2018/10/01  #003
The Shimokitazawa Theater Scene
下北沢の演劇について
After I graduated from college, I started living in Shimokitazawa, Tokyo—one of the city’s theatre districts.

Shimokitazawa—both then and now—is a very popular neighborhood among young people. It’s a dense area home to second-hand clothes stores, cheap izakaya, live music venues, and small theatres.

It is a place where young people come to chase their dreams, not only from Tokyo, but around Japan, and on occasion from California as well.

I lived in a room much too small for an American in a 2-floor apartment building. It was anything but comfortable.

So I try to stay out working as late as possible, and return home only to catch some z’s.

The walls that separated me from my neighbors were thin, and I was audience to the sounds of everyday life emanating from next door. Naturally, over time I got a better and better sense of what kind of people my neighbors were.

Living next door were a man and a woman, an aspiring playwright and an aspiring actor, respectively.

The two of them would fight often, and one time they caused such a ruckus in the middle of the night that someone called the police.

The following day, the two of them came to my door to apologize, flier and a tickets in hand. I exchanged a few words with the aspiring playwright, and sometime later went to see their play.

I mostly remember sitting there more preoccupied with their lives than the content of the play.

In order to write this entry, I dug up that flier and looked up the couple’s names on the internet, but as far as I can tell neither of them seem to doing theater any longer.

僕が大学を卒業して、東京で初めて暮らし始めたのは、演劇の街、下北沢です。

下北沢は、当時も今も若者にとても人気のある街です。下北沢には、古着屋、安い居酒屋、ライブ・ハウス、そし小劇場が小さなエリアに詰まっています。

東京だけでなく、全国から、時にはカルフォルニアから、夢を求めて若者が集まってくる街なのです。

僕が住んでいた2階建のアパートの部屋は、アメリカ人にとってはとても小さく、決して居心地のいいものではありませんでした。

なので、僕はできるだけ遅くまで外で仕事をして、寝るだけのために帰ってきていました。

隣の部屋との壁も薄く、隣人の生活音が聞こてきていました。そんな環境なので、隣人の住人がどんな人なのか察しがつくようになりました。

隣には、脚本家志望の男性と女優志望の女性が同棲していました。

二人はよく喧嘩をしており、夜中に大騒ぎを起こして、警察が来ることもありました。

翌日、二人はチラシとチケットを持って僕のところに謝りに来ました。少しだけ、脚本家志望の男性と話をし、後日彼らの芝居を観に行きました。

芝居の内容よりも、彼ら二人の人生のことばかりが気になっていたことを覚えています。

この文章を書くために、当時もらったチラシを探して、二人の名前をインターネットで調べてみましたが、現在は二人とも演劇の活動はしていないようです。


■Honda Gekijo (Honda Theater)


Photo : Honda Gekijo/本多劇場提供
The heart of Shimokitazawa’s theater scene—and the heart of Tokyo’s theater scene, for that matter—lies with the Honda Gekijo Group. First I’d like to talk about Honda Gekijo itself, the group’s central pillar.

The theater was founded by Honda Kazuo, an aspiring actor and graduate of Shintoho’s (New Toho Company’s) New Face system. After giving up on becoming a film actor, he founded a couple of small-scale theaters for stage productions: The Suzunari (in 1981) and Honda Gekijo (in 1982).

Honda Gekijo formally opened with Kara Juro’s “Himitsu no Hanazono” (The Secret Flower Garden). The 80s were the heyday of the third-generation shogekijo (small-scale theater) movement, and Honda Gekijo provided a stage for troupes such as Noda Hideki’s Yume no Yuminsha (Dreaming Bohemian), Kokami Shoji’s Daisan Butai (The Third Stage), Emoto Akira’s Tokyo Kandenchi (Tokyo Battery), Sato B-saku’s Tokyo Vaudeville Show, Miyake Yuji’s Super Eccentric Theater, and Matsuo Suzuki’s Otona Keikaku (The Adult Project).

Keralino Sandrovich’s troupe NYLON100℃, comedy duo Rahmens, and troupe Gekidan, Motoya Yukiko are some of the other names that have performed on the Honda Gekijo stage.

■本多劇場

下北沢の演劇界の中心、いや東京の演劇界の中心は、間違いなく本多劇場グループと言っていいでしょう。まずは、グループの中心的存在の本多劇場について説明します。

元々は、俳優志望で「新東宝ニューフェイス」だった本多一夫氏が映画俳優をやめた後、舞台演劇用の小劇場を作ったのがザ・スズナリ(1981年)と本多劇場(1982年)です。

本多劇場のこけら落としは、唐十郎作の「秘密の花園」でした。その後、80年代の「第三世代」の「小劇場運動」のブームの頃には、野田秀樹の「夢の遊眠社」、鴻上尚史の「第三舞台」、柄本明の「東京乾電池」、佐藤B作の「東京ヴォードヴィルショー」、三宅裕司の「スーパーエキセントリックシアター」、松尾スズキの「大人計画」などもこの舞台で活躍しました。

ケラリーノ・サンドロヴィッチの「ナイロン100℃」、「ラーメンズ」、「劇団本谷有希子」なども本多劇場で多くの公演を行なっています。

<THEATRE INFO>
Honda Gekijo (Honda Theater) / 本多劇場
2-10-15 Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 155-0031
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-10-15
TEL : +81-(0)3-3468-0030
http://www.honda-geki.com/honda.html

Open/営業時間:Check official website for showtimes / 公演によるため公式ホームページをご参照ください。
https://www.honda-theater.com/line-up
Closed / 定休日: No fixed holidays / なし


■The Suzunari


Photo : Honda Gekijo/本多劇場提供
The Suzunari was founded in 1981 by Honda Gekijo Group head Honda Kazuo as a rehearsal room for his actor’s school.

The first floor of the building is home to Suzunari Yokocho, an alleyway of eating and drinking establishments.

With the Shimokitazawa Station area undergoing redevelopment, word on the street is that the theater may be relocated.

■ザ・スズナリ

ザ・スズナリは、1981年に本多劇場グループの本多一夫が、自身の主宰する俳優養成所の稽古場として立ち上げました。

劇場の1階部分は「スズナリ横丁」という飲食店街となっています。

下北沢駅周辺の再開発計画によって移転される可能性があるとのこと。

<THEATRE INFO>
The Suzunari/ ザ・スズナリ
1-45-15 Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 155-0031
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15
TEL : +81-(0)3-3469-0511
http://r.goope.jp/the-suzunari
Open/営業時間:Check official website for showtimes / 公演によるため公式ホームページをご参照ください。
http://r.goope.jp/the-suzunari
Closed / 定休日: No fixed holidays / なし


The Honda Gekijo Group runs a variety of small-scale theaters around the Shimokitazawa Station area, which host a range of performances put on by theater troupes of all kinds. Since 1990, the group has also been the driving organizational force behind the Shimokitazawa Theater Festival.

本多劇場グループは、下北沢駅周辺に様々なタイプの小劇場を持っており、様々なスタイルの劇団の様々な公演が行われています。1990年から「下北沢演劇祭」というイベントも同グループが中心になって開催されています。


Photo : Honda Gekijo/本多劇場提供
<THEATRE INFO>
Ekimae Gekijo / 駅前劇場
TARO Bldg.3F 2-11-8 Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 155-0031
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F
TEL : +81-(0)3-3414-0019
http://www.honda-geki.com/ekimae.html

Photo : Honda Gekijo/本多劇場提供
<THEATRE INFO>
OFF OFF THEATRE / OFF OFF シアター
TARO Bldg.3F 2-11-8 Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 155-0031
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F
TEL : +81-(0)3-3424-3755
http://www.honda-geki.com/offoff.html

Photo : Honda Gekijo/本多劇場提供
<THEATRE INFO>
"Geki" Sho-gekijo / 「劇」小劇場
2-6-6 Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 155-0031
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-6-6
TEL : +81-(0)3-3466-0020
http://www.honda-geki.com/ekimae.html

Photo : Honda Gekijo/本多劇場提供
<THEATRE INFO>
Sho-gekijo "Rakuen" / 小劇場 「楽園」
Touwa-Shimokitazawa Hightown B side B12-10-18 Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 155-0031
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-10-18 藤和下北沢ハイタウンB棟地下1F
TEL : +81-(0)3-3466-0903
http://www.honda-geki.com/rakuen.html

Photo : Honda Gekijo/本多劇場提供
<THEATRE INFO>
THEATRE 711 / シアター711
1-45-15 Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 155-0031
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15
TEL : +81-(0)3-3469-9711
http://www.honda-geki.com/711.html

Photo : Honda Gekijo/本多劇場提供
<THEATRE INFO>
Ekimae Gekijo / 駅前劇場
Kitazawa Town Hall B1 2-8-18 Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 155-0031
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-8-18北沢タウンホール地下1階
TEL : +81-(0)3-6416-8281
http://www.honda-geki.com/b1main.html



■Toen Parata

The Shimokitazawa neighborhood is also home to a number of small-scale theaters not affiliated with the Honda Gekijo Group. Toen Parata is Shimokitazawa’s oldest small-scale theater, and its five-meter ceiling and reasonable prices make it a nexus for students and young troupes.

■東演パラータ

下北沢駅周辺には、本多劇場グループの他にもいくつもの小劇場があります。この東演パラータは、下北沢最古の小劇場で、天井まで5mの高さがあり、料金設定もリーズナブルなため、学生や若手の劇団などの活動の拠点となっています。

<THEATRE INFO>
Toen Parata / 東演パラータ
1-30-13 Daita, Setagaya-ku, Tokyo 155-0033
〒155-0033 東京都世田谷区代田1-30-13
TEL : +81-(0)3-3419-2871
http://www.t-toen.com/parata.html


■Komaba Agora Theater


Photo : Komaba Agora Theater / こまばアゴラ劇場提供
青年団『銀河鉄道の夜』
This place isn’t located in Shimokitazawa, but it’s a small-scale theater worth knowing. Hirata Oriza, who heads the Seinendan theater troupe, acts as manager and general artistic director.

The theater has a unique management system and provides support for young theater troupes. Their philosophy is quite admirable; below is an excerpt from their website.
Komaba Agora Theater has an approach based on the concept of a theater supporting young theater troupes, as outlined in Hirata Oriza’s book Geijutsu Rikkoku-ron (Arts as the Basis of a Nation).

That approach entails ceasing operations as a rental theater (the traditional theater system of Japan, where a theater rents out their space to a troupe for a fee), and instead making every production that is staged at our theater a “Komaba Agora Theater Production”. After we first began taking this new approach in 2003, it has caused a stir as a game-changer for how Japanese small-scale theaters work.

Since 2013, in order to meet a multi-year performance target (number of stage productions) necessary for a theater troupe to receive government subsidies, we have started to rent out our space once again. However, we continue to offer a wide range of support, such as our Komaba Agora Theater Affiliate Program, which is geared towards touring productions and theater troupes based outside of the Greater Tokyo Area. While the state provides public subsidies mostly for full-scale theater companies, Komaba Agora Theater partners with individual troupes to bring productions together. Our intention is to offer support for up-and-coming thespians and theater companies.

How Komaba Agora Theater Can Help

・ We raise funds for performances from many organizations, public and private.
・ We maintain a group of theater patrons, who provide a stable flow of financial support. This also allows us to share our discerning membership as an audience.
・ We partner with regional theater companies looking to put on productions as well as touring productions, and work to reduce venue rental costs.
・ We are able to assist in a producing capacity in a variety of ways, including by making your production a “Komaba Agora Theater Production”, or a Seinendan co-production.
・ Young small-scale theaters are often limited by the age-range of their actors. In order to overcome this, Seinendan actors will make guest appearances where needed.
・ Seinendan staff or Komaba Agora Theater staff will work together with troupes that are short on staff.

From Komaba Agora Theater Official Homepage


Photo : Aoki Tsukasa / 青木司(こまばアゴラ劇場提供)
青年団『サンタクロース会議』

Photo : Aoki Tsukasa / 青木司(こまばアゴラ劇場提供)
青年団『忠臣蔵・武士編』

■こまばアゴラ劇場

下北沢ではありませんが、是非紹介しておきたい小劇場です。この劇場は、劇団青年団の主宰をしている平田オリザが支配人兼、藝術総監督を務めています。

この劇場は、独自の運営システムをとって、若手の劇団を支援しています。とても素晴らしい理念ですので、ホームページより抜粋させていただきます。

こまばアゴラ劇場は、平田オリザが『芸術立国論』(集英社新書)で展開する「劇場を通じての若手劇団を支援する」システムを採用しております。
通常の貸し小屋業務(賃貸料を取って劇団に劇場を貸す日本の従来の劇場システム)をすべて停止し、劇場で行われる全公演を「こまばアゴラ劇場プロデュース」としたこの新システムは、初年度(2003年度)から日本における小劇場の在り方を革新する制度として話題を呼んで参りました。
2013年度以降、「数年単位での活動実績(主催公演)」が劇団に求められる国の助成制度に対応するため一般貸出も再開することとなりましたが、首都圏以外の地域を拠点とする団体や多地域公演(ツアー)を実施する団体を対象とした「こまばアゴラ劇場提携プログラム」など幅広いサポートを継続しております。
行政が、ある程度完成されたカンパニーを中心に公的な助成を行うのに対し、こまばアゴラ劇場では、各劇団と連携して作品を制作することにより、若手演劇人やカンパニーを支援しています。

こまばアゴラ劇場の具体的な支援方法

•官民問わず、多くの団体から公演資金を調達する。
•劇場支援会員を募り、安定した資金源とし、また優良な顧客を共有する。
•地域のカンパニーによる公演や多地域公演は劇場との提携により、劇場費の減免などを実施。
•プロデュース公演、青年団との合同公演など様々な公演形態を用意し、制作面の支援を行う。
•俳優の年齢層が限られる若手小劇団の欠点を克服するため、青年団の俳優が各劇団に客演する。
•スタッフ面の弱い劇団には、青年団、こまばアゴラ劇場のスタッフが協力する。

引用元:こまばアゴラ劇場 公式ホームページより

Photo : Komaba Agora Theatre / こまばアゴラ劇場提供
<THEATRE INFO>
Komaba Agora Theater / こまばアゴラ劇場

1-11-13 Komaba, Meguro-ku, Tokyo 153-0041
〒153-0041 目黒区駒場1-11-13
TEL : +81-(0)3-3467-2743

http://www.komaba-agora.com/

* Inquiries in English can be sent via the contact page on the official website.
※英語でのお問い合わせはWebサイト内「お問い合わせ」のメールフォームへ。
http://www.komaba-agora.com/contact



When BigBrother was a university student, the third-generation small-scale theater movement exploded. As his department had a theater major, he had many friends who aspired to becoming thespians.

Meanwhile, Japanese society at large was in the midst of an economic bubble, and job-hunting was a heavy seller’s market. Especially promising students would start getting early unofficial job offers during sophomore year.

In those days, people with talent and a personal magnetism went on into the theater world, and people who were good students but not much else—the boring type—went on to TV stations, advertising agencies, and think tanks.

BigBrother says that he often sees the names of friends who became actors on TV or in magazines, but as for the first group that went into the theater world, he can hardly find a trace of them, even on Wikipedia.

He often bemoans that this is the reason Japanese content is not particularly well regarded internationally.

He says that whether it be theater, sports, or the business world, Japan doesn’t have the kind of frameworks in place to find and incubate young talent. Japanese society is, after all, governed by concepts like “the nail that sticks out gets hammered down” and “if you must seek shelter, look for a big tree”.

When he was in grade school, he liked to go bowling at Shiba Bowling Center—which used to be located on the grounds of what is now the Prince Park Tower Tokyo (also on the grounds was the Shiba Golf Driving Range, where depending on the time of day, you could practice your golf game for an outrageous 50 yen per ball). Afterwards, he would go grocery shopping at Aoyama Yours, near where the Brooks Brothers building is today.

One day, when BigBrother was grocery shopping at Yours with his father, a famous actor—a household name who worked in TV and movies, and whose signature was one of the ones on display—came up to BigBrother’s father and greeted him politely.

At the time, BigBrother’s father was on the board of directors at a film studio. It was at that moment that he learned that in “the biz”, the folks behind the scenes hold more power than the famous people in the spotlight.

Ever since, he has made it a point to pay attention to the credits of TV shows and movies.

BigBrotherが大学生の頃は、「小劇場運動の第三世代」の大ブームがあり、師匠の学部には、演劇のコースがあったため、演劇を目指す友人が沢山いたそうです。

一方、世の中は、バブルの真っ只中で、就職活動も“超”売り手市場で、有望な学生は、大学2年には“内々定”が出るほどでした。

そういう状況の中、才能があり、人間的にも魅力のあった人物は、演劇の世界へ進み、勉強だけができるようなつまらない人間は、テレビ局や広告代理やシンクタンクへ進んだようです。

テレビや雑誌で役者の友人の名前は、よく見かけるのだそうですが、前者の方々はwikipediaでも見つけられないそうです。

日本のコンテンツ産業が世界で評伝されないのは、こうしたことと関係があるのではないかと師匠は常々こぼしています。

演劇に限らず、スポーツやビジネスの世界でも、才能のある若者を見つけて、それを育てるシステムが日本にはないとのこと。日本社会は、“出る杭は打たれる”、“寄らば大樹の陰”なのだそうです。

小学生時代のBigBrotherの楽しみの1つは、現在は、「ザ・プリンスパークタワー東京」(ホテルになる前は、「芝ゴルフ場」という練習場で、ここは時間帯によっては1球50円ぐらいするとんでもない料金でした)のある場所にあった、「芝ボーリングセンター」でボウリングをして、その帰りに夜遅くまで営業していた、現在ブルックス・ブラザーズのビルの近くにあった青山ユアーズで買い物をすることだったそうです。

ある日のこと、ユアーズで買い物をしていると、このお店にもサインが飾ってあった、TVとか映画に出ている、小学生でも知っている有名な俳優さんがBigBrotherのお父様に近づいて丁寧に挨拶をしていったそうです。

当時、BigBrotherのお父様は映画会社の役員も務めておりこの時に、この“業界”では、表に出ている有名人より、裏方の方が権力を持っていることを知ったとのこと。

それ以来、テレビとか映画のクレジット/エンドロールをよく見るようになったそうです。