと不倫にしか興味がなく、高級官僚は、出世とセクハラにしか関心がない。医者や弁護士は、儲けのことしか考えていない。こうなってしまったのは、日本では専門家(スペシャリスト)ばかりを尊び、インテリ(ジェネラリスト)を過小評価してきたからなんだろう。”

二人は、アップリンクの前を通り過ぎ、暗渠になっている宇田川の遊歩道を歩き続ける。

“欧米におけるエリートは、リベラル・アーツ(教養)の重要性を信じている。学問的な知識だけではなく、文化・芸術への関心やスポーツの能力についてもその人物の人格の一部と考えてる。当たり前のことだが、学校の成績や大学の偏差値、会社の規模や年収の高低によって、人間は幸福になるものではない。しかし、今の日本人は、この常識さえ失ってしまっているんだ。”

僕とBigBrotherは、NHKの西口の前を歩き続けた。

“人間を幸福にするものは、家族や友人との関わりなんだよ。趣味や教養に基づいた会話や食事が人を幸せな気持ちにさせる。そんな会話をするには、読書をしたり、映画を観たり、音楽を聴いたり、芸術に触れたり、旅に出たり、スポーツをしなくてはならない。今の日本人には、残念ながら、スマホのための時間とお金はあるのに、『教養』のためのそれを持ち合わせていないんだ。”

二人は、代々木公園の下の交番のある交差点に出て、信号を待っている。5人のサラリーマンが全員、スマホを熱心にいじっている。

“週に一度でいいから、ビジネスマンも『ミニシアター』に行って、世界各国の映画を観て欲しいよ。一年で50本、5年で250本の映画を観れば、人生の意味が分かるはずなんだが、さもなければ、1年間Bunkamuraで触れることのできるコンテンツを全て体験してもらいたい。展覧会も、クラシック・コンサートも、演劇も、バレエもそして、映画も。そうすれば、『芸術』とは何かが少しは分かるはずだよ。寺山修司に倣えば、「スマホを捨てよ。Bunkamuraへ行こう」である。”

僕とBigBrotherは、事務所についた。