2018/10/01  #004
Introduction to American Literature
アメリカ文学入門


Modern Japanese literature is exemplified in shi-shosetsu, that is, I-Novels—lyrical confessionals driven by the emotions sparked within the self.

Modern American literature, on the other hand, is about who did what—narrative epics less concerned about depicting what the author or a character has going on beneath the surface.

For this reason, American novels are relatively more straightforward to bring to the silver screen (whether that film is satisfying is another matter), and Japanese novels are not suited for visual storytelling.

These tendencies can be seen not only in literature and film, but in how Japanese and American people judge the actions of their respective peers.

Japanese people tend to make value judgments from an emotional place—why did this person do what he or she did? Or do their actions make sense to me?

Americans, on the other hand, are more pragmatic. They’re interested in what took place—the facts (recent political and social trends notwithstanding)—and exactly how much it all cost.

None of this is to say that one is better or worse than the other. It’s simply a matter of cultural differences.

Today I want to talk about some of the works of American literature that I grew up with and that have continued to stay with me.

日本の近代文学の特徴は、“私小説”であると思います。“私”の中に生じる“感情”が中心となる叙情的な物語です。

一方、アメリカの近代文学の特徴は、誰が何をするかということだけを表し、内面の描写のない叙事的物語です。

そのためアメリカの小説は、とても映画化しやすく(最終的な映画の良し悪しは別として)、日本の小説は映像化には、適していないと思われます。

こうした傾向は、文学や映画だけのことだけではなく、人物を評価するときにも同じようなことが当てはまると思われます。

日本人は、なぜそういうことをしたのか、また、それを理解できるかという感情的な視点で価値判断をしてしまいます。

一方、アメリカ人は、より現実的で、何をしたかったという事実と(最近の政治・社会環境はさておき)、それは金銭的にいくらになったかを気にします。

こうした違いは、もちろん、どちらが“良い”とか“悪い”というのではなく、文化的な違いを表している例なのです。

さて、今回は子供の頃から、現在に至るまでの僕のお気に入りのアメリカの文学作品について書きます。



■Mark Twain

The Adventures of Tom Sawyer(original English / Japanese version)
Adventures of Huckleberry Finn (original English / Japanese version)

I had my first true literary adventure in fourth grade. Like any average American, I read Mark Twain’s The Adventures of Tom Sawyer and Adventures of Huckleberry Finn. Actually, I read the original English text first, and then Japanese translations my mother had obtained in Japan. I couldn’t shake the feeling that there was something off—discrepancies between the two versions—and that feeling would only continue to grow thereafter.

Come to think of it, this encounter may have been the impetus that set me down the path of becoming a translator.

Last year (2017), I learned that Shibata Motoyuki, professor emeritus at University of Tokyo, had translated Adventures of Huckleberry Finn. So I read that as well as his 2012 translation of The Adventures of Tom Sawyer.

Both translations evoked that childhood frame of mind as well as an essential “Americanness”.

Comparing Shibata-sensei’s translations with the original texts only made me more impressed with his work. It also made me painfully aware of the long road I still have ahead as a translator.

■マーク・トゥエイン

トムソーヤの冒険(英語版 / 日本語版)
ハックルベリーフィンの冒険(英語版 / 日本語版)

僕の初めての本格的読書体験は、小学校4年生のことです。多くのアメリカの少年と同様、マーク・トゥエインの「トムソーヤの冒険」と「ハックルベリーフィンの冒険」を最初に読みました。英語版のものと、母が日本から取り寄せてくれた日本語訳の両方の作品を読みました。その時に感じたある種の違和感みたいなものが、やがて成長していきます。

僕が翻訳家になったのは、この経験があったからなのだと思っています。

昨年(2017年)に、東京大学名誉教授の柴田元幸先生が「ハックルベリーフィンの冒険」を翻訳されたことを知り、同作と2012年に翻訳された「トムソーヤの冒険」を読みました。

子供の頃の心境やアメリカの“匂い”みたいなものが甦りました。

原書と読み比べることで、柴田先生の翻訳の素晴らしさを痛感し、もっともっと翻訳の勉強をしなくてはならないと思い知らされました。

Jonathan Livingston Seagull by Richard Bach

(original English / Japanese version)

The work of literature that had the biggest impact on me in middle school was Jonathan Livingston Seagull.

I immediately felt like there was something Japanese about Jonathan—like he possessed the Japanese spirit.

Having come across the book at a time in my life when I was torn about my identity—Was I American? Was I Japanese?—I remember really being able to emotionally relate to what Jonathan goes through.

I read the Japanese translation by Itsuki Hiroyuki after coming to Japan, and the experience truly opened my eyes to how playful translating could be. By that I mean that he had made a work that stood on its own—based on the original, but reconstructed from the ground up.

At the time, I was of the opinion that Japanese and English, Japanese culture and American culture—these things were so different as to be untranslatable. In that sense Itsuki Hiroyuki’s audacious reconstruction blew me away.

Back in 2014, I read the “Complete Edition”, which included the newly released part four, 44 years in the making.

I was then that I finally realized that Itsuki Hiroyuki’s version was not a translation but transcreation.

■かもめのジョナサン リチャード・バック著

(英語版 / 日本語版)

中学時代にもっともインパクトを受けた文学作品は、「かもめのジョナサン」です。

この作品を読んで感じたことは、ジョナサンが日本的なもの、日本的な精神を持っているということです。

自分は、アメリカン人なのか、日本人なのかといういわゆる“アイデンティティ”について悩んでいる頃に読んだため、“ジョナサン”に強い感情移入をしたことを覚えています。

日本に来て、五木寛之による日本語版を始めて読んだ時には、翻訳というものの面白さを痛感しました。原作を元に再構築された別の作品となっていたのです。

当時、僕は、日本語と英語、日本文化とアメリカ文化は、あまりに違うために、翻訳をすることは不可能なのではないかと考えていたので、五木寛之の大胆な“再構築”には、とてもインパクトを受けました。

2014年に44年前に封印された第4章部分を含めたいわゆる“完全版”を電子書籍で、英語と日本語で読みました。

その際、五木寛之の訳は、翻訳ではなく“創訳”となっていることに感動しました。

The Catcher in the Rye by J. D. Salinger

 ・Original English
 ・Japanese translation by Nozaki Takashi
 ・Japanese translation by Murakami Haruki

The Catcher in the Rye is the book that made me a serious student of literature. When I first read it in middle school, it made me realize how words have the power to move us—that words strung together and woven into a story have the ability to express a world of limitless possibilities.

While I was studying abroad at Sophia University, I read the Japanese translation by Nozaki Takashi (published by Hakusui U Books), titled Raimugibatake de Tsukamaete. There were so many errors that I vowed that I would someday translate it myself.

Imagine my surprise, then, when a few years later I heard that noted author Murakami Haruki was publishing a new translation under the title Catcher in the Rye. I bought it the day it was released and read it in one sitting.

And I resigned myself to the fact that Murakami had beaten me to it.

■ライ麦畑でつかまえて  J・D・サリンジャー著

 ・英語版
 ・日本語版 野崎 孝訳
 ・日本語版 村上春樹訳

中学生時代の僕が、文学の方向の勉強を本格的にすることを決めたのは、「The Catcher in the Rye」がきっかけです。言葉というものが、これ程、人の心を動かすのかと感じたからです。文字が繋がり、物語を紡ぐことで、無限の世界を表現できることをこの作品を通じて知りました。

上智大学に留学した際に、白水Uブックスの野崎孝の翻訳版「ライ麦畑でつかまえて」を読んだ時、あまりに誤訳が多かったので、いつかは僕が翻訳してやろうと思っていました。

すると数年後に、あの村上春樹が「キャッチャー・イン・ザ・ライ」として新訳を発表しました。発売当日にすぐ書店で購入し、一気に読んでしまいました。

村上春樹に僕の一つの目標を奪われてしまいました。

The Great Gatsby by F. Scott Fitzgerald

 ・Original English
 ・Japanese translation by Nozaki Takashi
 ・Japanese translation by Murakami Haruki

One of my favorite books that I read in high school was F. Scott Fitzgerald’s The Great Gatsby. In college, when I began to truly study how English is translated into Japanese, this book and its many Japanese interpretations turned out to be the ideal subject.

However, at the time I didn’t find a single translation that even held a candle to the original, and I resolved to someday take up the challenge myself.

But surprise, surprise—once again I was foiled by noted author Murakami Haruki, whose translation loomed before me like some insurmountable wall. Nevertheless, I’ve never had qualms about throwing eggs at that wall.

■グレート・ギャッツビー  J・D・サリンジャー著

 ・英語版
 ・日本語版 野崎 孝訳
 ・日本語版 村上春樹 訳

高校時代に一番影響を受けた本の一つはF・スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャッツビー」です。多くの日本語の翻訳が存在しており、大学に入って始めた英語を日本語訳に翻訳する技法の研究には、とても適していました。

しかし、大学生当時、納得のいくものはなく、自分でもこの作品の翻訳にいつかは、挑戦しようと思っていました。

ところが、またあの村上春樹によって、とても高い壁が作られてしまいました。それでも僕は、その壁に卵をぶつけてやります。

■Beat Generation

 ・On the Road by Jack Kerouac
 ・Howld by Allen Ginsberg
 ・The Yage Letters by William S. Burroughs and Allen Ginsberg
 ・Naked Lunch by William S. Burroughs

When I was in college, I got into Beat Generation writers in a big way. Their work is greatly underrated here in Japan, but in the U.S. the heart of the movement is alive and beating.

The Beat Generation writers were born between 1914 and 1929—during World War I and the post-war roaring twenties—and their work was popularized between about 1955 and 1964. Although they are sometimes referred to as “Beatniks”, this term was actually a media-coined term of disparagement that described a stereotyped image of the Beat Generation as hipsters and pseudo-intellectuals.

In the 60s, the counterculture element of the Beat movement would feed into the “hippie” movement; musicians like John Lennon, Bob Dylan, Neil Young, the Grateful Dead, and Jimi Hendrix were greatly influenced by Beat Generation writers.

■ビート・ジェネレーションの作家たち

 ・路上 / オンザロード ジャック・ケルアック著
 ・吠える アレン・ギンズバーグ著
 ・麻薬書簡  ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグ著
 ・裸のランチ  ウィリアム・バロウズ著


僕が大学生時代に、強いインパクトを受けたのは“ビート・ジェネレーション”の表現者たちです。日本では、彼らの作品は、過小評価されていますが、米国においては、とても大きな存在です。

1914年から1929年までの第一次世界大戦後の“狂騒の20年代”に生まれ、1955年から1964年にかけてアメリカ文化に大きな影響を与えた世代のことを“ビート・ジェネレーション”と呼びます。ちなみに“ビートニク”という呼び方がされることもありますが、この言葉は正確にいうと当時のメディアが作り出した軽蔑的な呼び方で、ビート・ジェネレーションの連中がヒップスターでえせインテリであるというステレオタイプを広めた言葉です。

彼らは、ヒッピーからの支持を受け、ジョン・レノン、ボブ・ディラン、ニール・ヤング、グレイトフル・デッド、ジミ・ヘンドリックスらに強い影響を与えました。

■Authors With an Idiosyncratic Worldview

 ・Mason & Dixon by Thomas Pynchon, translated by Motoyuki Shibata
 ・Breakfast at Tiffany’s by Truman Capote, translated by Murakami Haruki
 ・In Cold Blood by Truman Capote
 ・The Hotel New Hampshire by John Irving
 ・The Cider House Rules by John Irving
 ・Setting Free the Bears by John Irving, translated by Murakami Haruki (Motoyuki Shibata)


Great American authors have a unique way of looking at the world. In my estimation this can partly be attributed to the fact that America is a multi-ethnic country. Compared to Japan, which is largely ethnically homogeneous, America has a completely different cultural and societal makeup. There are people who say Japan’s prefectures are similar in concept to America’s states, but that is a complete misconception. The word “state” has many definitions but it carries strong connotations of autonomy; indeed, American states implement their own laws. (In that sense you could say they are similar to han—the feudal domains ruled by daimyo in the Edo period.) In America’s case, living in different states means more than simply residing in separate geographic locations—it means differences in demographics, income, ideology, and religious beliefs. Think of each and every one of those states as an independent “cell”, each protected by a very hard cell wall. Each “cell” has its own distinct history and traditions, and their own values. So naturally, stories having to do with a particular “cell” are very representative and carry a lot of depth. The “cell” of affluent Anglo-Saxons in New York City, the “cell” of people living in an poor region of the South, the “cell” of Nikkei—Japanese-Americans—in California...people of different “cells” live in completely different worlds.

■世界観を持つ作家

 ・メイスン&ディクスン トマス・ピチョン著・柴田元幸訳
 ・ティファニーで朝食を トルーマン・カポーティ著・村上春樹訳
 ・冷血  トルーマン・カポーティ著
 ・ホテル・ニュー・ハンプシャー ジョン・アーヴィング著
 ・サイダー・ハウス・ルール ジョン・アーヴィング著
 ・ホテル・ニュー・ハンプシャー ジョン・アーヴィング著
 ・熊を放つ ジョン・アーヴィング著・村上春樹(柴田元幸)訳


アメリカの作家の特徴は、“世界観”を持っていることだと思っています。これは、アメリカという国が多民族国家であるということと関係があると思います。このことは、ほぼ単一民族で構成されている日本と比べると、まったく違う文化・社会の構成を持つことを意味しています。

日本の県とアメリカの州が似たようなものだということを言う人がいますが、それは全くの誤解です。State(州)というものは、国に近い感覚で、実際に法律も違います。(江戸時代の“藩”には、近いかもしれません)

アメリカにおいて、州が違うということは、地理的な差を意味するだけではなく、人種の違い、収入の違い、思想・宗教の違いを意味しています。

その1つ1つの“セル”は、独立していて、とても硬い細胞壁で守られています。

各々の“セル”には、独自の歴史と伝統、それぞれの価値観があります。なので、その1つ1つの“セル”についての物語は、とてもとても個性的でディープなのです。

NYの白人のお金持ちの“セル”と南部の貧しい地域の“セル”とカルフォルニアの日系人の“セル”とでは、全く“世界”が異なるのです。

■The Relationship Between Films and Literature

 ・The Shining by Stephen King
 ・Stand By Me by by Stephen King
 ・The Pelican Brief by John Grisham
 ・A Time to Kill by John Grisham


A number of the novels I’ve listed above have been adapted into film.

And since the 70s, more and more novels seem to be written with a potential movie adaptation in mind.

Americans, in all respects, are a people of extremes—people who like reading novels will have a book on hand all day, every day, all year long, but those who don’t read (or can’t read) may never truly read a book in their entire life.

In the same way, there is a clear idea of what kind of novels sell, and what kind don’t. Books that are adapted into films sell well (or books that sell well are adapted into films), so naturally, authors are increasingly writing with a view to the silver screen.

When it comes to translating prose into visual storytelling, the important questions become who did what, who said what, who wore what, and so on; the industry tends to stay away from works that paint a psychologically complex picture.

But in Japan, due to the tradition of the I-Novel, much of the literature is experiential and confessional, depicting psychologically complex inner lives. In other words, prose unfit for visual storytelling.

Take Matayoshi Naoki’s Hibana, for example—the original novel was certainly readable, but the movie and TV adaptations were practically unwatchable.

Stephen King and John Grisham, on the other hand, are two American writers whose works have been adapted for the screen time and time again—to significant box office success.

Which is no surprise, considering they excel at evoking visual images and are thrilling, gripping storytellers.

In Japan, too, authors like Higashino Keigo and Miyabe Miyuki have had many of their novels adapted into films. In these trying times for the publishing industry, you can bet that we will be seeing more and more screen-ready literature.

■映画と文学の関係

 ・シャイニング  スティーブン・キング著
 ・スタンド・バイ・ミー スティーブン・キング著
 ・ペリカン文書  ジョン・グリシャム著
 ・評決のとき  ジョン・グリシャム著


これまで、紹介してきた小説の幾つかは、映画化されています。

70年代以降の小説の多くは、映画化をされることを前提に書かれているからです。

アメリカ人は、あらゆる点において、極端なところがあって、小説を読む人は、ほとんど1日中、1年中読んでいるし、読まない人(読めない人)は、一生涯、1冊の小説も読みません。

売れる小説と売れない小説も明確で、映画化された原作は、とてもよく売れるので、どうしても小説家は、映画化されるような作品を書くことになるのです。

文章が映像化されるためには、心理描写が多い作品は、敬遠されます。誰が何をするのか、誰が何を言うのか、誰が何を着ているのかが重要になるのです。

一方、日本では“私小説”の伝統があるので、自ずと独白や心理描写が多くなります。つまり、映像化に向かないのです。

又吉直樹の「火花」の小説は、そこそこ本では読めるのに、映像化された映画やTVドラマが全くつまらないのは、そのためです。

スティーブン・キングとジョン・グリシャムは、そうしたアメリカの作家の中でも映画化される作品がとても多く、興業的にも成功しています。

両氏の小説は、読んでいてイメージが湧きやすく、ストーリーの展開もスリリングでとても楽しめます。

日本でも最近、映像化しやすい作家としては、東野圭吾や宮部みゆきなどがいますが、世界的な出版不況の中、映像化しやすい文学が今後も増えていくでしょう。

■Hardboiled Fiction and Minimalist Writers

 ・The Old Man and the Sea Ernest Hemingway (Original English / Japanese version)
 ・Cathedral by Raymond Carver, translated by Murakami Haruki (Original English / Japanese version)
 ・The Long Goodbye by Raymond Chandler, translated by Murakami Haruki
  (Original English / Japanese version)
 ・The New York Trilogy(City of Glass / Ghosts / The Locked Room) by Paul Auster,
  translated by Shibata Motoyuki
 ・Honyaku Yawa by Murakami Haruki and Shibata Motoyuki


Hardboiled fiction has come to refer to a type of crime writing featuring gruff detectives and smug men, but the term originally referred not to the detective element but to the style of simple prose characterized by objective realism and a cynical, unsentimental attitude toward violence—much like a hardboiled egg has a tough exterior.

In that sense, you could say that Ernest Hemingway is a defining example of hardboiled prose

The same can be said for the prose of the “two Chandlers”, whose works have been translated into Japanese by Murakami Haruki.

From an art theory perspective, hardboiled as a style of prose is another way of saying minimalistic.

A minimalistic approach and style has strong ties to Japanese aesthetics, sharing many similarities with concepts like wabisabi and Zen Buddhist philosophy.

There are people who say that Murakami Haruki has a very “American-like” prose style, but from my perspective, it’s more of a Japanese take on minimalistic style. Reading English translations of Murakami’s works has only reinforced that view for me.

As someone who considers himself on the sidelines of the profession, I have nothing but the utmost admiration for the skillful translations that Murakami Haruki and Shibata Motoyuki produce. I tip my hat to them.

They have a way of producing readable Japanese that retains the nuances and the rhythm of the original text. I still have much to learn from their work.

■ハードボイルドとミニマリズム

 ・老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ著(英語版 / 日本語版)
 ・大聖堂   レイモンド・カーヴァー著・村上春樹訳(英語版 / 日本語版)
 ・ロング・グッド・バイ  レイモンド・チャンドラー著・村上春樹訳(英語版 / 日本語版)
 ・ニューヨーク3部作(ガラスの街 / 幽霊たち / 鍵のかかった部屋) ポール・オースター著・柴田元幸訳
 ・翻訳夜話  村上春樹・柴田元幸著
 
 



ハードボイルドというと、ぶっきらぼうな探偵やキザな男が出てくるサスペンスというイメージがありますが、本来は“固ゆで卵”のことで、感情を交えずに客観的な事柄をシンプルな表現で描く、手法・文章のことで、もともとは必ずしも探偵物のことではありませんでした。

そういう意味で、「ハードボイルド」の代表的作家と言えばアーネスト・ヘミングウェイかもしれません。

村上春樹が翻訳する2人の“レイモンド”もそう言った共通点があるのです。

ハードボイルドというスタイルは、芸術論的に言えば、“ミニマリズム”と言い換えてもいいかもしれません。

“ミニマリズム”というスタイル/スタンスは、日本の美意識とも深く繋がっていて、“わび・さび”といった感覚や“禅”といった仏教の考え方とも共通点を多く持っています。

村上春樹の文体が“アメリカ的”だと表現されますが、僕からすると“日本的なミニマリズム”にも感じられます。特に、村上春樹の作品を英語の翻訳版で読むとそのことが、より強く感じられます。

村上春樹と柴田元幸の両氏の翻訳技術は、翻訳家の末席を汚す1人として、いつも頭がさがる思いです。

原文のニュアンスやリズムを保持しながら、日本語としても読みやすくする技術とセンスは、とても勉強になっています。




BigBrother always tells me to always keep in mind that Japanese and English are completely different, not only in terms of grammar, but more significantly in terms of cultural background—and as such, direct translation is impossible.

He adds, “When translating, you must consider the relevant cultural and history background, or else you will never convey the meaning of the original text.”


The other day, at a press conference for a certain famous person there was an exchange with a reporter that went as follows:

Reporter: Do you have any favorite sayings?

Famous Person: Let it be.

“Let it be”, of course, is the title of a famous song by the Beatles, and this famous person likely meant it in the sense of wanting things to be “as they are” or wanting to “be oneself”. But BigBrother flew into a rage at the carelessness on display.

He started talking about how these three English words—let, it, and be—require the utmost careful consideration.

“Let” is a word that’s thrown around casually to express a request or suggestion, as in “let us...”, and the main dictionary definition is “to allow or permit”, but in the Old Testament passage “Let there be light” (Genesis 1:3) it is more of a command. Taking this into account, “let” can be understood as “the Lord permits”, and is distinct from the causative “make”, which means “to cause to be” “to bring about” “to induce”.

And “it” is used to refer to abstract ideas, inanimate things, and people whose gender is unknown. So babies are referred to as “it”, perhaps both because it may not be clear from the context if it is a he or a she, and because it lacks intelligence in the sense that we know it. By extension “it” can be interpreted as referring to a result not directly caused by God, but by humans.

And “be” is not used in the auxiliary verb sense, but rather in the Shakespearean sense: “to be or not to be, that is the question.” In other words, it means “to exist or live”. It is literally a matter of live and death.

Also interesting to note is that the words “let it be” can be found in certain translations of Luke 1:38 in the New Testament, in which Mary gives her consent to God’s word (that she will give birth to Jesus). God, of course, refers to the Christian God.

Taking all of these points into account, BigBrother maintains that he would interpret “let it be” as “I pray that the Christian God (or Mary, Mother of God) allows our foolish existence that we have brought on ourselves continue and never perish.”

It certainly lends an interesting interpretation to the Beatles song.

Regardless, I’d venture to guess the yaoyorozu no kamigami (the multitudinous deities of Shinto) would not allow “it”, nor would they forgive “it”. The traditional belief the Japanese have in the power of words is a fearsome thing.

BigBrotherは、“日本語と英語は文法はもちろんのこと、文化的背景が全く違うものだからと、直訳することは不可能だということを、決して忘れてはいけない”と常々言っています。

“翻訳をするには、文化的・歴史的背景を考えながら、訳さないと本来の意味が伝えられなくなる。”とも言っています。


先日、ある有名な方の記者会見で次のようなやり取りがありました。

記者:好きな言葉は何ですか

ある有名人:“let it be”です

もちろん、これはビートルズの名曲のタイトルであり、本人は、“ありのままで”とか“自然体でいたい”ぐらいのつもりでおっしゃったのでしょうが、これは、大変大きな間違いだとBigBrotherは、烈火のごとく怒り出しました。

ここで用いられている“let”も“it”も“be”も英語において最も注意しなくてはならない用語だというのです。

“let”は、“Let’s 〜”の形で“〜しましょう”という軽い意味で使われていたり、辞書でも“〜させる”という翻訳が用いられていますが、例えば旧約聖書の「創世記」では “Let there be light” (光あれ)と、神の命令として登場します。本来的には、“神が許す”という意味で、“make”の“人や状態が〜させる(使役)”とも異なるのです。

“it”は、神が直接作っていないものを指しており、知性のない赤ん坊のことは、him、herではなくitを使うのは、その名残なのでしょう。この場合の“it”は、人間が作ってしまった状況のことを指している。

“be”という言葉もbe動詞の原形という軽い感じではなく、シェイクスピアの有名な“to be or not to be, that is the question”の“be”であり、生きるか死ぬかの問題であって、“存在する”という意味が含まれます。

更に言えば、この“let it be”という表現自体が「新約聖書」の「ルカによる福音書」(1-38)に出てくる表現です。しかも、ここでいいう“神”は、もちろんキリスト教の神であります。

なので、BigBrotherが意訳をするならば“let it be”という言葉は、“愚かな人間が作ってしまったこんな状況が、滅ぶことなく、続くことをキリスト教の神(聖母マリア)が許してくれることを願っております”という意味になるというのです。

ビートルズの曲もそういう意味で一度聞いてみてください。

しかし、八百万の神々は、“それ”を許すことはないのでしょう。“言霊”とは本当に恐ろしいものです。