2018/10/01  #002
Films Set in California or About Surfing
カリフォルニアとサーフィンが舞台となった映画

Today I’ll be talking about some films that portray the lifestyle I aspired to in middle school and high school, as well as some music I grew to love after coming to Japan.

今回は、僕が中学・高校時代に憧れていたライフスタイルについての映画と日本に来て大好きになった音楽について紹介します。


■American Graffiti (1973) Directed and written by: George Lucas

This film is emblematic of America before the Vietnam War turned into a complete quagmire—the good ol’ days, back when America was perhaps the greatest country in the world.

It was directed and written by George Lucas and produced by Francis Ford Coppola—who is a graduate of my alma mater, UCLA. It made its debut in America in 1973.

The setting is Modesto, California—where Lucas was born and raised—circa 1962. Modesto is about a two-hour drive inland from San Francisco, and is not unlike the city where I grew up.

I first saw this film at a local movie theater when I was in middle school. I remember getting a little sentimental, as to me it represented a window into the era when my parents were in the prime of youth.

Although low budget, the film was a massive success, which gave George Lucas the means to make Star Wars.

All of the music in the background played by radio DJ Wolfman Jack is fantastic—the ideal soundtrack for a drive.

After watching the film, I wanted to become a radio DJ like Wolfman Jack when I grew up.

■アメリカン・グラフィティ(1973年)  監督・脚本 ジョージ・ルーカス

この映画は、ベトナム戦争が泥沼化する前の“古き良きアメリカ”、“世界で一番、偉大な国アメリカ”を象徴している映画です。

監督・脚本をジョージ・ルーカス、製作は、僕が卒業したUCLAの先輩でもあるフランシス・フォード・コッポラが担当した、1973年にアメリカで公開された映画です。

舞台は、1962年のルーカスが高校時代を過ごしたカリフォルニアのモデストという街です。この街は、サンフランシスコから車で約2時間内陸にあり、僕が生まれ育った街ととてもよく似ています。

僕は、この映画を中学生の時に近くの映画館で観たのですが、僕の両親が青春時代をを過ごした時代と重なるので、少しセンチメンタルな気分になった記憶があります。

低予算ながら大ヒットしたこの映画の成功で、ジョージ・ルーカスは「スターウォーズ」の製作への手がかりを掴みました。

ラジオDJのウルフマン・ジャックが流すBGMもどれも素晴らしく、ドライブに最適です。

この映画を観て、僕も大きくなったら、ウルフマン・ジャックのようなラジオDJになりたいと思いました。

■Easy Rider (1970) Director: Dennis Hopper

This 1970 film is a classic example of New Hollywood—a movement that gave rise to a new generation of filmmakers that changed the cinema landscape.

Watching this film was a way to get a visceral understanding of the hippie movement—a thriving counterculture from my parents’ youth that rejected mainstream American social mores.

I was especially taken not by the “Captain America” chopper ridden by Peter Fonda, but the Harley-Davidson ridden by Dennis Hopper—who also directed the film. Someday I hope to ride Route 66 across America on a Harley-Davidson myself.

The soundtrack to this film is also ideal for the road. “Born to Be Wild” is iconic.

■イージー・ライダー(1970年)  監督 デニス・ホッパー

この作品は、1970年に公開されたアメリカン・ニューシネマと呼ばれるスタイルの代表作です。このムーブメントによって新しい世代の映画製作者が頭角を現し、映画界を変えました。

この映画を観ることで、両親の青春時代のカウンター・カルチャーであり、アメリカ社会の主流な道徳観を拒否した、ヒッピー・ムーブメントについて、感覚的に知ることができました。

ピーター・フォンダの乗っている「キャプテン・アメリカ」のチョッパータイプではなく、この作品で監督も務めているデニス・ホッパーの乗るハーレーダビッドソンの方に強く憧れました。僕もいつかは、ハーレーダビッドソンでルート66を使ってアメリカ大陸を横断したいと思っています。

この映画のサントラもドライブに最高です。「ワイルドでいこう!」は象徴的な曲です。

■Big Wednesday (1978)

The place where I grew up is actually a little inland, and not exactly close to the ocean. (The state of California is roughly comparable in size to Honshu, Japan’s main island.)

Nonetheless, the beach town of Malibu holds a special appeal for any California boy—it’s a mythological place along the lines of Beverly Hills.

This film is a surfing and coming of age film set in this fabled place called Malibu. Boys growing up in California never stop dreaming about surfing and skateboarding.

■ビック・ウェンズデー (1978年)

僕の住んでいたところは、カリフォルニアといってもやや内陸の地域で、海に近いわけでもありません。(カルフォルニア州は、ほぼ日本の本州ぐらいの大きさがあります)

しかし、カリフォルニア・ボーイにとって、“マリブ”という場所には特別な響きがあります。“ビバリーヒルズ”と並んで神話的な場所です。

この映画は、その“マリブ”を舞台にしたサーフィン+青春映画です。サーフィンとスケートボードは、カリフォルニアの少年には、いつまでも憧れなのです。

■Blue Crush (2002)  Starring: Kate Bosworth

Back in high school I saw Blue Crush, a film about a woman in Oahu, Hawaii aspiring to be a professional surfer.

They story centers on the Pipeline on the North Shore, a place that captivated me when I visited with my family in my early teens.

What spoke to me about the film was not so much the story or its themes, but the gung-ho passion and primitive yearning surrounding the Pipeline and this thing called tube riding.

■ブルー・クラッシュ (2002年)  主演 ケイト・ボスワース

『ブルー・クラッシュ』というハワイ・オアフ島でプロサーファーを目指す女の子の映画を高校生の時に観ました。

中学生の頃に家族と行った時に、とても心が惹かれたノースショアーのパイプラインを舞台にした物語でした。

この映画は、ストーリーとかテーマが良いというより、パイプラインやチューブライドということ自体に、とても強いパッションと原始的な憧れを感じた作品です。

■The Endless Summer (1966)  Director: Bruce Brown / The Endless Summer II (1994)  Director: Bruce Brown / Step into Liquid (2003)  Director: Dana Brown

TheEndless Summer is a surfing documentary directed by Bruce Brown in 1966.

Brown directed a sequel, The Endless Summer II, in 1994.

Step into Liquid is a surfing documentary directed by Brown’s son Dana Brown in 2003.

On the surface, these three films capture the quest of surfers who are in a never-ending global pursuit of the best waves on the planet.

Taken as a whole, however, the films offer a glimpse into the life of a surfer. You come out with an understanding of the spiritual significance of the endeavor—why surfers feel an affinity for Zen Buddhism and meditation.

I was awakened to the fact that my father, my mother, and even I might just have a little of that surfer mettle in us.

These films are must-watches for those who feel overwhelmed by their day-to-day work or studies, who feel like they’re losing sight of the meaning or value of life. You’ll realize just how small your troubles really are.

I recently watched two surfing documentaries in a row on NHK’s BS1 channel. One captured the insane feats of big wave surfers in Nazaré, Portugal. The other followed surfers living to ride the tube on the Pipeline of the North Shore.

There’s just something about big waves that drives men to put their lives on the line.

■エンドレス・サマー (1966年) 監督:ブルース・ブラウン / エンドレス・サマーⅡ (1994年) 監督:ブルース・ブラウン / ステップ・イントゥ・リキッド (2003年) 監督:デイナ・ブラウン

エンドレス・サマーは、1966年のブルース・ブラウン監督によるサーフィンのドキュメンタリー映画です。

ブラウンは1994年にエンドレス・サマーの続編としてエンドレス・サマーⅡを製作しました。

2003年のステップ・イントゥ・リキッドは、ブルースの息子であるデイナ・ブラウン監督によるサーフィンのドキュメンタリー映画です。 この3本とも、表面的には最高の波を求めて世界各地をひたすら巡るだけのサーファーを追ったドキュメンタリーです。

しかし、この3本を通して観ると、サーファーという生き方がどんなものなのかが少し、分かった気がします。サーフィンのスピリチュアルな意味や、彼らが、禅や瞑想に興味を持つ理由が理解できました。

このドキュメンタリーを通じて、僕の父も僕の母もそして、僕自身も実はサーファー気質だったのではないかということに気付かされました。

日々、仕事や勉強に追われて、人生の意味や価値を失いかけている方は、必見です。自分が抱えているトラブルがいかに小さなことなのかに、気づくはずです。

最近、NHKのBSで立て続けに2本の“サーフィン”に関するドキュメンタリーを観ました。1つは、ポルトガルのナザレで大波に挑むサーファーたちの話で、もう一つは、ノースショアのパイプラインでチューブライドに人生をかけているサーファーの話でした。

やはり大波というものは、人生をかける程、男の心を動かすものなのですね。

■Big Wave (1984)  Director: Walter McConnelly
 CD Big Wave (30th Anniversary Edition) – Yamashita Tatsuro

Compared to the above films, this one is not as well regarded (or well known) around the world. I learned of this film through the discography of Yamashita Tatsuro, one of the best musicians I’ve encountering since coming to Japan. My heart skipped a beat when I first saw the tube ride captured on the album cover.

I first became aware of Yamashita’s music after I’d moved to Tokyo, when I went for a drive with a friend and he played the compilation albums Come Along and Come Along 2 back-to-back on the CD stereo.

Yamashita’s lyrics are a liberal mix of Japanese and English—a little like an international high school student who speaks in a champon (indiscriminate mix) of Japanese in English. It helps that his pronunciation isn’t half bad.

The ambivalent style felt very fresh to me then; I was in my mid-twenties and struggling with an identity crisis—was I Japanese or American? Yamashita taught me that I could be both Japanese and American, and that it was perfectly all right to take the best of both worlds.

I’ve been a big fan of Yamashita Tatsuro’s music ever since.

My favorite song from the Big Wave soundtrack is the English version of “Jody”, a perfect slice of summer melancholy that will always have a very special place in my heart.

■ビッグ・ウェイブ (1984年) 監督:ウォルター・マルコネリー
 CD Big Wave 山下達郎 (30th Anniversary Edition)

これは、前に紹介した作品に比べると世界的には、あまり評価の高い作品ではありません。この映画のことを知ったのは、日本で出会ったベスト・ミュージシャンの1人、山下達郎のディスコグラフティからです。チューブライディングの写真のカバーを見た瞬間、ドキッとする思いがしました。

山下達郎について知ったのは、東京で暮らすようになって友人とドライブしている時に、コンピレーション・アルバムの「カム・アロング」と「カム・アロング2」のCDを連続してかけてくれた時でした。

日本語と英語が入り乱れた歌詞で、ちょっとアメリカンスクールの高校生が日本語と英語をチャンポンにしている感じと似ていました。山下達郎の英語の発音が案外良いので聴きやすいです。

そのアンビバレントなスタイルが、とても新鮮に感じられました。20歳代後半の僕は、日本人なのかアメリカ人なのか、ちょうど自分のアイデンティティについて悩んでいた時期でした。そんな僕に、日本人であり、アメリカ人であり、そのイイトコドリでいいんだということを山下達郎は、教えてくれた気がしました。

それ以来、山下達郎の音楽をよく聴くようになりました。

このBIC WAVEというサントラに収録されているJodyの英語ヴァージョンは、特にお気に入りです。夏らしい哀愁が漂うこの曲は、僕にとってとても大切な思い出の曲となっています。

■Come Along / Come Along 2 / Come Along 3

In 2017, the third installment in Yamashita Tatsuro’s Come Along compilation series was released, 33 years after the last one.

The first two Come Along compilations were originally promotional—rather than commercial—vinyl affairs, woven together with interstitial radio DJ banter by Kobayashi Katsuya. So this third installment 33 years in the making feels kind of like a miracle.

And to me it also feels like destiny—given the vinyl revival, the enduring appeal of Yamashita’s music, the depth of Kobayashi’s love for western music, and the fact that in my thirties I finally feel like I’ve made it out to the break.

I only hope that this wonderful Japanese musician becomes better known around the world. His music is an invitation you shouldn’t miss.

■「カム・アロング」/「カム・アロング2」/「カム・アロング3」

2017年に33年ぶりに山下達郎のCome Alongシリーズの第3弾がリリースされました。

Come Alongシリーズの1と2は、当初、販促用のアナログ・レコードであり、山下達郎の曲が小林克也のラジオDJトークで繋げられています。33年ぶりに3枚目がリリースされることは、ちょっとした奇跡に思えます。

また、アナログ・レコード・ブームの再来、山下達郎の音楽の普遍性、小林克也の圧倒的な洋楽愛、そして僕自身、30代になってやっと沖までこぎつけたことを踏まえると、どこか、僕にとっては、目に見えない赤い糸でつながっているように感じられるような不思議なアルバムです。

そして、山下達郎という日本の素晴らしいミュージシャンが、より多くの世界の人々に知られることを心より願っています。彼の音楽は、見逃したくない「誘い」です。



When I told BigBrother that in my early teens I’d visited Oahu’s North Shore and that I someday hoped to catch a tube ride at the Pipeline, his advice was to build the stamina to swim front crawl for 10 km non-stop, and learn to ride a skateboard in a goofy stance (where your left foot is on the tail of the board).

Since the turn of the millennium, goofy-footers haven’t made much of a splash at professional competitions held at the Pipeline. Nonetheless, BigBrother maintains that it’s more advantageous to take the left—the Pipeline—rather than utilizing the Backdoor—going right.

For the first phase of my training, I bought two Woody Press skateboards—a 35-inch longboard—which I someday see becoming a 9-foot longboard—and a 32-inch skateboard—which I see becoming a 6.8-foot funboard.

I’ve been using these two boards to practice everyday, slaloming downhill in a serpentine pattern and trying to tic-tac my way back uphill.

僕がいつの日か、中学生の頃に見たオアフ島のノースショアのパイプラインで、チューブライドがしたいとBigBrotherに話したところ、それならば、クロールで10km、ノンストップで泳げる体力をつけることと、サーフィンのトレーニング用のスケートボードをグーフィースタイル(左足を後ろ側に置くスタンス)で乗れるようになることをアドバイスしてくれました。

2000年以降、パイプラインで開かれるプロ・サーフィンの大会では、グーフィー・フッターはなかなか活躍できていないようですが、BigBrotherによると、“バックドア”と呼ばれるレギュラーサイドより、グーフィーサイドの方が、有利だからだそうです。

サーフィンのトレーニングの第一段階として9フィート位のロングボードを念頭に置いて35インチのものと6.8フィート位のファンボードを念頭に32インチのWoody Pressのスケートボードの2本購入しました。

このスケートボードを使って日々、カーヴィング・ターンによるスラロームと登り坂でのチック・タックの練習をしています。