2018/10/01  #001
Films That Shaped Me, According to KAZOO
KAZOOを創った映画

In middle school and high school, I was a voracious reader of literature, but among my circle of friends I was also an avid watcher of films.

Today I’d like to talk about some of the films that left the biggest impression on me.

中学・高校時代には、文学作品を数多く読んできましたが、同時に映画も友人の中では、最もよく観る方でした。

今回は、その中でも特に印象に残っている映画を紹介していきます。


■The World According to Garp (1982) / Starring: Robin Williams

The highlight of the film adaptation is the late great Robin Williams, who sadly committed suicide in 2014. Williams is tasked with portraying Garp at different stages in his life, and it’s a testament to his ability as a dramatic actor that he’s able to bring a sense of verisimilitude to each portrayal.

It’s my feeling that many Japanese are so swept up in the work that they have to do in front of them that they neglect to think about the meaning of life or consider their own lives as a whole.

For those looking for a film that will have them pondering this thing we call life, look no further.

The Irving novel on which this film is based has its own charms, and is definitely worth a read.

■ガープの世界 (1982年) 主演:ロビン・ウィリアムズ

僕が最もインスパイアーされた映画は、ジョン・アーヴィンの「ガープの世界」です。

この映画の最大の魅力は、2014年に残念ながら自殺してしまった主演のロビン・ウィリアムズです。とても長い期間のガープを演じているのですが、どの年齢についてもリアルな感じが見事というしかありません。

多くの日本人は、常にしなくてはならない目の前の仕事にばかりに、気を取られて、一生とか人生とかの意味を考えていないように感じます。

人生について、考えてみたい人は、この作品がうってつけだと思います。

この映画の原作となった小説も映画とは、また別の趣きのある作品なので是非、読んでみてください。

■Blue Hawaii (1961) / Starring: Elvis Presley

When I watch this film, I get a better understanding of why my mother decided to immigrate to Hawaii. It gives you an idea of just how much Hawaii—and the U.S. in general—up into the 70s represented the promised land for the Japanese.

Having grown up in the U.S. in the 80s and 90s, the dark side of what was supposedly paradise left a much stronger impression on me than the light. Even California, for all its progressivism, felt not like the sun-drenched land of dreams, but a place of internal strife, plagued by racial discrimination and economic disparity. I felt suffocated.

On the other hand, when I visited Hawaii with my family as a kid, it seemed (to my undoubtedly naive eyes) that people of all colors were doing a much better job of getting along. It was on that trip that I was taken by the sight of surfers getting the most spectacular tube rides at the Pipeline off Oahu’s North Shore. One day I intend to come face to face with those big blue waves.


■ブルーハワイ (1961年) 主演:エルビス・プレスリー

この映画を観ると、僕の母がどうしてハワイに移住したのかがわかるような気がします。

70年代までのアメリカもしくは、ハワイというところが日本人にとって、いかに憧れの地であったかということがとてもよく分かります。

80〜90年代のアメリカで育った僕には、アメリカの光の部分よりも影の部分が強く感じられました。

カルフォルニアという土地が(進歩主義運動が盛んであったものの)太陽が降り注ぐ“夢の国”ではなく、人種差別や格差の対立がひどい、僕にとっては、とても息苦しいところのように感じました

一方、子どもの頃、家族と訪れたハワイという場所は、あらゆる人種がとても仲良く暮らしていて(少なくとも無邪気な僕には)、とても気に入りました。その時にオアフ島のノースショアのパイプラインで見たチューブライドに感動しました。あのビックウェーブに、いつかは、挑戦したいと思っています。

■Jurassic Park (1993) / Director: Steven Spielberg

Back when the dinosaurs roamed the Earth, much of California was under the ocean. As a result, the state does not have a rich trove of dinosaur fossils waiting to be unearthed.

Nevertheless, countless childhood visits to the many natural science museums across the state fostered a fascination of dinosaur-sized proportions, and it’s no wonder that many California children go through a phase of wanting to become a paleontologist. I don’t know that I ever grew out of that phase myself.

For any self-respecting American, Jurassic Park is required viewing—for that matter, you could say all of Spielberg films are.

Spielberg is an unabashed film geek, but unlike otaku (a pejorative term for people obsessed with a specific subculture to the point where their social skills suffer), there’s universality to what he stands for. I see that as a reflection of his evolution as a director, he increasingly explored his relationship with his Jewish identity as he evolved as a director. That is evident in films like Schindler’s List and Munich.

■ジュラシックパーク (1993年)  監督:スティーブン・スピルバーグ

恐竜が地球を征していた頃、カリフォルニアのほとんどは海に覆われていました。そのため、カリフォルニアは決して豊富な化石の産出地ではありません。

それにもかかわらず、子供の頃から州のあちこちにある博物館を訪れるうちに僕は恐竜に“巨大”な興味を持つようになったように、カルフォルニアの子供の多くは、一度は、恐竜学者を夢見るものです。僕は、その夢を未だに諦めていないかもしれません。

この、「ジュラシックパーク」だけではなく、スピルバーグの作品は、全て観るのがアメリカ人のルールです。

スピルバーグは、いわば“ギーク”なのですが、日本人の“オタク”とは、違って、彼は、普遍性を持っています。それは彼が、映画監督として成長したのと並行してユダヤ人としてのアイデンティティと向き合ってきた姿勢にあると僕は、思っています。「シンドラーのリスト」や「ミュンヘン」を観るとそのことがよくわかります。

■Star Wars (1977) / The Empire Strikes Back (1980) / Return of the Jedi (1983)  Director: George Lucas


For my generation—the first-wave of millennials—the first Star Wars trilogy was something you stayed up to watch, even if it meant forgetting to brush your teeth before going to bed.

I even went to see The Force Awakens, Rogue One, and The Last Jedi—the films that came out after I’d moved to Japan—on opening day along with a (half-Japanese, half-American) buddy of mine from my UCLA days.

Much like every American kid dreams of becoming a paleontologist, they also go through an astronaut phase (or sometimes an intergalactic fighter pilot phase).

■スターウォーズ (1977年) / スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 (1980年) / スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 (1983年) / 監督:ジョージ・ルーカス

僕の世代、つまり初期ミレニアル世代にとって、スターウォーズの最初の三部作は、歯磨きを忘れても夜遅くまで起きて観なくてはならない作品シリーズです。

日本に移住してから公開された、、『フォースの覚醒』『ローグ・ワン』『最後のジェダイ』でさえ、UCLA時代からの友人(日米のハーフ)と公開初日に観に行きました。

カルフォルニアの少年にとって、恐竜学者になることと同じように宇宙飛行士(あるいはスターファイター・パイロット)になることを夢見ることも必然なのです。

■The Godfather (1972) / Director: Francis Ford Coppola

I submit that for America, a nation build by immigrants, this film (and Mario Puzo novel on which it is based) is a modern-day bible of sorts.

This film depicts a time in America’s history when white Italian-Americans faced hostility and even persecution due to their immigrant background and religion. By the time my generation came about in the 80s and 90s, that antagonism and stereotyping had been redirected toward Asians (Japanese, Koreans, Chinese, Filipinos, etc.).

To many Japanese, racism in America is exclusively a story of racism against African-Americans. The Godfather is a reminder that we should not forget the history of anti-Italian, anti-Irish, and other anti-white Catholic sentiment—and the endemic nature of racism in America.

■ゴッドファーザー (1972年) 監督:フランシス・フォード・コッポラ

移民国家アメリカにとって、この映画(及び原作となったマリオ・プーゾの小説)は、現代におけるバイブルなのではないでしょうか?

この映画で、描かれている時代には、白人のイタリア人でさえ移民としての背景と宗教を理由に迫害されていたわけで、僕が育った80〜90年代においては、アジア人(日本人、韓国人、中国人、フィリピン人など)がその反感やステレオタイプの対象となっていました。

多くの日本人にとっては、アメリカにおける人種差別というと、黒人に対するもののように思われていますが、現実には、ゴッドファーザーが示しているようにイタリア人やアイルランド人と言ったカソリック系の白人に対しても行われていたことを忘れてはいけません。アメリカ社会において人種差別は根深いです。




When I showed my Master pictures of Santa Clara, where I grew up, he remarked that it reminded him of the setting of American Graffiti. He wasn’t far off—directed by George Lucas and produced by Francis Ford Coppola, American Graffiti (or “Ame-Gura”, as it is affectionately referred to in Japan) is a coming-of-age film that captures what life was like in suburbia during the post-war golden age. (The film is set in Modesto, California, about an hour and a half’s drive from Santa Clara.)

Truly, the film is the embodiment of the American Dream.

My Master longed to be like John Milner—played by Paul Le Mat—cruising in his yellow Ford Deuce Coupé; he would even roll up a pack of Camels in his t-shirt sleeve.

I can understand where he’s coming from. When I was a kid, I dreamed of becoming a radio DJ like Wolfman Jack.

僕の育った、サンタクララの写真をBig Brotherに見せた時、“アメリカン・グラフティ”の街のようだと言われました。確かにジョージ・ルーカスとコッポラによって製作された“アメグラ”は、戦後の「黄金の時代」においてアメリカの郊外に暮らす普通の人々の生活と人生を見事に描いた青春映画です。(映画の舞台となっているモデストは、僕が育ったサンタ・クララから車で1時間半くらいです。)

正に“アメリカン・ドリーム”という感覚です。

Big Brotherは、フォードの黄色いデューク・クーペに乗って街をクルージングするポール・ル・マットが演じるジョン・ミルナーに憧れて、若い頃はキャメルをTシャツの袖に入れて、ロールアップしていたそうです。

その気持ちは、僕にもよくわかります。僕自身も、少年時代には、ウルフマンジャックのようなラジオDJにも憧れていたのですから。